【大型犬サイズも】犬小屋おすすめ25選!屋外に置いても暖かい・おしゃれな室内用も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ワンちゃんがリラックスして過ごせる場所を作るために必要な犬小屋。屋外で雨風から愛犬を守ってくれるものや、室内のインテリアに馴染むおしゃれなものなどが揃っています。

しかし、犬小屋を買おうと思うと「屋外に置きたいからしっかり雨除け・防寒できる商品が欲しい」「大型犬に適したサイズは?」など、選び方に悩みますよね。

そこで本記事では、犬小屋の選び方と屋外用・室内用のおすすめ商品のランキングをご紹介!暑さや寒さに強い木製や掃除しやすいプラスチック製など、幅広い種類の商品をまとめたので、犬小屋が欲しい人は必見です!

愛犬専用のスペースを確保!雨対策にも役立つ犬小屋

愛犬専用のスペースを確保!雨対策にも役立つ犬小屋

犬小屋は愛犬にとってリラックスできるスペース。縄張り意識を持つワンちゃんも自分専用のテリトリーがあれば、安心して過ごせます。室内飼いの場合も、犬小屋があると中に入って体を休めたり、エアコンの風や直射日光から身を守ったりできますよ。

また、ワンちゃんを外飼いしているなら、雨風や暑さ・寒さをしのぐためにも犬小屋は必須です!断熱性に優れたものやしっかり雨水を弾くものなどがあれば、季節や天候に関わらず愛犬に快適な時間を過ごしてもらえます。

関連記事:【外出先から見守り】ペットカメラおすすめランキング17選!留守番の犬・猫に

犬小屋の選び方

犬小屋を選ぶときにチェックすべきポイントをご紹介します。

屋外用?室内用?設置場所に合わせて商品の選び方をチェックしよう

犬小屋とひとくちに言っても、屋外用と室内用の2種類に分かれます。ここでは屋外用と室内用、それぞれの商品選びのポイントについて解説します。

屋外用:屋根や脚まわりに注目!雨よけや防寒対策に適した作りの商品がおすすめ

【屋外用】屋根や床に注目!雨よけや寒さ対策に適した作りの商品がおすすめ

屋外で使うなら、天候に関わらず愛犬が心地よく過ごせるように、雨風が十分にしのげるか・防寒性や通気性に優れているかを重視しましょう。

屋根に傾斜のある商品は、雨水が屋根上に溜まりにくいのでおすすめ。犬小屋の内側に雨が入り込むのを防ぎたい場合は、出入り口にも屋根が付いているタイプをチェックしてみてください。

また、犬小屋の底面が地面と接地しない脚付きの商品もおすすめです。犬小屋の底面と地面が接地しないことで、コンクリートや土の温度が犬小屋内に伝わりにくく、夏の暑さや冬の寒さの影響を減らせます。雨の浸水や湿気も予防できるため、梅雨時期も安心ですね。

編集部

犬小屋の脚が10cm以上と高めだと害虫対策にも便利。芝生や草の多い場所など、虫が気になるところで愛犬を外飼いしている人にぴったりです。

室内用:ペットハウスorケージ?インテリアに合わせておしゃれな商品をチェック

ペットハウス

【室内用】愛犬が隠れられる場所を作ろう◎通気性や防音性もチェック

出典:amazon.co.jp

ケージ

屋外用?室内用?設置場所に合わせて商品の選び方をチェックしよう

出典:amazon.co.jp

室内用の犬小屋は、「ペットハウス」や「ケージ」と呼ばれることが多いです。

ペットハウスは、クッション素材で作られているのが特徴。屋根や壁が付いているワンちゃん専用のベッドのようなイメージです。ふわふわとした肌触りで居心地がよく、ワンちゃんが安心して過ごせる場所を作ってあげたい人におすすめです。

一方、ケージはトイレやベッドを設置できます。壁面は柵で覆われており、ワンちゃんがケージ内にいる様子を外から確認しやすいのがメリット。夜寝るときや、ワンちゃんがお留守番するときに使用する人が多いです

ペットハウスも、ケージもおしゃれな商品が多いので、お部屋の雰囲気に合わせて選べます。小型犬用の小さいサイズから、大型犬用の大きいサイズまでサイズラインナップも豊富なため、愛犬に適した大きさの商品をチェックしてくださいね。

編集部

室内用の犬小屋には折りたたみタイプも多いです。旅行先で使いたい人や、使用時以外はコンパクトに収納したい人におすすめですよ。

関連記事:愛犬がまったりくつろげる◎ペットハウスおすすめ16選!おしゃれなスツール型も

快適さや耐久性を決める!犬小屋の「素材」にも注目

犬小屋は、木やプラスチックなどさまざまな素材で作られています。通気性や保温性、耐久性などに関わるため、犬小屋を選ぶときには素材の確認が重要です。

木製:夏は涼しく冬は暖かい!使うほどに味が出る見た目も魅力

木製:夏は涼しく冬は暖かい!使うほどに味が出る見た目も魅力

ワンちゃんは、体の一部にしか汗腺がなく汗をあまりかかないため、体温調節が苦手です。暑い日も寒い日も愛犬に快適に過ごしてもらいたい人は、断熱性と保温のどちらにも優れている木製の犬小屋を選びましょう。

木製の犬小屋の価格は5,000~3万円前後。おしゃれで温かみのある商品が揃っています。使い続けるほどに風合いが増していくのもメリットです◎

なお、木製の犬小屋は湿気の多い場所での使用には向きません。また雨に当たった場合は劣化する可能性があります。屋外に設置するなら、屋根や壁周りに防水加工が施されたものを選ぶと安心です。

プラスチック製:掃除が簡単で臭い対策しやすい&錆びや腐敗の心配がない

プラスチック製:掃除が簡単で臭い対策しやすい&錆びや腐敗の心配がない

出典:amazon.co.jp

汚れをサッと拭き取れるプラスチック製の犬小屋は、掃除のしやすさを重視する人に向いています。丸洗いもできるため、臭い対策もバッチリ。雨に当たった際に腐敗したり、カビが生えたりする心配も少ないです。

プラスチック製の犬小屋は5,000~1万5,000円前後と他の素材に比べてリーズナブルなのも魅力。しかし直射日光に当たって劣化したり、愛犬が噛んで割れたりする可能性がある点には注意が必要です。経年劣化が心配な人は劣化防止剤などで加工された商品を選びましょう。

また、プラスチックでできた犬小屋は気密性が高く、内側に熱や湿気がこもりやすいです。なるべく通気窓が付いた商品を探してくださいね。

スチール製(鉄製)・ステンレス製:頑丈&重みがあり大型犬にうってつけ

スチール製(鉄製)・ステンレス製:頑丈&重みがあり大型犬が使ってもズレにくい

出典:amazon.co.jp

スチールやステンレスなど金属製の犬小屋は頑丈なので、愛犬が噛んだり引っかいたりしても傷みにくいです。また重量があるため、少々の衝撃ではズレません。体力のある大型犬を飼っている人や、中型犬を多頭飼いしている人にうってつけです。

金属製の犬小屋の価格相場は5~20万円ほどとやや高め。しかし、扉や鍵が付いている商品も多く、来客時や作業時などに愛犬を入れておけるのがメリットです。

金属製の犬小屋を選ぶ際は、雨が当たっても錆びないように防錆加工が施されたものを選びましょう。

犬小屋内で愛犬が一回転できるサイズが理想!高さも要確認

一回転できるサイズが理想!愛犬より15cm以上大きい犬小屋を選ぼう

出典:amazon.co.jp

犬小屋が大きすぎるとワンちゃんは落ち着いて過ごせません。反対に小さすぎても窮屈で居心地が悪いです。サイズが合わないものを使うと保温性が欠けたり、熱がこもったりする可能性もあるので、愛犬に合った大きさの商品を選ぶことが大切です。

種類 内寸の目安(幅×奥行き×高さ) 入り口の大きさの目安(幅×高さ)
小型犬用 50×60×50cm 30×40cm
中型犬用 60×80×80cm 30×50cm
大型犬用 80×100×90cm 40×70cm

犬小屋のサイズは、中で愛犬が一回転できる程度がベスト◎加えて、愛犬が立った状態で頭が天井に着かないかも要確認です。一回転できる広さがわからないときは、奥行きが愛犬の体長よりも15cmほど大きいものを目安にチェックしてみましょう。

編集部

子犬のときに犬小屋を買うなら、成犬のサイズに合わせて選ぶのがおすすめ。子犬の間はクッションや毛布などを入れると広さを調節できます。

臭いや汚れを予防◎簡単にお手入れできるものに注目

臭いや汚れを予防◎簡単にお手入れできるものに注目

出典:amazon.co.jp

犬小屋を使用していると、抜け毛やドッグフードの食べこぼしが溜まったり、泥が付いたりします。そのため、毎日~週に1回程度の頻度で定期的にお手入れし、犬小屋を清潔に保つ必要があります。日々のお手入れの負担を軽減したい人は、簡単に掃除・洗浄できる犬小屋を選びましょう。

ドアや屋根が大きく開く犬小屋は、手やブラシを入れて掃除しやすいですよ。湿気によるカビの繁殖や臭いの発生を予防したい人には、しっかり天日干しできるように分解できる犬小屋もおすすめです。

関連記事:【元動物看護師おすすめ】ドッグフード人気ランキング 19選!犬サイズ・年齢別の選び方徹底解説!

関連記事:【プロが教える!】無添加ドッグフード おすすめ15選 |選び方を徹底解説!

【屋外用】犬小屋おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材おすすめの犬種サイズ内寸重量
COOMO 犬小屋確認中 楽天市場AmazonYahoo!プラスチック体高約70cmまでの中型犬92×69×66cm76×50×59cm-
アイリスオーヤマ 犬小屋 ボブハウス確認中 楽天市場AmazonYahoo!プラスチック体高49cmまでの小・中型犬66×80×80cm49×62×67cm-
アイリスオーヤマ ログ犬舎確認中 楽天市場AmazonYahoo!天然杉体高50cmまでの中型犬77×86.5×80cm-20.86kg
アイリスオーヤマ ウッディ犬舎確認中 楽天市場AmazonYahoo!天然杉体高70cmまでの中・大型犬88.5×102×87cm-20.4kg
キラキラハイム 犬小屋確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリプロピレン樹脂小・中型犬60×74×68cm45×56×58cm5kg
HANGON ニューホームタウンドッグハウス with テラス¥59,990 楽天市場AmazonYahoo!ソリッドウッド大・超大型犬130×119×109cm112×65cm-
ZENY 犬小屋¥9,080 楽天市場AmazonYahoo!プラスチック小型犬~大型犬78×86×82cm-9.55kg
リッチェル 犬小屋¥16,980 楽天市場AmazonYahoo!天然木15kg以下の超小型犬~中型犬70×76×71.5cm-10.7kg
リッチェル ペットハウス DX-580¥15,533 楽天市場AmazonYahoo!ポリプロピレン超小型犬~中型犬58×74×75cm--
アイリスオーヤマ 犬小屋 ボブハウス¥15,220 楽天市場AmazonYahoo!ポリプロピレン体高約50cmまでの中型犬95×74.5×80cm--
ARCLANDS 犬小屋¥31,762 楽天市場AmazonYahoo!杉木中・大型犬115.7×78.5×81.5cm105×65.5×58~66cm24.2kg
Pempet 犬小屋楽天市場¥11,490 AmazonYahoo!ポリプロピレン25kg未満の中型犬75×87×72cm58×70cm10kg
コーナン LIFELEX 平屋根犬舎¥16,280 楽天市場AmazonYahoo!天然木-103×63×73.3cm90×52.5×56~59cm18kg
SIS 犬小屋¥16,800 楽天市場AmazonYahoo!天然木(モミ)小・中型犬105×66×64.5cm40×48×37~46cm16kg
アイリスオーヤマ サークル犬舎¥54,800 楽天市場AmazonYahoo!天然杉体高約40cm100×81.5×77cm40×62×58cm27kg

【屋外用】犬小屋おすすめ人気ランキング15選

【室内用】犬小屋おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格素材おすすめの犬種サイズ重量折りたたみ
PET PARADICE 犬小屋 スヌーピー 赤屋根ハウス確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル、ポリウレタンフォーム小型犬35×50×40.5cm-
プチリュバン ペットハウス確認中 楽天市場AmazonYahoo!ボア小型犬38×39×37cm660g
neDOGko 犬小屋 洗えるナチュラルハウス&ベッド確認中 楽天市場AmazonYahoo!パイン材小型犬50×60×42cm-
地球問屋 犬小屋 ドームハウス確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル、ウレタン-47×54×39cm約1.1kg-
キラキラハイム 犬小屋確認中 楽天市場AmazonYahoo!MDF材-42×52×53cm(Mサイズ)7kg(Mサイズ)
YHSEVEN ペットハウス楽天市場¥1,872 AmazonYahoo!ベルベット、スポンジ体重14kg以内46×49×39cm-
ペティオ Porta ドッグハウス&スツール確認中 楽天市場AmazonYahoo!繊維板、ポリエステル、ポリプロピレン、ウレタンフォーム超小・小型犬38×38×39cm-
KAWAI(カワイ) 防音犬小屋 ワンだぁルーム確認中 楽天市場AmazonYahoo!--74.3×58.2×78.7cm45kg
武田コーポレーション ペットハウス 正方形確認中 楽天市場AmazonYahoo!PVC、不織布、繊維板、ウレタンフォーム-38×38×38cm-
chocomoco 犬小屋 おやすみハウス確認中 楽天市場AmazonYahoo!パイン材中型犬50×50×50cm-

【室内用】犬小屋おすすめ人気ランキング10選

犬小屋のおすすめ人気メーカー

カインズやアイリスオーヤマなど、人気の犬小屋を扱うおすすめメーカーを紹介します。商品の情報もまとめたので、犬小屋選びの参考にしてくださいね。

耐候性に優れた外飼い用の犬小屋が人気の「カインズ」

耐候性に優れた外飼い用の犬小屋が人気の「カインズ」

出典:cainz.com

カインズでは、1~1万5,000円程度で耐候性に優れた屋根付きの犬小屋が販売されています。通気性にもこだわって作られており、窓が付いているのも特徴。内側に熱や湿気がこもりにくいため、愛犬にジメジメした日も屋外で快適に過ごしてもらえます。別売りの杭でしっかり固定できるので、風で犬小屋が飛ぶのが心配な人にもおすすめです◎

小型犬用から大型犬用まで丈夫な商品を扱う「アイリスオーヤマ」

アイリスオーヤマは6,000円~5万円程度で、小型犬用から大型犬用まで幅広いサイズの犬小屋を取り揃えています。丸洗いできるプラスチック製の商品のほか、天然素材の温もりを感じられる木製の商品なども展開されています。どれも耐久性に優れているため、長く使える犬小屋を探している人にぴったりです。

ログハウス風も!おしゃれなものや組み立てやすいものが好評の「コーナン」

1~1万6,000円前後で購入できるコーナンの犬小屋は、おしゃれで落ち着きのあるデザインが特徴。ログハウス風の商品をはじめ、天然木の風合いが活かされたものが見つかります。屋根部分に防水加工が施されているので、雨に強いですよ◎組み立て式のタイプに加え、広げるだけで簡単に使用できるタイプもラインナップされています。

犬小屋の関連商品

暑さ対策に便利なスポットクーラーや犬小屋のデコレーションに使えるネームプレートなど、犬小屋の関連商品をまとめました。ワンちゃんと暮らしている人におすすめの商品ばかりですよ。

エアコンの設置工事なしで愛犬の暑さ対策!「スポットクーラー」

スポットクーラーは、エアコンの設置工事をせずに使えるのが特徴。愛犬と室内で手軽に涼を取りたい人におすすめです。冷気が強すぎず、愛犬の体を冷やしたくないときにも役立ちます。部屋の一部のみを涼しくしてくれる商品が多いので、電気代がかかりにくいのもメリット◎1ヶ月あたり1,000円程度からリーズナブルにワンちゃんの熱中症対策ができます。

関連記事:【家庭用】スポットクーラーおすすめランキング29選!メリット・デメリットも

関連記事:料金を比較!スポットクーラー(エアコン)のレンタル業者10選 |口コミを徹底調査

寒い冬の防寒に大活躍の「ペット用ヒーター」

ペット用ヒーターは、寒さが苦手な小型犬や上手く体温調節できなくなった老犬などの防寒対策に大活躍!寒い冬もワンちゃんにとって快適な温度をキープしてくれます。噛みついてもコードに傷がつきにくいものや、洗濯できるカバーが付いたものなど、便利なアイテムが揃っています。室内用犬小屋の冷え対策にも使用できますよ。

愛犬の名前で犬小屋をおしゃれにデコレーション「ネームプレート」

犬小屋を購入したら、ワンちゃんの名前が書かれたネームプレートでデコレーションするのがおすすめ!愛犬専用のおしゃれな犬小屋に仕上げられます。ナチュラルな木製の商品やスタイリッシュなステンレス製の商品など多彩に揃っているので、犬小屋とマッチするものが見つかります。

犬小屋の風よけや保温に便利◎入り口に取り付けられる「ビニールカーテン」

犬小屋の入り口に取り付けて使うビニールカーテンは、内側への雨や風の侵入を防いでくれるのが魅力。悪天候の日も愛犬に犬小屋で心地よく過ごしてもらえます。保温性もあるため、寒い時期の防寒にもぴったりですね。短冊状のカーテンをはじめ、ワンちゃんが出入りしやすい商品がラインナップされています。

犬小屋のよくある質問

豪華な高級犬小屋と安い商品の値段は?

高級な犬小屋は15~20万円程度。ログハウス調のおしゃれなものやしっかりした作りのものが揃っています。一方、安い犬小屋は屋外用で6,000円前後、室内用で2,000円程度から購入できます。

室内飼いの場合、犬小屋の代用としてケージやサークルを使用してもいいですか?

室内飼いの場合、ケージやサークルを犬小屋の代わりに使用できます。しかし、しっかりと人の視線や光を遮る犬小屋があるとワンちゃんが安心して過ごせます。

愛犬が犬小屋に入らないときは、どのような原因が考えられますか?

ワンちゃんが犬小屋に入らない原因としては、「サイズが合っていない」「中が暑い・寒い」「汚れていて不快」などが考えられます。また、中にいるときに不安や恐怖を感じた場合も、犬小屋を使わなくなる可能性があります。愛犬の様子をチェックし、原因を考えてみてください。

暖房のない犬小屋を冬仕様に変えたいです。断熱シートをはじめとした断熱材や毛布などで保温できますか?

断熱シートを側面に貼ったり、毛布を置いたりすると犬小屋の防寒対策ができます。寒さが厳しいときは、湯たんぽを使うのもおすすめです。

エアコン付きや防音機能のある犬小屋、二階建てのものはありますか?

2024年2月時点でエアコン付きの犬小屋は販売されていません。しかし、中の温度を調整できる室内用犬小屋はあります。防音機能を備えた犬小屋やバルコニーのある2階建ての犬小屋は販売されていますよ。

柴犬・ゴールデンレトリバー向きの犬小屋は?

柴犬用の犬小屋のサイズの目安は、内寸60×80×80cm程度。ゴールデンレトリーバー用なら、内寸80×90×100cm前後を目安に選びましょう。飼っているワンちゃんに合った大きさの商品を探してくださいね。

コストコやニトリで犬小屋は売られていますか?

2024年2月現在、コストコやニトリでは犬小屋は販売されてません。今後発売される可能性もあるので、気になる人は引き続き情報をチェックしましょう。

DIYで犬小屋を手作りしたいです。100均のすのこやホームセンターのコンパネ・木材などを使った犬小屋の作り方は簡単ですか?

室内用のシンプルな犬小屋なら、DIY初心者でも作れます。100均やホームセンターで販売されているすのこや木材でも製作できますよ。設計図はネットで公開されているものなどを参考にしましょう。悪天候にも耐えられる屋外用の犬小屋などが欲しい場合は、お店や通販サイトで完成品や組み立て式の商品を買うのがおすすめです。

おすすめ犬小屋まとめ

犬小屋はワンちゃんにとって、自分専用の安心できるスペース。悪天候から愛犬を守ってくれる商品や、掃除しやすいものなどが揃っています。

  • 「屋外用」「室内用」を確認
  • 断熱性に優れた「木製」や水洗いしやすい「プラスチック製」など素材に注目
  • 愛犬が中で一回転できる商品を選ぶ
  • お手入れしやすいものや組み立てやすいものがおすすめ

上のポイントをチェックして、愛犬にぴったりな犬小屋を見つけましょう。悪天候にも対応できるものや、おしゃれなものなどを用意して愛犬との生活をさらに楽しんでください。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー