【超便利】AirPods(エアーポッズ)を使うなら知っておきたい使い方と4つの便利なコト!

   

説明書もないしボタンもないけどどうやって操作したらいいの?

そこで今回は ’’AirPodsを買って人生が変わった’’ 僕、Kokiが

これをしておくと圧倒的に便利になる設定など、あなたがAirPodsをつけて生活する上で絶対にしておきたいことを解説します!

たつや

大人気のAirPodsの機能を改めて紹介!うどんと呼ばれている独特の見た目でも親しまれていますよね

完全ワイヤレスイヤホンのAirPods

ワイヤレスイヤホンの中でも完全ワイヤレスイヤホンは両耳のデバイスがそれぞれ独立しているタイプです。ケースから取り出した時点で両方のイヤホンは自動的にペアリングされるので、Bluetoothで接続すれば両方の耳からそれぞれ音楽が流れるという仕組みです。

iPhoneユーザーの方は特に接続がしやすくなっているのが特徴の人気ワイヤレスイヤホンです!

AirPodsの初期設定と便利な設定

 初期設定のやり方

AirPodsの初期設定はとっても簡単!

まず、iPhoneのBluetoothがオンになっているか確認します。オンになったら、AirPods本体の蓋を開けて本体の裏にあるボタンを長押しするだけ!

ボタンを押すと、iPhone側に、「接続」というボタンが出てくると思うので、そこをタップするだけで初期設定は完了です!

iPhoneやiPadと接続できたら

iPhoneと接続できたら、次回からはこの接続のステップを踏まなくても、ケースからAirPodsを取り出して耳につけるだけで接続完了!接続の手軽さはなんと言ってもAirPodsならではのものですよね!

ひとことメモ
ちなみにBluetoothはオンになっていないと蓋をあけても接続できませんので注意してください!

グッと便利になる設定!

AirPodsを使う上でグッと便利になる設定をいくつか紹介します!

どの設定も、iPhoneからできるので、是非やってみてくださいね!

名前変更

普段から良く使うAirPods、iPhoneと違って色々な色があるわけでもないし、もし落したり、ごちゃごちゃになったら、どれが自分のAirPodsかわからなくなりそう、、、

そんな時に役に立つのが、自分のAirPodsに名前を入れることです!

これはiPhone設定アプリからBluetooth→接続したことのあるデバイスの所に、「AirPods」と書いてあるバーがあると思うのですが、名前の右側にというところがあると思うので、そこを押してください

 

すると、通常のBluetoothイヤホンにはないメニューが出てきます。

そこにある、「名前」という所を押すと、任意の名前を設定できるようになります。これで他の人とごちゃごちゃになっても大丈夫!しかもAirPodsの蓋を開くときにでるポップアップ表示の名前が、設定した名前に変更されます!嬉しい!

たつや

これで他の人のAirPodsとごちゃごちゃになるってこともなくなりそうですね!

操作のカスタム

AirPodsは買ったときの状態だと、左右どちらの耳も、「曲送り」の操作が割り当てられています。

ですが、この操作も先ほどの設定画面から変更することができます!

割り当てられる動作は、「Siri、再生/一時停止、曲送り、曲戻し、オフ(割り当てなし)」の4つです。個人的には左右どちらかの耳を曲送り、もう片方を曲戻しにするのがオススメの設定です!理由として、Siri→Hey SiriでSiriを呼び出せる。再生 /一時停止は耳からつけ外しすることで代用できるのでなくてもいいかなと思います。

他にも便利な機能が沢山詰まっているので、ここまでの設定が済んだ方は是非最後まで読んでいってください!

 

基本的なAirPodsの使い方

音楽などを聴くとき

音楽や動画を見るとき、AirPodsについているセンサーが耳を検地してくれます。耳から外すと一時停止、付けると再生、さらにApple Music,Spotify,LINE Musicなどといった音楽配信アプリでは、左右のAirPodsをダブルタップすることによって、一時停止、曲送りなどといった操作が出来るようになります。

電話の受け方、かけ方

電話がかかってきたときにAirPodsを耳につけていた場合、どちらかの耳をダブルタップすることで電話を受け取ることが出来ます。切るときも同じアクションをすることで切ることができます

LINE電話でも同じように使えます

Siriの使い方

現在販売されている(2019/03/26~)AirPodsは、Hey Siriに対応しています。Hey Siriが使えるようになっていれば、AirPodsを耳に付けた状態で、「Hey Siri」と元気良く話しかけてあげると、Siriが応答してくれるはずです。今日の天気、この後の予定、この曲なに?など通常のSiriとしても使えますし、「音量上げて/(下げて)」、「次の曲にして」「曲の一時停止/再生」なども出来ます!AirPodsの本体では出来ない音量のコントロールもSiriでできれば問題ないですね!

しかも今までHey Siriでの完全対応はApple Musicのみだったのですが、2019年10月07日のアップデートで、Spotifyが対応しました!!僕はSpotifyユーザなのでこれは非常に嬉しいです!

AirPodsの音量について

結果から言ってしまうと、AirPods本体には、音量を調整する機能がありません。極限まで無駄を排除して作った結果、Appleさんいわく「イヤホンに音量調整機能はいらない」という結論にたどり着いたんですかね。

じゃあどうやって音量を変更するのか?やり方は2つあります。まず1つ目は、iPhoneやMacなどのデバイスから音量を調整する方法。2つ目は、先ほど説明した、「Hey Siri」での音量調整。今現在、この2つ以外は音量を調整できません。 今後、Appleが新しい技術を開発してくれることを楽しみにするしかなさそうですね

AirPodsの充電について

気になるバッテリー持ち時間

皆が気になるAirPodsのバッテリーの持ち時間ですが、音楽を聴いている場合、AirPods本体のみで5時間、ケース込みで24時間以上持ち、音声通話などマイクを使用していても単体で3時間持ちます!

充電方法

AirPodsには2つの種類があります。AirPods With charging caseモデルとAirPods With wireless charging caseの2つです。

まず、どちらのモデルも共通で使える充電方法を紹介します。

充電方法は、Lightningケーブルで充電できるので、iPhoneを持っている人だったら、特別新しいケーブルを買う必要はありません!本体にLightningケーブルが付属していますが、iPhoneと違って毎日充電するわけでもないので、iPhoneを充電していないときに充電する感じでも全然大丈夫だと思います!

次に、AirPods With wireless charging caseでしか使うことの出来ない充電方法を紹介したいと思います

それは、qiパッドを用いた無線充電です!AirPods with wireless charging caseは無線充電に対応しているので、各種スマートフォンや、iPhone8以降のiPhoneをお持ちの方で、無線充電パッドをお使いの方でしたら、AirPodsも同じ所で充電できます!

バッテリー充電の確認方法

AirPodsのバッテリーを確認する方法は主に2つあります。

まず1つめは、AirPodsを接続したとき。AirPodsケースの蓋を開けると、ポップアップ表示が出てきます。

このポップアップ表示には、現在のAirPods本体のバッテリー残量、ケースのバッテリー残量、接続待機状態が表示されます。しかしこの状態のときは大体AirPodsは充電済みで、バッテリーが100%のことが多いです。では使用中のバッテリー残量はどうやって確認するのか?AirPodsを使用中の場合、通知センターを開くか、ホーム画面の一番左側に行って、ウィジェットを確認してもらえれば、「バッテリー」という項目があるはずなので、そこで確認できます!

 

AirPodsを使っていて困ったとき

接続されなくなってしまった!

AirPodsが接続されなくなってしまった!そんな時はまず、iPhoneなど接続端末のBluetoothがオンになっているか確認してみてください。オンになっていて、AirPodsを耳につけていた場合、いったん耳から外して、ケースにしまった後、再度付け直すと解消されるかもしれません。

次によくあるパターンが、AirPodsの充電が切れていた状態です。先ほど、AirPodsのバッテリー残量は、iPhone側で確認できると書きましたが、AirPodsの蓋を開けてもポップアップ表示がされない、またケースの蓋を開けた所にあるステータスランプがAirPodsを入れても光っていない状態の場合はAirPodsのバッテリーが0になっている可能性が非常に高いです。

そういう時は、AirPodsケースをLightningケーブルにつないで、充電している状態でケースの蓋をあけてポップアップメニューが表示されるかを見てみてください。メニューに充電の表示がされてれば大丈夫です。15分程度経てば使えるようになると思うので、しばらく待ちましょう!

音が出ない、片方からしか音が出ない

音が出ない場合や、片方からしか出ない場合は、AirPods側の接続エラーが多いです。そういう時は一度両耳のAirPodsをケースにしまって、再度接続し直してみると解消されます。

Macや他の端末にも接続したい

他の端末に接続したい!そんな時、Appleデバイスで、既にAirPodsを過去に接続したことがある場合は、コントロールセンターの、「再生」項目を選んで、〇〇のAirPods(登録した名前)を選択すると3秒程度で接続できます。

新規登録したい場合は、iPhoneなら初期設定のやり方から、AndroidやWindowsPCなら、ケース裏のボタンを押して、ケースのインジケーターランプが白く光って、接続したい端末に「〇〇のAirPods」と表示されるので、そこを押したら登録完了です。

注意

iPhone,iPad,Mac,などのAppleデバイス間では簡単に接続端末を切り替えられますが、AndroidからiPhone や、iPhoneからWindowsPCなど、Appleデバイスでないものと接続するときは、接続中のデバイスの接続を解除してからじゃないと接続できない所だけ注意しておきたいですね

初期化の仕方

上記に書いてあるトラブル解決法でも解決できない、またはそれ以外のトラブルが発生してどうしても直らない!という時は、AirPodsの初期化を行いましょう。初期化と聞いて、色々なデータが消えてしまうの?と思った方もいると思いますが、AirPodsも接続情報がリセットされるだけなので大丈夫です!

【まとめ】AirPodsを使って最高の人生を!

色々書いてきましたが、最後に簡単にAirPodsの特徴などについてまとめたいと思います。

AirPodsを購入したい方はこちらからどうぞ!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,569 (2019/11/17 13:41:20時点 Amazon調べ-詳細)
まとめ
  • AirPodsは簡単に使える優秀なBluetoothイヤホンだった!
  • できる操作の少なさなど他のイヤホンに劣る部分もあった
  • iPhone,Macを使っている人には最強のアイテム!

僕はAirPodsを買ってから格段に音楽や動画などのメディアに触れる機会が増え、自分の体に「AirPods」という項目が追加されたといっても過言ではないほど、必要不可欠なものになりました。この記事を読んでくれたあなたも、上手くAirPodsを活用して最高の人生を送ってください!

話題のワイヤレスイヤホンに関する記事はこちら

【2019年】AirPodsを超えるコスパ最高モデルが続々。おすすめワイヤレスイヤホンTOP10

音質にこだわるヘッドホン派の方向けの記事はこちら

【こんなヘッドホンあったのか!】おすすめヘッドホン10選

納得する一品を探すならコレ!今こそ選ぶおすすめワイヤレスヘッドホン11選

【2019年最新版】ヘッドホンを買うならこれ!!値段で見るおすすめヘッドホン10選!

【ゲームをするにはこれが最適!?】プロゲーマーも納得のゲーミングヘッドセット10選