【人気の瓶タイプも】ジンジャーエールおすすめ15選!お酒に合う辛口も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

ジンジャーエールの選び方

生姜の風味と炭酸の爽快感が魅力のジンジャーエール。最近は地元で採れた生姜を使ったご当地ジンジャーエールも増えており、個性豊かな味わいを楽しめます。

ジンジャーエールといえばカナダドライやウィルキンソンが有名ですが、他にどんなタイプがあるのか気になりますよね。お酒と割るなら辛口・ドライどちらが良いかも悩むところ。

そこで今回は、ジンジャーエールの選び方や最新の売れ筋商品ランキングを解説。手作りジンジャーエールやお酒のアレンジ方法などを紹介します。ジンジャーエールをさらに美味しく飲みたい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ジンジャーエールの選び方

ジンジャーエール選びのポイントをタイプ・生姜の種類・原材料・容器の4点にまとめました。

甘口or辛口?好みに合わせてタイプを選ぶ

市販のジンジャーエールはドライタイプ(甘口)とゴールデンタイプ(辛口)の2種類に分けられます。

ここで注意したいのが、ドライタイプ=甘口であること。ビールや焼酎などのお酒では、ドライというと切れ味がよく刺激が強い辛口のイメージがありますが、ジンジャーエールの場合は逆の意味合いです。

甘口のドライと辛口のゴールデンの特徴や味の違いを簡単に紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

口当たりがよく飲みやすい「ドライタイプ(甘口)」

口当たりがよく飲みやすい「ドライタイプ(甘口)」

出典:rakuten.co.jp

甘口のドライタイプは、刺激や辛みが控えめで口当たりのよさがポイント。生姜のさわやかな風味と甘みが感じられ、子どもからお年寄りまで誰でも飲みやすいように作られています

コカ・コーラ社の「カナダドライ」に代表されるように、日本のスーパーやコンビニで販売しているのはドライタイプが主流です。辛口は苦手な人も多くお子さんには不向きなので、ジンジャーエールを飲み慣れていない人や家族で飲む場合はドライタイプを選んでみてください。

お酒におすすめ!生姜の風味とピリッとした刺激を楽しめる「ゴールデンタイプ(辛口)」

生姜の風味とピリッとした刺激を楽しめる「ゴールデンタイプ(辛口)」

出典:rakuten.co.jp

辛口のゴールデンタイプは、生姜のピリリとした辛みが効いたスパイシーな味わいが特徴。生姜の風味を堪能したい人にぴったりです。炭酸も強めなので喉ごしが爽快で、パンチのある刺激的な飲み物が好きな人に適しています。

生姜感の強いゴールデンタイプは好き嫌いの好みが分かれやすいのですが、ジンジャーエールといえばこれ!というファンもいっぱい。まろやかで甘いジンジャーエールが苦手な人には断然こちらがおすすめです。また、甘さが控えめなのでお酒の割り材に使いやすいメリットもあります。

生姜の種類と配合量をチェックする

一口にジンジャーエールといっても、使われている生姜の種類はさまざま。最近は本物の生姜を使った商品も増えていますが、香料のみで生姜が入っていないものも多く販売されています。

どんな生姜が使われているかは商品の原材料で確認できるので、気になる人はチェックしましょう。本物の生姜が使われていれば「生姜」の表記があり、記載されていない場合は香料のみの可能性大です。

編集部

実際のところ、国内で販売されているジンジャーエールは香りづけにほんの少しの生姜を使っているか、生姜エキスなどの香料のみ使用しているものがほとんどです。

栄養成分を摂取するなら本物の生姜が使われているものを選ぶ

栄養成分を摂取するなら本物の生姜が使われているものを選ぶ

生姜に含まれるギンゲロールには血行促進・免疫や代謝のアップなどの効能があるので、健康効果を意識してジンジャーエールを飲みたい人もいると思います。栄養摂取を目的とするのであれば、原材料を確認して本物の生姜が使われているものを選びましょう。ただし、生姜の記載があっても香りづけ程度に少量使われているだけかもしれません。

日本では、食品添加物以外の原材料は使用されている重量の割合が多いものから順に記載することが義務付けられています。原材料の最初の方に「生姜」が記載されていればたくさん使われているという目安になるので、選ぶときの参考にしてみてくださいね。

参考:表示方法について(厚生労働省ホームページ)

健康志向の人はカロリーや原材料にも注目しよう

ジンジャーエールが好きだけど糖分や添加物が気になる人は、栄養成分や原材料にも注目しましょう。最近は低カロリータイプやオーガニック・無添加などのジンジャーエールも販売されています。

ダイエット中なら機能性表示食品などの低カロリータイプが◎

ダイエット中なら機能性表示食品などの低カロリータイプが◎

出典:rakuten.co.jp

市販のジンジャーエールには多かれ少なかれ甘みのあるものがほとんど。砂糖を使っていたり甘味料でカロリーを抑えていたりと甘味成分はさまざまです。

砂糖が多く使われているものは当然ながらカロリーも高いので、ダイエット中の人には低カロリータイプがおすすめ。食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させる機能性表示食品のジンジャーエールも販売されているので、気になる人はチェックしてみましょう。

オーガニックや無添加などの表記を確認する

オーガニックや無添加などの表記を確認する

出典:rakuten.co.jp

ご当地ジンジャーエールなどの一部では、有機生姜が使われている商品も登場しています。オーガニックのジンジャーエールをお求めの人は原材料を確認し、「有機生姜」を使用したものを選ぶとよいでしょう。中には砂糖や果汁まで有機栽培のものが使われた商品もあります。

また、より品質にこだわるのであれば、保存料・着色料、香料などの添加物も要チェックです。ジンジャーエールは風味付けに香料が使われがちですが、完全無添加の商品も販売されています。

缶・瓶・ペットボトルなど容器の種類で選ぶのもアリ

最後に、ジンジャーエールの容器の種類や容量も確認しておきましょう。お出かけ用に持ち歩くならキャップ付きのペットボトルや瓶が便利ですが、開栓後は時間の経過とともに炭酸が抜けてしまいます。また、瓶は重いので携帯しづらいのが残念なところです。

缶や王冠付きの瓶は開封後にどんどん炭酸が抜けるので、350ml以下の飲み切りサイズがおすすめ。お酒の割り材として使うのであれば、200~240mlのミニボトルが扱いやすいでしょう。瓶のジンジャーエールはおしゃれなデザインが多いので、ホームパーティーや宅飲みシーンで映えるのもメリットです。

ジンジャーエールおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプ容器の種類内容量カロリー原材料その他特徴
アサヒ飲料 ウィルキンソン ジンジャエール 辛口¥2,292 楽天市場AmazonYahoo!辛口ペットボトル500ml×24本37kcal(100mlあたり)果糖ぶどう糖液糖(国内製造) / 炭酸・酸味料・香料・カラメル色素-
コカコーラ カナダドライ ジンジャーエール¥4,752 楽天市場AmazonYahoo!甘口ペットボトル500ml×24本36kcal(100mlあたり)果糖ぶどう糖液糖・ジンジャーエキス・炭酸・香料・酸味料・カラメル色素・酸化防止剤-
成城石井 生姜10倍 エクストラスパイシージンジャーエール¥6,500 楽天市場AmazonYahoo!辛口ペットボトル410ml×24本39kcal(100mlあたり)しょうが・砂糖・レモン果汁・カムカム果汁-
光食品 オーガニックジンジャーエール¥4,198 楽天市場AmazonYahoo!辛口250ml×30本85kcal(250mlあたり)有機砂糖・有機りんご果汁・有機しょうが・有機レモン果汁・有機すだち果汁 / 炭酸有機JAS認証・無添加
サンフレッシュ 業務用 生姜香る大人のジンジャーエール¥3,800 楽天市場AmazonYahoo!辛口870ml×2本222kcal(100mlあたり)果糖ブドウ糖液糖・国産生姜・シナモン・クローブ・ カイエンペッパー・香料・酸味料・ビタミンC-
イオントップバリュ ベストプライス ジンジャーエール¥1,019 楽天市場AmazonYahoo!-ペットボトル1.5L×8本1kcal(100mlあたり)炭酸・酸味料・香料・甘味料(アセスルファムK、スクラロース)・カラメル色素・酸化防止剤(ビタミンC)-
コカ・コーラ カナダドライ ダイエットジンジャーエール ¥2,997 楽天市場AmazonYahoo!-350ml×30本0kcal(100mlあたり)香料・酸味料・甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)・酸化防止剤・カラメル色素-
八街生姜ジンジャーエール企業組合 八街生姜ジンジャーエール¥2,800 楽天市場AmazonYahoo!辛口250ml×10本46kcal(100mlあたり)--
サントリーフーズ ジンジャーエール¥3,758 楽天市場AmazonYahoo!辛口200ml×30本33kcal(100mlあたり)果糖ぶどう糖液糖(国内製造)・炭酸・酸味料・香料・リン酸塩(Na)・カラメル色素-
コーラルブルー プレミアムジンジャエール¥5,516 楽天市場AmazonYahoo!辛口200ml×24本37kcal(100mlあたり)砂糖・生姜(国産100%)・粉飴・セルロース・酸味料・香料-
富永貿易 神戸居留地 LAS ジンジャーエール¥1,762 楽天市場AmazonYahoo!-350ml×24本26kcal(100mlあたり)果糖ぶどう糖液糖・酸味料・香料・甘味料(アセスルファムK、スクラロース)・カラメル色素-
能勢酒造 ちょっと大人なジンジャーエール¥4,568 楽天市場AmazonYahoo!辛口250ml×24本-果糖ぶどう糖液糖・酸味料・香料・カラメル色素カクテル用に開発
わかやま農業協同組合 生姜丸しぼり Wakayama Ginger Ale¥5,164 楽天市場AmazonYahoo!辛口250ml×24本50kcal(100mlあたり)糖類(砂糖、果糖ブドウ糖液糖)・しょうが・香料・酸味料・ビタミンC-
友桝飲料 n.e.oプレミアムジンジャーエール¥5,990 楽天市場AmazonYahoo!辛口200ml×24本-糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)・水飴・生姜・香辛料・酸味料(酒石酸)・香料モスコミュール用に開発
夢産地とさやま開発公社 土佐山ジンジャーエール 01プレミアム¥3,050 楽天市場AmazonYahoo!辛口200ml×6本-有機生姜(有機JAS認定の高知市・土佐山産)・ゆず果汁・赤唐辛子・砂糖有機JAS認定生姜を使用

ジンジャーエールおすすめ人気ランキング15選

ジンジャーエールのおすすめ人気メーカー・ブランド

甘口と辛口の2種類から選べる「ウィルキンソン」

ウィルキンソンはアサヒ飲料が展開する炭酸飲料のブランドです。名前やスタイリッシュなパッケージから外国産と思っている人も多いのですが、実は日本で誕生した国産ブランド。カナダドライと並ぶジンジャーエールの2大ブランドとして親しまれています。

ウィルキンソンのジンジャーエールは、辛口とドライの2種類をラインナップ。辛口はピリリとした生姜の風味が楽しめ、ドライは甘さと酸っぱさのバランスがよい万人向けの味に仕上げられています。携帯に便利なペットボトルと本格派に嬉しい瓶の2種類から選べるのも嬉しいポイントです。

売上NO.1の定番品。甘口なら「カナダドライ」

1904年に誕生し、販売から110年以上の歴史を誇る「カナダドライ」のジンジャーエール。グリーンのラベルに赤のブランドロゴが特徴的で、日本でジンジャーエールといえばカナダドライを想像する人も多いのではないでしょうか。事実、ジンジャーエールの売り上げもトップシェアを誇ります。

カナダドライのジンジャーエールは、定番の「ドライ」のほか生姜のすりおろしを加えた「プレミアム」をラインナップ。さらに、機能性表示食品として「ジンジャーエール ダブル」が販売されています。脂質や糖質が気になる人はぜひチェックしてみましょう。

すりおろし生姜に近い辛口が人気の「サントリー」

洋酒やビール・ソフトドリンクのトップメーカーとして有名な「サントリー」からは、辛口タイプのジンジャーエールが販売されています。すりおろし生姜をブレンドしたような本格的な味わいで、炭酸は強め。爽快感のある喉ごしが好みの人におすすめです。

パッケージのタイプは缶入りのみで、200mlの飲み切りやすいサイズ感も魅力。お酒の割り材にぴったりな量なので、モスコミュールやハイボールなどにアレンジしてみてくださいね。

有機JAS認定で無添加にもこだわる「光食品(ヒカリ)」

光食品は有機野菜や果実の食品製造・加工を主とする徳島県のメーカーです。「美味しくて安全な食品を作りたい」という思いのもと、2001年には自社農園を立ち上げて有機JASの認定を取得。2020年には食品安全マネジメントシステム認証FSSC22000を取得しており、製造環境の安全性にも定評があります。

同メーカーでは、国産有機生姜が使用されたオーガニックジンジャーエールを販売。ブレンドしている砂糖や果汁まで有機栽培にこだわっています保存料や着色料などの添加物も不使用なので、無農薬・無添加の商品をお求めの人におすすめですよ。

おうちで手作り!ジンジャーエールの作り方

おうちで手作り!ジンジャーエールの作り方

生の生姜を使ったジンジャーエールが好きな人は、手作りにチャレンジしてみませんか?実はジンジャーエールは自宅で簡単に作れるのです。いろいろなレシピがある中で、今回は手軽で基本的なレシピを紹介しますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

材料(1人分)
  • 生姜・・・50g
  • 砂糖・・・100g
  • 水・・・100ml
  • レモン・・・1個
  • 炭酸水・・・適量
  1. 鍋に水と砂糖を入れて火にかけ、砂糖を溶かします。砂糖の量は好みで調整してOKです。
  2. 薄切りにした生姜を加えて、約10分ほど煮詰めます。
  3. 火を止めて、レモン汁を好きなだけ加えます。
  4. 生姜を取り除いた原液シロップを炭酸水で割って完成です。

編集部

砂糖の代わりにキビ砂糖や三温糖、はちみつを使うのもおすすめです。また、好みでシナモン・クローブ・鷹の爪などのスパイスを加えるとより本格的な味に仕上がります。

参考:ジンジャーエール作り方!たった10分煮るだけ自家製簡単レシピ|カゴメ株式会社

関連記事:【美味しい&高コスパ】炭酸水のおすすめ20選|飲み過ぎはダメ?効果やデメリットも解説

ジンジャーエールを使ったカクテルのおすすめレシピ

ジンジャーエールはお酒の割り材として使われることが多く、特にカクテルは女性を中心に大人気。さっぱりとした爽快感のなかに甘みもあるので、お酒があまり得意ではない人でもジュース感覚で飲めますよ。

ジンジャーエールを使った代表的なカクテルレシピをいくつか紹介するので、ぜひお家でも作ってみてくださいね。

ジンジャーエールのカクテルといえばこれ!「モスコミュール」

モスコミュール

ジンジャーエールのお酒といえばこれ!というぐらい有名なモスコミュールは、ウォッカがベースのカクテル。ライムの風味がさっぱりしていてどんな食事にもよく合います。カクテルの基本的なレシピでもあるので、覚えておいて損はないでしょう。

  • ジンジャーエール・・・150ml
  • ウォッカ・・・大さじ3
  • ライムジュース・・・大さじ1
  • カットライム

氷を入れたグラスにウォッカ・ライムジュースを入れ、ジンジャーエールを注いでかき混ぜます。仕上げにカットしたライムを飾るとおしゃれ度もアップ!

参考:カクテルレシピ| CANADA DRY (カナダドライ)公式サイト

ビールが苦手な人でも飲みやすい「シャンディガフ」

シャンディガフ

シャンディガフはジンジャーエールでビールを割ったカクテルのこと。ビールの苦みをジンジャーエールがまろやかにしてくれるので、ビールが苦手な人にも人気があります。もちろん、ビールが大好きな人にもおすすめ。作り方は、ジンジャーエールとビールを半分の割合で注いで混ぜるだけと簡単です。

  • ジンジャーエール・・・グラスの2分の1
  • お好きなビール・・・グラスの2分の1

参考:カクテルレシピ| CANADA DRY (カナダドライ)公式サイト

関連記事:【サッポロ・キリン】ラガービールおすすめ24選!国産から海外産まで人気商品を紹介

女性に人気のノンアルコールカクテル「シャーリーテンプル」

シャーリーテンプル

シャーリーテンプルは、ザクロの果汁で作られるグレナデンシロップとジンジャーエールを混ぜるだけのノンアルコールカクテルです。見た目がかわいらしく、飲みやすいので女性ウケバツグン。仕上げにレモンやチェリー、イチゴなどを飾るとSNS映えも狙えますよ。

  • ジンジャーエール・・・250ml
  • グレナデンシロップ・・・大さじ1

参考:カクテルレシピ| CANADA DRY (カナダドライ)公式サイト

ジンジャーエールの関連商品

ハイボール好きな人にぴったりな「ウィスキー」

ジンジャーエールはウィスキーとの相性がバツグン。氷を入れたグラスにウィスキーを注ぎ、ジンジャーエールを加えるだけで美味しいハイボールが作れます。炭酸水で割るだけのハイボールに飽きた人はぜひ試してみてください。

関連記事:国産の高級品も!ハイボールに合うウイスキーおすすめランキング22選|スコッチなどタイプごとに解説

ホットドリンクにもアレンジしやすい「ジンジャーシロップ」

炭酸が苦手な人やいろいろな生姜ドリンクを楽しみたい人には、ジンジャーシロップがおすすめです。生の生姜を煮詰めた濃縮液で、ジュースやお酒などに混ぜるだけでジンジャー風味のドリンクが出来上がり。お湯・紅茶・甘酒に混ぜてホットドリンクも楽しめます。

モスコミュール作りに必須の「ウォッカ」

ジンジャーエールを使った美味しいお酒を飲みたいのであれば、迷わずモスコミュールにチャレンジしてみてください。ウォッカをジンジャーエールで割るカクテルで、クセがないのでお酒があまり得意でない人にもおすすめです。1,000円前後の安いウォッカを使っても美味しく作れますよ。

おすすめジンジャーエールまとめ

おすすめジンジャーエールまとめ

本記事では、ジンジャーエールの選び方やおすすめの人気商品ランキング、手作りレシピなどの情報を中心にお届けしました。今回のポイントは以下の通りです。

  • ジンジャーエールはドライタイプが甘口。間違えないよう注意する
  • 飲みやすさで選ぶなら甘口、生姜の風味と刺激を楽しむなら辛口を選ぶ
  • 生姜の栄養成分を摂取するなら本物の生姜が使われているか確認しよう
  • 低カロリーやオーガニックのジンジャーエールも販売されている
  • 持ち運びやすさや飲み切りやすさを考えて容器を選ぶ

今まで何となくジンジャーエールを飲んでいた人も多いと思いますが、実はいろいろな種類があって選ぶポイントも人それぞれ。ぜひこの記事を参考にお気に入りのジンジャーエールを見つけて楽しみましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー