【どこがいい?各社比較】医療事務通信講座おすすめ7選!取るべき資格・費用も解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

医療事務の資格は、持っていると医療事務としての就職や転職に有利に働きます。育児・現職・学業などと並行して医療事務の資格を取得するには「医療事務通信講座」を利用するのがおすすめです。

しかし、いざ医療事務通信講座を受けたくても「初心者でも最後まで続けやすい人気の通信講座は?」「効率よく学べるのはどこ?」など、選び方に悩む人は多いはず。医療事務の資格と一口に言っても資格の種類はさまざまあるため、就職したい場所に合った資格も理解しておきたいですよね。

そこで今回は、おすすめの医療事務通信講座をランキング形式で紹介!初心者におすすめの資格や、受講にかかる料金についても解説しています。医療事務の資格を取りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

そもそも医療事務ってどんな仕事?通信講座の必要性は?

医療事務の通信講座を選ぶ前に、医療事務の仕事内容や通信講座の必要性を確認しておきましょう。

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事は、病院やクリニックでの事務作業がメインです。具体的な仕事内容は以下の通り。

医療事務の仕事内容
  • 受付
  • 会計
  • 電話対応
  • 保険証や診察券の確認
  • 明細書(レセプト)作成
  • カルテの整理

医療事務の仕事は、外来の受付や電話対応など、さまざまな年代の患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いです。事務作業のほか、入退院の手続きや診療の準備・補助など、医師・看護師のサポートをする場合もあります。

医療事務の雇用形態は、正社員だけでなく、派遣やパートなどさまざま。資格を持っていれば、結婚や出産などでライフステージが変わっても、そのときに合った働き方ができますよ。

通信講座なら効率よく学べる

つまずいても安心◎通信講座なら効率よく学べる

医療事務の資格を取るにあたって、「独学だと厳しい?」「通信講座を受けるメリットは?」など気になることも多いはず。結論から言うと、独学でも医療事務の資格は取れます。

しかし、独学で取得を目指す場合、自分でテキストや問題集を選んで購入する手間がかかります。さらに、わからない部分があれば、他のテキストを購入したりネットで調べたりと、想像以上の時間を要することも。そのため、独学だと長く勉強が続かない・挫折してしまう人が一定数いるのが現実です。

その点通信講座は、わかりやすいテキストや動画教材が豊富で、勉強する環境が最初から整っているのがメリット。勉強中にわからないことがあったら、メールなどで質問ができるサービスがあるのも魅力です。さらに医療事務の通信講座では、講座を受講後に自宅から受験ができるものも多く、時間がない人でも最短で資格取得を目指せますよ。

通信講座で取れる医療事務の資格の種類

医療事務の資格といっても、さまざまな種類があります。以下に通信講座で取得できる資格をまとめました。

資格 資格内容 合格率 初心者向け
医療事務検定試験 ・医療保険制度の知識
・会計欄を作成するための知識
約90%
医療事務能技能認定試験 ・保険請求事務の知識
・診療報酬明細書を作成するための知識
約85%
★メディカルクラーク
(医療事務技能審査試験)
・医療保険制度の知識
・診療報酬明細書を作成するための知識
約80%
★医療事務認定実務者 ・マナーに関する知識
・医療保険制度の知識
・診療報酬請求に関する知識
約60~80%
医事コンピュータ技能認定試験 ・診療報酬明細書を作成するための知識
・コンピュータに関する知識
準1級:約55%
2級:約33%
3級:約63%
医科 医療事務管理士 ・医療保険制度の知識
・レセプト点検
約50%
★診療報酬請求事務能力認定試験 ・診療報酬請求事務に関する知識 約30%

上記表の資格の中から、就職で役立つ資格をピックアップし、それぞれどんな人におすすめかを解説します。自分のレベルや経験に合った資格の種類を理解しましょう。

未経験で働きたい人は「医療事務認定実務者」「メディカルクラーク」がおすすめ

未経験で働きたい人は「医療事務認定実務者」「メディカルクラーク」がおすすめ

医療業界に初めて飛び込む人は「医療事務認定実務者」や「メディカルクラーク」が取得できる通信講座を選ぶのがおすすめです。

医療事務認定実務者

医療事務認定実務者は、医療事務に関する基礎知識と診療報酬請求業務の能力が身に付いていることを認める資格。診療報酬請求業務とは、健康保険などの保険者に診療報酬を請求する業務のことです。現場で必要な知識を学習できるため、即戦力として就職にも有利になります。

医療事務認定実務者を目指せる講座
  • ユーキャン
  • ヒューマンアカデミー

メディカルクラーク

またメディカルクラークは、「医療事務技能審査試験」ともよばれ、知名度の高い資格です。医療事務に関する基礎知識のほか、医療用語や書類の書き方も身に付くので、個人クリニックから総合病院まで幅広い職場で重宝されますよ。

ちなみに、「医療事務認定実務者」と「メディカルクラーク」の資格内容に大きな違いはないものの、知名度に差があります。医療事務認定実務者は2016年にできた新しい資格で、メディカルクラークは1974年誕生で歴史が長い&知名度が高い資格です。初心者の中でも実績のある資格が欲しい人は、メディカルクラークに挑戦してみてください。

メディカルクラークを目指せる講座
  • ニチイ学館

編集部

その他の「医療事務検定試験」や「医療事務能力検定試験」などでも、基礎的な知識は学べます。しかし、内容はあくまでも基礎知識のみなので、就職活動で即戦力の人材としてアピールするには弱いと言われています。

キャリアアップしたいなら「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指そう

キャリアアップしたいなら「診療報酬請求事務能力認定試験」を目指そう

医療事務の資格の中でも、難易度が高い「診療報酬請求事務能力認定試験」は、キャリアアップを目指す人にぴったり。合格率35%前後で、診療報酬請求事務を行う人の能力向上を目的とした試験です。すでに医療業界で働いている人や、すでにほかの資格を取得しており、ある程度知識を得ている人におすすめですよ。取得しておくと、就職や転職にとても有利になります。

診療報酬請求事務能力認定試験の対策ができる通信講座
  • ヒューマンアカデミー
  • フォーサイト
診療報酬請求事務とは?
診療報酬請求事務とは、カルテを元に診療報酬明細書(レセプト)を作成する仕事のこと。医療事務にも含まれている仕事です。

医療事務通信講座の費用は?料金が安いところは選ばない方がいい?

医療事務通信講座の費用は?安いだけで選んで大丈夫?

医療事務の通信講座は、平均で5万円前後の費用がかかります。2万円以下の安い通信講座では、受けたい資格が該当していない場合があるので注意してください。たとえば、「資格の大原」は2万円以下で受講できますが、取得可能な資格は「医療事務(医科)能力検定試験3級」です。医療保険制度の仕組み・明細書作成の基礎知識などが学べますが、初心者が職場で即戦力にはなるには足りない可能性があります。

一方で「大栄」の通信講座は、8万5,000円前後とやや高額。教材が豊富で「医療事務管理士技能認定試験」という、医療事務業務にまつわる幅広い知識・仕組みが理解できている証明を取得できますが、初心者にはやや難易度が高いです。

医療事務通信講座を選ぶ基準は、「安いからだめ、高いから良い」というわけではありません。「自分が取りたい資格があるか」にフォーカスして、受ける講座を選びましょう

医療事務の通信講座の選び方

ここでは、資格の種類の他に確認しておきたい、医療事務の通信講座の選び方を解説します。

費用を抑えられる「教育訓練給付制度」の対象講座をチェック

費用を抑えられる「教育訓練給付制度」の対象商品をチェック

医療事務の資格を、費用を抑えながら取得したいなら、「教育訓練給付制度」の対象となっている通信講座を選びましょう。

教育訓練給付制度が使える講座なら、受講後に費用の20%がハローワークから支給されます。たとえば5万円の講座を受講した場合、申請をすると1万円が戻ってきますよ。また、対象講座の修了要件を満たしていれば、試験に不合格だった場合でも制度を利用できるのが魅力です。

ちなみに教育訓練給付制度を利用するには、次の条件を満たしている必要があります。事前におさえておきましょう。

  • 雇用保険の加入期間が1年以上(2回目以降の申請は3年以上)ある人
  • 現在被保険者ではないが、退職1年以内で被保険者期間3年以上ある人
教育訓練給付制度がある医療事務通信講座
  • ユーキャン
  • ヒューマンアカデミー
  • ニチイ学館
  • 日本医療事務協会
  • 大栄

効率よく勉強するなら、わかりやすい講義の内容がカギ!

医療事務通信講座と一口に言っても、講座内容のわかりやすさはそれぞれ異なります。効率よく学ぶなら、テキストの見やすさや動画・質問サポートの有無など、細かい講座内容にも注目してみましょう。

図解・イラスト・カラーが豊富な「テキスト」を選ぼう

図解・イラスト・カラーが豊富な「テキスト」を選ぼう

図解・イラスト・カラーが豊富なテキスト教材は、読んでいるだけで記憶に残りやすいのが特徴。医療事務の勉強は、医療制度や医療費の計算など、日常で馴染みのない内容が多いです。イラストなどが豊富なテキストなら、文章がたくさん書いてあるだけのテキストよりも読みやすく、より理解が深まりますよ。

また医療事務の試験は、自宅や試験会場にテキストの持ち込みが可能なケースが多いです。重要な部分に色掛けされているものや、要点がまとまっているテキストなら、試験の際にポイントを見つけやすく合格率アップに繋がります。

イラスト豊富でテキストがわかりやすい医療事務通信講座
  • ユーキャン

頭に入りやすい「動画」もおすすめ。スマホで見られるものがGOOD

頭に入りやすい「動画」もおすすめ。スマホで見られるものがGOOD

テキストだけを読むのが苦手な人は、動画の教材が付いた医療事務通信講座が最適です。テキストの補足や要点などを目と耳で学習できるので、頭に入りやすく勉強がはかどります。なかには、通学講座の講義を動画で閲覧できるものもあり、実際に講義を受けているような形で受講ができますよ。

さらに、動画をスマホで閲覧できるものなら、電車の中や仕事の休憩時間などにも勉強できるのがポイント。家ではなかなか勉強する時間が取れない人でも、すき間時間を活用して効率よく勉強できます。

動画教材がある医療事務通信講座
  • ヒューマンアカデミー
  • 資格の大原
  • ニチイ学館
  • 日本医療事務協会
  • 大栄

わからないことを気軽に聞ける「質問サポート」があると、より深く学べる

わからないことを気軽に聞ける「質問サポート」があると、より深く学べる

勉強中に疑問に思ったことを確認できる「質問サポート」は、あると便利なサービスです。質問サポートは、ほとんどの医療事務通信講座に付いています。独学だと知識のある人に直接質問することは難しいですが、質問サポートなら気軽に悩みを解決できますね。

質問の仕方は、通信講座によって異なりますが、メール・ファックスなどで質問可能です。ただし、1日の質問回数に制限がある場合があります。心配な人は無制限で質問できる講座を選びましょう。

無制限で質問できる医療事務通信講座
  • ヒューマンアカデミー
  • ニチイ学館
  • 資格のキャリカレ
  • 日本医療事務協会
  • 大栄

資格取得後すぐに働きたいなら「就職支援」付きの通信講座をチョイス

資格取得後すぐに働きたいなら「就職支援」付きの通信講座をチョイス

医療事務の通信講座で資格を取得後、すぐ働く予定なら「就職支援」が付いた講座を選ぶのがおすすめです。通信講座の就職支援とは、求人の紹介や就職に関するアドバイスを受けられるサポートのこと。履歴書の添削など、内定に向けてのサポートを行ってくれるところもありますよ。

資格取得から就職まで最短で目指したい人は、以下の通信講座をチェックしておきましょう。

求人紹介を行う通信講座
  • ヒューマンアカデミー
  • 資格の大原
  • ニチイ学館
  • 資格のキャリカレ
  • 日本医療事務協会
履歴書添削を行う通信講座
  • 日本医療事務協会

医療事務の通信講座おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品公式サイト目指せる資格料金テキスト数動画講義スマホ対応質問サポート教育訓練給付制度就職支援
ユーキャン公式サイト医療事務認定実務者4万9,000円3冊~なしあり1日3問まで対象面接アドバイス
ヒューマンアカデミー たのまな公式サイト医療事務認定実務者4万7,300円6冊ありあり無制限対象仕事相談・求人紹介
資格の大原公式サイト医療事務(医科)能力検定試験3級1万9,300円1冊~ありあり-対象外求人紹介
ニチイ学館 まなびネット公式サイトメディカルクラーク(医科)4万7,850円7冊ありあり無制限対象仕事相談・求人紹介
資格のキャリカレ公式サイトJADP認定医療事務資格5万4,800円7冊なしあり無制限対象外求人紹介・面接アドバイス
日本医療事務協会公式サイト医療事務検定試験3万7,400円2冊ありあり無制限対象求人紹介・履歴書添削
大栄公式サイト医療事務管理士技能認定試験8万5,657円6冊~ありあり無制限対象プロシード登録(人材派遣のマッチングサービス)

医療事務の通信講座おすすめ人気ランキング7選

医療事務の通信講座のよくある質問

医療事務に国家資格はありますか?

医療事務に国家資格はなく、全て民間の資格です。求人に応募するのに資格は必須ではありませんが、あると有利です。

医療事務の通信講座の安い商品でも、資格は取れますか?

安い医療事務の通信講座でも資格取得は可能です。しかし自分の取りたい資格や、就職に有利になる資格かどうかを、よく検討してから選ぶことをおすすめします。

おすすめ医療事務の通信講座まとめ

医療事務通信講座の選び方
  • 未経験なら「医療事務認定実務者」「メディカルクラーク」の資格取得を目指そう
  • 「教育訓練給付制度」の対象商品なら、お得に受講ができる
  • すき間時間にも勉強したい人は、動画教材・スマホ対応の商品を選んで
  • 「就職支援」付きの通信講座は就職のサポートもしてもらえる

今回は、医療事務通信講座の選び方について解説しました。医療事務の資格はさまざまあるので、自分のレベルや経験、目指す職場などに合わせて選びましょう。医療事務の通信講座を活用し、効率よく資格取得を目指してくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー