【無添加も】コチュジャンのおすすめ人気ランキング14選!市販で買える韓国製も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

【韓国料理に】コチュジャンのおすすめ人気ランキング14選!簡単なレシピも紹介

韓国料理には欠かせない、代表的な辛味発酵調味料のコチュジャン。韓国製・日本製・無添加タイプなど、さまざまな商品が販売されています。お酢をブレンドしたさっぱりめのコチュジャンから、トッポキ専用コチュジャンまでバリエーションが豊富です。

しかし、いざコチュジャンを購入しようと思っても種類が多すぎて「味の違いが分からない」「韓国製のコチュジャンを選ぶ基準はなに?」など疑問に思いますよね。

そこでこの記事では、失敗しないコチュジャンの選び方と、韓国製・日本製ごとに分けた人気おすすめ商品14選をご紹介!レビュー評価の高いメーカーや、コチュジャンを使ったおすすめレシピも解説します。コチュジャン選びに迷う方はぜひ参考にしてください。

コチュジャンとは?高い栄養価と保存性が魅力な発酵食品

コチュジャンとは?

コチュジャンとは、玄米・米・大豆などの穀物を使った味噌に、唐辛子・砂糖を配合して熟成させた発酵食品です。韓国では日本の醤油のように頻繁に使われています。甘辛い味付けで、チャーハン・焼きそば・ラーメンの味変など、幅広いアレンジができる調味料です。

コチュジャンは栄養価も高く、カプサイシン・ビタミンB・C・カルシウム・乳酸菌などが豊富に含まれています。特にカプサイシンには、脂肪・エネルギーの代謝を促すうれしい効果も。健康・美容に関心のある方にもコチュジャンはおすすめです。

    またコチュジャンはそのままでも約半年〜1年ほど長期保存ができますが、冷凍保存で更に保存が可能。大容量サイズを購入しても、小分けに冷凍すれば美味しい状態を長く保てますよ。

    参考:カプサイシンに関する詳細情報|農林水産省ホームページ

    豆板醤との違いは「使う料理」と「塩気・辛味の強さ」

    豆板醤との違い

    コチュジャンと豆板醤の違いは、使用している原材料です。味噌に米粉・大豆麹を使うコチュジャンに対し、豆板醤はそら豆・唐辛子味噌・ごま油を使用。中国が発祥の調味料で、辛味・塩気の強い味わいが特徴です。

    ナムル・ビビンバなど、コチュジャンはタレとしてそのまま使うケースも多い調味料。しかし豆板醤は単体で使うことは少なく、加熱する料理に多く使用されます。コチュジャンと豆板醤はどちらも唐辛子の辛さが効いていますが、豆板醤はコチュジャンのような甘みは少なく刺激的な辛さのある調味料です。

    以下の表を参考に、コチュジャンと豆板醤の違いをチェックしてみてください。

    調味料 特徴
    コチュジャン
    • 韓国発祥の発酵調味料
    • 原材料には、味噌・唐辛子粉・砂糖・大豆麹などを使用
    • 辛味・甘み・コクのバランスが取れた、マイルドな辛さが特徴
    • ビビンバ・タッカルビ・サムギョップサルなど、韓国では料理に頻繁に使われる
    豆板醤
    • 中国発祥の発酵調味料
    • 原材料には、そら豆・唐辛子味噌・ごま油などを使用
    • 辛味・塩気の強さが特徴
    • 麻婆豆腐・回鍋肉・担々麺など、中国の中でも四川料理には欠かせない調味料

    関連記事:ピリッと辛くて旨い!豆板醤おすすめ16選!スーパーで買える商品や簡単レシピも紹介

    コチュジャンの選び方は、「原産地」「容器」「専用商品」「添加物の有無」がポイント

    コチュジャンは、原産地・唐辛子の量・原材料・使われている容器のタイプで好みが分かれやすい調味料です。コチュジャンを選ぶ際は、好みや用途に合わせて下記のポイントをチェックしましょう。

    • 原産地
    • 容器のタイプ
    • トッポキ専用・刺身専用コチュジャン
    • 無添加タイプ

    日本製?韓国製?それぞれの特徴を比較して選ぶ

    コチュジャンを選ぶ際は、日本製・韓国製のそれぞれの特徴を比較しましょう。日本製と韓国製では、使われている調味料や辛さのレベルが違います。以下の表を参考に、好みの味や作る料理に合うコチュジャンを選んでみてくださいね。

    タイプ 特徴
    韓国製
    • 味噌に唐辛子粉をたっぷり配合し、辛さをしっかり効かせたコチュジャン
    • ニンニク・しょうが・たまねぎ・長ネギなど、香味野菜を使用
    • パンチのある味わいなので、ビビンバ・タッカルビなどガッツリ系韓国料理と相性ばっちり
    日本製
    • 味噌に砂糖・水飴を加えて甘みを活かした、なめらかな味わいのコチュジャン
    • 辛さを控えたまろやかな味が多いため、お子さんのいるご家庭におすすめ
    • 甘辛系のトッポキや、ヤンニョムチキンの味付けにもぴったり

    韓国製:甘さは控えめで辛さが際立つ。辛いものが好きな方に

    韓国製:甘さは控えめで辛さが際立つ。辛いものが好きな人に

    辛い食べ物がお好きな方は、甘さが控えめの韓国製コチュジャンがおすすめです。韓国製のコチュジャンは、玄米・米・大豆・もち米など、穀物を使った味噌をメインに使用。砂糖や水飴の甘さは控え、唐辛子粉をたっぷり配合しているので、辛さをしっかり効かせたコチュジャンに仕上がっています。

    また調味料には、ニンニク・しょうが・たまねぎ・長ネギなど、風味豊かな野菜も使用。香味野菜の香りや旨味が、コチュジャンのコク・風味を引き立てています。パンチのある味わいのコチュジャンが多く販売されているため、ビビンバ・タッカルビなどガッツリ系韓国料理と相性ばっちりですよ。

    また韓国製のコチュジャンは、辛さをGHUという単位で表記している場合があります。下記の表を参考に、コチュジャンの辛さをチェックしてみてくださいね。

    辛さレベル GHU(Gochujang Hot taste Unit) カプサイシン含量(唐辛子の辛味をもたらす主成分)
    辛味なし 30以下 40以下
    少し辛い 30〜45 40〜60
    普通の辛さ 45〜75 60〜100
    辛い 75〜100 100〜130
    かなり辛い 100以上 130以上

    日本製:辛さは控えめで甘みが強い。マイルドな辛さが好きな方に

    日本製:辛さは控えめで甘みが強い。マイルドな辛さが好きな人に

    マイルドな辛さのコチュジャンをお探しの方は、甘みの強い日本製がおすすめです。日本製のコチュジャンは、米味噌や豆味噌をメインに使用。砂糖・水飴も加えて甘みを活かした、なめらかな味わいのコチュジャンに仕上がっています。

    また唐辛子・砂糖の他に、日本人の舌に合う魚介だしや甘酒などを配合したコチュジャンも販売されています。辛さを控えたまろやかな味のため、お子さんのいるご家庭にもぴったりです。甘辛系のトッポキや、ヤンニョムチキンの味付けにもおすすめですよ。

    チューブ?ケース?どんな料理に使うかで容器を選ぶ

    コチュジャンを購入する際は、どんな料理に使うかで容器を選びましょう。手軽に使えるチューブタイプや、大容量のケースタイプなど種類が豊富。以下の表を参考に、ご自分の用途・シーンに合わせてコチュジャンを選んでみてくださいね。

    容器 特徴
    チューブ・ボトルタイプ
    • 容器を押すだけで中身が出るので、料理中にサッと使える
    • 濃度の軽いコチュジャンが多く馴染みやすいため、炒め物にもぴったり
    • コンパクトサイズの商品が多く揃っているので、冷蔵庫のドア収納に最適
    ビン・ケースタイプ
    • コンパクトサイズから大容量タイプまで種類が豊富
    • チューブ・ボトルタイプに比べ、コスパが良い
    • チゲ鍋やチーズタッカルビなど、コチュジャンを多く使う料理にぴったり

    チューブ・ボトル:料理中にサッと使える。炒め物・焼肉などにおすすめ

    チューブ

    チューブ・ボトル:料理中にサッと使える。炒め物・焼肉などにおすすめ

    出典:amazon.co.jp

    ボトル

    チューブ・ボトル:料理中にサッと使える。炒め物・焼肉などにおすすめ

    出典:amazon.co.jp

    炒め物や焼肉のタレにコチュジャンを使いたい方は、サッと使えるチューブ・ボトルタイプがおすすめです。ビン・ケースタイプだとスプーンで中身をすくう手間が必要ですが、チューブ・ボトルタイプなら容器を押すだけと簡単。濃度の軽いコチュジャンが多いので、炒め物の具材にもサッと馴染みます。

    また、チューブタイプの内容量は約60〜100g。ボトルタイプの内容量は約300〜400gの商品が多く販売されています。コンパクトなサイズなので、冷蔵庫のドア収納にも楽に収まりますよ。一人暮らしの方や、キャンプ・BBQなどアウトドアに持っていきたい方にもおすすめです。

    編集部

    ただしチューブタイプは、内容量の少ない商品が多いのがデメリット。チーズタッカルビや作り置きなど、大量に使う際は注意しましょう。

    焼肉のタレは下記の記事でおすすめの商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

    関連記事:旨さ倍増!おすすめ焼肉のたれ人気ランキング30選|肉を各段に美味しくする高級たれも

    ビン・ケース:大容量でコスパよし。お鍋などにぴったり

    ビン

    ビン・ケース:大容量でコスパよし。お鍋などにぴったり

    出典:amazon.co.jp

    ケース

    ビン・ケース:大容量でコスパよし。お鍋などにぴったり

    出典:amazon.co.jp

    鍋料理にコチュジャンを使いたい方は、大容量でコスパの良いビン・ケースタイプがおすすめです。ビンタイプのコチュジャンの内容量は約100g〜1kg。ケースタイプの内容量は約500g〜3kgの商品が多く販売されています。さまざまな量のコチュジャンが幅広く揃っているので、用途・シーンに合わせて選びやすいタイプです。

    またビン・ケースタイプのコチュジャンのコストは、安い商品だと100gあたり約50円と高コスパ。チューブ・ボトルタイプの商品だと100gあたり250円ほどかかるので、コチュジャンの使用量が多い方はビン・ケースタイプがぴったりですよ。

    編集部

    ただしビン・ケースタイプのコチュジャンは、サイズが大きく平置きタイプなので場所を取るのがデメリット。冷蔵庫のスペースが少ない方は注意しましょう。

    手軽に韓国系の鍋を楽しみたい方は、鍋の素を使いましょう。下記の記事でおすすめの鍋の素を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

    関連記事:【テレビでも紹介】鍋の素ランキング25選|人気のカルディなどの商品も

    トッポギ・韓国風刺身に使うなら専用の商品に注目

    トッポギ用

    トッポギ・韓国風刺身に使うなら専用の商品に注目

    出典:amazon.co.jp

    韓国風刺身用

    トッポギ・韓国風刺身に使うなら専用の商品に注目

    出典:amazon.co.jp

    コチュジャンをトッポキや韓国風刺身に使う方は、専用の商品に注目しましょう。トッポキ専用には、コチュジャンに加え、甘味調味料や香味野菜エキスをブレンド。まろやかな甘さの中にもピリッと効いた辛さがアクセントになる、甘辛い味に仕上がっています。

    また調味料に昆布エキス・牛肉エキスを使用した商品なら、韓国料理専門店で食べるようなコク深いトッポキが楽しめますよ。

    刺身専用コチュジャンは、唐辛子・塩・砂糖に加えてお酢を配合しています。コクのある辛味の中にもすっきりと酸味のある味わいです。調味料にごまを使った商品なら、ごま特有の芳醇な風味がコチュジャンのコクをより一層引き立てます。韓国ではお刺身につけて食べるのが一般的ですが、程よい酸味があるのでさっぱり食べたいチヂミ・冷奴にもおすすめです。

    下記の表を参考に、トッポキ専用・刺身専用コチュジャンをチェックしてみてください。

    ブランド・商品名 使用している調味料
    チョンジョンウォン「トッポキコチュジャン」 コチュジャン・水飴・ニンニク・唐辛子・醤油・昆布エキス・牛肉エキス・たまねぎエキス・長ねぎエキス
    O’Food「トッポキコチュジャン」 コチュジャン・タピオカシロップ ・ニンニク・砂糖・塩・たまねぎエキス・長ねぎエキス・からし・ごま・黒こしょう
    へチャンドル「酢入りコチュジャン」 コチュジャン・唐辛子・砂糖・酢・すりごま・ニンニク・ねぎ・しょうが
    チョンジョンウォン「酢コチュジャン」 コチュジャン・砂糖・酢・ごま・ニンニク・梅エキス
    大象ジャパン「酢コチュジャン」 コチュジャン・砂糖・酢・ごま・ニンニク・梅エキス

    健康が気になる方は無添加をチェック

    健康面が気になる方は、無添加のコチュジャンをチェックしましょう。商品によっては、添加物を多く使用している場合も。また韓国製と日本製では原材料表記が異なるので、下記の表を参考にぜひチェックしてみてください。

    タイプ 特徴
    韓国製
    • 保存料の添加が気になる方は、ラベルに「保存料無添加」と書かれた商品がおすすめ
    • 「保存料無添加」でも保存性が気になる方は、唐辛子の配合率が多い商品をチェック
    • 唐辛子の配合倍率が20%以上なら、保存性が高い
    日本製
    • 日本製のコチュジャンを選ぶなら、原材料がシンプルな商品がおすすめ
    • 原材料に、砂糖の代わりに麦芽水飴を使用した商品も販売
    • 食品添加物が気になる方は、原材料に有機食品を採用した商品をチェック

    韓国製は唐辛子の配合率を確認

    韓国製は唐辛子の配合率を確認

    出典:amazon.co.jp

    韓国製のコチュジャンで無添加を選びたい方は、唐辛子の配合率をチェックしましょう。韓国製のコチュジャンにも「保存料無添加」などの商品は多数ありますが、保存性が心配ですよね。唐辛子の配合率が高いものを選ぶと、保存性も高いのでおすすめ。

    韓国で販売されているコチュジャンには、ラベルの成分表に唐辛子の配合倍率が%で表記されています。20%以上であれば、保存性が高いと言えます。無添加の韓国製コチュジャンを選びたい方は、唐辛子が20%以上のものを選びましょう。

    日本製は原材料がシンプルなものを選ぶ

    日本製は原材料がシンプルなものを選ぶ

    出典:rakuten.co.jp

    日本製のコチュジャンを選ぶ際は、原材料がシンプルな商品がおすすめです。日本製のコチュジャンには唐辛子・味噌以外にも、増粘剤・化学調味料などの添加物を多く使用している場合もあります。

    しかし、オーサワジャパンの「オーサワのコチュジャン」は、シンプルな原材料で製造されています。味噌・唐辛子・麦芽水飴・甘酒・りんご酢のみを配合し、着色料は不使用。

    また甘酒は有機甘酒を使用し、砂糖の代わりに栄養価の高い麦芽水飴を採用しています。使われている食材の化学肥料・白砂糖など、食品添加物が気になる方にぴったりなコチュジャンですよ。

    【韓国製】コチュジャンおすすめ人気ランキング比較一覧表

    Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
    商品最安価格内容量容器形状着色料不使用保存料不使用その他特徴
    チョンジョンウォン コチュジャン¥429 楽天市場AmazonYahoo!500gケースソース×玄米・もち玄米粉・大豆麹を使用
    bibigo コチュジャン¥100 楽天市場AmazonYahoo!1kgケースソース米・もち米・大豆を使用
    O’Food 辛口コチュジャン楽天市場¥1,112 AmazonYahoo!500g×2個ケースペースト天日塩・オリゴ糖を使用
    へチャンドル 酢入りコチュジャン楽天市場¥787 AmazonYahoo!300gボトルソース×酢・すりごまを使用
    ヘチャンドル 太陽草コチュジャン楽天市場¥990 AmazonYahoo!500gケースペースト太陽草唐辛子粉を100%使用
    チョンジョンウォン トッポキコチュジャン楽天市場¥1,020 AmazonYahoo!300gボトルソース×昆布エキス・牛肉エキスを使用
    O’Food トッポキコチュジャン・チーズトッポキソース楽天市場確認中 AmazonYahoo!コチュジャン300g×2本・チーズトッポキソース150gボトルソース×トッポキ専用のコチュジャン

    【韓国製】コチュジャンおすすめ人気ランキング7選

    【日本製】コチュジャン人気おすすめランキング比較一覧表

    商品最安価格内容量容器形状着色料不使用保存料不使用その他特徴
    ユウキ食品 コチジャン¥1,217 楽天市場AmazonYahoo!1kg瓶ケースソース米味噌を使用
    オーサワジャパン オーサワのコチュジャン楽天市場¥1,647 AmazonYahoo!85g×2個瓶ケースペースト×砂糖・動物性原料不使用
    李錦記 コチュジャン楽天市場¥892 AmazonYahoo!120g×3個瓶ケースペースト××そら豆味噌・塩蔵唐辛子を使用
    テーオー食品 コリアンコチジャン¥885 楽天市場AmazonYahoo!650g瓶ケースソース××ニンニクを使用
    徳山物産 コチュジャン¥1,350 楽天市場AmazonYahoo!1kgパックソース×いりこだしを使用
    ユウキ食品 辛口コチジャン楽天市場¥278 AmazonYahoo!130g瓶ケースソース×辛口タイプ
    味の素CookDo コチュジャン楽天市場¥258 AmazonYahoo!100g×2個瓶ケースペースト×豆味噌を使用

    【日本製】コチュジャンおすすめ人気ランキング7選

    【簡単】コチュジャンを使った美味しいビビンバの作り方を紹介!

    コチュジャンを使ったおすすめレシピ

    ビビンバ(2人分)
    • 薄切り牛肉:100g
    • コチュジャン:小さじ3(お肉の下味用)
    • 酒:大さじ1(お肉の下味用)
    • 醤油:大さじ1/2(お肉の下味用)
    • 砂糖:小さじ1(お肉の下味用)
    • すりおろしニンニク:小さじ1/4(お肉の下味用)
    • 大豆もやし:1/2袋(125g)
    • ほうれん草:1/2束(150g)
    • ニンジン:1/4本(50g)
    • 鶏がらスープ:小さじ1/2
    • ごま油:大さじ1/2
    • 醤油:小さじ1
    • すり白ごま:小さじ1
    • 砂糖:小さじ1/2
    • 塩:小さじ1/3
    • ご飯:お茶碗2杯(300g)
    1. 牛肉を食べやすい大きさにカットします
    2. コチュジャン・酒・醤油・砂糖・すりおろしニンニクを混ぜ、牛肉を漬け込みましょう
    3. ほうれん草・ニンジンを5cmの長さに千切りします
    4. フライパンに、大豆もやし・ほうれん草・ニンジンの順番に入れ、水カップ1/4と塩を少々加え蓋をしましょう
    5. 2〜3分蒸し煮したら、ザルに入れ水気を切り、ボウルに移します
    6. ボウルに移した野菜に、鶏がらスープ・ごま油・醤油・すり白ごま・砂糖・塩を加えてあえましょう
    7. フライパンでごま油を熱し、漬け込んだ牛肉を焼きます
    8. 器にご飯を入れ、野菜とお肉をのせたら完成です

    参考:簡単ビビンバ|味の素

    コチュジャンでアレンジを楽しもう!おすすめの関連商品

    簡単・美味しいが叶う「インスタントラーメン」

    お鍋で茹でるだけで簡単に食べられるインスタントラーメン。コチュジャンを使えば、いつもの味に少し辛味をプラスできますよ。韓国ラーメンにコチュジャンを入れて、更に辛さレベルを上げるのもおすすめです。

    関連記事:通販で大人気!美味しいおすすめインスタントラーメンランキング25選【2023年】

    関連記事:【マイルド・辛口】おすすめキムチ鍋の素ランキング20選!鍋以外の人気アレンジも

    パラパラのチャーハンが自宅でも作れる「冷凍チャーハン」

    お店で食べるようなパラパラとしたチャーハンが、誰でも手軽に作れる冷凍チャーハン。冷凍チャーハンを炒めるときにコチュジャンを一緒に混ぜれば、よりパンチのあるチャーハンが作れますよ。

    関連記事:通販で大人気!美味しいおすすめ冷凍チャーハンランキングBest29|皿なしタイプも

    ソース味から激辛まで種類豊富な「カップ焼きそば」

    お湯を入れて湯切りをするだけで気軽に焼きそばが楽しめる商品。定番のソース味だけでなく、今は激辛商品なども人気ですよね。更に辛くしたい場合や段階的に辛さを調整したいときは、コチュジャンを入れるのもおすすめですよ。

    関連記事:新商品が続々!カップ焼きそばおすすめランキング30選|人気の大盛り&激辛も紹介

    コチュジャンの代用品は?近い味わいが楽しめる方法

    コチュジャンの代用になる調味料はありませんが、近い味わいが楽しめる代用方法を2つご紹介します。以下の調味料を混ぜて、代用してみてください。

    豆板醤を使った代用方法
    • 砂糖:小さじ2
    • 醤油:小さじ1
    • 味噌:大さじ1
    • 豆板醤:小さじ1/2
    一味唐辛子を使った代用方法
    • 砂糖:小さじ2
    • 醤油:小さじ1
    • 味噌:大さじ1
    • 一味唐辛子:小さじ1/3

    参考:コチュジャンの代用|DELISH KITCHEN

    関連記事:【辛さいろいろ】一味唐辛子おすすめ人気ランキング18選!有名な京都産や激辛も

    おすすめコチュジャンまとめ

    この記事では「コチュジャン」のタイプや辛さ、おすすめアイテムを解説しました。

    • 辛い食べ物がお好きな方は、甘さが控えめの韓国製コチュジャンがおすすめ
    • マイルドな辛さのコチュジャンをお探しの方は、甘みの強い日本製タイプがぴったり
    • 炒め物や焼肉のタレにコチュジャンを使いたい方は、サッと使えるチューブ・ボトルタイプを
    • 鍋料理にコチュジャンを使いたい方は、大容量でコスパの良いビン・ケースタイプが最適
    • コチュジャンをトッポキや韓国風刺身に使う方は、専用の商品をチェック

    コチュジャンを選ぶ際は、好みに合わせて原産地や辛さ、容器のタイプを選ぶといいですね。この記事を参考に、トッポキコチュジャンや酢コチュジャンのほか、さまざまなコチュジャンを試してみてはいかがですか。

    関連記事:【やさしい甘さが人気】おすすめの白味噌ランキング21選!だし入り・無添加も

    関連記事:【和食にぴったり】本みりんのおすすめ人気ランキング17選!無添加や飲む用も

    関連記事:香ばしさがたまらない!韓国海苔おすすめ24選!スーパーで買える人気メーカーも紹介

    SNS

    Picky’sのSNSアカウントをフォロー