【超便利】AirPods(エアーポッズ)の使い方を解説!機能と操作方法の完全マニュアル

Appleの純正ワイヤレスイヤホンAirPods。

明書もないしボタンもないけど、どうやって操作したらいいの?と使い方に迷っている方も多いかもしれません。

そこで今回はAirPodsを買って人生が変わった筆者が、これをしておくと圧倒的に便利になる設定など、あなたがAirPodsをつけて生活する上で絶対にしておきたいことを解説します!

たつや

大人気のAirPodsの機能を改めて紹介!うどんと呼ばれている独特の見た目でも親しまれていますよね

完全ワイヤレスイヤホンのAirPods

ワイヤレスイヤホンの中でも「完全ワイヤレスイヤホン」は、両耳のデバイスがそれぞれ独立しているタイプです。

ケースから取り出してすぐに、両方のイヤホンは自動的にペアリングされ音楽が流れます。

とくにAirPodsは、iPhoneに接続がしやすくなっているのが特徴の大人気ワイヤレスイヤホンです!

AirPodsの初期設定と便利な設定

 初期設定のやり方

AirPodsの初期設定はとっても簡単です!

まずiPhoneのBluetoothがオンになっているか確認します。オンになったら、AirPods本体の蓋を開けて本体の裏にあるボタンを長押しするだけ!

ボタンを押すとiPhone側に、「接続」というボタンが出てくると思うので、タップすると初期設定完了です!

iPhoneやiPadと接続できたら

iPhoneと接続できたら、次回からはこの接続ステップを踏まなくても、ケースからAirPods本体を取り出して耳につけるだけで接続完了します!接続の手軽さはAirPodsならではですよね!

ひとことメモ
ちなみにBluetoothはオンになっていないと蓋をあけても接続できませんので注意してください!

AirPodsが便利になるおすすめの設定!

AirPodsを使う上でグッと便利になる設定をいくつか紹介します!

どの設定もiPhone側からできるので、ぜひやってみてくださいね!

名前変更

普段から良く使うAirPodsですが、もし落したり、他のワイヤレスイヤホンとごちゃごちゃになったりしたら…と、ワイヤレスイヤホンは意外と管理が大変です。

そんな時に役に立つのが、自分のAirPodsに名前を入れることです!

iPhoneにBluetooth接続したことのあるデバイスの所に、「AirPods」があると思うのですが、名称の右側にというところがあるのでタップします。

 

すると通常のBluetoothワイヤレスイヤホンにはない、AirPodsの設定メニューが出てきます。

そこにある「名前」という所を押すと、任意の名前を設定できるようになります。

さらにAirPodsの蓋を開くときにでるポップアップ表示の名前が、設定した名前に変更されます!嬉しい!

たつや

これで他の人のAirPodsとごちゃごちゃになるってこともなくなりそうですね!

操作のカスタム

実はAirPodsは、イヤホンにタッチすることで操作することができます。AirPodsは買ったときの状態だと、左右どちらの耳も「曲送り」の操作が割り当てられています。

この操作も先ほどの設定画面から変更することができます!

割り当てられる動作は、「Siri、再生/一時停止、曲送り、曲戻し、オフ(割り当てなし)」の4つです。

個人的には左右どちらかの耳を曲送り、もう片方を曲戻しにするのがオススメの設定です!

AirPodsにはほかにも便利な機能がたくさん詰まっているので、ここまでの設定が済んだ方もぜひ最後まで読んでみてください!

基本的なAirPodsの使い方

「AirPodsでどんなことができるの?」という方のために、基本の使い方を徹底解説していきます!

音楽を聴くとき:つけ外しで再生/停止

音楽や動画を見るとき、AirPodsについているセンサーが耳を検地。耳から外すと一時停止、付けると再生してくれます!

さらにApple Music/Spotify/LINE Music/Amazon Musicといった音楽配信アプリでは、左右のAirPodsをダブルタップすることによって「再生/一時停止」「曲送り/曲戻し」などといった操作が出来るようになります。

電話の受け方・かけ方

AirPods装着時に電話がかかってきた場合、片方のイヤホンをダブルタップすることで電話を受ることができます!切るときも同じアクションをすることで切ることができます。

LINE電話でも同じように使えます。

音楽の再生中に電話がかかってきても、ダブルタップで音楽を中断して受けることができます!

Siriでハンズフリー操作できる

現在販売されているAirPodsは、Hey Siriに対応しています。AirPodsを耳に付けた状態で「Hey Siri」と話しかけてあげると、Siriが応答してくれます。

「今日の天気は?」「このあとの予定は?」「この曲なに?」など通常のSiriとしても使えますし、「音量上げて/(下げて)」「次の曲にして」「曲の一時停止/再生」などのコントロールもできます!

今までHey Siriの完全対応はApple Musicのみだったのですが、2019年10月07日のアップデートで、Spotifyが対応しました!!

AirPodsの音量調節について

一般的なワイヤレスイヤホンならイヤホンをタッチすることでボリューム調整ができるのですが、AirPodsにはその機能が搭載されていません。

AirPods装着時の音量調節の方法は2つあります。

まず1つ目は、iPhoneやMacなどのデバイスで直接音量を調整する方法です。

2つ目は「Hey Siri」での音量調整です。「音量上げて/下げて」「ボリューム上げて/下げて」などと指示することで、ハンズフリーで音量をコントロールすることができます。

AirPodsの充電方法について

気になるバッテリー持ち時間

気になるAirPodsのバッテリーの持ち時間ですが、AirPods本体のみで5時間、ケース込みで24時間以上持ち、音声通話などマイクを使用していても単体で3時間持ちます!

充電方法

AirPodsには2つの種類があります。AirPods With Wireless Charging CaseAirPods With Charging Caseモデルの2つです。

どちらのモデルのケースでもLightningケーブルで充電できるので、iPhoneを持っている方であれば新しいケーブルを買う必要はありません!

AirPods With Wireless Charging CaseではQiパッドを用いたワイヤレス充電が可能です!すでにスマートフォンやスマートウォッチなどでワイヤレス充電パッドをお使いの方でしたら、AirPodsも同じ所で充電できます!

おすすめのワイヤレス充電器について、詳しくは以下の記事をご覧ください!

関連記事:【2021】高速充電対応のワイヤレス充電器 おすすめ 21選 | iPhoneやapple Watchにも対応

バッテリー充電の確認方法

AirPodsのバッテリーを確認する方法は主に2つあります。

まず1つめは、AirPodsを接続したとき。AirPodsケースの蓋を開けると、ポップアップ表示が出てきます。

このポップアップ表示には、現在のAirPods本体のバッテリー残量ケースのバッテリー残量接続状態が表示されます。

AirPods使用中のバッテリー残量については、通知センターを開くか、ホーム画面の一番左側に行ってウィジェットを確認すれば、「バッテリー」という項目で見ることができます!

AirPodsを使っていて困ったときの対処法

AirPodsが接続されなくなってしまった!

「AirPodsが接続されなくなってしまった!」そんなときはまず、iPhoneなど接続端末のBluetoothがオンになっているか確認してみてください。

オンになっていて、AirPodsを耳につけていた場合、いったんケースにしまって、再度付け直すと解消されるかもしれません。

次によくあるパターンが、AirPodsの充電が切れていることです。

ケースのステータスランプがAirPodsを入れても光っていない状態の場合は、AirPodsのバッテリーが0になっている可能性が高いです。

そういうときは、AirPodsケース充電しましょう。15分程度経てば使えるようになります!

AirPodsから音が出ない、片方からしか音が出ない

音が出ない場合や、片方からしか出ない場合は、AirPods側の接続エラーが多いです。そういう時は一度両耳のAirPodsをケースにしまって、再度接続し直してみると解消されます。

Macや他の端末にも接続したい

「他の端末に接続したい!」そんなとき、Appleデバイスで、既にAirPodsを過去に接続したことがある場合は、コントロールセンターの「再生」項目を選んで、〇〇のAirPods(登録した名前)を選択すると3秒程度で接続できます。

新規登録したい場合は、iPhoneなら初期設定のやり方から、AndroidやWindowsPCなら、ケース裏のボタンを押すと、ケースのインジケーターランプが白く光ります。接続したい端末に「〇〇のAirPods」と表示されるので、タップすれば登録完了です。

注意点

iPhone、iPad、MacなどのAppleデバイス間では簡単に接続端末を切り替えられます。

しかしAndroidからiPhoneや、iPhoneからWindowsPCなど、Appleデバイスでないものと接続するときは、デバイスの接続を解除してからでないと接続できない点だけ注意です。

初期化の仕方

上記に書いてあるトラブル解決法でも解決できない、またはそれ以外のトラブルが発生してどうしても直らない!という時は、AirPodsの初期化を行いましょう。初期化と聞いて、色々なデータが消えてしまうの?と思った方もいると思いますが、AirPodsも接続情報がリセットされるだけなので大丈夫です!

AirPodsの片耳を無くしてしまったときは?

完全ワイヤレスイヤホンの片耳を無くしてしまう事例が多発しています。

万が一AirPodsを無くしてしまったときでも、AirPodsには「探す」という機能があるので見つけることができるかもしれません!

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事:無くしてしまったときも安心!AirPodsを探す方法🔎

万一の場合に備えた保険もおすすめ

ワイヤレスイヤホンはとても小さいため紛失しやすく、また踏みつけや浸水などにより故障もしやすいアイテムです。

とくにAirPodsは2万円近くする比較的高価なワイヤレスイヤホン。そんな大事なアイテムの紛失や故障に備えて、「保険」を検討してみるのもおすすめです。

詳しくは以下の記事で詳しく紹介していますのでチェックしてみてください!

関連記事:【紛失や故障に使える】ワイヤレスイヤホン おすすめ保険やメーカー保証を徹底比較!

ノイズキャンセリングが魅力のAirPods Proもチェック!

iPhoneユーザーやAirPodsを検討している方に、ぜひおすすめしたいのがAirPods Proです!

AirPodsよりもさらに1万円ほど高価ですが、それでも大人気な理由は「ノイズキャンセリング機能」。カフェで会話の多い場所や満員電車の中でも、AirPods Proのノイズキャンセリングを使えばキレイに雑音がシャットアウトされます!

実際にAirPods Proを使った詳しいレビューについては以下の記事がおすすめです!

関連記事:【マニアがAirPods Proをレビュー】買って満足する人&買ってはいけない人。WF-1000XM3とも比較

AirPods Proの使い方についても、丁寧に解説しています!

関連記事:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!

AirPodsのおすすめ関連記事

AirPodsに関連して、人気のワイヤレスイヤホンやヘッドホンに関するおすすめ記事をまとめました!

AirPods以外にもたくさんのおすすめ商品があるので、ワイヤレスイヤホンを検討されている方は以下もチェックしてみてください!

話題のワイヤレスイヤホンに関する記事はこちら

関連記事:【2021年】AirPodsを超えるコスパ最高モデルが続々。おすすめ完全ワイヤレスイヤホンTOP25
関連記事:【聴き比べて検証】本当に音質が良いワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP13
関連記事:【2021年最新】ワイヤレスイヤホンのメーカー10社を徹底比較!
関連記事:【ジムで徹底比較】ランニングや運動でも外れないスポーツイヤホン おすすめ18選 (2021年)
関連記事:【おしゃれすぎる!?】シーン別で活躍するおしゃれなワイヤレスイヤホン15選
関連記事:【2021年】インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンおすすめ15選|高音質&ハイコスパ

音質にこだわるヘッドホン/ヘッドセットの方向けの記事はこちら

関連記事:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選
関連記事:【2021年最新版】ヘッドホンを買うならこれ!!値段で見るおすすめヘッドホン10選!
関連記事:【ゲームをするにはこれが最適!?】プロゲーマーも納得のゲーミングヘッドセット10選
関連記事:【超厳選】|リモートワークに便利!おすすめヘッドセット12選

【まとめ】AirPodsを使って最高の人生を!

最後に簡単にAirPodsについてまとめたいと思います。

まとめ
  • AirPodsは簡単に使える優秀なBluetoothイヤホンだった!
  • できる操作の少なさなど他のイヤホンに劣る部分も
  • iPhoneやMacを使っている人には最強のアイテム!

AirPodsを買ってから格段に音楽や動画などのメディアに触れる機会が増え、筆者にとっても日常に必要不可欠なものになりました。

上手くAirPodsを活用して最高の人生を送ってくださいね!

最新のAirPods Proのレビュー記事はこちら!

AirPodsを購入したい方はこちらからどうぞ!

Apple(アップル)
最安値 ¥18,576 (税込)

この記事は参考になりましたか?