秋田県大仙市のふるさと納税返礼品おすすめ5選!あきたこまちやいぶりがっこを紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

秋田県大仙市のふるさと納税の使い道

米どころ仙北平野の中央の位置する、秋田県大仙市。全国的に有名な「大曲の花火」の開催地でもあり、花火の町として知られています。かつての1市6町1村が合併して誕生したことから今でも地域ごとの文化が残っており、ふるさと納税の返礼品も魅力的なものがいっぱいです。

しかし、いざ大仙市のふるさと納税を選ぶとなると、何が名物なのかよくわからずに悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。また、寄付金がどんな事業に使われているのかも気になりますよね。

そこで本記事では、秋田県大仙市のふるさと納税について徹底解説。おすすめの返礼品やふるさと納税の使い道を紹介します。大仙市の魅力を知りたい人や寄付を検討している人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

秋田県大仙市の魅力

秋田県大仙市の魅力

秋田県大仙市は、2005年に大曲市と6つの町が合併して誕生しました。大曲といえば日本三大花火の一つで、毎年70万人の観衆が全国から訪れるほど有名。秋田新幹線や秋田自動車道が整備され、東京より約3時間でアクセスできることから、秋田県の交通の要衝となっています。

大仙市が位置するのは、仙北平野の穀倉地帯です。四季折々の豊かな自然に囲まれ、日本有数の米どころとして知られているほか、東北で2番目に酒蔵が多い酒どころでもあります。さらに、良質のお米を使った醬油や味噌作りにも注力しています。

なお、特産品には「あきたこまち」や「いぶりがっこ」があり、ふるさと納税の返礼品としても人気です。ほかにも日本酒・強首はくさい・土川じゅんさいなどが特産品として知られています。

【秋田県大仙市】ふるさと納税の返礼品おすすめ5選

秋田県大仙市のふるさと納税の使い道

秋田県大仙市のふるさと納税の使い道

出典:satofull.jp

区分 内容
観光交流等 特色ある地域資源を活用した観光交流等に関する事業
高齢者福祉 老いを楽しみ、地域が支える高齢者福祉に関する事業
自然環境の保全 次代に残す豊かな自然環境の保全に関する事業
子育てと教育の充実 健やかな成長を願う子育てと教育の充実に関する事業
魅力あるまちづくりと定住促進 魅力あるまちづくりと若者等の定住促進に関する事業
避難者支援 災害その他特別の事情による避難者支援に関する事業
自治体におまかせ

秋田県大仙市のふるさと納税の使い道は上記の7つです。公式ホームページに記載されている過去の活用状況を見ると、特に子育て支援に力を入れている印象でした。詳しい内容を知りたい人は、ぜひ大仙市のホームページをチェックしてみてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー