いまさら聞けないvlogって何?いま話題のおすすめvloggerなど詳しく解説

   

ここ数年で一気に広まった「Vlog

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

今回は話題のVlogについて。
Vlogの意味から始め方、おすすめのカメラ機材まで徹底解説します!

Vlogとは

vlogとは

はるみ

最近Vlogってよく聞くけど一体なんなの??

まずはVlogとは何なのか、簡単に説明します!

Vlogの読み方

Vlogは「ブイログ」または「ヴィログ」と読みます。

正しい発音は「ヴィログ」なのかもしれませんが、日本では「ブイログ」と読んでる人が多い印象ですね。

私も「ブイログ」と読んでいます。

VlogはVideo Blogのこと

VlogとはVideo Blogのこと。

つまり「動画ブログ」ですね。

BlogはWeb上に文章や写真を使い、自身の考えや日記を残していくものですが、それの「動画版」がVlogです。

最近ではVlogといっても、色々な撮り方や種類が増えてきているのですが、一番イメージしやすいのは「ホームビデオ」を想像してもらえたらいいと思います。

小さい頃にビデオカメラでホームビデオを撮ってもらったことがある人も多いのではないでしょうか。

今、そのホームビデオがVlogという名前で人気になってきているのです。

VlogはYoutubeが主流

vlog_youtube

Vlogは主にYoutubeにアップされています。

Vlogを見てみたかったらYoutubeで検索してみるのが一番ですね。

旅行の様子だったり、イベントごとの様子だったりを動画版の日記として多く発信されています。

YoutuberとVloggerの違い

Vlogをメインに投稿している人はYoutuberではなくて「Vlogger」と呼ばれていたりもしますね。

YoutuberはYoutubeを使って好きなことを発信する人たち。

VloggerはVlogを発信する媒体としてYoutubeを使用している人たちといったところでしょうか。

海外ではVloggerとして収入を得ている人もいます。

TikTokでもvlogブームが

若者に人気のTikTokでもVlogのブームがありました。

ハッシュタグで「日常vlog」「だれでもvlogger」といったものが流行り、日常のちょっとした一コマを「vlog」として投稿する人が増えてきました。

旅行の記録でも日常の一コマの記録でも動画として記録を残したものは全てVlogと呼ぶことができます。

数年前まではカメラに自分の顔を映し、カメラに話しかけながら記録を残すのがVlogとされていましたが、最近では自分が映っていなくてもカメラに話しかけていなくても映像で表現していればVlogと認識されてきています。

いい意味でVlogの敷居が下がってきているので誰でもVlogに始められる時代になってきていますね。

Vlogの作り方・やり方

一番メジャーなVlogは、やっぱり自撮りしながらカメラに向かって話しかけ映像を残していくスタイルです。

例えば旅行のVlogを撮影しようと思ったら

  • 旅行に出発する時の様子
  • 旅行中の風景や料理

などを撮影して繋げていけばOKです。

この時必ずしもカメラに向かって話しかけなくても大丈夫です。

終始音楽に合わせて映像を流していくだけでもいいですし、自分の顔は映さず声だけを入れてもOKです。

Vlogの認知が広まるにつれて「これがVlogだ!」という明確な定義がいい意味でなくなってきているのもVlogの良さの一つですね。

自撮りするタイプのVlog

一番オーソドックスなVlogのタイプはカメラに向かって話しかけながら日常を記録するスタイル。

これを日本人でいち早くやっていた人としてのりごとーさんがいます。

私がVlogを知ったのものりごとーさんからでした。

一度見てみるとVlogのイメージと魅力が伝わると思います!

シネマチックvlog

最近では動画内ではほとんど喋らず、まるで映画のような映像としてVlogを表現する人も増えてきています。

AUXOUTさんは、まさにシネマティックVlogを体現されている一人。

奥さんとの日常や旅行の様子がまるで映画のように撮影されています。

レントリー編集部でもシネマチックVlogに挑戦しているのでこちらもぜひ見てみてください。

日常vlog

日本のお隣の国、韓国で流行ったといわれる「日常系のVlog」

自分の一日や暮らしの工夫をvlogとしてオシャレに残すvlogスタイルです。

顔出しせず、言葉もテロップで挿入するスタイルが多いですね。

顔も声も出さないので、気軽に始められるVlogとして日本でも恋人同士で撮影したり、一人暮らしの様子、主婦の日常など人気コンテンツとなってきています。

Vlogの撮り方・必要な機材

Vlogを撮るのに最低限必要な機材は以下の通り。

  • カメラ(スマホでもOK)
  • 編集ソフト(スマホのアプリで編集してもOK)

実はVlogってスマホ一つでも作れるんですね。

もちろん一眼カメラを使って撮影して、パソコンで編集、音楽に合わせてカット割したりとこだわって作成することも可能です。

スマホがあればVlog自体は作成可能ですが、やっぱり人気なのはミラーレスカメラなどを使って綺麗な映像で日常を記録するスタイルに憧れる人が多いです。

よりこだわってVlogを作っている人は

  • 一眼レフカメラ
  • Vlog用マイク
  • パソコン用編集ソフト
  • BGM音源ダウンロードサイトの契約

などなど、映像制作としてのvlogを制作している人もいます。

Vlogの編集方法

vlogの編集方法

Vlogの編集には大きく分けて二つのやり方があります。

  • パソコンで編集する
  • スマホアプリを使って編集する

パソコンでの編集はパソコン、編集ソフトなど用意するのが大変ですが、編集のしやすさや自由度の高さはスマホアプリより断然高いです。

ただ最近ではスマホでもカット割やBGM挿入はもちろん、テロップ挿入やエフェクトをつけるなどパソコンに負けないくらいの性能を持ったアプリも出てきています。

初めて動画を作るという人は、まずスマホで挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

Vlogにおすすめの人気カメラ7選

Vlogにおすすめの人気カメラを紹介します。

どのカメラがいいか悩んだら以下のカメラから決めれば絶対後悔はしないですよ!

パナソニック ミラーレス一眼 ルミックス GH5

パナソニック(Panasonic)
最安値 ¥214,000 (税込)

Vlog撮影に人気!Panasonic LUMIX GH5

私も使っていますパナソニックのGH5。

動画に強いとされているミラーレスカメラで、多くのVloggerやYoutuberも使っていることで有名ですね。

4K撮影や細かい動画の設定ができるにも関わらず、ハイスペック機の中では価格が低く、サイズも小さいので高コスパカメラとして人気です。

映像クリエイターになりたい人にもおすすめの一台です。

口コミ・レビュー
フルサイズに魅力を感じてる人にもおすすめしたいマイクロフォーサーズです。他のカメラでは痒いところに手が届かなかったのがこのカメラならそれができます。Youtuberや映像クリエイターから人気なのもうなずけます。マイクロフォーサーズのレンズはギリギリ買ってもいいと思える絶妙なラインをついてくるので、そういった点もこのカメラの魅力です。
画素数2177万画素
手ぶれ補正5軸手ぶれ補正
防塵・防滴
4K対応
スロットダブルスロット
レンズマウントマイクロフォーサーズ

Panasonic LUMIX GH5を使っているVlogはこちら

SONY ミラーレス一眼 α7 III

ソニー(SONY)
最安値 ¥219,800 (税込)

シネマティックVlogが撮れる SONY α7ⅲ

フルサイズミラーレスカメラとして人気のSONYのα7ⅲ。

小型で軽量なのにその機能は一眼レフカメラに並ぶほど!

Vlogを撮る上でコンパクトというのは大事な要素な一つなので、軽量なα7ⅲは間違いない機種のひとつです。

映像制作のプロも使うカメラなので、本格的なVlog撮影を始めることができます。

口コミ・レビュー
バッテリーは写真での用途だと一日ならなんとか持つかなという感じです。ただモバイルバッテリーで充電できるのであまり問題ではないです。1番の魅力は携帯性の高さ!フルサイズを積んでいてこのサイズはびっくり。機能性は大満足しており、特にAF性能が素晴らしい。走行中の電車にもしっかりピントを合わせてくれるのでかなり信頼できる。ベーシックモデルでありながら一切妥協しない、高いコスパを発揮しているカメラです。
画素数2530万画素(総画素) 2420万画素(有効画素)
手ぶれ補正5軸手ブレ補正
防塵・防滴
4K対応
スロットダブルスロット SDカード/SD・MSカード
レンズマウントα Eマウント

Sony α7 Ⅲを使っているVlogはこちら

関連記事 : 【注目】SONYの人気No1のフルサイズ機 α7ⅲをレビュー!!6Kの実力とは

SONY ミラーレス一眼 α6400

ソニー(SONY)
最安値 ¥106,980 (税込)

高機能でコスパ良し!SONY α6400

ミラーレスらしいコンパクトボディなのに高機能なα6400。

オートフォーカス機能が非常に優秀なのが嬉しいポイントです。

写真よりも動画の方がよりピント合わせがシビアになります。

動画中にピントがボケてるととても見辛い映像になってしまいますからね。

その点、α6400ならピントをしっかり合わせ続けてくれるので撮影の失敗も減ります。

ただボディ内手振れ補正がないのが少しネックかもしれません。

口コミ・レビュー
初めてカメラを購入しましたが、このカメラの軽さに驚きました!カメラが重いと持ち出して撮影する気がなくなってしまうのでとても嬉しいポイントです。やはりソニーの瞳AFはとても優秀で安心して使うことができます。背面モニターが180度動くのも嬉しい。日常的に自撮りするわけではないですが、自撮りで動画を回すことは必ずあるので必須の機能だと思います。スペック的にも上位種に負けていないので初めてのカメラにα6400を選んでよかったです!
画素数2500万画素(総画素) 2420万画素(有効画素)
手ぶれ補正-
防塵・防滴
4K対応
スロットシングルスロット
レンズマウントα Eマウント

Sony α6400を使っているVlogはこちら

関連記事 : 【人気のエントリーモデルを比較】Canon EOS Kiss X10とSONY α6400を徹底比較

GoPro HERO8 Black ウェアラブル アクション カメラ

GoPro(ゴープロ)
最安値 ¥43,600 (税込)

使いやすくどこでも撮れる GoPro HERO8 Black

アクションカメラとして有名なGoPro。

GoProなら海でも山でもバイクでも車でもVlog撮影ができるので、アクティブに使いたい人におすすめです。

しかもGoPro HERO8にはモジューラーと言われるVlogをより撮りやすくするためのカスタマイズアクセサリーがあります。

動画撮影で気になる一つの手振れもGoProには強力な手振れ補正機能ハイパースムースがあるので、歩き・走りの撮影も滑らかに撮影できるのも嬉しいポイントです。

口コミ・レビュー
オフロードバイクやツーリングに使用しています。ヘルメットに固定して使用していますが、重さを感じることはありません。また取り付けの際はスマホアプリと連動すれば、どのように映っているのかはすぐにわかるのでとても調整が簡単です。フルHD60fpsで手ぶれ補正オンにして撮影していますが、しっかりブレを無くしてくれます。コントラストもきれいに映してくれるので満足です。バッテリーは1時間くらいしかもたないので予備は必須ですね。
画素数-
手ぶれ補正
防塵・防滴○(防水性能10m)
4K対応
スロットmicroSDカード microSDHCカード microSDXCカード
レンズマウント-

GoPro HERO8 Blackを使っているVlogはこちら

関連記事 : 【完全版】GoPro Hero8を実写レビュー!! 使ってみた感想を120%徹底解説!

DJI Osmo Action アクションカメラ

DJI
最安値 ¥28,400 (税込)

自撮りに適したDJI Osmo Action

GoProのライバル機種のOsmo Actionもおすすめです。

GoProと違い前面にモニターがあるので、Vlogでの自撮りが圧倒的にしやすいです。

それでいて価格も安いのでコスパ重視の方にもおすすめの一台です。

口コミ・レビュー
バイクでの撮影にアクションカメラを使用しており、OsmoActionは6台目ですが使い勝手はいいですね。ネックマウントに取り付けて使用していますが、ブレや風切音も少なくいいです。マウントケースに入れると充電部分のカバーが開かなくなるのが少し使いづらいですが、サードパーティ製のケースを使えば開けられるものもあるので、必要なら購入しようかなと思います。
画素数1200万画素
手ぶれ補正
防塵・防滴○(防水性能11m)
4K対応
スロットシングルスロット microSDカード microSDHCカード microSDXCカード
レンズマウント-

DJI Osmo Actionを使っているVlogはこちら

関連記事 : 【完全版】DJI Osmo Actionを120%楽しむ!!使った感想を動画&写真で実写レビュー

DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

DJI
最安値 ¥28,432 (税込)

Vlogが撮りやすいポケットサイズのジンバルカメラ DJI Osmo Pocket

ポケットに入る大きさのジンバル付きカメラとして人気のOsmo PocketもVlogに最適ですね。

TOYOTAのCMでも使われていて、スマホ並みに気軽に撮影ができるカメラです。

それでいて4K映像が撮れる高機能、ジンバル機能により手振れのない滑らかな映像が撮れます。

スマホよりも小さいので、自撮りや風景を撮影していも目立たなく、周りの視線を気にしなくていいという理由で人気のカメラでもあります。

口コミ・レビュー
スマホに接続せず単体で使うととにかく小さい!本当にポケットから取り出せます。ただ画面は小さいのでスマホと接続して撮影した方が使いやすいです。通常の動画の他にタイムラプスやハイパーラプスなども撮れるので多機能な点もいいですね。ズームができないので子供を撮るときは従来のビデオカメラの方が使いやすいですが、一人旅や夫婦旅行ではビデオカメラだと少し持って歩くのは大変。ビデオカメラが旅行地で撮るカメラならOsmo Pocketは旅行に行くまでの様子や景色を撮るカメラなのかなと思います。
画素数1200万画素
手ぶれ補正
防塵・防滴-
4K対応
スロットシングルスロット microSDカード microSDHCカード microSDXCカード
レンズマウント-

DJI Osmo Pocketを使っているVlogはこちら

関連記事 : 【実写レビュー】DJI Osmo Pocket 超小型の4Kビデオカメラのスゴさを徹底解説!!

Apple iPhone11 Pro

Apple AirPods Pro
created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580 2020/06/07 19:08:03

一眼カメラ顔負けのスマホ iPhone11

結局一番手軽なのはスマホで撮影するということ。

iPhone11は望遠、広角、超広角と撮影画角が簡単に変えられるので、旅行でも日常でも撮影がしやすいです。

映画監督がiPhoneだけで映像を撮影したことが話題になりましたが、使いやすいかつ綺麗な映像を撮るのに、ミラーレスカメラや一眼カメラはいらないのかもしれませんね。

Vlog撮影をまずはスマホで始めてみたいという人にもおすすめです。

口コミ・レビュー
光沢のある背面のガラスは高級感を感じます。カラーは3つのレンズが目立ちにくいようにグレーにしました。カメラは大幅に向上しています。超広角カメラを使えば狭い部屋でも隅々まで映すことができます。望遠レンズは主にポートレートに使っています。超広角、広角、望遠と3つ揃っているので写真撮影や映像撮影にとてもいいですね。重たいミラーレスカメラに比べ圧倒的に軽くて手軽。それでいて画質もきれいなのでとても使いやすいです。
画素数1200万画素
手ぶれ補正
防塵・防滴
4K対応
スロット-
レンズマウント-

iPhone 11 Proを使っているVlogはこちら

Vlogにおすすめのカメラの比較一覧表

商品画像
Apple iPhone11 Pro
created by Rinker
Apple(アップル)
商品名パナソニック ミラーレス一眼 ルミックス GH5SONY ミラーレス一眼 α7 IIISONY ミラーレス一眼 α6400GoPro HERO8 Black ウェアラブル アクション カメラDJI Osmo Action アクションカメラDJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)Apple iPhone11 Pro
メーカーパナソニック(Panasonic)ソニー(SONY)ソニー(SONY)GoPro(ゴープロ)DJIDJIApple(アップル)
最安値¥214,000 (税込)¥219,800 (税込)¥106,980 (税込)¥43,600 (税込)¥28,400 (税込)¥28,432 (税込)現在、在庫切れです。
画素数2177万画素2530万画素(総画素) 2420万画素(有効画素)2500万画素(総画素) 2420万画素(有効画素)-1200万画素1200万画素1200万画素
手ぶれ補正5軸手ぶれ補正5軸手ブレ補正-
防塵・防滴○(防水性能10m)○(防水性能11m)-
4K対応
スロットダブルスロットダブルスロット SDカード/SD・MSカードシングルスロットmicroSDカード microSDHCカード microSDXCカードシングルスロット microSDカード microSDHCカード microSDXCカードシングルスロット microSDカード microSDHCカード microSDXCカード-
レンズマウントマイクロフォーサーズα Eマウントα Eマウント----
商品リンク
Apple iPhone11 Pro
created by Rinker
Apple(アップル)

 

Vlogの音楽・BGMにおすすめのサイト

Vlogは音楽も重要!ということで音楽選びに迷ったらおすすめの音源サイトもご紹介します。

Youtube オーディオ ライブラリ

Youtubeオーディオライブラリ

YoutubeでVlogをアップするならYoutubeオーディオライブラリがおすすめです。

Youtubeが提供する音源なのでYoutubeにアップする動画ならオーディオライブラリの音源を自由に使うことができます。

Artlist

vlog用音源サイトArtlist

著作権フリーで使えるオシャレな曲が豊富にあるArtlist(アートリスト)。

年間約2万円の有料サイトですが、音楽は全て著作権フリーで使用することができます。

Youtubeはもちろん他のSNSでも使用することができるので、インスタグラムやFacebookでも動画を上げたいという人にもおすすめです。

EpidemicSound

vlog用音源BGMサイトエピデミックサウンド

ハイクオリティーでおしゃれな曲を探したいならEpidemic Sound(エピデミックサウンド)がおすすめです。

月額約1500円で自身のYoutubeアカウントで音楽を使うことができます。

とにかく音楽がおしゃれでかっこいいので、一度は使ってみてもいいかも。

おすすめのVlogger

日本、また海外のおすすめVloggerをまとめました。

自分が真似してみたくなるVloggerを見つけてみてください。

動画の時代はもうきてる!Vlogに挑戦してみよう!

ブログで文章で表現することが流行り、Instagramで写真での表現が流行り、次は動画での表現のブームがもうきています。

スマホで一眼カメラでも、自撮りしてもしなくても。

映像で自分の人生の記録を残してみるのも面白いと思いますよ!