【痛くない】自転車サドルカバーおすすめ19選!防水・クッション・電動対応も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【痛くない&快適】自転車サドルカバーおすすめ19選|防水・クッション・電動対応も

出典:amazon.co.jp

自転車のサドルに被せて使う「サドルカバー」。お尻の痛み軽減や、サドルの劣化防止に役立つ便利アイテムです。面倒な取り付け作業は必要なく、サドルにサッと被せるだけで簡単に装着できます。

とはいえ、いざ自転車サドルカバーを選ぶとなると「一般自転車やスポーツバイクとでは、選ぶサドルカバーは違う?」「長時間乗っていてもお尻が痛くならないサドルカバーが欲しい」など、選び方に悩んでしまいますよね。

そこで今回は、自転車サドルカバーの選び方や、おすすめの人気商品をご紹介します。サドルカバーの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

自転車サドルカバーの魅力とは?

おしりの痛み改善だけじゃない!自転車サドルカバーの魅力とは?

出典:rakuten.co.jp

サドルカバーは、サドル表面の劣化防止に役立ちます。自転車のサドルは合成樹脂でできているため、雨・日光・気温の変化などの外的要因によって、破れたり割れたりしやすいのが特徴。

サドル本体を購入するとなると、一般自転車用なら3,000円程度・スポーツバイク用なら1万円程度と、大きな出費になります。その点、サドルカバーは1,000~3,000円前後で購入できる商品が多いため、自転車の維持費節約にも繋がりますね。

また、クッション性に優れたカバーを付けると、長時間自転車を運転してもお尻が痛くなりません。サドルカバーは、快適にサイクリングを楽しみたい人にもおすすめなアイテムです。

痛くないのはどれ?自転車サドルカバーの選び方

ここでは、サドルカバーの選び方について解説します。

「防水・日除け・クッション性」サドルカバーを付ける目的に合わせて選ぼう

雨除け:防水性・撥水性が備わったものなら雨の日でも安心

出典:amazon.co.jp

クッション性:ジェルや低反発クッション搭載ならお尻が痛くなりにくい

出典:amazon.co.jp

サドルカバーを付ける目的は、大きく分けて「防水・日除け・クッション性」の3つです。それぞれ機能性が異なるため、用途に合うサドルカバーを選びましょう。

防水

カバーを付けていない状態のサドルは、雨水が染み込むと乾きにくいものが多いです。サドル表面の雨水を拭き取ったと思っても、座って体重がかかるとクッションに染み込んだ水分でお尻が濡れる可能性があります。

屋根のない場所に駐輪する人や、天候に関わらず自転車に乗る人は、「防水性」や「撥水性」が備わったものを選びましょう。

日除け

サドルは紫外線にあたり続けると、色落ち・変色・ひび割れなどの劣化に繋がります。日当たりが良い場所や、屋根のない場所に自転車を駐輪している人は、黒や紺など紫外線を通しにくい暗色のサドルカバーをチェックしてみてください。

クッション性

子供の送り迎えで自転車を使っている人や、サイクリングが趣味の人など、自転車の使用頻度が高い場合は、クッション性に優れたサドルカバーがおすすめです。クッション性のあるサドルカバーなら、お尻の痛みをカバーできます。ちなみに、クッション性と一口にいっても「ジェルタイプ」と「低反発タイプ」の2種類があります。

  • ジェルタイプ:やわらかい肌当たり。電動自転車やママチャリで買い物や子供の送り迎えなどをしている人向け
  • 低反発タイプ:衝撃吸収に特化している。スポーツバイクに最適。段差の多い悪路も快適に走れる

サドルのサイズに合ったカバーを選ぶことがマスト

サドルカバーのサイズは、大きく分けて「一般自転車・電動自転車などの大型タイプ・スポーツバイク」の3種類です。サドルカバーは、サイズの違う商品を購入すると、装着できないことがほとんどなので選ぶ際はサイズ確認は欠かせません。

サドルサイズの測り方は、縦・横ともに、一番長い場所を測ります。その際、測り始めと終わりは、サドルのフチで合わせましょう。

スナップボタンやマジックテープで固定できるとカバーがズレにくい

スナップボタンやマジックテープで固定できるとカバーがズレにくい

出典:amazon.co.jp

サドルカバーを購入する際は、走行中にカバーがズレないよう、固定できるものを選びましょう。

スナップボタンやマジックテープなら、サドルを包み込むようにしっかり固定できます。また、ヒモを引っ張ってカバーの口を絞るドローコードタイプは、ワンタッチで簡単にカバーを付け外し可能です。

よりズレにくさを求める人には、内側に滑り止め加工がほどこされているものがおすすめですよ。

スポーツバイク用なら通気性に優れたものがGOOD

スポーツバイク用なら通気性に優れたものがGOOD

出典:amazon.co.jp

ロードバイクなどのスポーツバイクに、サドルカバーを装着したい人は、通気性が備わっているかもチェックしておきましょう。メッシュ素材や、カバーの表面が凹凸デザインになっているタイプが主流です。

長時間の運転で汗をかいてもムレにくく、快適にスポーツサイクルを楽しめますよ。

【一般自転車・電動自転車用】サドルカバーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

商品最安価格サドル適合サイズ対応自転車素材留め具の種類防水・撥水加工
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 自転車 サドルカバー楽天市場¥980 AmazonYahoo!横29〜35×縦29〜34cm一般・電動塩化ビニル・ポリエステル・ポリウレタンドローコード有り
JOIEM 自転車 サドルカバー楽天市場¥2,480 AmazonYahoo!-一般・電動・エアロバイク・クロスバイクジェル・ウレタンドローコード無し
aile(エール)サドルカバー のびーるチャリCAP確認中 楽天市場AmazonYahoo!横26〜32×縦29〜32cm一般ポリエステル・ポリウレタンスナップボタン防水性有り
BicycleMate 自転車 サドルカバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!横29〜35×縦29〜34cm一般・電動・大型ポリウレタン・ポリエステルドローコード防水性有り
aile エール サドルカバー¥1,320 楽天市場AmazonYahoo!横26〜32×縦29〜32cm一般ポリエステル・ポリウレタンゴム防水性有り
KANBOO 自転車 サドルカバー楽天市場¥2,480 AmazonYahoo!横27×縦28.5cm一般・電動・エアロバイク・クロスバイク・フィットネスバイクジェル・ウレタンドローコードサドルカバー本体:無し 防水カバー付き
mujina(ムジナ) サドルカバー¥1,380 楽天市場AmazonYahoo!横18×縦28cm一般・マウンテンバイク・ロードバイク・クロスバイクetc表面:ポリエステル弾性繊維 クッション材:シリコン・スポンジドローコード無し
BicycleMate サドルカバー めくりなはれ¥920 楽天市場AmazonYahoo!横29〜35×縦29〜34cm一般・大型PVCヒモ防水性有り
Jinnal 自転車 サドルカバー楽天市場確認中 AmazonYahoo!-一般・電動・エアロバイク・クロスバイクジェル・ウレタンドローコードサドルカバー本体:無し 防水カバー付き
with Bambi サドルカバー¥1,980 楽天市場AmazonYahoo!横24×縦26×厚さ4cm一般・電動表面:ポリウレタン弾性繊維 クッション材:メモリフォーム・ジェルドローコードサドルカバー本体:無し 防水カバー付き

【一般自転車・電動自転車用】サドルカバーおすすめ人気ランキング10選

【スポーツバイク用】サドルカバーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サドル適合サイズ対応自転車素材留め具の種類防水・撥水加工
ShotR サドルカバー楽天市場¥1,780 AmazonYahoo!横18×縦28cmロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・BMX・ミニベロetc表面:ポリウレタン クッション材:シリコンジェル・クッションマジックテープ防水性有り
Oture 自転車 サドルカバー楽天市場¥1,959 AmazonYahoo!横17×縦30×厚さ4cmロードバイク・マウンテンバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車表面:ライクラ クッション材:記憶スポンジ・シリコンジェルマジックテープ無し
KANETAKA(カネタカ) サドルカバー楽天市場¥1,980 AmazonYahoo!幅18×縦29×厚さ3.5cmクロスバイク・ロードバイクetc表面:ポリエステル弾性繊維 クッション材:ポリウレタン・シリコンジェルマジックテープサドルカバー本体:無し 防水カバー付き
RINN(リン) サドルカバー楽天市場確認中 AmazonYahoo!-クロスバイク・ロードバイクポリウレタンマジックテープサドルカバー本体:- 防水カバー付き
HRS(エイチアールエスショップ) 自転車 サドルカバー¥600 楽天市場AmazonYahoo!横17×縦27.5×厚さ2cmマウンテンバイク・ロードバイク・クロスバイクウレタンドローコード-
ROCKBROS 自転車 サドルカバー楽天市場¥2,680 AmazonYahoo!横17×縦28×厚さ4cmロードバイク・マウンテンバイク・クロスバイク・折りたたみ自転車ライクラ・記憶スポンジ・シリコン・ジェルマジックテープサドルカバー本体:防水性有り 防水カバー付き
Dappy サドルカバー楽天市場¥2,300 AmazonYahoo!横17×縦29.5×厚さ3.5cmロードバイク・マウンテンバイクライクラ・ジェルドローコードサドル本体:無し 防水カバー付き
aile(エール)サドルカバー スポーツタイプ¥1,430 楽天市場AmazonYahoo!横17×縦27×厚さ6cmまでロードバイク・クロスバイク・マウンテンバイク・折りたたみ自転車ポリエステル・ポリウレタンスナップボタン防水性有り
GLAMVILLA 自転車サドルカバー楽天市場¥1,599 AmazonYahoo!幅16.5〜21.6cmクロスバイク・マウンテンバイクジェルドローコード・マジックテープ防水性有り

【スポーツバイク用】サドルカバーおすすめ人気ランキング9選

お尻が痛くない!正しいサドルの座り方

お尻が痛くない!正しいサドルの座り方

お尻の痛みをやわらげるには、サドルカバーを変える以外に、座り方も重要になります。下記に3つのポイントをまとめました。

お尻が痛くならない座り方のポイント
  • サドルの前と後ろが水平になるようにセッティングする
  • 前や後ろにいきすぎないよう、サドルに対して真っ直ぐに座る
  • 少し前かがみになり、サドル・ペダル・ハンドルに体重を分散させる

ポイントは、お尻だけに負荷がかからないよう、体重分散をすること。また、サドルの前や後ろに座ってしまうと、お尻に圧迫感が出たり、ペダルが漕ぎにくくなったりします。正しい座り方を意識して、快適なサイクリングを楽しみましょう!

自転車サドルカバーの関連商品

日焼け・防寒対策に便利な「ハンドルカバー」

自転車用の「ハンドルカバー」は、春夏の日焼け対策や、秋冬の防寒対策に役立つ便利グッズです。とくに、秋冬タイプは内側にフリースをほどこしたものが多く、手のかじかみを抑えられます。デザインもおしゃれなものが多いため、見た目にこだわりたい人にもおすすめです。

おすすめ
最安値 ¥2,992 (税込)
おすすめ
ROCKBROS
最安値 ¥3,289 (税込)

屋外での自転車保管に役立つ「自転車カバー」

「自転車カバー」は、自転車全体を覆える大きいサイズのカバーです。サドルはもちろん、自転車の日焼けやサビなど、外的要因による劣化を防げます。自転車を屋外に駐輪している人におすすめです。

関連記事:大切な愛車を守る!自転車カバーおすすめ15選|着脱簡単なワンタッチ式や完全防水も

リュックやバッグごと雨除けできる「自転車用レインコート」

雨の日の買い出しで、どうしても自転車を使いたいときに活躍する「自転車用レインコート」。ポンチョのような大きなサイズが特徴で、リュックやバッグを背負ったまま着用できます。サイドの丈が短いので、自転車のタイヤに巻き込まれる心配もありません。自転車を使う頻度が多い人は、ぜひチェックしてみてください。

関連記事:雨の日もおしゃれに!レインポンチョおすすめ20選|自転車やフェス向けを紹介

自転車サドルカバーのよくある質問

サドルカバーは、ダイソーやセリアなどの100均で購入できますか?

サドルカバーは、ダイソーやセリアなどの100均で購入できます。シンプルな無地タイプから、おしゃれな柄物までラインナップも豊富なので、デザイン性を重視したい人にもおすすめです。

サドルカバーの代用品を教えてください。

サドルカバーは、レジ袋で代用できます。サドルに直接被せて、持ち手の部分をサドルの下にくくるだけでOKです。しかし、そのまま乗るには不格好になってしまうため、見た目を重視したい人はサドルカバーの購入をおすすめします。いざというときの雨除け・日除け対策として使ってみてくださいね。

サドルカバーは手作りできますか?サドルカバーの作り方があれば教えてください。

サドルカバーは、ミシンがあれば手作りが可能です。まずは、1cm程度余白を付けて、座面・側面の生地を切り取ります。側面の生地は、下部にゴムを通せるよう、二度折りにして空洞を作っておきましょう。座面・側面を縫い合わせて、最後にゴムを通せば完成です。防水加工がほどこされた生地を使えば、雨除けにも役立ちます。おしゃれなサドルカバーが欲しい人は、ぜひ自作にチャレンジしてみてください。

自転車サドルカバーおすすめ まとめ

自転車サドルカバーの選び方のポイント
  • 屋根のない場所や、出先での駐輪が多いなら「防水性・撥水性」をチェック
  • 紫外線による劣化を防ぎたい場合は「暗色」のサドルカバーを選ぶのがおすすめ
  • 走行中のお尻の痛みが気になる人は「ジェル・低反発クッション」搭載の有無を確認
  • サドルカバーのズレを軽減するなら「スナップボタン・マジックテープ付き」を選ぶ
  • スポーツサイクルを楽しむなら、ムレを解消する「通気性」タイプがおすすめ

一口にサドルカバーと言っても、大きさや機能性もさまざまです。用途に合わせた機能性をチェックしつつ、自分にピッタリのサドルカバーを選んでみてくださいね。

関連記事:10kg以下の軽量も!折りたたみ自転車おすすめ21選|おしゃれ&安い・ワンタッチなど

関連記事:サイクリングが快適に!自転車スマホホルダーおすすめ15選|人気の防水機能付きも

関連記事:電動やミニベロロードも!おしゃれなミニベロおすすめ23選&選び方を解説

関連記事:おしゃれでカジュアルなサイクルジャージおすすめ24選!初心者必見の効果・選び方も解説

関連記事:【ロードバイク対応】輪行袋おすすめ16選!横型・縦型・被せるだけタイプも

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー