【検証レビュー】Ampere Time 12V 100Ahでポータブル電源を自作してみた!

AmpereTime 12V 100Ah

Sponsored by Ampere Time

ポータブル電源作りやキャンピングカーのサブバッテリーに活用できるリン酸鉄リチウムイオンバッテリー「AmpereTime 12V 100Ah」。リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、従来の鉛蓄電池よりも高い安全性と長寿命を実現し注目を集めています。

車中泊やDIY好きの人に人気のAmpereTime 12V 100Ahですが、初心者には「ポータブル電源として使うには何が必要なの?」「どんな電化製品が使えるの?」と気になることは多いはず。また、商品を購入した人の口コミなども知りたいですよね。

そこで今回は、Picky’s編集部がAmpereTime 12V 100Ahを使ってポータブル電源作りに挑戦!必要なアイテムや実際に使ったときの感想、購入したユーザーの口コミなどをまとめました。車中泊や災害用にバッテリーの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4のレビュー結果

AmpereTime 12V 100Ah AmpereTime 12V 100Ah AmpereTime 12V 100Ah AmpereTime 12V 100Ah

「AmpereTime 12V 100Ah」は、リチウム電池をメインに取り扱うAmpereTime(アンペアタイム)が展開するリン酸鉄リチウムイオンバッテリー。インバーターと接続することで自作のポータブル電源としても使えます

まずは、商品の総合評価をチェックしてみましょう。今回は、サイズ・安全性・使える家電の種類といったPicky’s編集部独自の視点でAmpereTime 12V 100Ahを検証しました。

サイズ・重さ
デザイン
防水・防塵性能
安全性
使える家電の種類
本体バッテリーの充電時間
インバーターとの接続

高評価だったポイント:低コストで高出力のポータブル電源が作れる

AmpereTime 12V 100Ah ポータブル電源

  • ポータブル電源や車用のサブバッテリーとして活用できる
  • ドライヤーなどの消費電力が大きい家電も問題なく使用できた
  • 大容量のポータブル電源を購入するよりも安く済む

AmpereTime 12V 100Ahの最大のメリットは、安い価格で大容量のポータブル電源が手に入ること。一般的に1,500W以上の出力に対応するポータブル電源は、15万~20万円程度で販売されている傾向があります。

しかし、AmpereTime 12V 100Ahは5万円前後で購入でき、ポータブル電源作りに必要なインバーターと合わせても8万円程度の予算で済むのが魅力。また、災害や車中泊時の予備バッテリーとして備えておくのもおすすめです。

微妙だったポイント:初心者にはやや難易度高め&手間がかかる

  • ポータブル電源として使うための作業がやや面倒
  • 本体バッテリーの充電に時間がかかる
  • 0℃以下の寒冷地では充電できない

AmpereTime 12V 100Ahはバッテリーとしては非常に優秀ではあるものの、初心者がポータブル電源として使うには手軽さに欠けます。別途インバーターを購入し、接続する手間を考えると、「多少高くてもポータブル電源を買った方が楽かも」と感じてしまいます。

また、AmpereTime 12V 100Ahはバッテリー容量が大きい分、本体の充電時間が長くなってしまうのが難点。10Aの充電器を使った今回の検証では、0%から100%になるまでに10時間程度かかりました。充電時間を短縮したい人は、20Aや40Aの充電器を用意するのがおすすめです。

また、これはすべてリン酸鉄リチウムイオンバッテリーで同様ですが、気温が0℃以下の環境では充電できません。

Ampere Time 12V 100Ahがおすすめな人

  • 安く大容量のポータブル電源を手に入れたい人
  • ポータブル電源作りにチャレンジしたい人
  • キャンピングカー用のサブバッテリーが欲しい人
  • 災害時に備えてリチウム電池を購入したい人

Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4のスペック・特徴

AmpereTime 12V 100Ah

サイズ 33.03×17.3×21.5cm
重さ 11kg
電池の種類 リン酸鉄リチウムイオン
容量 100Ah(1280Wh)
定格出力 100A
最大負荷 1280W
充電電圧 14.2〜14.6V
充放電サイクル 4,000回以上
瞬時放電電流 280A
防水性能 IP65
動作温度
  • 使用:-20~60°
  • 充電:0~50°

鉛蓄電池の約10倍!4,000回以上のサイクル寿命

AmpereTime 12V 100Ah

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーであるAmpereTime 12V 100Ahは、鉛蓄電池の約10倍となる4,000回以上のサイクル寿命を備えています。また、大容量ながらも本体の重量は11kgと軽く、一般的な鉛蓄電池の3分の1程度の重さに抑えられているのが特徴です。

さらに、AmpereTime 12V 100Ahには5年間の品質保証がついており、トラブルがあった場合は状況に応じて新品との交換を行ってくれます。本体の寿命が長い上に保証サービスが充実しているのは、初めてバッテリーを購入する人には嬉しいポイントですよね。

BMS搭載で過充電・過放電・短絡を制御

AmpereTime 12V 100Ah

AmpereTime 12V 100Ahは、バッテリーを安全に使うためのバッテリーマネジメントシステム(BMS)を搭載しています。万が一バッテリーの過充電・過放電・短絡などの問題が発生した場合は、電気回路を遮断して自動で使用を中断してくれます。

また、数あるリチウムイオンバッテリーの中でもリン酸鉄リチウムイオンバッテリーは発火のリスクが少なく、安心して使えるのが魅力。さらに、AmpereTime 12V 100Ahは国が定める安全基準をクリアしたことを表すPSE認証を取得しており、品質面にこだわりたい人にもおすすめです。

キャンピングカーのサブバッテリーとしてもおすすめ

AmpereTime 12V 100Ah

AmpereTime 12V 100Ahはキャンピングカーのサブバッテリーとしても活用できます。サブバッテリーとは、エンジンがかかっていない車内で電化製品を使用するために欠かせないアイテム。 特に、ポータブル冷蔵庫・テレビ・冷暖房器具などを使いたいなら、車のバッテリーが上がらないようにサブバッテリーを用意しておきましょう。

【実機で検証】Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4を徹底レビュー

今回は話題の <AmpereTime 12V 100Ah>を実際に使ってみました!「ポータブル電源を作るには何が必要?」「実物の使いやすさや充電機能はどう?」など購入前に気になる部分を徹底解説していきます。

AmpereTime 12V 100Ahのセット内容

AmpereTime 12V 100Ah セット内容

  • Ampere Time 12V100ahリン酸鉄リチウムイオンバッテリー
  • 絶縁プラグ
  • ボルト
  • 絶縁カバー
  • 取扱説明書
  • パンフレット
  • 操作ガイド

ポータブル電源作りのために準備したもの

AmpereTime 12V 100Ah 必要なもの

今回は、AmpereTime 12V 100Ahの使い勝手を検証するためにインバーターを用意してポータブル電源を作ってみました。検証でPicky’s編集部が準備したのは、下記の3つのアイテムです。

  • バッテリー充電器(別売り)
  • 正弦波インバーター
  • 絶縁手袋

準備したもの①:バッテリー充電器

AmpereTime 12V 100Ah 充電器

まず、AmpereTime 12V 100Ahには本体の充電器が付属していないため、自分で用意する必要があります。メーカーは充電器・ソーラーパネル・ジェネレーターの3つの充電方法を推奨していますが、今回はAmpereTime が販売している10Aのリン酸鉄リチウムイオンバッテリー充電器「Ampere Time 14.6V10A」を使用しました。

準備したもの②:正弦波インバーター

AmpereTime 12V 100Ah インバーター

AmpereTime 12V 100Ahをポータブル電源として使うには、正弦波インバーターが欠かせません。インバーターとは、直流電流を交流電流に変換する機器のこと。AmpereTime 12V 100Ahは単体では蓄電しかできず、インバーターを使うことで他の機器への給電が可能になります。

準備したもの③:絶縁手袋

AmpereTime 12V 100Ah 絶縁手袋

AmpereTime 12V 100Ahを安全に扱うために絶縁手袋も用意しておきましょう。絶縁手袋は感電を防ぐためのアイテムで、主に電気工事などに使われます。バッテリーとインバーターを繋ぐ際に端子からバチッと火花が散る場合があるため、必ず絶縁手袋を着用して作業してください。

充電方法は簡単。でも満充電まで時間がかかる

AmpereTime 12V 100Ah 充電器

AmpereTime 12V 100Ahは最初からある程度充電された状態で届きますが、使用前にフル充電にします。充電方法は赤と黒それぞれのネジ部分を挟むだけなので簡単でした。

AmpereTime 12V 100Ah 充電器

バッテリー残量0%の状態にしてから100%になるまで10Aの充電器で充電してみると、10時間程度かかりました。いくら大容量バッテリーであるとは言っても、充電に半日近くかかるのはやや不便。よりパワーのある20Aの充電器を使えば、半分程度の時間で充電できるようです。

AmpereTime 12V 100Ah LED
AmpereTime 12V 100Ah LED

バッテリーの充電具合は充電器のLEDライトで確認できます。LEDが緑色点灯のときは充電完了orバッテリーと接続していない状態、赤色点灯は充電中のサイン。赤色で点滅している場合は、何らかのエラーや保護装置が作動している状態なので、取扱説明書などを確認して対処しましょう。

インバーターとの接続は、バッテリー初心者にはやや難易度高め

AmpereTime 12V 100Ahとインバーターを接続するときは、まずAmpereTime 12V 100Ah本体のネジを一度外して、インバーターのケーブルを繋いだあとに再度ネジを付け直します

AmpereTime 12V 100Ah バッテリー

赤と黒両方のケーブルを繋ぎ、カバーをかぶせれば準備はOK。作業自体はシンプルではあるものの、感電に注意しながら作業をするのが初心者には少し難しい印象でした

また、バッテリーを充電する際はネジを外してインバーターから充電器にケーブルを繋ぎ直す必要があり、一般的なポータブル電源と比較すると使い勝手は悪いと感じました。

1500W以下の製品はほぼ使える!延長コードやアダプターも接続OK

AmpereTime 12V 100Ah

今回実際に使用できた電化製品
  • ドライヤー(1200W
  • 電気ケトル(1200W
  • カーボンヒーター(900W
  • セラミックファンヒーター(1100W
  • サーキュレーター(37W)
  • IH調理器(1400W
  • たこ焼き器(950W
  • 炊飯器(713W
  • 電子レンジ(1360W)
  • トースター(1250W)

今回の検証で実際に使えたのは、上記の電化製品。スペック上では最大負荷は1280Wまでとされているものの、出力1500W以下のほとんどの製品が使用できました。

安価なポータブル電源では対応していないドライヤーやカーボンヒーターといった消費電力の大きい家電が使えるのは嬉しいですよね。

AmpereTime 12V 100Ah 延長コード

また、インバーターのコンセントには延長コードやUSBアダプターが接続できます。スマートフォンや携帯ゲーム機といった小型の電化製品を複数充電したいときに便利ですね。

合計出力が1500Wを超えると安全装置が作動

AmpereTime 12V 100Ah NG

複数の家電を同時に使用してみたところ、サーキュレーターとIH調理器・電気ケトルとサーキュレーターの組み合わせは使用できました。ただし、合計出力が1500Wを超える電気ケトルとドライヤーなどの組み合わせは使用できません。

一定の出力数を超えると安全装置が作動し、インバーター音が鳴って停止します。

持ち手付きで扱いやすい!無骨なデザインがかっこいい

AmpereTime 12V 100Ah

AmpereTime 12V 100Ahは、「これぞバッテリー!」というかっこいい見た目です。商品名やスぺックが英語で書いてあるだけのシンプルなデザインなので、アウトドアが好きな人には刺さること間違いなし。取っ手がついているので、女性でも意外と簡単に持ち運びできます。

防水・防じん性能もバッチリ◎

AmpereTime 12V 100Ah 防水

AmpereTime 12V 100AhはIP65レベルの防水・防じん性能を備えています。本体は全体的につるつるとした素材で覆われており、水や汚れがついてもサッと拭き取れました。アウトドアや災害時に使うことを考えると、水没の心配がないのは安心ですね。

IP65レベルの防水・防じん性能とは?

防水等級5は家庭用シャワーなどの噴流に対して影響を受けないレベル、防塵等級6は粉塵が内部に入り込まないレベルです。

Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4の口コミ・評判

ここまでPicky’s編集部によるAmpereTime 12V 100Ahのレビューを紹介してきましたが、ここからは商品を実際に購入した人の口コミを紹介します。良い口コミと残念な口コミの両方をまとめているので、ぜひ購入前にチェックしてみてくださいね。

Ampere Time 12V 100Ahのいい口コミ

AmpereTime 12V 100Ah 口コミ

  • トラブル時のメーカーの対応が迅速で安心した
  • 意外とコンパクト、取っ手付きで持ち運びやすい
  • 大容量なので電化製品を気兼ねなく使えるのが嬉しい

AmpereTime 12V 100Ahの口コミには、「メーカーの対応が親切で手厚い」との声が見られました。中には、「購入してしばらく経ったあとに販売店から問題なく使えているかを確認する連絡がきた」という人も。また、「思っていたより軽くて使いやすい」といった意見もありました。

Ampere Time 12V 100Ahの悪い口コミ

AmpereTime 12V 100Ah 充電器

  • 多少高くなってもいいので充電器を付属してほしい
  • 寒い場所で使えないのが不便

一方で、AmpereTime 12V 100Ahの悪い口コミには、「充電器が付属していないのが不便」「値段が高くなってもいいからセットにして欲しい」とのコメントがありました。しかし、調べてみるとAmazonでは充電器とのセット販売があるので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4のよくある質問

AmpereTime 12V 100Ah

AmpereTime 12V 100Ahはどこで購入できる?

AmpereTime 12V 100Ahは、AmpereTimeの公式ストアやAmazonなどで購入できます。

AmpereTime 12V 100Ahは充電器以外にどんな方法で充電できる?

AmpereTime 12V 100Ahは、充電器の他にはソーラーパネルやジェネレーターを使って充電ができます。ただし、ジェネレーターを使用する際には充電器も必要になるので注意しましょう。災害用のポータブル電源としてAmpereTime 12V 100Ahを購入する場合は、ソーラーパネルもぜひチェックしてみてくださいね。

Ampere Time 12V 100Ah LiFePO4レビューまとめ

  • AmpereTime 12V 100Ahは、高い安全性とコスパを備えたおすすめバッテリー
  • 別途インバーターを用意して接続すれば、ポータブル電源を自作できる
  • キャンピングカーのサブバッテリーや災害時の予備電源としても活躍

今回は、リン酸鉄リチウムイオンバッテリー「AmpereTime 12V 100Ah」について紹介しました。初心者にはあまり馴染みのないアイテムですが、使い方次第でポータブル電源やサブバッテリーとして役立つのは魅力的ですね。ぜひAmpereTime 12V 100Ahを購入して、ポータブル電源作りにチャレンジしてみてくださいね。

Photo By 内田大貴

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー