【実写】スタッフが本気でオススメする高級コンデジ Canon G7X Mark3を徹底レビューします!

   

キャノンの高級コンパクトデジカメ G7X シリーズについに3代目が出ました。

前モデルのG7X MarkⅡは高級コンパクトの中でもNO1の人気があり、レントリースタッフの間でもすごく評価が高い一台でした。

個人的には誰でも使いこなせる高級機だし、どんな使い方しても満足させてくれるカメラなので、旅行やキャンプなど幅広く使っていました。。

そんなG7XのMark3はさらに動画性能が強くなり、動画撮影用としてもオススメのカメラとなっています。

今回はそんなG7X Mark3を実際に使ってみたので、良かった部分、悪かった部分を率直にレビューしていきます!

G7X Mark3は絶対にオススメなのでその魅力を徹底的にお伝えしたいと思います。

高級コンデジ Canon G7 X Mark Ⅱ 高コスパ&使いやすい機能を実写レビュー

Canon G7X MarkⅢはどんなデジカメ?

「使いやすい」そして「実用的な超ハイスペック」なコンデジ

G7X Mark Ⅲはたくさんあるライバル機種の中でも最高にオススメの高級コンデジです。

高級コンデジのなかには、機能にこだわり過ぎてオーバースペックになっていたり、機能に偏りが多いことがあります。

たとえば、ズームは強いけどレンズは暗いとか、オートフォーカスは強いけど価格が高いなど、プラスとマイナスの差が結構激しいです。

ところがこのキャノンのG7X Mark3は、実用的な設計に基づいていて、「コレは欲しい」という機能にしっかりフォーカスされています。

僕みたいなマニアックな使い方をしない人には、どこにもっていても機能する便利なカメラの方が嬉しいです。

たとえば旅行にいくときにコンパクトで、運動会では望遠ズームが使えて、キャンプでは夜のバーベキューが撮れて。

しかも動画素材を作るときにも、そのままコンデジで高画質な映像が撮れる。

これだけ幅広い使い方が撮れて、使いやすいカメラG7Xが本当に最高に良いです!!

高級コンデジたる高機能な撮影機能

また性能面でも、明るいレンズを搭載しているので、夜景なども驚くほどキレイに。

ポートレートや料理や物撮りするときには、背景ボケもしっかりして一眼レフで撮るようなクオリティーの撮影も可能です。

手ブレ補正やズーム、オートフォーカスにも強いから、Vlogやyoutube用の動画機としても使えます。

色々なライバル機種と比較しても、G7X Mark3は超がつくほどオススメです!!

旅行カメラとしても、運動会や子どものイベント用のカメラとして、そしてVlog用の動画機としても最高に役立ちます!

前モデル G7X mark2からどこが進化した?

Mark2と比較して大きく変化した点は、動画用の機能としての機能がパワーアップしている部分です。

PowerShot G7 X Mark IIIは、今回から4K動画に対応しました。また4K30pに対応。フルHDと同等の画角で撮影できます。

またマイク端子もあるので、VlogやYoutube用の動画撮影にも本格的にしようできます。

また動画を撮るとなるとバッテリーの問題が出てきます。ただ G7 X Mark IIIはUSB-Cによる給電にも対応しているので、モバイルバッテリーなどと接続して使うことができます。

なのでバッテリーで電源を供給した状態でそのまま長時間の撮影ができます!

G7X Mark3のおすすめポイントを詳しくレビュー

お洒落でコンパクト。デザインがかわいい

G7X Mark3はコンパクトな高級デジカメです。

性能が優れているだけじゃなく、小さくて軽いというのがポイントです。

重さは300グラムほど。ポケットに入れておいても重さを感じません。

大きくて性能が良いカメラならミラーレスや一眼レフなど他にも沢山ありますが、

この小さくて軽いタイプではこれほど高性能に使えるカメラはありません。

 

しかもデザインもスゴくお洒落で可愛いので女性人気も高いです!

センサーサイズが大きい

センサーサイズは1型積層タイプで、他のコンパクトデジカメよりも大きいモノを採用。

カメラの心臓部分とも言えるイメージセンサーが大きいので、光を拾いやすく、また高精細な色を映し出すことができます。

レンズが明るくて、背景もしっかりボケる

またレンズもF1.8とすごく明るい。通常コンデジサイズのカメラではF値2.4〜などが一般的です。

また写真を撮ったときに背景もしっかりとボケてすごく良い写真が撮れます。

この背景ボケがあれば、お料理を撮ったり、ブログや商品画像を撮る際にもすごくスタイリッシュな映像が撮れます。

人や風景だけでなく、仕事でも使えるというのはすごく嬉しい!

ズームは何倍。遠くでもクッキリ

光学ズーム何倍なので、遠くまですごくクリアに撮影することができます。

光学ズームの場合は望遠ズームで撮影しても写真が粗くなることがなく、かなり鮮明な状態で撮影できます。

手ブレ補正がしっかり効いてる

手ブレ補正もしっかり効いているので動画撮影するときにも撮影がすごくラクです。

オートフォーカスも早くて正確

顔を自動で検証してくれる顔認証オートフォーカス機能もとても高精度。

運動会で子どもを撮影するときなどは瞬時にピントを合わせないと、大切な一瞬を見逃してしまします。

しかも動き回っている子どもを撮るときはピントがずれてしまうことも。

でもG7Xmark3だったら動き回っている子どもたちでも、瞬時の子どもの顔にピントを合わせてくれて、

クッキリした写真が撮れます。そしてこの精度がすごく正確でオススメです!

動画もすごくキレイ。4Kやスローモーションが撮れる

動画もすごくキレイで高精細な映像が撮れます。

単純に4K映像が撮れるということだけでなく、とても細かくて繊細な映像が撮れます。

しかも手ブレ補正もしっかりと効いているので、動画を撮影するときにも安心。

 

夜景撮影もめちゃくちゃ強い

G7X Mark3の実力を一番感じるのは夜景撮影かもしれません。

レンズも明るし、センサーサイズも大きいので、暗い場所でもすごく綺麗な映像が撮れます。

結構暗めの場所で写真を撮っても、肉眼以上にあかる写真が撮れちゃうことがあって、それには本当に驚きました。

iphoneなどのスマホでは絶対に撮れない写真がG7X Mark3では簡単に撮れます。

キャノン G7X Mark3のデザイン

 

キャノン G7X Mark3に入ってる同梱品

キャノン G7X Mark3のイマイチな部分

キャノン G7X Mark3とMark2の違いは?

キャノン G7X Mark3とMark2の違いは?

キャノン G7X Mark3と他の高級コンデジの違い

キャノン G7X Mark3にオススメのアクセサリー