歩きやすいのは?ブライダルシューズおすすめ14選!安い&おしゃれな商品多数登場

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ブライダルシューズ

花嫁がウェディングドレスに合わせて着用する「ブライダルシューズ」。ウェディングシューズとも呼ばれ、ドレス同様に結婚式に欠かせないアイテムの1つです。

しかし、いざ購入するとなると「安くておしゃれなブライダルシューズは?」「歩きやすいブライダルシューズが欲しい」と悩む人は多いはず。

そこで今回は、「ブライダルシューズ」についてPicky’s編集部が徹底解説。失敗しないブライダルシューズの選び方やおすすめブランド、人気商品ランキング14選などの気になる情報をまとめました。結婚式にふさわしくないブライダルシューズの特徴も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

歩きやすいブライダルシューズ(ウェディングシューズ)の選び方

まずは、ブライダルシューズのおすすめの選び方を紹介。ヒールの高さや素材、つま先の形など、ブライダルシューズを選ぶときにチェックしておきたいポイントをまとめました。

ドレス丈や新郎との身長差にあわせて「ヒールの高さ」を選ぼう

ブライダルシューズ 高さ

ブライダルシューズのヒールの高さは、基本的にドレスの裾に合わせて選びます。理想は、ブライダルシューズを履いたときにドレスの裾が2~3cm床に余るくらい。通販で買う場合は試着するのは難しいですが、自宅にあるパンプスなどを代用してちょうどいい高さを確認してみてください。

また、新郎新婦が並んだときに見映えがいい身長差は、一般的には10~15cm程度とされています。ブライダルシューズを選ぶときは、新郎とのバランスを考慮してみるのもGOOD。さらに、披露宴や二次会でお色直しをする場合は、2着目・3着目のドレスとの相性もチェックしておきましょう。

歩きやすさ重視なら「ローヒール」「太ヒール」がおすすめ

ブライダルシューズ フラットシューズ

ヒールの高さも重要ですが、立つ・座る・歩くを繰り返す結婚式ではブライダルシューズの歩きやすさも大切です。おすすめは、高さ1~5cm程度のローヒールや太ヒールのブライダルシューズ。特に、10cm以上のヒールが高いブライダルシューズを選ぶ場合は、ヒール部分が細いタイプではなく、太いタイプだと立ったときの安定感があり、歩きやすいですよ。

また、最近ではヒールのないフラットタイプのブライダルシューズも人気があります。ぺたんこな分スタイルアップ効果は期待できないものの、段差が多い式場でも楽に歩けるのがメリット。デザインがシンプルなものなら、プライベートやフォーマル用として普段使いもしやすいです。

全体の印象を左右する「カラー」や「素材」にもこだわって

ブライダルシューズ 色

結婚式に参加するゲストとは異なり、花嫁のブライダルシューズの色は自由。決まったルールやマナーはないので、自分好みのお気に入りの色を選びましょう。定番は、花嫁の象徴カラーであるホワイトのブライダルシューズ。純白のウェディングドレスと合わせることで、コーディネートに統一感が生まれます。

ベージュやパステルピンクといった淡い色は、清楚な印象に仕上げたい人にぴったり。その他にも、ゴールドやシルバーでアクセサリーの色味と合わせたり、花嫁の幸福の色として知られるサムシングブルーを差し色として取り入れたりするのもおすすめですよ。

また、ブライダルシューズの素材は、レース・サテン・エナメルなどさまざま。それぞれの印象やメリットを下記にまとめているので、ぜひ素材選びの参考にしてみてください。 

素材

特徴

レース

  • どんなウェディングドレスとも合わせやすい
  • 上品で優しい印象になる
  • ベージュやパステルピンクとの相性◎

サテン

  • なめらかで美しい光沢がある
  • ゴージャスで大人っぽい印象になる
  • デリケートな素材なので屋外での式にはやや不向き

エナメル

  • シンプルでスタイリッシュな印象
  • 結婚式後に普段使いしやすい
  • 耐久性が高く、お手入れが簡単

「つま先の形」や「装飾」はドレスのタイプに合ったものを

ブライダルシューズ選びに迷ったら、ウェディングドレスのタイプに合ったものをチェックしてみましょう。ドレスの各タイプに最適なブライダルシューズのデザインやつま先の形を解説します。

Aライン・プリンセスラインのドレスなら、グリッターで装飾したものやラウンドトゥが◎

ブライダルシューズ

Aライン・プリンセスラインといったドレスには、かわいらしい雰囲気で統一できるラウンドトゥのブライダルシューズがぴったり

また、ボリュームのあるシルエットとのバランスが取れるように、キラキラのグリッターやパールなどで豪華に装飾されたものがおすすめです。

マーメイド・スレンダーラインのドレスなら、上品な印象になるポインテッドトゥを

ブライダルシューズ 背面

マーメイドライン・スレンダーラインのドレスを着るなら、エレガントな印象になるポインテッドトゥのブライダルシューズをチェック

マーメイドラインやスレンダーラインのウェディングドレスは、曲線美を目立たせ、シンプルにまとめるのがおすすめなので、ブライダルシューズは装飾の少ないデザインが最適です。華やかさをプラスしたい場合はかかとやつま先など、一部分に装飾があしらわれているブライダルシューズを選びましょう。

【ハイヒール】ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズヒールの高さ素材つま先の形
marry fage ブライダルシューズ¥4,280 楽天市場AmazonYahoo!21.5/22/22.5~24.5/25/25.5cm12cm合成皮革/エナメル-
HUG.U フラワーレース インヒールスニーカー¥4,999 楽天市場AmazonYahoo!22.5/23/23.5/24/24.5cmインヒール:6.5cm/アウトソール:4.5cmゴム/合成皮革ラウンドトゥ
DIANA パンプス 180533400011楽天市場確認中 AmazonYahoo!21.5/22/22.5/23/23.5/24cm--スクエアトゥ
MTGRACE ポインテッドトゥパンプス¥3,278 楽天市場AmazonYahoo!22/22.5/23/23.5/24/24.5/25cm7cmポリウレタンポインテッドトゥ
SRY Dress ウェディングシューズ SYS-315W¥15,180 楽天市場AmazonYahoo!22.5/23/23.5/24/24.5cm15cmポリウレタン/エナメルスクエアトゥ
welleg ラグジュアリー8cmパンプス¥6,690 楽天市場AmazonYahoo!21.5/22/22.5/23/23.5/24/24.5/25cm8cm-ポインテッドトゥ
SEPTEMBER MOON ポインデットトゥープレーンパンプス SM09楽天市場¥6,769 AmazonYahoo!22/22.5/23/23.5/24/24.5/25cm7cmポリウレタン/合成底ポインテッドトゥ
Bittersweet ウェディング シューズ¥5,980 楽天市場AmazonYahoo!22/22.5/23/23.5/24/24.5/25cm8cm-ポインテッドトゥ

【ハイヒール】ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)おすすめ人気ランキング8選

【ローヒール・フラット】ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズヒールの高さ素材つま先の形
HedgeHog バックリボン パーティーパンプス¥1,500 楽天市場AmazonYahoo!SS/S/M/L/LL/3L1cmソフトレザー/サテン/レースラウンドトゥ
Anritsu レディースシューズ¥2,592 楽天市場AmazonYahoo!22/22.5/23/23.5/24/24.5/25cm4cmスエード/ゴム/ポリウレタンポインテッドトゥ
HedgeHog メレンゲクッション パンプス¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!S/M/L/LL/3L/4LS・M:6cm/L~4L:6.3cmサテン/ポリウレタン/グリッターラメラウンドトゥ
THE BRIDGE ウェディングシューズ¥5,320 楽天市場AmazonYahoo!21.5/22/22.5/23~25.5/26/26.5cm3/6/8/10cmポリウレタンなど-
PourVous パーティーシューズ¥6,300 楽天市場AmazonYahoo!22.5/23/23.5/24cm5cm--
ANRITSU レースパンプス¥3,350 楽天市場AmazonYahoo!22/22.5/23~25.5/26/26.5cm0.8cmポリウレタン/合成ゴムポインテッドトゥ

【ローヒール・フラット】ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)おすすめ人気ランキング6選

ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)の人気ブランド

ブライダルシューズ おすすめブランド

ここでは、ブライダルシューズの人気ブランド&メーカーを紹介。誰もが知るハイブランドやコスパ抜群のプチプラブランドなど、それぞれのブランドの魅力をまとめています。

花嫁の憧れのブランド「JIMMY CHOO(ジミーチュウ)」

ジミーチュウは、1996年に誕生したイギリスのラグジュアリーブランド。ジミーチュウのブライダルシューズは世界中のセレブやロイヤルファミリーに愛用されており、花嫁の憧れのハイブランドとして人気を集めています。

ジミーチュウでは、甲部分にクリスタルのティアラが飾られたものやサムシングブルーカラーのものなど、ウェディングにふさわしいデザインのブライダルシューズを多数展開しています。商品の価格は10~50万円程度で、ちょっぴりお高めな商品も多いです。

レッドソールが特徴の「Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)」

クリスチャン・ルブタンは、フランスのファッションデザイナーが創設した高級靴ブランド。ジミーチュウと並ぶブライダルシューズの人気ハイブランドとして知られており、ウェディングドレスに映えるゴージャスなブライダルシューズを多数展開しています。

ルブタンといえば、すべてのシューズの靴底が赤く染められているのが特徴。これはレッドソールと呼ばれるルブタン特有のデザインで、「歩くたびにちらりと覗く赤がかっこいい」と女性に人気です。ルブタンのブライダルシューズは、10~18万円程度で販売されていますよ。

デザイン豊富!低価格で手が届きやすい「DIANA(ダイアナ)」

ダイアナは、東京・銀座に本店を構えているレディース靴ブランド。シンプルなものからキュートなものまで、幅広いデザインのブライダルシューズを取り扱っています。 ディズニープリンセスをモチーフにしたコレクションも登場しており、憧れのプリンセス気分を味わえるのが魅力。

また、ダイアナのブライダルシューズは1~2万円前後の手が届きやすい価格で販売されているので、コストを抑えたい人にもぴったりですよ。

なんでもいいはNG!避けるべきブライダルシューズ(ウェディングシューズ)を紹介

ブライダルシューズ NG

ブライダルシューズの中には、結婚式にふさわしくないとされるものや式場に断られてしまうようなものが含まれています。人生の一大イベントである結婚式で失敗しないためにも、NGなブライダルシューズの特徴をチェックしておきましょう。

NG①ピンヒールやビジュー付きはドレスの引っ掛かりに注意

ブライダルシューズ

ピンヒールやビジューがたくさんあしらわれているブライダルシューズは、華やかでゴージャスな印象を演出できる反面、ドレスに引っ掛かりやすいのがデメリット。万が一ウェディングドレスの裾が傷付いてしまうと、高額の修繕費が必要になるので注意しましょう。

また、ウェディングサロンや結婚式式場の中には、ピンヒールやビジュー付きの靴の着用を禁止しているところもあります。ちなみに、「シューズ全体にビジューが無ければOK」「ピンヒールはNG、ビジュー付きはOK」といった細かい条件を設けている場合もあるので、あらかじめ確認しておくと安心です。

NG②オープントゥやサンダルはフォーマルには不向き

ブライダルシューズ オープントゥ

かかとやつま先が出ているシューズは、基本的に冠婚葬祭の場にはふさわしくないとされています。中でも、オープントゥのパンプスは「つま先が出ている」=「妻が先立つ」という縁起の悪い意味に捉えられてしまうので注意してください。

とはいえ、最近はガーデンウェディングやビーチウェディングといった新しい形の結婚式が増えており、サンダルっぽいブライダルシューズの方が適しているケースも。両親や親族、式場のスタッフの意見を参考にしつつ、シーンに適したライダルシューズを決めてくださいね

NG③レザー・クロコダイル・アニマル柄などは避けるのが◎

ブライダルシューズ レザー

結婚式にふさわしくないブライダルシューズ3つ目のポイントは、革(レザー)製やアニマル柄。革などは動物の殺生をイメージさせるため、結婚式のようなフォーマル&晴れやかなシーンにはふさわしくありません。クロコダイルなどの落ち着いたデザインやファーの小さな装飾なども同様にNGです。

ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)は購入orレンタルどっちがいい?

ブライダルシューズ 購入

結婚式の準備は何かとお金がかかるもの。コストを抑えるためにブライダルシューズはレンタルで済ませるのも1つの手ですが、レンタルだと自分の好みやウェディングドレスに合うブライダルシューズを見つけにくいというデメリットがあります。

「どうせ見えないからなんでもいいや」と適当に選ぶと、ドレスとブライダルシューズがちぐはぐになり、せっかくのウェディングドレス姿の美しさが半減してしまうことも。人生の一大イベントである結婚式で後悔しないためにも、ブライダルシューズは気に入ったものを購入するのがおすすめです。

ちなみに、欧米では披露宴でファーストダンスが行われるため、ブライダルシューズにこだわる新婦が多いようです。専門店にドレスと同じ素材で作ってもらったり、好きなブランドの商品を選ぶのもおすすめ。「新品を履きたい」「誰かが履いたシューズは嫌」という人はブライダルシューズをぜひ購入しましょう。

ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)の関連商品

ブライダルシューズ 関連商品

ここでは、ブライダルシューズと一緒にチェックしておきたい関連商品を紹介します。結婚式の準備を控えている花嫁さんはぜひ目を通しておきましょう。

補正効果抜群!花嫁を美しく見せる「ブライダルインナー」

ブライダルインナーとは、花嫁がウェディングドレスの下に着用する下着のこと。通常の下着よりも補正効果が高く、ドレス姿を美しく見せてくれるのが特徴です。ビスチェタイプやセパレートタイプなどがあり、ドレスの形や着心地に合うものを選べます。

関連記事:ドレス姿が盛れる!ブライダルインナーおすすめ15選!マタニティ用やガードルタイプも

丈も素材もさまざま!結婚式に欠かせない「ウェディンググローブ」

ウェディンググローブは花嫁の手元を覆う手袋のことで、花嫁が無垢であることを示す伝統的なアイテムです。ショート丈~ロング丈のものがあり、商品によって素材やデザインもさまざま。ウェディンググローブは、ドレスや式場にふさわしいものを選ぶことが重要ですよ。

関連記事:長さの選び方は?ウェディンググローブおすすめ19選!人気のレースやオーガンジーも

ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)のよくある質問

ブライダルシューズはどこで買うべき?

ブライダルシューズは、シューズショップやブライダルサロン、冠婚葬祭用の衣装専門店などで購入できます。また、Amazonや楽天市場では、ハイブランドからプチプラブランドまでのさまざまなブライダルシューズを取り扱っています。

ブライダルシューズは普段使いしてもいい?

購入したブライダルシューズは、結婚式が終わったあとに普段使いしてもOK。普段使いできるものを選びたいなら、履き心地がよく、ヒールが高すぎないものを選ぶといいでしょう。

ブライダルシューズを買う時期は?

ブライダルシューズは、結婚式の3ヶ月くらい前に選ぶのがベスト。ヒールの高さや色をドレスに合わせるために、先にウェディングドレスを選んでおくと安心です。

ブライダルシューズの靴擦れを防ぐには?

かかとの高い靴を履いたときに靴擦れが起きやすい人は、擦れやすい部分に絆創膏を貼ったり、靴の中に靴擦れ防止パッドや耐震マットをつけるのがおすすめです。

ブライダルシューズ(ウェディングシューズ)のおすすめまとめ

ブライダルシューズ まとめ

  • ブライダルシューズは購入が◎ドレスや好みに合ったものを選びやすい
  • ヒールの高さは、ドレスの裾や新郎との身長差を考慮して
  • オープントゥやアニマル柄のブライダルシューズは避ける

今回は、花嫁の必須アイテム「ブライダルシューズ」について紹介しました。ブライダルシューズを購入するメリットやおすすめの選び方など、花嫁さんが気になる情報をたっぷりまとめています。ぜひこの記事を参考にして、素敵なブライダルシューズを選んでくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー