【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)を使うなら知っておきたい使い方と7つの便利なコト!

Air pods Pro 使い方

Air Pods Proはアクティブノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの決定版

AirPods Pro 美しい

ノイズキャンセリングとは、本体に搭載されているマイクで外部の音を取り込み、オーディオ処理によって一切の雑音を消した空間を作り出す技術です。

ノイズキャンセリングイヤホンは他のイヤホンに比べ、内部で複雑な処理をするため価格は高くなりがちです。しかし、満員の通勤電車や多くの話し声が聞こえるカフェなどでも自分だけの空間に入り込めるため、値段以上に生産性が向上するといっても過言ではありません。

AirPods Pro 取りやすい

今回紹介するAirPods Proは2019年にAppleから発売されました。下位モデルにトゥルーワイヤレスイヤホンのAirPods、上位モデルにノイズキャンセリングヘッドホンのAirPods MaxがラインナップされいているAirPodsファミリーのひとつです。

3万円台とイヤホンとしては少し高めの価格ですが、高性能なノイズキャンセリング技術やAppleが培ってきた優れた音響技術が詰め込まれており、Proの名に恥じない体験が得られます。

そんなアクティブノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンの決定版とも言えるAirPods Proを使用歴1年半の私が使用方法から便利な設定まで徹底解説いたします。

関連記事:【イヤホンマニアが解説】AirPods Proはソニー WF-1000XM3と比較してどこが良いのか比較レビュー

関連記事:【ノイズキャンセリングイヤホンを完全解説】失敗しない選び方と人気おすすめランキング 20選

関連記事:【聴き比べて検証】本当に音質が良いワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP10

AirPods Proの初期設定

Bluetoothイヤホンにはペアリングなどの煩わしい作業がつきものですが、AirPods Proに「煩わしさ」は必要ありません。AirPods Proの初期設定は腰を抜かすほど簡単です。

iPhoneを用いて説明していきますが、最初の操作は基本的にはiPadでもMacでも同じです。

  • 初期設定
  • STEP.1
    iPhoneのBluetoothをオンにする

    AirPods ProはBluetoothイヤホンなのでオンになっていないと接続できません。念の為iPhone のBluetooth設定を開いておきましょう。
    iPhoneの設定からBluetooth項目を開きます。

    最上部のトグルが緑色になっていればオンです。灰色の場合は一度タップしてオンにしておきましょう。ホーム画面に戻ります。

     

  • STEP.2
    AirPods Proのケースを開く
    高まる気持ちを抑えながら優しく丁寧に蓋を開けましょう。本体とケースは優しい磁石でくっついているため吹っ飛んでいくことは少ないですが、気をつけるに越したことはありません。 
  • STEP.3
    ケース背面のボタンを長押しする
    iPhoneの画面を眺めながらケース背面の小さなボタンを長押ししましょう。すると画面下部から接続を問う設定アニメーションが浮かび上がります。その下部にある「接続」ボタンをタップするだけでiPhoneにAirPods Proが接続できます。

  • STEP.4
    HeySiriの設定をする
    AirPods Proでは装着したままイヤホンでSiriを呼び出せるHeySiriが使用できます。iPhoneでHeySiriを使用している場合はそのまま使用できますが、設定していない場合はHeySiriの設定手順が表示されます。 
  • STEP.5
    着信メッセージを読み上げる

    次は着信メッセージを読み上げるかをとうポップアップが表示されます。新しいLINEのメッセージなど通知が届くたびに、AirPods Proが通知内容を読み上げてくれます。音楽を聴いているときに突然メッセージが読み上げられるのが鬱陶しいと感じる方もいるので読み上げないを洗濯しても問題ありません。 

  • STEP.6
    完了
    完了をタップするとAirPods Proの初期設定が完了します。一度接続してしまえば次回使用時からはケースの蓋を開けるだけでiPhoneと接続されます。 

5ステップに分けて解説しましたが、1分もかからずに設定を完了できます。この手軽さはiPhoneとAirPodsならではでしょう。

基本的なAirPods Proの使い方

AirPods Proを「ドライヤー」とした時、ハンドルの部分をつまんで押し込むようにすることで色々なコントロールができます。

押し込むと言っても物理的なボタンになっているわけではく、感圧センサーによって押し込みを検出しているため指に感触はありません。その代わりに「カチッ」とAirPods Proから音が鳴るようになっています。

音楽の再生・停止

AirPods Proは耳に装着されているか否かを自動的に検出する(自動耳検出)ことができます。これによってAirPods Proを耳から外したら再生が一時停止し、もう一度装着したら再生が始まります。コンビニのレジなどで外しても外した場所から再生を再開できるのは嬉しいですよね。

また、ハンドルの部分でも音楽の再生をコントロールすることができます。1回短く押し込むことで再生・一時停止、2回短く押し込むと曲送り、3回で曲戻しとなっています。

長押しにもコントロールが当てられています。初期設定では「ノイズコントロール」の外部音取り込みとノイズキャンセリングの切り替えとなっています。カフェで会計時には外部音取り込み、作業を始めるときに長押しをしてノイズキャンセリングといった使い方ができます。といっても会計時にはイヤホンを外した方が良いと思いますが….

通話の開始・停止

AirPods Proを接続しているときに、着信があった場合ハンドル部分を一回かちっと押し込むことで着信に応答することができます。同様に1回かちっと押し込むことで通話を切ることもできますので、通話の初めから終わりまでの操作をAirPods Pro上で完結することができます。

この通話の開始と停止は電話回線に限らず、LINEなどのインターネット通話でも使用することができます。

音量調節

上の2つでAirPods Proの操作は大体完結してしまいますが、一番使うであろう音量調節はAirPods Proでは完結しません。iPhoneの音量ボタンを押して調節するか、コントロールパネルから音量バーを操作して音量を調整する必要があります。

AirPods Proの基本設定

設定のBluetoothメニューから接続しているAirPods Proの一番右にある i マークをタップするとAirPods Proの設定メニューが出てきます。その設定メニューから自分好みにAirPods Proの動作を設定することができます。

AirPods Proに名前をつける

AirPodsシリーズをいくつか持っていたり、家族がAirPods Proを持っているとき、どのAirPods Proに接続しているかわからなくなってしまうことがあります。そんな時はAirPods Proに名前をつけるといいでしょう。AirPods Proに名前をつけると、Bluetoothメニューや再生デバイスリストで接続中の名前を表示することができます

AirPods Proに名前を設定する時も上で紹介したAirPods Proの設定メニューから設定します。BluetoothメニューからAirPods Proのメニューを開くと、一番上に名前を変更するところがありますので、そこからお好きな名前を設定するといいでしょう。

ノイズコントロールの切り替え

AirPods Proの最大のメリットであるノイズキャンセリングや外部音取り込みなどのノイズコントロールを変更することができます。正直ここではあまり変更しません。

AirPods Proを長押しした時の動作

左右のAirPods Proのハンドル部分を長押しした時の動作を変更することができます。初期設定ではノイズコントロールが割り当てられていて、AirPods Proを長押しすることでノイズキャンセルと外部音取り込みを変更することができるようになっています。

初期設定では変更されるモードに「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込み」が選択されていて、長押しするたびに切り替わるようになっています。これの他にも「ノイズコントロールオフ」も選択できるようになっていて、あまり外部音取り込みを使わないという方は「ノイズキャンセリング」と「オフ」を選択しておくというような使い方ができるようになっています。

実は長押し時の動作にSiriの起動も割り当てられるようになっています。街中でHeySiriと言わなくてもSIriを起動することができるので便利ですね。結局声を出すことになりますが…

ノイズコントロールとSiriは左右それぞれ設定することができますので左側を長押しするとSiri、右側を長押しするとノイズコントロールの変更などの設定をすることができます。自分が便利に使えるようにカスタマイズするといいでしょう。

イヤーチップ装着テスト

AirPods Proはノイズキャンセリングの効果を最大限発揮するためにイヤーチップという部品が付いています。このイヤーチップの装着が甘いと隙間から外の音が聞こえてしまい、あまりノイズキャンセリングの恩恵を受けられません。そこでイヤーチップの装着状態が最適かどうかを確認する機能が「イヤーチップ装着テスト」です。

このイヤーチップ装着テストは、AirPods Proを装着した状態で行います。AirPods Proを装着した状態で、

自動耳検出

AirPods Proは本体に搭載されたセンサーによって装着状態を検出して、装着したら再生、外したら停止などができるようになっています。

この自動耳検出をオフにすると上の再生・停止が手動になります。この項目は基本的にはオンのままがいいと思います。

AirPods Proのノイズコントロール

ノイズキャンセリング

「AirPods Proに付属のマイクで1秒間に20回外の音声を取り込んで、その音(ノイズ)を打ち消せる音と再生する音声を合成したものを再生する。」をAirPods Pro単体で完結させる機能です。要は無音な空間を作る機能です。外部音が遮断されることで自分の世界に入り込むことができます。

音楽を再生しているときは純粋な音楽のサウンドを楽しむことができます。また、音楽を再生していなくてもノイズキャンセリングを使用することができるので騒がしいカフェでも無響室のような静かな場所に変えることができます。

最初はノイキャン独特の若干の圧迫感を感じるかもしれませんが、すぐに慣れます。最初のうちは長時間の使用を避けて、少しずつ耳を鳴らしていくようにすると良いでしょう。

外部音取り込み

こちらもノイズキャンセリングと同じようにマイクで外の音を聞いています。しかし、こちらは逆に外の音を音楽に混ぜて「外の音と音楽がいい感じのバランス」で再生される機能です。
外の音と音楽が混ぜられて再生されますが、綺麗な音楽のサウンドはそのままにイヤホンの外の音も自然に聞くことができ、まるで街中に音楽が流れているかのような体験をすることができます。

外の音はマイクで集音した音ですが、とてもクリアに聞こえるためストレスフリーで安全性も確保できるようになります。とても自然に聴こえるためつけていることを忘れてしまうこともありますが、そのままでも十分に会話ができるほどでとても完成度は高いでしょう。

関連記事

外部音を聞きながら音楽を聴く!骨伝導イヤホンのおすすめ15選

骨伝導 イヤホン おすすめ ランキング【2021年】骨伝導イヤホンおすすめランキング15選!骨で聴く人気の最新イヤホンを詳しく紹介します!

ノイズコントロールオフ

ノイズキャンセリングのない普通のイヤホンのような聞こえ方がします。外の音が少しこもって聞こえてしまいます。

ノイズコントロールの切り替え

AirPods Proのハンドル部分を長くつまむだけでコントロールモードを変更することができます。初期設定ではノイズキャンセリングと外部音取り込みの切り替えが充てられています。長押し時の動作は設定画面で変更することができます。

また、コントロールセンターの音量バーを少し押し込むと、AirPods Proの音量バーとノイズコントロールと空間オーディオのコントロールメニューが出てきます。そこでもノイズキャンセリングや外部音取り込みが選択できます。

AirPods Proのバッテリー

バッテリーの持ち時間

Bluetoothイヤホンを使う上で忘れられないのがバッテリーの充電です。バッテリーの充電は面倒なので長ければ長いほどいいに決まっています。

AirPods Proはケースで充電しながら24時間以上、一回の充電では4.5時間の再生が可能です。通勤通学時間の3時間を毎日使っても一週間は余裕で持ちますので、週一回の充電でも十分に運用可能なバッテリーが搭載されています。私も毎回ケースの充電を忘てしまって気づいたらバッテリーがないほどバッテリーの持ちがいいです。

充電方法

AirPods Proはバッテリーが内蔵されたケースにしまうことで充電されます。そのケース(Charging Case)は2つの方法で充電することができます。

1つ目はiPhoneでお馴染みのLightningケーブルを使用する方法です。Charging Case下部のLightningポートいつものLightningケーブルを挿すだけです。AirPods Proにもケーブルは付属しますが、iPhoneをお持ちの方なら特別新しいケーブルを用意する必要なく充電することができます。

2つ目はワイヤレス充電を使用する方法です。AirPods ProのケースはQi規格のワイヤレス充電に対応しています。iPhone X以降のiPhoneで使用できるワイヤレスチャージャーは使用できます。

以上の二つの充電方法はどちらもiPhoneと同じです。そのためiPhoneを使用している場合、特に充電方法に気を使う必要はなさそうです。一つ注意するとすればAirPods Proにはケーブルは付属しますが、ACアダプタは付属しません。新しくAirPods Pro用のコンセントを作る場合、ACアダプタを別に用意する必要があります。

バッテリーの確認方法

AirPods Proの充電の確認方法は主に2つあります。

1つ目はiPhoneのスリープを解除した状態でポップアップを見る方法です。“ケースに本体を入れたまま”ケースの蓋を開けることで写真のようなポップアップが出てきます。このポップアップには現在のAirPods Proの名前、本体のバッテリー残量、ケースのバッテリー残量、などが表示されます。ここでバッテリー残量を確認してから使用することで残量を確認することができます。

2つ目はホーム画面や通知センターのウィジェットを使用する方法です。iOS14からはホーム画面にウィジェットを追加することができるようになりました。天気やカレンダーなどのウィジェットを使用している人も多いでしょう。このウィジェットの一つにバッテリーウィジェットがあります。ホーム画面の空いている場所を長押しすると、アイコンが震えてホーム画面の編集モードになります。右上に現れる(+)からバッテリーウィジェットが追加できますので、大中小お好きなサイズを追加しておくと良いでしょう。
このバッテリーウィジェットではAirPods Pro本体とケースのバッテリー残量の他にiPhoneや他のBluetoothデバイス、iPadだったらApple Pencilなど接続されているありとあらゆるバッテリー残量が確認できます。

AirPods Proを便利にする設定項目

AirPods Proとスピーカーを切り替える

AirPods ProとiPhoneがつながっているときでも、iPhoneのスピーカーから音楽を再生したい場面も出てくるでしょう。

そんな時はコントロールセンター右上の「△に◯がぶっ刺さってるやつ」をタップします。すると接続可能なデバイスが一覧表示されます。そこでiPhoneや他のスピーカーなどを選択することで再生デバイスを切り替えることができます。

複数のApple端末でAirPodsを使用する

iOS14から複数端末間の自動切り替えが可能になりました。iPhoneとiPadとMacなど複数台のApple製品を持っている場合、いちいち手動で接続先を切り替えるのは面倒ですよね。
多くの人は自動切り替えが可能な条件を達成していると思いますが、紹介します。

1.ご使用の端末を最新バージョンにアップデートする。

自動切り替え機能が使用できるのはiOS14以降の端末です。
設定アプリを開いて一般の項目へ移動します。一般の上から2つ目にあるソフトウェア・アップデートをタップすると、お使いのiPhoneやiPadが最新かどうか確かめることができます。もし、アップデートがある場合は「今すぐアップデート」からアップデートしておきましょう。

2.同一のApple IDでログインする

自動切り替えが使用できる条件に同一Apple IDでのログインがあります。設定アプリの一番上から同一のApple IDでログインできているか確認しましょう。異なるApple IDでログインしていた場合は一番下の項目にあるサインアウトからログインし直しましょう。

3.音声を再生する

以上の2つで自動切り替えが有効化されています。次は好きな端末で音声を再生するだけで、自動的に再生している端末に切り替わります。同時に複数の端末から音声を再生しても同時に2つの端末には接続できないので注意が必要です。

2台のAirPods Proを接続する

「電車で恋人と一緒にYouTubeを見たいけど片耳イヤホン嫌だ!」と喧嘩をしてしまう場面は誰にでもよくあります。
そんなときに便利な機能が「オーディオ共有」です。この機能を使用するにはiOS 13.1以上が必要ですので、お使いのiPhoneを上と同様に最新バージョンにアップデートしておきましょう。

複数のAirPods Proを手元に用意した状態でコントロールセンター右上の「△に◯がぶっ刺さってるやつ」をタップしましょう。そこに表示される接続可能デバイス一覧の最下部に「オーディオを共有」を選択しましょう。すると他のAirPods Proの接続を案内するポップアップが表示されますので、指示に従って接続しましょう。
晴れて完了すると、2台のAirPods Proで同時に音楽や動画の音を聞くことができるようになります。恋人と円満な関係!

AirPods Proにおすすめのアクセサリー

ケースカバー

筆者はiPhoneもiPadもAirPods Proも「小さい傷なら味」といいながら全て全裸で持ち歩く主義ですが、本体の傷が気になる方はケースカバーをお勧めします。

AirPods Proのケースは光沢加工されており落として傷をつけてしまうと結構目立ちます。また、表面がツルツルしているためふとした表紙に落としてしまうことも少なくありません。ケースカバーを付けるとケースを傷から守ってくれるだけでなく、手に馴染みやすくなり落とす回数も減ります。また、カラビナなどの固定具が付いている場合、カバンやベルトループなどにぶら下げておくことができます。AirPods Proは小さいためいつ落としてしまうかヒヤヒヤしていますが、ケースカバーを装着するだけで安心することができます。30,000円の損失を3,000円で防げると考えると安いものです。

iFace Grip On AirPods Pro ケース シリコン [ベージュ]

Hamee(ハミィ)
最安値 ¥2,200 (税込)

AirPods Proのケースは上のようなシンプルなものから、キャラクターのフィギュアのような一風変わった製品まで幅広く存在しております。Amazonや楽天などのお好きな通販サイトで購入できますので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。詳しくは、以下の記事で紹介しています。

関連記事:おしゃれな韓国デザインも!Airpods / Proケースおすすめ20選|人気ブランドを解説

関連記事:【有線・ワイヤレス別】イヤホンケースおすすめ25選 |おしゃれで便利な人気アイテムを厳選

ワイヤレス充電パッド

上でも書いたようにAirPods Proはワイヤレス充電に対応しています。
ワイヤレス充電パッドがあると、その上にAirPods Proのケースを置くだけで充電するとができます。バッテリーの持ちがいいがために充電を忘れてしまい、急に使用できなくなることもあります。そんな失敗もワイヤレス充電パッドひとつで解決することができます。夜寝る前に机の上に置いたワイヤレス充電パッドにAirPods Proを置く。朝起きたらフルに充電されていて、AirPods Proの充電を気にすることなく一日中素晴らしい音楽を楽しむことができます。

ワイヤレス充電器は大体Qiという規格に対応していますが、AirPods ProもそのQi対応充電器で充電することができます。Qiでは電力だけでなく、充電状態や相手の機器情報など様々なデータを双方向でやりとりしています。そのためQiは過充電や異物への送電をカットするなどの安全性も十分に検証されている無線充電規格です。
電源系は最悪の場合火災の原因にもなりかねないので商品を見極める必要があります。変に安いものを買わなければ大体の場合は大丈夫ですが、他にもタイトルに検索されそうなワードが多すぎたり、本名レビューが多すぎるなどの商品は購入を気をつける必要があります。外れこそありますが、アフターサポートが高評価のAnker製品を買っておけば間違いありません。

Anker PowerWave 10 Pad(改善版) ワイヤレス充電器 Qi認証 iPhone 12 / 12 Pro Galaxy AirPods 各種対応 最大10W出力 (ブラック)

Anker
最安値 ¥1,200 (税込)

交換用イヤーピース

AirPods Proの音をさらによくしたい方は交換用のイヤーピースを購入するのがおすすめです。付属のイヤーピースでも十分にノイズキャンセリングは働きますし、音楽を楽しむこともできます。しかし、もっと低音を楽しみたい方や密着感を得たい方には物足りないかもしれません。
そんなあなたにはウレタンフォーム製の交換用イヤーピースがおすすめです。

Comply(コンプライ) AirPods Pro 対応 交換用 イヤーピース Mサイズ 3ペア 【高音質/遮音性/フィット感/脱落防止】 HC44-50201-23

Comply(コンプライ)
最安値 ¥3,300 (税込)

コンプライは、オーディオマニア向けの交換用イヤーピースの人気シリーズで、装着性・遮音性・音質の良さに定評があります。このイヤーピースもコンプライのウレタン製で、AirPods Proの音質を格段に向上してくれます。
ウレタンフォームは潰すとじんわりと優しく反発してくるため、耳の形に完全にフィットさせることができます。そのため、フィット感の向上とともに遮音性が向上する上に響きをフルに伝えられるようになるため低音の響きが深くなります。付属のイヤーピースでは落ちてしまう方や、低音の響きが甘い方にはもってこいのアクセサリーとなっています。

AirPods Proのケースは本体サイズギリギリに設計されているため、社外品のイヤーピースを装着すると蓋が閉まらない可能性もあります。しかし天下のコンプライ製の本製品はもちろんケースにも対応しています。

なおAir Podsの使い方・攻略方法を知りたいという人はこちらの記事もおすすめです!

関連記事:一度使ったら、手放せない!ワイヤレスイヤホンNO.1 Airpodsをレビュー!!

関連記事:【神】無くしてしまったときも安心!AirPods(エアーポッズ)を探す方法🔎

関連記事:【超便利】AirPods(エアーポッズ)を使うなら知っておきたい使い方と4つの便利なコト!

関連記事:【おしゃれすぎる!?】シーン別で活躍するおしゃれなワイヤレスイヤホン10選

関連動画:

この記事は参考になりましたか?