【りんご本来の味が楽しめる】りんごジュースおすすめ24選!ストレートや果肉多めの商品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

 甘いだけではなく、すっきりとした酸味のあるりんごジュース。その飲みやすさ・美味しさは、子供だけでなく大人も虜にします。とくにりんご本来の味が楽しめる果汁100%のものや、ゴロゴロ感を楽しめる果肉入りりんごジュースは人気です。

そんなりんごジュースですが、もちろん選び方があります。同じ果汁100%のりんごジュースでも、濃度や味わいが製法によって変わってくるため、しっかり選び方を理解した上で選びたいものです。

そこでこの記事では、本当に美味しいりんごジュースの選び方や、おすすめランキングを紹介します。

毎日飲みたい人気の商品や、ギフトにもおすすめの商品などを徹底的に調査しました。りんごジュースが気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

りんごジュースの選び方

りんごジュースを選ぶときのポイントを以下の3つにまとめました。

  • 「ストレート」と「濃縮還元」から種類を選ぶ
  • 「混濁果汁」と「透明果汁」から好みの口当たりを選ぶ
  • 「ビン・缶」と「ペットボトル・紙パック」の容器は目的に合わせて選ぶ

それぞれ詳しく紹介していきます。

同じ果汁100パーセントでも全然違う!「ストレート」か「濃縮還元」を選ぶ

同じ果汁100パーセントでも全然違う!「ストレート」「濃縮還元」からりんごジュースの種類を選ぶ

りんごジュースに限らず、果物で作られたジュースには「ストレート」と「濃縮還元」の2種類があります。

「果汁100%」とパッケージに書いてあっても、この2種類は全く異なる味わいなため、しっかり理解したうえで選ぶことが大切です。

りんご本来の味わいを楽しむなら「ストレート」がおすすめ

りんご本来の味わいを楽しむなら、りんごの果汁をそのまま使用したストレートのりんごジュースがおすすめです

自然な甘さと味わい・豊かな風味が特徴で、原則砂糖や香料などを加えていません。素材本来の味を楽しめます。りんごの産地はもちろん、収穫時期や果実の出来で味も変わってきます。季節ごとに違った味を楽しめるのも魅力ですね。毎日りんごジュースを飲みたいけど、糖分が気になる人にもストレートのりんごジュースがおすすめです。

搾った果実は、保存のために熱殺菌処理を行います。保存の際りんごジュースには防腐剤のビタミンCを入れることも多いですが、独自の製法で防腐剤が無添加のものもあります。何も入っていない分、りんご本来の味が楽しめますよ。

「濃縮還元」ならお手頃価格でりんごジュースが楽しめる

いつでも安定した美味しさをお手頃価格で楽しみたいなら、濃縮還元のりんごジュースがおすすめです。濃縮還元のりんごジュースでは、一度果汁の水分を飛ばして体積を減らし、その後水を足すなどして水分に戻します。

一度水分を減らして体積を減らすのは、輸送のさいに運びやすくするためです。りんごの果汁をそのまま運ぶにはコストがかかり、保存も効きません。しかし、濃縮還元によって体積を減らすことで運びやすくなり、輸送時の原価が押さえられ保存もできるようになります。

輸送面で都合の良い濃縮還元ですが、甘さが弱く酸味が強く出てしまうデメリットも。水分を飛ばして濃縮するときに風味や香りも飛んでしまい、水で元の濃度へ戻す過程があるためです。甘さが減ってしまったものは、人工甘味料や香料などを加えて味を調整され、甘みのあるりんごジュースに仕上げられています。

輸送コストなどの面からストレートよりも価格は抑えられるので、濃縮還元はお手頃価格で甘くて美味しいりんごジュースを飲みたい人におすすめです。

口当たりに差がある「透明度」も要チェック

口当たりに差がある「透明度」も要チェック

りんごジュースでは、「果実があってザラザラしている」「なめらかで飲みやすい」と、口当たりに違いがあります。ここでは商品を見たときに、どちらのタイプに該当するのかの選び方を紹介します。

果肉感が楽しめ、原料に自信のある証拠の「混濁果汁」

果肉感やザラザラとした口当たりが好みの人は、りんごをそのまま絞った「混濁果汁」がおすすめです。

濁りの元は小さなりんごの果肉や食物繊維。加工していないりんごの果汁なので、りんごそのものの味を存分に楽しめます。

また、混濁果汁は良いりんごでなければつくれないのも特徴。混濁果汁のきれいな色は、原料そのものの色のため、品質の良いりんごでないと作れません。果肉感を楽しみながら食物繊維を多く摂りたい人には、混濁果汁がおすすめです。

すっきりとした口当たりが好きなら「透明果汁」

なめらかですっきりとした口当たりが好きなら、混濁果汁から食物繊維などの固形物を取り除いた「透明果汁」がおすすめです。透明果汁は、混濁果汁を遠心分離機等にかけ、果肉や食物繊維を取り除いています。

混濁果汁よりも少し食物繊維は減ってしまいますが、すっきりとした味わいが好みの人には透明果汁を選びましょう。

保存性に違いのある容器は「缶」「ビン」がおすすめ

保存性に違いのある容器は「缶」「ビン」がおすすめ

保存性の面から考えると、缶・ビンを選ぶのがおすすめです。

保存性を高くするには、光や空気を通さない形である必要があります。缶は光も空気も通さず、最も保存性の高い保存容器です。ビンは空気は通しませんが光は通るので、缶よりは保存性に欠けてしまいます。

そのため、保存性を重視するのであれば、ペットボトルや紙パックよりも、缶やビンを選ぶようにしましょう。

「ペットボトル」「紙パック」は、早めに飲もう

ペットボトルや紙パックは、保存性においては缶・ビンほど優れていません。光や空気を通してしまうので、中身が劣化しやすいためです。

しかし、ペットボトルや紙パックもデメリットだけではありません。紙パックは小さく潰してそのまま捨てられるので、ゴミ捨てが楽。ペットボトルはキャップが閉められて容器も軽いので、持ち運びに便利です。

保存性やゴミ捨て、持ち運びのしやすさで、購入する容器を選ぶのも良いでしょう。

ギフトに送るなら高級感あふれる外観のりんごジュースがおすすめ

ギフトに送るなら高級感あふれる外観のりんごジュースがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

りんごジュースはアルコールも入っておらず、子どもから大人まで美味しく飲めるのでギフトにもおすすめです。

味や保存性についてはここまでで紹介してきましたが、ギフトの場合には「梱包」といった、見た目が美しいりんごジュースも喜ばれます。

ギフトの場合は、味以外の部分もチェックしてみるようにしてみてください。

【缶・ビン】りんごジュース人気ランキング比較一覧表

保存性が高い缶・ビンタイプのりんごジュースのおすすめランキングです。

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格種類果汁タイプ容器内容量カロリー
JAアオレン 希望の雫楽天市場¥2,860 AmazonYahoo!ストレート混濁果汁1000ml×12本100mlあたり58kcal
シャイニー 青森県りんごジュース 詰め合わせ楽天市場¥2,585 AmazonYahoo!ストレート-180ml×10本-
シャイニー 銀のねぶたりんごジュース楽天市場¥3,648 AmazonYahoo!ストレート混濁果汁195g×30本1本あたり94kcal
寿高原食品 信州産りんごジュースしぼりっぱなし楽天市場¥681 AmazonYahoo!ストレート混濁果汁1000ml100mlあたり53kcal
ゴールドパック サンパック りんごジュース楽天市場¥3,265 AmazonYahoo!ストレート-1000ml×6本100mlあたり49kcal
ゴールドパック 信州・安曇野りんごジュース楽天市場¥3,694 AmazonYahoo!ストレート-190g×30本1缶あたり105kcal
神戸居留地 アップル100% りんごジュース楽天市場¥2,205 AmazonYahoo!濃縮還元-185g×30本100gあたり43kcal
シャイニー 金のねぶたりんごジュース楽天市場¥3,567 AmazonYahoo!ストレート混濁果汁195g×30本1本あたり94kcal
青森県りんごジュース 青森のおもてなし 王林楽天市場確認中 AmazonYahoo!ストレート-1000ml×6本100mlあたり51kcal
野田ハニー 有機りんごジュース100%楽天市場¥982 AmazonYahoo!ストレート-710ml100mlあたり44kcal
長野興農 信州まるごとりんごジュース楽天市場¥3,727 AmazonYahoo!ストレート-160g×30本1缶あたり91kcal
工藤農園 青森りんごジュース楽天市場¥7,280 AmazonYahoo!ストレート-1000ml×6本-

【缶・ビン】りんごジュースおすすめ人気ランキング12選

【紙パック・ペットボトル】りんごジュース人気ランキング比較一覧表

ゴミ捨てが楽な紙パック・ペットボトルタイプのりんごジュースランキングです。

商品最安価格種類果汁タイプ容器内容量カロリー
ゴールド農園 ストレートリンゴジュース 林檎園 1,000g (6本)楽天市場¥2,748 AmazonYahoo!ストレート-紙パック1000g×6本100gあたり44kcal
JAアオレン 希望の雫 ペットボトル楽天市場確認中 AmazonYahoo!ストレート混濁果汁ペットボトル280ml×24本1本あたり143kcal
サンキスト 100%りんごジュース楽天市場¥2,076 AmazonYahoo!ストレート-紙パック200ml×24本1本あたり86kcal
アサヒ飲料 バヤリース ホテルブレックファースト アップル 100楽天市場¥2,114 AmazonYahoo!濃縮還元-紙パック200ml×24本100mlあたり49kcal
シャイニー プチねぶたりんごジュース楽天市場¥3,184 AmazonYahoo!ストレート-紙容器125ml×30本1本あたり63kcal
JAアオレン 青森りんごジュースストレート¥4,370 楽天市場AmazonYahoo!ストレート-ペットボトル280ml×24本100mlあたり58kcal
ナガノトマト 国産 ふじりんご100楽天市場¥4,732 AmazonYahoo!ストレート-紙パック125ml×36本1本あたり73kcal
寿高原食品 信州産りんごジュース しぼりっぱなし¥3,780 楽天市場AmazonYahoo!ストレート-紙パック1000ml×6本100gあたり52kcal
シャイニーりんごジュース ねぶたスリムパック楽天市場¥2,835 AmazonYahoo!濃縮還元-紙パック200ml×24本1本あたり102kcal
タカナシ 有機りんごジュース楽天市場¥3,512 AmazonYahoo!濃縮還元-紙パック125ml×24本1本あたり62kcal
明治それいけ! アンパンマンの完熟りんご100楽天市場¥2,299 AmazonYahoo!ストレート-紙パック125ml×36本1本あたり59kcal

【紙パック・ペットボトル】りんごジュースおすすめ人気ランキング11選

 

りんごジュースの作り方

りんごジュースはできるだけ無添加のものを飲みたいという人には、手作りりんごジュースもおすすめです。砂糖やはちみつの量は自分で調整できるので、りんごの甘さや自分の好みに合わせてアレンジしてみてください。

材料
  • りんご・・・1個
  • 水・・・100cc
  • はちみつ・・・大さじ1
  • レモン汁・・・小さじ1
りんごジュースの作り方
  • りんごの皮を向き、一口大に切る
  • 鍋にりんごと水を入れて火にかけ5分ほど加熱し、りんごが柔らかくなるまで弱火で煮る。
  • ミキサーに2、はちみつ、レモン汁をいれ撹拌する。
  • ざるにキッチンペーパーを置いて濾し、グラスに注ぐ

編集部

氷で冷やして飲むと美味しいですよ!

参考サイト:ひと手間で変色知らずのりんごジュース レシピ・作り方|クラシル

りんごジュースの関連商品

りんごジュースに関連する商品を紹介します。

ホットでりんごの味を楽しめる「アップルティー」

ホットでりんごの味を楽しみたいという人には、アップルティーもおすすめ。りんごの甘い香りと紅茶の風味が心をホッとさせてくれます。粉末タイプなら手軽に作れますね。気分でフレーバーを変えたい人はアソートもおすすめです。

関連記事:甘酸っぱさが香る!アップルティーおすすめ15選|美味しい作り方も解説

手軽にりんごジュースを作れる「ブレンダー」

りんごジュースを作りたいとき、サッと使えるのがブレンダーです。ミキサーよりも小さく洗い物も少ないので、手軽にりんごジュースが作れますよ。セットになっているものなら、りんごジュースを使ったお菓子も作れちゃいます。

関連記事:【2023最新比較】ハンドブレンダーおすすめランキング14選!ブラウン?ブルーノ?離乳食作りにも便利

栄養たっぷりのりんごジュースを作りたいなら「スロージューサー」

ゆっくり時間をかけて食材を搾るスロージューサー。高速のミキサーよりも、栄養を多く残したままジュースが作れるのが特徴です。りんご1個まるごと入るものはカットする手間もありません。毎日自宅で栄養たっぷりのりんごジュースを飲みたい人におすすめです。

関連記事:【濃厚で美味しい!】桃ジュースおすすめ人気ランキング11選|市販のストレート・高級品も

りんごジュースのよくある質問

りんごジュースにはどんな栄養があるの?

ポリフェノール、カリウム、リンゴ酸などが含まれています。

りんごジュースは生のりんごより栄養が減ってしまうの?

市販のりんごジュースは加熱処理を行うので、食物繊維とビタミンCは減ってしまいます。

りんごジュースは毎日飲んでも大丈夫?

毎日飲む場合は一日200mlほどを目安に飲みましょう。

ストレートより濃縮還元のほうが栄養は少ないの?

ストレートと濃縮還元の栄養素の量に差はほとんどありません。

ストレートと濃縮還元にカロリーと糖質の差はあるの?

ストレートと濃縮還元にカロリーと糖質の差はほとんどありません。

混濁果汁とクリア果汁に食物繊維の差はあるの?

混濁果汁のほうが食物繊維は若干多く入っています。

おすすめりんごジュースまとめ

りんごジュースの選び方やおすすめの商品をご紹介しました。りんごジュースを選ぶポイントは以下の通りです。

  • りんごそのものの味はストレート、お手頃価格のりんごジュースは濃縮還元
  • りんごのジューシーな果肉感を味わいたいなら混濁果汁
  • 保存性が高いのはビン・缶、ゴミ捨てが楽なのはペットボトル・紙パック

青森や長野を中心に様々な農家さんのりんごジュースが販売されています。毎日飲みたいものだからこそ、美味しく健康にも良いものを選びたいですね。この記事を参考にして、美味しいりんごジュースを選んでみてください。

関連記事:【沖縄名物】シークワーサージュースおすすめ人気ランキング11選!美味しいストレートも

関連記事:低カロリーで美味しい!グレープフルーツジュースおすすめ23選|カクテルレシピも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー