【2021年】キャンプや車中泊でも使える AC出力(AC電源)搭載 モバイルバッテリー おすすめ10選

   

昨今の密を避けた行動が推奨されている中、一層注目を集めているのがアウトドアです。アウトドアは開放的な空間で人混みを避けられ、リスクを抑えることができるので、新たな娯楽として人気を高めています。

しかし、キャンプや車中泊の際に気になるのが電源ですよね。スマホだけでなく、パソコンや扇風機なども高性能でありながら小型化されていき、アウトドア時も持ち運ぶ人は多いのではないでしょうか?

電子機器の使用に必要な電源ですが、コンセントがない時に活躍するのがAC出力(AC電源)を搭載したモバイルバッテリーです。

IT化が進む中でモバイルバッテリーの市場もどんどん伸びており、商品の種類や発売するメーカーも多様化しています。AC出力のモバイルバッテリーを探してみたけど、どれを購入すればよいのか分からなかった人もいるでしょう。

本記事では、AC電源搭載モバイルバッテリーの特徴や選び方、主要メーカー、おすすめ商品などをご紹介していきます。

この記事を読んで分かること

  1. AC出力 モバイルバッテリーの特徴
  2. AC出力 モバイルバッテリーの選び方
  3. おすすめのモバイルバッテリー

ACモバイルバッテリー選びに失敗したくない人は、本記事の内容を是非参考にしてくださいね!

AC出力 モバイルバッテリーの特徴

AC出力できるモバイルバッテリーを初めて購入する人は、その特徴を知っておきましょう。特徴を理解していなければ、電子機器を本体に接続しても使えないケースがあります。

ここでは、押さえておきたいAC出力モバイルバッテリーの特徴を3つご紹介します。

出力端子にAC(コンセント)がある

出力端子にAC(コンセント)がある

出典:amazon.co.jp

スマホをはじめ、手軽に持ち運べる充電タイプの電子機器が近年注目されています。しかし、キャンプや車中泊で活躍するアイテムにおいては、まだまだコンセントが必要なアイテムも多いです。また、火を一切使用しないオール電化キャンプと呼ばれるアウトドアも存在します。

そこで活用できるのが、AC出力モバイルバッテリー。利用する最大のメリットとして挙げられるのは、出力端子としてコンセントが付いている点です。あらかじめ充電しておいたモバイルバッテリーのコンセントに、プラグを差すだけで電力が供給されるので、非常に便利なアイテムです。

せっかくキャンプや車中泊をしたくても、所有する電子機器がコンセントを必要とし、充電タイプのアイテムへ全て買い揃えるのはお金ももったいないですよね?AC出力のモバイルバッテリーを購入すれば、余計な出費を抑えつつ、アウトドアも楽しめますよ!

ひとことメモ
USBポートを利用し、スマホやタブレットを充電するイメージが強いモバイルバッテリーですが、ご紹介しました通り、コンセントタイプも存在します。利用したい電子機器の接続端子を必ずチェックし、USBタイプ・ACタイプのモバイルバッテリーの購入間違いが起きないようにしましょうね。

AC出力端子(コンセントプラグ)で電化製品が使える

AC出力端子(コンセントプラグ)で電化製品が使える

AC出力モバイルバッテリーを利用すれば、ノートパソコンやカメラなど精密機器の充電、扇風機やポータブル冷蔵庫などの電化製品も給電できます。しかし、モバイルバッテリーの出力W(ワット)数を超えるアイテムには利用できない点に注意が必要です。

まず、AC出力モバイルバッテリーを購入する上で必ずチェックすべきなのが、下記の数値です。

  • 電子機器・電化製品の消費電力(W)
  • モバイルバッテリーの最大出力(W)

例えば、最大出力100Wのモバイルバッテリーに対し、消費電力20W~40Wの扇風機は利用可能です。しかし、消費電力が600W~1200Wのドライヤーの場合、モバイルバッテリーの最大出力を超えるので、コンセントに接続しても利用できません。

製品によって最大出力値は異なりますが、小型のモバイルバッテリーは出力値が大きくても100W~150W程度です。具体的に、AC出力モバイルバッテリーに接続しても使えないアイテムは、下記のようなものが挙げられます。

AC出力モバイルバッテリーで使えるもの

AC出力モバイルバッテリーで使えないもの

  • スマホ充電(5W~10W)
  • カメラ充電(5W~10W)
  • Nintendo Switch充電(15W~25W)
  • ノートパソコン(20W~30W)
  • 電気スタンド(4W~10W)
  • 電気ブランケット(5W~50W)
  • ランタン(5W~100W)
  • 扇風機(20W~40W)
  • ポータブル冷蔵庫(40W~50W)
  • ハンディ掃除機(100W~200W)
  • ドライヤー(600W~1200W)
  • 炊飯器(300W~700W)
  • 電気ポット(700W~1000W)
  • コーヒーメーカー(450W~650W)
  • ホットプレート(700W~1300W)
  • 電子レンジ(1300W~1500W)

最近では省電力の電化製品も登場しているので、上記の消費電力あくまで目安となります。しかし、ACモバイルバッテリーでは小型の電子機器は使えるものの、電化製品は利用できるアイテムが少ないという認識を持っておきましょう。

多少大きくて重いというデメリットも

多少大きくて重いというデメリットも

出典:amazon.co.jp

AC出力モバイルバッテリーには、様々な電化製品で利用できるよう最大出力の大きいアイテムや、長時間利用できるようバッテリー容量の大きいアイテムが多いです。機能性の高さはメリットと言えますが、逆に本体が大きく重いというデメリットも。

車で移動するアウトドア時や、非常用に備えておくには最適なアイテムです。しかし、リュックやカバンに入れて持ち運ぶと重量感があります。

スマホやタブレット、ゲーム機などの充電に使用する程度であれば、小型かつ薄型のアイテムも揃うUSBタイプのモバイルバッテリーをおすすめします。

関連記事:【完全版】マニアが教える おすすめモバイルバッテリー 20選 | iPhoneやタブレットにはコレ!

AC出力 モバイルバッテリーの選び方

ACモバイルバッテリーは先述の通り、最大出力W数をチェックして、所有するアイテムを充電・給電できることが必要不可欠です。しかし、他にもモバイルバッテリーを選定する上で、確認しておきたい項目はあります。

次に、失敗しないACモバイルバッテリーの選び方を3選ご紹介します。

容量をチェック

容量をチェック

出典:amazon.co.jp

所有する電子機器や電化製品を必要な時間使用するため、チェックすべきがモバイルバッテリーの容量です。ACモバイルバッテリーの容量は、電力量「Wh(ワットアワー)」で表されます。

    一例として、弱運転で20W消費する扇風機を5時間稼働する場合、必要なバッテリー容量は下記のように計算できます。

    バッテリー容量の計算式

    機器の消費電力:20(W)×  稼働時間:5(h)=  必要なバッテリー容量:100(Wh)

    以上の計算式から、100Whを給電に充てられるモバイルバッテリーが最適と分かります。

    しかし、バッテリー容量で注意しなければならないのが、電力ロスの関係で全体容量の約70%~80%しか充電・給電に充てられない点です。よって、100Whの容量を持つモバイルバッテリーでも、実質70Wh~80Whしか電力を使用できません。

    モバイルバッテリーで充電や給電できるのは、主に電子機器や小型の電化製品となります。電力ロスが発生する点も踏まえ、モバイルバッテリーの容量は決めるようにしましょう。

    ひとことメモ
    モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」で表されることもあります。例えば、24000mAhを充電に充てられるモバイルバッテリーで、2815mAhの容量のiPhone 12をフル充電できる回数は「24000(mAh)÷  2815(mAh)=  8.5(回)」となります。

    基本的にモバイルバッテリーの容量は「Wh」の単位をチェックしておけば良いですが、「mAh」という単位があることも覚えておきましょう!

    端子やポートの数をチェック

    端子やポートの数をチェック

    出典:amazon.co.jp

    コンセントプラグを接続できるACモバイルバッテリーですが、スマホやタブレットはUSBケーブルだけでも充電できますよね?AC出力以外でも充電したい人は、USBポートなど複数の接続方法を持つモバイルバッテリーがおすすめです。

    USBポートだけでなく、タイプC(Type-C)の接続端子に対応したモバイルバッテリーもあり、MacBook Proなどのパソコンも充電可能です。

    また、複数のデバイスを接続すれば、同時充電できるアイテムも。家族や友人でモバイルバッテリーを共有したい人は、複数ポート内蔵のアイテムを要チェックです。

    ひとことメモ
    ポータブル電源を充電しつつ、スマホやタブレットなどを本体に接続して充電することをパススルー機能と呼びます。商品によっては仕様欄に出てくる用語なので、覚えておきましょう!

    本格的に使用したいならポータブル電源がおすすめ

    ポータブル電源

    モバイルバッテリーは便利に持ち運べるよう、コンパクトさに重点を置いたアイテムが多くなっています。しかし、持ち運びやすさではなく、バッテリー容量や最大出力値などの機能性、もしくは災害時に備えて家に常備しておきたいという人もおられるのではないでしょうか?

    本格的な電源用として使用したいのであれば、ポータブル電源がおすすめです。モバイルバッテリーに比べてバッテリー容量が大きく、100Wh~1000Whのアイテムが揃っています。

    アウトドア時や停電時に電化製品を使用したい人は、ポータブル電源をチェックしておきましょう。

    関連記事:【2021年】最強のポータブル電源 おすすめランキング20選|災害時やキャンプで大活躍!

    選び方のポイントまとめ

    選び方のポイントをまとめると

    1. モバイルバッテリーは100Wh前後のアイテムが多く、電子機器や小型電化製品の使用が主となる
    2. USB充電や複数デバイスを充電したいのであれば、ポート付きのモバイルバッテリーがおすすめ
    3. 本格的なキャンプや非常時に備えるのであれば、ポータブル電源が最適

    選び方で最も考慮したいのが、ACモバイルバッテリーに接続する機器の充電や給電を行えるかです。ここを間違えてしまうと、せっかくモバイルバッテリーを購入しても、電子機器や電化製品が使用できない可能性も。

    まずは最大出力W数を確認した上で、バッテリー容量やポート数などもチェックするようにしましょう。

    ひとことメモ
    防水機能やライト機能など、様々な付加価値が付いたモバイルバッテリーもあります。充電・給電面以外の機能もチェックしてみてくださいね!

    AC出力 モバイルバッテリー おすすめメーカー

    AC出力タイプのモバイルバッテリーは、USBタイプに比べるとアイテム数は少ないです。しかし、数々のメーカーが商品を販売しています。

    人気のメーカーで安全にモバイルバッテリーを使用したいという人もいるでしょう。ここでは、購入して間違いないACモバイルバッテリーのおすすめメーカー2社をご紹介します。

    Anker(アンカー)

    Anker (アンカー)

    出典:ankerjapan.com

    モバイルバッテリーを販売するメーカーの中でも、品質が良く評判も高いのがAnker(アンカー)です。

    Ankerが高い支持を得る大きな理由として挙げられるのが、安心で充実したサポート制度。正規店で購入すれば18ヶ月の保証が付いており、さらにAnker Japan公式サイトの無料会員登録を済ませておけば、24ヶ月まで保証を延長することも可能です。

    モバイルバッテリーの種類は非常に豊富で、下記のようなタイプのアイテムも取り扱っています。

    • 大容量タイプ
    • 急速充電タイプ
    • ソーラーチャージャータイプ
    • 超薄型・小型タイプ

    2020年度には「GOOD DESIGN AWARD」も受賞しており、デザイン性も高評価。おしゃれなモバイルバッテリーを持ち運びたい人にもぴったりのメーカーと言えますよ。

    関連記事:【2021年】コスパ最高!! Anker(アンカー) モバイルバッテリー 売れ筋ランキングTOP10

    RAVPower(ラブパワー)

    RAVPower(ラブパワー)

    出典:ravpower.jp

    小型で軽量のモバイルバッテリーを中心に販売を行っているのが、RAVPower(ラブパワー)です。

    中国に本社を置く会社となりますが、日本にも支社があるのでサポート面も安心です。価格としては、他社メーカーより少々高い傾向にあります。しかし、次世代の半導体素材「窒化ガリウム」を使用した最先端のモバイルバッテリーで、優れた耐圧性と高い電力効率が特徴です。

    モバイルバッテリーには安くて大容量のアイテムもありますが、耐久性が劣っているものも多いです。非常用にも備え、長くモバイルバッテリーを使用し続けたい人は、RAVPowerのアイテムをチェックしましょう。

    ひとことメモ
    Amazonや楽天の取り扱いアイテムを見てみると、聞いたことがないメーカーのモバイルバッテリーもあります。安全性は保証されていますが、過充電や過放電などを気にせず、より安心してモバイルバッテリーを利用したい人は、主要メーカーのアイテムをおすすめします。

    AC出力 モバイルバッテリー  おすすめ 10選

    Sikon モバイルバッテリー N5

    Sikon
    最安値 ¥9,899 (税込)

    コンパクトなのに100W出力可能なモバイルバッテリー!

    モバイルバッテリーはサイズの大きさに比例して、出力できるW数も変わります。しかし、小型のアイテムは60~90W程度しか電力を出力できないので、使用できる電子機器や電化製品は限られます。

    その点、Sikonのモバイルバッテリーは小型でありながら、最大100Wまで電力を出力可能です。荷物をコンパクトにまとめつつ、機能性も重視したい人にぴったりです。

    また、モバイルバッテリーは給電時や充電時に熱を持ちやすく、故障の原因にもなります。しかし、Sikonのモバイルバッテリーの内部には扇風機が内蔵されており、本体をスマートに冷却できます。本体の故障が気になる人もチェックしてみてくださいね!

    口コミ・レビュー
    移動時間が長い出張時の予備の電源用として、モバイルバッテリーを購入しました。タブレットやパソコンなどの大容量バッテリーもフル充電が可能なので、非常に便利です。所有しているパソコンは約1.8回充電できました。また、非常にコンパクトなサイズで、普段使用しているビジネスバッグにもすっぽり収まります。価格もリーズナブルなので、初めてACタイプのモバイルバッテリーを購入する人におすすめしたいです。
    サイズ71.0 × 71.0 × 218.0mm
    重量965g
    AC出力100W
    電力容量(Wh / mAh)ー / 31200mAh
    出力ポートAC×1、USB×1、タイプC×1
    最大保証期間12ヶ月

    Enginstar ポータブル電源 HP-100S-new-JP-01

    Enginstar
    最安値 ¥9,980 (税込)

    大容量なのにリーズナブル!コスパ最高のポータブル電源!

    ACコンセントを搭載したモバイルバッテリーは、全体的に価格が高い傾向にあります。バッテリー容量が小さくても、コンパクトかつ機能性の高さを追求するため、価格が上がることも。

    しかし、Enginstarのポータブル電源は価格が1万円を切っていますが、146Wh・39600mAhと大容量。さらに、急速充電の規格であるQC3.0にも対応しており、パソコンなど大容量バッテリーを搭載した電子機器も短時間でフル充電となります。

    サイズは少々大きいですが、コスパ重視の人にイチオシのアイテムですよ。

    口コミ・レビュー
    キャンプで使用する用に購入しましたが、スマホやタブレットをフル充電でき、さらに消費電力が10Wのランプを5時間使用し続けても、バッテリーはなくなりませんでした。コンパクトなサイズで持ち手も付いており、可搬性に優れています。それでいて価格は安く、国内線の飛行機に持ち込む際も問題ありませんでした。コスパは非常に良いアイテムだと思います。
    サイズ153.0 × 73.0 × 165.0mm
    重量1300g
    AC出力100W
    電力容量(Wh / mAh)146Wh / 39600mAh
    出力ポートAC×1、DC×1、USB×2
    最大保証期間

    Omars モバイルバッテリー OMESS2U1ABK-JP2

    Omars
    最安値 ¥10,880 (税込)

    大容量かつ薄型!持ち運びに便利なモバイルバッテリー!

    コンセントが付いている点から、ACタイプのモバイルバッテリーはUSBタイプと比較すると、サイズが大きい傾向にあります。せっかく外出先で充電できるモバイルバッテリーなので、持ち運びやすいサイズ感が良いですよね?

    Omarsのモバイルバッテリーは88Wh・24000mAhの大容量にも関わらず、薄型で小型設計なのが特徴です。飛行機内にも持ち運べるので、家族での旅行にぴったり。

    さらに、PD規格に対応したタイプCの入出力ポートを利用すれば、デバイスの急速充電も可能です。高性能な機能が搭載され、なおかつ価格は8,000円台と安価なので、コスパの良いモバイルバッテリーを探している人におすすめです。

    口コミ・レビュー
    重量はありますが、コンセントタイプのモバイルバッテリーの中で、サイズは最小クラスのアイテムです。小さいバッグにもすっきり収まるサイズ感なので、外出時も手軽に持ち運び、スマホを充電できます。また、家のコンセントにプラグを差した時と遜色ない充電速度です。大容量で1台持っておくと、スマホやパソコンを安心して利用できます。
    サイズ125.0 × 188.0 × 44.0mm
    重量940g
    AC出力90W
    電力容量(Wh / mAh)88Wh / 24000mAh
    出力ポートAC×1、USB×2、タイプC×1
    最大保証期間12ヶ月

    ELECAENTA ソーラーチャージャー対応ポータブル電源

    ELECAENTA
    最安値 ¥11,980 (税込)

    太陽光ソーラーパネルで充電できるポータブル電源!

    ポータブル電源は電化製品を長時間給電でき、またパソコンなどの電子機器も複数回の充電が可能なので、本体のバッテリーがすぐなくなることはありません。しかし、充電切れの際は当然使用できなくなります。

    事前にコンセントで充電を行っておくのが基本ですが、外出中も太陽光で充電できるのが、ELECAENTAのソーラーチャージャー対応ポータブル電源です。アウトドア時などコンセントがない状況でも本体は充電可能であり、さらに自然エネルギーを使用しているので、環境に優しいアイテムとなっています。

    備わっている非常用のライトも長時間の点灯が可能で、キャンプや停電時など多用途で利用できる点も大きなメリットです。

    口コミ・レビュー
    カフェでの作業やアウトドア時に使用するため購入しました。ポータブル電源の中では比較的容量が少なく、ACコンセントも1つしかありません。しかし、持ち運びには非常に便利なサイズで、重量感はありますが、リュックにも収まるサイズです。また、オレンジが入った本体のデザイン性も良く、外出先で使用していてもおしゃれで違和感はありません。ソーラーパネルは別売りで少々出費が重なりましたが、機能性が高いので満足です。
    サイズ185.0 × 108.0 × 120.0mm
    重量1400g
    AC出力100W
    電力容量(Wh / mAh)167Wh / 45000mAh
    出力ポートAC×1、DC×4、USB×4
    最大保証期間24ヶ月

    DLAM モバイルバッテリー DLAMMBBL01

    DLAM
    最安値 ¥10,880 (税込)

    充電残量を確認できるLEDディスプレイ付きモバイルバッテリー!

    AC出力対応のモバイルバッテリーは大容量タイプのアイテムが多くなっています。すぐに充電切れとなる心配はありませんが、バッテリーの残量は把握しておきたいですよね?

    DLAMのモバイルバッテリーは本体にLEDディスプレイが付いており、パーセント単位で充電残量を確認できます。

    充電残量を示すモバイルバッテリーはありますが、ランプの数や色で表示するタイプが多く、詳細な残量まではチェックできません。バッテリー残量を確認しながら、小まめに充電したい人に最適なアイテムと言えるでしょう。

    口コミ・レビュー
    出張時にコンセントとDCポートを使用するため、両方に対応したモバイルバッテリーを購入しました。DC出力はパススルーに対応しているので、出張先でも効率良くモバイルバッテリーとデバイスを充電できます。大きさと重量も良く携帯性は抜群ですが、それでいてバッテリーは大容量です。価格は1万円を超しますが、高機能なので価値としては妥当だと思います。
    サイズ174.0 × 98.0 × 45.0mm
    重量520g
    AC出力60W
    電力容量(Wh / mAh)88.8Wh / 24000mAh
    出力ポートAC×1、DC×1、USB×2
    最大保証期間12ヶ月

    SANWA DIRECT(サンワダイレクト)モバイルバッテリー 700-BTL025N

    サンワダイレクト
    最安値 ¥9,980 (税込)

    飛行機内に持ち込みOK!長期の旅行に最適なモバイルバッテリー!

    パソコン周辺機器やスマホのアクセサリーなど、幅広い電子製品を取り扱うサンワダイレクトのモバイルバッテリーです。

    スマホが生活必需品となっている中、モバイルバッテリーも外出時の定番アイテムとなっています。しかし、飛行機内に持ち込むには、100Wh以内のバッテリー容量と制限を設けている国際線もあります。

    その点、サンワダイレクトのモバイルバッテリーは、飛行機に持ち込み可能な容量である41Whです。旅行時や長距離の出張で飛行機を利用する人は、要チェックのアイテムですよ。

    口コミ・レビュー
    AC出力対応のモバイルバッテリーなので、本体には厚みがあります。しかし、サイズ自体はコンパクトで見た目ほど重さは感じられなかったので、持ち運び時は非常に便利でした。また、大きい分作り込まれている感じがあり、安心して活用できています。普段はパソコン用で利用していますが、USB出力もあり、様々なケーブルでデバイスを充電できるのも良かったです。
    サイズ98.0 × 148.0 × 34.0mm
    重量600g
    AC出力65W
    電力容量(Wh / mAh)41.27Wh / 11400mAh
    出力ポートAC×1、USB×1
    保証期間6ヶ月

    NEXPOW ポータブル電源

    NEXPOW
    最安値 ¥13,660 (税込)

    Amazonの無停電電源装置のジャンルでベストセラーを獲得したポータブル電源!

    NEXPOWのポータブル電源は、178Wh・48000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。MacBook ProやNintendo Switchなど、多様なデバイスと互換性があり、1台所有しておけば安心できるアイテムです。

    また、数あるモバイルバッテリーやポータブル電源の中から、Amazonの無停電電源装置のジャンルでベストセラーを獲得。評判が高く、販売実績も非常に豊富なポータブル電源なので、商品選定に迷ったらチェックしておきたいアイテムと言えます。

    価格も約1万円と大変リーズナブルなので、初めてポータブル電源を購入するという人にもおすすめですよ。

    口コミ・レビュー
    ポータブル電源は他社製品をチェックしてみると、無駄にサイズが大きいアイテムも多いです。しかし、NEXPOWのポータブル電源は断面が正方形でハンドルも持ちやすく、非常にコンパクトな設計となっています。また、複数人でキャンプをした際も、2泊3日でスマホとノートパソコンをフル充電にしましたが、このアイテム1台で問題ありませんでした。数ヶ月使用しても故障する気配はなく、大変満足のいく製品です。
    サイズ220.0 × 80.0 × 100.0mm
    重量2160g
    AC出力150W
    電力容量(Wh / mAh)178Wh / 48000mAh
    出力ポートAC×1、DC×1、USB×2、タイプC×1
    最大保証期間36ヶ月

    RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリー RP-PB055JP

    RAVPOWER
    最安値 ¥15,999 (税込)

    スマート機能でデバイスを効率良く充電できるモバイルバッテリー!

    ACモバイルバッテリーにはコンセントだけでなく、USBやタイプCなど様々なコネクタを接続できる充電口があります。大容量のアイテムを使用し、家族や友人で複数の端末を同時に充電したいという人もおられるのではないでしょうか?

    RAVPowerのモバイルバッテリーは3台同時に充電でき、さらに各デバイスに適した充電を行えるスマート機能が搭載されています。スマート機能では、接続したデバイスに合わせて適切な充電を行う電流自動判別機能や、複数のデバイスに最適な配分で急速充電を行う出力自動配分機能があります。

    時間を無駄にすることなく、効率良くデバイスを充電したい人は是非購入を検討してみてくださいね。

    口コミ・レビュー
    モバイルバッテリーとしてはサイズが大きく、ポケットに入れておくなど普段使いのアイテムとはいかないです。しかし、100Wの出力ができるコンセント付きなので、アウトドアや緊急時の備蓄など多様なシーンで活躍できます。本体に負荷が掛かっている時の冷却ファンの音は少々大きいですが、その分故障しにくそうです。RAVPowerのモバイルバッテリーで30ヶ月の保証と手厚いサポート付きなので、安心して活用できます。
    サイズ178.0 × 138.0 × 46.0mm
    重量1007.6g
    AC出力100W
    電力容量(Wh / mAh)ー / 30000mAh
    出力ポートAC×1、USB×2、タイプC×1
    最大保証期間30ヶ月

    RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリー RP-PB054pro

    RAVPOWER
    最安値 ¥13,127 (税込)

    急速充電に対応!デバイスを使いたい時に使えるモバイルバッテリー!

    スマホやタブレットは充電がなくなると、起動までに時間が掛かりますよね?デバイスは起動時に多くの電力を消費するため、一定量の充電が必要となり、立ち上げに時間を要します。

    しかし、急速充電に対応しているRAVPowerのモバイルバッテリーを利用すれば、デバイスの充電が切れてもすぐに使用可能な状態にできます。

    また、高品質なモバイルバッテリーを販売するRAVPowerのアイテムなので、安全性は抜群。過充電、過放電、過熱を防護する保護チップが搭載されており、大切なデバイスの故障も防ぎます。

    カバンで持ち運びながら充電する際も、安心してモバイルバッテリーを利用したい人におすすめです。

    口コミ・レビュー
    ノマドワーカーが増えている中、カフェの電源付きの席が取り合いになっているので、モバイルバッテリーを購入しました。どこの席でも気軽にノートパソコンを利用でき、また高速充電に対応しているので、MacBookも2時間程度でフル充電となります。価格は少々高い商品ですが、小型である点と機能性の高さから大満足のアイテムでした。
    サイズ69.0 × 69.0 × 154.0mm
    重量660g
    AC出力80W
    電力容量(Wh / mAh)ー / 20000mAh
    出力ポートAC×1、USB×1、タイプC×1
    最大保証期間30ヶ月

    Anker(アンカー)ポータブル電源 PowerHouse 100

    Anker
    最安値 ¥13,900 (税込)

    防災・非常時用に使えるライト機能付きのモバイルバッテリー!

    アウトドアや車中泊の時に限らず、災害や非常時に備え、モバイルバッテリーを購入する人が増えています。大容量のモバイルバッテリーは、スマホなどデバイスの充電に利用できるのはもちろんですが、停電時に活用できるライト機能付きのアイテムも登場しています。

    Ankerの「PowerHouse 100」には明るさの異なるライトが付いているので、緊急時に限らず、キャンプ時の明かりとしても活用可能。さらに、ライトが点滅するフラッシュモードも搭載されており、遭難時は救命信号の役割も果たします。

    最大24ヶ月の保証を受けられる安心・安全のAnkerのモバイルバッテリーを利用したい人は、要チェックのアイテムです。

    口コミ・レビュー
    モバイルバッテリーと呼ぶには少々サイズが大きいアイテムとなっています。なので、アウトドア時や非常用の電源として購入しました。大容量でAC出力に対応、さらにPD充電器付き。高速充電が可能で、モバイルバッテリー本体の充電も短時間で完了します。必要な機能が揃っており、なおかつAnker製品で安心して利用できます。
    サイズ201.0 × 120.0 × 31.0mm
    重量862g
    AC出力100W
    電力容量(Wh / mAh)97.2Wh / 27000mAh
    出力ポートAC×1、USB×2、タイプC×1
    最大保証期間24ヶ月

    AC出力 モバイルバッテリーの比較一覧表

    商品画像
    商品名Sikon モバイルバッテリー N5Enginstar ポータブル電源 HP-100S-new-JP-01Omars モバイルバッテリー OMESS2U1ABK-JP2ELECAENTA ソーラーチャージャー対応ポータブル電源DLAM モバイルバッテリー DLAMMBBL01SANWA DIRECT(サンワダイレクト)モバイルバッテリー 700-BTL025NNEXPOW ポータブル電源RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリー RP-PB055JPRAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリー RP-PB054proAnker(アンカー)ポータブル電源 PowerHouse 100
    メーカーSikonEnginstarOmarsELECAENTADLAMサンワダイレクトNEXPOWRAVPOWERRAVPOWERAnker
    最安値¥9,899 (税込)¥9,980 (税込)¥10,880 (税込)¥11,980 (税込)¥10,880 (税込)¥9,980 (税込)¥13,660 (税込)¥15,999 (税込)¥13,127 (税込)¥13,900 (税込)
    サイズ71.0 × 71.0 × 218.0mm153.0 × 73.0 × 165.0mm125.0 × 188.0 × 44.0mm185.0 × 108.0 × 120.0mm174.0 × 98.0 × 45.0mm98.0 × 148.0 × 34.0mm220.0 × 80.0 × 100.0mm178.0 × 138.0 × 46.0mm69.0 × 69.0 × 154.0mm201.0 × 120.0 × 31.0mm
    重量965g1300g940g1400g520g600g2160g1007.6g660g862g
    AC出力100W100W90W100W60W65W150W100W80W100W
    電力容量(Wh / mAh)ー / 31200mAh146Wh / 39600mAh88Wh / 24000mAh167Wh / 45000mAh88.8Wh / 24000mAh41.27Wh / 11400mAh178Wh / 48000mAhー / 30000mAhー / 20000mAh97.2Wh / 27000mAh
    出力ポートAC×1、USB×1、タイプC×1AC×1、DC×1、USB×2AC×1、USB×2、タイプC×1AC×1、DC×4、USB×4AC×1、DC×1、USB×2AC×1、USB×1AC×1、DC×1、USB×2、タイプC×1AC×1、USB×2、タイプC×1AC×1、USB×1、タイプC×1AC×1、USB×2、タイプC×1
    最大保証期間12ヶ月12ヶ月24ヶ月12ヶ月6ヶ月36ヶ月30ヶ月30ヶ月24ヶ月
    商品リンク

    よく一緒に購入される関連アイテム

    AC対応モバイルバッテリーは単体で使用しても、様々なシーンで大活躍するアイテムです。さらに、関連アイテムと一緒に使用することで、より高い機能性で利用できます。

    ここでは、AC対応モバイルバッテリーと一緒に購入されるおすすめの関連アイテムを2選ご紹介します。

    急速充電器

    急速充電器

    出典:amazon.co.jp

    AC出力モバイルバッテリーはスマホなど小型電子機器の充電だけではなく、電化製品などの給電も行うため、必然的に容量が多くなっています。しかし、フル充電にするには時間を要し、中には10時間以上掛かるアイテムも。

    モバイルバッテリー本体の充電速度を速めたいのであれば、急速充電器がおすすめです。バッテリー容量によっても変動しますが、急速充電器を使用すれば、約3時間でフル充電にすることも可能です。

    急速充電器を購入する際は、最低でも10W(5V/2A)以上のアイテムを購入すれば問題ありません。また、急速充電器をより便利に活用するため、下記仕様もチェックしておくと良いです。

    • ポート数:同時にケーブルを何本接続できるか
    • 接続可能端子:USBが主流だが、タイプCの接続端子だけ搭載しているモデルもあり
    • PD・QCの対応可否:急速充電の規格に対応しているか

    AnkerやRAVPower、Aukeyなど主要メーカーも多くの急速充電器を販売しています。どれを購入すべきか迷ったら、まずは主要メーカーのアイテムをチェックしてみましょう。

    ソーラーチャージパネル

    ソーラーチャージパネル

    ソーラーパネルを利用し、太陽光でエコに充電できるソーラーチャージャー対応ポータブル電源。先ほどご紹介しましたELECAENTAやNEXPOWのポータブル電源はソーラー充電が可能ですが、ソーラーパネルは別売りとなっています。

    ソーラーパネルにも様々な種類があり、選定時は下記3点をチェックしておきましょう

    • 出力W数
    • 収納タイプ
    • DC端子の種類

    例えば、サイズの大きいソーラーパネルでも折りたたみ収納できるタイプであれば、持ち運びも非常に便利です。

    また、ポータブル電源を充電する際は主にDC端子を利用しますが、接続可能なプラグは製品によって異なります。必ず充電したいポータブル電源と接続できるDC端子のソーラーパネルを選択しましょう。

    ひとことメモ
    ソーラーパネルの選定に迷ったら、Jackery・BALDR・PAXCESSのメーカーがおすすめです。Amazonのレビュー評価も高く、販売実績も豊富ですよ。

    AC出力 モバイルバッテリーまとめ

    充電タイプの電子機器を所有する人が増える中、コンセントで給電する機器もまだまだ多いです。アウトドアや車中泊の際もコンセントタイプの機器を使用したい場合は、本記事でご紹介しましたACモバイルバッテリーがおすすめです。

    ACモバイルバッテリーの選び方は様々ですが、特に出力W数をチェックしていなければ、使用したい電化製品などに給電できない場合もあります。出力W数は必ず確認した上で、バッテリー容量や搭載ポート数などもチェックしてみましょう。

    どのような場面・機器でモバイルバッテリーを利用するかで、選ぶべきアイテムは変わってきます。外出時や緊急時にも活用できる自分にぴったりのACモバイルバッテリーを購入し、充電切れの心配がない生活を送りましょう!