【初心者必見】刺繍枠の人気おすすめ商品20選!便利なスタンド付きも紹介

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【初心者必見】刺繍枠の人気おすすめ商品20選!便利なスタンド付きも紹介

布をピンと張って、刺繍をキレイに仕上げるのに役立つ「刺繍枠」。刺繍作品を作るのに欠かせないアイテムです。おしゃれなデザインの商品も豊富で、刺繍枠に入れたまま作品を壁に飾ればインテリアになります。

しかし、いざ刺繍枠を購入しようとすると「円・四角などの形状の違いは何?」「初心者でも使いやすいものはどれ?」と、商品選びに悩みますよね。

今回は、刺繍枠の選び方・人気おすすめ商品20選を紹介します。DMCなどの人気メーカーや、ダイソーなどの100均の刺繍枠も調査しました。使いやすいスタンド付きの刺繍枠も紹介するので、チェックしてくださいね。

刺繍枠とは?必要な理由も解説

刺繍枠とは?必要な理由

刺繍枠とは、刺繍をする際に布を枠で固定してピンと伸ばすアイテムのこと。枠がない状態で刺繍をしようとすると、自分の手で布を張りながら針を通す必要があり、刺繍に慣れていない初心者は失敗しがちです。

刺繍枠があれば、しっかり布が張られた状態で針が刺せるため、スムーズに刺繍ができます。布がたわんだりシワができたりしないので、刺繍作品をよりきれいに仕上げたい人にもおすすめです。

関連記事:初心者でも簡単!おしゃれな刺繍キットおすすめ25選!ダイソー・ユザワヤも

使いやすい刺繍枠の選び方

刺繍枠を選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

刺繍枠の選び方
  • 目的に合わせて素材を選ぶ
  • レベル・作りたい作品に合わせてサイズを選ぶ
  • 布のセット方法で選ぶ
  • 形状で選ぶ
  • 長時間作業するならスタンド付きも要チェック
  • いろいろな作品に挑戦するならセット商品もおすすめ

木製?プラスチック製?目的に合わせて素材を選ぶ

刺繍枠に使われる素材は、木や竹、プラスチックなどがあります。それぞれの素材の特徴について解説します。

木・竹製:丈夫でしなりやすい。長く愛用したい人におすすめ

木製

木・竹製:丈夫でしなりやすい。長く愛用したい人に

出典:amazon.co.jp

竹製

木・竹製:丈夫でしなりやすい。長く愛用したい人に

出典:amazon.co.jp

長く刺繍枠を愛用したい人は、プラスチック製よりも丈夫な木・竹製を選びましょう。木・竹製の刺繍枠は1,000円台の商品が多く、プラスチック製よりも価格は高めです。その分、力を入れてもよくしなるので布をしっかりと固定でき、刺繍中のしわ・ズレを軽減できます。おしゃれな見た目で、インテリアとして飾るときにもおすすめです。

また、ヒノキ・ケヤキ・ブナなど木製の刺繍枠は使い込むと枠の角が取れていき、手になじむのも魅力。竹製の刺繍枠は木製よりも軽いのが特徴です。注意点として、木・竹製の刺繍枠は湿気に強くありません。カビ・変形を防ぐために、風通しの良い場所で保管しましょう。

プラスチック製:軽量でカラフル。100円〜安く購入可能

プラスチック製:軽量でカラフル。扱いやすさを重視する人に

出典:amazon.co.jp

プラスチック製の刺繍枠は木製よりも軽いのが特徴。刺繍枠を持ったときの手の負担が少なく、針を刺すときに余計な力が入りがちな初心者でも使いやすいですよ。カラーも豊富なので、好みや作品の雰囲気に合わせて選べます。

またプラスチック製の刺繍枠は、100〜500円程度の安い価格で購入できるのも魅力です。厚い布地を挟むときにプラスチック部分が割れるリスクはありますが、水や湿気に強くて保管場所にも困りません。手軽に刺繍を始めてみたい人はぜひチェックしてみてください。

レベル・作りたい作品に合わせてサイズを選ぶ

刺繍枠には、直径8cm以下の小さい商品から直径20cmを超える大きい商品までさまざまなサイズがあります。刺繍枠の大きさによって扱いやすさ・向いている作品が異なるので、自分のレベル・作品に最適なサイズを選びましょう。

8~10cm:コンパクトで初心者でも布を張りやすい。ハンカチなどのワンポイント刺繍に

8~10cm:コンパクトで初心者でも布を張りやすい。ハンカチなどのワンポイント刺繍に

出典:rakuten.co.jp

直径8~10cmのコンパクトな刺繍枠は、ハンカチ・マスク・ポーチなど小物のワンポイント刺繍にぴったり。布を張る面積が大きいほど布がたわみやすく、しわ・よれが発生しがちです。直径8~10cmの刺繍枠なら、枠が小さいため小さな布でもしっかり張って固定できます。

また、直径8~10cmの小さい刺繍枠なら手に収まるサイズで作業しやすいため、刺繍初心者はワンポイント刺繍から始めるのがおすすめです。

12~15cm:大きめの図案にステップアップする中級者に最適。クッションカバーなどの広めの刺繍に

12~15cm:大きめの図案にステップアップする中級者に最適。クッションカバーなどの広めの刺繍に

出典:rakuten.co.jp

直径8~10cmの刺繍枠に慣れた中級者がクッションカバーなどワンサイズ上の図案にトライするなら、一回り大きな直径12~15cmの刺繍枠がぴったり。小さな枠の布張り・刺繍に慣れていれば、直径12~15cmのサイズの枠に無理なくステップアップできます。つまずきを軽減して刺繍のレベルを上げたい中級者に、最適なサイズです。

クッション・バッグなどのワンポイントよりも広めの刺繍にも、直径12~15cmの刺繍枠がおすすめ。一度の布張りで広い範囲を刺繍できるので、布を張り直す手間を省けますよ。

20cm以上:布張りに慣れた上級者向け。特大タペストリーなど全体のバランスを確認しながら作る作品に

20cm以上:布張りに慣れた上級者向け。特大タペストリーなどの全体のバランスを確認しながら作る作品に

出典:rakuten.co.jp

特大タペストリーなど大きなサイズの作品を作りたい上級者には、直径20cm以上の刺繍枠がおすすめ。布張りのテクニックは必要ですが、一度に刺繍できる範囲が広いため枠を移動させる回数を減らせます。効率良く大型作品を作りたい人にぴったりですよ。

直径20cm以上の刺繍枠は、特大タペストリー・ファブリックパネルなど壁掛けインテリアを作るときにも最適。絵を描くように全体のバランスを確認しながら刺繍を施せるので、美しいアート作品に仕上がりますよ。

ネジ?ワンタッチ?ロール?セット方法で選ぶ

刺繍枠を選ぶときは、布のセット方法も注目すべきポイントです。ネジ式・ワンタッチ式・ロール式の3つのタイプがあり、それぞれ布の固定の仕方が異なります。各タイプの特徴を理解し、自分に合うセット方法を選びましょう。

ネジ式:布を締める強さを調節可能。幅広い厚さの布に刺繍したい人に

ネジ式:布を締める強さを調節可能。幅広い厚さの布に刺繍したい人に

出典:amazon.co.jp

幅広い厚さの布に刺繍したい人には、ネジ式の刺繍枠がおすすめです。ネジ式は外枠・内枠で布を挟み、外枠のネジを締めて布を固定するタイプのこと。ネジで布を締める強さを調節できるので、薄い布から厚い布までしっかり枠にフィットします。刺繍中に布がたわんだときに、ネジで簡単に布の張りを修正できるのもうれしいポイントです。

編集部

ネジ式はネジに糸が引っ掛かりがちです。糸の引っ掛かりが気になる人は、ネジが内枠に付いた商品やネジにカバーが付いた商品を選ぶといいですよ。

ワンタッチ式:枠をはめるだけの簡単装着。布張りの手間を省きたい人に

ワンタッチ式:枠をはめるだけの簡単装着。布張りの手間を省きたい人に

出典:amazon.co.jp

布張りの手間を省きたい人は、ワンタッチ式の刺繍枠を選びましょう。ワンタッチ式は、布を挟んで外枠・内枠をはめれば布の固定が完了します。内枠と外枠の隙間を変えられないので厚みのある布には不向きですが、調整不要でサッと用意できるのが魅力です。刺繍の準備をラクにしたい人や、初心者・子供にぴったりですよ。

ロール式:大きな布をしっかり伸ばせる。大型作品を作りたい人に

ロール式:大きな布をしっかり伸ばせる。大型作品を作りたい人に

出典:amazon.co.jp

特大タペストリーなどの大型作品を作りたい人には、ロール式の刺繍枠がぴったり。ロール式は、主に四角の刺繍枠に採用されているセット方法です。上下の枠に布を巻いてクリップ・糸・テープなどで固定するため、大きな布でもしっかり伸ばせます。全体を俯瞰して見れるので、額縁・パネルなどで飾る大きな刺繍アートにも最適ですよ。

円?四角?形状で選ぶ

刺繍枠には、円形・四角形などの形状があります。目的・用途に合わせて、形状を選びましょう。

円・楕円形:スタンダードな形状で種類豊富。手で持ちやすく初心者におすすめ

円形

円・楕円形:スタンダードな形状で種類豊富。手で持ちやすく初心者におすすめ

出典:rakuten.co.jp

楕円形

円・楕円形:スタンダードな形状で種類豊富。手で持ちやすく初心者におすすめ

出典:amazon.co.jp

カーブが手にフィットしやすく持ちやすい円・楕円形の刺繍枠は、初心者におすすめです。刺繍したい場所に合わせてくるくると枠を動かせるので、刺繍に慣れていない人でも針を刺しやすいのが魅力。刺繍を練習するのに、最適な形状ですよ。

円・楕円形の刺繍枠は、たくさんの商品から刺繍枠を選びたい人にもぴったり。とくに円形はスタンダードな形状で商品数が多いため、カラー・サイズ・素材など選択肢が豊富です。充実したラインナップの円形なら、作りたい作品にぴったりの刺繍枠を見つけられますよ。

四角形:20cm以上のサイズが主流で枠いっぱいに刺繍できる。大きな作品を作りたい人に最適

四角形:20cm以上のサイズが主流で枠いっぱいに刺繍できる。大きな作品を作りたい人に最適

出典:amazon.co.jp

タペストリー・クッションカバーなど大きな作品を作りたい人は、四角形の刺繍枠をチェックしましょう。四角形の刺繍枠は、1辺20cm以上の大きな枠が主流です。一度の布張りで大きな面積を刺繍できるため、効率よく作業を進められます。

また、枠いっぱいに刺繍できるのも、四角形の刺繍枠のおすすめポイント。上下左右の4辺をしっかり固定できるため、四隅まで刺繍をキレイに仕上げられます。布全体に隙間なく刺繍を施す作品作りにぴったりですよ。

長時間作業するなら、両手が自由になる使いやすいスタンド付きも要チェック

卓上タイプ

長時間作業するなら、両手が自由になる使いやすいスタンド付きも要チェック

出典:amazon.co.jp

高さ・角度が調節ができるタイプ

長時間作業するなら、両手が自由になる使いやすいスタンド付きも要チェック

出典:amazon.co.jp

作業台に固定するタイプ

長時間作業するなら、両手が自由になる使いやすいスタンド付きも要チェック

出典:amazon.co.jp

長時間作業したい人には、スタンド付きの刺繍枠がおすすめです。刺繍枠を固定できるので、両手が自由になるのがスタンド付きのメリット。両手で針の受け渡しができるため、針刺し時の手の負担が減らせます。角度・高さを変えられる商品を選べば、ラクな姿勢で作業できますよ。

卓上タイプ・高さや角度が調節できるタイプ・作業台に固定するタイプなど、スタンド付きの刺繍枠の種類はさまざまです。自分の作業環境に応じて、使いやすい商品を選びましょう。場所を取りたくない人は、分解してコンパクトに収納できる商品もおすすめですよ。

いろいろな作品に挑戦するなら、複数サイズのセット商品もおすすめ

いろいろな作品に挑戦するなら、複数サイズのセット商品もおすすめ

出典:amazon.co.jp

大小関わらずいろいろな刺繍に挑戦する予定の人は、複数サイズのセット商品も要チェックです。一度にいろいろなサイズの刺繍枠を揃えられるので、後で別のサイズを買い足す手間が省けます。5個セットで1,000円以下のお買い得な商品もありますよ。

実際に刺繍枠を使うと、「もう少し大きい(小さい)枠のほうが使いやすかった」というケースも少なくありません。複数サイズの刺繍枠が手元にあれば、刺繍したい模様の大きさにぴったりの刺繍枠を使えるため、スムーズに作業を進められます。

刺繍枠のおすすめ人気メーカー・ブランド

刺繍枠は、「クロバー」「DMC」「アルファー」「コスモ」などのメーカー・ブランドが人気です。ここでは、それぞれのメーカーの特徴について解説します。

ネジ部分にカバーが付いた商品が人気の「クロバー」

手芸用品を販売するクロバーは、「フリーステッチングフープ」「カラフル刺しゅう枠」などネジ部分にカバーが付いた商品が人気。糸がネジに引っ掛からないので、スムーズに刺繍が進められます。

また定番の木製からカラフルなプラスチック製まで、豊富な刺繍枠が揃っているのもクロバーの魅力。レモン・パープル・コーラル・ピンクなど、さまざまなカラー・サイズを選べます。価格は1,000円前後で購入可能。クロバーは昔からある手芸店なので、品質を重視したい人にもおすすめです。

フランス生まれで高級感がある「DMC」

DMCは、1746年創業のフランスの老舗手芸メーカーです。高級感のあるデザインがDMCの刺繍枠の魅力。中でも、世界的なメガネ産地の福井県の職人技術を利用して作られる「鯖江 プレミアムフープ」は、唯一無二のラグジュアリーな商品です。おしゃれなデザインの刺繍枠を選びたい人にぴったりですよ。

スタンド付きの木製の刺繍枠が豊富なのも、DMCの特徴。ハンズフリーで作業したい人はぜひチェックしてみましょう。ナチュラルなデザインのスタンド付き刺繍枠は、「見せる収納」をするだけでおしゃれなインテリアにもなりますよ。

コスパ良好な日本製の「アルファー」

アルファーの刺繍枠は、コスパ良好なのが魅力。木製の刺繍枠は1,000円を超える商品が少なくありませんが、アルファーの木製の刺繍枠は1,000円未満で購入できます。安い木製の刺繍枠を探している人にぴったりですよ。

アルファーの刺繍枠は日本製なのもおすすめポイント。ヒノキを使った刺繍枠は手によくなじむため、初心者から上級者まで幅広く使えます。良質な国産にこだわりたい人におすすめです。

初心者向けキットが豊富な「コスモ」

手芸用品・インナーウェアを販売するルシアンの手芸ブランド「コスモ」は、初心者向けキットが豊富。刺繍枠・刺繍針・刺繍糸・布などがセットになっており、気軽に刺繍を始められます。刺繍枠と一緒に必要な道具を揃えたい人おすすめです。

キットはレッスンクロス入りで、フリーステッチ・クロスステッチなどの基本を学べるのもおすすめポイント。刺繍を練習したい人はぜひチェックしてみてください。

フリーステッチ・クロスステッチとは?
フリーステッチは、ランニングステッチ・バックステッチなどの基本的な刺繍技術を複数組み合わせて自由に針を刺す刺繍のことです。対してクロスステッチは、「×」の形のステッチを並べる刺繍で図面を必要とします。

最近は、刺繍できるミシンも豊富です。刺繍用ミシンが欲しい人は以下の記事をチェック!

関連記事:【2023年 最新版】電子・電動・コンピューター・刺繍ミシンおすすめ15選 選ぶポイントから使い方まで解説

【木・竹製】刺繍枠おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格素材形状サイズセット方法スタンド
伊真坊 木製 大型刺繍枠¥4,080 楽天市場AmazonYahoo!四角形39cm×52cmロール式×
DMC 刺繍枠¥1,320 楽天市場AmazonYahoo!ブナ円形直径12.5・15.5・18.5cmネジ式×
クロバー 刺しゅう枠¥1,100 楽天市場AmazonYahoo!円形直径10・12・15・18cmネジ式×
エムワイママ 木製 刺繍枠¥679 楽天市場AmazonYahoo!ケヤキ円形直径10・12・15・20cmネジ式×
コッカ アルファー 木製刺しゅう枠¥880 楽天市場AmazonYahoo!ヒノキ円形直径8・10・12・15cmネジ式×
FRL-SHOP 木製刺しゅう枠 4サイズセット¥1,580 楽天市場AmazonYahoo!円形直径17・20・23・26cmネジ式×
スタンダード 木製刺繍枠¥679 楽天市場AmazonYahoo!円形直径8・11.5・14・16.5cmネジ式×
YFFSFDC 刺繍枠3点セット楽天市場¥750 AmazonYahoo!円形直径10・12・15cmネジ式×
Luca-S 木製 スクエアフレーム¥5,940 楽天市場AmazonYahoo!四角形35cm×48cmロール式×
CCINEE 刺繍フープ5枚セット楽天市場¥819 AmazonYahoo!円形直径13・17・20・23・26cmネジ式×

【木・竹製】刺繍枠おすすめ人気ランキング10選

【プラスチック製】刺繍枠おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格素材形状サイズセット方法スタンド
DMC スクエアーフープ¥1,782 楽天市場AmazonYahoo!プラスチック四角形28cm×28cm・43cm×43cmロール式×
クロバー フリーステッチングフープ¥889 楽天市場AmazonYahoo!プラスチック円形直径12・18cmネジ式×
クロバー カラフル刺しゅう枠 10cm¥841 楽天市場AmazonYahoo!ABS樹脂円形直径10cmネジ式×
DMC 樹脂刺繍枠 フレーム楽天市場¥550 AmazonYahoo!PVC、フェニル樹脂円形・楕円形・八角形12.5~17.5cmワンタッチ式×
ikooy Yi-gog 刺繍枠 4pcs楽天市場¥1,599 AmazonYahoo!プラスチック四角形ネジ式×
ポケット 刺しゅう枠 10cm¥110 楽天市場AmazonYahoo!プロピレン、PVC円形直径10cmワンタッチ式×
ルシアン コスモ プチフレーム 円形確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリ塩化ビニル、ポリスチレン円形直径7.5cmワンタッチ×

【プラスチック製】刺繍枠おすすめ人気ランキング7選

【スタンド付き】刺繍枠おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格素材形状サイズセット方法スタンド
OH Store STTS 刺繍枠 クロスステッチ スタンド¥2,780 楽天市場AmazonYahoo!PVC四角形30cm×25cmロール式
DMC テーブル置きタイプ 刺繍枠¥8,712 楽天市場AmazonYahoo!円形直径20.5cmネジ式
エムワイママ スタンド式刺繍枠約25cm¥3,047 楽天市場AmazonYahoo!円形直径約25cmネジ式

【スタンド付き】刺繍枠おすすめ人気ランキング3選

刺繍枠の使い方

刺繍枠の使い方

刺繍枠の種類・おすすめ商品を紹介しましたが、「そもそもどうやって刺繍枠に布を張るの?」と疑問に思う人もいますよね。ここでは、ネジ式の刺繍枠の基本的な使い方について解説します。

  • ネジ式の刺繍枠の使い方
  • STEP.1
    刺繍枠を外して布を乗せる
    内枠・外枠を外し、ネジのついていない内枠の上に布を乗せます。
  • STEP.2
    外枠をはめる
    布の上から外枠をはめます。このとき、内枠にギリギリはめられるくらいに外枠のネジを締めておくのが布をピンと張るコツです。
  • STEP.3
    布を引っ張りながらネジを締める
    刺繍枠からはみ出た布を引っ張りながら、ネジを締めます。たわみがなくなるよう、上下左右の布をバランス良く引きましょう。
  • STEP.4
    布張り完了
    布がピンと張れたら、布のセット完了です。大きな刺繍の場合は、枠を移動させて1~4を繰り返しましょう。

ダイソー・セリア・キャンドゥなど100均で刺繍枠は購入できる?

2023年11月現在Picky’s編集部が調査したところ、ダイソー・セリア・キャンドゥの大手3社の100均で刺繍枠の取り扱いがありました。プラスチック・竹製が主流で、幅広いサイズが販売されています。ダイソー・キャンドゥは、通販での購入も可能です。ほとんどの商品が税込110円で購入できるので、安い刺繍枠を探している人はチェックしましょう。

注意
取り扱い商品は、店舗ごとに異なります。店舗で購入する場合は、事前に電話などで在庫を確認するのがおすすめです。

刺繍枠の代用品はある?

刺繍枠の代用品はある?

刺繍枠は、自宅にあるもので代用できます。代用できるアイテムの一例は、以下のとおりです。

刺繍枠の代用品
  • セロテープ×結束バンド
  • フォトフレーム×クリップ・洗濯ばさみ
  • ハンガー×クリップ・洗濯ばさみ

セロテープに布をかけて結束バンドで周囲をぐるりと締めれば、しっかり布を固定できます。フォトフレーム・ハンガーは布をかけて洗濯ばさみ・クリップで固定するだけで簡単に布を張れますよ。

中央部分が空洞で、布をピンと固定できるものなら代用可能です。手元に刺繍枠がないときは、身近なものでいろいろと試してみるのがおすすめですよ。

刺繍枠をおしゃれに飾る方法

刺繍枠をおしゃれに飾る方法

刺繍枠をおしゃれに飾りたいなら、以下の方法を試してみましょう。

刺繍枠をおしゃれな飾り方
  • 刺繍枠に布を巻く
  • ネジ部分にリボンをかける
  • 枠にドライフラワーをあしらう
  • 複数の大きさの刺繍枠を並べて飾る

刺繍枠の関連商品

ここでは、刺繍枠と一緒に用意すると便利なアイテムを紹介します。

複数のカラーを一度に揃えられる「刺繍糸セット」

複数のカラーを一度に揃えられる「刺繍糸セット」

出典:amazon.co.jp

刺繍を始めるときに、刺繍枠と一緒に揃えたいのが刺繍糸セットです。複数のカラーを一度に揃えられるので、あとで買い足す手間を省けます。どの色が合うか、比べながら刺繍作品を作りたい人にもおすすめです。

ビビッドカラー・くすみカラーなど、刺繍糸セットの内容は商品によってさまざま。作品の雰囲気に合わせて、刺繍糸の色合いを選びましょう。

刺繍に特化した「刺繍針」

刺繍に特化した「刺繍針」

出典:amazon.co.jp

美しい刺繍作品を作るのに、刺繍針は刺繍枠と同じくらい欠かせないアイテムです。刺繍に特化した刺繍針は、針穴が大きめで細長いのが刺繍針の特徴。刺繍糸を通しやすく布通りが良いため、作品をキレイに仕上げられますよ。

先の丸いクロスステッチ用や針穴が大きなリボンステッチ用など、技法によって適した刺繍針は異なります。やりたい刺繍・作りたい作品に合わせて、専用の刺繍針を選びましょう。

デザインを参考にできる「図案集」

デザインを参考にできる「図案集」

出典:amazon.co.jp

初心者は、刺繍枠と一緒に図案集も用意しておくと便利です。刺繍に適した図案を自分で考えるのは、なかなか難しいもの。図案集があれば、さまざまなデザインを参考にできます。図案と一緒に刺繍の基本が解説された本なら、刺繍技術を学びながら作品を完成できますよ。

その他のハンドメイド関連おすすめ記事

関連記事:【初心者OK】ハワイアンキルトキットおすすめ26選!人気のタペストリーも紹介

刺繍枠のよくある質問

刺繍枠のスタンドは自作できますか?

刺繍枠のスタンドは手作り可能です。YouTubeでは三脚・クリップなどの100均材料で作るものや木材で作るものなど、さまざまな作り方が紹介されています。気になる人はチェックしましょう。

刺繍枠がゆるんできたときの対処法はありますか?

刺繍枠に布やバイアステープを巻く方法があります。ボンドや薄い両面テープで貼ると、布がズレにくくなります。

おすすめ刺繍枠まとめ

  • 目的に合わせて木製・プラスチック製の素材を選ぶ
  • レベル・作りたい作品に合わせてサイズを選ぶ
  • ネジ式・ワンタッチ式・ロール式のセット方法で選ぶ
  • 円形・四角形の形状で選ぶ
  • 長時間作業するなら両手が自由になる使いやすいスタンド付きも要チェック
  • いろいろな作品に挑戦するなら複数サイズのセット商品もおすすめ
  • 人気メーカー・ブランドの商品の特徴にも注目

今回は、刺繍枠の選び方・人気おすすめ商品20選を紹介しました。木製・プラスチック製・ネジ式・スタンド付きなど、さまざまな商品がありましたね。手芸店・100均で購入できる刺繍枠ですが、通販での購入もおすすめ。店舗では購入できないデザイン・サイズ・セット商品など、種類豊富ですよ。この記事を参考に、最適な刺繍枠を見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー