安い業者はどこ?おすすめ布団レンタルサービス14選!1泊あたりの料金・口コミも

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

料金が安い業者は?おすすめ布団レンタルサービス14選!全国・即日対応の業者も

敷き布団・掛け布団・枕といった寝具を手軽にレンタルできる「布団レンタルサービス」。「来客や帰省などで数日布団が必要になった」というときに非常に便利なサービスです。

しかし、布団レンタルサービスを行っている業者はさまざまなので、「布団を安くレンタルできるサービスはどれ?」「1泊からでも利用できるのは?」など、業者選びに悩む人も多いはず。

そこで本記事では、布団レンタルサービスについてPicky’s編集部が徹底解説!失敗しない選び方、人気のおすすめサービス14選をまとめました。さらに、記事後半ではニトリで布団レンタルができるかについても解説しているので、ぜひ最後までチェックしてください。

布団レンタルサービスを利用するメリットは?

布団レンタルサービスを利用するメリットは?

布団レンタルサービスは、敷き布団や掛け布団などの寝具を必要な期間レンタルできるサービスです。泊まりの来客で急に布団が必要になったときなど、手軽に寝具を借りられるのが魅力。他にも以下のようなメリットがあります。

  • 購入するよりリーズナブルに使用できる
  • メンテナンスや処分の手間がかからない
  • 保管スペースを必要としない
  • 購入前のお試しとして使用感を確認できる

布団一式の価格は3〜5万円程度が相場。高級な布団だと10万円以上になることもあり、布団を数日使うために購入するにはやや躊躇してしまいますよね。一方、布団レンタルサービスを利用すれば、業者によっては1~5泊あたり1万円以下に抑えられます

また、布団を保管するスペースが必要ないのもメリット。布団を買うとなると、1年中収納スペースを圧迫してしまいますが、レンタルなら必要な期間だけ借りられるため便利です。

編集部

業者によっては、nishikawaなどのブランド布団もレンタルできます。来客用に上質な布団を用意したい人や、高級布団を購入する前に寝心地を確かめたい人にもおすすめですよ。

布団レンタルサービスの選び方

ここでは、布団レンタルサービスの選び方を解説します。

まずは、希望するレンタル泊数と料金をチェック

布団レンタルのプランは、主に1泊2日などの「短期プラン」と、1ヶ月以上の利用を想定した「長期プラン・サブスクサービス」があります。ここでは、それぞれのレンタル料金や1泊あたりの料金をまとめているので、サービスを選ぶ際の参考にしてください。

1泊・2泊といった一時利用なら短期プランがあるサービスを選択

一時的に利用するなら短期レンタルサービスをチェック
1〜3日程度と一時的に布団が必要な場合は、短期プランが用意されている布団レンタルサービスを選びましょう。短期プランのあるおすすめサービスと、料金の目安は以下を参考にしてください。

短期プランのあるおすすめサービス 布団一式のレンタル料金 備考
ふとんレンタル.com
  • 1泊:6,600円〜
  • 2〜4泊:7,700円〜
  • 5泊:8,800円〜
送料込み
hatchi(ハッチ)
  • 1~5泊:6,820円〜
別途送料2,530円〜
HAKKO(白光)
  • 1泊:3,300円〜
  • 2〜3泊:3,850円〜
  • 4泊:4,400円〜
  • 5泊:4,950円〜

エリアにより別途送料4,000円〜

布団を安くレンタルしたい人は、1泊あたり5,000円以下を目安に選びましょう。とはいえ、サービスによって1泊単位で料金が定められていたり、1〜5泊までが一律料金だったりと、レンタル泊数や料金設定は異なります。レンタルしたい日数を考慮し、1日あたりの料金を比べて業者選びをするのがGOODです。

ただし、1泊あたりのレンタル料金が安いと、配送料が高いケースが多いので注意。布団レンタルサービスの利用コストを抑えるなら、レンタル料金+配送料を確認するのがおすすめです。

編集部

配送料については、後ほど詳しく解説します!
1泊あたりの料金が5,000円以下の安い布団レンタルサービス
  • HAKKO:1泊3,300円〜+配送料4,000円〜
  • 東京レンタルライフ:1泊4,378円〜+配送料無料(東京23区の場合)
  • 布団宅配.com:1泊1,800円〜+配送料5,650円(地域によって無料)

月単位でレンタルするなら、長期プランやサブスクサービスも検討しよう

月単位でレンタルするなら、長期プランやサブスクサービスも検討しよう

布団レンタルには、月単位で布団を借りられる長期プランを用意している業者や、月額定額制のサブスクサービスもあります。

月単位で布団をレンタルしたいなら、まず長期プランのサービスをチェック。1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月など月単位でプランが用意されており、レンタル期間が長いほど1泊あたりの料金がお得になります。長期プランの内容と料金例は以下の通りです。

長期プランのあるサービス 布団一式のレンタル料金 1泊あたりの料金
KASI FUTONパック 1ヶ月パック:1万3,800円
2ヶ月パック:1万8,800円
3ヶ月パック:2万3,800円
4ヶ月パック:2万6,300円
5ヶ月パック:2万8,800円
192〜460円
かして!どっとこむ
30日:1万4,410円
90日:1万6,610円
半年:1万8,810円
1年:2万2,110円
2年:2万6,180円
※中古品の場合

 

35〜480円

短期プランでは1泊あたり5,000〜6,000円が相場ですが、長期プランなら1ヶ月レンタルする場合の1泊あたりの料金は400〜500円程度と非常にリーズナブルです。

一方、長期出張や単身赴任などで、より長いスパンで布団をレンタルしたいなら、サブスクサービスも選択肢の1つに。長期プランよりもさらに安い月額料金で布団を借りられます。以下は布団のサブスクサービスの料金例です。

サブスクサービス 月額料金 1泊あたりの料金 備考
RAKUTON(ラクトン) 4,378円 146円
3ヶ月未満の解約で負担金2万円
6ヶ月未満の解約で負担金1万5,000円
CLAS(クラス) 2,178円(敷布団のみ) 72円
1〜4ヶ月未満の返却で手数料8,800円

上記の通り、サブスクサービスでは1泊あたりの料金が100円前後と格安!ただし、サブスクサービスの多くは最低利用期間が決められていることがほとんどです。少なくとも半年以上布団レンタルをする予定がある人におすすめ。利用期間未満で返却すると負担金がかかることもあるため注意しましょう。

編集部

長期プランやサブスクサービスは、1泊あたりの料金は安いものの、長期間利用するとなると安い布団を買ったほうが安く済むことも。一時的な単身赴任や1人暮らしを予定しており、「布団を所持したくない」「退居後に布団を捨てる手間を省きたい」という人におすすめですよ。
その他長期プラン・サブスクに対応した布団レンタルサービス
  • 布団宅配.com:長期プラン
  • subsclife(サブスクライフ):サブスクサービス

配送料・延滞金の有無も確認!コストを抑えるなら近辺地域の業者を選択

配送料・延滞金の有無も確認!コストを抑えるなら近辺地域の業者を選択

布団レンタルサービスの利用料金は、配送料の有無で大きく変わってきます。そもそも布団はサイズが大きいため、配送料の相場は2,000〜5,000円程度と高額。できるだけコストを抑えて布団をレンタルしたい人は、配送料が無料のサービスを選びましょう。

配送料が無料のおすすめ布団レンタルサービス
  • かして!どっとこむ
  • RAKUTON(ラクトン)
  • Sleep Charge(スリープチャージ)
  • やまとん

※一部サービスは送料がかかります

編集部

配送料無料と謳っていても、離島などの一部のエリアは配送料が別途かかることもあります。

業者によっては自社トラックを所有し、営業所近辺だと無料、または割引価格にて自社配送を行っている場合もあります。まずは居住地域近くのサービスを検索し、自社配送をしているかチェックしてみてください。

また布団返却の際、配送業者が集荷に訪れたときに不在で引き取ってもらえないと、延滞金が発生する可能性があります。延滞金は業者によっては1セットあたり1,000円程度かかり、延滞日数分加算されてしまいます。思わぬ費用が発生しないよう、集荷日をしっかり確認しておくことが大切です。

用途に応じてレンタルできる布団の種類・セット内容もチェック

布団レンタルサービスでレンタルできるのは、敷き布団・掛け布団・枕・カバー類が基本ですが、中にはそれ以上の選択肢が用意されたサービスも。ここでは夏用・冬用の布団を選べたり、ブランド布団をレンタルできたりと、季節や用途に適した布団を利用できるサービスを紹介します。

夏用・冬用など季節に応じた掛け布団を選べると快適

夏用・冬用など季節に応じた掛け布団を選べると快適

布団レンタルサービスを利用する上で、使用する季節に合った布団を選べるかは大事なポイント。夏にはタオルケットや薄手の掛け布団、冬には暖かな羽毛掛け布団や毛布を選べるサービスなら、快適度がよりアップしますよ。

季節に応じた布団を選べるおすすめ布団レンタルサービス
  • やまとん
  • ダーリング
  • HAKKO(白光)
  • 布団宅配.com

サービスによってはレンタルできるのが羽毛掛け布団のみの場合もあるため、利用時期に適した寝具が借りられるかをチェックしてみてくださいね。

また、夏用・冬用の掛け布団以外に、高反発マットレスをレンタルできるサービスもあります。敷き布団だけだと底付き感が気になるといった人は、通常の布団セットに加え、高反発マットレスを併用してみるのもよいですね。

マットレスを取り扱うおすすめ布団レンタルサービス
  • ダーリング
  • CLAS(クラス)
  • ダスキンレントオール
  • やまとん

おもてなし用はブランド布団のレンタルも選択肢に

おもてなし用はブランド布団のレンタルも選択肢に

来客用の布団をレンタルするなら、できるだけ良いものを用意したいですよね。「nishikawa」や「テイジン」といったブランドの布団をレンタルできるサービスなら、良質な寝具を手軽に借りられます。

ブランドの布団は、厳選された素材を使用したものや寝心地にこだわって製造されたものが多いのが特徴。ワンランク上の寝心地を体感できるため、おもてなし用にぴったりです。

ブランド布団を利用できるおすすめ布団レンタルサービス
  • 東京レンタルライフ:nishikawa・テイジン
  • 彩:nishikawa
  • CLAS(クラス):Literie(リテリー)

ブランド布団の購入を考えている人の中には、価格が高額なだけに失敗したくないと思う人もいるはず。まずはレンタルを利用してみて、寝心地を確かめてから購入を検討したいといった場合にも、レンタルサービスが役立ちます。

急に布団レンタルが必要になっても全国対応・即日発送なら利用しやすい

急に布団レンタルが必要になっても全国対応・即日発送なら利用しやすい

せっかく希望に合ったサービスが見つかっても、居住地域が配達可能エリアに入っていないと利用はできません。全国どこでも配達してもらえる布団レンタルサービスなら、お住まいの地域が配達可能エリアかどうかを気にせず利用できます

さらに即日発送に対応したサービスも便利。サービスによっては注文してから届くまでに1週間程度かかる場合もありますが、即日発送に対応していれば、注文した当日(注文時間によっては翌日)に発送してもらえます。注文してから2〜3日程度で届けられるため、急な来客ですぐに布団が必要なときでも安心です。

全国・即日対応のおすすめ布団レンタルサービス
  • かして!どっとこむ
  • 布団宅配.com
  • hatchi(ハッチ)

補償制度のある業者ならレンタルした布団を汚してしまっても安心

保証制度のある業者なら汚してしまっても安心

借りている布団だと、汚してしまうのが心配という人も多いはず。しかし、通常使用で発生したわずかな汚れであれば、修理費用を請求しないレンタル業者がほとんどです。

長期レンタルを検討している人や、小さな子供がいる家庭の場合は、有料の補償サービスに入っておくと安心。「故意ではないものの、布団を大きく汚してしまった」という場合でも、修理費用が請求されません

有料補償サービスは、布団の汚れの他にも「火災や水災による破損・汚損」や「紛失・盗難」があった場合も補償してもらえるケースがあります。布団をレンタルする前に、補償内容を確認しておきましょう。

補償制度のあるおすすめ布団レンタルサービス
  • CLAS(クラス)
  • ダーリング
  • hatchi(ハッチ)
  • KASI FUTONパック

編集部

もちろん、故意的な汚れや損傷は修理費用の負担が発生するため注意してください。

【1泊からOK】布団レンタルサービスおすすめ人気ランキング比較一覧表

「Picky’s編集部が独自の調査で上位サービスをポイント制で集計。本当に人気のおすすめサービスを厳選しました。」
商品公式サイト料金送料最低レンタル期間対応エリア即日対応単品利用保証制度ブランド布団
ふとんレンタル.com公式サイト来客用布団セット:6,600円 / 1泊〜レンタル料金に送料が含まれる1泊〜東京、千葉、茨城、埼玉、神奈川、愛知要相談---
布団宅配.com公式サイト布団セット:1,800円 / 1〜3泊5,650円〜(無料配達地域あり)1泊〜全国---
hatchi(ハッチ)公式サイト布団セット:6,820円 / 1泊〜2,530円〜1泊〜全国--
HAKKO(白光)公式サイト布団セット:3,300円 / 1泊〜大阪府・近畿:2,200円、その他の地区:3,300円〜(一部無料エリアあり)1泊〜全国---
ダーリング公式サイト布団6点セット:8,030円 / 1泊〜3,300円〜1泊〜全国(沖縄や離島等一部のエリアは対象外)-nishikawa
ダスキンレントオール公式サイト別途見積もり依頼-1泊〜東京・埼玉----
東京レンタルライフ公式サイト布団セット:4,378円 / 1泊〜無料(配送方法により有料)1泊〜全国---nishikawa
やまとん公式サイト2点セット:4,900円 / 1泊〜無料(一部地域を除く)1泊〜全国----

【1泊からOK】布団レンタルサービスおすすめ人気ランキング8選

【最低1ヶ月〜】長期の布団レンタルサービスおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品公式サイト料金送料最低レンタル期間対応エリア即日対応単品利用保証制度ブランド布団
CLAS(クラス)公式サイト高反発敷き布団:2,178円 / 月(4ヶ月プラン)〜無料(ただし別途返却手数料がかかる場合あり)4ヶ月〜東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫-Literie
かして!どっとこむ公式サイト和式布団セット:11,770円 / 30日〜無料エリアあり30日〜全国(離島・一部の山間部エリアを除く)◯(エリアによる)--
subsclife(サブスクライフ)公式サイト夏用肌掛け:3,750円 / 24ヶ月〜1,760円(目安)3ヶ月〜全国(一部離島を除く)-表参道布団店
KASI FUTONパック公式サイト布団セット:1万3,800円 / 1ヶ月〜2,000円1ヶ月〜全国--
RAKUTON(ラクトン)公式サイト布団セット:4,378円 / 1ヶ月、掛け布団のみ:3,278円 / 1ヶ月無料6ヶ月〜全国--
Sleep Charge(スリープチャージ)公式サイト羽毛掛け布団:3,300円 / 1ヶ月、マットレス新品コース:1,856円 / 1ヶ月〜、マットレスお手頃コース:1,237円 / 1ヶ月〜無料羽毛掛け布団:3年〜、マットレス:2年〜---nishikawa

【最低1ヶ月〜】長期の布団レンタルサービスおすすめ人気ランキング6選

ここでは、最低レンタル期間が1ヶ月以上の布団レンタルサービスを紹介します。長期でお得に布団をレンタルしたい人は参考にしてみてください。

布団レンタルサービスの気になる口コミ・評判は?

布団レンタルサービスを使う前に、実際にレンタルした人の評判をチェックしておくことも大切です。ここではSNSなどに投稿されている利用者の口コミや評価を紹介します。

布団レンタルサービスのいい口コミ・評判

布団レンタルサービスの気になる口コミ・評判は?

布団レンタルサービスのいい口コミ・評判
  • 旅館で出されるような敷き布団が届き非常に満足
  • 受取希望日の3日前に注文したがスムーズに対応してもらえて助かった
  • 使用後はそのまま返却するだけなので本当に楽
  • 手持ちの夏用ブランケットがあり、敷き布団と枕のみセットのレンタルがあり良かった

布団レンタルサービスの口コミには、「布団が旅館の寝具のようだった」など寝具の質の良さを評価する意見が見られました。良質な寝具をレンタルできれば、来客時にも安心して使用できますね。

また「迅速に対応してもらえた」「返却も簡単だった」など、利便性の高さを評価する声も。布団が急に必要になった場合にすぐに届けてもらえる点や、使い終わったら洗濯やクリーニング不要で返却できる手軽さも好評のようでした。

布団レンタルサービスの悪い口コミ・評判

布団レンタルサービスの悪い口コミ・評判

布団レンタルサービスの悪い口コミ・評判
  • 布団一式でこの値段はコスパが悪いと思った
  • 煎餅布団のように薄い感じがした
  • 集荷の際に在宅している人がいないと渡せないのが不便

布団レンタルサービスには、「布団に対して値段が高く感じる」「布団に厚みが足りなかった」などの残念な口コミもありました。布団の品質や寝心地はサービス業者によって異なるため、心配な人はブランド布団を扱うサービスを検討してみるのも1つです。

「集荷のときに家で待機していなければならないのが不便」といった意見も。業者の中には、集荷の時間を指定できるところもあるため、活用してみるのもおすすめです。

ニトリに布団レンタルサービスはない!安い料金で布団を買いたい人はチェック

ニトリに布団レンタルサービスはない!安い料金で布団を買いたい人はチェック

出典:rakuten.co.jp

残念ながら、ニトリに布団レンタルサービスはありません。しかし、掛け布団・敷布団・枕などの一式がセットになった商品を複数取り扱っており、5,000〜9,000円ほどで購入できます。非常に安く布団セットが揃いますよ。もし収納スペースに空きがあれば、レンタルではなくニトリの安い布団を検討するのもおすすめです。

布団レンタルサービスのよくある質問

布団レンタルサービスは合宿用にも利用できますか?

「ふとんレンタル.com」のように、合宿用布団のレンタルに対応したサービスにて利用可能です。合宿用レンタルには、100組以上の大量の布団をレンタルできたり、布団一式の料金がより低価格に利用できたりといったメリットがあります。

布団レンタルサービスは年末年始のレンタルにも対応していますか?

サービス業者によって、年末年始を含む期間にもレンタルできます。ただし配達は12月28日まで、引き取りは1月4日以降など、大晦日や三が日を避けての配達・集荷になる場合があります。

おすすめ布団レンタルサービスまとめ

  • 一時利用には、1泊からレンタルできる「短期プラン」
  • 長期出張や家族の長期滞在には、1ヶ月単位で利用できる「長期プラン」
  • 3〜6ヶ月以上とより長期間レンタルするなら「サブスクサービス」も検討
  • コストを抑えるなら配送料無料の布団レンタルサービスを選ぼう
  • 夏用・冬用・ブランド布団など、季節や用途に適した布団を選べるかも確認

今回は、お得に布団を利用できる「布団レンタルサービス」について紹介しました。布団レンタルサービスは、配送・メンテナンスの手間がかからず、保管スペースも不要な便利なサービス。大切なお客様の寝具や、1人暮らしのための布団を用意したい人は、布団レンタルサービスの利用を検討してみましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー