甘くまろやかな種類に高級品も!カナディアンウイスキーおすすめ16選| バーボンとの違いや特徴も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

飲みやすさが特徴!カナディアンウイスキーおすすめ15選| バーボンとの違い・おつまみも

出典:rakuten.co.jp

ライ麦やトウモロコシ等が主原料のグレーンウイスキーを主体とするマイルドな味わいが特徴のカナディアンウイスキー。やや甘みがありライトなテイストなので、和食のおつまみによく合うと日本でも人気が高まっています。

大麦麦芽主体のウイスキーとは味わいが異なり、またブレンドの比率や熟成年数、フレーバーによって味ががらりと変わるので、選び方が難しいですよね。

そこでこの記事ではカナディアンウイスキーの選び方と、ノンエイジ・長期熟成に分けて人気おすすめ15選をご紹介します!カナディアンウイスキーの定義・特徴・バーボンとの違いも詳しく解説。カナディアンウイスキーで作るカクテルもご紹介します。

この記事を監修した専門家

バーテンダー
いのかず
現役バーテンダーが家飲みを充実させるための情報を発信するブログInoKazuBlog運営中

バーテンダー歴7年。老舗バーに勤務した後、一流のマスターに師事。現在はチーフバーテンダーを務めている。自身の経験を活かして家飲みの良さを伝えるべく、ウイスキー・スピリッツ・カクテルに関する情報を、ブロガー/ライターとして発信中。

カナディアンウイスキーの特徴・定義とは?バーボンとの主な違いは製造方法

カナディアンウイスキーとは?バーボンとの違い・特徴は?

カナディアンウイスキーは、北アメリカ大陸のカナダで作られる、250年以上の歴史を持つウイスキー。アメリカ・スコットランド・日本・アイルランドと並び、ウイスキーの5大産地と呼ばれています。ただし、カナダで作られていても、以下の法的な定義を守らなければカナディアンウイスキーを名乗れません。

カナディアンウイスキーの定義
  • 原料には穀物を使用し、酵母で発酵させ、カナダ国内で蒸留させる
  • アルコール度数は40%以上
  • 700L以下の木の樽で3年以上熟成させる
  • カラメル・香料の添加は9.09%まで

バーボンとカナディアンウイスキーのもっとも異なるポイントは、カラメル・香料の添加です。香料として、ブランデーやラム、ワインなどが使用される場合も。

さらに、ライ麦を主原料とする香味豊かな「フレーバリングウイスキー」と、トウモロコシが主原料で味わいの土台を作る「ベースウイスキー」という、2種類の原酒をブレンドして造るというカナディアンウイスキー独自の製法も、他国のウイスキーとの違いを際立てています。

上記のような製法や香料添加のおかげでカナディアンウイスキーは多彩な風味を持つ魅力的な産地に。どのように風味付けされているのかにも注目してカナディアンウイスキーを選べば、より好みに合ったブランドに出会えますよ。

いのかず

カナディアンウイスキーはスコッチウイスキーやアイリッシュウイスキーと同様、熟成に使う樽の制限もありません。香料添加も含め、ウイスキー製造における自由度が高いのが特徴です。現在、日本で流通している銘柄数が非常に少ないのが残念です。

カナディアンウイスキーの選び方は、原材料のブレンド比率をチェック

カナディアンウイスキーを購入する際は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 原材料のブレンド比率:トウモロコシ・ライ麦・大麦の比率で味わいが異なる
  • 飲み方:ハイボール・ロック・ストレートなど、好みの飲み方でタイプをチョイス
  • 用途:プレゼント用・楽しみ方に合わせて、熟成年数やボトルタイプを選ぶ

原材料のブレンド比率で選ぶ:トウモロコシ・ライ麦・大麦の比率をチェック

原材料のブレンド比率で選ぶ:トウモロコシ・ライ麦・大麦の比率をチェック

好みに合ったカナディアンウイスキーを選ぶならまず、原材料のブレンド比率をチェックしましょう。カナディアンウイスキーの原材料には、ライ麦・トウモロコシ・大麦を使用。それぞれ風味が異なり、配合量でウイスキーの個性も異なります。以下の表を参考に好みに合ったタイプを見つけてください。

原材料 特長
トウモロコシ
  • 甘みとコクのあるスイートなウイスキーに仕上がる
  • 香りはバーボンのようにメロン・蜂蜜を思わせる高貴な香りに
ライ麦
  • 厚みがあって飲み応えのあるウイスキーに仕上がる
  • ライ麦パンのような苦みがあり、スパイシーな香りに
大麦
  • 他国のウイスキーでも幅広く使われる原料
  • カナディアンでは肉厚さを作る添加物程度に使用される

まろやかなウイスキーが好みなら、トウモロコシ(グレーン)の比率が多い商品を

まろやかなウイスキーが好みなら、トウモロコシ(グレーン)の比率が多い商品を

なめらかさと甘みがある、まろやかな味わいのウイスキーを好む方には、グレーンをメインに使用した製品がおすすめです。グレーンとはトウモロコシ等の穀物を原料にして作られるウイスキーのこと。

穀物由来の甘味と、蜂蜜・バナナ・メープルのような香りが楽しめます。バーボンなどのように口当たりが強くないので、スムーズに飲みやすいウイスキーを好む方におすすめです。トウモロコシをメインで使用するブランドでは、「クラウン・ローヤル」「シーグラム V.O.」が人気ですよ。

ライ麦・大麦比率が高いと、コク&スパイシーな風味に仕上がる

ライ麦・大麦比率が高いと、コク&スパイシーな風味に仕上がる

出典:rakuten.co.jp

ガツンと飲み応えのあるウイスキーを好む方には、ライ麦・大麦をメインにブレンドしたタイプがおすすめです。トウモロコシに比べ、ライ麦は穀物らしい旨味を持つ厚みのある味わいに。バーボン・ジャパニーズウイスキーのような、力強い味わいが主体になります。

またライ麦を多く使用すると、麦の風味に加え、ライ麦独特のスパイシーな香りも楽しめますよ。ライ麦・大麦主体のブランドなら、「アルバータ」や「クラウンローヤル」などをチェックしてみてください。

飲み方で選ぶ:ハイボール・ロックなど飲み方に合わせてタイプを選ぶ

飲み方で選ぶ:ハイボール・ロックなど飲み方に合わせてタイプを選ぶ

カナディアンウイスキーを購入する際は、いつものウイスキーの飲み方に合わせて、タイプを選びましょう。カナディアンウイスキーは、ノンエイジ・長期熟成・3回蒸留などタイプが豊富。それぞれ適した飲み方が異なるので、いつもの飲み方に合ったタイプを選んでみてください。

飲み方 適したカナディアンウイスキー
ハイボール
  • 熟成期間の短いノンエイジタイプ
  • 主原料にライ麦を使用したスパイシーなタイプ
ストレート・ロック
  • 熟成年数が12年以上の長期熟成タイプ
  • トウモロコシを主原料にした飲み口が軽やかなタイプ
カクテル
  • 味・香りが穏やかでバランスの良いタイプ

ハイボールには、1,000円ほどのノンエイジタイプがおすすめ

カナディアンクラブ40度箱なし700ml正規shibazaki_CCC

出典:rakuten.co.jp

ハイボール・ジンジャーハイなど、炭酸飲料で割ってカナディアンウイスキーを楽しむなら、ノンエイジタイプがおすすめです。ノンエイジタイプとは、樽での熟成年数が記載されていないスタンダードなタイプ。

ノンエイジタイプは味が若く、いきいきとした風味のため、ロック・ストレートよりハイボールがぴったりです。価格も1,000~1,500円ほどの銘柄が多いので、安く楽しめますよ。

ロック・ストレートには、熟成12年以上の長期熟成タイプがよく合う

ロック・ストレートには熟成12年以上の年代物がよく合うロック・ストレートには熟成12年以上の年代物がよく合う

出典:amazon.co.jp

ロック・ストレートなど、ウイスキーの味をダイレクトに楽しめる飲み方を好む方には、長期熟成タイプがおすすめです。熟成年数が12年を超えるウイスキーはアルコールの角が薄れ、まろやかな味わいに仕上がっています。

カナディアンウイスキーはトウモロコシの比率が多いので、熟成すると甘くコクのある風味に。蜂蜜・洋ナシ・メープル・ビスケット・キャラメルのような高貴な甘みを楽しめます。しかもカナディアンウイスキーなら20年熟成でも1万円ほどで購入可能。長期熟成タイプを試してみたい方にもぴったりの産地ですね。

カクテルには3回蒸留タイプがぴったり

まろやかなウイスキーが好みなら、トウモロコシ(グレーン)の比率が多い商品を

出典:amazon.co.jp

ライトでクリアなウイスキーを好む方、カクテルにウイスキーを使いたい方には、3回蒸留タイプがおすすめです。蒸留とは、麦・トウモロコシで作ったお酒を熱し、アルコール純度の高い液体を蒸気で抽出するウイスキー造りの行程。

通常、カナディアンウイスキーの蒸留は2回行う場合がほとんどですが、中には3回行うブランドも。3回蒸留を行うとより不純物が除去され、クリアで軽やかな味わいに仕上がります。

用途で選ぶ:アルコール度数やパッケージタイプをチェック

用途で選ぶ:プレゼント用・アルコール度数をチェック

カナディアンウイスキーを購入する際は、アルコール度数やパッケージタイプもチェックしましょう。カナディアンウイスキーのアルコール度数は40~60度ほどと種類が豊富。またラベル・パッケージもおしゃれなタイプが揃っています。好みの飲み方や、用途に合わせて選んでください。

飲み応えがあるウイスキーを好むなら、アルコール度数46度ほどの商品を

飲み応えがあるウイスキーを好むなら、アルコール度数46度ほどの商品を

出典:amazon.co.jp

ガツンと飲み応えのあるウイスキーを好む方には、アルコール度数の高いタイプもおすすめです。カナディアンウイスキーのアルコール度数は、40~46度ほど。熟成年数の長いものなら、度数は高くても荒っぽいアルコール感はほとんど感じませんよ。

また最もアルコール度数の高い「カストストレングスタイプ」なら50~60度ほど。瓶詰の際に原酒に水を加えないタイプなので、ウイスキーのピュアな旨味をダイレクトに楽しめます。アルコール度数の高いカナディアンウイスキーを試したい方は「レアパーフェクション」をチェックしてみてください。

プレゼントやお土産には、熟成年数20年以上のギフトボックス付きをチェック

プレゼントには、熟成年数20年以上のギフトボックス付きをチェック

出典:rakuten.co.jp

父の日や誕生日、退職祝いなど、ギフト・プレゼント・お土産でカナディアンウイスキーを贈る方は、ギフトボックスが付属した商品をチェックしましょう。ギフトボックスが付属していれば高級感が増し、包装も楽になります。

またギフトには、熟成年数の長い製品もおすすめです。ウイスキーファンは、12年以上と熟成年数が長いだけでも嬉しいもの。さらにカナディアンウイスキーは、20年熟成でも1万円ほど、44年熟成でも4万円ほどで購入できるのでコスパも良いですよ。

いのかず

前述した通りカナディアンウイスキーの流通量は非常に少なく、選択肢が限られてしまいます。選択肢が少ない分、他の生産国よりも自分に合った銘柄が見つけやすいはずです。どの銘柄もクセがなく飲みやすいため、気軽に試してみましょう。

専門家おすすめのカナディアンウイスキー

この記事を監修したいのかずさんおすすめのカナディアンウイスキーをご紹介します。

ノンエイジ・カナディアンウイスキーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※おすすめ人気ランキングは監修対象外です。

ライト&スムーズで、ロックでもハイボールでも気軽に楽しみやすいノンエイジタイプ。人気の代表的銘柄からレアな銘柄まで、幅広くご紹介します。

商品最安価格内容量原材料生産地アルコール度数味わいその他特徴
Canadian Club カナディアンクラブ¥1,100 楽天市場AmazonYahoo!700ml大麦・ライ麦・トウモロコシオンタリオ州ウィンザー40度キャラメル・バニラ・スパイスの香り、ライトでコクのある味わい6年以上熟成
Crown Royal クラウン ローヤル¥3,190 楽天市場AmazonYahoo!750mlライ麦・トウモロコシマニトバ州40度メロン・バニラ・キャラメルの香り、ハニーアーモンド・メープルのニュアンス熟成年数6年以上
Canadian Club(カナディアンクラブ) ブラックラベル¥3,740 楽天市場AmazonYahoo!750mlライ麦・ライ麦芽・麦芽・トウモロコシオンタリオ州ウォーカービル40度黒糖・キャラメル・オレンジ・バニラの香り、ザラメ・蜂蜜のようなテイスト8年以上熟成
CANADIAN MIST カナディアンミスト楽天市場¥1,908 AmazonYahoo!750mlライ麦・トウモロコシオンタリオ州コリングウッド40度バニラ・ライ麦由来の香ばしい香り、バナナ・アーモンドの風味3回蒸溜・ホワイトオーク樽にて熟成
Casa Maestri(カサ・マエストリ) レゼルヴァ・デ・MFM楽天市場¥2,280 AmazonYahoo!200ml大麦・ライ麦・トウモロコシ・シナモン・唐辛子40度黒糖・チョコレートのコクのある香り、ザラメのようなコク・甘み・苦みを感じるテイスト4年~5年熟成、フラスクボトル
Seagram’s V.O. シーグラム V.O.¥2,139 楽天市場AmazonYahoo!1,000mlトウモロコシ・ライ麦オンタリオ州ウォータールー40度洋ナシ・キャラメルの香り、ライ・バター・メープルの風味熟成年数6年以上
Crown Royal クラウン ローヤル ノーザンハーベスト ライ¥4,268 楽天市場AmazonYahoo!1,000mlライ麦・トウモロコシマニトバ州40度ライ麦由来のスパイシーな香り、穀物・バターシュガー・メープル・りんご・ペッパーのニュアンス原料の90%にライ麦を使用
(FIRE BALL)ファイヤーボール シナモンウイスキー楽天市場¥7,439 AmazonYahoo!750ml×2本大麦・ライ麦・トウモロコシ・シナモン・唐辛子33度シナモン・ニッキの香り、強いシナモンと麦芽の豊かな風味スパイス入りのフレーバーウイスキー
CARIBOU(カリブー) クロッシング シングルバレル¥8,580 楽天市場AmazonYahoo!750mlライ麦・トウモロコシ40度ライ麦・バニラ・キャラメルの香り、カスタード・オレンジの風味ギフトボックス付属

ノンエイジ・カナディアンウイスキーおすすめ人気ランキング9選

長期熟成カナディアンウイスキーおすすめ人気ランキング比較一覧表

深いコクと高貴な甘みを堪能できる、長期熟成カナディアンウイスキー。熟成40年以上のウイスキーや、アルコール度数50℃以上のタイプまで豊富にご紹介します。

商品最安価格内容量原材料生産地アルコール度数熟成年数その他特徴
Canadian Club カナディアンクラブ 20年¥11,000 楽天市場AmazonYahoo!750ml大麦・ライ麦・トウモロコシオンタリオ州ウォーカービル40度20年ギフトボックス付属
レアパーフェクション 14年 オーバープルーフ楽天市場¥15,998 AmazonYahoo!750mlトウモロコシ・ライ麦ケンタッキー州50.3度14年
Canadian Club(カナディアンクラブ) クロニカル 42年¥25,798 楽天市場AmazonYahoo!750ml大麦・ライ麦・トウモロコシオンタリオ州ウォーカービル45度42年カナディアンクラブにコニャック・シェリーをブレンド
レアパーフェクション カスクストレングス 15年楽天市場¥19,091 AmazonYahoo!750mlトウモロコシ・ライ麦ケンタッキー州59.8度15年加水を行わないカストストレングスタイプ
レアパーフェクション オプティマム 15年楽天市場¥16,980 AmazonYahoo!750mlトウモロコシケンタッキー州41.9度15年6年以上熟成
ブラックベルベット リザーブ 8年楽天市場¥9,980 AmazonYahoo!750mlライ麦・とうもろこし・大麦アルバータ州レスブリッジ40度8年
Canadian Club(カナディアンクラブ) クロニクルズ 44年楽天市場¥48,980 AmazonYahoo!700ml大麦・ライ麦・トウモロコシオンタリオ州ウォーカービル46度44年カナディアンウイスキー史上もっとも古いウイスキー、カナディアンクラブにコニャック・シェリーをブレンド

長期熟成カナディアンウイスキーおすすめ人気ランキング7選

カナディアンウイスキーのおすすめ人気銘柄

まろやかで香り高い「Crown Royal(クラウンローヤル)」

イギリス王室への献上品として作られたため、冠をあしらった豪華なラベルが特徴のCrown Royal(クラウンローヤル)。ラインナップとして、リキュールという分類にはなりますが、メープル・アップルなどフレーバータイプもリリースしています。

クラウンローヤルの特徴
  • レギュラータイプは原材料にはモルトを主体に配合
  • 「ノーザンハーベスト・ライ」はライ麦を90%使用したスパイシーな味わい
  • モルトを主体にした、ボディがありつつもまろやかで甘みのある味わいの製品が多い

クラウンローヤルは、モルトの高い使用比率による、コク深い味わいが特徴です。アロマは、メロン・メープルを思わせる甘やかな香り。味わいには、ハニーアーモンド・バニラ・キャラメルのニュアンスも楽しめます。柔らかで香り高いウイスキーを好む方におすすめです。

ハイボールに最適な「Canadian Club(カナディアンクラブ)」

カナディアンウイスキーの定番的なブランドとして、「C.C」の愛称で親しまれているCanadian Club(カナディアンクラブ)。ラインナップとして、ノンエイジのオリジナルや日本限定のブラックラベル、熟成期間12年・20年・41年以上の長期熟成タイプであるクロニクルズを販売しています。

カナディアンクラブの特徴
  • バーボンのようなコクとスパイシーな香りを楽しめる
  • キャラメル・バニラのような香りに、八角のようなアロマも
  • 長期熟成のクロニクルズは、コニャック・シェリー酒を添加

カナディアンクラブは、ライ麦比率を高めにして造られているのが特徴です。アロマはバニラ・キャラメルの中に、八角が香るオリエンタルなニュアンス。

味わいは、メロン・蜂蜜・キャラメルを感じるため、バーボンのようなコクのあるウイスキーを好む方におすすめです。すっきりした味わいなので、ハイボールに最適です。

ライ麦の豊かな香りが楽しめる「ALBERTA(アルバータ)」

アルバータ

出典:suntory.co.jp

世界的に有名なウイスキーのガイドブック「ウイスキーバイブル」において、「カナダの至宝」とまで評価されるALBERTA(アルバータ)。ラインナップとして、プレミアムとダークバッチをリリースしています。

アルバータの特徴
  • プレミアムは原材料にはライ麦を100%使用
  • ダークバッチは2種のウイスキー(ライ・バーボン)とシェリー酒をブレンド
  • バニラ・オーク・フルーツに、ライのスパイシーさを感じる

アルバータは、ライ麦の高い使用率が特徴です。香りはバニラ・メープル・フルーツを思わせる甘い香り。口に含めばコクと甘さの中に、ライ麦由来のスパイシーさを堪能できます。ライウイスキーがお好きな方や、バーボンのようなコクのあるウイスキーを好む方におすすめです。

参考サイト:サントリー「カナディアンウイスキーアルバータ プレミアム・同ダークバッチ新発売」

カナディアンらしいライトなボディの「R&R(リッチ&レア)」

イオングループ系のコルドンヴェール株式会社が輸入・販売を行うR&R(リッチ&レア)。日本では入手しにくい銘柄ですが、イオンの系列店舗で購入できる可能性があります。

R&R(リッチ&レア)の特徴
  • オーク樽と若草のような爽やかさを感じる香り
  • カナディアンウイスキーらしい柔らかでライトなボディ
  • ライ麦由来のほのかなスパイシーさ

R&Rのウイスキーはカナディアンウイスキーらしい、軽やかでさわやかなテイストが特徴です。アロマはバニラ・キャラメルのようなオーク樽のニュアンスに、若草のような爽快な香り。口に含めば、メープルのような甘みとライ麦の心地よい苦みを楽しめます。水分との相性が良いので、ハイボールにおすすめです。

いのかず

カナディアンウイスキーはスコッチウイスキーと比べ、個性の振れ幅は小さいのですが、主原料の違いによって甘さの度合いやスパイシーさの度合い、コクの度合いが異なります。最初に飲むなら、手軽な価格で中間的な味わいの「カナディアンクラブ」から始めてみてはいかがでしょうか。

カナディアンウイスキーの飲み方・カクテル

カナディアンウイスキーの飲み方

ノンエイジのカナディアンウイスキーは、バーボン・スコッチに比べライトでスパイシーなため、ハイボールにぴったり。ボディが厚くなる長期熟成タイプなら、ロックやストレートもおすすめです。

スパイシーでクセの少ないカナディアンウイスキーは、カクテルにもよく使われます。以下の表では特にカナディアンウイスキーを使うカクテルをご紹介しますので、自宅でも楽しんでみてください。

カクテル名 レシピ・味わい
ウイスキーバック
  • カナディアンウイスキー45ml・ジンジャーエール120ml
  • 氷を入れたグラスにウイスキー・ジンジャーエールを入れてステア(軽く混ぜる)
  • 好みでレモン・ライムのスライスを入れる
  • カナディアンウイスキーとジンジャーエールのスパイシーさがマッチ
マンハッタン
  • カナディアンウイスキー45ml・スイートベルモット15ml・アロマティックビター1滴
  • 氷を入れたミキシンググラスに材料を入れステアしてカクテルグラスへ
  • カクテルピンにマラスキーノチェリーを刺し、グラスに飾る
  • 好みでレモンピールを搾る
  • 甘くコク深い、独特な香り。カクテルの女王と呼ばれる
ヴィヴァ・レオ
  • カナディアンウイスキー40ml・ガリアーノ15ml・コアントロー5ml・ホワイトミント1tsp
  • 材料を全て氷を入れたシェーカーに入れ、ハードシェイク
  • ライムピールを浮かべる
  • ハーブ感のある甘い味わい
  • 第8回 H.B.A 創作カクテルコンペティション優勝作品(今泉康治 氏)

カナディアンウイスキーはややライトなテイスト。食事・おつまみに合わせるなら和食・イタリアンのように出汁・素材の味をさっぱり楽しめる料理がおすすめです。

いのかず

もちろん銘柄によって合う飲み方は変わります。さまざまな銘柄でさまざまな飲み方を試してみて、何が1番自分に合うのか探してみましょう。自分に合うウイスキーを探すのは、家飲みの楽しみの1つでもあります。

カナディアンウイスキーの関連商品

個性が強い「シングルモルトウイスキー」

カナディアンウイスキーをいろいろと試してみたら、シングルモルトウイスキーも試してみませんか?カナディアンウイスキーはほとんどの銘柄がブレンデッド。味わいは穏やかなため、たまにはガツンと飲み応えのあるウイスキーを飲みたくなりますよね。

シングルモルトウイスキーとは単一の蒸留所で、大麦麦芽のみで作られたウイスキーのこと。各ウイスキーブランドの特徴が色濃く反映した、個性的なウイスキーが揃っています。

産地はスコットランドを中心に、アイルランド・日本からも選択可能。以下の記事では、おすすめのシングルモルトウイスキーを豊富にご紹介していますので、併せてご覧ください。

関連記事:個性豊かなシングルモルトウイスキーおすすめ30選|日本製・スコッチの人気銘柄を紹介

関連記事:【初心者も美味しく飲める】アイラウイスキーおすすめランキング20選| 蒸留所ごとの特徴も解説

香り高くスッキリとした味わいの「ハイボールに合うウイスキー」

ウイスキーの飲み方の中でも、ハイボールを好む方には「ハイボールに合うウイスキー」をチェックしましょう。ハイボールに合うウイスキーとは、酸味・甘み・ドライさのバランスが良く、ソーダで割っても風味を損ないにくいタイプ。

さらに薄めても香りが高く、後口がすっきりしたウイスキーだと、飲みきりまで風味を楽しめます。ハイボールに合うウイスキーは、日本・アメリカ・スコットランド・カナダなど世界各地から選択可能。以下の記事では、ハイボールに合うウイスキーを数多くご紹介していますので、併せてご覧ください。

関連記事:国産の高級品も!ハイボールに合うウイスキーおすすめランキング22選|スコッチなどタイプごとに解説

関連記事:【美味しい&高コスパ】炭酸水のおすすめ20選|飲み過ぎはダメ?効果やデメリットも解説

アウトドアでウイスキーを楽しめる「スキットル」

カナディアンウイスキーを、キャンプ・アウトドア・旅行などでも楽しみたい方には、スキットルがおすすめです。スキットルとはウイスキーを持ち運ぶために作られた、金属製の小型の水筒のこと。サイズにより、180~300mlほどのウイスキーを入れられます。

スキットルのサイズは、ボトルタイプの缶コーヒーほど。厚さ3cmほどと薄型のため、バッグ・リュックのサイドポケットにもすんなり入ります。カーブがついたタイプならパンツのポケットにも入れやすいですよ。以下の記事ではおすすめのスキットルを多数ご紹介していますので、併せてご覧ください。

関連記事:雰囲気抜群!スキットルおすすめ20選|かっこいい高級モデルも紹介

その他ウイスキー好きにおすすめのアイテムをご紹介

関連記事:飲みやすいアイリッシュウイスキーおすすめ21選|蒸留所ごとの香りや特徴・味わいも解説

関連記事:これぞ機能美!おしゃれなアイスペールおすすめ25選|長時間氷が溶けないキャンプ用も

関連記事:【高級VS安いも解説】ブランデーおすすめ人気ランキング30選!ウイスキーとの違いも

関連記事:【美味しく飲める】ブランデーグラスおすすめ18選|持ち方・種類も解説

関連記事:家でも本格的なカクテルが作れる!おすすめカクテルシェーカー12選|種類や選び方・使い方解説も

関連記事:【おしゃれすぎる】カクテルグラスおすすめ18選|種類や持ち方解説も

カナディアンウイスキーのよくある質問

メープルシロップを使ったカナディアンウイスキーの甘いカクテルはありますか?

カナディアンウイスキーを産出するカナダでは、ウイスキーのメープルシロップ割りを楽しむことがあります。ウイスキー:メープルシロップの比率は3:1~5:1ほど。両方をグラスに入れ、良くかき混ぜれば出来上がりです。暑い夏には氷で冷やして。寒い日には温めて楽しんでみてください。アレンジとしてオレンジピール・シナモンなどを加えると、さらに香り高いカクテルに仕上がります。

コストコでもカナディアンウイスキーは購入できますか?

コストコでは、カークランド・シグネチャーというカナディアンウイスキーが販売されています。内容量は1,750mlで価格は3198円です。コストコオンラインでも購入できるので、チェックしてみてください。

参考サイト:コストコオンライン

カナディアンウイスキーが豊富に揃う販売店を教えてください。

カナディアンウイスキーが豊富に揃う販売店なら、楽天・Amazonなどネット通販サイトがおすすめです。カナディアンウイスキーは、ウイスキー5大産地の中でも流通量が少ない産地。実店舗で探しても、試してみたいウイスキーは販売されていない場合があります。しかし楽天・Amazonなどネット通販サイトなら、そんなカナディアンウイスキーでも15種類以上の中から選べますよ。

おすすめカナディアンウイスキーまとめ

この記事では「カナディアンウイスキー」の原材料のブレンド比率・好みの飲み方による選び方と、おすすめアイテムを解説しました。

  • まろやかなウイスキーを好むなら、原材料にトウモロコシの比率が多い製品をチェック
  • ライ麦・大麦比率が高いと、コクが深くスパイシーなウイスキーに仕上がる
  • ハイボールには、価格1,000円ほどのノンエイジカナディアンウイスキーがおすすめ
  • ロック・ストレートには、熟成12年以上の長期熟成タイプがぴったり
  • プレゼント・ギフトには、熟成年数20年以上のギフトボックス付きが最適

最適なカナディアンウイスキーは「好みの味わい」「いつもの飲み方」「使用シーン」などで人により異なります。この記事を参考に、まろやかでコクのあるタイプ、スパイシーな味わいなど、カナディアンウイスキーの魅力にたくさん触れてみてください。

☆この記事の監修者:いのかず INOKAZUBLOG

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー