通販で買える美味しい牛タンブロックおすすめ10選!国産・高級部位や激安品も!

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

部位で選ぶ牛タンブロックおすすめ10選!ステーキ・シチューなど美味しいレシピも

好きな大きさにカットできるので、焼肉・しゃぶしゃぶ・ステーキ・煮込みとさまざまな料理に使いやすい牛タンブロック。ネット通販でも、牛タン専門店・老舗肉卸し店のブロックなど質の高い商品を購入できるため、利用する方が増えています。

しかし実際に購入しようとすると、タン元・タン中・タン先とさまざまな部位があり、どの部位を選べばいいのかと戸惑う方もいるのではないでしょうか。

この記事では牛タンブロックの選び方と、通販で買えるおすすめ牛タンブロック10選をご紹介します!ランキングは、1本もの・タン元・タン中・タン先と部位ごとに分けて厳選。焼肉・ステーキに適した柔らかい部位、煮込みに適した部位、和牛の牛タン、おすすめレシピもご紹介します。

牛タンブロックの通販での選び方は、部位・処理のしやすさ・産地がポイント

通販で牛タンブロックを買うと、肉質を自分の目で確認できないので不安という方も多いはず。しかし、楽天市場・Amazonでは、牛タン専門店や、牛タンの本場仙台の老舗店など口コミ評価の高い商品が購入できますよ。

業務スーパーやコストコなど市販の牛タンブロックと、通販では選び方が異なります。通販では以下のポイントをチェックして選んでみてください。

  • 部位:1本もの・タン元・タン中・タン先・タン下から料理に合わせて選ぶ
  • 皮あり・皮なし:処理の手間が面倒なら、皮なしタイプをチョイス
  • 産地:柔らかさで選ぶなら、和牛の牛タンブロックがおすすめ
  • 飼育法:味の好みに合わせて「牧草飼育」か「穀物飼育」かをチェック
  • 量:500g~2kgほどの間で、家族の人数に合わせて内容量を選ぶ

作りたい料理に合わせてタン元・タン中・タン先・タン下から部位を選ぶ

焼肉・バーベキュー用に購入するなら、脂の乗ったタン元・タン中がぴったり

出典:rakuten.co.jp

通販で牛タンブロックを選ぶ際はまず、作りたい料理に合わせて部位を選びましょう。牛タンブロックには、全ての部位が付属した1本ものもありますが、部位ごとでも販売されています。

購入できる牛タンの部位は、脂ののったタン元・タン中、コリコリとした心地よい食感のタン先・タン下が選択可能。食感・食べ方の好みに合わせて選んでみてください。

部位 特長 合う料理
タン元
  • 脂のサシが多い芯の部分が多い付け根部分
  • しっかり焼いても、柔らかい食感
  • 焼肉屋で希少な高級部位として提供されることが多い
  • ステーキ
  • 焼肉など
タン中
  • タン元とタン先の中間部分
  • 赤身・脂身が半々くらいで両方の良さを楽しめる
  • スーパーでも売ってることが多い部位
  • 焼肉
  • タンシチューなど
タン先
  • 舌先の赤身部分
  • 食感は硬く臭いもキツめ
  • 煮込むととろけるような食感に
  • タンシチュー
  • 赤ワイン鋳込みなど
タン下
  • タン元・タン中の下部にある、赤身・スジ部分
  • コリコリと心地よい食感。煮込めばトロトロに
  • 料理で使われることが少ない部位
  • タンカレー
  • アヒージョなど

焼肉・バーベキュー用に購入するなら、脂がのったタン元・タン中がぴったり

焼肉・バーベキュー用に購入するなら、脂の乗ったタン元・タン中がぴったり

焼肉やバーベキューなどサッと焼いて食べるなら、タン元・タン中がおすすめです。どちらの部位も脂がのって柔らかいため、焼肉にぴったりです。

タン元は牛タンの中でもっとも付け根に近く、とれる量が少ない希少な高級部位。サシがしっかり入って脂がのっているので、しっかりめに焼いてもやわらかな食感が楽しめます。とにかくやわらかい牛タン焼肉が食べたいのであれば、タン元で間違いないでしょう。

タン中は、タン元よりも舌先に近い中間部分。タン元に比べ脂身の多い部分が少なく、赤身が多い部位です。赤身が多くても固すぎることはなく、適度に歯ごたえがあり独特な食感を味わえます。ほどよい柔らかさとコリコリとした歯ごたえを楽しみたいなら、タン中がおすすめです。

編集部

厚切りのステーキにするなら、タン元・タン中の、周りの赤身部分を除去した「芯タン」もおすすめ!脂身の多い中心部分だけを残しているので、とろけるような食感が楽しめますよ。

タンシチュー・煮込み料理に使うなら、赤身が多いタン下・タン先がおすすめ

タンシチュー・煮込み料理に使うなら、タン下・タン先がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

タンシチュー・タンカレーなど、牛タン煮込みにしたい方にはタン先・タン下がおすすめです。

タン先は牛タンで最も先端の部分。肉質は硬くほとんどが赤身のため、焼肉で食べるにはあまり適していません。しかししっかり煮込めばほろほろと口の中でほどけるなめらかな食感になるため、シチューやカレーとの相性が抜群。旨味が濃い赤身なので、赤ワイン煮込みなど濃い味付けでも存在感が薄れません。

タン下は、タン元・タン中の下にある赤身・スジ部分のこと。あまり使われることの少ない部位ですが、煮込めばタン先とは一味違った、スジならではのとろりと柔らかい食感に仕上がります。タン下も赤身なので、味わいは濃厚。軽く火を通すとぷりぷりと弾力のある食感のため、アヒージョにもおすすめです。

手軽に調理したいなら、皮が処理された「ムキタン」がおすすめ

手軽に調理したいなら、皮が処理された「ムキタン」がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

処理の手間をできるだけ省略したい方は、皮がむかれた「ムキタン」を選びましょう。牛タンの皮は硬くて、身離れも良くないので、除去するには切れ味の良い包丁と、高い技術が必要です。通販では皮を既に処理してある商品が多いので、購入する際はチェックしましょう。

やわらかさにこだわるなら、和牛のタンブロックをチョイス

やわらかさにこだわるなら、和牛のタンブロックをチョイス

出典:rakuten.co.jp

牛タンのやわらかさや肉質の良さにこだわるなら、国産和牛の牛タンを探してみましょう。海外産と比べると価格が2~3割ほど高いですが、和牛は日本人の好みに合わせてサシを多くしたやわらかい食感が特徴。脂身・赤身にも甘みがあり、クセが少なく上品な味が楽しめます。

牛タンブロックは、アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド産が多く、和牛は少なめ。楽天・amazonの通販でも販売されているので、国産にこだわる方はチェックしましょう。

編集部

和牛とは、黒毛牛・赤牛など食肉用に飼育される国産の牛のこと。「国産牛」と表記する場合は、乳牛も含まれますので注意しましょう。

1人前200gほどを目安に、量もしっかりチェックしよう

1人前200gほどで、量もしっかりチェックしよう

出典:rakuten.co.jp

通販で牛タンブロックを購入する際には、内容量もしっかりチェックしましょう。通販で販売される牛タンブロックの内容量は500g~2kgほど。量をきちんと確認しないと、使い切れない量が届いてしまう場合があります。

1回の食事で使用する場合は、1人前200gほどを目安に購入するのがおすすめ。まとめ買いでストックをしたい方は、総量1~2kgでも500gずつの小分けになった商品がぴったりです。

激安VS高級!牛タンブロックの値段比較

この章では、通販で購入できる牛タンブロックの、値段の違いをご紹介します。牛タンブロックの値段は、500gあたり1,000~6,000円ほどと商品によって幅があります。主な違いは、使用している部位や産地によるもの。作りたい料理や予算に合わせて、最適な商品を選びましょう。

安い牛タンブロックの特徴(500gあたり1,000~3,000円のモデル)

500gあたり1,000~3,000円の値段の安い牛タンブロックは、アメリカ・ニュージーランドなど、海外産に多いのが特徴。牛肉の産地は他にも、オーストラリア・カナダ・パナマなどが選べます。安い海外産とはいえ口コミの良い商品には、しっかりと上質な牛タンもあります。脂ののったソフトな食感が楽しめます。

また、牛タンブロックの値段は、部位によっても変わります。脂がのった真の部分が少ないタン先・タン下がもっとも安い部位。赤身で煮崩れしにくいので、煮込み料理に使いたい方におすすめです。また程よく脂がのったタン中のブロックも、500gあたり1,500円ほどから購入できますよ。

こんな人におすすめ
  • しっかりとした歯ごたえの牛タンを好む方
  • タンシチュー・タンカレー・赤ワイン煮など、煮込み料理に使いたい方
  • 海外産の食材でも気にならない方

高い牛タンブロックの特徴(500gあたり3,000~6,000円のモデル)

500gあたり3,000~6,000円の値段の安い牛タンブロックは、国産牛・和牛を使用した商品に多いのが特徴。国産牛・和牛の牛タンブロックは、海外産に比べ脂のサシが細かく、広範囲に入っています。そのためソフトでジューシーなテイストと、上品な脂の甘みを楽しめます。

また牛タンの中でも、根元に近いタン元の牛タンブロックも高価。しっかりとサシが入った柔らかい食感が楽しめます。タン元の中でも、タン周りの赤身を削ぎ落とした芯タンはより高価。厚切りでもとろけるような柔らかい食感を楽しめますよ。ギフトやプレゼントには、芯タンが最適ですよ。

こんな人におすすめ
  • 焼肉・バーベキューなどで、牛タンを楽しみたい方
  • 牛タンステーキなど、厚切りで食べたい方
  • 国産の素材にこだわる方
  • プレゼント・ギフトで牛タンを贈りたい方

【1本もの】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。

タン元・タン中・タン先・タン下が全て付属し、いろんな料理に使いやすい1本もの牛タンブロック。国産・カナダ産など、こだわりのメーカーを選びました。

商品最安価格内容量生産地部位皮の下処理ギフト利用その他特徴
Do-foods本舗 北海道産 牛タンブロック¥19,440 楽天市場AmazonYahoo!1.5kg北海道タン元・タン中・タン先・タン下皮つき・皮なしを選択可能国産牛タン、カットでの注文可能
カナダビーフ館 丸ごと1本牛タンブロック¥4,500 楽天市場AmazonYahoo!700g~1.2kgで選択可能カナダ産タン元・タン中・タン下・タン先無添加、冷凍配送
和牛仙台マルシェ竹村 牛タン一本勝負¥8,000 楽天市場AmazonYahoo!700gアメリカ産タン元・タン中・タン下保存料など一切無添加、周りの硬い部分は削ぎ落している

【1本もの】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング3選

【タン元・タン中】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング比較一覧表

サシが多く、食感が柔らかいので、焼肉・バーベキューに最適なタン元・タン中牛タンブロック。赤身を除いた芯タンタイプ、小分けタイプなどさまざまな商品をご紹介します。

商品最安価格内容量生産地部位皮の下処理ギフト利用その他特徴
良肉問屋 本家かつめし亭 まるごと牛タン¥3,740 楽天市場AmazonYahoo!900gアメリカ・カナダ・ニュージーランド産舌根・タン元・タン中厳しい品質基準をクリアした素材だけを厳選、冷凍配送
伊達のくら 牛タン中ブロック¥2,180 楽天市場AmazonYahoo!500gパナマ・ニカラグア産タン中牧草飼育牛肉グラスフェッドビーフ使用
DATEYA 特選牛タンブロック¥6,730 楽天市場AmazonYahoo!1kgニュージーランド・オーストラリア産タン元・タン中HACCPに基づく工場で加工、冷凍でお届け、
ALL MEAT.INC 極上牛タンブロック¥4,158 楽天市場AmazonYahoo!600gアメリカ・カンザス州産タン元・タン中アメリカ産黒毛牛使用、芯タンのみ使用、ホルモンフリー、USDA米国オーガニック認証取得

【タン元・タン中】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング4選

【タン先・タン下】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング比較一覧表

煮込むことで、ほろほろとなめらかな口当たりになるため、煮込み料理に最適なタン先牛タンブロック。中でも口コミ評価が高いメーカーを厳選しました。

商品最安価格内容量生産地部位皮の下処理ギフト利用その他特徴
カネタ たん先ブロック確認中 楽天市場AmazonYahoo!500g×4袋アメリカ産タン先4日間熟成、着色料・保存料不使用、穀物飼育採用
DATEYA 牛タン先・タン下ミックスブロック¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!500g×2袋オーストラリア産タン先・タン下一定期間穀物だけで育てたミドルグレイン牛肉使用
肉卸直営ワンダーランド 肉卸のこだわりブロック牛タン¥2,980 楽天市場AmazonYahoo!1~3kgヨーロッパ・ニュージーランド・オーストラリア・アメリカ産タン先メッセージカード付属可能

【タン先・タン下】牛タンブロックおすすめ人気通販ランキング3選

牛タンブロックのおすすめ人気店

牛の飼育からこだわる「DATEYA」

牛タンの本場、杜の都仙台を拠点に、牛タン・和牛を専門に食肉を販売する「DATEYA」。牛タンブロックとして、タン中・タン下・タン先・切り落としなど、部位ごとに販売しています。

DATEYAの特徴
  • 原材料の牛タンは、質の高い食用牛を生産する、オーストラリア産を厳選
  • タン元のブロックは、周りの赤みを削ぎ、芯タンの部分だけを使用
  • タン先・タン下のブロックには、赤身の味わいが濃い「穀物飼育牛」を使用

DATEYAの牛タンブロックは、素材へのこだわりが特徴です。使用する食肉牛は、オーストラリア産のブランド牛「ミドルグレイン牛肉」を使用。出荷前の一定期間穀物のみで育てているので、コク深い赤身と、甘みの強い脂が楽しめます。部位ごとに小分けで販売しているので、料理に合わせて部位を選びたい方にぴったりのメーカーです。

コスパ抜群の「伊達のくら」

牛タン消費量日本一の宮城県仙台で、30年以上牛タン専門店として高い人気を集め続ける「伊達のくら」。牛タンブロックは、タン中・タンスジの小さめブロックを販売しています。

伊達のくらの特徴
  • 原材料には、パナマ・ニカラグア産の牧草飼育、グラフェットビーフを厳選
  • タン中は、周りの赤みを削ぎ落とし、芯に近い部分のみを使用
  • ブロックをこぶし大ほどにカットしているので、料理がしやすい

伊達のくらの牛タンブロックは、コスパの良さが魅力です。タン中・タンスジともに500gで2,000円ほどで購入可能。全てこぶし大程にカットされているので、牛タンブロックに慣れていない方でも使いやすいですよ。牧草飼育のグラフェットビーフを使っているので、クセの少ない味わいを好む方におすすめです。

仔牛の牛タンが楽しめる「十文字屋商店」

海の幸が豊富な三陸宮城県で、水産加工品・牛タンの卸業をメインに行っている「十文字屋商店」。一般向けの牛タンブロックとして、1本ものと、タン先のブロックを販売しています。

十文字屋商店の特徴
  • 原材料の牛タンには、ミルクのみで飼育されたヨーロッパ産ミルクフェットヴィールを厳選
  • 仔牛の牛タンを使っているため、柔らかくミルキーなテイスト
  • 1本もの・タン先ブロックともに1パック500gで、人数の少ない家族でも使いやすい

十文字屋商店の牛タンは、原材料に仔牛の牛タンを使用しているのが特徴です。牧草・穀物などの飼料は食べず、ミルクのみで育っているため、牛タンにもほのかなミルキーさを感じます。食感もとても柔らかいので、焼肉・ステーキなど、サッと火を通して食べたい方におすすめです。

国産の牛タンブロックが購入できる「Do-foods本舗」

モンドセレクション金賞を受賞する「松阪牛大トロフレーク」をはじめ、生ラムなど食肉を幅広く販売する「Do-foods本舗」。牛タンブロックは、1本もののみを販売しています。

Do-foods本舗の特徴
  • 原材料の牛タンは、国産の北海道産を使用
  • 牛タンの部位は、タン元・タン中・タン先・タン下を全て削ぎ落さず付属
  • 皮つき・皮無し・カットして配送など処理のしかたも選べる

Do-foods本舗の牛タンブロックは、完全な1本ものの販売が特徴です。牛タンブロックは、1本ものでも、タン先・タン下がカットされている場合も。Do-foods本舗はタン先・タン下もしっかり付属しているので、焼きもの・煮込みとさまざまな料理に使用したい方にぴったりです。

牛タンブロックのおすすめレシピ

牛タンブロックを使った代表的な料理、牛タンシチュー・赤ワイン煮込み・低温調理のレシピをご紹介します。特に煮込み料理となると「煮込む時間はどれくらい?」「部位はどこを使う?」など疑問が多いですよね。以下のレシピを参考に、ぜひ牛タンブロックを使った料理に挑戦してみてください。

牛タンシチューのレシピ

牛タンシチューのレシピ

材料
  • 牛タンブロック:400g
  • 玉ねぎ:2個
  • トマトピューレ:200g
  • 赤ワイン:200ml
  • デミグラスソース:300g
  • 調味料:ウスターソース5g・塩適量・コショウ適量・ローリエ2枚
  1. 牛タンを2~3cm角に切り、すりおろした玉ねぎに15分漬け込む
  2. 牛タンを鍋にたっぷりのお湯で10分間煮て取り出す
  3. フライパンにバターを熱し、牛タンの表面に焼き色を付ける。焼き方はさっと
  4. トマトピューレ・赤ワイン・デミグラスソース・調味料を鍋煮れ煮立たせる
  5. ソースが煮立ったら牛タンを入れ、4時間ほどコトコト煮込む(圧力鍋でもOK)

参考:macaroni

牛タンの赤ワイン煮込みのレシピ

材料
  • 牛タンブロック:400g
  • 赤ワイン:400ml
  • デミグラスソース:400g
  • ベーコン:150g
  • マッシュルーム12個
  1. 牛タンブロックを厚さ1.5cmほどにスライスする
  2. 赤ワインだけを火にかけ、1/3の量になるまで煮詰める
  3. ソースに牛タンを入れ、弱火で2時間煮込む(圧力鍋でもOK)
  4. 仕上げに、ベーコン・マッシュルームをバターで炒めて合わせる

参考:株式会社いちまる「世界の地方料理」

低温調理牛タンの塩焼きのレシピ

低温調理牛タンの塩焼きのレシピ

材料
  • ブロック牛タン:400g
  • 調味料1:塩1.5g・コショウ適量
  • 調味料2:ゴマ油大さじ1・レモン櫛切り1個・糸唐辛子
  1. 耐熱袋にブロック牛タンと調味料1を入れよくもみ、空気をしっかり抜いてジップをする
  2. 鍋に水と低温調理器を入れ、温度を65℃に設定する
  3. 温度が上がったお湯に、耐熱袋ごと牛タンを入れ、30分間熱を通す
  4. 熱を通し終えたら、牛タンの表面を熱したフライパンでこんがり手早く焼く
  5. 牛タンをカットし、皿に盛ったら調味料2をかけ完成

参考:BONiC「63℃ 発育ビタミン◎肉厚柔らか 牛タンの塩焼き」

関連記事:【安いvs高いを徹底比較】低温調理器 おすすめランキング 23選(2023)

牛タンブロックの関連商品

名店の味が楽しめる「カット牛タン」

牛タンブロックは大きすぎて、処理が難しそうと感じる方には、カット牛タンもおすすめです。通販のカット牛タンには、厚さ1mmほどの薄切りから、厚さ1cmほどの厚切りタイプまで種類が豊富。しゃぶしゃぶ・ステーキなど、食べたい料理に合わせて選びやすいですよ。

またカット牛タンには、味付け無しはもちろん、塩こうじ・味噌などで味をつけたこだわりの商品も選べます。本場仙台でも人気の「利休」「司」など、名店の味け牛タンもお取り寄せ可能です。以下の記事では、おすすめのカット牛タンを幅広くご紹介していますので、併せてご覧ください。

関連記事:【通販で買える】牛タンおすすめ19選!利休・けやきなど仙台の有名店の商品も紹介

いろんな料理に使いやすい「レモン果汁」

牛タン焼肉に、レモンをかけて食べるのがお好きな方は、レモン果汁にもこだわってみませんか?牛タンを楽しむたびに、毎回生のレモンを購入するのは大変ですよね。瓶・ペットボトルなどに入った、果汁100%のレモン果汁なら、手軽に牛タンを楽しめ、から揚げ・ドレッシングなど他の料理にも使えて便利です。

市販のレモン果汁には、水分を抜いて保存する濃縮還元タイプが多いものの、果汁そのままのストレートタイプも選択可能。香り・風味の良さにこだわりたい方におすすめです。キャンプ・バーベキューなど、屋外で牛タンを楽しみたい方には、持ち運びに便利な内容量3mlほどのポーションタイプがぴったりです。

関連記事:【さっぱり美味しく】レモン果汁おすすめ15選!大量消費にぴったりのレシピも紹介

赤ワイン煮込みの味を左右する「赤ワイン」

牛タンブロックを使って、牛タンシチュー・赤ワイン煮込みを作る方は、赤ワインにもこだわってみましょう。一口に赤ワインと言っても、産地で使用するブドウが異なるもの。生産者ごとにも味わいが異なるので、料理の味も左右します。

赤ワインの産地は、ヨーロッパのフランス・イタリア・スペインが有名。渋味のあるどっしりしたテイストから、ライトでフルーティーな味わいまで選べますよ。甘みとコクのある味を好むなら、チリ・オーストラリアの赤ワインもおすすめです。以下の記事では、おすすめの赤ワインと、赤ワインの選び方を解説していますので、ぜひご覧ください。

関連記事:【料理に合う】赤ワインおすすめ25選|初心者も飲みやすい甘口から有名銘柄まで紹介

関連記事:【有名銘柄・高級品も】オーストラリアワインおすすめ20選!産地ごとの特徴も解説

関連記事:【なぜ安い?】チリワインおすすめランキング21選!高級タイプや人気ワイナリーも

牛タンブロックのよくある質問

牛タンブロックの保存方法は?冷凍しても大丈夫?

牛タンブロックの長期間の保存には冷凍がおすすめです。通販の場合、冷凍配送が多いので、届いたらそのまま冷凍庫に入れるといいですね。

牛タンブロックは、調理前に血抜きなどの下処理は必要?

牛タンブロックの血臭さ・生臭さが気になる方は、牛タンブロックを1時間ほどボウルなどで水につけ、血抜きをしましょう。ボウルの水が赤くなったら、何度か水を入れ替えてください。その後、重曹を入れた水に一晩漬ければ、生臭さも気になりません

ふるさと納税の返礼品に、牛タンブロックを採用する自治体はある?

牛タンブロックをふるさと納税の返礼品に採用する自治体は、高知県日高市・鹿児島県日置市などがあります。ふるさと納税検索サイト「ふるなび」で詳しくご紹介していますので、チェックしてみてください。

参考:ふるなび

冷凍で届く牛タンブロックの解凍法は?

冷凍で届く牛タンの解凍は、流水解凍がおすすめです。

おすすめ牛タンブロックまとめ

この記事では通販で購入できる「牛タンブロック」の部位・生産地・飼育法による選び方と、おすすめアイテムを解説しました。

  • 焼肉・バーベキューなど、短時間で調理するなら、脂の多いタン元・タン中がおすすめ
  • タンシチュー・タンカレーなど、煮込みにするなら、煮崩れしにくいタン先・タン下がぴったり
  • 処理の手間を減らすなら、皮をむいた「ムキタン」をチョイス
  • できるだけ柔らかい牛タンを食べたいなら、サシが広く入った和牛の牛タンブロックが◎
  • クセの少ないさっぱりした味わいを好むなら、牧草飼育の牛タンがおすすめ

最適な牛タンブロックは、「食べたい料理」「味・硬さの好み」などで人により異なります。この記事を参考に、こってりと舌触りなめらかな牛タンシチューや、柔らかいタンステーキなど、さまざまな料理を楽しんでください。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー