【家庭用】人気の生ゴミ処理機おすすめ10選!デメリットや後悔しない選び方を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【ニオイ対策に】人気の生ゴミ処理機おすすめ10選!後悔しない選び方やデメリットも

出典:rakuten.co.jp

熱風での乾燥や微生物による分解で、生ゴミの量を減らしたりニオイを軽減してくれたりする「生ゴミ処理機」。ごみ捨てを楽にしてくれるだけでなく、生ゴミを肥料として再利用したいときにも活躍します。

しかし、生ゴミ処理機は種類が豊富で選び方に迷ってしまいますよね。「家庭用にはどの生ゴミ処理機がおすすめなの?」「電気式と電気を使わないタイプは何が違うの?」と選び方に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、生ゴミ処理機の後悔しない選び方や人気のおすすめ商品10選をランキング形式でご紹介します。処理方式別の特徴や自治体の助成金についても徹底調査したので、生ゴミ処理機が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

いるorいらない?家庭用生ゴミ処理機のメリットとデメリット

「そもそも一般家庭に生ゴミ処理機は必要?」という人向けに、まずは生ゴミ処理機のメリット・デメリットを解説します。ここでは家庭用で人気の乾燥式に焦点を当てて解説するので、購入前にチェックしてみてください。

メリット①:生ゴミの量を減らしてニオイやゴミ出しの負担を軽減!虫対策にも◎

メリット①:ニオイや虫対策に!ゴミの量を減らせてゴミ出しの負担を軽減できる

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機を使用することで得られる大きなメリットは、ニオイや虫対策になること。乾燥処理によって水分を飛ばし、生ゴミの嫌なニオイや虫が寄ってくる心配を減らせます。コバエに悩まされている人にもおすすめですよ。

生ゴミには多くの水分が含まれているため、生ゴミ処理機を使えば全体の量を70~90%程度減らせます。生ゴミの量が減ればゴミ出しの手間も少なくなり、有料の指定ゴミ袋を使用している地域ならゴミ袋のコストカットにも繋がります。

メリット②:生ゴミを家庭菜園やガーデニングの肥料にできる

メリット②:生ゴミを家庭菜園やガーデニングの肥料にできる

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機で処理した生ゴミは、肥料として家庭菜園やガーデニングに再利用できます。生ゴミを直接肥料として使用することも可能ですが、水分が多い生ゴミはそのままだと腐敗が進む可能性があるので注意が必要。

乾燥させてから肥料にすることで、栄養素を豊富に含んだ有機肥料として活用しやすくなりますよ。家庭菜園やガーデニングで、野菜や花を元気に育てたい人におすすめです。

デメリット:電気代とメンテナンスにランニングコストがかかる。稼働音が気になることも

デメリット:お手入れに手間がかかる!ランニングコストの負担も

電動の乾燥式生ゴミ処理機のデメリットとしては、1回の処理で平均約30~40円程度の電気代がかかることが挙げられます。

また、乾燥式の生ゴミ処理機は定期的な掃除やメンテナンスが必須で、特にニオイを抑えるためのフィルターは半年に1回ほど交換する必要があります。フィルターは1つあたり2,000~3,000円ほどするので、導入を考えている方はランニングコストについてもチェックしてみてください。

製品によっては稼働音が大きいものもあるため、住んでいるところによっては使用しにくい場合があることも覚えておきましょう。

編集部

ランニングコストやメンテナンスの手間が少ない「ハイブリット式」と呼ばれる生ゴミ処理機もあります。このあとの選び方で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

後悔しないために!生ゴミ処理機のおすすめ選び方

生ゴミ処理機を選ぶ際は、処理方式・処理容量・入れてはいけないもの・お手入れ方法をチェックするのがおすすめです。それぞれのポイントについて順番に紹介します。

特徴や用途に合わせて「処理方式」を選ぶ

家庭用生ゴミ処理機の種類は大きく分けて、「乾燥式」「バイオ式(コンポスト式)」「ハイブリッド式」の3つ。特徴や用途に合わせて処理方式を選びましょう。

ニオイ・虫対策にぴったり◎家庭用なら電動の「乾燥式」がおすすめ

ニオイ対策にぴったり◎家庭用なら電動の「乾燥式」がおすすめ

出典:rakuten.co.jp

キッチンのニオイ・虫対策を重視して選びたい人は、電動の乾燥式がおすすめです。乾燥式は電気で熱風を発生させ、生ゴミの水分を蒸発させる処理方法。処理終了までの時間は早いもので2~3時間半程度、遅いもので8時間程度かかります。処理後はそのまま肥料として活用可能です。

コンパクトなサイズの商品が豊富で、限られたスペースでも設置しやすく家庭用にぴったり。安いものでは2万円台と、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのも嬉しいポイントです。

屋外で使うなら電気を使わない「バイオ式(コンポスト式)」を選ぼう

屋外で使うなら電気を使わない「バイオ式(コンポスト式)」を選ぼう

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機を屋外で使用したいなら、電気を使わずに処理できるバイオ式(コンポスト式)を選びましょう。バイオ式は生ゴミを専用の処理剤(バイオチップ)と一緒に混ぜると、土中の微生物が生ゴミを分解してくれる処理方法です。

処理時間は短いもので4時間・長いもので20時間程度で完了します。乾燥式と同じく、処理後はそのまま肥料として使用できます。

バイオ式は安いものなら1万円以下で購入でき、電気代もかからないため安価に導入できるのがメリットです。ただし、本体が大きめな製品が多く設置にスペースが必要なことと、乾燥式ほどニオイ対策には向かないことを覚えておきましょう。

関連記事:【おしゃれ&臭わない!】コンポストおすすめ23選|自作方法も紹介

乾燥式×バイオ式をいいとこ取りできる「ハイブリッド式」!高機能だが値段は高め

乾燥式×バイオ式をいいとこ取りできる「ハイブリッド式」も!高機能だが値段は高め

出典:rakuten.co.jp

乾燥式×バイオ式をいいとこ取りできるハイブリッド式は、乾燥による生ゴミ量の削減とバイオチップによる堆肥化をかけ合わせた高機能な生ゴミ処理機。熱によって微生物の働きを活性化させ、分解力を高めているのが特徴です。

ハイブリッド式は日々のお手入れがほとんど必要なく、ランニングコストが乾燥式より安いのが魅力。電気代は乾燥式の半分ほどで済み、フィルター交換も2年に1回程度でOKです。ただしその分本体価格は高めで、10万円以上する商品が多いです。

ファミリー用?一人暮らし?1日あたりに処理できる容量に注目!

ファミリー用?一人暮らし?処理できる容量に注目!

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機の処理容量はタイプや商品によってさまざまなため、ライフスタイルや世帯人数に合わせて選びましょう。4人世帯のファミリーなら1日あたり3~6L程度、一人暮らしなら1~3L程度の処理容量がおすすめです。

処理容量はkgで表記している製品もあり、大体ですが1kg≒3Lが目安となります。また、バイオ式は本体サイズが大きいためたくさん処理できるように見えますが、実際の処理容量は1日あたり0.5~2L程度のものがほとんどです。

硬いものは処理できない場合も!入れてはいけないものを要確認

硬いものは処理できない場合も!入れてはいけないものを要確認

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機はタイプや商品によっては処理できないものがあり、魚の骨・貝殻などの硬いものには対応していない場合が多いです。

入れてはいけないものが多い製品だと、生ゴミを投入する際に分別する手間がかかるため注意しましょう。なるべく手間を減らしたい方は、粉砕機能が付いた生ゴミ処理機がおすすめです。

入れてはいけないものを入れると故障の原因にもなるため、生ゴミ処理機を購入する前にどこまで対応しているかをチェックしておきましょう。

定期的なメンテナンスやお手入れの頻度にも注目

定期的なメンテナンスやお手入れの頻度にも注目

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機は定期的なメンテナンスやお手入れが必須。電動の乾燥式は定期的なフィルター交換と、バスケットをこまめに水洗いする必要があります。なかには食洗器で洗えるものもあるため、お手入れの手間を軽減したい人はチェックしてみてください。

お手入れ・メンテナンスの手軽さで選ぶならハイブリッド式がおすすめです。ハイブリッド式は日常的なメンテナンスがほとんど必要ないため、快適かつ手軽に使用できますよ。

また、バイオ式の場合、微生物を働かせるために毎日のかき混ぜが必須です。かき混ぜを怠ると分解処理が進まず生ゴミが腐敗する原因となるため注意しましょう。

生ゴミ処理機のおすすめ人気メーカー

生ゴミ処理機を販売するおすすめの人気メーカーをご紹介します。各社それぞれ特徴が異なるため、商品選びの参考にしてみてくださいね。

独自技術で脱臭効果が高い「Panasonic(パナソニック)」

家庭用電化製品を製造・販売するPanasonic(パナソニック)の生ゴミ処理機は、構造と触媒を工夫することで脱臭効果を高めているのが特徴ニオイ対策を重視して選びたい人におすすめです。

約130℃の熱風で生ゴミを乾燥させるため、処理物が軽くかさばらないですよ。すっきりとしたシンプルなデザインが特徴の家庭用生ごみ処理機MS-N53XDは、3万円前後で購入できます。

貝殻・魚や肉の骨・ビニールもOK!分別の手間要らずな「loofen(ルーフェン)」

シリーズ合計・世界で120万台を売り上げた、人気の生ゴミ処理機を販売するloofen(ルーフェン)。コンパクトでコロンとしたデザインが可愛らしく、キッチンに馴染みやすいですよ。

粉砕機能が付いており、他製品では処理できないことも多い貝殻や甲殻類の殻・大きな魚や肉の骨・ビニールや紙くずもそのまま投入できます。ゴミの分別の手間が軽減できるため、手軽に使いたい人におすすめです。

特許取得済の循環構造を採用した熱風空気循環乾燥方式でイヤなニオイをしっかり除去。6万5,000円程度で購入できます。

深夜でも使える低騒音設計が魅力の「シマ(旧:島産業)」

人気商品・パリパリキューシリーズを製造販売するシマ(旧:島産業)。稼働音が36dbと、深夜でも使用できるほど静かなのが魅力です。また、空気を吸い込む設計のため、イヤなニオイが漏れにくいのが嬉しいですね。

生ゴミ処理機のバスケットは三角コーナーとして代用可能なので、容器の移し替えの必要なくそのまま処理できます。使い勝手を重視して選びたい人に向いていますよ。1~5人用として使えるパリパリキューPPC-11は3万8,000円程度で購入できます。

ヤマダ電機やコストコで購入できる「FOOD CYCLE(フードサイクル)」

ヤマダ電機やコストコで購入でできるFOOD CYCLE(フードサイクル)の生ゴミ処理機・フードサイクラー。横幅28cm×奥行32cm×高さ36cmと、キッチンの邪魔にならないコンパクトデザインが特徴です。

インテリアに馴染みやすい、おしゃれでスタイリッシュな見た目なのが嬉しいですね。生ゴミを入れてボタンを押すだけで、約4時間で肥料として再利用可能に処理してくれます。5万9,000円程度で購入できます。

【電動】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格処理方式処理容量対応不可の食材サイズ重量稼働時の音量
loofen(ルーフェン) 生ゴミ処理機  生ゴミ乾燥機SLW01¥64,680 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式5L-横幅270mm×奥行275mm×高さ350mm6kg30db
島産業 生ゴミ処理機 パリパリキューPPC-11¥45,800 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式2.8L発火・爆発の恐れがあるもの、マッチやライター、小麦粉などの粉類など横幅230mm×奥行270mm×高さ270mm4.1kg36dB
Panasonic(パナソニック) 生ゴミ処理機  家庭用生ゴミ処理機MS-N53XD確認中 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式6L-横幅268mm×奥行365mm×高さ550mm12kg-
島産業 生ゴミ処理機 パリパリキューブライト アルファ PCL-33¥22,000 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式2L発火・爆発の恐れがあるもの、小麦粉などの粉類直径Φ215mm×高さ283mm2.1kg36dB
お宝ワールド 生ゴミ処理機 乾燥式家庭用生ゴミ処理機¥31,500 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式2Lアルコールを含むもの、動物の骨、貝殻、卵の殻、発酵食品、ナッツ、ガム・キャンディー、柑橘類など横幅280mm×奥行310mm×高さ380mm8kg55db
recolte(レコルト) 生ゴミ処理機 生ごみ処理機RDP-1¥41,800 楽天市場AmazonYahoo!乾燥式3L-横幅280mm×奥行365mm×高さ305mm約7.5kg-
HURIEN 生ゴミ処理機 家庭用生ごみ処理機ハイブリッド式HD-N100楽天市場¥93,500 AmazonYahoo!ハイブリッド式1.7kg-横幅250mm×奥行400mm×高さ540mm13kg30db以下

【電動】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキング7選

電気を使わない】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格処理方式処理容量対応不可の食材サイズ重量稼働時の音量
エコ・クリーン 生ゴミ処理機 自然にカエルS SKS-101型確認中 楽天市場AmazonYahoo!バイオ式0.7L-横幅428mm×奥行283mm×高さ418mm4.5kg-
アイリスオーヤマ 生ゴミ処理機 エココンポストIC-160確認中 楽天市場AmazonYahoo!バイオ式--横幅650mm×奥行650mm×高さ885mm約5.7kg-
エコ・クリーン 生ゴミ処理機 ル・カエル基本セット¥10,780 楽天市場AmazonYahoo!バイオ式-----

電気を使わない】生ゴミ処理機おすすめ人気ランキング3選

排水口に直接取り付ける生ゴミ処理機「ディスポーザー」にも注目

排水口に直接取り付けて生ゴミを粉砕処理する「ディスポーザー式」

出典:rakuten.co.jp

排水口に直接取り付けて生ゴミを粉砕処理する「ディスポーザー」と呼ばれる生ゴミ処理機もあります。粉砕完了までの処理時間は約10秒ほどと抜群の処理速度を誇り、処理物は水と一緒にそのまま流すことが可能。

生ゴミを排水溝にそのまま捨てられるため、いつでもキッチンを清潔に保てます。ただし設置には工事が必要で、自治体によっては家庭への導入を許可していない場合もあるので注意しましょう。

また、処理後はそのまま流してしまうため、生ゴミを肥料として再利用することはできません。

生ゴミ処理機を買うなら助成金もチェックしよう

生ゴミ処理機を買うなら助成金もチェックしよう

出典:rakuten.co.jp

生ゴミ処理機は3~15万円と高価な商品ですが、自治体に申請すると助成金が出る場合があります。購入前にはお住いの自治体の窓口に問い合わせ、または公式サイトで確認してみてくださいね。

自治体によっては商品購入金額の最大半額を助成してくれる場合もあります。ただし、購入前の事前申請が必須の自治体や、生ゴミ処理機の種類を制限している自治体もあるため注意が必要です。以下のシマ株式会社公式サイトでは、各自治体の助成金制度の確認ができるのでチェックしてみてくださいね。

参考:自治体の購入助成金制度検索|シマ株式会社

生ゴミ処理機を簡単に自作する方法

電気を使わずに生ゴミを処理できるバイオ式なら、自作で簡単に手作りすることも可能です。こちらでは、自作のバイオ式生ゴミ処理機の作り方を解説します。

材料
  • ピートモス:適量
  • もみ殻くん炭:適量
  • ダンボール:1個
  • 木片:2本
  • 虫よけキャップ:1枚
作り方
  1. ダンボールの箱を組み立て、底面をガムテープでしっかり補強する
  2. 木片を2つ置き、その上に(1)を置く
  3. (2)の中にピートモスやもみ殻くん炭を入れてよくかき混ぜる
  4. ダンボールに虫よけキャップをかけて完成

編集部

生ゴミを投入したらよくかき混ぜること・毎日最低1回はかき混ぜること・中身が増えたら肥料として再利用するか廃棄すること、以上3点を守って使用しましょう。また、虫が発生しないよう、段ボールには常に虫よけキャップを付けておくことをおすすめします。
ピートモスとは?
ミズゴケやスゲなどの植物が部分的に泥炭化した物質のこと。土壌改良剤として使われる。
もみ殻くん炭とは?
もみ殻を無酸素の状態で炭化したもの。土壌の排水性・保水性の改善に使われる。

    参考:バイオ式生ごみ処理機とは?仕組みや費用、使い方まで徹底解説| 株式会社伝然

    生ゴミ処理機の関連商品

    生ゴミ処理機の関連商品をご紹介します。キッチン回りを快適に保つために役立つ商品もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    キッチン・リビング・トイレなどさまざまな場所で活躍する「消臭剤」

    お部屋の気になるニオイを解消するのに役立つ消臭剤。キッチンやリビング、玄関やトイレなどさまざまな場所で活躍してくれます。

    キッチン回りのニオイが気になる場合は、元々のニオイと芳香剤のニオイが混ざりにくい無効タイプがおすすめ。キッチンの隅に設置することも多い生ゴミ処理機の近くに設置すれば、溜まったニオイもすっきり消臭してくれますよ。

    関連記事:おしゃれでいい匂い!玄関用芳香剤おすすめ12選!人気の吊るすタイプやスティック型も

    水回りの掃除に役立つ「水垢クリーナー」

    日常的に掃除をしていても付着しやすい水垢汚れ。中性洗剤やクレンザーを使用してもなかなか汚れが取れないことも多いですが、水垢クリーナーを使用するとウロコのような水垢汚れもすっきり落ちますよ。

    塗るだけで簡単に手ごわいシンクの水垢汚れを落とせる商品や、洗面台・トイレなど陶器に付着した水垢汚れを落とす商品もあります。

    関連記事:シンクが広くとれる!三角コーナーおすすめ20選|人気の折りたたみ式や浮かせるタイプも紹介

    タッチレスでストレスフリーに使える「食器洗剤用オートディスペンサー」

    吐出口に手を差し出すと自動的に食器用洗剤が出てくるオートディスペンサー。ポンプに触れることなく使えるので、快適かつ衛生的に洗剤を使用できます。

    オートディスペンサーには泡タイプと液体タイプがありますが、食器洗剤用ならしっかり泡立つ液体タイプがおすすめです。なかには吐出量を段階調節できる便利な商品もあります。洗剤の使い過ぎを防ぎ、節約に役立ちますよ。

    関連記事:【おしゃれ】自動ソープディスペンサーおすすめ27選!泡洗剤対応モデルも

    生ゴミ処理機のよくある質問

    魚の内臓は生ゴミ処理機に入れても大丈夫?

    乾燥式やハイブリッド式の場合なら、基本的にOKです。ただし、香ばしいニオイが残る場合があります。一方、バイオ式は分解時に強いニオイを発生させるため、投入できない場合が多いです。

    生ゴミ処理機は中古で購入できる?

    オークションサイトやフリマアプリで安く販売されています。

    生ゴミ処理機のレンタルサービスはある?

    家電レンタルサービスで、安いものでは月額3,000円程度で借りられます。

    おしゃれな生ゴミ処理機はある?

    シンプルでスタイリッシュなパリパリキューがおすすめ。キッチンに置いてもインテリアに馴染みやすく、生ゴミ処理機に見えないおしゃれさがあります。3万2,000円前後で購入できますよ。

    業務用の生ゴミ処理機はありますか?

    楽天やAmazonの通販では本体容量160~300Lのバイオ式生ゴミ処理機を販売しています。1~3万円程度で購入できますよ。

    おすすめの生ゴミ処理機まとめ

    押さえておくべきこと
    • 特徴や用途に合わせて「処理方式」を選ぶ
    • ファミリー用?一人暮らし?処理できる容量に注目!
    • 硬いものは処理できない場合も!入れてはいけないものを要確認
    • 定期的なメンテナンスやお手入れの頻度にも注目

    本記事では生ゴミ処理機の後悔しない選び方や売れ筋の人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介しました。

    生ゴミ処理機は特徴や用途・使い勝手に合わせて選ぶと失敗しにくいです。キッチンのインテリアに馴染みやすいおしゃれなデザインの商品も豊富です。本記事を参考にして、自分にぴったりの商品を選んでみてくださいね。

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー