愛車を守る車用ボディカバーおすすめ19選!紫外線や雨をカットする強力な製品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

愛車を守る車用ボディカバーおすすめ20選!紫外線や雨をカットする強力な製品も

出典:amazon.co.jp

雨・黄砂・紫外線などから車を守り、ボディをきれいな状態に維持できる「車用ボディカバー」。屋外に車を停めておく際にも、汚れの付着やボディの傷みを軽減できます。

車用ボディカバーには、全体を覆えるものや一部だけ覆えるもの、固定方法の種類や紫外線防止、防塵防水機能などさまざまな商品があります。種類が豊富なため、「どんなボディカバーが良いかわからない」という方もいるでしょう。

そこで本記事では、車用ボディカバーのメリット・デメリット、タイプ別に見るおすすめのボディカバーから、選び方や注意点までをご紹介します。

車用ボディカバーの購入を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

車にカバーは必要?メリットとデメリット

天候や外的要因による被害からボディを守れるボディカバーは、車を大切に管理したい方や屋外駐車が多い方にはおすすめです。

ボディカバーは便利なものでメリットも多いですが、いくつかのデメリットも存在します。快適に利用するには、あらかじめメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。以下で、詳しくみていきましょう。

メリット:紫外線や雨などから車を守り劣化を防げる

車用ボディカバーのメリット

メリット
  • 雨や黄砂などからボディへのダメージを防げる
  • 紫外線から車を守れる
  • ライトの劣化を予防できる
  • 盗難やイタズラを抑止できる
  • 動物のひっかき傷や足跡からも守れる

ボディカバーは、外的な要因から車を守るのが主な目的です。利用することで雨や黄砂、紫外線によるダメージを防ぎます。

雨や黄砂はさまざまな物質が含まれており、車のボディに傷が入ったり、塗装が変色したりする要因です。ボディカバーで車体を覆うことで、被害を最小限にとどめられます。

また車体全体を覆うフルカバータイプは、盗難やイタズラを抑止するのにも有効です。車種を判別しにくく、車内が見えないため、一定の防犯効果が期待できます。

車の傷が気になるときや、車を購入したばかりで傷をつけたくないときは、ボディカバーの利用を検討しましょう。

デメリット:ボディにキズが入る可能性がある

車用ボディカバーのデメリット

デメリット
  • 着脱の手間がかかる
  • コーティングや塗装の直後には傷が入る可能性がある
  • 塗装に変色やひび割れなどが起こる場合がある

ボディカバーのデメリットは着脱に手間がかかることです。疲れた日や暑い日などには、作業が面倒に感じることがあるでしょう。

とくに大型車にカバーを掛ける場合、1人での作業は一苦労です。ボディカバーを購入する際は、どの車で誰が使うかを想定し、適したタイプを選びましょう。

またコーティングや塗装してすぐカバーを掛けると、湿気で塗装がなじまず、ボディに傷が入る恐れがあります。塗装やコーティングの種類にもよりますが、最低でも3ヶ月ほどは期間を空けて使用するのが無難です。

なお、湿気は塗装の変色やひび割れを起こす要因のひとつ。ボディカバーを長期的に利用する際は、カバー内が蒸れないよう定期的に換気しましょう。

また、車用カバーには通気性の良いものや、裏起毛になっていて車のボディを傷つけない製品もあるのでチェックしてみてください。

車用ボディカバーの選び方

ボディカバーを効果的に利用するには、車種や目的に合ったものを選ぶことが大切です。ボディカバーを選ぶときは、以下のポイントをおさえておきましょう。

保護したい範囲によってハーフカバーかフルカバーか選ぶ

車用ボディカバーの種類は、フルカバーとハーフカバーの2種類。目的や状況に応じてどちらか選びましょう。適したタイプを選ぶためにも、それぞれの特徴を紹介します。

屋外に停めるなら車全体を覆うフルカバー

屋外に停めるなら車全体を覆うフルカバー

出典:amazon.co.jp

屋外に駐車するのであれば、フルカバータイプがおすすめです。フルカバータイプは、車全体をすっぽりと覆うため、カバーから露出する部分が少ないことが特徴。雨風や紫外線をはじめ、ほこりや鳥のフンなどからボディ全体を守ってくれますよ。

また車全体を覆うことから、車種を判別しにくいのもポイントです。盗難やイタズラなど、防犯としての効果にも期待できます

編集部

車内を見られる心配がないため、プライバシーの保護にも有効ですね!

紫外線や傷から車を守るなら、カーフィルムも一緒に使うとさらに効果的です。

関連記事:【貼り方のコツも解説】カーフィルムおすすめ30選|透過率の目安を紹介

車庫から一部はみ出す場合は、部分的に覆うハーフカバー

車庫から一部はみ出す場合は、部分的に覆うハーフカバー

出典:amazon.co.jp

車庫からはみ出す部分をカバーしたい場合は、ハーフカバータイプがおすすめ。はみ出している部分のみを覆うため取り付けやすく、脱着が簡単です。ボンネットや天井部など、一部分のみにカバーを掛けるので、労力もかかりません。

編集部

急いで出掛けなければならないときでも、すぐに取り外せて便利ですよ。

またフルカバーに比べ、価格がリーズナブルなのも魅力です。素材やサイズによっては、2,000円前後で販売されています。

ナビなどの車載機器を日差しから守る目的なら、下記の記事で紹介している車用サンシェードも検討してみましょう。

関連記事:効果は使い方次第!車用サンシェードおすすめ22選|デメリットやドライブレコーダーとの兼ね合い解説も

車体の大きさに合ったサイズを選ぶ

車体の大きさに合ったサイズを選ぶ

車用のカバーは、車体の大きさにあったサイズを選ぶことが重要です。サイズが小さいとカバーしたい部分を覆えず、はみ出した部分を保護できません。

反対にサイズが大きすぎた場合、車とカバーに隙間ができてしまい、カバー内にほこりや砂ぼこりが侵入する可能性があります。ボディに傷が付いたり、強風の際にはカバーが飛ばされたりしてしまう場合もあるため、カバーは車体に適したサイズを選びましょう。

なお、ジャストフィットなカバーを求めるのであれば、自動車メーカーが提供している純正品の利用がおすすめです。純正品は車種ごとに設計されているため、大きさや形状もぴったり。購入の際は車種で探せばよいので、知識のない方でもサイズを間違いにくいのがメリットです。

固定ベルトや紐など、取り付け方法をチェック

固定ベルトや紐など、取り付け方法をチェック

出典:amazon.co.jp

車用カバーは、固定ベルトや紐でしっかりと固定できる商品を選びましょう。固定が緩いと風で煽られてしまい、ボディに傷が入ったり、汚れたりする可能性があります。とくに屋外で使用する場合は、強風時にカバーが飛ばされるなど、天候の影響を受けやすいため注意が必要です。

カバーの取り付け方法は、ゴムで絞るタイプ、ベルトやフックで固定するタイプなど商品によってさまざま。ただ、ゴムのみのタイプは使用頻度や経年劣化で伸びしまい、カバーが外れやすくなることがあります。ベルトやフックで固定するタイプであれば、劣化がしにくいため安心ですよ。

また近年では、巾着袋のように絞って固定するタイプも販売されています。カバーが車体にフィットしやすくなるため、カバーが煽られず、ほこりやゴミの侵入を防げます。

楽にカバーを掛けられる電動タイプも

楽にカバーを掛けられる電動タイプも

出典:rakuten.co.jp

着脱が面倒に感じる方は、電動タイプのボディカバーもおすすめです。電動タイプは、天井部分に本体を設置することで、自動で装着・脱着をしてくれるため、楽にカバーを掛けられます。少し手動でのサポートが必要ですが、ほとんどの作業は自動でおこなえるので、大幅に労力を減らせますよ。

ただ電動タイプは今のところ、取り扱うメーカーが多くありません。一方で最近はソーラーパネル付きの充電が不要な商品なども登場しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

【フルカバー】車用ボディカバーおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材サイズ取り付け方法紫外線保護裏起毛その他の特徴
Softclub ボディーカバー(小型自動車/SUV車)¥8,180 楽天市場AmazonYahoo!ポリプロピレン、ポリエチレン長さ405㎝×幅176㎝×高さ152㎝ゴム紐・反射テープ ・防風ベルト ・収納袋付き
NEVERLAND カーカバー 420D¥7,707 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル長さ510㎝×幅200㎝×高さ180㎝固定ベルト・収納袋付き ・反射テープ ・防風ベルト ・カバー内に「前」マーク表示
rain x(レインエックス) カーカバー 805735¥9,768 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステルM、L、XL(※サイズの記載なし)かぶせるのみ-
LINFEN 車カバー (弾力な防風風ロープ付き)¥6,537 楽天市場AmazonYahoo!ポリ塩化ビニル長さ415cm×幅170cm×高さ150cmゴムバンド・反射テープ ・防風ロープ ・収納袋付き
FORCE-TEX 自動車カバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!PEVA素材長さ410㎝×幅170㎝×高さ160㎝(※2Mの場合)ゴムバンド・反射テープ ・サイドドアジッパー ・収納袋付き ・防犯ロック付き
Favoto 5層構造車カバー¥6,839 楽天市場AmazonYahoo!ポリエチレン(75%)/エチレン酢酸ビニルコポリマー(25%)長さ435cm×幅180cm×高さ160cm (※2Lの場合)ゴム紐・反射テープ ・防風ベルト ・サイドドアジッパー ・収納袋付き
カバーライト社 ボディカバー(レクサス NX 対応用)¥21,500 楽天市場AmazonYahoo!--ストラップベルト・ワンタッチベルト ・収納ポケット
NUOMAN ボディカバー カーカバー (汎用サイズ:セダン各車対応)¥7,113 楽天市場AmazonYahoo!アルミニウム長さ415㎝×幅175㎝×高さ145㎝固定用ベルト・収入袋付き ・蛍光反射ベルト ・防風ロープ ・サイドドアジッパー
Kayme 自動車ボディカバー¥8,073 楽天市場AmazonYahoo!アルミニウム、ポリエチレン長さ510㎝×幅200㎝×高さ180㎝ (※C7の型番)ストラップ・反射テープ ・防風ロープ ・サイドドアジッパー
AOMIDUO 車 カバー¥4,022 楽天市場AmazonYahoo!ポリエチレン長さ490cm×幅190cm×高さ150cm (※3XLの場合)ベルト×・収納袋付き ・反射テープ ・防風ロープ

【フルカバー】車用ボディカバーおすすめ人気ランキング10選

フルカバータイプは、耐久性や機能性に優れた商品が豊富。以下は、フルカバータイプの人気ランキング10選です。フルカバーを探している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【ハーフカバー】車用ボディカバー人気ランキング比較一覧表

商品最安価格素材サイズ取り付け方法紫外線保護裏起毛その他の特徴
ARADEN ボディーカバー フロントカバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル-n(※車長451~495cm、車幅165~185cm対応)ゴムバンド-・反射テープ
BUYFULL ボディカバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステルタフタ-n(※長さ470cm/一般乗用車対応)ゴム紐・収納袋付きn・防風フック
ANBEN ボンネット保護カバー楽天市場¥2,100 AmazonYahoo!ポリエステル-n(※車長400cm~520cm、車幅165cm~185cm対応)ゴムバンド・反射テープ
Favoto ボンネットカバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!-長さ85㎝×幅175㎝×高さ90㎝ゴム紐・反射テープ
AUTOMAN ボンネットカバー(大型ミニバン車適応)¥3,300 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル-ゴム紐×・収納袋付き
LINFEN ボンネットカバー SUV/JEEP車用¥3,915 楽天市場AmazonYahoo!コットン-n(※車長340~460cm、車幅165~180cm対応)ゴムバンド・反射テープ
Konnfeir ボディーカバー ハーフカバー¥5,195 楽天市場AmazonYahoo!アルミニウムフィルム、PEVA、コットン-n(※車長約440cm~480cm対応)フック・反射テープ
ドライブワールド ボディーカバー XAA356¥2,490 楽天市場AmazonYahoo!190Tポリエステルタフタ長さ475×幅144㎝n(※Mサイズの場合)フック×・収納袋付き
INFIMO ハーフボディカバー HBC-002¥2,895 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル長さ400cm×幅127cmフック×-
AUTOSKY ハーフボディカバー¥7,800 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル長さ485×幅146cmゴム紐・反射テープn・フック付きゴム紐

【ハーフカバー】車用ボディカバーおすすめ人気ランキング9選

つづいて、ハーフカバータイプの人気ランキング9選を以下にまとめました。ハーフカバータイプは、取り付けの簡単さが特徴です。カバーによって覆う部分も異なります。

車用ボディカバーを使うときの注意点

車用ボディカバーは適切に使用しないと逆効果となり、反対に車を傷付けてしまう可能性があります。使用するときは、以下の点に気を付けましょう。

強風の日には使わない

強風の日には使わない

ボディカバーは、強風の日には使わない方が無難です。カバーや固定ベルトなどが風に煽られてしまい、車体を叩いたり擦れたりして傷をつける恐れがあります。

また強風の日の着脱は、作業中にケガをする可能性があるので危険です。とくに固定ベルトなどが風に煽られて体に当たると、大ケガを負う恐れもあります。強風時にどうしてもカバーを掛けたいときは、風が収まるタイミングを待って作業を進めましょう。

編集部

強風の日はカバーが破損する恐れもあるので、使用を控えるのがおすすめです。

マフラーが冷めるまで掛けない

マフラーが冷めるまで掛けない

ボディカバーは、マフラーが冷めるまで掛けないようにしましょう。マフラーの熱によってボディカバーが溶けてしまい、車体に貼りつく可能性があります。同じく、ボンネットが熱いときにボディカバーを掛けるのも控えましょう。

なお、帰宅を急ぐ場合は一度帰宅し、熱が冷めた頃合いを見計らってから、カバーを掛けるのがおすすめです。手間はかかりますが、ボディカバーが傷むのを防げますよ。

長期間掛けっぱなしにしない

長期間掛けっぱなしにしない

ボディカバーは、長期間掛けたままにしないことが重要です。長期間掛けっぱなしにするとカバー内が蒸れてしまい、ボディのひび割れやシミが発生する場合があります。せっかく外部からボディを保護しても、管理不足からトラブルが発生しては本末転倒ですよね。

長期間ボディカバーを使用する際は、定期的にしっかりと換気するのが大切です。目安として、710日に1回の換気を心がけましょう。

車用ボディカバーの関連商品

車用ボディカバーには、持っておくと便利な関連商品があります。一緒に利用することで、より効果的です。車用ボディカバーの購入時には、以下のような商品の購入もおすすめです。

カバーの固定に効果的な「固定ベルト・防風バンド」

ボディカバーの効果をさらに高めたいときは、市販の固定ベルト・防風バンドの併用がおすすめです。ボディカバーを車体にフィットさせやすくなるため、ほこりやゴミの侵入を抑止できます。

リーズナブルなものであれば、1,0003,000円ほどで購入できます。

編集部

毎回取り付けるのが面倒であれば、「強風の日のみ使用する」のもよいですね!

雨上がりや洗車後のカバー掛けで便利な「ブロワー」

雨上がりや洗車後には「ブロワー」があると、すぐにボディカバーを掛けられるので便利です。ブロワーとは空気に圧力をかけ、風を起こす器具のこと。風圧で水滴やほこりなどを、きれいに吹き飛ばせます。

雨や洗車後でボディが濡れた状態の場合、ボディカバーが水を吸ってしまい、スムーズにカバーを掛けるのが困難。ブロワーがあれば水滴を吹き飛ばせるので、雨上がりや洗車直後でもスムーズにボディカバーを装着できますよ。

カバーのお手入れ時に役立つ「中性洗剤」

ボディカバーのお手入れで洗剤を利用するときは、中性洗剤を選びましょう。洗浄力が強い洗剤を使うと、施されている撥水加工やコーティングが、剥がれ落ちる可能性があります。

お手入れ時は、中性洗剤をかるく泡立つくらいに水で薄め、表面を撫でるように優しくふき取るのがポイントです。ボディカバーは、汚れたまま使用すると逆効果となるため、定期的にお手入れをしましょう。

車用ボディカバーのよくある質問

以下では、車用ボディカバーの購入を検討する方に向け、選び方や使い方などについてよくある質問をまとめました。これから購入する方は、自分が購入・使用するときに困らないよう参考にしてくださいね。

ボディカバーの寿命はどのくらいですか?

ボディカバーの寿命は使用する条件や環境で異なりますが、薄手の生地で半年~1年、厚手の生地で12年ほどが目安です。

寿命を迎えると着脱時などに生地が裂け、破れることがあります。また雨水やほこりを通しやすくなったときも、ボディカバーが寿命を迎えたときの合図です。カバーとしての効果が見込めないため、買い替えを検討しましょう。

ボディカバーはネットでも購入できますか?

ボディカバーは、amazonや楽天などのネットでも購入が可能です。ネットでも豊富な種類が販売されており、自分に合った商品を探せます。

知識がなく不安な方は、イエローハットやオートバックスなど、カー用品店での購入がおすすめです。サイズや注意点などを店員に質問できるため、商品選びに失敗する心配がありません。

サイドミラーを立てた状態で装着しても問題ありませんか?

ドアミラー袋が付いているタイプであれば、サイドミラーを立てた状態で装着しても問題ありません。

ドアミラー袋が付いていないタイプの場合、サイドミラーが立った状態のままカバーを掛けると、ミラーに負担を掛けてしまいます。また車体とカバーに隙間が生じ、風に煽られやすくなるのでサイドミラーは畳んだ状態でカバーを掛ける必要があります。

ミラーを毎回閉じるのが面倒な方は、ドアミラー袋が付いたタイプを購入しましょう。

おすすめ車用ボディカバーまとめ

車用ボディカバーは、外的要因から車のボディを守る心強いアイテムです。汚れや傷を防ぐだけでなく、盗難防止としての役割にも期待できます。車用ボディカバーを選ぶときは、以下のポイントを理解しておきましょう。

  • 自分の状況に適したタイプのカバーを選ぶことが大切
  • サイズは車体の大きさとマッチしているか確認する
  • カバー掛けを楽にしたいなら電動タイプの利用も選択肢のひとつ
  • 使用上の注意点を理解したうえで購入・使用する

自分に合った車用ボディカバーを選んで、愛車をいつまでもきれいな状態に維持しましょう!

関連記事:【検証】猫よけグッズを数年間使った結果&おすすめ20選!失敗しないための選び方・口コミも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー