【永久保存版】amazon echo全種類の特徴紹介とalexaの使い方を徹底解説!

   

「Alexa 音楽流して!」そういえば勝手にスピーカーから音楽が流れてくる

そんな未来感満載のスピーカーをAmazonが発表したのは2014年

その名前は「amazon echo」でスマートスピーカーと呼ばれる種類であり、その機能には魅力が満載!

AI(人工知能)が搭載されたこのスマートスピーカーはただの音を出すスピーカーじゃありません。

冒頭にも書いたように話しかけたら音楽を流してくれたら、天気を教えてくれたら、スケジュール管理してくれたり…その機能は多種に及びます!

そんな最先端スマートスピーカー「amazon echo」の素晴らしい性能を知ってもらうためにも、また既に買った方にはできるだけこぼすことなく使いこなして存分に楽しんでもらいたいので徹底解説していきます!!

目次

Amazon echoのラインナップ

まずはamazon echoとして発表されている全ラインナップと大まかな特徴をサクッと見ていきましょう!

Echo Dot(第三世代)

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B0792L2PKN/ref=fs_ods_fs_aucc_don

Echo dotはアマゾン エコーの中でも最も価格の安いモデルとなっており、2018年9月20日に第三世代が発表されました。

良いところとしてはとにかくコンパクトで置くところに困らないところ。そしてこの第三世代からは見た目の部分でも大幅に改良されました。

第二世代のecho dotまでは見た目の「機械感」が強くて無機質なデザインであったため人によっては部屋に馴染みにくいと言う方もいました。

しかしこの第三世代からより自然なデザインへと進化して、まさに使う場所・置く場所を選ばないスピーカーとなりました。

悪いところとしては、やはり一番低価格のモデルなので音質には期待ができないところ。どうしても安物のような深みのない音質となってしまいます。

そうはいっても流石の天下のアマゾン!外部出力(Bluetooth、ステレオジャック)することによって現在お持ちのお気に入りのスピーカーに直接つなぐことができるので音質を楽しみたい方でもこのamazon echo dotでも満足できるでしょう!

とりあえずamazon echoがどんなものか試してみたい方にはおすすめです!

詳しいamazon echo dotの使い方や性能についての解説はこちらの記事をご参照ください!

【最新版】Amazon echo dot(第三世代)はどう変わった?使い方から評判までご紹介!

Echo 

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B071ZF5KCM/ref=fs_ods_fs_aucc_rad

まさにベーシックアイテム。そんな印象を受ける「Echo」。

音質もdotに比べると全然違います。値段ともバランスのとれたスピーカーです!

上位モデルのecho plusと比べてしますとやはり低音域では差が明らかですがコストパフォーマンスは抜群。

また、スマートスピーカーと聞いて「アレクサ、電気つけて!」といったスマートホームをイメージされている方もおられると思いますがそこは十分ご注意ください!

このechoにはスマートホームハブは搭載されていないためそれ専用の外部出力機と繋げることでようやく使えるようになります。

そうはいってもそれ以外の基本的な操作(スケジュール管理や天気予報等)はできるのでスマートホームは別に目指していないと言う方にはおすすめです!

Echo Plus(第二世代)

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B0794RJSSY/ref=fs_ods_fs_aucc_lid?th=1

amazon echoの中でも最上位モデルとして君臨しているのがこの「echo plus」。「echo」にも「echo dot」にもなかったスマートホームハブ機能を搭載。

つまり、これ一台あれば夢のIoTホームも実現することができます!

そしてスピーカーの性能としてもピカイチ。やはり最上位モデルだけあって音質は間違いありません!

見た目のデザインも第二世代になってdotと同じようにより自然とインテリアとしても部屋に馴染みやすいデザインとなりました。

また、本体に温度センサーも内臓されるようになったため「アレクサ、今の室温は?」と言うことも聞けるようになりました!

これって今まで当たり前のように付いていると思われていた方も多かったようでそこはようやくアマゾンが追いついたって言う感じですね。

echo plusは性能面で物足りないと感じることはまずありませんが、デメリットとしては少し大きすぎること。

スピーカーとしての音質も追求する中でどうしてもサイズ感も大きくなってしまったがために置く場所に困ってしまうかたもおられるようです。

このecho plusはこれから本格的にスマートホームにしていきたいと言う方や、とにかくより新しくてより高性能のものが欲しいと言う方、音質にもこだわりたいと言う方にもおすすめです!

amazon echo plusの詳しい性能についてはこちらをご参照ください!

【決定版】最新のAmazon Echo Plusって結局どうなの?他機種とも比較しながら徹底解説!

Echo Spot

ここからはecho、echo dot、echo plusとは少し路線の違ったアイテムになります!

何が一番違うのかと言うと「ディスプレイ」がつくことです!

これまで紹介した3つのアイテムにはディスプレイは付いていなかったのですがecho spotとecho showにはこのディスプレイが付いてきます

ディスプレイがつくことによって音声だけでは伝えきれない情報(アマゾンで商品を購入するときのアイテムのデザインや商品画像等)も表現することが可能になりました。

また、テレビ通話もこのディスプレイを通して行うことが可能です。

さらにニュースがみたいときでもアレクサにお願いしたらこのディスプレイで動画も流してくれる超ハイテク!

ディスプレイ付きechoを存分に楽しんでください。

同系統アイテムのecho showより小型・軽量モデルであり、値段もお安くなっています!

Echo Show

Echo showはecho spotよりも大画面ディスプレイを持ち合わせたスマートスピーカーです!

このecho showの1番の注目ポイントはアマゾンプライム会員なら見放題の「プライムビデオ」を視聴することができると言うこと!

また音質の部分でもかなりこだわり抜いていて、echo・echo plusと同様のスピーカーを採用

さらにecho plusにしか搭載されていなかったスマートホームハブ機能も搭載されているのでまさにマルチに対応できるスマートスピーカー!

amazonを思う存分楽しめるアイテムとなっています。

とにかくアマゾン製品が大好きで、amazonもよく利用するしプライム会員だ!と言う方にはまさにうってつけのアイテムです!

買い物もアレクサに頼んでディスプレイをみながら選べるのでもうamazonsどっぷりの生活になること間違いなしですね!(笑)

「Echo show」「Echo spot」のようにディスプレイがついているからこそ出来ることも数多くあります。

自分に何が必要で、不必要なのかを明確にしてechoの機種を選びましょう!

Amazon echo (alexa)で出来ること 音楽再生編

さぁ、いよいよここから実際にamazon echoを使えばどんなことができるのだろうか?と言う使い方の部分にフォーカスしてがっつり詳しく解説していきます!

音楽の再生

「アレクサ、音楽流して!」といえば任意の曲をアレクサが流してくれるアマゾンのCMみたことありませんか?

amazon echoの中でも特に使われることの多いメイン機能であるこの音楽再生機能には再生できる音楽配信サービスが決まっています!

それが、、、

  • Amazon Music Unlimited
  • Prime Music
  • dヒッツ
  • うたパス
  • Spotify
  • AWA

以上の音楽配信サービスで聞ける音楽は全てアマゾン エコーで流すことができます!

ただapple musicには対応していないので残念ですね、、、

でもamazon echoには外部出力機能もあるのでBluetoothでスマホと繋げたらapple musicも流すことができますよ!

上記6つの音楽配信サービスにもそれぞれ特徴があります!

アマゾン エコー(アレクサ)で音楽再生時の使い方の注意点

上でamazon echoの対応している音楽配信サービスを6つ紹介しましたが、注意しなければいけない点がります!

それがAWA以外の音楽配信サービスデフォルト利用サービスに設定ができるため、音声操作時に「○○で音楽かけて」と言う風に指定しなくても「音楽かけて」といえば任意の音楽配信サービスで再生してくれます!

AWAの場合だけ「AWAで〜」と言う指定がいるので注意してくださいね!

amazon music unlimitedを使った音楽再生

amazon echoでアレクサに音楽再生をお願いするときの代表的な音楽配信サービスである「Amazon Music Unlimited」。

amazonの音楽配信サービスであるためアレクサとの相性は抜群!最も使い勝手と機能性が優れています。

4,000万曲以上の音楽が聴き放題!

自作プレイリスト再生やお気に入り登録もできるのでアレクサにその時の気分の自分流プレイリストを流してもらうこともできます!

日々配信されている楽曲も更新されて増えていくので価格やアーティストに不満がなければ一番おすすめです!

アレクサへの話しかけ方

できること 音声操作例
再生操作

「何か音楽かけて」

「乃木坂46の曲かけて」(アーティスト名から再生)

「Greeeenのキセキをかけて」(曲名から再生)

「アルバム、ケツノポリス2をかけて」(アルバムから再生)

「元気になる曲かけて」(気分で再生)

「2019年の曲をかけて」(年代別に再生)

「K-POPを再生して」(ジャンル別に再生)

「プレイリスト、お気に入りをかけて」(プレイリスト再生)

「新曲をかけて」

曲の評価(amazon musicのラジオ再生時)

「この曲いいね」

「この曲好き」

「この曲嫌い」

「この曲ダメだね」

amazon マイミュージック操作」 「マイミュージックに追加して」

Amazon Prime Musicでのアレクサ 音楽再生

amazon prime music」とはamazonの月額定額サービスである「amazon プライム会員」が利用できる音楽配信サービスになっています。

こちらもamazonの音楽配信サービスなので互換性は抜群!

amazon music unlimitedとの違いは楽曲数。unlimitedと比べると曲の数はかなり少なくなってしまいます。

しかしプライム会員はアマゾン ミュージック アンリミテッドとは違いアマゾンプライムの各サービス(amazonでの送料無料、プライムビデオ見放題など)を月額325円ほどで利用することがいいのでコスパは素晴らしいです!

prime musicは特に邦楽が少ないので邦楽好きの方はamazon music unlimitedの方がおすすめです!

操作方法Amazon ミュージック アンリミテッドと変わらないので上記をご参照ください!

dヒッツでのamazon echo 音楽再生

邦楽好きには圧倒的支持を受けているのがこの「dヒッツ」。

有名アーティストにも対応しており、より便利に使うためには「myヒッツ」と言う機能を使うのがおすすめです!

邦楽アーティスト対応率ナンバー1を誇るその楽曲数と安価でコスパの良いサービスとなっています。

完全に好きな曲を聞けるような使用にはなっていないため先ほどおすすめした「myヒッツ」と言ういわゆるお気に入り登録のような機能を使うとより快適に利用できます!

長く使うほど自由に使えるようになるのでJ-POP好きは必見です!

dヒッツのアレクサへの話しかけ方一覧

できること 音声操作例
音楽再生操作

「何か音楽かけて」

「Mr.Childrenの曲かけて」(アーティスト別再生)

「夏色をかけて」(myヒッツ登録曲名再生)

「アニメソングランキングをかけて」(プレイリスト再生)

「J-POPをかけて」(ジャンル別再生)

dヒッツむけ再生操作 「myヒッツかけて」(お気に入り再生)

うたパスでのアマゾン エコー 音楽再生

うたパスはdヒッツのように邦楽歌手・アーティストにつよいauユーザー限定の音楽配信サービスです。

曲はシャッフル再生のみしかできませんが324円と言う最安料金で人気を集めています!

しかし、現在アレクサからの操作性は限定的であるためamazon echodでの使い勝手はあまりよくありません。

できること 音声操作例
音楽再生操作

「何か音楽かけて」

「サザンオールスターズの曲かけて」(アーティスト別再生)

spotify(スポティファイ)でのamazon echoの音楽再生

スポティファイは全世界で2億人近いユーザーが使っている世界最大級の音楽配信サービスです!

何がそんなに人気かというと広告やシャッフル再生等の制限付きではありますが、完全無料でフルの音楽を聞くことができるという点です。

ただ、現状ではアマゾン エコー (アレクサ)からはプレミアム会員(有料会員)のみが利用可能となっています。

よってsupotifyを使っている方は有料会員にならないとamazon echoでは使えないんです、、、

洋楽はとても豊富なのですが、邦楽には少し弱いので洋楽好きにはおすすめの音楽配信サービスです!

また、プレイリストが非常に豊富なのも魅力の一つ。他のユーザーが作ったプレイリストや気分に合わせたプレイリストを選択してアレクサに流してもらいましょう!

できること 音声操作例
再生操作

「何か音楽かけて」

「Mr.Childrenの曲かけて」(アーティスト別再生)

「J-POPをかけて」(ジャンル別再生)

AWAでのアレクサの音楽再生

awaは4,300万曲以上が聴き放題の世界最大級の音楽配信サービスです!

大きな魅力は無料でもハイライト再生として利用が可能で、アレクサからもアクセス可能なんです!

ただ、amazon echoから操作するのに不便な点もあります、、、

デフォルト設定できなかったり、アーティスト名指定での再生ができなかったり制限が付いています。

日本が作り出したこのAWAをとても気に入っていてどうしても使いたいという方はそういう点も考慮に入れて使ってくださいね!

できること 音声操作例
再生操作

「awaステーションで音楽をかけて」

「awaステーションでお気に入りをかけて」(お気に入り再生)

「awaステーションでマイプレイリストをかけて」(自作プレイリストの再生)

「awaステーションで邦楽ランキングをかけて」(ランキング再生)

「awaステーションでリラックスする曲かけて」(気分で再生)

amazon echoで再生中音楽の再生

以上、紹介してきた音楽配信サービスでは音楽再生中にも様々な音声操作をすることができます。

これをマスターすればより快適にalexa、アマゾンエコーを使えること間違いなし!

それぞれのサービスの特性上使えないものもありますが大まかには以下のような操作ができます!

できること 音声操作例
音量調節(1〜10まで)

「音量あげて/下げて」

「音量を6にして」

一時停止、再生

「停止」

「止めて」

「再生」

「再開」

曲送り

「次の曲にして」

「スキップ」

曲もどし 「前の曲にして」
再生モード設定

「ループ再生して」

「シャッフル再生して」

「シャッフルやめて」

「この曲をリピートして」

楽曲情報を聞く

「この曲何?」

「これ誰の曲?」

「曲名教えて」

「この曲の発売日はいつ?」

スリープタイマー設定

「○分のスリープ再生にして」

「○時間で止めて」

「スリープタイマーキャセルして」

ミュージックアラーム

「7時にリラックスできる曲で起こして」

「朝6時にジャズでアラームを設定して」

人気の曲を聞く

「人気の曲を教えて」

amazon エコーの使い方 ラジオ再生編

ネットでラジオを聞くなら「ラジコ」。ラジコでは無料で住んでいる地域のラジオを聞くことができる他、有料会員になると全国どこでも好きなラジオを聞くことができます!

ラジコはamazon echoとも互換性が高く使いやすいですよ〜

たつや

ちなみに、僕はバナナマンのバナナムーンゴールドが好きでラジコで毎週聞いています!笑

また、Tunelnというオンラインラジオサービスも使うことができます!

Tunelnはそのまますぐにamazon echoで利用可能なのですがradikoは「スキル(拡張機能)」で利用可能となります。

ちなみにTunelnは世界で配信されているネットラジオをあらゆるジャンルから聞くことができるのでおすすめのサービスです!

alexaのラジオ操作一覧

できること 音声操作例
Tunelnでラジオを聞く

「Tunelnでラジオ再生」

「TunelnでFM西東京を再生」(局指定再生)

ラジコでラジオを聞く 「ラジコを開いて」
ラジコでラジオ局指定で聞く 「ラジコでtokyo fmを再生」
ラジオ曲を変える

「次にして」

「前にして」

聞けるラジオ局を聞く

「ラジコで聞けるラジオ局は?」

現在の地域確認

「ラジコでエリアを教えて」

alexa(アレクサ)の使い方 動画編

アマゾン エコーを使ってアマゾン プライム ビデオ(amazon prime video)を観る

ディスプレイ付きの「echo spot」や「echo show」を使えばechoの端末からアマゾン プライムビデオを視聴し、再生・操作することが可能です。

echo showには10インチのディスプレイが搭載されているため動画視聴もストレスなく楽しむことができます!

「ウォッチリストを見せて」と言えば登録した見たいドラマや映画を流してくれます(echo showのみ)。

また、prime video(プライム ビデオ)は海外ドラマシリーズが豊富なことでも有名で「SUITSを再生して!」や「プリズンブレイクを再生して!」と言えば物語の続きから再生してくれます。

サクッと一言声をかけたら見たいものが観れるので手間なく、気軽にprime videoを楽しむことができます!

アレクサのamazon prime videoの話しかけ方一覧

できること 音声操作例
動画再生

「suits見せて」(タイトル指定)

「メンタリスト シーズン3見せて」(タイトルとシーズン指定)

「プリズンブレイク再生して」→複数の候補が表示される→5話を再生して

番組検索

「アニメ探して」(ジャンル検索)

「ウォーキング・デッドを探して」(タイトル検索)

「トムクルーズを探して」(俳優検索)

ライブラリ表示 「ウォッチリストを見せて」
再生中操作

「停止して」

「再開して」

「巻き戻して」(15秒巻き戻し)

「30min戻して」

「10分進めて」

エピソード操作 「次のエピソードにして」

 

Amazon echoでのamazon fire TV(ファイアーティービー)の使い方

上述したようにamazon prime videoはecho showでのみ再生できるのですがamazon Fire TVがあればその他のechoでも動画の音声操作をすることができます。

アマゾン Fire TVはテレビのHDMI端子に挿入するだけでご自宅のテレビの大画面で各種動画配信サービスを利用できるアイテムとなっています。

ディスプレイ付きのecho spotやecho showは高価なものになってしまいますが、このFire TVは比較的安価(5,000~7,000円)で購入可能なので是非おすすめした商品です!

このFire TVとechoを繋げてしまえばecho showのように音声操作が可能となるため、よりスマートホームのようなスタイリッシュな生活に近づくことができます。

僕もそれがかっこよくてついつい買ってしまったのですが、全然後悔することもなく買ってよかったと心から思えるくらい良いサービスです!!

これまでprime videoはiPadの小さな画面で観ていたのですが、やはりテレビの大画面で見るドラマや映画には迫力があって、しかも音声操作ができるのでソファーに座ったまま楽に操作ができてしまうのでダメ人間まっしぐらです。(笑)

amazon echoでできること kindle 本読み上げ編

amazon echoはamazonで購入したkindle本の読み上げができる

アレクサにお願いしたらamazonで購入した電子書籍、kindle本を読み上げることができます。

ただ、全ての電子書籍の読み上げに対応しているわけではなく、kindle本商品ページにて「Text-toSpeach テキスト読み上げ機能」に対応している本のみとなるので注意して確認してください。

alexa kindle読み上げ機能一覧

できること 音声操作例
最後に読んでいた本の続きから読み上げる 「本を読んで」
作品名指定で読み上げ 「(作品名)を読んで」
再生操作

「巻き戻し」(30秒)

「早送り」(30秒)

「5分巻き戻して」

「4分早送りして」

「一時停止」

「再開」

読み先移動

「最初から読んで」

「次のチャプターにして」

「次の章にして」

「前のチャプターにして」

「前の章にして」

停止する

「止めて」

スリープタイマー

「1時間後に止めて」

アマゾン echoでkindle unlimited(キンドル アンリミテッド、読み放題)の読み上げ機能

アマゾンで購入したkindle本と同様に、kindle unlimitedに載っている読み上げ機能対応の電子書籍であればこちらもamazon echoでの読み上げが可能です!

「kindole unlimited」は月額980円で対象の本が読み放題となるサービスです!

新書の対応は少ない印象を受けますが、量自体はとても豊富なのできっと読みたい、聞きたい本が見つかりますよ。

alexaはもちろんPrime Reading(読み放題)にも対応しています!

同様に、amazonのプライム会員限定のサービスである「Prime Readein」もkindle本と同様の操作で読み上げることが可能です!

しかし、やはりkindle unlimitedと比べるとどうしても書籍の数は少なくなってしまうので読みたい本が見つからない可能性も、、、

それでも有名どころの本は意外と揃っているのでまずは探してみましょ〜!

amazon echoはAudibleの読み上げにも対応

アレクサはAudibleにも対応しています。よって自分のライブラリにある本(購入済みの本)は全て音声操作が可能です。

Audibleプロの朗読家による本の読み上げサービスであるためとても聞きやすくなっているため人気の朗読サービスです!

本の読み上げ機能を使えば忙しい主婦の家事中や内職中でも本を聞くことができるのでとても効率的で時間を有効利用することができます。

また、再生速度を変更したりメモ機能があったりとても便利な機能も搭載されているのでamazon echoで本を聞きたいという方にはとてもおすすめです!

操作に関してはkindle本と同様にできるので上述した表をご参照ください。

アレクサを使って会話をしよう! amazon echoを使ってできるコミュニケーション編

amazon echoを使えば音声通話やビデオ通話、メッセージの送信など全て音声操作で実現することが可能になります!

どうしても両手がふさがっている時や、ケータイが遠くにあって取りに行くのがめんどくさい時でもアレクサに話しかけたらいつでも部屋のどこにいてもコミュニケーションをとれちゃうんです!

amazon echoを呼び出す!「呼びかけ機能」の使い方

ある特定のエコーに呼びかけて簡単な通話をすることが可能です。

とは言っても「え?どういうこと?」と思われる方もいるかもしれません。ちょっと時代を戻してみると昔「家電(いえでん)」という固定電話使ってませんでしたか?

今でも実家では使ってるよ!という方もおられるとは思いますが、その家電を思い出してみて欲しいんです!

親機がリビングにあって、子機が寝室等他の部屋に置いてあって内線でそれぞれの電話を繋げたり、呼び出したりできる機能がありました。

それをエコー2台使えばできるということです!

これは別に相手の返答を求めていない場合でも使える、よりラフなコミュニケーションを取ることが出来ます。

例えば朝のモーニングコールや「ご飯できたよー!」って家族を呼ぶ時。大きな声張るのはしんどくてもこのエコーがあれば簡単に呼びかけできちゃうんです!

内線としての使い方をご紹介しましたが外出していても呼びかけすることはでき、エコー同士はもちろん、エコーのスマホアプリからでもアクセス可能で。

アレクサの呼びかけ機能の使い方一覧

できること 音声操作例
呼び出し

「呼びかけて」

「キッチンに呼びかけて」

「子供部屋に呼びかけて」

アレクサアプリ操作で呼びかけ

終了方法 「切って」

エコーだけじゃなく、スマホとも通話が可能!

先ほどは「呼びかけ機能」を紹介しましたが、外出中でもスマホや遠隔地のエコーから通話をかけることもできちゃうんです!

エコーのスマホアプリで相手の連絡先を同期することによって相手側のエコーデバイスにも通話をかけることもできます。

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
通話発信 「おばあちゃんに電話して」
電話にでる 「応答して」
切る 「切って」

エコースポットを使えばビデオ通話も可能

ディスプレイ付きのecho spotを使えば、ハンズフリーでビデオ通話をすることもできます!

スマホを手に持つ必要もなく、発信も簡単にできるので簡単で手軽にビデオ通話を開始することが出来ます。

echo spotのビデオ通話のやり方

できること 音声操作例
ビデオ通話発信 「ママに連絡して」
応答する 「応答して」
切る 「切って」

amazon echoを使えばメッセージの送受信もかんたん!

エコーを使えば通話ができるのはもちろん、メッセージの送受信もできるんです。

通話と同様に送りたい相手の連絡先を登録しておけば「メッセージを送って」というだけでかんたんにショートメッセージの送信ができます。

アマゾン echoでのメッセージの送受信の方法

できること 音声操作例
メッセージ送信 「メッセージを送って」(宛先と内容を伝える)
メッセージ受信 「メッセージを再生して」

amazon echo アレクサが生活をより快適に。生活情報編

この生活情報編は僕が一番よく使っている機能であり、他の方もおそらく一番気になる機能ではないでしょうか??

音楽再生編もよく使いますが、やはり朝起きてすぐの天気予報やスケジュール確認等、より生活に密着した機能なので使いこなせばかなり時短にもなるし快適に生活できますよ!

amazon echoでamazonショッピング

amazon_prime

アマゾンプライム会員になりますと、echoを使って音声でプライム対象商品を購入することができます。

何か新しいものが欲しい場合は実際に目で見て買う必要がありますが、普段アマゾンでよく買っている消耗品(水やノート、文房具など)はパパッとアレクサに注文をお願いしちゃいましょう!

すでにアマゾンダッシュボタンを使われていたらその商品はもうアレクサの音声でお願いしたら十分です!

amazon echo 話しかけ方一覧

できること 音声操作例
商品の値段確認 「○○は何円?」
商品購入 「○○を注文して」→商品確認「はいorいいえ」
商品再注文 「○○をもう一度注文して」
カートへの追加 「○○をカートに入れて」
注文直後にキャンセル 「注文をキャンセルして」

アマゾンで注文した商品の配送状況を知る

さらに、アマゾンで購入したものの配送状況もアレクサで聞くことができます。

いちいちアプリやメールを開かなくてもすぐに聞けるのは何気にかなり便利ですよ!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
配送状況確認

「配送状況教えて?」

「注文商品はどこ?」

天気予報の確認だけでなく通知機能もある!

アレクサに住所の設定をすれば、その住所の天気予報を聞くことができます。

さらに「Yahoo!天気・災害スキル」を使えば雨の時はアレクサからアマゾンエコーへプッシュ通知を送ることもできます!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
設定した住所の天気予報

「今日の天気を教えて」

「今夜雨降る?」

指定した場所の天気を聞く

「渋谷の天気を教えて」

「大阪の天気を教えて」

雨の予報通知 朝通知が来た時「通知は何?」

amazon echo plusのみ対応機能 部屋の室温確認

echoシリーズの中でもecho plusのみ温度計が内蔵されているので室温確認もできます!

話かけ方一覧

できること 音声操作例
室温確認

「部屋の温度は?」

「温度教えて」

スケジュールやその日過去に起こった出来事が聞ける!

alexaは各種カレンダーサービスと連携したスケジュール管理ができます。

対応カレンダーサービスは「google カレンダー」「Microsoft office365」「apple iCloud」に対応指定ます。

普段はグーグルカレンダーを僕は使っているのでカテゴリに分けたカレンダーの利用もできますし、どのカテゴリのスケジュールを追加するかも指定できます!

さらに、「今日という日に昔何があったのか」や記念日、祝日まで色々教えてくれちゃいます!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
予定の追加 「明日の18時からデートの予定入れて」
予定の確認

「今日の予定は?」

「今週の日曜日の予定は?」

何の日か確認 「今日はどんな日?」

季節や旬の話、イベント、祝日についての情報

アレクサはリアルタイムで何が今起きているのか。今日は何の日なのか?ということもとても敏感です。

お正月はもちろん、母の日、父の日、クリスマス、バレンタイン等のイベントごとや季節的に今話題のもの、例えば夏なら甲子園等の情報についても詳しく教えてくれます。

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
季節・旬の質問

「お正月まであと何日?」

「紅白出場歌手教えて」

「母の日っていつ?」

「ハロウィンってどんな格好したらいいかな?」

スポーツイベントの情報

「甲子園決勝はいつ?」

「サッカー日本代表の試合はいつ?」

「高校野球の結果教えて」

「全豪オープンの結果は?」

まとめて確認

その日と、直近の予定や情報をまとめて聞くことも可能です!

「何かある?」と尋ねることで、天気・時間・予定・簡単なニュースなど聞くことができます。

1日の始まりや、終わりのまとめて聞くと便利ですよ〜!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
情報をまとめて聞く 「なんかある?」

アレクサとお話しする

暇なときは是非アレクサに話しかけてみてください!

「どうせ機械と喋っても面白くないでしょ」って思っているかもしれませんがアレクサは違います。

きっと、何回も喋るううちに愛着もわいてしまうでしょう!それくらいしっかりコミュニケーションをとることができます。

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
お話

「アレクサ、おはよう!」

「アレクサ、いってくるね」

「ただいま」

「今日は疲れたよ」

季節のあいさつ

「アレクサ!メリークリスマス!」

「あけましておめでとう」

アレクサのことを聞く

「得意なことは何?」

「アレクサは何ができるの?」

「好きな四時熟議は?」

アレクサと遊ぶ!計算してもらう!うんちくも教えてくれる!

アレクサはただ喋りかけるだけじゃなくて、ちょっとしたゲームをしたり豆知識を教えてくれたりします。

音声のみで遊べるので、家事の片手間や小さい子供でも楽しい時間を過ごすことができますよ〜!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
楽しませてもらう

「ジョーク聞かせて」

「なぞなぞ出して」

「早口言葉言って」

「動物のモノマネして」

「怖い話聞かせて」

歌ってもらう

「歌うたって」

「ボイパして」

「僕今日誕生日なんだよね」

「クリスマスソング歌って」

ゲームをする 「じゃんけんしよ」
計算

「2+5=?」

「2×10は?」

「1,700の8%は?」

俳句を聞く

「俳句読んで」

「梅雨の俳句読んで」

雑学(トリビア)を聞く

「野球のトリビア教えて」

「オリンピックのトリビア教えて」

豆知識を聞く 「豆知識教えて」→豆しば起動
小話を聞く 「小話して」

テレビ番組の情報を聞く

アレクサオススメのテレビ番組の情報を聞くことができます!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
オススメの番組を聞く 「オススメのテレビ番組を教えて」

辞書で意味を調べる

テレビを見ていたり、ふとした時に気になったり、知らない言葉の意味をamazon echoに聞くことができます!

日本語にも英語にも1つの単語に複数の意味がある場合もありますが、その際はしっかり複数の意味を教えてくれる優れものです。

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
意味を尋ねる

「レバレッジってどういう意味?」

「コンプライアンスってどういう意味?」

「四面楚歌の意味教えて」

amazon echoの便利機能

外部スピーカー・Bluetooth機器への接続

echoシリーズのスピーカーは全て外部オーディオ出力プラグを備えており、オーディオケーブルにて外部スピーカーが利用可能です。

この機能によってechoシリーズのエントリーモデルである、echo dotでも外部のスピーカーに繋げることによって音質も良いスピーカーでもalexaを使うことができます。

また、同様にBluetoothデバイスへの接続も可能です。初期のペアリングはalexaアプリで設定しますが、そのあとは音声で気軽に操作することが可能です!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
Bluetoothデバイスへの接続/解除

「Bluetoothデバイスに接続して」

「Bluetoothデバイス接続解除して」

複数のamazonecho製品と連携(マルチルームミュージック)

amazon echoを各部屋に配置すればまさに「マルチルームミュージック」を実現することができます!

現状では連携できるのは音楽・ラジオの操作のみとなっています。

各amazon echoにはalexaアプリから確認・編集可能なデバイス名がそれぞれつけられているため、これを使って任意のechoから「(デバイス名)で音楽を流して」といったデバイス指定での操作が可能です。

また、alexaアプリの「デバイスのセットアップメニュー」または「スマートホームメニューのグループ設定」から「マルチルームミュージックグループ」を作成することが可能で、そちらを使って「(グループ名)で音楽流して!」ということも可能でです。

グループ設定をした複数のamazon echoから同期した音楽が流れてくるのはとても心地の良いものです。激しい音楽を流せば、とてもダイナミックな音楽を楽しむことができます!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
デバイスを操作(デバイス名「echo」の場合)

「エコーで音楽をかけて」

「エコーの音量を5にして」

「エコーを止めて」

グループを操作(グループ名「ジェネラル」の場合)

「ジェネラルで音楽をかけて」

「ジェネラルでJ-POPをかけて」

「ジェネラルを止めて」

アレクサの使い方を「アレクサ」に聞く!

アレクサには何ができるのか。これってできるのかな?ということは直接アレクサに聞いてみましょう!

アレクサ自身がやり方を教えてくれちゃいます!

さらに、amazon echoシリーズは日々新機能が追加されていきます。

どんな機能があるのか全て把握することは至難の技です。その中でも最新機能でどんなものがアップデートされたのかもアレクサに聞くことができます!

話しかけ方一覧

できること 音声操作例
使い方を聞く

「アラームの音を変えるにはどうしたらいい?」

「kindleを聞くにはどうしたらいい?」

「アレクサ、何ができるの?」

新機能を聞く

「新機能を教えて」

「最近の新機能は?」

「Alexa」の呼び名変更

amazon echoに標準搭載されているのが「アレクサ」。

しかし、呼び名(ウェイクワード)を変えることもできます!

デバイス毎に設定が可能なので、複数echoを持っている場合、それぞれの名前を変更することによってどのechoに動いて欲しいのかしっかり伝わります!

スキルでさらに広がる!amazon echoの無限の使い道

すでに何度かもう紹介していますが、amazon echoでは「スキル」と呼ばれるamazonではない他社が提供している拡張サービスを使うことによって、もっと便利にアレクサを使いこなすことができるようになります!

スマホでは多くの企業がこぞってアプリ開発をしてどんどん便利になっていったように、amazon echoも他社がどんどん参入してきて便利な機能が日々開発されています。

日本では発売時点で約250の拡張スキルが。英語版では約20,000もの拡張スキルが用意されていました。

このスキルが他のスマートスピーカとの1番の違いです!

グーグルもスマートスピーカーを発表していますが、echoほど機能はなく、またグーグルの場合全て社内開発しているので、オープンにしているamaoznと比べてしまうと新機能追加が出遅れる傾向にあります。

amazonの豊富な拡張スキルを使いこなせれば、きっと日々の生活がもっと楽になりますよ!

ディスプレイの有無で使い方が大きく変わる

amazon echoの選び方として「ディスプレイの有無」は大変重要なポイントです。

ディスプレイがあるかないかによって用途は代わり、求める性能も代わります。例えば映画や動画コンテンツを見たいならそれは間違いなくecho showですし、スピーカーが欲しいだけならecho dot,echo,echo plusになるでしょう。

ディスプレイの有無が価格にも大きく関わってくるので、買う前に自分はどんな機能が欲しいのかしっかり考えておきましょう!

とりあえずAIスピーカーを試したいという方にはEcho dotをおすすめします!安くてコスパ最強なのでAIスピーカーのデビューはこいつで間違い無いです。

まとめ

以上、amazon echoの全機種まとめと使い方をまとめていきましたがいかがでしたでしょうか?

想像以上に使える機能があって最初の方はもうよく覚えていないって人もいるかと思います。(笑)

でも大丈夫!使っていけばよく使う機能はだいたい偏りますし、直感的にアレクサに何か話しかけてみると案外何でも答えてくれます!

話しかけ方の例も載せましたが必ずしもこのようにする必要はありません。忘れてしまった時はとりあえず直感に任せてアレクサに話しかけてみてください!

その賢さにはきっと驚きますよ〜!