安いのはどれ?バランススクーターのおすすめ12選!セグウェイとの違いや乗り方も紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

バランススクーター おすすめ

バランススクーターは、最新の乗り物おもちゃとして大人気のアイテムです。子供はもちろん、大人も楽しめる商品が多く、幅広い年齢層に注目されています。

子供でも数回の練習で簡単に乗れると言われていますが、乗ったことがない方は「本当に簡単に乗れるの?」と疑問に感じることもあるでしょう。また、メーカーによって値段や機能に違いがあるので、何を基準に選べば良いか迷ってしまう方も多いと思います。

今回は、バランススクーターの基本やおすすめ商品をご紹介。乗る際の注意点やどこで乗れるのかなど、使用する際にチェックしたい注意点も解説します。

バランススクーターは体重移動で動く、電動の乗り物

バランススクーターは体重移動で動く、電動の乗り物

バランススクーターとは、体重移動だけで進む電動スクーターです。ミニセグウェイと呼ばれることもあります。近未来的な見た目や、独特の浮遊感が人気の乗り物です。値段は2万円前後が相場で、オフロードタイプなどは4万円以上する場合もあります。

セグウェイと比較して、ハンドルが無いのが特徴。ハンドルのようなものが付いている商品もありますが、あくまでもバランスを取るためについているサポートロッドであり、手元では操縦ができません。

体重移動だけで操作する乗り物は他に無いため、乗れるかどうか不安な方も多いでしょう。ですが口コミなどを見ても「意外と簡単に乗れた」「数回の練習で乗りこなせるようになった」という声が多いです。気になる方は、ラウンドワンのスポッチャなど、バランススクーターが体験できる施設で試乗するのも良いでしょう。

バランススクーターは公道でもOK?乗れる場所も確認しよう

バランススクーターは公道でもOK?乗れる場所も確認しよう

バランススクーターは、日本の法律では公道を走れません。歩道や公共の駐車場は公道となるので、走行すると道路交通法違反になってしまいます。私有地や公園であれば走行が可能です。ただし公園の中にはスケートボードなどの走行を禁止しているケースもあるので、使用時にはそれぞれの場所で決められているルールを確認してくださいね。

参考:道路運送車両法 | e-Gov法令検索

バランススクーターの選び方

バランススクーターにはさまざまな種類があります。選ぶ際のポイントをご紹介しますよ。

事故を防ぐ、安全認証マークをチェックしよう

事故を防ぐ、安全認証マークをチェックしよう

バランススクーターを購入する前に、安全認証マークがついているか確認しましょう。 安全認証マークとは、電化製品の安全性を認証するマークです。PSEまたはULなどのマークがついているかチェックしてください。

安全認証マークが無い場合は、走行中に火災などの事故が起きる可能性があります。事故を防ぐためにも必ず確認してくださいね。

保証期間や、故障時のサポート内容で選ぶ

保証期間や、故障時のサポート内容で選ぶ

出典:rakuten.co.jp

バランススクーターは電化製品なので、初期不良があったり、使用中に不具合が発生する可能性があります。そのため、故障時の保証がある商品がおすすめ。半年~1年程度の補償期間があれば、もし不具合が起きても修理や交換などの対応をしてもらえますよ。保証内容はメーカーによって異なるので、どういったケースなら無料で修理してもらえるのかなど、内容についても確認してくださいね。

激安品・模倣品に注意!販売元を必ず確認しよう

激安品・模倣品に注意!販売元を必ず確認しよう

バランススクーターは、大手メーカーの商品を模倣したものや、粗悪品が出回っていることもあります。特に販売店自体が海外にある場合は、もし不具合が起きてもスムーズに対応してもらえないケースが多いです。心配な方は国内の販売店が取り扱っている商品を選びましょう。ネットで購入する場合はレビューも参考にしてくださいね。

体重制限を守って安全に楽しもう

体重制限を守って安全に楽しもう

バランススクーターには使用可能な体重の目安が記載されています。ほとんどのバランススクーターが20kg~100kgを体重制限としているため、標準的な体重の方なら特に問題ないでしょう。ですが100kg以上の大柄な人や、20kg未満の小さい子供が使う場合は特に注意してくださいね。

屋外での走行に最適な機能をチェックしよう

バランススクーターには、さまざまな機能が搭載されています。用途に合った機能が付いているか確認しましょう。

タイヤの幅が広く、未舗装の道でも走れるオフロードモデル

タイヤの幅が広く、未舗装の道でも走れるオフロードモデル

出典:rakuten.co.jp

バランススクーターの多くは舗装されたアスファルトを走行することを前提に作られているので、未舗装の場所だと進めないケースもあります。未舗装の道を走行したい場合は、タイヤが太くて大きいオフロードモデルを選びましょう。多少の石や凹凸のある道でも走行できますよ。

舗装された屋外で使うなら、登坂性能をチェックしよう

舗装された屋外で使うなら、登坂性能をチェックしよう

出典:rakuten.co.jp

バランススクーターには、どの程度の斜面なら走行できるのかを数値化した「登坂性能」が記載されています。平坦な道を走行することがほとんどであればあまり気にしなくても良いですが、走行したい場所に坂道がある場合は、登坂性能が15°以上の商品を選びましょう。

充電時間や走行可能距離も確認しよう

充電時間や走行可能距離も確認しよう

出典:rakuten.co.jp

バランススクーターは充電をして走行します。快適に使うために、フル充電までにかかる時間や、1回の充電でどのくらいの距離を走行できるのかチェックしましょう。長時間遊びたい場合は、走行可能距離が10km以上の商品がおすすめですよ。バランススクーターの最大速度は10km前後なので、約1時間以上連続で走行できますね。

バランススクーターおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格安全認証サイズオフロード登坂性能充電時間走行距離体重制限保証期間・内容
Gangoo-Gold フルスペックミニセグウェイ確認中 楽天市場AmazonYahoo!PSE55×18×17cm タイヤ6.5インチ--2~3時間-20~100kg永久保証(工賃無料・部品、運賃負担)
キントーン KINTONE ミニ セグウェイ クラシック モデル確認中 楽天市場AmazonYahoo!PSE58×19×18cm タイヤ6.5インチ-15°まで3~4時間8~10km20~100kg半年保証
キントーン KINTONE オフロード モデル確認中 楽天市場AmazonYahoo!PSE70×23×19.5cm タイヤ8.5インチ18°~20°まで2~3時間最大15km20~100kg半年保証
Gangoo-A.T.Zero確認中 楽天市場AmazonYahoo!PSE64×27×26.5cm タイヤ10インチ--2~3時間-20~120kg永久保証(工賃無料・部品、運賃負担)
Gangoo-Gold.LIGHT¥16,480 楽天市場AmazonYahoo!PSE55×18×17cm タイヤ6.5インチ--2~3時間-20~120kg永久保証(工賃無料・部品、運賃負担)
電動バランススクーター 6.5インチ確認中 楽天市場AmazonYahoo!PSE58×18.5×18cm タイヤ6.5インチ-20°まで3~4時間5~8km100kg本体1年/バッテリー半年保証
Gangoo-Cross バランススクーター¥24,800 楽天市場AmazonYahoo!PSEタイヤ8.5cm-2~3時間-20~120kg永久保証(工賃無料・部品、運賃負担)
ミニセグウェイ ホバーボード 8inchタイヤ¥18,300 楽天市場AmazonYahoo!PSE65×25×24cm タイヤ8インチ-15°3時間15km100kgまで1年間有償アフターサービス付き
ミニセグウェイ ホバーボード 6.5inchタイヤ03¥17,800 楽天市場AmazonYahoo!-58×19×18cm タイヤ6.5インチ-15°3時間15km20kg~100kg1年有償アフターサービス付き
Gotrax NOVA 電動スクーター¥20,800 楽天市場AmazonYahoo!PSE59.5×18.4×19cm タイヤ6.5インチ---5km20~80kg-
Evercross 電動バランススクーター¥28,800 楽天市場AmazonYahoo!PSE58.4×17.8×17cm タイヤ6.5インチ-15°3時間10km20~100kg半年保証
MOOSOO 電動バランススクーター¥20,800 楽天市場AmazonYahoo!PSEタイヤ7インチ-15°3~4時間25km120kgまで-

バランススクーターおすすめ人気ランキング12選

バランススクーターの乗り方・降り方

バランススクーターの乗り方・降り方

バランススクーターの基本の乗り方や降り方についてご紹介します。乗れるかどうか不安な方や、乗り方が解らない方はチェックしてくださいね。

  • バランススクーターの乗り方・降り方
  • STEP.1
    電源を入れる
    バランススクーターを水平な場所に置いて、電源を入れます。
  • STEP.2
    片足を乗せる
    バランススクーターが水平になるように、片足を乗せます。
  • STEP.3
    もう片方の足を乗せる
    もう片方の足もバランススクーターに乗せます。ひざを曲げずに直立するイメージで乗せましょう。最初はふらつくこともありますが、まずはまっすぐ立つことが大事です。
  • STEP.4
    体重移動で進む
    少しだけ体を傾けるイメージで体重を移動させると、バランススクーターが移動します。右に傾けると右に旋回、左に傾けると左に旋回しますよ。最初は前進・旋回を練習して、出来るようになったら後ろに進む後進を練習すると良いでしょう。
  • STEP.5
    片足ずつ降りる
    バランススクーターから降りたい場合は、まず直立に立つイメージで停止し、片足ずつ降ります。飛び降りるようにすると転倒してしまうので、ゆっくり降りるように注意してくださいね。

編集部

一見乗るのが難しそうに見えますが、子供でも1回~5回以内には乗れるようになると言われています。子供が練習する際は、大人がサポートしてあげると良いですね。

バランススクーターの関連商品

バランススクーターと一緒にチェックしたい、おすすめの関連商品をご紹介します。

小さい子供も遊べる「ホバーカート」

バランススクーターのほとんどは小学生以上を対象としているので、未就学児などの小さい子供がいる場合は使えないケースがあります。兄弟のいる家庭だと、乗りたいとせがまれてしまうこともありますよね。そんな時に役立つのがホバーカートです。バランススクーターに取り付ければ、座ったまま楽しめるアイテム。通常の走行はバランスが取れずにできない方にもおすすめですよ。

未就学児が楽しめる乗り物おもちゃが欲しい方には、以下の記事で紹介している商品もおすすめですよ。

関連記事:【年齢別】キックバイク人気おすすめ17選|おしゃれデザインや安い西松屋も

関連記事:長く遊べる3WAYも!コンビカーおすすめ25選|屋外・室内向け、おしゃれなものまで

転倒時の衝撃を防いでくれる「スポーツヘルメット」

バランススクーターに慣れないうちは、転倒してしまう可能性もあります。転倒時の怪我を防ぐためにも、ヘルメットは必ず着用しましょう。子供はもちろん、大人も衝撃から頭を守ってくれるアイテムを装着した方が良いですね。

怪我を防止してくれる「プロテクター」

プロテクターは転倒時の膝や肘などの怪我を防いでくれます。子供は特に怪我しやすい場所なので、しっかり保護してあげましょう。ヘルメットと一緒に揃えておくと良いですね。子供が好きなカラーを選べば嫌がらずに装着してくれますよ。

バランススクーターのよくある質問

バランススクーターのよくある質問

中古のバランススクーターはどうですか?

中古のバランススクーターは、メルカリやYahoo!ショッピング、中古家電販売店などでも取り扱いがあります。安く購入できるのでチェックするのも良いでしょう。ですが保証がないので不具合があった場合、対応してもらえないので要注意。心配な方は新品を購入しましょう。

バランススクーターはどこで売ってる?

バランススクーターは、スポーツ用品店・子供のおもちゃを取り扱うトイザらス・ドンキホーテなどで販売されています。Amazonや楽天などのネットショップでは取扱数が多いので、さまざまな選択肢から選びたい方にはネットショップがおすすめですよ。

バランススクーターを体験できる場所はありますか?

ラウンドワンのスポッチャなど、アミューズメントパークで体験できる場合があります。また、バランススクーターを使ったツアーなども各地で開催されていますよ。気になる方や一度試乗してみたい方は、お住まいの地域でバランススクーターが体験できる場所を調べると良いでしょう。

おすすめバランススクーターまとめ

おすすめバランススクーターまとめ

この記事では人気のバランススクーターをご紹介しました。

  • バランススクーターは体重移動だけで操作する電動乗り物
  • 安全認証マークや保証内容、販売元などをしっかり確認しよう
  • 体重制限や充電時間なども確認しておくと◎
  • 快適に操作できる機能にも注目しよう

バランススクーターは世界中でブームになった乗り物です。子供から大人まで楽しく遊べるアイテムですよ。さまざまな種類があるので、この記事をバランススクーター選びの参考にしてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー