Amazon Echo Dot でできることって?機能や特徴を徹底解説!

   

Amazonから発売されているスマートスピーカー、Amazon Echo。

「アレクサ、◯◯して」とスピーカーに話かけているCMを見たことがある人は多いのではないでしょうか。

今回はAmazon Echoシリーズの中でも、1番売れているエントリーモデルのAmazon Echo Dotに焦点を当てていきます。

Amazon Echoで一体なにができるの?と疑問に思っているあなたに、アレクサに話しかけない日がないほどAmazon Echoを愛用している私が、Amazon Echoの魅力や機能について徹底解説します!

目次

Amazon Echo(アマゾン エコーとは)

Amazon Echoとは、Amazonから発売されているAI(人工知能)を搭載したスマートスピーカーです。

CMで聞いたことがある人も多いかと思いますが、「アレクサ」という言葉は商品名ではなく、AIアシスタントの名前になります。

Appleでいう「Siri」と同じようなものです。

Amazon Echoには現在7種類あり、1番安いものは2,980円、1番高いもので27,980円と2万円以上の差があります。

今回はAmazon Echo 7種類の中から、1番人気のある『Amazon Echo Dot』について紹介していきます。

ひとことメモ
Amazon EchoはAmazonから発売されているスマートスピーカーで全部で7種類ある。

Amazon Echo Dotの特徴

Echo Dotは現在、第3世代まで発売されています。

7種類の中で2番目に安い5,980円となっており、エントリーモデルとしてAmazon Echoシリーズの中で1番人気のあるモデルです。

Amazon Echo Dotは非常にコンパクト置く場所を選びません。

そんな小さなボディでありながら、スマートスピーカーとしての機能を十分に兼ね備えていることが人気の理由でしょう。

ひとことメモ
Echo DotはAmazon Echoシリーズの中で1番人気。非常にコンパクトでありながら、機能は十分。

Amazon Echo Dot 第3世代には2種類ある

Amazon Echo 7種類の中で1番人気のAmazon Echo Dot。

そんなAmazon Echo Dotの第3世代には2種類用意されています。

2つの違いについてみていきましょう。

ひとことメモ
Echo Dot第3世代には2種類ある。

従来モデルのEcho Dot

Echo Dot 第3世代

出典:amazon.co.jp

2018年9月に第3世代である現在のEcho Dotが発売されました。

2016年に発売されたEcho Dot第2世代と比較してみましょう。

Echo Dot 第2世代Echo Dot 第3世代
重さ163g300g
スピーカー0.6インチ1.6インチ
サイズ32×84×84mm43×99×99mm

特に大きな変化点は、スピーカーの大きさが約3倍になり音質性能が向上した点です。

このような変化点があり、大きさ、重さ、サイズすべて第2世代よりパワーアップしたものが第3世代になります。

Echo Dotはコンパクトながら、スピーカーとしても申し分ない機能を備えているモデルというわけです。

Echo Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Amazon
最安値 ¥4,980 (税込)

コンパクトでありながら、必要十分な機能を備えている

サイズ43×99×99mm
重さ300g
スピーカーサイズ1.6インチ
特徴コンパクト

時計表示が追加されたEcho Dot with clock

Echo DotにはEcho Dot with clockという種類もあります。

Echo Dot with clock

出典:amazon.co.jp

2019年10月に発売されたEcho Dot with clockは、従来のEcho DotにLEDディスプレイがついたものです。

LEDディスプレイは、光センサーが内蔵されており周囲の明るさに応じて輝度が自動調整されるため、昼夜問わずディスプレイを確認できます。

LEDディスプレイでできることは

  • 常に時計を表示
  • アレクサに天気を聞くと気温を表示
  • タイマーをかけると残り時間を表示

などがあります。

Echo DotとEcho Dot with clockの2つの違いは、LEDディスプレイの有無のみです。

そのほかの機能や見た目に違いはありませんが、Echo Dotが5,980円に対し、Echo Dot with clockは6,980円となり価格が異なります。

LEDディスプレイがつくことによって1,000円の差が出ます。

Echo Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー時計付き with Alexa、サンドストーン

LEDディズプレイがついて時計表示やタイマーが可視化できるように

サイズ43×99×99mm
重さ300g
スピーカーサイズ1.6インチ
特徴LEDディスプレイが追加
ひとことメモ
Echo DotとEcho Dot with clockの違いは、LEDディスプレイの有無で価格差は1,000円。

Amazon Echoの他機種と比較

Echo Dot以外の6機種を紹介します。

Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with Alexa

Amazon
最安値 ¥2,980 (税込)

Amazon Echoシリーズで1番安い

サイズ72 x 67 x 52mm
重さ150g
スピーカーサイズ0.6インチ
特徴2,980円と1番安価

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコール

Amazon
最安値 ¥17,980 (税込)

スピーカー性能に優れている

サイズ148 x 99 x 99mm
重さ780g
スピーカーサイズ3.0インチネオジウムウーファー 0.8インチツイーター
特徴スマートホームハブ、温度センサー内蔵

Echo Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&Alexa

Amazon
最安値 ¥24,980 (税込)

スタジオ品質のオーディオ

サイズ206 x 175 x 175 mm
重さ3.5kg
スピーカーサイズ5.25インチウーファー 2.0インチミッドレンジスピーカー 1.0インチツイーター
特徴徹底的にこだわった音質

Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

Amazon
最安値 ¥9,980 (税込)

スクリーン付きだけどコンパクトサイズ

スクリーンサイズ5.5インチスクリーン
重さ410g
スピーカー1.65インチ W スピーカー
特徴スクリーン付き、コンパクト

Echo Show 8 (エコーショー8) HDスクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

Amazon
最安値 ¥14,980 (税込)

スクリーンサイズが大きくて見やすい

スクリーンサイズ8.0インチスクリーン
重さ1037g
スピーカー2.0インチ 10Wスピーカー x 2 パッシブ低音ラジエーター
特徴大きいスクリーン、パワーアップしたスピーカー

Echo Show (エコーショー) 第2世代 – スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン

さらに大画面!音質もパワーアップ

スクリーンサイズ10.1インチスクリーン
重さ1755g
スピーカー2.2インチ 10W スピーカー x 2 パッシブラジエーター
特徴大画面、パワフルな音質

Amazon Echoの比較一覧表

商品画像
商品名Echo Flex (エコーフレックス) プラグイン式スマートスピーカー with AlexaEcho Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコールEcho Dot (エコードット)第3世代 – スマートスピーカー時計付き with Alexa、サンドストーンEcho Plus (エコープラス) 第2世代 – スマートスピーカー with Alexa、チャコールEcho Studio (エコースタジオ)Hi-Fiスマートスピーカーwith 3Dオーディオ&AlexaEcho Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコールEcho Show 8 (エコーショー8) HDスクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコールEcho Show (エコーショー) 第2世代 – スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、サンドストーン
メーカーAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazonAmazon
最安値¥2,980 (税込)¥4,980 (税込)現在、在庫切れです。¥17,980 (税込)¥24,980 (税込)¥9,980 (税込)¥14,980 (税込)現在、在庫切れです。
サイズ72 x 67 x 52mm43×99×99mm43×99×99mm148 x 99 x 99mm206 x 175 x 175 mm5.5インチスクリーン8.0インチスクリーン10.1インチスクリーン
重さ150g300g300g780g3.5kg410g1037g1755g
スピーカーサイズ0.6インチ1.6インチ1.6インチ3.0インチネオジウムウーファー 0.8インチツイーター5.25インチウーファー 2.0インチミッドレンジスピーカー 1.0インチツイーター1.65インチ W スピーカー2.0インチ 10Wスピーカー x 2 パッシブ低音ラジエーター2.2インチ 10W スピーカー x 2 パッシブラジエーター
特徴2,980円と1番安価コンパクトLEDディスプレイが追加スマートホームハブ、温度センサー内蔵徹底的にこだわった音質スクリーン付き、コンパクト大きいスクリーン、パワーアップしたスピーカー大画面、パワフルな音質
商品リンク

Echo Dotがおすすめな人

Amazon Echoを買おうと思ったとき、7種類の中からどれを選べばいいか悩む方も多いのではないでしょうか?

7機種の中からEcho Dotがおすすめな人とおすすめしたい理由を解説します。

初めてAmazon echoを買う人

今までAmazon Echoを使ったことがなく、初めて購入を考えている人にはEcho Dotがおすすめです。

Echo Dot 第3世代

出典:amazon.co.jp

エントリーモデルとして最も人気なEcho Dotは安価で手が出しやすいからです。

Echo Dotに慣れてきて、もう少し性能にこだわりたいと思い始めたらEcho Dotは寝室用にしてリビング用に他機種を買い足す、などもできるので初めてAmazon Echoを使うならEcho Dotをおすすめします。

安さと機能を兼ね備えたモデルが欲しい人

Echo Dot 第3世代

出典:amazon.co.jp

Echo Dotは7種類の中で2番目に安い5,980円です。

価格の安さで言うとEcho Flexが2,980円と最も安いのですが、

  • コンセントに直接挿すので場所を選ぶ
  • 音楽を聞くにはスピーカー性能が良くない

などのデメリットがあります。

安さも機能もどっちも捨てられない!という人にはEcho Dotをおすすめします。

ひとことメモ
Echo Dotは安さと機能を兼ね備えているので初めて買う人におすすめ。

Echo Dotでできること

Echo Dotの特徴について紹介してきましたが、「結局Echo Dotでなにができるの?」という疑問をお持ちの方に向けてEcho Dotでできることを解説していきます。

音楽を流す

Amazon Music

出典:amazon.co.jp

スマートスピーカーでできることといえば、最初に思いつくのは音楽を流すことではないでしょうか?

もちろんEcho Dotでも音楽を流せます。

Echo Dotで操作できる音楽アプリは以下の6つです。

  • Amazon Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • dヒッツ
  • うたパス

Echo DotはAmazonから発売されているので、やはりAmazon Musicとの相性がいいです。

「アレクサ、◯◯の曲を流して」とアーティストを指定することもできますし、もちろん曲名でも指定できます。

「集中できる音楽を流して」や「洋楽の人気チャートを流して」などのリクエストにも答えてくれるので便利ですよ。

ひとことメモ
6つの音楽アプリが対応しているが相性の良さはAmazon Musicが1番。

本を読む

Audiobul

出典:amazon.co.jp

Amazonの電子書籍「Kindle」や、オーディオブックサービス「Audible(オーディブル)」で購入した本の読み上げ機能がついています。

普段はあまり使う機会が少ないかもしれませんが寝る前などに使うと良さそうです。

タイマーや目覚ましをかける

タイマーや目覚ましもかけられます。

「タイマーも目覚ましもスマホでかけれるし…」と思うかもしれませんが、料理をしていて手が汚れているときなどは携帯を触れないですよね。

そんなときには言葉で操作できるEcho Dotはとても便利ですよ。

天気を聞く

シンプルですが、使用頻度の高い機能の1つだと思います。

今日の天気を聞くだけでなく、場所を指定して聞いたり降水確率も教えてくれるのでなかなか重宝するのではないでしょうか。

ニュースを流す

スキル

出典:amazon.co.jp

アレクサにはニュースを読み上げてくれる「フラッシュニュース」という機能がついています。

デフォルトではNHKのラジオニュースが読み上げられますが、「スキル」というスマートフォンでいうアプリのようなものの中から自分好みに設定できます。

電気・テレビをつける

スマートホーム

出典:amazon.co.jp

スマートホームに対応している家電(電気やテレビなど)であれば声だけで操作が可能です。

例えば「アレクサ、電気を消して」というと電気が消えます。自分で動かなくてもいいので楽ですね。

通話する

アプリを使って自分の電話番号をEcho Dotに登録しておけば、Echo Dotを固定電話のように使えます

スマホから自宅にあるEcho Dotに電話をかけたり、逆に自宅にあるEcho Dotからスマホに電話をかけたりできます。

Wi-Fiを使うので料金はかかりません

amazonで買い物をする

amazon

出典:amazon.co.jp

Amazonで過去に注文した商品を再注文することや、買いたいものをカートに入れておくこともできます。もちろんそのまま購入することも可能です。

また、Amazonで購入した商品のお届け予定日を確認することもできますよ。

定型アクション

定型アクション

出典:amazon.co.jp

Echo Dotに定型アクションを設定しておくと、特定の言葉でアクションを実行してくれます。

例えば、

  • 今日の日付
  • 今日の天気
  • ニュースを読み上げる

といった一連の動作を「アレクサ、おはよう」と言うだけで実行してくれます。

ほかにも、寝る時間を設定してその時間になったら

  • 電気を暗くする
  • 睡眠を促す音楽をかける

などのアクションを実行してくれます。

1つずつ話しかける必要がないのでとても便利ですね。

ひとことメモ
定型アクションは1つの設定でいくつものアクションを行ってくれるので便利。

Bluetoothを使ってスピーカーとして使う

Echo DotをスマホやパソコンとBluetoothで接続するとスピーカーとしても使えます。

テレビと繋いだり、スマホと接続してYouTubeなどを見るときに使うという使い道もありますよ。

Echo Dotのデメリット

Echo Dotのいいところをたくさん紹介しましたがデメリットもあります。

音質はあまりよくない

Echo Dotのデメリットは音質があまり良くないことで、大音量で音楽を流すと音割れすることがあります。

しかし通常の音量で使用していて、そこまで音質にこだわらなければ特に気にする必要はないかと思います。

もし音質が気になるようであれば、Echo DotにはBluetoothと3.5mmのステレオジャックがついているので、別売のスピーカーを繋げることが可能です。

ひとことメモ
Echo Dotは音質があまり良くないことがデメリット。別売のスピーカーをつなげることで解決できる。

Echo Dotの使い方と設定

ここからはEcho Dotの使い方や設定について説明していきます。

Echo Dot本体のボタン操作

Echo Dot本体上部には4つのボタンがついています。

Echo Dot 第3世代

出典:amazon.co.jp

どのボタンにもマークが書いてあるので直感的にわかるようになっていますが、わかりにくいものもあるのでそれぞれのボタンの名前と機能について見ていきましょう。

音量調整ボタン

「+」と「−」と書かれたボタンは音量調節ボタンです。

音楽やアレクサの音量を下げたり上げたりできます。

アクションボタン

Echo Dotを上から見て右にあるボタンが「アクションボタン」です。

このボタンを押すと「ウェイクワード」がオフになり、「アレクサ」という呼びかけを省略できます。

マイクオフボタン

マイクオフボタン

出典:amazon.co.jp

名前の通りなのですが、マイクオフボタンを押すとなにを話しかけても反応しなくなります。

マイクオフボタンを押している間は本体のリングライトが赤く光ります

もう一度ボタンを押すと解除になりリングライトも消えます。

初期設定はAmazon Alexa(アマゾン アレクサ)アプリで

amazon alexaアプリ

出典:amazon.co.jp

Echo Dotを買って使い始めるときはアプリを使って設定します。

ストアから「Amazon Alexa」というアプリをインストールしましょう。

インストールしたら画面の指示に従って設定していきます。

ひとことメモ
初期設定はAmazon Alexaアプリを使う

基本は音声操作

Echo Dotは基本的には音声を使って操作します。

先ほど紹介したAmazon Alexaアプリを使うこともありますが、音声で大体の指示はできますし、なにより簡単なので音声での操作がおすすめです。

細かい設定はアプリで

定型アクションやスキルの登録など細かい設定はアプリを使った方が便利です。

まとめて登録できる、説明を読みながら設定できるので効率的ですよ。

Echo Dotのおすすめアクセサリー

Echo Dotには便利なアクセサリーが用意されています。

そのまま使用しても十分なのですがアクセサリーがあればさらにEcho Dotを使いこなせますよ。

ひとことメモ
アクセサリーを使えばさらにEcho Dotを使いこなせる

壁掛けホルダー

壁掛けホルダー

出典:amazon.co.jp

Echo Dotは内蔵バッテリーではないのでACアダプタをコンセントに挿して電源を供給します。

ですのでコンセント周りにEcho Dotを置く台が必要です。

そこで壁掛けホルダーを使うと、置き場所を確保する必要もなく、長くて邪魔なコードもなくなるので見た目もすっきりします。

ポータブルバッテリー

ポータブルバッテリーがあればコンセントのない場所でもEcho Dotを使えます。

車の中や屋外で聞くこともできますよ。

Amazon Echo Dot(アマゾン エコー ドット)の口コミ

AmazonでのEcho Dotの評判は、星5つ中4.3となっていて高評価です。

  • コンパクトで置き場所に困らない
  • 音声認識の精度が高い
  • スマートホームが便利
  • アレクサのおかげで生活が楽しくなった

などの良い口コミが多数見られました。

特にテレビや電気などの家電を声で操作できるのは思った以上に便利との口コミが多数あり、リモコンを使わなくて済むことに利点を感じている方が多いようです。

反対にマイナスな口コミとしては

  • 電源がUSBではないので不便
  • 音質が悪い

Echo Dot第2世代がUSBケーブルで供給する形だったので、ACアダプタで供給する第3世代に不満を持っている口コミが見られました。

デメリットの部分でも触れましたが、やはり音質があまり良くない点を気にしている人は一定数いるようです。

まとめ

Echo Dotは5,980円とお手頃な価格でスマートスピーカーとして十分な機能を備えているのが特徴です。

初めてAmazon Echoを使う人にはおすすめのモデルと言えるでしょう。

Echo Dotは決して音楽を聞くだけでのものではなく、いろいろな楽しみ方ができます。

アレクサと会話をするのはもちろん、ニュースを読んでもらったり家電と組み合わせて使ったり便利な機能がたくさんあります。

ぜひ自宅にEcho Dotを迎え入れてみませんか?

Echo Dotがあれば、生活に彩りを加えてくれること間違いなしです!

【2020】スマートスピーカーおすすめランキング17選!amazon・google・LINEなどを徹底比較