【有名銘柄・高級品も】オーストラリアワインおすすめ20選!産地ごとの特徴も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【有名銘柄・最高級品も】オーストラリアワインおすすめ20選!産地ごとの特徴も解説

出典:amazon.co.jp

安定した美味しさと低価格を叶え、生産量・輸出量で世界上位に入る「オーストラリアワイン」。伝統と革新的技術を融合させた多種多様なワインが人気を集めています。

一方で、「オーストラリアワインはどんなワイン?」「自分好みの美味しいワインの選び方を知りたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、オーストラリアワインの地域ごとの特徴や、選ぶときに見るべきポイントを徹底解説しました。

赤ワイン・白ワイン・スパークリングワインに分けたおすすめランキングも登場するので、ぜひ参考にしてみてください。人気ワイナリーの特徴も紹介していますよ。

オーストラリアワインはまずい?美味しい?風土を生かした多種多様な味わいが特徴

オーストラリアワインはまずい?美味しい?風土を生かした多種多様な味わいが特徴

世界で6番目に大きい国土を持つオーストラリアでは、広大な土地と独自の風土を生かして多種多様なワイン作りを行っています。地域ごとに異なる気候や土壌の特性をふんだんに取り入れた、さまざまな味わいのワインを楽しめるのが魅力です。

赤ワインは飲みごたえのあるフルボディからライトボディまで、白ワインはスッキリした辛口からコクのある甘口まで揃っていますよ。

また、リーズナブルで飲みやすいワインが多いのもオーストラリアワインの特徴。1,000円前後で買える商品が多く揃っており、入門用や普段飲み用をお探しの方にもおすすめです。

編集部

オーストラリアでは、ブドウの栽培方法やワインの醸造方法に厳しい法規制がないため、自由で革新的なワイン作りが行われているのもポイント。自然や健康に配慮したオーガニックワインの生産も盛んですよ。

オーストラリアワインの選び方

オーストラリアワインは、生産地や原材料によって味わいが大きく異なります。自分好みの味を探したいときは、以下4つのポイントに注目しましょう。

  • ぶどうの品種、産地
  • 赤スパークリングワイン
  • 開栓方法
  • 受賞歴

産地の特性を知って美味しいワインを選ぼう

オーストラリアワインを選ぶ際は、まずぶどうの品種と産地に注目しましょう。オーストラリア国内でも産地によって、得意なワインの種類が異なります。赤ワイン・白ワイン・スパークリングなどの種類別におすすめの地域や品種を紹介するので参考にしてみてください。

赤ワインならシラーズやカベルネを使った「南オーストラリア州」がおすすめ

赤ワインならシラーズやカベルネを使った「南オーストラリア州」

出典:amazon.co.jp

オーストラリアワイン全体の中でも、半数近くの生産量を占める南オーストラリア州。約150のワイナリーが存在する「バロッサ・ヴァレー」をはじめ、「クワナラ」「イーデン・ヴァレー」といった多数の有名産地が密集する地域です。

南オーストラリア州では、シラーズ・カルベネ・メルローなどを用いた赤ワインが主流。雨や虫害が少ない安定したぶどう産地としても知られています。長期熟成にも適した濃厚かつスパイシーな味わいは、チーズや肉料理と相性抜群です。

コクがあるフルボディワインを楽しめるため、オーストラリアの赤ワインを探しているならまずは南オーストラリア州からチェックするのがおすすめです。

関連記事:【料理に合う】赤ワインおすすめ25選|初心者も飲みやすい甘口から有名銘柄まで紹介

白ワインならシャルドネやセミヨンの「ニューサウスウェールズ州」をチェック

白ワインならシャルドネやセミヨンの「ニューサウスウェールズ州」

オーストラリアワイン発祥の地である「ハンターヴァレー」を有するニューサウスウェールズ州は、白ワイン好きの方におすすめの産地です。

寒暖差のある気候が特徴で、白ぶどうのシャルドネ・セミヨンを使った良質なワインを生産しています。スッキリとした辛口のワインが好きな方や、魚料理と一緒に楽しめるワインをお探しの方にぴったりですよ。

また、食事中に楽しむテーブルワインの醸造が盛んで、ボトル1本1,000円前後の手頃な価格の商品が揃っているのも強み。お試し感覚で気軽に購入できますよ。

関連記事:【極甘口から辛口まで】白ワインおすすめ26選|合う料理・おつまみ・カクテルも紹介

上質なワインを求めるなら「西オーストラリア州」が◎

上質なワインを求めるなら「西オーストラリア州」

出典:amazon.co.jp

西オーストラリア州で作られるワインは、上質なオーストラリアワインを求めている方にぴったり。フランスのボルドー地方と気候が似ており、ぶどう栽培に適した環境下で高品質なワイン作りが行われています。

中でも、南西部に位置する「マーガレットリヴァー」や「スワンヴァレー」は特に有名な産地です。西オーストラリア州のワインから選ぶときは、ぜひチェックしてみてください。

生産量はオーストラリアワイン全体で3%ほどと少なめですが、果実味をしっかり感じるワインが手に入ります。有名ワイナリーが手がける希少なワインも多いので、プレゼント用をお探しの方にもおすすめです。

編集部

上質なワインが多い西オーストラリア州ですが、安い商品であれば1,500~2000円ほどで購入できます。

個性的なワインやスパークリングワインが多いのは「ヴィクトリア州・タスマニア州」

個性的なワインやスパークリングワインが多い「ヴィクトリア州・タスマニア州」

出典:amazon.co.jp

個性的なワインやスパークリングワインが多い「ヴィクトリア州・タスマニア州」

出典:amazon.co.jp

個性的なオーストラリアワインをお探しの方は、ヴィクトリア州やタスマニア州に注目しましょう。小・中規模ワイナリーが点在する地域で、こだわりの強いワインづくりを行っているのが特徴です。

ヴィクトリア州では、冷涼な気候で作られる白ワインが高い評価を得ている「ヤラ・ヴァレー」や、優れた赤ワイン作りで有名な「ルーサーグレン」がおすすめ産地。スパークリングワインも生産されており、バリエーション豊かなワインが揃っていますよ。

また、オーストラリアでもっとも南に位置するタスマニア州は、スパークリングワインの評価が高い産地として有名。低い気温の中でじっくりと熟成される、酸味の強いフレッシュな白ワインも人気ですよ。

「赤スパークリングワイン」も見逃せない!

「赤スパークリングワイン」も見逃せない!

出典:amazon.co.jp

珍しいスパークリングワインをお探しの方におすすめしたいのが、赤スパークリングワインです。赤のスパークリングワインでは黒ブドウ品種から作られるイタリアの「ランブルスコ」が有名ですが、オーストラリアの赤スパークリングは赤ワイン用のぶどうを使っているのが特徴。

芳醇な果実味とタンニンの程よい渋み、泡の爽快感を一度に楽しめるワインとして人気です世界的にはそれほどメジャーでない赤スパークリングワインですが、オーストラリアではバーベキューやクリスマスなどのパーティーで広く親しまれていますよ。

関連記事:初心者も飲みやすい!人気スパークリングワインおすすめ30選!白や赤、甘口やロゼも

開栓・保管が手軽な「スクリューキャップ」が便利

開栓・保管が手軽な「スクリューキャップ」が便利

オーストラリアワインを選ぶ際には、開栓・保管が簡単なスクリューキャップを選ぶと便利です。ワインのスクリューキャップはオーストラリアが発祥で、現在では安いワインだけでなく数万円する高級ワインにも取り入れられています。

スクリューキャップは扱いやすいだけでなく、汚染されたコルクによってワインの香りや品質が劣化する、ブショネという現象が起きづらいメリットがあります。

微量の空気を通すため、コルク栓に比べるとスピードは遅いですが熟成も可能。オーストラリアワインを選ぶ際には、ぜひ注目してみてくださいね。

品質の高さにこだわるなら受賞歴をチェック

品質の高さにこだわるなら受賞歴もチェック

出典:amazon.co.jp

品質の高いオーストラリアワインを見つけたいなら、受賞歴に注目してみましょう。

ワインに関する賞ではリヨン国際ワインコンクールやインターナショナルワインチャレンジなどが有名で、決められた基準をクリアしたワインの中から、プロのテイスターによって銘柄が選ばれます。

オーストラリアでは、2005年以降権威のあるコンクールやワインショーでの受賞歴以外、ラベルを付与することを規制しています。つまりラベルが付いていれば有名な賞の受賞歴があるということ。品質を見極める際の目安にしやすいので、迷ったときは一つの基準にしてみてください。

編集部

無名のワインが受賞することも多く、新たなワインとの出会いを求めている方も要チェックです。

【赤ワイン】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格容量生産地ワイナリーブドウの種類アルコール度数栓タイプ
ウィンダムエステートBIN555 シラーズ¥1,441 楽天市場AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ウィンダムエステートシラーズ12%スクリューキャップ
サッポロ イエローテイル シラーズ 750ml×12本¥11,098 楽天市場AmazonYahoo!750mlニューサウスウェールズ州カラセ・ファミリー・ブランドシラーズ13.5%スクリューキャップ
ベントクリーク サー・ランチアロット ギフトボックス入り楽天市場¥6,000 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ベントクリークシラーズ15%コルク
ジェイコブス・クリーク シラーズ カベルネ 750ml楽天市場¥980 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ジェイコブス・クリークシラーズ・カルベネ14%スクリューキャップ
オーキッド・ワインエステート ブラックグローベン プティ・ヴェルド 750ml楽天市場¥3,600 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州オーキッド・ワインエステートシラーズ・プティヴェルド15%スクリューキャップ
ジェイコブス・クリーク オーガニック シラーズ・カベルネ 750ml楽天市場¥1,518 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ジェイコブス・クリークシラーズ・カルベネ14%スクリューキャップ
タンバレイン スリーズ・ア・クラウド¥2,178 楽天市場AmazonYahoo!750mlニューサウスウェールズ州タンバレインカルベネ・メルロー--
ペンフォールズ クヌンガ・ヒル 750ml楽天市場¥1,762 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ペンフォールズシラーズ・カルベネ14.5%スクリューキャップ

【赤ワイン】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング8選

【白ワイン】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格容量生産地ワイナリーブドウの種類アルコール度数栓タイプ
アンドリュー・ピース ワインメーカーズ・ノート・シャルドネ 750ml¥1,188 楽天市場AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州アンドリュー・ピースシャルドネ13%スクリューキャップ
ディーキン・エステート シャルドネ 2022 750ml¥976 楽天市場AmazonYahoo!750mlヴィクトリア州ディーキン・エステートシャルドネ-スクリューキャップ
ローズマウント ブレンド トラミネール・リースリング楽天市場¥1,430 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ローズマウントトラミネール・リースリング10%スクリューキャップ
ペンフォールズ マックス・シャルドネ 750ml楽天市場¥3,105 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ペンフォールズシャルドネ13%スクリューキャップ
デ・ボルトリ DB セミヨン シャルドネ¥767 楽天市場AmazonYahoo!750mlヴィクトリア州デ・ボルトリファミリーセミヨン・シャルドネ14.5%スクリューキャップ
カラブリア・ファミリー・ワインズ スリーブリッジズ 貴腐ワイン 375ml楽天市場¥2,618 AmazonYahoo!375ml南オーストラリア州カラブリア・ファミリー・ワイナリーセミヨン12.5%スクリューキャップ
アンドリュー・ピース コアラ・ランチ シャルドネ 750ml楽天市場¥1,420 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州アンドリュー・ピースシャルドネ13.5%スクリューキャップ
サントリー ガロファミリー カルロ ロッシ 3,000ml¥2,098 楽天市場AmazonYahoo!3000ml-ガロファミリー---

【白ワイン】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング8選

【スパークリング】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格容量生産地ワイナリーブドウの種類アルコール度数栓タイプ
ジェイコブス・クリーク マスカット・ロゼ スパークリング 750ml楽天市場¥1,316 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州ジェイコブス・クリークマスカット9%コルク
バロークス スパークリングワイン 赤 250ml×24本楽天市場¥9,029 AmazonYahoo!250mlヴィクトリア州バロークスカルベネ・シラーズ・メルロー13%-
ブラウン・ブラザーズ シエナ 750ml楽天市場¥2,310 AmazonYahoo!750mlヴィクトリア州ブラウン・ブラザーズシエナ6%スクリューキャップ
オーキッド・ワインエステート ヴァイオレットセブン楽天市場¥4,400 AmazonYahoo!750ml南オーストラリア州オーキッド・ワインエステートシャルドネ・リースリング・コロンバール7%コルク

【スパークリング】オーストラリアワインおすすめ人気ランキング4選

デイリーから高級まで!オーストラリアワインのおすすめ人気ワイナリー

オーストラリアワインを選ぶ際には、人気ワイナリーを基準にするのもおすすめ。ワイナリーの特徴を知っておくと、自分好みのワインを見つけやすいですよ。特に人気のワイナリーを4つご紹介します。

オーストラリアワインの権威「ペンフォールズマジルワイナリー」

数々の受賞歴を持ち、南オーストラリア州の歴史的文化遺産にも登録されている「ペンフォールズ」。1844年に医療目的でワイン造りを始め、代表銘柄の「グランジ」や「BIN」など、数々の有名銘柄を輩出しています。

バロッサ・ヴァレー、マクラーレン・ヴェイル、クレア・ヴァレー、マギル・エステートの4つの畑で取れるぶどうを使い分け、ワインの品質を一定に保っているのが特徴。フルボディでありながら上品な味わいで、特別なときに飲む品質の高いワインを求めている方におすすめです。

世界中で高く評価されるワインの数々は、ワイン好きの方への贈り物としても喜ばれますよ。

編集部

ペンフォールズでは、1,000円前後で買えるテーブルワインから、入手困難で価格が数万円に高騰している高級ワインまで揃っています。

コスパ抜群な「イエローテイル」

優れたコストパフォーマンスで、ワインビギナーからワイン好きまで幅広いファンを持つ「イエローテイル」。シンプルなテイストで自然な味わいを目指したイエローテイルは、クセが少なく飲みやすいと人気です。値段も1,000円ほどとお手頃で、まとめて購入したい方にもおすすめ。

赤ワイン4種類・白ワイン3種類・微発泡2種類・スパークリングワイン2種類と種類も豊富なので、自分好みの味わいも見つけやすいですよ。

編集部

イエローテイルのワインは、1,000円ほどで買える手頃なものがほとんどです。

オーストラリア最大の生産量を誇る「ジェイコブス・クリーク」

1847年の創業以来精力的にワイン醸造を行い、オーストラリア最大の生産量を誇る「ジェイコブス・クリーク」。フレッシュな果実味を楽しめる「クラシック」、プレミアムシリーズの「ダブルバレル」、日本人シェフとのコラボで生まれた「わ」など、多種多様なワインを醸造しています。

バロッサ・ヴァレー、アデレード・ヒル、クワナラの3箇所に畑を所有し、気候に左右されない高品質を維持。手頃なテーブルワインから高級ワインまで豊富に揃っているので、迷ったときはまずジェイコブス・クリークのワインからチェックしてみるのもおすすめです。

編集部

ジェイコブス・クリークの価格相場は、1,000〜3,000円ほどです。

個性派ワインが飲みたいなら「ボエジャー・エステート」

地中海性気候のマーガレット・リヴァーで作られるボエジャー・エステートは、個性的かつプレミアムなワインが特徴。化学肥料や除草剤を使わない自然のバランスに配慮した栽培を行なっており、緻密な作業で高い品質を保っています。

ボエジャー・エステートでは、メルロー・カルベネ・シャルドネ・セミヨンなどのぶどうを栽培。美しいバラ園や建物をもつワイナリーは、真摯に高品質を求める個性派ワイナリーとして観光でも人気です。小規模ワイナリーの特別なワインを求めているなら、ぜひチェックしてみてください。

編集部

ボエジャー・エステートのワインの価格は2,000〜5,000円ほどで、ギフトや特別な日のワインにおすすめです。

オーストラリアワインの関連商品

オーストラリアワイン以外にも、おすすめしたい関連アイテムを集めました。気になるアイテムがあったら、関連記事もぜひチェックしてみてください。

毎年の新酒を楽しめる「ボジョレーヌーボー」

毎年11月に解禁されるボジョレーヌーボーは、フランスのボジョレー地区で、その年に収穫されたぶどうで作られる新酒のこと。収穫から2ヶ月ほどでリリースされるボジョレーは、フレッシュかつフルーティーな味わいを楽しめると解禁を待つファンも多いです。

コスパよく試したいなら通常の「ボジョレーヌーボー」を、より上質な新酒を楽しみたいなら格付けが上の「ボジョレーヴィラージュヌーボー」を選びましょう。

関連記事:普通のワインと何が違う?2022年産ボジョレーヌーボーおすすめ18選!美味しい飲み方も

環境や体にやさしい「オーガニックワイン」

化学肥料・除草剤の使用や遺伝子組み換えを行わず、環境や人体に配慮して作られるオーガニックワイン。天候や生産者の技術によって出来上がりに違いが生まれ、素材本来の味を楽しめますよ。

オーストラリアワインならタンバレインやジェイコブス・クリークがおすすめ。力強い果実味を楽しみたいならチリ産も要チェックです。

関連記事:【自然な美味しさ】オーガニックワインおすすめ人気23選!1000円台で安いのも

関連記事:【なぜ安い?】チリワインおすすめランキング21選!高級タイプや人気ワイナリーも

ワインがより美味しくなる「ワイングラス」

せっかく美味しいワインを飲むなら、上質なワイングラスと一緒に楽しむのがおすすめ。ワイングラスを使うことで、香りや味の広がり方が格段に上がり、より美味しくワインを飲めますよ。

初めてのワイングラスなら万能型、スパークリングワインにはフルート型を選ぶのがおすすめ。本格的にワインを楽しみたい方は、ワインの種類に合わせてグラスを変えてみてください。

関連記事:【リーデルやバカラなど】おしゃれなワイングラスおすすめ25選 |選び方や持ち方も解説

オーストラリアワインのよくある質問

オーストラリアワインはどこで買うのがおすすめですか?

楽天市場やAmazonといったネット通販サイトで購入するのがおすすめ。商品数が多く、実際に購入した人の口コミやレビューを参考にできます。クーポンやセールで安く手に入れやすいので、お得に購入したい方も要チェック。試してから購入したいなら、オーストラリアワイン専門店や試飲会に足を運んでみるのもアリです。手軽に手に入れたいならセブンイレブンなどのコンビニ、成城石井などにも行ってみてください。

オーストラリアワインの当たり年を教えてください。

2005年・2010年・2018年が当たり年といわれています。特に2018年は長期熟成に向く上質なワインが多く作られました。

おすすめオーストラリアワインまとめ

オーストラリアワインを選ぶ際のポイントは、以下の4つです。

  • ワインの種類は「ぶどうの品種・産地」で選ぶのがおすすめ
  • 黒ぶどうを使った「赤スパークリングワイン」にも注目
  • 開栓・保管のしやすい「スクリューキャップ」を選ぶと扱いやすい
  • 品質の高いワインを求めるなら「受賞歴」をチェックしよう

オーストラリアワインは数が豊富で選ぶのが大変ですが、地域ごとの特徴を知ると選びやすいです。赤ワインなら南オーストラリア州、白ワインならニューサウスウェールズ州、と絞ってから選んでみるのがおすすめですよ。

どうしても迷ったときは、人気ランキングを参考にしてみてくださいね。好みのオーストラリアワインを見つけて、ワインライフを美味しく楽しみましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー