白米より栄養豊富!雑穀米おすすめ30選!無農薬・グルテンフリーの商品も

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

白米より栄養豊富!雑穀米おすすめ30選!無農薬・グルテンフリーの商品も

大麦や黒豆など、さまざまな穀物の味わいや食感を楽しめる「雑穀米」。白米に比べ、食物繊維・ビタミン類・ポリフェノールなどの栄養素が豊富に含まれており、いつものご飯に混ぜるだけで栄養価がアップします。

しかし、雑穀米の種類はさまざまなので、「やずや・はくばく・アイリスフーズなど、おすすめのブランドは?」「二十二雑穀や十六雑穀など、何品目の雑穀米を選んだらよい?」など、商品選びに迷う人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの雑穀米をランキング形式でご紹介します。雑穀米を食べるメリットや、ダイエット中の主食におすすめの理由などついても解説しますので、商品選びの参考にしてください。

豊富な栄養素を摂取できる!雑穀米の魅力とは?

白米にはない栄養素を摂取できる!雑穀米の魅力とは?

雑穀米の魅力とは、白米に比べ豊富な栄養素を摂取できること。そもそも雑穀とは、日頃主食として食べられている米や小麦などを除いた穀類を指します。雑穀の種類は、もち麦・大麦・オーツ麦・黒米・あわ・きびなどの穀類や、大豆・黒大豆・小豆といった豆類などさまざま。それぞれに多様な栄養素を含んでいます。

雑穀を白米に混ぜた雑穀米を主食とすることで、食物繊維やポリフェノール、ビタミン類やミネラル類など、白米だけでは足りない栄養素をバランス良く摂取することが可能です。

雑穀米のメリット
  • 白米には足りないような栄養素を摂取できる
  • 噛み応えがあり満足感が高い
  • 雑穀の種類ごとの食感や味わいの違いを楽しめる
  • ダイエット中の主食にも向く
  • ピンク色に色付くものもあり食卓が華やかになる

編集部

魅力の多い雑穀米ですが、雑穀の種類によって含まれる栄養素や味わいは異なります。購入前に、雑穀ごとの特徴や、どんな栄養素が含まれているかをチェックしてみましょう。

雑穀米がダイエット中の食事におすすめな理由は?

雑穀米がダイエット中の食事におすすめな理由は?

雑穀米は白米に比べ、歯応えがあるのが特徴。少量でも満足感が高く腹持ちが良いため、ダイエット中の主食におすすめです。また白米より糖質が低いものが多い点もポイント。しっかり満足感を得ながら糖質を抑えた食事を摂ることができます。

また、雑穀に含まれる豊富な食物繊維に、腸内環境の改善をサポートする働きがあることも、ダイエット中に良い食材と言える理由でしょう。さらに豆類などで、食事制限により不足しがちなタンパク質を補えるのも嬉しいポイントです。

雑穀米の選び方

雑穀米を選ぶ際は雑穀の種類・食べやすさ・手軽さ・品質・グルテンフリーなどに注目して選んでみましょう。ここではそれぞれのポイントについて解説します。

食べる目的に合った雑穀の種類を選ぶ

雑穀米に使用されている雑穀には、大麦・発芽玄米・アマランサスなど、さまざまな種類があります。それぞれの特徴をチェックし、食べる目的に合ったものを選びましょう。

健康管理には、大麦・豆類・ごま・アマランサス

健康管理には、大麦類・豆類・ごま・アマランサス

健康管理のために雑穀米を食事に取り入れたいなら、大麦類・豆類・ごま・アマランサスが入ったものを選んでみましょう。大豆や小豆などの豆類には、タンパク質が豊富に含まれています。タンパク質は筋肉や皮膚、髪などを作る、人体に欠かせない栄養素です。

また大麦・ごま・アマランサスは、それぞれ食物繊維・カルシウム・マグネシウムを多く含んでいます。これらはどれも健康維持に重要な栄養素。食生活を見直して内側から健康を目指したい人は、チェックしてみてください。

美容を意識するなら黒豆・黒米

美容を意識するなら黒豆・黒米

美容を意識して雑穀米を習慣にするなら、黒豆や黒米が入ったものがおすすめ。黒豆や黒米には、ポリフェノールの1種であるアントシアニンが豊富に含まれています。アントシアニンは抗酸化作用の働きがあり、エイジングケアに役立つ栄養素。

またアントシアニンは、目の老化防止でも知られています。目の疲れや年齢による目の衰えが気になる人にもぴったりな栄養素です。

編集部

アントシアニンは、雑穀米を鮮やかなピンクに色付ける特徴もあり、食卓に華やかさを演出できますよ。
 

ダイエット中には、大麦類・発芽玄米・キヌア・豆類

ダイエット中には、大麦類・発芽玄米・キヌア・豆類

ダイエット中に雑穀米を主食にするなら、大麦類・発芽玄米・キヌア・豆類がブレンドされたものがうってつけ。押し麦やもち麦などの大麦類には食物繊維が豊富に含まれており、噛み応えがあるのが特徴。しっかり噛むことで少量でも満腹感を得られるでしょう。

また発芽玄米に含まれる鉄分・マグネシウムや、キヌア・豆類に含まれるタンパンク質も、ダイエット中に積極的に摂りたい栄養素。特に小豆や大豆などの豆類は、粒が大きく噛み応えもあり、栄養価と満腹感の両面からダイエットをサポートしてくれますよ。

食べ応えのある食感にこだわるなら、もち麦・アマランサス

食べ応えのある食感にこだわるなら、もち麦・アマランサス

食べ応えを重視する人は、もち麦やアマランサスが入った雑穀米をチェックしてみましょう。もち麦はもちもちとした弾力のある食感が特徴。またアマランサスはプチプチとした歯応えを楽しめます。

どちらも雑穀米に加わることで、多彩な食感を楽しめ、しっかりとした食べ応えを感じられるでしょう。普段の白米だともの足りなさを感じる人や、雑穀ならではの食感を堪能したい人におすすめです。

関連記事:【手軽で美味しい】洋風インスタントスープおすすめ30選!野菜や春雨入りもご紹介

食べやすさも肝心。続けやすい味や食感に注目

雑穀米を主食にするなら、食べやすいものを選ぶことが肝心です。クセの少ない味わいや、食べやすい食感のものなど、毎日続けやすいものに注目してみましょう。

クセの少ないものを選ぶなら、あわ・もち麦入りがおすすめ

クセの少ないものを選ぶなら、あわ・もち麦入りがおすすめ

雑穀米を毎日の習慣にしたいなら、食べやすさは重要です。クセの少ないあわは、飽きのこないさっぱりした味わいが魅力。またふっくらした食感のもち麦は、見た目や食べたときの甘みなどが白米によく似ており、初めての人でも違和感なく食べられますよ。

反対に、歯応えのある大麦や独特の風味が強い大豆など、個性を感じやすいものは初心者には不向き。まずは食感や味わいが白米に近いものから初めてみるのがおすすめです。

雑穀の種類は10種類前後を目安に。少ないほど食べやすさがアップ

雑穀の種類は10種類前後を目安に。少ないほど食べやすさがアップ

出典:amazon.co.jp

食べやすさを意識するなら、雑穀の種類は10種類前後を目安に選んでみましょう。雑穀米の中には、30種類以上もの多くの雑穀を使用したものもあります。雑穀の種類が多過ぎると、穀物特有のえぐみやニオイなどを感じやすく食べにくさを感じる傾向があるため、多くても20種類以下を選ぶのがおすすめ。

雑穀の種類が少ないほど、程良く旨みや風味を感じられ、より食べやすく感じられます。また雑穀の種類が多いものに比べ、1種類ごとの栄養素を効率良く摂取できるのもメリットです。

手軽に食べたいならパッケージにもこだわろう

雑穀米を炊く際は、計量や水加減といった多少の手間がかかるもの。ここでは手軽に食べられる雑穀米を選ぶポイントを解説します。

計量が面倒な人には個包装タイプがおすすめ

計量が面倒な人には個包装タイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

雑穀米を手軽に炊きたい人には、個包装タイプがおすすめ。雑穀米1回分の容量(20〜30g程度)に小分けになっているので、計量の手間がかからないのが魅力です。白米2〜3合に対して1袋を入れるだけで、気軽に雑穀米を作れます。

また使う分だけ開封するため、品質や風味をキープできるのも利点。持ち運びにも便利なので、キャンプなどアウトドアでの食事にも便利です。

忙しい人や時間がないときにはレトルトパックが便利

忙しい人や時間がないときにはレトルトパックが便利

出典:amazon.co.jp

できるだけ簡単に雑穀米を食べたい人には、レトルトパックが便利です。通常、炊飯器で雑穀米を炊こうとすると、40分程度の時間がかかります。レトルトパックなら電子レンジで約2〜3分加熱するだけで、手軽にスピーディーに雑穀米を食べられます。

また雑穀米を炊く際に水加減に気を遣う必要がありますが、レトルトパックならそういった手間が不要な点も嬉しいポイント。忙しい日や、時間がないときの食事に重宝しますよ。

コスパで選ぶなら大袋タイプがおすすめ

コスパで選ぶなら大袋タイプがおすすめ

出典:amazon.co.jp

雑穀米は25g程度の小分けになったタイプから、500gや1kgほどの大袋に入っているものまであります。コスパで選ぶなら、大容量の大袋タイプを選びましょう。

ただし大袋タイプの場合は、毎回自分で測って入れなければならない手間があります。その分、自分の食べたい量を細かく調節できるのがメリットでもありますね。

また、大袋タイプの場合は開け口にチャックが付いていて保存しやすいものがおすすめです。毎日食べたいからコスパの良いものを選びたいという人は、大袋タイプをチェックしてみてください。

品質にこだわるなら産地や農薬・添加物の有無をチェック

品質にこだわるなら産地や農薬・添加物の有無をチェック

出典:amazon.co.jp

原材料にこだわる人は、雑穀の産地に注目してみましょう。産地は100%国産の雑穀を使用したものや、外国産を一部配合しているものなど、メーカーによってさまざま。

国産にこだわるなら、さらにどこの都道府県で作られたものかもチェックしてみると良いですね。地域の特産のブランド雑穀も見逃せないポイント。公式サイトで生産者を紹介している商品だと、より品質への信頼も高まります。

またナチュラル志向の人は、農薬や添加物の有無もチェックしてみましょう。メーカーによっては無・減農薬栽培や、増粘剤・着色料などの添加物不使用にこだわった商品も展開しています。できるだけ自然なままの雑穀米を選ぶことで、雑穀本来の味わいを堪能できますよ。

小麦アレルギーが気になる人はグルテンフリーを選択

アレルギーが気になる人はグルテンフリーを選択

出典:rakuten.co.jp

雑穀米を食べたいけれど小麦アレルギーが気になるといった人は、グルテンフリーの雑穀米を選びましょう。グルテンフリーの雑穀米には大麦やもち麦などの麦類が入っておらず、小麦アレルギーの人やグルテンフリーの食生活を送っている人でも気兼ねなく食べられます。

雑穀米おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格品目内容量原材料包装タイプ原産地カロリー(100gあたり)
くまもと風土 国産二十五雑穀米¥1,280 楽天市場AmazonYahoo!25種類450g丸麦、青肌玄米、もち黒米、胚芽押麦、もち玄米など日本
はくばく 業務用十五穀ごはん もち麦ブレンド楽天市場¥1,323 AmazonYahoo!15種類1000g押し麦、黒米、もち麦、キヌア、もちあわなど347kcal
自然の館 未来雑穀21¥1,050 楽天市場AmazonYahoo!21種類以上400g裸麦α(大麦(国産))、黒米、裸押し麦、もち麦、赤米などチャック式346kcal
SUPER FOODS JAPAN もち麦たっぷり16種雑穀米楽天市場¥872 AmazonYahoo!16種類500gもち麦、丸麦(大麦)(国産)、押し麦(国産)、キヌア、アマランサスなどチャック式日本他
国産 栄養満点23穀米¥2,500 楽天市場AmazonYahoo!23種類500g×2袋丸麦、黒米、押麦、大豆、もち麦などチャック式日本366kcal
SUPER FOODS JAPAN グルテンフリー 厳選国産 十五穀米楽天市場¥1,000 AmazonYahoo!15種類450g黒米、大豆、赤米、小豆、黒大豆などチャック式日本454kcal
情熱畑 すべて国産二十二雑穀¥1,000 楽天市場AmazonYahoo!22種類460g×2袋丸麦(大麦(国産))、押麦、黒米、青肌玄米、赤米などチャック式日本
タマチャンショップ 三十雑穀¥1,000 楽天市場AmazonYahoo!30種類300g胚芽押麦、うるち玄米、挽割小豆、黒米、もち麦などチャック式日本353kcal
雑穀米本舗 明日への輝き39穀米ブレンド¥4,680 楽天市場AmazonYahoo!39種類500g×4袋丸麦、黒米、大豆、押麦、もち麦など日本364kcal
神明 米屋のこだわり 十八穀米楽天市場¥980 AmazonYahoo!18種類25g×22包‎押麦、はだか麦、もち玄米(国産)、青肌玄米(国産)、黒米(国産)など個包装日本344kcal
雑穀米本舗 美容重視ビューティーブレンド¥2,500 楽天市場AmazonYahoo!15種類500g×2袋胚芽押麦、大豆、黒米、はだか麦、黒大豆などチャック式日本372kcal
イミコトマルシェ 雑穀米 kokuu¥3,672 楽天市場AmazonYahoo!24種類300g×2袋発芽玄米、黒米、もち玄米、赤米、餅黒米などチャック式日本
自然の館 白の雑穀¥1,050 楽天市場AmazonYahoo!24種類400g×2裸麦α(大麦(国産))、裸押し麦、もち玄米、押しもち麦、黄大豆(割り)など日本
種商 国内産十六穀米 業務用楽天市場¥888 AmazonYahoo!16種類500g押麦(大麦(国産))、はだか麦(大麦(国産))、黒米、もち玄米、青肌玄米などチャック式日本346kcal
国産 グルテンフリー雑穀¥1,248 楽天市場AmazonYahoo!18種類450g×2袋黒米、大豆、もち米、赤米、発芽玄米などチャック式日本377kcal
おいしいStyle PROTEIN雑穀¥780 楽天市場AmazonYahoo!10種類400g×2裸麦α(大麦(国産))、黄大豆(割り)、青大豆(割り)、黒千石大豆、もち麦などチャック式日本355kcal
やずや 発芽十六雑穀¥3,980 楽天市場AmazonYahoo!16種類25g×25袋発芽もち玄米(国内製造)、発芽はだか麦、胚芽押し麦、発芽玄米、発芽もち黒米など個包装340kcal
祖の食庵 うつくし30雑穀¥1,199 楽天市場AmazonYahoo!30種類600g丸麦(大麦(国産))、黒米、胚芽押麦、青肌玄米、もち麦などち玄米など日本
情熱畑 すべて国産二十二雑穀楽天市場¥1,000 AmazonYahoo!22種類460g×2袋丸麦(大麦(国産))、押麦、黒米、青肌玄米、赤米などチャック式日本
はくばく 大戸屋 もちもち五穀ごはん楽天市場¥1,903 AmazonYahoo!5種類30g×6袋×6セット大麦、黒米、とうもろこし、黒ごま、白ごま個包装346kcal
はくばく 十六穀ごはん¥1,007 楽天市場AmazonYahoo!16種類30g×15袋黒米(国産)、もちあわ、蒸煮黒豆(大豆)、アマランサス、もちきび、焙煎発芽玄米、キヌア、たかきび、蒸煮小豆、黒煎りごま、白煎りごま、発芽赤米、白麦、うるちひえ、挽割とうもろこし、挽割はと麦個包装380kcal
こめからだ そのまま炊ける雑穀ごはん楽天市場¥1,073 AmazonYahoo!6種類2kg無洗米、玄米、もち麦、オーツ麦、とうもろこしなど日本、オーストラリア、アメリカ
ハーブ健康本舗 おいしくて笑顔になる国産雑穀米楽天市場¥1,680 AmazonYahoo!24種類25g×7袋胚芽押麦(大麦(国産))、もち玄米、はだか麦、黒米、青肌玄米など個包装日本
アイリスフーズ 十六穀米楽天市場¥788 AmazonYahoo!16種類30g×6袋もち麦(カナダ又はアメリカ)、とうもろこし、黒米(国産)、もちきび、白麦など個包装カナダまたはアメリカ、日本
山本靖雄酒店 岡山県産 八種の美人雑穀米楽天市場¥888 AmazonYahoo!8種類900g大麦、紫もち麦、もち麦、古代米黒米、古代米赤米など日本
はくばく 十六穀ごはん楽天市場¥1,218 AmazonYahoo!16種類30g×15袋黒米(国産)、もちあわ、蒸煮黒豆(大豆)、アマランサス、もちきびなど個包装380kcal
こめからだ そのまま炊ける雑穀ごはん楽天市場¥1,073 AmazonYahoo!6種類2kg無洗米、玄米、もち麦、オーツ麦、とうもろこしなど日本、オーストラリア、アメリカ
ハーブ健康本舗 おいしくて笑顔になる国産雑穀米楽天市場¥1,680 AmazonYahoo!24種類25g×7袋胚芽押麦(大麦(国産))、もち玄米、はだか麦、黒米、青肌玄米など個包装日本
アイリスフーズ 十六穀米楽天市場¥788 AmazonYahoo!16種類30g×6袋もち麦(カナダ又はアメリカ)、とうもろこし、黒米(国産)、もちきび、白麦など個包装カナダまたはアメリカ、日本
山本靖雄酒店 岡山県産 八種の美人雑穀米楽天市場¥888 AmazonYahoo!8種類900g大麦、紫もち麦、もち麦、古代米黒米、古代米赤米など日本

雑穀米おすすめ人気ランキング30選

雑穀米のおすすめ人気メーカー

有名店とのコラボ商品を展開する「はくばく」

「はくばく」は、山梨県に本社を置く食品メーカーで、 大麦・玄米・雑穀といった穀物を加工した商品を幅広く展開しています。「十六穀ごはん」は、国産の黒米やもちあわ、蒸煮黒豆など16種類の雑穀を使用しておりバラエティ豊かな味わいや食感を楽しめる人気商品。

手軽に炊ける個包装タイプやたっぷり食べられる大袋タイプ、調理が簡単なレトルトタイプなどから選べるのも魅力です。タニタ食堂や大戸屋などとコラボした雑穀米も注目商品で、栄養面にこだわりたい人や有名店の味を試してみたい人におすすめです。

リッチもち麦などのスーパーフード3種を配合した「アイリスフーズ」

「アイリスフーズ」は「アイリスオーヤマ」の関連会社で、米穀加工品を中心に食品の製造や販売を行っています。アイリスフーズの「十六穀米」は、食物繊維とβグルカンをたっぷり含んだリッチもち麦をメインに、カルシウムが豊富なアマランサスや、必須アミノ酸をバランスよく含むキヌアなど、16種類の雑穀をブレンド。

栄養面はもちろん、もちもち・ぷちぷちした食感もポイントです。手軽な個包装タイプなので、いつものご飯にさっと入れるだけで簡単に作れます。注目のスーパーフードを配合した雑穀米が気になる人におすすめです。

栄養面だけでなく産地や製法にもこだわった「やずや」

「やずや」は日本の食品メーカーで、健康食品の通信販売事業を行なっています。「発芽十六雑穀」は、やずやの商品の中でも人気の高い看板商品。使用している雑穀16種類のうち、12種類が発芽したものを使用しています。それにより栄養価や旨みの増した雑穀米を実現。

また16種類の雑穀を同時に食べたときの、おいしさ・食感・栄養バランスを考慮し製造しています。原材料にはすべて国内産を使用し、農薬を少しでも減らし栽培するなど、産地や製法にもこだわっています。栄養面だけでなく品質にもこだわりたい人におすすめです。

食物繊維・鉄分が豊富な「トップバリュ」

イオングループのプライベートブランド「トップバリュ」の雑穀米は、もちあわ・もち麦・黒米など、20種類の雑穀をブレンドしています。クセがなくもちもちした食感で初心者にも食べやすいのが魅力。

また冷めてもおいしく食べられるので、お弁当やおにぎりにもぴったりです。食べやすくて続けやすい雑穀米を探している人や、リーズナブルな価格のもので試してみたい人におすすめ。

雑穀米の関連商品

食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富な「玄米」

玄米とは、もみがらだけを取り除いた、精米されていないお米のことです。栄養豊富な胚芽やぬか層が残っているため、白米に比べてビタミン・ミネラル・食物繊維などがたくさん含まれているのが魅力。

普段の食事に取り入れることで、白米にない栄養素を手軽に摂取できます。食物繊維が豊富な食材で腸内環境を整えたい人や、生活習慣が乱れている人にもおすすめです。

関連記事:【2023年】家庭用精米機 おすすめランキング 10選| 安い VS 高い人気機種を徹底比較

玄米より食べやすく白米より栄養価の高い「発芽玄米」

発芽玄米とは、玄米をわずかに発芽させたお米のことです。発芽させることで、眠っていた酵素が活性化され、玄米よりも栄養価がアップします。炊く際に水分をたっぷり吸収するため、ヌカ層や外皮がやわらかくなり、白米に近い味わいが楽しめますよ。

白米に比べ、ビタミン・カルシウム・食物繊維・GABAなどの栄養素が豊富な点も発芽玄米の魅力。玄米より食べやすく、白米より栄養価の高いものが気になる人におすすめです。

ヘルシーでありながら栄養価の高い「オートミール」

オートミールとは、オーツ麦を脱穀して食べやすく加工をした食品を指します。白米に比べ、カロリーや糖質が低くダイエット中の食事としても注目されています。また食物繊維・ビタミン類・タンパク質・鉄分などの栄養素も豊富に含んでいるのも利点です。

オートミールの食べ方は、お粥やデザート・おにぎりなどさまざま。健康管理にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事:初心者も食べやすい!オートミールおすすめ15選!美味しいレシピも紹介

おすすめ雑穀米まとめ

雑穀米を選ぶ際のポイント
  • 健康管理には大麦・豆類、美容を意識するなら黒豆・黒米など、目的に合った雑穀の種類を選ぶ
  • クセの少ないものを選ぶなら、あわ・もち麦入りがおすすめ
  • 雑穀の種類は10種類前後を目安にすると初心者にも食べやすい

今回は、手軽においしく栄養を摂取できる「雑穀米」について紹介しました。ダイエット中の主食や健康管理にぴったりな雑穀米を、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。自分好みの雑穀米を選んで、健康的な食生活を送りましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー