【実機レビュー】AirPods Pro2は本当にノイキャンが2倍に?旧型と比較検証してみた

AirPodsPro2

AirPods Proシリーズの待望の第2世代モデルとして登場した「AirPods Pro2」。約2倍の効果を持つノイズキャンセリング・適応型環境音除去に対応した外音取り込みモード・タッチコントロールの進化など、第1世代にはなかった機能を備えた商品に仕上がっています。

しかし、デザインやサイズなどの外観面が第1世代とほとんど変わっていないこともあり、「AirPods Pro2は買うべき?待つべき?」「第1世代のAirPods Proと具体的に何が違うの?」と気になっている人は多いはず。

そこで今回は、注目の「AirPods Pro2」についてPicky’s編集部が徹底検証。スタッフがAirPods Pro2を実際に使ってみて、良かったところや残念だったところを正直にレビューしました。第1世代や他メーカーの人気モデルとの比較もまとめているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

AirPods Pro2のレビュー結果

AirPods Pro2 AirPods Pro2 AirPods Pro2 AirPods Pro2

AppleのAirPods Proシリーズの第2世代として2022年9月に発売した「AirPods Pro2」。進化したノイズキャンセリングや外音取り込みモードを備えているのが特徴です。第1世代から3年ぶりに登場したこともあり、全世界から大きな注目を集めています。

まずは、AirPods Pro2の総合評価をチェックしていきましょう。今回は、サイズやデザインはもちろん、進化したノイズキャンセリングや外音取り込みモードについても独自に検証しました。

サイズ・重さ
デザイン
音質(高音域)
音質(中音域)
音質(低音域)
音質(立体感)
つけ心地
音漏れの少なさ
ノイズキャンセリング
外音取り込みモード
チューニング機能
充電持ち
充電速度
タッチコントロール
充電ケースの探す機能
ストラップループ
通話の音質

高評価だったポイント:充電持ちと操作性の向上が高ポイント

AirPods Pro2 充電持ち

  • 充電持ちが良くなったのが嬉しい
  • スワイプするだけでで音量調節ができる
  • 進化したノイズキャンセリングの効果に感動

AirPods Pro2を実際に使って特に良かったのは、バッテリーの持ちが長くなったこと。通勤・通学などの短時間だけでなく、家事や仕事中にもずっと音楽を楽しみたい人にとっては嬉しい変化です。AirPods Pro2は、充電ケースと併用すれば最大30時間使えます。

また、タッチコントロールの操作性が向上しており、iPhoneを使わずに音量調整が可能になったのもポイント。イヤホンの下のステム(軸)をスワイプするだけで、スマートに音量を調節できます。もちろん、前世代と同様に、音楽の一時停止・再生・通話の応答などの操作も可能です。

微妙だったポイント:デザインとサイズは変わり映えなし

微妙だったポイント:デザインとサイズは変わり映えなし

  • 第1世代とデザインが同じで目新しさがない
  • ストラップループの穴が細くて使いにくい
  • 価格が高い

一方で、AirPods Pro2は第1世代とデザインがほとんど同じで、目新しさがないのが残念なポイント。AirPods Proシリーズの見た目が好きな人にはメリットですが、変化を求めている人には物足りない印象です。

また、AirPods Pro2の価格は39,800円で、イヤホンとしてはかなり高級モデルとして分類されます。もちろん機能性やセンサーの精度は優れているものの、BOSEやSONYのハイエンドモデルよりも若干高い値段なので、気軽に購入できる商品とは言い難いです。

AirPods Pro2を買うべき人

  • 初めてAirPodsを購入する人
  • 最新機能を備えたAirPodsが欲しい人
  • 音質よりも機能性を求める人
  • 高性能のノイズキャンセリング機能を求める人
  • 第1世代のAirPods Proをすでに持っていて、バッテリー持ちや操作性に不満を感じている人

AirPods Pro2をおすすめしない人

  • とにかく音質にこだわる人
  • Androidのスマートフォンを使っている人
  • 第1世代のAirPods Proに満足している人

AirPods Pro2のスペック

AirPods Pro2 比較

まずは、AirPods Pro2がどんな機能・スペックを備えているかを紹介します。AirPods Pro 第1世代との変化もまとめているので、買い替えを検討している人は参考にしてください。

AirPods Pro2のスペックを第1世代と比較

モデル AirPods Pro2 AirPods Pro
サイズ(イヤホン) 30.9×21.8×40mm 30.9×21.8×40mm
サイズ(充電ケース) 45.2×60.6×21.7mm 45.2×60.6×21.7mm
重さ(イヤホン) 5.3g 5.4g
重さ(充電ケース) 50.8g 45.6g
チップ H2ヘッドフォンチップ H1ヘッドフォンチップ
Bluetooth Bluetooth5.3 Bluetooth5.0
防水性能 IPX4(イヤホンと充電ケース両方) IPX4(イヤホンのみ)
センサー
  • 肌検出センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • タッチコントロール
  • デュアル光学センサー
  • 動きを感知する加速度センサー
  • 音声を感知する加速度センサー
  • 感圧センサー
バッテリーの持続時間
  • イヤホンのみ:最大6時間
  • 充電ケース込み:最大30時間
  • イヤホンのみ:最大4.5時間
  • 充電ケース込み:最大24時間
充電方法
  • MagSafe
  • Apple Watch充電器
  • Qi充電器
  • Lightningコネクタ
  • Qi充電器
  • Lightningコネクタ
ノイズキャンセリング機能
適応型環境音除去 ×
タッチによる音量調節 ×
ストラップループ
マルチポイント ○(Appleデバイスのみ) ○(Appleデバイスのみ)
イヤーチップのサイズ L/M/S/XS L/M/S
AirPods Pro2が第1世代から変化したポイント
  • 充電ケースにスピーカーを搭載、紛失時に見つけやすい
  • ノイズキャンセリング性能が2倍になった
  • 外音取り込みモードが「適応型環境音除去」に対応
  • イヤホンをスワイプするだけで音量調整が可能に
  • バッテリーの持続時間が充電ケース込みで最大30時間に延びた
  • イヤーチップのサイズに新たにXSサイズが追加
  • 耳の形に合わせて音質を整えるチューニング機能を搭載など

注目は、2倍になったノイズキャンセリング機能&新たな外音取り込みモード

AirPods Pro2

AirPods Pro2の最大の変化は、進化したノイズキャンセリング機能。最新のドライバーユニットと音響アルゴリズムの採用によって、第1世代の約2倍となるノイズキャンセリング効果を実現しています。また、イヤーチップが4サイズに増えたため、自分の耳に合ったものを選ぶことで遮音性をより高められます。

さらに、新たに適応型環境音除去に対応した外音取り込みモードを備えており、理想の音楽体験ができるのが特徴です。適応型環境音除去とは、工事現場やサイレンといった大きな音を検知して効果的にノイズを除去する機能のこと。大音量のノイズがある場所でも、ストレスフリーで音楽を楽しめます。

なお、イヤホンを外したときに自動で音楽が停止する装着検知機能が進化したのも大きなポイント。従来からあった機能ですが、第1世代ではバッグなどに入れたときに誤作動で音楽が再生してしまうというトラブルがありました。AirPods Pro2は最新の肌検知センサーを搭載しているため、イヤホンのつけ外しを正確に検知してくれます。

関連記事:【AirPods Proレビュー】買って満足する人&買ってはいけない人|他社製品と比較し評価

関連記事:AirPods 第3世代 実写レビュー!Air Pods Proと比較してよかった点、悪かった点

【第1世代と比較検証】AirPods Pro2を徹底レビュー

今回は話題の <AirPods Pro2>を実際に使ってみました!「進化したノイズキャンセリング機能の効果は?」「音質や装着感に変化はある?」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます。

デザインは第1世代とほぼ同じなので、ケースカバーが併用できるのは嬉しい

AirPods Pro2 デザイン

AirPods Proは第1世代のデザインをそのまま受け継いでいるため、第1世代と同じケースカバーをそのまま使えるのがメリット。目新しさはないものの、AirPods Proシリーズならではのシンプルさが好きな人にはたまらない外観です。

充電ケースの機能はパワーアップ!スピーカー搭載、防水にも対応

AirPods Pro2

デザイン面では大きな進化がなかった充電ケースですが、機能は大幅にパワーアップしています。

充電ケースのパワーアップした点
  • イヤホン本体だけではなく、充電ケースも防水に対応
  • 充電ケースにスピーカーが搭載され、ケースを探せるようになった
  • ストラップループがついて、装飾の幅が広がった

IPX4レベルの防水性能に対応していたり、新たにスピーカーやストラップループが備わっていたりと、目立たない部分が進化しています。とくに、今まではイヤホン本体にしかなかった防水機能が充電ケースにも搭載されたことで、屋外でも安心して使えるようになったのが嬉しいですよね。

イヤホンは左右で11gで変化なし、充電ケースがちょっぴり重くなった

イヤホンは左右で11gで変化なし、充電ケースがちょっぴり重くなった
イヤホンは左右で11gで変化なし、充電ケースがちょっぴり重くなった

第1世代と第2世代のどちらも、イヤホンは2つ合わせて11gでした。これは一般的なワイヤレスイヤホンの中でもかなり軽量な部類で、長時間使用することが多い人にかなりおすすめです。

一方AirPods Pro2の充電ケースの重さは、第1世代が46g、 第2世代が51gでした。

AirPods Pro2 重さ

第1世代

AirPods Pro2

第2世代

最新モデルであるAirPods Pro2の方が重いのは意外でしたが、スピーカーや防水機能を備えたこと・バッテリー持ちが良くなったことを考えると納得です。

イヤーチップにXSサイズが追加!耳が小さい人にも安心

AirPods Pro2 イヤーチップ

AirPods Pro2のイヤーチップは、従来のS・M・Lに加えて、新たにXSサイズが追加されています。選択肢が広がったことで、より多くの人が自分に合ったサイズを選べるようになったのは嬉しいですよね。とくに、「イヤーチップが大きくて耳が痛い」と今まで購入を諦めていた人には、ぜひチェックしてみてください。

また、セットアップをする際に、どのサイズのイヤーチップが自分の耳にジャスフィットするかが確認できるのも嬉しいポイント。

イヤーチップにXSサイズが追加!耳が小さい人にも安心
イヤーチップにXSサイズが追加!耳が小さい人にも安心

「どのサイズが自分に最適なのか、いつもわからなくなる」人も安心です。

圧倒的なノイズキャンセリング!第1世代との違いを実感

AirPods Pro2 ノイズキャンセリング機能

今回は、AirPods Pro2の目玉であるノイズキャンセリング機能もしっかりと検証しました。

普段は第1世代を使っているスタッフが試したところ、「静けさが全く違う!」と高評価。第1世代ではカフェなどで店員さんの声がうっすらと聞こえていたのが、AirPods Pro2ではほとんど聞こえないとのことでした。

ノイズキャンセリングを使って音楽や作業に集中したい人には、とくにうれしいパワーアップでした。

外音取り込みモードはよりクリアで自然な音に近付いた

AirPods Pro2 外音取り込みモード

AirPods Pro2の外音取り込みモードを使ってみて感じたのは、「音が自然で聞き取りやすくなった」ということ。第1世代では機械っぽい音だったのが、AirPods Pro2ではより自然な音に変化していました。「シャー」というホワイトノイズも無くなり、耳栓をつけたような静かな空間を味わえます。

また、新たに適応型環境音除去に対応した外音取り込みモードは、屋外でより効果を実感できます。工事音やサイレンなどの大きな雑音もしっかりシャットアウトしてくれるので、勉強や仕事などで集中したいときに便利です。

バランスのとれた音質、立体感のあるサウンドが魅力

AirPods Pro2 音質

AirPods Pro2は、低音域・中音域・高音域ともにバランスのとれた音質です。第1世代からの劇的な変化はないものの、低音域が少しパワーアップしており、迫力のあるサウンドを楽しめるようになりました。音のクリアさよりも、パワフルに音が響く感覚が好きな人におすすめです。

バランスのとれた音質、立体感のあるサウンドが魅力
AirPods Pro2 音漏れ

Appleが誇る空間オーディオによって、立体感のあるサウンドを再生できるのが魅力。また、AirPods Pro2は遮音性に優れており、音量を上げても周囲への音漏れがほとんどありませんでした。

空間オーディオのチューニング機能はわずかに変化を感じた

バランスのとれた音質、立体感のあるサウンドが魅力
バランスのとれた音質、立体感のあるサウンドが魅力

AirPods Pro2では、イヤホン装着者の顔や耳の形をスキャンし、装着者にあった音を提供してくれるチューニング機能を搭載。

チューニング後に第1世代と音を比較してみると、若干前モデルより響く感じがありました。とはいえ、大きく効果を感じたわけではなかったので、期待しすぎは禁物です。

バッテリー持ちは満足◎長時間の作業時に使える

AirPods Pro2 充電持ち

AirPods Pro2では、バッテリー持ちが大幅に向上しています。第1世代ではイヤホンのみで最大4.5時間だった持続時間が、AirPods Pro2では最大8時間に増えています。実際に第1世代と使い比べても、AirPods Pro2の方が充電持ちが良いと感じました

とはいえ、一般的なノイズキャンセリングイヤホンと比べるととくに秀でている訳ではなく、SONYやBOSEの同等スペックの製品と変わりません。4万円弱の高額な値段を考えると、「もう少し充電持ちして欲しい」というのが正直な感想です。

充電スピードも申し分なし、MagSafe充電にも対応

AirPods Pro2 充電スピード

AirPods Pro2の充電速度は、ワイヤレスイヤホンとしてはそこそこ速いです。バッテリー残量が25%の状態から充電を開始して1時間半後に96%まで回復したので、1時間半で約70%充電できる計算になります。

AirPods Pro2 端子

AirPods Pro2は、新たにAppleが開発したマグネット式の充電器MagSafeによる充電に対応しました。しかし、充電ケースに備わっているのはLightningコネクタのままで、近年のデバイスとしてはやや時代遅れな印象。欲を言えば、「USB-Cでの充電ができたら便利だな」と感じました。

スワイプで音量調節ができる!細かな設定が可能

AirPods Pro2 スワイプ

AirPods Pro2では、タッチコントロールによる音量調整が可能になったのが大きなポイント。使い方はとても簡単で、イヤホンのステム(軸)を上下にスワイプするだけ。今までは音量調整のためにiPhoneを取り出していたのが、AirPods Pro2だけでスマートに操作できるようになりました。

スワイプで音量調節ができる!細かな設定が可能

第1世代と同様にタッチの反応は良好で、歩行中でもスムーズに操作できました。また、タッチコントロールはiPhoneのアプリから細かい設定ができるのが魅力。スワイプのタッチ時間を「長め」に設定しておけば、ステムにふいに触れてしまったときの誤作動を防げますよ。

通話音声はクリア!良くも悪くも第1世代と変わらず

AirPods Pro2 通話

AirPods Pro2ではマイクの位置が改良され、声がより届きやすくなりました。しかし、第1世代と聞き比べてみると特に差がなく、大きな進化を感じられなかったのが残念なポイント。

とはいえ、もともと第1世代から音質は良かったため、不便は感じませんでした。

実際に、第一世代と第二世代のマイク音声を録音してみました。まずは第1世代の音声です。

続いて、AirPods Pro2の音声です。

どちらの音声もとても聴きやすいですね。

AirPods Proの通話品質はばっちりと言えるでしょう。

充電ケースを探す機能を検証!通知音が大きめだから安心

AirPods Pro2 探す機能

AirPods Pro2では、イヤホンと充電ケースの両方にチップが内蔵されており、それぞれで「探す機能」が使えます。

第1世代にも同じ機能はあったものの、電波の強弱で距離を算出する仕様だったため、位置情報の正確さに欠けるというデメリットがありました。 AirPods Pro2にはチップが入っているので、より正確な位置をチェックできます

AirPods Pro2 探す機能

また、充電ケースにスピーカーが搭載されており、通知音で場所を知らせてくれるのが特徴。意外と大きな音が鳴るので、ある程度の距離にいればすぐに場所が分かります。検証時は、隣の部屋にいても通知音が聞こえました。

実際にケースを探してみたのですが、とても使いやすかったです。その風景がこちらの映像。

ストラップループ付きで便利!穴が狭いのが難点

AirPods Pro2 ストラップ

AirPods Pro2で新たに搭載された、充電ケースのストラップループ。第1世代ではストラップをつけたいときにケースを購入する必要がありましたが、AirPods Pro2からは本体にそのままストラップやキーホルダーがつけられるようになりました。

AirPods Pro2 ストラップ

ただ、ループの穴が狭いため、「太めのストラップをつけるのはちょっぴり難しいかも」という印象。あくまで細めのストラップ用として使って、太いストラップを使いたいときは従来通りにケースを買うのがおすすめですよ。

AirPods Pro2の使い方・初期設定

AirPods Pro2 使い方

ここからは、AirPods Pro2のおすすめの使い方や初回のペアリング方法を紹介します。「初めてAirPodsを購入したから使い方が分からない」という初心者は、ぜひチェックしてくださいね。

AirPods Pro2とiPhoneに接続してできること
  • 音楽を聴く
  • Siriを使う
  • 通知を読み上げる
  • 音声通話をする
  • AirPods Pro2とiPhoneが離れたときに通知する
  • AirPods Pro2のペアリング方法【iPhoneの場合】
  • STEP.1
    AirPods Pro2を起動
    AirPods Pro2の充電ケースのフタを開けて、AirPods Pro2を起動させます。このとき、iPhoneをAirPods Pro2の横に用意しておきます。
  • STEP.2
    設定メニューを選択
    iPhoneにAirPods Pro2の設定メニューが表示されるので、「接続」を選択します。
  • STEP.3
    ペアリング完了
    AirPods Pro2の充電残量や名前が確認できる画面が出たら、そのまま「続ける」を選択して接続完了です。

自動で設定メニューが表示されるのは、iPhone・iPad・AppleWatchなどのAppleデバイスのみ。Androidのスマートフォンなどと接続する場合は、AirPods Pro2の充電ケースのフタを開けたあとに、スマートフォンのBluetooth設定画面を起動します。デバイスの検索画面からAirPods Pro2を選び、ペアリングを行ってください。

関連記事:【決定版】AirPods Pro (エアーポッズプロ)の便利な使い方8選!すぐできる設定や操作方法も

関連記事: 【神】無くしても安心!AirPods(エアーポッズ)を探す方法🔎 地図で表示する方法も

AirPods Pro2と一緒に買うと便利なもの

AirPods Pro2 アクセサリー

ここからは、AirPods Pro2に関連するアイテムを紹介します。「AirPods Pro2向けのおすすめアクセサリーが知りたい」「AirPods Pro2を持っている他の人と差をつけたい」という人は、参考にしてみてくださいね。

装着感や遮音性にこだわりたい人は「イヤーピース」をチェック

AirPods Pro2

Amazonや楽天市場では、サードパーティ製のAirPods Pro2対応イヤーピースが販売されています。ウレタン製や低反発タイプ、イヤーフック付きなど、純正品にはない特徴を備えた商品が登場しているのが特徴です。

もともとAirPods Pro2には4サイズのシリコン製イヤーチップが付属されていますが、「装着感や遮音性にもっとこだわりたい」という人はぜひチェックしてみましょう。また、純正品のイヤーチップよりも安く販売されている商品が多いので、イヤーチップを紛失したときの代替品としても役立ちますよ。

見た目もおしゃれに!充電ケースを保護する「ケースカバー」

AirPods Pro2 カバー

出典:amazon.co.jp

ケースカバーは、充電ケースにつけて見た目を変えたり、傷や汚れを防ぐためのアイテム。AirPods Pro2は前世代のAirPods Proと同じケースカバーが使えるため、豊富なラインナップからお気に入りのものを見つけられます。カラビナやストラップがついたケースカバーなら、バッグのベルトなどにAirPods Pro2をつけられて便利ですよ。

シンプルなシリコン製や革製のキーケース風、キャラクター系デザインのものなど、商品によってデザインはさまざま。また、DIESEL(ディーゼル)・Kate Spade(ケイトスペード)・LOEWE(ロエベ)といった有名ブランドからも、おしゃれなAirPods Pro用ケースカバーが登場しています。

関連記事:おしゃれな韓国デザインも!Airpods / Proケースおすすめ20選|人気ブランドを解説

他の人気ワイヤレスイヤホンとの比較

AirPods Pro2 比較

ここまでAirPods Pro2について詳しく紹介してきましたが、「他メーカーのハイエンドモデルと比べると何が違う?」「音質重視ならどのワイヤレスイヤホンを買うべき?」と悩んでいる人は多いはず。

そこで今回は、同価格帯の人気のワイヤレスイヤホンである「SONY WF-1000XM4」や「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3」とAirPods Pro2を徹底比較。機能やスペックの違いを詳しくまとめて、どんな人にどの商品がおすすめなのかをまとめました。

SONYのWF-1000XM4との比較

製品名 AirPods Pro2 SONY WF-1000XM4
サイズ(イヤホン) 30.9×21.8×40mm
サイズ(充電ケース) 45.2×60.6×21.7mm
重さ(イヤホン) 5.3g 7.3g
重さ(充電ケース) 45.6g 41g
Bluetooth Bluetooth5.3 Bluetooth5.2
防水性能 IPX4 IPX4
音楽機能
  • アダプティブイコライゼーション
  • パーソナライズされた空間オーディオ
  • ハイレゾ相当の音楽再生ができるDSEE Extreme
  • 360 Reality Audio
  • 新開発のドライバーユニット搭載
  • 装着状態テスト
バッテリーの持続時間
  • イヤホンのみ:最大6時間
  • 充電ケース込み:最大30時間
  • イヤホンのみ:最大12時間
  • 充電ケース込み:最大24時間
ノイズキャンセリング機能
外音取り込みモード
装着検出機能
タッチによる音量調節
ストラップループ ×
イヤーチップのサイズ L/M/S/XS L/M/S

SONYのWF-1000XM4の魅力は、業界トップレベルのノイズキャンセリング機能と解像度の高い音質。今まではノイズキャンセリングイヤホンと言えばWF-1000XM4が定番でしたが、AirPods Pro2の登場によってユーザーの選択肢が増えました。

AirPods Pro2との違いは、WF-1000XM4が最新のLDACコーデックに対応していること。AirPods Pro2も今後アップデートによって高音質コーデックに対応していく可能性はあるものの、発売日時点(2022年10月)ではWF-1000XM4の方が音質面に優れています。

結論から言うと、ノイズキャンセリング機能重視の人にはAirPods Pro2がおすすめ。ただし、音質の良さや細かなイコライザー機能を求める人はWF-1000XM4を選びましょう。また、WF-1000XM4はイヤホンのみで最大12時間の持続時間を備えており、長時間使用が多い人にも向いています。

SENNHEISERのMOMENTUM True Wireless 3との比較

製品名 AirPods Pro2 SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3
サイズ(イヤホン) 30.9×21.8×40mm
サイズ(充電ケース) 45.2×60.6×21.7mm
重さ(イヤホン) 5.3g 5.8g
重さ(充電ケース) 45.6g 66.4g
Bluetooth Bluetooth5.3 Bluetooth5.2
防水性能 IPX4 IPX4
音楽機能ー
  • アダプティブイコライゼーション
  • パーソナライズされた空間オーディオ
  • TrueResponseトランスデューサー搭載
バッテリーの持続時間
  • イヤホンのみ:最大6時間
  • 充電ケース込み:最大30時間
  • イヤホンのみ:最大7時間
  • 充電ケース込み:最大28時間
ノイズキャンセリング機能
ハイレゾ音源対応 ×
外音取り込みモード
装着検出機能
タッチによる音量調節
ストラップループ ×
イヤーチップのサイズ L/M/S/XS L/M/S/XS

史上最強のワイヤレスイヤホンと評価されることも多いSENNHEISERのMOMENTUM True Wireless 3。ゼンハイザーが誇る高性能トランスデューサーを備えており、クリアで臨場感のあるサウンドを再生できるのが魅力です。

AirPods Pro2との大きな違いは、MOMENTUM True Wireless 3はハイレゾ音源に対応していること。通常1基のプロセッサーを2基搭載することで、その場で演奏を聞いているかのような圧倒的な表現力を実現しています。ハイレベルな高音質を楽しみたい人は、MOMENTUM True Wireless 3をチェックしましょう。

また、4サイズのイヤーチップに加えて、3サイズのイヤーフィンを付属。イヤーフィンが耳のくぼみにフィットして、より安定した装着感を味わえます。さらに、充電ケースに手触りのいいファブリック素材をしており、高級感のあるデザインに仕上がっているのもMOMENTUM True Wireless 3の魅力です。

関連記事:【史上最強?】ゼンハイザーMOMENTUM True Wireless 3を実機レビュー!装着感・音質・ノイキャンを比較評価

用途別!おすすめのワイヤレスイヤホンの選び方

  • iPhoneとの相性&ノイズキャンセリング機能重視の人は…「AirPods Pro2」がおすすめ
  • 音質重視&安く買いたい人は…「SONY WF-1000XM4」がおすすめ
  • 音質重視&高級感重視の人は…「SENNHEISER MOMENTUM True Wireless 3」がおすすめ

AirPods Pro2のよくある質問

AirPods Pro2 よくある質問

AirPods Pro2はどこで購入できますか?

AirPods Pro2は、Appleショップや家電量販店、イヤホン専門店などで購入できます。また、Appleの公式オンラインストア・Amazon・楽天市場などでも販売されています。

AirPods Pro2はApple製品以外でも使えますか?

AirPods Pro2は、Androidのスマートフォンやタブレットでも使用できます。ただし、スマートフォンでAirPods Pro2のバッテリー残量が確認できない・Siriが使えない・タッチ操作などの設定ができないというデメリットがあります。

AirPods Pro2レビューまとめ

  • AirPods Proの強味は、進化したノイズキャンセリング機能とタッチコントロール
  • 第1世代よりもバッテリー持ちが長くなったのも大きな変化
  • 初めてのAirPodsや第1世代からの買い替えにもおすすめ

今回は、AirPods Proシリーズの第2世代モデル「AirPods Pro2」について紹介しました。AirPods Pro2の魅力を受け継ぎつつ、新たな機能や進化したスペックを備えているのが特徴。初めてAppleのイヤホンを買う人はもちろん、第1世代をすでに持っている人にもぜひおすすめしたいアイテムです。

Photo By 内田大貴

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー