【プラン比較】おいしい天然水ウォーターサーバーおすすめ9選|RO水との違いも解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

天然水ウォーターサーバー

自宅やオフィスで、いつでもおいしい天然水が飲める天然水ウォーターサーバー。ミネラルをたっぷりと含んだ天然水は、ほのかな甘みとさっぱりとした飲み口を味わえるのが魅力です。水の美味しさにこだわってウォーターサーバーを選びたい人にはぴったりですよ。

しかし、「いろいろなメーカーがあってどれを選べばいいか分からない」「価格の安いプランと高いプランの違いは?」と、利用を迷っている人は多いはず。また、天然水とRO水の違いも気になりますよね。

そこで今回は、Picky’s編集部が天然水ウォーターサーバーについて徹底調査。天然水ウォーターサーバーのおすすめ業者9選はもちろん、失敗しないウォーターサーバーの選び方や安いプランと高いプランの違いなどをまとめました。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

ミネラル豊富でおいしい!天然水ウォーターサーバーの魅力

天然水 メリット

天然水ウォーターサーバーは、自宅でいつでもミネラルが豊富なおいしい天然水を飲めるのが魅力。そもそも天然水とは特定の水源で採れた地下水のことで、マグネシウム・ナトリウム・カルシウム・カリウムといったミネラルを含んでいます。

また、天然水には硬水と軟水があり、日本ではミネラルの含有量が100mg/L未満のものを軟水、100mg/L以上のものを硬水と分類しています。硬水はミネラルを多く含む反面、口当たりが重くて苦みがあります。一方で、軟水は口当たりが軽く、ほのかな甘みがあるのが特徴です。

ウォーターサーバーに使われている天然水は軟水がほとんどで、多くの人に飲みやすいのが魅力。さらに、軟水は内蔵が未発達の赤ちゃんの身体にも優しいため、家族みんなで安心してウォーターサーバーを利用できます。

こんな人には天然水ウォーターサーバーがおすすめ
  • 毎日おいしい水を飲みたい人
  • 採水地ごとの水の風味を楽しみたい人
  • 天然のミネラルを摂取したい人

関連記事:【徹底比較】ウォーターサーバーおすすめ22選|人気プラン&おしゃれなサーバーを紹介

天然水ウォーターサーバーの選び方

天然水ウォーターサーバー 選び方

ここからは、天然水ウォーターサーバーのおすすめの選び方を紹介します。「いろいろなメーカーがあってどれを選べばいいか分からない」「どんなメーカーが自分に合っているの?」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめは富士山近隣!水の「採水地」をチェック

天然水ウォーターサーバー 採水地

天然水にはミネラルが豊富に含まれていますが、ミネラルの配合量は採水地によって異なります。水の味にこだわるなら、採水地はぜひ注目して欲しいところ。

特に、富士山から生まれる天然水には、4大ミネラルと呼ばれるカルシウム・ナトリウム・マグネシウム・カリウムがバランスよく含まれており、すっきりとした飲み口でおいしいと言われています。また、バナジウムという富士山特有のミネラルを配合しているのも特徴です。

中には、全国各地に採水地を持ち、配送地域に最も近い場所の天然水を届けてくれるサービスも。最短距離で自宅に届くので、配送料を安く抑えられ、新鮮な水を味わえるメリットがあります。好きな採水地を自由に選べるメーカーもあるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

編集部

今回紹介する「フレシャス」「富士の湧水」「サントリー天然水」などでも、富士山が隣接する静岡県・山梨県の採水地を持っていますよ。日本一の標高から生まれる天然水を美味しさをぜひ味わってみてくださいね。

「水代」と「注文ノルマ」は合わせて確認すること

天然水ウォーターサーバー 水代

天然水ウォーターサーバーを選ぶときは、あらかじめ水代を確認してください。水代の相場は、12Lあたり1,500~2,000円前後。また、1人あたりの1ヶ月の水の消費量は12~18L程度と言われています。家族の人数や普段の使用量に応じて、毎月どれくらいの水代がかかるのかを把握しておきましょう。

人数 消費量の目安(1ヶ月) 水代の目安(1ヶ月)
1人 12〜18L 1,500〜3,000円
2人 24〜36L 3,000〜4,500円
3人 36〜54L 4,500〜7,000円
4人 48〜72L 6,000〜8,000円

水代に加えて注文ノルマのチェックも忘れずに。天然水ウォーターサーバーの業者には、「毎月○L以上の注文でサーバーレンタル代無料」「1回の注文は○L以上から」といったノルマを設定しているところがあります。ノルマの多くは「24L」を基準にしているため、毎月の消費量が少ない人は注文ノルマのない業者を選びましょう。

関連記事:【便利すぎる!】ペットボトルウォーターサーバーおすすめ10選|電気代やデメリット、掃除方法も解説

コストを抑えたいなら「レンタル代無料」のサーバーが◎

天然水ウォーターサーバー サーバーレンタル代

少しでもランニングコストを抑えたいなら、サーバーレンタル代が無料のウォーターサーバーがおすすめ。毎月の注文ノルマがない業者であれば、水を注文しない月は0円でウォーターサーバーが利用できます。ただし、代わりに水代や配送料などが高くつく場合があるので注意が必要です。

「配送料」や「メンテナンス代」といった各料金の確認も忘れずに

天然水 配送料

天然水ウォーターサーバーは、水代やサーバーレンタル代の他に、配送料・メンテナンス代・サポート料が発生する場合があります。「利用してみたら思ったより料金が高かった」なんてことにならないよう、事前に必要コストをしっかりとチェックしておきましょう。

また、メーカーやプランによっては、ウォーターサーバーの最低利用期間が定まっていて、期間内に解約した場合に違約金(解約金)がかかるケースも。「お試し感覚で短い期間だけ利用したい」という人は、事前に契約条件をしっかりと確認しておいてくださいね。

安い VS 高い!天然水ウォーターサーバーのプラン比較

ウォーターサーバー 比較

天然水ウォーターサーバーは、メーカーやプランによって利用料金に差があります。「安いプランと高いプランは具体的に何が違うの?」と気になる人も多いですよね。今回は、プレミアムウォーターの「スリムサーバーⅢ」と「amadanaグランデサーバー」の2機種に注目し、価格による違いを比較しました。

安いプランの特徴(プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ)

スリムサーバーⅢは、プレミアムウォーターの人気No.1のモデル。サーバーレンタル代が無料なので、毎月24Lの水を使うとすると月額料金は水代の3,974円だけで済みます。(「ずっとPREMIUMプラン」を契約した場合)少しでもコストを抑えたい人におすすめです。

「無料だから機能が少ないの?」と思うかもしれませんが、スリムサーバーⅢには温水機能やチャイルドロック、エコモードといったウォーターサーバーに必要な機能が一通り揃っています。また、シンプルかつスマートな見た目で、どんなインテリアにも自然と馴染み、お部屋の雰囲気を邪魔しません。

こんな人におすすめ
  • とにかく安くウォーターサーバーを使いたい人
  • サーバーのデザインよりコスパ重視の人

関連記事:本当に安いウォーターサーバー11選|ノルマなし&高コスパの業者を比較

高いプランの特徴(プレミアムウォーター amadanaグランデサーバー)

プレミアムウォーターのamadanaグランデサーバーは、デザイン家具ブランドである「amadana(アマダナ)」とのコラボモデルです。スリムサーバーⅢとは異なり、サーバーレンタル代が毎月1,100円かかります。毎月水を24L使った場合の月額料金は、水代+レンタル代で5,074円です。

ランニングコストはやや高くなるものの、デザイン性に優れているのがamadanaグランデサーバーの魅力。本体と木製の台の色合いに統一感があり、インテリアの主役として楽しめます。木製台は下が脚になっているので、床掃除がしやすいですよ。

また、操作パネルが開閉式になっており、使用時以外はボタン類を収納できるのが魅力。チャイルドロックやエコモードといった基本機能に加え、使いやすさにこだわった設計を備えています。デザイン重視の方やスマートな使いやすさを求める人におすすめです。

こんな人におすすめ
  • おしゃれなウォーターサーバーを置きたい人
  • 開閉式パネルでスマートに使いたい人

関連記事:【おすすめはどっち?】コーヒー機能付きウォーターサーバーを比較!淹れ方や値段も解説

天然水ウォーターサーバー人気ランキング比較一覧表

商品公式サイト採水地水代1回の最低注文数1ヶ月の注文ノルマサーバーの種類サーバーレンタル代配送料メンテナンス料最低利用期間/解約金その他の費用
フレシャス公式サイト富士(山梨県)/朝霧高原(静岡県)/木曽(長野県)7.2L:1,248円~1264円(1パック)/9.3L:1,627円(1本)※水の種類によって異なる4パックまたは2本 ※機種によって異なるノルマなしデュオ/デュオミニ/スラットカフェ/スラット+カフェなど0円~1,320円 ※機種・利用条件によって異なる無料無料(日常的なお手入れのみでOK)1年未満での解約:16,500円/1年以上2年未満で解約:9,900円代引手数料:330円(代引き引き換えの場合のみ)
プレミアムウォーター公式サイト富士吉田/富士/南阿蘇/朝来など24L:3,283円~4,233円(2本)※プランによって異なる2本2本スリムサーバーⅢ/amadanaスタンダードサーバー/amadanaグランデサーバー/キュオルなど0円~1100円 ※機種によって異なる無料(一部地域を除く)無料/希望であれば9,130円で訪問クリーニングサービスを利用可(amadanaグランデサーバーのみ11,000円)基本プラン:2年(解約金:10,000円~20,000円)/ずっとPREMIUMプラン:3年(解約金:15,000円~20,000円)※機種によって異なる初回登録事務手数料:3‚300円/休止事務手数料:880円/プレミアム安心サポート:月額 682円(オプション)/有料設置サービス:8,800円(オプション)
コスモウォーター公式サイト静岡県/京都府/大分県12L:2,052円(1本)2本2本Smartプラス/ECOTTO無料無料無料(クリーンシステム機能あり)2年(解約金:9,900円)安心サービス料 :月額100円(オプション)
サントリー天然水ウォーターサーバー公式サイト山梨県北杜市白州町23.4L:3,207円~4,050円(3箱)※プランによって異なる3箱3箱サントリー天然水ウォーターサーバー無料無料無料(美味しさキーパー機能あり)2年プラン・たっぷり2年プラン:2年(解約金:22,000円)/3年プラン:3年(解約金:25,300円)/5年プラン:5年(解約金:27,500円)直近2ヶ月の間に天然水を購入しなかった場合、事務手数料として月額1,650円
信濃湧水公式サイト矢沢水源(長野県)11.4L:1,620円(1本)2本~4本 ※地域によって異なるノルマなしスタンダードサーバー/エコサーバー/卓上サーバー0円~330円0円~660円 ※地域によって異なる無料(2~4年に1度新品と交換)1年(解約金:11,000円)直近3ヶ月間の購入本数が2箱(4本)未満の場合、事務手数料として月額880円
ワンウェイウォーター公式サイト富士山/三岳山麓(京都府)/日田(大分県)12L:1,350円~2,052円(1本)2本2~3本 ※水の種類によって異なるSmart/Smartプラス無料無料無料2年(解約金:9,900円)Smartプラスのみ初回出荷手数料1,100円
うるのん公式サイト静岡県富士宮市12L:1,620円~2,080円(1本)※プランによって異なる2本0円~330円スタンダードサーバー/スタイリッシュサーバー/ウォーターサーバーGrande(床置き型・卓上型)0~330円北海道・沖縄・一部離島以外無料スタンダードサーバー/スタイリッシュサーバー:3年に一度無料交換 ウォーターサーバーGrande:6年に1度無料交換通常プラン:2年(解約金:11,000円)/うるのん3年プラン&うるのん子育てプラン:3年(解約金16,5000円)-
アクアセレクト公式サイト宮川(三重県)22.7L:3,132円(2本)2本2本アクアセレクトサーバー無料無料(沖縄・北海道・離島を除く)希望であれば3,520円でサーバーを交換1年(解約金:6,160円)-
富士の湧水公式サイト富士箱根伊豆国立公園12L:1,645円(1本)2本ノルマなし床置きタイプ/卓上タイプ838円無料無料(自動クリーニング機能あり)1年(解約金:5,500円)-

天然水ウォーターサーバー人気ランキング9選

RO水との違いは?料金やメリットを比較

天然水ウォーターサーバー 浄水型

宅配型ウォーターサーバーには、天然水の他にRO水という水を取り扱っているメーカーがあります。RO水とは、RO膜(逆浸透膜)と呼ばれるフィルターで水道水や天然水をろ過した水のこと。最低限の処理を行う天然水に対し、RO水は不純物やミネラルなどをほぼすべて除去しているのが特徴です。

天然水とRO水のウォーターサーバーは、それぞれメリット・デメリットが異なります。今回は、各タイプの特徴を下記の表にまとめたので、「どちらのウォーターサーバーにしようか迷っている」という人はぜひ参考にしてください。

天然水 RO水
水の特徴
  • 最低限の処理のみで、ミネラルを豊富に含んでいる
  • 採水地ごとにミネラルの配合量が変わる
  • RO膜システムによって不純物を限りなく除去
  • 後からミネラルを加えて味を調整しているものも
サーバーレンタル代 無料もしくは1,000円前後 無料もしくは1,000円前後
水代(24Lあたり) 4,000円前後 2,000~3,000円前後
1ヶ月で24L消費した場合の月額料金(電気代を除く) 4,000~6,000円前後 3,500~5,000円前後
メリット
  • 軟水が多く、口当たりが軽い
  • 天然ミネラルで栄養が取れる
  • 無味無臭で料理やミルク作りに適している
  • 賞味期限は1年ほどで長い
  • 水代が安い
デメリット
  • 水代がやや高い
  • 賞味期限は半年ほどで短い
  • 無味無臭で飲み水としては美味しくない

RO水の魅力は、天然水よりも価格が安く、無味無臭で料理の味に影響を与えにくいこと。一方で、調理や赤ちゃんのミルク作りには最適なRO水ですが、飲み水としてはあまり美味しくないのがデメリットです。とにかくコストを抑えたい人や調理用メインで水を使いたい人は、ぜひRO水サーバーもチェックしてみてください。

天然水サーバーと水道水サーバーはどっちがいい?

天然水 浄水型

ウォーターサーバーには、浄水器の機能を組み合わせた水道水(浄水型)タイプがあります。水ボトルを都度注文する宅配型とは異なり、水道水を自分で給水タンクに補充する、もしくは水道栓とサーバーを直接繋いで給水して利用します。

水の注文やボトル交換の手間がなく、「忙しくて水を受け取れない」という人で手軽に使えます。 また、定額料金に設置費用やカートリッジ代が含まれているサービスが多く、定額料金と水代だけのシンプルな料金で利用できるのもメリットです。

天然水やRO水と比べると浄水力は劣るものの、安全性は全く問題ありません。ただし、水道水に抵抗がある人やちょっとしたカルキ臭が気になってしまう人には不向き。手軽にウォーターサーバーを利用したい人や「家族が多くて毎月水を沢山使う」という人はぜひチェックしてみてください。

関連記事:【補充型vs直結型】水道水ウォーターサーバーおすすめ11選|買い切りタイプも紹介

天然水ウォーターサーバーのよくある質問

天然水ウォーターサーバー よくある質問

天然水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

近年、赤ちゃんのミルクや離乳食作りにウォーターサーバーの水を使う人が増えています。温水機能を備えた機種も多くとても便利ですが、天然水サーバーの場合は水の種類に注意しましょう。ミネラルが沢山含まれている硬水は、まだ発達途中の赤ちゃんの肝臓には負担が大きいのでNG。比較的ミネラルが少ない軟水であれば、赤ちゃんに飲ませても問題ありません。

天然水ウォーターサーバーはどうやって掃除するの?

ウォーターサーバーは、大規模なメンテナンスはメーカーが行ってくれますが、日常的なお手入れを自分で行う必要があります。まず大切なのは、水受けトレイ・給水口の掃除。アルコールを含ませたティッシュや布で拭き取るだけで十分ですが、パーツが取り外せる場合は水洗いするのが理想的です。また、注水口の中は、アルコールを含ませた綿棒などで掃除しましょう。天然水は水道水とは違って塩素やカルキを含んでいないため、雑菌が繁殖しやすいのが難点。こまめにお手入れをして衛生的に天然水を飲んでくださいね。

定額で飲み放題の天然水ウォーターサーバーはある?

定額で飲み放題のウォーターサーバーは主に水道水を使うタイプです。天然水が飲み放題のプランは現時点(2022年7月)では見つかりませんでした。

あわせて読みたい!ウォーターサーバーのおすすめ記事

関連記事:コンパクトでおしゃれ!卓上型ウォーターサーバーおすすめ10選|メリット・デメリットも解説

関連記事:【コスパで選ぶ!】一人暮らし向けウォーターサーバーおすすめ10選|ノルマなし・卓上型を紹介

関連記事:【家庭用】水素水ウォーターサーバーおすすめランキング9選!種類やレンタル代を比較

関連記事:【現役ママが選んだ】赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめ10選| ミルクや離乳食に大活躍

おすすめ天然水ウォーターサーバーまとめ

天然水ウォーターサーバー

  • おいしい水が飲みたいなら、天然水ウォーターサーバーで決まり!
  • さらに美味しさにこだわる人は水の採水地をチェックしよう
  • サーバーレンタル代や配送料などの確認も忘れずに

今回は、おすすめの天然水ウォーターサーバーについて紹介しました。さまざまなメーカーの天然水ウォーターサーバーを紹介しましたが、皆さんが「これがいい!」と思うものはありましたか?ぜひ自分に合ったウォーターサーバーを選んで、自宅でおいしい水を飲みましょう。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー