楽器&合奏練習に!メトロノームおすすめ14選!電子・安い・おしゃれなものなど幅広く

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

メトロノーム

一定間隔でテンポを刻んでくれる「メトロノーム」。ヤマハやウィットナーといった人気メーカーから販売されており、楽器・合唱の練習には欠かせないアイテムです。レトロな木製モデルやキャラクターデザインが描かれたものなど、おしゃれなメトロノームも沢山登場していますよ。

しかし、メトロノームにはさまざまな種類があり、用途や演奏する楽器によって使いやすい商品が異なります。初めて購入する人の中には、「安くて使いやすいメトロノームが欲しい」「電子式のおすすめはどれ?」と疑問を感じる人も多いはず。

そこで今回は、「メトロノーム」についてPicky’s編集部が徹底解説。自分に合ったメトロノームの選び方やおすすめメーカー、人気商品ランキング14選をまとめました。記事の後半では、メトロノームの使い方や効果的な練習方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メトロノームのおすすめの選び方

メトロノーム 選び方

はじめに、メトロノームの選び方を紹介します。種類・機能・デザインなど、自分に合ったメトロノームを選ぶためのポイントを詳しくまとめました。

用途や楽器に合わせて「種類」をチェックする

メトロノームは、主に「振り子式」と「電子式」の2つに分類されます。それぞれの特徴を解説するので、自分の使い方や楽器に合わせて選びましょう。

振り子式:音と針でテンポが分かる!ピアノ練習や合奏での使用におすすめ

メトロノーム 振り子式

出典:amazon.co.jp

振り子式は、左右に動く振り子によってテンポを刻むアナログタイプのメトロノーム。振り子の動きと音でテンポを確認できるので、複数人で行う合奏練習やピアノ練習に最適です。ゼンマイを巻くだけで駆動するものが多く、電池などが必要ないのも大きなメリットですね。

ただし、振り子式のメトロノームは電子式に比べると大きくて重たいため、持ち歩きには向きません。また、メトロノーム本体を水平な場所に置く必要があり、設置場所も限られます。振り子式のメトロノームは、楽器・合奏練習をする場所が定まっている人や、仲間同士で音を合わせる目的として使いたい人におすすめです。

電子式:個人練習用に欲しい人向け。コンパクトサイズで持ち運びもしやすい

メトロノーム 電子式

出典:amazon.co.jp

電子式は「機械式」とも呼ばれ、電池で動くデジタルタイプのメトロノームのこと。スマートフォン程度の小型なものが多く、軽量で持ち運びしやすいのが特徴です。ボタン操作だけで音量やテンポを簡単かつ正確に調整できるのもメリット。

ただし電子式のメトロノームは、視覚からもテンポを確認できる振り子式とは違い、音のみでテンポを確認します。大人数での練習にはやや不向き。電子式は、2~3人の少人数での使用や、個人練習時にぴったりです。

電子式の中でもおすすめなのは、耳に直接着けて使えるイヤホンタイプ。メトロノームの音をダイレクトに聞き取れるので、周囲が騒がしい場所でも快適に使用できますよ

関連記事:【88鍵盤も】人気のおすすめロールピアノ21選! 練習になる?ヤマハ製は?

電子式なら音程を調整できる「チューナー付き」が便利

メトロノーム チューナー

出典:amazon.co.jp

電子式のメトロノームには、正しい音程をチェックするためのチューナー機能が備わっているものがあります。自分が出した音が基準音より高いのか・低いのかを表示してくれるので、合奏前のチューニングなどに役立ちますよ。管楽器やギターなど、チューニングが必要な楽器を使っている人は要チェックです。

また、2拍子・3拍子・シャッフルビートなどのリズムを刻んでくれるビート機能・時間を計測できるタイマー機能・電源を切る前の設定を記憶するメモリー機能など、商品によって搭載機能はさまざま。自分の使い方や演奏する楽器に合わせて、機能を選んでくださいね。

木製・キャラクター系などのおしゃれな「デザイン」に注目して

木製・キャラクター系などのおしゃれな「デザイン」に注目して

出典:amazon.co.jp

メトロノームを選ぶときは、本体の色・デザインにもこだわりましょう。レトロな木製やパステルカラーのかわいいもの、キャラクターのイラストが描かれたものなど、メトロノームのデザインは豊富です。自分好みのおしゃれなメトロノームを見つければ、普段の楽器練習がより楽しい時間になりますよ。

安い&高級!おしゃれなメトロノームのおすすめ人気メーカー

次に、メトロノームのおすすめメーカーを紹介します。初心者にぴったりな定番メーカーやマニア心をくすぐる人気メーカーなど、特にチェックしておきたい3つをピックアップしました。

初心者にもおすすめな「YAMAHA(ヤマハ)」

ヤマハは、世界最大の楽器・音響機器メーカー。メトロノームは、レトロな振り子式からコンパクトな電子式まで、幅広いラインナップを展開しています。メトロノームの値段は2,000~6,000円程度で、初心者にも手に取りやすい商品が充実しているのが魅力です。

高級感を求める人は「Wittner(ウィットナー)」

ウィットナーは、1895年に誕生したドイツの有名メトロノームメーカー。メトロノームは振り子式が中心で、アンティークでレトロなデザインが多数登場しています。価格は1~3万円と他のメーカーに比べるとやや高めですが、重厚感・高級感にこだわりたい人におすすめですよ。

キャラクターデザインが豊富な「SEIKO(セイコー)」

セイコーは、日本が誇る老舗ウォッチメーカー。時計のイメージが強いセイコーですが、メトロノームの取り扱いも充実しています。「リラックマ」「すみっコぐらし」などのキャラクターコラボの商品も多いので、かわいいメトロノームが欲しい人はぜひチェックしてくださいね。

【電子式】メトロノームおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ重量テンポ拍子チューナー機能その他特徴
YAMAHA チューナーメトロノーム TDM-700P確認中 楽天市場AmazonYahoo!11.1×7.4×1.8cm103g-0~9拍子デュアル機能/イヤホンジャック付き/サウンドバック機能
YAMAHA 電子メトロノーム ME-55確認中 楽天市場AmazonYahoo!6.2×4.4×1.7cm30g30~250回/分0~7拍子/2連符/4連符-クリップタイプ/メモリーバックアップ機能
SEIKO クォーツメトロノーム マルチファンクション DM90B確認中 楽天市場AmazonYahoo!6.1×5.7×1.9cm45g30~250回/分0~9拍子ストップウォッチ機能/タイマー機能/時計機能/アラーム機能/温度計/湿度計/ネックストラップ付き
SEIKO 電子メトロノーム DM-110確認中 楽天市場AmazonYahoo!10×6.6×2cm85g30~250回/分0~8拍子-ストップウォッチ機能/ビート機能/イヤホンジャック付き
KORG インイヤーメトロノーム IE-1M確認中 楽天市場AmazonYahoo!4.9×2.2×2.2cm9g30~252回/分0~9拍子/4分音符/2連符など-イヤホンタイプ/メモリーバックアップ機能/ビート機能/キャリングケース付き
SEIKO 電子メトロノーム DM71¥2,670 楽天市場AmazonYahoo!5.7×3.7×3.4cm35g30~250回/分0~7拍子-クリップタイプ
KORG メトロノーム KDM-3確認中 楽天市場AmazonYahoo!11.3×7.3×6cm167g30~252回/分0~9拍子/2連符/3連符などメモリーバックアップ機能/タイマーモード機能/オートパワーオフ機能/ビート機能
BOSS Dr.Beat DB-30¥4,400 楽天市場AmazonYahoo!9×6.1×2cm70g30~250回/分4分音符/8分音符/18分音符などメモリー機能/オートパワーオフ/ビート機能/イヤホンジャック付き

【電子式】メトロノームおすすめ人気ランキング8選

【振り子式】メトロノームおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量テンポ拍子持ち手カバー
YAMAHA メトロノーム MP-90確認中 楽天市場AmazonYahoo!20.2×11.1×9cm405g40~208回/分0~6拍子--
日工 メトロノーム  ¥5,445 楽天市場AmazonYahoo!20.7×11.7×11cm-40~208回/分2~6拍子-
RAKU メトロノーム¥3,280 楽天市場AmazonYahoo!20.5×11.8×10.3cm-40~208回/分0~6拍子-
日工 メトロノーム 奏 610楽天市場¥12,800 AmazonYahoo!13.6×9.5×9.5cm-40~208回/分---
SEIKO メトロノーム SPM-320確認中 楽天市場AmazonYahoo!20.2×11.4×11.9cm398g40~208回/分0~6拍子--
Wittner メトロノーム タクテル スーパーミニ確認中 楽天市場AmazonYahoo!高さ10.5cm----

【振り子式】メトロノームおすすめ人気ランキング6選

初心者必見!メトロノームの使い方

今回は、メトロノームの基本的な使い方を紹介。電子式・振り子式のそれぞれの操作方法をまとめているので、初めてメトロノームを使う人はぜひ目を通しておきましょう。

電子式メトロノームの使い方

メトロノーム 使い方

電子式メトロノームには小さなディスプレイがついており、テンポを示す数字が表示されています。まずは、本体のボタンを操作して演奏したいテンポに設定しましょう。スタートボタンを押せば、「ピッピッ」という電子音でテンポが刻まれます。

振り子式メトロノームの使い方

メトロノーム 使い方

振り子式のメトロノームは、針についているおもりの位置を変えてテンポを調整します。「♩=40」に設定したい場合は、針の目盛りの「40」に合わせましょう。振り子式には電源ボタンなどはついていないので、本体のねじを回して振り子を動かします

メトロノームの主なテンポ一覧

メトロノーム テンポ

楽譜には、演奏に最適なテンポが数字や言葉で示されています。一般的なのは「メトロノーム記号(♩)」で、曲の始まりやテンポが変わる部分などに表記されているのが特徴。例えば、「♩=60」は「4分音符が1分間に60個入る速さ」という意味です。

中には、あえて具体的な数字を示すのではなく、「速度標語」と呼ばれる言葉によって曲の速さを指定している曲もあります。速度標語で示されている主なテンポを下記にまとめているので、練習時の参考にしてみてください。

速度標語 意味 速さの目安
ラルゴ 幅広く ♩=40~50
レント ゆるやかに ♩=50~56
アダージョ ゆっくりと ♩=56~63
アンダンテ 歩くような速さで ♩=63~76
モデラート 控えめなスピードで ♩=76~96
アレグレット やや快速に ♩=96~120
アレグロ 快速に ♩=120~152
ヴィヴァーチェ 活発に ♩=152~176
プレスト 急いだスピードで ♩=176~192
プレスティッシモ 極めて速く ♩=192~208

メトロノームを使った効果的な練習方法

「メトロノームを買ったはいいけど、どうやって練習に活用すればいいの?」と悩む人のために、ここではメトロノームを使った効果的な練習方法を紹介します。1~4のステップに分けてまとめているので、初心者はぜひチャレンジしてみてください。

練習①メトロノームに合わせてリズムを取る

メトロノーム リズム

初心者は、メトロノームに合わせて手を叩く練習からスタートします。正確なテンポに合わせて体を動かすのは、リズム感を掴むためにおすすめの練習方法です。基礎的な4分音符から始めて、慣れてきたら8分音符、16分音符と徐々にテンポを速めていきましょう。

練習②メトロノームに合わせて楽譜を読む

メトロノーム 楽譜

楽譜を一通り読み終えたら、次はメトロノームのテンポに合わせて楽譜を読みます。曲のリズムに沿って音符を追うことで、曲の流れをイメージしやすくなるのがメリット。楽器初心者だけでなく、経験者にも新しい曲を練習する際にはぜひ試して欲しい練習方法です。

練習③メトロノームに合わせて楽器を演奏する

メトロノーム 演奏

曲の流れをインプットできたら、メトロノームに合わせて楽器の基礎練習をします。同じテンポをキープしながら演奏するための練習なので、はじめはゆっくりのテンポでもOK。徐々にテンポを上げながら、指定されているテンポに合わせていきます。

ただし、1曲を通して演奏する必要はありません。メトロノームでの練習に慣れすぎると、ロボットのような機械的な演奏になりやすいので要注意。特に、バンドや合奏で演奏する場合は、正しいリズムをキープし続けることよりも他の楽器と合わせることが重要です。

メトロノームはあくまでリズム感を身につけるためのサポートアイテムとして活用しながら、メトロノームに合わせることが最終目標にならないように意識しましょう。

練習④メトロノームに合わせて苦手な部分だけを練習する

メトロノーム 練習

メトロノームを使って演奏すると、無意識のうちに遅く弾いている部分や苦手なパートを把握しやすくなります。苦手な部分・複雑なパートは、メトロノームを使って反復練習を行います。上達してきたら、前後のパートと繋いでスムーズに演奏できるようにしましょう。

一時的に使いたいときは無料の「メトロノームアプリ」が便利!

メトロノーム アプリ

最近では、メトロノームのスマートフォンアプリやサイトなどが登場しています。無料で利用できるものも多く、商品を購入しなくてもアプリ・サイト上でメトロノームの機能を使えるのが魅力です。

ただし、アプリ・サイトのメトロノームは、スマートフォンのバッテリーを消耗してしまうため、長時間の使用にはあまり向いていません。早急にメトロノームが必要になったときや、メトロノームの機能を試してみたい初心者はぜひ活用してみてください

編集部

Googleの検索フォームに「メトロノーム」と入力すると、検索機能にメトロノームが表示されますよ。普段からGoogleを利用している人はぜひチェックしてみてください。

メトロノームのよくある質問

メトロノーム よくある質問

メトロノームはどこで購入できる?

メトロノームは、楽器店や音響機器専門店、ヨドバシカメラなどの家電量販店で購入できます。Amazonや楽天市場などでは、さまざまなメーカーのメトロノームが販売されています。

メトロノームはメルカリなどでも買える?

メルカリなどのフリマアプリでは、メトロノームの中古品が販売されていることがあります。定価より安く購入できるメリットはあるものの、中には状態が悪いものなども売られているので、購入時は商品のコンディションをよく確認しましょう。

メトロノームはゴルフのスイング練習もできるって本当?

ゴルフでは、常に一定のリズムでスイングすることが大切。ゴルファーには、練習にメトロノームを使う人もいます。速さは65~70くらいが一般的ですが、自分が打ちやすいと感じるリズムを見つけてください。

メトロノームのおすすめまとめ

メトロノーム まとめ

  • メトロノームはギターやピアノなどの楽器練習に欠かせないアイテム
  • 演奏したい楽器や使用場所に合った種類のメトロノームを選んで
  • メトロノームを使って効率よく楽器・合奏練習を進めよう

今回の記事では、「メトロノーム」について紹介しました。一定の間隔でリズムを刻んでくれるメトロノームは、楽器や合唱の練習に役立つアイテム。ぜひこの記事を参考にして、自分にぴったりの使いやすいメトロノームを選んでくださいね。

関連記事:折りたたみ&卓上型も!譜面台おすすめ18選!おしゃれな木製や軽量タイプも登場

関連記事:【おしゃれな北欧風も】ピアノカバー人気ランキング13選!アップライトにおすすめ

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー