暖かくておしゃれな毛布おすすめ24選!かわいい・もふもふな毛布も!

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

寒い冬でも包まるだけで暖かくなれる毛布。寒い季節は布団だけでは心もとなく、暖かい毛布が欲しくなりますよね。

しかし毛布は購入する頻度も少ないので、どのようなものを選べば良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

この記事では素材による毛布の違いや選び方や、おすすめの毛布を素材別に24選ご紹介します。

人気の商品やおすすめのメーカーを徹底的に調査したので、毛布の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ毛布の選び方

毛布の選び方

良い毛布を見つけるためには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 毛布の素材
  • 洗濯方法
  • 重量
  • 付属品
  • 加工の有無
  • デザイン

お手入れが楽なものがいい人や、布団の上に毛布をかける人は「化学繊維」から選ぶ

毛布は布団の上派におすすめの化学繊維

出典:amazon.co.jp

毛布を直接体の上ではなく布団の上にかけたい人には、化学繊維の毛布がおすすめです。毛布の素材には大きく分けて「化学繊維」「天然繊維」のものがあります。

化学繊維の毛布の特徴
  • 価格が安い
  • 保温性が高く暖かい
  • 吸湿性が低く寝汗を吸いにくい

保温性が高いので、布団の上にかけることで熱が逃げにくく、真冬でも暖かく眠れますよ。

しかし、化学繊維の毛布は吸湿性が低いため、寝汗を吸収しにくく、体の上にかけるのはあまりおすすめしません。毛布を体に直接まといたい人は、天然繊維の毛布を選ぶようにしましょう。

化学繊維の中でも主流の素材をご紹介しますので、参考にしてみてください。

高耐久で価格も安いポリエステル

高耐久で価格も安いポリエステル

出典:amazon.co.jp

綿の代替品として衣類でもよく使われる素材のポリエステル。強度が強く縮みにくいうえに、生産コストが低いため安く購入できます。洗濯機で丸洗いできるのもポリエステルの利点です。乾きやすい素材なので、冬場の洗濯物が乾きにくい時期にも安心してお洗濯できます。

静電気が起こりやすい点がデメリットですが、静電気防止加工が施してあるものも多くあります。購入時には静電気防止加工の有無もチェックしましょう。

関連記事:【花粉も防ぐ】静電気防止スプレーおすすめ19選|作り方・ダイソー商品も紹介

化学繊維のなかでとくに暖かいアクリル

化学繊維のなかでとくに暖かいアクリル

出典:amazon.co.jp

アクリルは化学繊維の中でも、とくに保温性の高い素材です。太い繊維の間に空気の層ができるので保温性が高く、ふんわりと柔らかく暖かい毛布に仕上がります。ウールに似せて作られているので、暖かさはウールに匹敵するほど。ウールは高くて買えないけれど、暖かい毛布が欲しい人におすすめです。

吸湿性と放湿性が低く、寝汗を吸収しにくいので蒸れやすいのがデメリットです。ポリエステル素材と同様に静電気が発生しやすいので、購入するときは静電気防止加工がされているものを選ぶと良いでしょう。

毛布を体の上に直接かける人には「天然素材」がおすすめ

毛布は布団の下派におすすめの天然繊維

出典:amazon.co.jp

毛布を布団の上ではなく、直接体にまといたい人には、天然繊維の毛布がおすすめです。吸湿性の高い天然繊維は、寝汗を吸ってくれるので快適に眠れます

天然繊維の毛布の特徴
  • 肌触りが良い
  • 吸湿性が高く寝汗を吸ってくれる
  • 価格が高い素材が多い

天然繊維の代表的な素材を4つご紹介していきます。

洗濯可能で吸湿性も高い綿

洗濯可能で吸湿性も高い綿

出典:amazon.co.jp

天然繊維の中でも吸湿性の高い綿は、柔らかい肌触りが特徴です。洗濯可能な上に乾きやすいので、汗をかきやすくおねしょの心配もある赤ちゃんにもおすすめ。軽くて持ち運びも簡単な綿は、赤ちゃんのおくるみやお昼寝のときにもサッと使えるので便利です。もちろん、赤ちゃん以外が使用しても快適に利用できます。

他の繊維と比べると保温性は低いですが、デメリットではありません。夏場は1枚で快適に使えます。冬場はかけ布団の下にかけて使用すれば、汗をよく吸収して寝冷えの防止にもなります

保温性が高いウール

保温性が高いウール

出典:amazon.co.jp

天然繊維の中でもとくに保温性が高いのが、羊毛で作られたウール素材の毛布です。うろこ状で独特のちぢれのある表皮は「クリンプ」とよばれ、汗を吸収して放出する力があります。保温性・吸湿性・放湿性にも優れているので、寒い冬場の暖まりすぎた寝汗もしっかりと吸収してくれますよ。

吸湿性はあるのに水滴をはじく素材で、汚れがしみにくいのも特徴です。一度ついてしまった汚れは落ちにくいので、こぼれてしまった水分はすぐにサッと拭き取るようにしましょう。最近は洗えるウールの毛布も販売されているので、汚れてしまったときでも安心して洗えますよ。

汗をかいてもべたつかず快適なシルク

汗をかいてもべたつかず快適なシルク

出典:amazon.co.jp

繊維の女王とよばれるシルクは、汗をかいてもサラッと快適に眠れる素材です。綿の1.5倍の吸湿性があり、放湿性にも優れているので、季節を問わず使用できます。

他の繊維と比べて、細かい繊維の間に空気をたっぷりと含んでいます。そのため、保温性と通気性が高く、暖かいけど熱がこもりにくいのも特徴です。身体にフィットする優しい肌触りのシルクは、掛布団としても重宝します。見た目にも高級感があるので、お部屋のインテリアにもおすすめですよ。

摩擦や水に弱いので、水洗いができません。汚れがついてしまった場合は、クリーニング店にお願いしましょう。風通しの良い場所で保管をすれば虫食いのリスクも軽減します。

感触の良いカシミヤ

感触の良いカシミヤ

出典:amazon.co.jp

カシミヤ山羊の冬の産毛から作られるカシミヤは、採取できる量が少なく希少価値の高い素材です。細い毛が密集しているので軽量なのに保温性が高く、吸湿性にも優れています。

細い繊維は肌に触れたときのチクチク感がなく、敏感肌の人でも安心して毎日使えますよ。繊維の表面が油分で覆われており、滑らかな仕上がりも特徴です。希少価値の高い素材なので値段は高くなりますが、毎日極上の毛布で眠りたい方におすすめですよ。

素材ごとの洗濯方法もチェック

素材ごとの洗濯方法もチェック

毛布は素材によって洗濯方法が変わってきます。素材別の洗濯方法を表にまとめたので、参考にしてみてください。

素材 洗濯方法
ポリエステル 洗濯機で丸洗い可能
アクリル 洗濯機で丸洗い可能
綿 洗濯機で丸洗い可能
ウール 洗えないものもある
シルク 水洗い不可
カシミヤ 水洗い不可

化学繊維は水に強く耐久性もあるので、洗濯機で丸洗いが可能です。洗うときは洗濯ネットを使用し、他の洗濯物を入れずに毛布だけを洗うようにしましょう。干すときには陰干しするのがポイントです。日光に当ててしまうと変色のリスクがあるので注意しましょう。

天然繊維の中には、洗える加工が施してあるものもあります。しかし手洗いのみ可と表記されている毛布は、手で洗って脱水までしなければなりません。大変な場合はクリーニング店に依頼した方が良いでしょう。

演出したい雰囲気に合わせてデザインを選ぶ

毛布を購入するときには、お部屋の理想の雰囲気に合わせて選ぶのもポイントです。一人暮らしの人の中には、ベッドの上に毛布を出したままにしておく人も多いでしょう。

ベッドの上に毛布を掛けておけば、お部屋の雰囲気が暖かく見えます。さらにソファや椅子に座って使いたいときにも、手に取りやすいので便利です。

インテリアに合わせやすいデザインの毛布を3つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

カジュアルなストライプ柄の毛布

カジュアルなストライプ柄の毛布

出典:amazon.co.jp

部屋をカジュアルな雰囲気で統一したいなら、ストライプ柄の毛布がおすすめです。ストライプ柄の毛布は、カラーによって雰囲気が変わります。大人らしいお部屋にしたいならモダンなカラーを。ピンクカラーは可愛い雰囲気の部屋にもマッチします。太めのストライプなら、よりお部屋をカジュアルに見せてくれますよ。

かわいい編み込み毛布

かわいい編み込み毛布

出典:amazon.co.jp

かわいい編み込み毛布

出典:amazon.co.jp

編み込みの毛布なら、お部屋の雰囲気をナチュラルで可愛らしいものにしてくれます。編み込み毛布は暖かな印象を与えてくれるので、冬のインテリアにもぴったりです。

ポリエステル素材で作られている編み込み毛布は、洗えるので衛生的。裏がボア加工されているものは保温性も抜群です。

極太の毛糸で作られたニットはインパクトもあり、お部屋のインテリアにもピッタリですよ。お部屋を暖かく可愛らしい雰囲気にしたいなら、編み込みの毛布が良いでしょう。

高級感溢れる毛皮の毛布

高級感溢れる毛皮の毛布

出典:amazon.co.jp

高級感溢れる毛皮の毛布なら、お部屋をゴージャスな雰囲気に変えてくれます。扱いが難しそうな毛皮も、ポリエステルで作られたものを選べばお手入れも簡単です。

ベッドやソファに置いて、手軽に高級感を味わえる毛皮の毛布もおすすめです。

2kg以下の軽い毛布なら身体への負担も少ない

2kg以下の軽い毛布なら身体への負担も少ない

毛布の重さは、好みにもよりますが2kg以下のものを選ぶのがおすすめです。重たい毛布は掛布団を重ねるとさらに重くなり、寝苦しさを感じます。身体が圧迫されることで血流が悪くなり、冷えや肩こりの原因にも。毛布が重たいと寝返りを打ちづらいので、身体にも負担がかかってしまいます。

人によっては、ある程度重さがあった方が安心感がある人もいるかと思います。好みにもよりますが、寝ている間の身体への負担を考えると、毛布は2kg以下の軽いものを選ぶのが良いでしょう。

ケースがついていると、オフシーズンでも収納しやすい

ケースがついていると、オフシーズンでも収納しやすい

出典:rakuten.co.jp

毛布を購入するときにケースがついている商品なら、オフシーズンはそのままケースに入れて収納できます。コンパクトにしまえると場所も取らず、必要なときにサッと使えるので便利ですよ。

市販の収納ケースは、毛布が厚手の場合やサイズによって入らないこともあります。市販の収納ケースは、シングル用・ダブル用と適切なサイズか、厚手の毛布でも収納できるかをよく確認してから購入するようにしましょう。

室内干しには臭いが気にならない抗菌防臭加工がおすすめ

室内干しには臭いが気にならない抗菌防臭加工がおすすめ

出典:amazon.co.jp

防菌防臭加工の毛布は、繊維上で菌が増殖するのを防いでくれます。寝汗からくる菌や体臭がつく心配も少なくなるため、毛布を清潔に保ちやすいです。さらに、花粉や雨の多い季節の室内干しでも、室内にイヤな臭いがせず気にならないのもポイント。

毎日使う毛布を清潔に保ちたい人には、抗菌防臭加工の毛布がおすすめです。

関連記事:ペット・介護・タバコ対策におすすめの脱臭機15選|気になる効果やランニングコストを解説

【化学繊維】毛布おすすめ人気ランキング比較一覧表

保温性が高く、しっかり体を温めてくれる化学繊維の毛布おすすめランキングです。

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材重さサイズ洗濯方法特殊加工
昭和西川 2枚合わせ 毛布¥5,500 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル1.8kgシングル洗濯機洗い-
Hansleep マイクロファイバー 毛布楽天市場¥1,980 AmazonYahoo!ポリエステル980gシングル洗濯機洗い-
AND・DECO マイクロファイバー 毛布¥2,999 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル-シングル洗濯機洗い静電気防止、抗菌防臭加工
bon moment 伝説の毛布¥2,529 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル約890gシングル洗濯機丸洗い-
AND・DECO エアロゲルブランケット¥6,999 楽天市場AmazonYahoo!側面地…240g 無地フランネル+抗菌防臭加工 上層綿…エアロゲル繊維50%/ポリ綿50% 下層綿…人造羽毛60g/m2シングル…約 2.2kg セミダブル…約 2.5kg ダブル…約 2.8kgシングル:横140×縦200cm セミダブル:横160×縦200cm ダブル:横180×縦200cm洗濯機洗い静電気防止加工
AQUA (アクア) mofua マイクロファイバー 毛布楽天市場¥2,480 AmazonYahoo!ポリエステル900gシングル洗濯機洗い静電気防止加工
lite-sott マイクロファイバー 毛布¥2,490 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル-シングル洗濯機洗い-
AIFY マイクロファイバー 毛布楽天市場¥1,683 AmazonYahoo!ポリエステル880gシングル洗濯機洗い静電気防止、抗菌防臭加工
西川 ポリエステル2枚合わせ毛布¥3,000 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル1.7kgシングル洗濯機洗い-
クモリ(Kumori) マイクロファイバー 毛布楽天市場¥1,980 AmazonYahoo!ポリエステル1.05kgシングル洗濯機洗い静電気防止加工
NICETOWN マイクロファイバー 毛布¥2,456 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル760gシングル洗濯機洗い静電気防止加工
SE Softexly マイクロファイバー毛布¥3,240 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル1.07kgシングル洗濯機洗い静電気防止加工

【化学繊維】毛布おすすめ人気ランキング12選

【天然繊維】毛布おすすめ人気ランキング比較一覧表

寝汗をしっかり吸ってくれる、天然素材のおすすめ毛布人気ランキングです。

商品最安価格素材重さサイズ洗濯方法特殊加工
三井毛織 メリノ ウール 毛布¥19,900 楽天市場AmazonYahoo!ウール1.45kgシングル手洗い-
三井毛織 シルク 毛布¥15,500 楽天市場AmazonYahoo!シルク1.36kgシングル手洗い-
NIKKE×Niceday カシミヤ 毛布¥37,800 楽天市場AmazonYahoo!カシミヤ-セミダブルドライクリーニング-
東京西川 カシミヤ 毛布¥66,000 楽天市場AmazonYahoo!カシミヤ1.2kgシングルドライクリーニング-
KLIPPAN ウール 毛布¥12,900 楽天市場AmazonYahoo!ウール-シングル-
BOMA シルク 毛布¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!シルク1.2kgシングルクリーニング-
NIKKE×niceday シルク 毛布楽天市場¥12,800 AmazonYahoo!シルク1.2kgシングルクリーニング-
日本毛布工業組合 メリノウール 毛布楽天市場¥23,000 AmazonYahoo!ウール1.9kgシングル手洗い-
UTO HOME カシミヤ 毛布¥55,000 楽天市場AmazonYahoo!カシミヤ120×80㎝-洗濯機洗い-
三井毛織 カシミヤ 毛布楽天市場¥300,000 AmazonYahoo!カシミヤ2.52kgダブルドライクリーニング-
NIKKE カシミヤ 毛布¥49,800 楽天市場AmazonYahoo!カシミヤ1.3kgシングルクリーニング-
ベッケン ジロンウール 毛布¥33,000 楽天市場AmazonYahoo!ウール1.7kgシングル洗濯機洗い-

【天然繊維】毛布おすすめ人気ランキング12選

毛布のおすすめ人気メーカー

数あるメーカーの中から、毛布のおすすめメーカーを4社ご紹介します。

老舗の布団メーカー「西川」

「一億円毛布」で有名な西川は、こだわりの素材を使用した毛布が人気の老舗メーカーです。老若男女使いやすい色や柄が豊富で、保温性だけではなく吸湿性と放湿性を兼ね揃えた毛布を多く販売しています。

2枚合わせのボリューム毛布や、洗えるウール毛布などの人気商品を取り扱っています。

高級毛布も扱う「三井毛織」

毛布の街、大阪南大津の老舗メーカー三井毛織。ウール、シルク、カシミヤなどの多彩な自然繊維を扱い、高品質な毛布を販売しています。

熟練の職人が伝統的な製法で、吸湿性と発散性に優れた毛布を作り上げています。高級毛布を多く取り扱っており、30万円超えの毛布も販売していますよ。

おしゃれなものから機能性の高いものまである「NIKKE」

NIKKEは家庭用の毛布からホテル用、災害用の毛布まで幅広く取り扱うメーカーです。家庭用の毛布にはウール、アクリル、シルクなどを使用し、素材の特徴を活かした毛布を販売しています。

ナチュラルなカラーから、高級感ある絵柄の毛布まで豊富に取り扱っているので、お部屋のインテリアに合わせて選べますよ。

着る毛布でも有名な「AQUA」

着る毛布で有名なAQUAは、令和4年にnicedayと合併したメーカーです。お互いの強みを活かした毛布を多く取り扱っています。

AQUAのmoufuは、プレミアムマイクロファイバーを使用してふわふわで暖かく、1枚で1年中活躍してくれると人気です。薄手で通気性が良く、肌触りの良い毛布を販売しています。

関連記事:【おしゃれに寒さ対策】着る毛布おすすめ20選!メンズ向けや足まであるタイプも

毛布の関連商品

毛布洗いに必須の「洗濯ネット」

毛布を洗濯機で洗う際に、必ず使用するのが洗濯ネットです。毛布をネットに入れずに洗濯してしまうと、洗濯槽から飛び出してしまい、毛布や洗濯機が破損してしまう原因にもなります。

洗濯ネットを選ぶときは、毛布に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

使わない時期もスッキリしまえる「収納ケース」

毛布は真夏のオフシーズンはすっきりと収納しておきたいもの。そんなときに便利なのが、毛布用の収納ケースです。

毛布はケースに入れずにそのまましまっておくと、かさばるだけではなく虫食いの心配もあります。オフシーズンの毛布は収納ケースにしまい、必要な時期になったら取り出すようにしましょう。

こちらの記事で押し入れにすっきりと収納できるグッズを紹介しているので、参考にしてみてください。

【収納アイデアも紹介】押入れ収納おすすめ30選|棚・ラックなどタイプ別に紹介

大きな毛布も洗える「洗濯機」

洗濯機で丸洗いできる毛布も、洗濯機が小さいと洗えません。毛布が洗える洗濯機を選ぶときに、見ておくべきポイントは「毛布コース」があるかどうかです。

毛布コースでは、洗濯槽の中のかくはん羽根の働きを抑えて洗濯をするので、毛布を傷めずに洗えます。洗濯機の買い替えのタイミングでチェックしておくと良いですよ。

関連記事:【3万円以下も】安い洗濯機おすすめ20選|コスパ最強モデルはどれ?

関連記事:【容量別】縦型洗濯機おすすめ25選|パナソニックや日立などメーカー比較も(2023)

関連記事:何キロがおすすめ?二人暮らし向け洗濯機14選|必要な容量やサイズの目安を解説

関連記事:【コスパの良い選び方】ドラム式洗濯機おすすめランキング24選|人気メーカー比較も!

関連記事:【安い2万円台も】一人暮らし用洗濯機おすすめ16選|サイズや相場も解説

毛布のよくある質問

毛布で一番寿命が長いのはどの素材ですか?

毛布の中で一番寿命が長いのは化学繊維のアクリルです。丁寧に扱えば10年~20年と長持ちしますよ。

使わなくなった毛布はどのように処分すれば良いでしょうか?

使わなくなった毛布は、自治体の粗大ごみや資源ごみで処分できます。小さく切って燃えるごみとして回収する方法もありますが、自治体によって処分方法は違うので、迷った場合は自治体に確認してみると良いでしょう。

毛布はどこで買うのが一番良いですか?

毛布は実際に触らないと柔らかさや質感がわかりません。店頭で購入できれば良いですが、一つの店舗で扱っている毛布は多くないので、より多くの毛布から選びたい人にはネットで購入することをおすすめします。

購入の際には商品ページの情報や口コミをしっかりと確認し、イメージを掴むことが大切ですよ。

中古の毛布は購入しても大丈夫でしょうか?

中古の毛布はフリマアプリやリサイクルショップで購入できます。中古の毛布は一度洗濯をしてから使用するのがおすすめです。しかし、毛布は直接肌に触れるので、衛生面が気になる方は新品のほうが良いでしょう。

毛布の買い替えの目安はなんですか?

毛布の買い替えの目安は、毛布が薄くなり、肌触りが悪くなってしまったころです。洗濯やブラッシングをしても風合いが戻らなくなったころが、買い替えのタイミングの目安です。

さらに寝ていると咳や鼻水が出るようになってきたら、毛布の繊維にほこりがたくさん溜まっているかもしれません。取り除けないほこりは健康にも影響があるので、毛布の買い替えをおすすめします。

おすすめ毛布まとめ

今回は快適な睡眠を得られる「毛布」についてご紹介しました。

  • 安くてかわいい毛布なら、化学繊維がおすすめ
  • 機能的で高級感のある毛布は、天然繊維がおすすめ

毎日快適な睡眠がとれるのは身体にも心にも嬉しいですよね。毎日使う毛布は重さや機能、デザインで自分にぴったりの毛布を選びましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー