話題のWHITE SHARK MIXを購入!水中スクーターって面白過ぎる。。。

   

海外のクラウドファンディングで話題になった水中スクーター「white shark mix」。

人魚のように泳いでるシーンを見てコレは絶対試したいっっっ!!

そんなホワイトシャーク MIXが日本でも発売になったので予約して早速購入してきました!

ジャーーーーン!!

販売点に行ってみると思ったより大きな箱にビックリ!!両手が塞がるほどです。

このwhite shark mixは水中スクーターとも言われ時速7キロで泳げます。

ちなみに時速6キロがどれくらいかというと、あの北島康介と同じスピード(w)

魚でいうとホッケと同じくらいの速さだそうです!

北島康介になれて、ホッケのように泳げる。

ブレイク直前の最新マリンスポーツ・ガジェットです。

今回はこの水中スクーターについてどこよりも早くご紹介していきます!

ジョンくん

水中スクーターって新しい!!どんな風になっているのかレビューしてくね!

WHITE SHARK MIXとは

ホワイトシャークmixは、中国のスタートアップSUBLUE(サブルー)が開発した水中ガジェットです。

水の中を自由自在に泳げる新感覚のアクティビティーで、GOPROもカンタンに付けられます。

外形寸法は365×465×230mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は3.5kgのミニマムデザイン

つかまるだけで最速の約5.4km/hで水中を自由自在に泳げます

手軽で安全に操作が出来るので、友人や家族とのプールでのアクティビティや水中撮影なども楽しめます。

子供から女性まで手軽で安心に遊べます!

whitesharkで楽しむ動画

こちらはメーカ公式の動画。スイスイ、くるくる。海の中でも自由自在に遊べます。

フロートを外せば水深40メートルまで潜れる

本体には浮き輪の役割を果たすフロートが付属しています。

フロートは取り外し可能で、フロートを外すと水深40Mまで潜ることができます。

魚と一緒に泳いだり、goproでの撮影を手軽に楽しむことができます。ダイビングのお供にもオススメです。

カラーは全部で3種類

色はアークティックホワイト、スペースブルー(特別色)、アクアブルー(特別色)の3色から選べます。

カラー変更するためにフロートだけを交換することも可能です。

販売価格

SUBLUE WHITESHARK MIX(サブルー ホワイトシャーク ミックス)の価格は 72,500円(税込78,300円)です。

クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を集めて製品化しました。クラウドファンディングの時は349ドル(約3万9000円)だったので日本での正式販売に至っては結構値段が上がっていますね。。。。

ちなみに日本の総代理店はセキドという会社です。

 

飛行機にも持ち込める大きさ

外形寸法は365×465×230mm(幅×奥行き×高さ)なので、大きめのバックならスッポリ納まります。

もちろん飛行機への持ち込みも可能。ただ持ち込めないと残念すぎるのでスーツケースに入れて行くのをオススメします。

海外のビーチや旅行にコレを持って行けたら盛り上がること間違い無しです!

メンテナンスや専門知識は不要

WHITESHARK MIXは遊んだ後のメンテンナンスも特に不要です。綺麗に洗ってしまうだけ。専門知識は必要ありません。ただしモーターに海藻や釣り糸が絡まないように気をつけましょう!

ホワイトシャークMIXの遊び方

WhiteShark MIXの操作は超カンタン。説明書がなくても誰でも楽しめます

両手のグリップ部分にボタンがあり、

そのボタンを握ればプロペラ(スクリュー)が稼働するというシンプルな設計です。

プロペラは左右に2機搭載していて、MAXだと北島康介くらいのスピードで遊泳可能!!

メッチャ気持ちいい〜!!!こと間違いなしですっ!!

こんな感じでつかまるだけで自由自在に。人魚のように水中を舞えます!

動作が停止している時は本体が自然に水面へ浮き上がるので、機体から手を離して紛失してしまうこともありません!

水中モーターのプロペラ部分には保護ネットが取り付けられ、子供でも使えるよう安全性への配慮が伺えます。

家族旅行や海での楽しみ方も増えますね。湖でのキャンプやプールに新しい楽しみ方が増えました!

ジョンくん

今までになかったアクティビティだね。新しい体験に興奮するの間違いなしだよ!!

WHITESHARK MIXを開封してみる

それでは買ってきたホワイトシャークを開封していきます。

これ結構大きいです。大人が持つと両手が完全にふさがります。

 

蓋を開けると、まずは取扱い説明書が。

梱包はこんな感じ。この写真だと本体がどれくらいの大きさか分かりづらいですね。

付属品を全部出して見ました。本体、バッテリー(本体に付属)、充電器、充電コード、説明書、袋、コードです。

本体の外形寸法は365×465×230mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は3.5kg。結構カッコいい。

横から見たデザイン。

背面から見たデザイン。このグレーの部分につかまります!!

whitesharkmixを実際に持ってみる

グリップするところにボタンがあります。

握ると「ウィーン」という音を立ててプロペラが回ります。そこまで音が大きくないのがいいですね。

フロート部分はカンタンに外せる

本体の上に装着されている羽のような部分は浮き輪の機能があります。このフロート部分を取ってみましょう!

まずは装着するためのネジを外します。

ネジを取って上に持ち上げるとカンタンに外れます。コレで水中深くまで真っしぐらモードです。

フロートを取りはずとこんな外見です。シンプルでちょっとかわいらしく変身です。

whitesharkmixのバッテリーは?

本体の底面にバッテリーがあります。底面のカバーを外すとバッテリーが。

簡単に外せます。現在はまだ予備バッテリが販売していないので特に外すこともないですね。

バッテリーの取り外しも簡単にできます。

GOPROも簡単に装着できる

whitesharkmixはgoproを装着して楽しめるように設計されています。GOPRO用のマウントがるので取り外しも簡単!

goproを装着することで水中ドローンとしても楽しめます!

マウント用にGOPROを差し込みネジを巻くだけ。

goproのお馴染みの装着方法です。

こんな風に簡単にできます。おそらく1分くらいで装着できます。

GOPROが標準搭載できるので、海での撮影や、アクティビティーを撮るのもカンタン!

gopro hero6gopro fusionを取り付ければ楽しさ倍増です!

whitesharkmixは絶対使ってみて欲しい一台!

この水中スクーターはコレまでの人生で見た事がなかったガジェットです。

まるでドラえもんがポケットから出してくれるような未来型。

「未来はコレで海をスイスイ移動できるようになるんだろうなあ〜」と実際に購入してみて思いました。

ちょっと大きめなバックにスッポリ入るし、飛行機にも乗せられます。

海でコレを出したら盛り上がるし、喜ぶこと間違いないアイテムです。

ぜひ一度は体験してみてください。

 

編集部のスタッフが野尻湖で人魚になった様子をこちらで公開しています!(制作中)