【評判はどう?】Anker(アンカー)のポータブル電源おすすめ全6機種【実機レビュー】

Anker ポータブル電源 PowerHouse400

ポータブル電源は様々なメーカーから発売されていますが、中でもAnker(アンカー)はバッテリー製品に強いと言われています。スマホ充電用のモバイルバッテリーで有名な企業ですが、ポータブル電源も現在6機種販売されています。

ポータブル電源はそれぞれ容量や重さ、特徴が異なるため、自分の用途や予算に合った機種を選ぶことが重要です。今回はPicky’s編集部で、Ankerが発売している現行6モデルについて評判の調査と実機検証を行いました。

ポータブル電源のサイズにより、どの程度使用できるのか実際に20種類以上の家電製品を用いて検証しています。初心者におすすめモデルのランキングも紹介していますので、購入前の方は是非チェックしてみてください!

この記事を監修した専門家

730日以上車中泊旅したバンライフ夫婦
かなかず夫婦
バンライフ初心者のためのメディアを運営/理学療法士
バンライフ歴3年目。夫婦で病院を辞め、車中泊やキャンプをしながら日本全国を巡る。
730日以上車旅をした経験を活かし、初心者に向けてバンライフ・車中泊のコツを発信しています。
日本のバンライフを盛り上げるために、メディア・Instagram・YouTubeなどを中心に運営中。SNSの総フォロワーは70,000人超!

※「専門家のおすすめANKER ポータブル電源」以外の商品の選定には関与しておりません。

Ankerポータブル電源の評判とメリット・デメリット

Ankerグループはバッテリー製品ブランド「Anker」を含め、様々な製品を米国・日本・欧州を中心とした世界100ヶ国以上で展開しているハードウェアメーカーです。

  • オーディオブランド「Soundcore」
  • スマートホームブランド「Eufy」
  • スマートプロジェクターブランド「Nebula」

最近では、家庭用モバイルプロジェクター「Anker Nebula シリーズ」も人気を集めています。

Ankerはまさにハードウェアの専門企業。どの製品も高性能・高品質で、デザインも優れています。中でもバッテリー製品は価格が安くて使いやすく、また安全性も高いことから世界一売れているブランドとして評判です。

バッテリー類は性能が悪いと充電効率が低かったり、自然放電してしまうので長時間使用に向きません。さら熱を持つ電子機器なので、発火などの事故が起こる可能性もあります。

特に大きなバッテリーを積んだポータブル電源は技術・耐久性・安全性が求められるので、圧倒的な知名度と実績があるAnkerがおすすめです!

Ankerポータブル電源

出典:amazon.co.jp

そんなAnker社からは「PowerHouse」シリーズとして、容量や性能の異なる5つのモデルが販売されています。

「PowerHouse 〇〇」というモデル名で表され、基本的には〇〇に入る数字が大きいほど大容量で高性能です。

ひとことメモ
公式サイトでは全6機種が掲載されています。そのうち「Anker PowerHouse100」はACコンセントが使える大容量モバイルバッテリーの位置付けなので今回は割愛しています。

ANKER ポータブル電源のメリット

ANKER製のポータブル電源の優れているポイントは以下です。

  • 正弦波で安定した電力使用が可能
  • ライト(照明)付きで夜間のキャンプや災害に強い
  • 圧倒的知名度で安心感の高いメーカー

ANKERのポータブル電源のAC出力は、家庭用コンセントと同様の安定した「正弦波」になっていて、安心して多くの家電製品が使えます。

Anker Power House 800

安価なポータブル電源だと「矩形波」や、矩形波を修正した「修正正弦波」の物もあり、使用できる機器が限定されてしまいます。正弦波のANKERなら、安定しているのであらゆる家電が使用可能です。

Anker Power House 800

またANKERのポータブル電源の最新式モデルには、遠くまで照らせる強力なLEDライトと、周囲を照らす照明が搭載されており、夜間のキャンプや災害時にも安心です。

この機能のおかげで、キャンプなどにわざわざLEDライトのような照明器具を持って行く必要がありません。

Anker PowerHouseとAnker PowerHouse 200には搭載されていません

そして最大の魅力はバッテリーメーカーとしての抜群の知名度と信頼感です。

すべてのANKER社製品には18カ月の基本保証が付いています。

製品にこれだけ長期の保証が付けられるということは、それだけ製品に対する絶対の自信があるからと言えるでしょう。

バッテリー関連はケガや事故に直結する可能性がある機器なので、信頼性の高いメーカー製品を使用することは絶対条件です。

ひとことメモ
またアンカー公式オンラインストアの会員になることで保証期間が24カ月に延長されます

ANKER ポータブル電源のデメリット

優秀なANKER製のポータブル電源ですが、他のメーカーと比べて「惜しい」と思う点もあります。

  • モデルが多くて違いがわかりにくい
  • 超大容量モデルが無い

ANKERポータブル電源シリーズは似たような名前と容量が多く、選ぶときにちょっとわかりにくいというデメリットがあります。

ANKERポータブル電源シリーズ容量順
  1. Anker PowerHouse 100(容量小さい)
  2. Anker PowerHouse Ⅱ 200
  3. Anker PowerHouse 400
  4. Anker PowerHouse
  5. Anker PowerHouse Ⅱ 800(容量大きい)

容量順で行くと上記のような順番になります。

特に一番多くの人が購入検討対象にするであろう「Anker PowerHouse 400」と「Anker PowerHouse」はほぼ同じような容量なので、購入時に迷う方が多いでしょう。

ちなみに後で解説しますが、Anker PowerHouse 400の方が新しいモデルなのでおすすめです。

またANKERには、現時点で「超大容量」「超大出力」モデルが存在しません。

例えばライバルメーカーのJackery(ジャクリ)では、414300mAhもの容量を誇る「Jackery ポータブル電源 Ace1500」という機種を発売しています。

Anker PowerHouse Ⅱ 800 Jackery Ace1500
容量 778wh/216,000mAh 1488Wh/414300mAh
定格出力 500W 1800W
瞬間最大出力 1000W 3600W
重さ 8.3kg 15kg

Jackery Ace1500は、Ankerで一番大きな容量を持つPowerHouse Ⅱ 800の倍以上の容量を持つ、モンスター級ポータブル電源です。

これだけの容量と出力があると、あらゆる家電製品を長時間使用できますし、電気ヒーターやドライヤーといった従来のポータブル電源では使えなかった家電も使えます。

もちろん超大容量モデルは価格も重さもモンスター級になってしまいますが、それでも極端なモデルがある事で選択肢が広がることは間違いありません。

ひとことメモ
そういう意味ではANKERは良くも悪くも「一般向けポータブル電源」と言えるでしょう

かなかず夫婦

ANKERのポータブル電源は容量が比較的小さいものが多いので、ソロキャンプや短期間の車中泊におすすめです。
性能や使い勝手もわからないまま容量が多いポータブル電源を選ぶと後悔や失敗する方が多いので初心者にはおすすめしません。
ポータブル電源を知るためにもまずはお手頃なANKERの製品を利用してみるといいですよ。

ポータブル電源の選び方

ポータブル電源を選ぶときは以下の順で重視しましょう。

  1. 容量
  2. 出力
  3. その他(重さや予算)

容量

ポータブル電源でなによりも重要なのがバッテリー容量です。

  • 自分がどんな用途で使いたいか
  • 何人で使いたいか
  • どのくらいの時間使いたいか

これによって選ぶ機種が違ってきます。

ポータブル電源は「大は小を兼ねる」ので、容量が大きければ大きいほど便利なのは間違いありません。

ですが容量が大きければ大きいほど価格や重量もアップするので、使いきれないほどの大容量を買うのはコスパが悪いです。

キャンプで電気毛布といった電力消費の大きな家電を一晩ゆっくり使いたいとか、家族が多くて色々な家電をたくさん使いたいなら大容量モデルがいいでしょう。

一方で普段は使わないけど万が一の災害用に準備しておくとか、屋外のレジャーで昼間だけ家電製品を使いたいといった場合は、価格の安い小・中容量モデルで十分です。

出力

屋外で家電製品が使えると言ってもなんでも使えるわけではなく、「定格出力」「最大出力」によって使用できる家電製品が決まります。出力が高ければ高いほど、消費電力が大きい強力な家電製品を使用できます。

そのため、ポータブル電源で容量の次に重要なのが出力です。

例えば基本的にある程度のスペックを持ったポータブル電源であれば、扇風機のような消費電力の小さい家電製品は問題なく使用できます。(使用時間は容量によって異なります。)Anker Power House 800

出力が300W以上あるモデルなら、炊飯器やテレビといった消費電力の高い家電製品も屋外で使用できます。

さらに高い出力を持つ機種ならドライヤーやIH調理家電なども動かせるでしょう。ただしANKER製品の中にはそこまでの出力を持つモデルはありません。

ひとことメモ
「自分がどんな製品を使いたいのか」をきちんと考えて、それに見合った出力を持つポータブル電源を選択しましょう

その他(重さや予算)

Anker Power House 800

容量と出力が何よりも重要ですが、もちろん重さや予算といった部分も重要です。

ポータブル電源は、性能が高ければ高いほど価格と重量がアップします。

重量に関してはANKERで最も容量が小さいAnker PowerHouse 200で2.7kg、容量が大きいAnker PowerHouse II 800は8.3kgと約3倍の違いがあります。

※862gのAnker PowerHouse 100もありますがポータブル電源として特殊なので割愛

価格についても一番安価なAnker PowerHouse 100と、一番高級なAnker PowerHouse II 800では約5倍も違います。

このような「その他の条件」もきちんと考えて比較検討しましょう。

ひとことメモ
女性しか使わないのに重たいモデルを選んだり、たまにしか使わないのに何万円も出したりするのは適切とは言えません

かなかず夫婦

容量・出力・その他(重さや予算)で選ぶのもいいですが、使い勝手も重要です。
車中泊で使用する場合、出力ポートが側面の3ヶ所に分かれていると使い勝手が悪く、使うたびにポータブル電源を動かさなければなりません。車中泊で使用するのであれば、とくに出力・入力ポートの位置を確認するといいですよ。

専門家のおすすめANKER ポータブル電源

この記事を監修したかなかず夫婦さんがおすすめするANKERのポータブル電源を1つご紹介します!

Picky’s編集部によるANKER ポータブル電源のおすすめランキング

現在ANKERでは、容量や用途の異なる5種類のポータブル電源が発売されています。

今回、Picky’s編集部でこの6機種を独断と偏見でおすすめ順にランキングにしました。

基準は多くの人におすすめできる初心者向け順です。(上級者やプロの方は買う機種は決まっていると思うので…)

Picky's編集部独断 ANKER ポータブル電源おすすめランキング
  1. Anker PowerHouse II 400
  2. Anker PowerHouse II 800
  3. Anker 521 Portable Power Station
  4. Anker PowerHouse 200
  5. Anker PowerHouse 
  6. Anker PowerHouse 100

Picky’s編集部では、ANKERポータブル電源を買うなら第一候補に「Anker PowerHouse II 400」をおすすめします。

Anker ポータブル電源 PowerHouse400

もちろん各個人の用途や目的によって最適なモデルは異なります。

それを踏まえたうえで、このランキングと後述の個別解説も参考にしてみてくださいね。

ANKER ポータブル電源全6機種比較一覧表

Pickey’s編集部がおすすめするランキング順に、ANKER ポータブル電源のスペックと価格を比較できる一覧表にしました。

容量や重量、価格を比較して自分に合った機種を検討してみてください。

商品最安価格バッテリー容量サイズ重量出力
[Anker] PowerHouse II 400 ポータブル電源 108,000mAh/389Wh¥49,900 Amazon楽天市場Yahoo!108,000mAh/389Wh約255×148×139mm約4.6kgAC電源×1 USB-A×3 USB-C×1 DC×2 シガーソケット×1
[Anker] PowerHouse II 800 ポータブル電源 216,000mAh/778Wh¥89,900 Amazon楽天市場Yahoo!216,000mAh/778Wh約300×185×204mm約8.3kgAC電源×2 USB-A×4 USB-C×2 DC×2 シガーソケット×1
[Anker] 521 Portable Power Station¥23,900 Amazon楽天市場Yahoo!69190mAh/256Wh約216x144x211mm約3.7kgUSB-C×1 USB-A×2 AC×2 シガーソケット×1
[Anker] PowerHouse 200 ポータブル電源 213Wh/57600mAh¥23,840 Amazon楽天市場Yahoo!57600mAh/213Wh約190×138×118㎜約2.7kgAC電源×1 USB-A×2 USB-C×1 シガーソケット×1
[Anker] PowerHouse ポータブル電源 434Wh/120,600mAh¥33,780 Amazon楽天市場Yahoo!120,600mAh/434Wh約200x145x165mm約4.2kgAC電源×1 USB-A×3 シガーソケット×1
[Anker] PowerHouse 100¥17,900 Amazon楽天市場Yahoo!27,000mAh/97.2Wh約201×120×31mm約862gAC電源×1 USB-A×2 USB-C×1

ANKER ポータブル電源全6機種徹底解説!

先ほど紹介したランキング順に、各機種について個別に解説していきます。

特徴やおすすめしたい方を簡潔にまとめていますので、気になる機種があったらぜひ調べてみてください。

第1位 Anker PowerHouse II 400

Anker ポータブル電源 PowerHouse400

PowerHouse II 400のデザイン・Anker ポータブル電源 PowerHouse400

PowerHouse II 400は約255×148×139 mmの大きさで重量は約4.62kg、108,000mAh/388.8Whの容量を持つポータブル電源です。

  • AC電源×1
  • USB-A×3
  • USB-C×1
  • DC×2
  • シガーソケット×1
Anker ポータブル電源 PowerHouse400
Anker ポータブル電源 PowerHouse400 ledライト

豊富な出力ポートを持ったバランスの良いモデルで、側面には懐中電灯のようなLEDライト、背面には周囲を明るく照らす暖色系のライトが搭載されています。

PowerHouse II 400で使える家電製品と時間

ANKER PowerHouseⅡ 800 何がつかえる

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 12 約30回充電
ノートPC 約6回充電
タブレット 約16回充電
扇風機 約10時間
電気毛布 約5.5時間
LEDライト 約58時間
小型炊飯器 約1時間

PowerHouse II 400の良い評価・おすすめポイント

Anker PowerHouse II 400は最新式だけあり、容量、出力ポート端子の種類、重量、価格とあらゆる性能を万人向けに使いやすく調整したバランスの良い機種です。

扇風機なら約10時間、電気毛布なら約5.5時間使えるので、暑い季節、肌寒い季節のキャンプなどでも昼夜問わず大活躍します。

容量が大きいにも関わらず、電源とUSB-Cポートからの同時充電で、約4時間という短時間で充電が完了する点も頻繁にポータブル電源を使う方に嬉しいポイント。

ひとことメモ
「とりあえずポータブル電源買っておきたい」と思ったらこの機種を買う、もしくはこの機種を基準に考えるといいでしょう。

PowerHouse II 400の悪い評価・イマイチポイント

特に欠点らしい欠点のない機種であらゆる人におすすめできますが、万能である反面「突出した特徴がない」という面もあります。

用途や目的によっては中途半端な機種になるかもしれません。

例えば「ポータブル電源をほとんど使用しない人にとってはオーバースペック」「ヘビーユーザーには物足りない」なんてことになる可能性もあります。

ポータブル電源を使いたいシーンや目的がはっきり決まっている方は、その目的に合った性能の機種を選んだほうが良いでしょう。

PowerHouse II 400がおすすめな方

Anker Power house2 400

基本的にはキャンプ・災害時の緊急予備電源・日常使いといった「誰にでも」「どんな用途にも」おすすめです。

そこまで大容量の機種は必要ないという方は、ポータブル電源の購入で迷ったらとりあえずこのPowerHouse II 400を買えばいいと思います。

ただし、大家族や大人数での屋外活動をすることが多い場合は、容量が足りなくなる可能性が高いので、その場合は一段階上のPowerHouse II 800がおすすめです。

なおPicky’s編集部では、以下の記事でさらに詳しくANKER PowerHouse Ⅱ 400の魅力について解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事:【ANKER PowerHouse Ⅱ 400レビュー】使えたモノ・使えなかったモノを徹底検証!

第2位 Anker PowerHouse II 800

Anker Power house 800 2 口コミ

Processed with Focos

PowerHouse II 800のデザイン・外観

Anker Power House 800

PowerHouse II 800は約300×185×204mmのサイズで重さは約8.3kg、216,000mAh/778Whというかなり大きめの容量を持ったポータブル電源です。

  • AC電源×2
  • USB-A×4
  • USB-C×2
  • DC×2
  • シガーソケット×1

Anker Power House 800

PowerHouse II 400よりもさらに豊富な出力ポートを備えており、大家族や大人数のイベント時にも安心して使えます。

この機種にも側面には遠くを強く照らす白色LEDライト、背面には周囲を優しく照らすライトが搭載されています。

PowerHouse II 800で使える家電製品と時間

ANKER PowerHouseⅡ 800 何がつかえる

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 12 約58回
ノートPC 約12回
タブレット 約33回
扇風機 約19時間
電気毛布 約11時間
LEDライト 約116時間
小型炊飯器 約2時間

PowerHouse II 800の良い評価・おすすめポイント

PowerHouse II 800は、先ほど紹介したPowerHouse II 400の2倍の容量を持つ大容量ポータブル電源です。

扇風機なら約19時間、電気毛布なら約11時間使えるので、屋外でも昼間から翌日までかなりの時間家電製品を使用できます。

ひとことメモ
これだけの容量と出力があれば、ある程度の家電製品を長時間使用できますので、屋外でも自宅のように快適に過ごせるはずです。

PowerHouse II 800の悪い評価・イマイチポイント

容量や使い勝手に関しては満点ですが、ちょっと手軽には買えない価格である点と、8.3kgという重量がネックです。

キャンプや車中泊などでポータブル電源の使用頻度が高い人でないと、この価格は少し厳しいと思います。

また8.3kgは女性や子供が持つには少し重たいので、必要な容量との兼ね合いになりますがもう少し軽くて扱いやすい機種がいいかもしれません。

PowerHouse II 800がおすすめな方

ANKER PowerHouseⅡ 800

大家族や、大人数の屋外イベントを行うことが多い方、またそうした人数での避難生活を想定した防災用としておすすめです。

もちろん一人暮らしでもこの容量ならキャンプや避難時に、かなり贅沢に電力を使用できるでしょう。

「とにかく容量が大きくて、安心して使えるポータブル電源が欲しい」という方はANKERポータブル電源の中で最大容量のこの機種を選ぶといいでしょう。

Picky’s編集部ではPowerHouse II 800についても以下の記事で魅力を解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事:【2021年最新レビュー】ANKER PowerHouseⅡ 800のスペック解説&実際に使用したレビュー!

第3位 Anker 521 Portable Power Station

Anker 521 Portable Power Station

Anker 521 Portable Power Stationのデザイン・外観

Anker 521 Portable Power Station

Anker 521 Portable Power Stationは2021年12月に発売された新商品で、約216x144x211mmのサイズで重さは約3.7kg、69190mAh/256Whの容量を持つポータブル電源です。

  • USB-C×1
  • USB-A×2
  • AC×2
  • シガーソケット×1
Anker 521 Portable Power Station 接続端子

①シガーソケット ②USB Type-A ③USB Type-C ③AC電源

Type-Cのポートは急速充電に対応しています。緊急時でもスマホやタブレットを素早く充電できるのは助かりますね。

前面にはライトがついているので、停電時や暗い場所でも端子の位置が見やすいですよ。

Anker 521 Portable Power Stationで使える家電製品と時間

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 11 約18回
ノートPC 約3.5回
タブレット 約11回
扇風機 約6.5時間
電気毛布 約3.5時間
LEDライト 約38.5時間
テレビ 約3時間

Anker 521 Portable Power Stationの良い評価・おすすめポイント

Anker 521 Portable Power Stationは2021年12月に発売されたばかりの新しいモデルです。

女性でも片手で持てるくらいのコンパクトでスタイリッシュなデザインが特徴。登山用リュックにも入ってしまうぐらいのサイズ感です。

省電力モード搭載で、接続機器が使用されていないと感知すると、待機電力でポータブル電源のバッテリーを消費してしまわないように自動的に出力をオフにしてくれます。

バッテリーの寿命が長持ちするリン酸鉄リチウムイオン電池を採用し、従来製品よりも約6倍も電池寿命が延びています。コスパ重視の方におすすめですよ。

Anker 521 Portable Power Stationの悪い評価・イマイチポイント

最大出力が200Wなので、ヘアドライヤーや電気ストーブといった消費電力の高い家電製品は使用できません。真冬など発熱する家電製品を使いたい場合にはスペックが足りないので注意が必要です。

Anker 521 Portable Power Stationがおすすめな方

コンパクトなデザインと、耐久性のあるバッテリーが特徴のAnker 521 Portable Power Stationは、荷物を少なくしたいライトなキャンプや車中泊におすすめです。非常用の電源としても、場所を取らず寿命も長持ちなので安心ですよ。

関連記事:【実機レビュー】Anker 521 Portable Power Stationで使える家電を徹底検証!注意点の解説も

第4位 Anker PowerHouse 200

PowerHouse 200のデザイン・外観

Anker PowerHouse 200は約190×138×118mmの大きさで、重さは約2.7kg、57600mAh/213Whの容量を持ったポータブル電源です。

  • AC電源×1
  • USB-A×2
  • USB-C×1
  • シガーソケット×1

使えるポートの数はそこまで多くないものの、対応機種が多いUSB-Cが使える点は有難いですね。

なおPowerHouse 200には、先ほどの400や800にあったLEDライトや背面ライトはありませんので選ぶ際は注意してください。

PowerHouse 200で使える家電製品と時間

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 11 約15回
ノートPC 約3回
タブレット 約9回
扇風機 約5.5時間
電気毛布 約3時間
LEDライト 約32時間
テレビ 約2.5時間

PowerHouse 200の良い評価・おすすめポイント

PowerHouse 200はやや容量が小さいものの、それでも57,600mAhあり、扇風機なら約5.5時間、電気毛布なら約3時間使えます。

容量が小さい分、400や800と比べて価格も圧倒的に安く、2.7kgと軽量なので手軽に買えて誰でも取り扱いやすい機種です。

ひとことメモ
女性がメインで使用するケースや、万が一の災害用として一応買っておく、といった場合に手軽に購入できる点がおすすめポイントです

PowerHouse 200の悪い評価・イマイチポイント

容量がやや小さめなので、キャンプなどでは使う機器を厳選したり、使う時間を調整したりといった工夫が必要です。

イベントで昼間だけ電源を使う、といった場合は問題ありませんが、例えば冬のキャンプで昼間にお湯を沸かし、夜に電気毛布でゆっくり眠る、という使い方は少し厳しいと思います。

長時間家電製品を使用したり、1泊を想定しているのであれば先ほどの400や800といった、もう少し容量の大きな機種が良いでしょう。

PowerHouse 200がおすすめな方

一人暮らしの方がソロキャンプを楽しんだり、避難生活を想定して買っておくには良い機種ですし、大人数でも昼間にスマホの充電やちょっとした家電を使用するなら十分です。

他にも「万が一災害が起きた時の非常用電源を常備しておきたい」という方にもおすすめ。

「ひょっとしたら」「万が一」に備えて高いコストを払うのには抵抗があると思いますが、安価なこの機種なら手軽に購入して家に置いておけるでしょう。

第5位 Anker Power House

Power Houseのデザイン・外観

Anker Power Houseは約200 x 145 x 165mmの大きさで重量は約4.2kg、120,600mAh/434Whの容量を持ったポータブル電源です。

  • AC電源×1
  • USB-A×3
  • シガーソケット×1

旧型と言うこともあり出力ポートはやや物足りなさを感じますが、工夫次第で何とでもなるでしょう。

このPower Houseには、400や800に搭載されているLEDライトと背面ライトが搭載されていません。

なお、アンカー公式には【[au+1 collection SELECT] Anker PowerHouse】という機種もラインナップにありますが、性能はAnker PowerHouseと同じです。

ひとことメモ
[au+1 collection SELECT] Anker PowerHouseは、au公式ショップから購入すると保証期間が36カ月に延長されるモデルです。

Power Houseで使える家電製品と時間

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 11 約31回
ノートPC 約7回
タブレット 約18回
扇風機 約11時間
電気毛布 約6時間
LEDライト 約65時間
小型冷蔵庫 約8時間

PowerHouseの良い評価・おすすめポイント

Anker PowerHouseは旧機種ですが、性能的には1位のPowerHouse II 400とほぼ同じ。容量がやや大きく、軽量であることを考えると優れている点もあります。

最新機種のPowerHouse II 400と比べると、「充電速度が遅い」「USB-Cが使えない」という旧機種ならではの欠点もありますが、バランスはかなり良い機種です。

ひとことメモ
売っているタイミングと価格次第では、PowerHouse II 400ではなくこちらを買ってもいいかもしれません。

PowerHouseの悪い評価・イマイチポイント

初期型と言えどバランスが良い素晴らしい機種ですが、やはり新型のPowerHouse II 400と比較すると、あれこれと欠点が目につきます。

PowerHouse II 400と比較した場合の欠点
  • 充電速度が遅い
  • USB-Cポートがない
  • LEDライトがついていない
  • 定価もPowerHouse II 400の方が安い

以上のことから、PowerHouse II 400を差し置いてこのPowerHouseを買う理由はありません。

PowerHouseがおすすめな方

基本的には1位のPowerHouse II 400をおすすめしますが、こちらの機種はやや小さめでやや軽く、やや容量が大きいと400よりも優れたポイントもあります。

それでも買う理由には弱いところですが、旧機種なので安く買えるチャンスがあるかもしれません。

先ほど挙げた欠点が特に気にならず、400よりもだいぶ安く買えるのであれば買ってもいいかもしれません。

3位のPowerHouse 200と、この4位のPowerHouseについては以下の記事で詳しく解説しています。

さらに詳しいレビューを知りたい方はこちらを参考にしてください。

関連記事:【実写で解説レビュー】ポータブル電源 Anker Power House 全2機種を使って比較してみた

第6位 Anker PowerHouse 100

PowerHouse 100のデザイン・外観

AnkerPowerHouse100 外観

Anker PowerHouse 100は約201×120×31mm、重さは約862g、容量は27,000mAh/97.2Whと、ポータブル電源というよりはモバイルバッテリーに近い性能のポータブル電源です。

  • AC電源×1
  • USB-A×2
  • USB-C×1

とはいえ、ちゃんとコンセントも使用できますし、USB-Cにも対応しているので侮れません。

AnkerPowerHouse100 ライト2

懐中電灯代わりに使用できる白色LEDライトも搭載しています。

PowerHouse 100で使える家電製品と時間

AnkerPowerHouse100 外観3

使用できる機器 充電回数&使用時間
iPhone 12 約7回
ノートPC 約1.5回
タブレット 約4回
扇風機 約2.5時間
電気毛布 約1.5時間
LEDライト 約15時間
小型冷蔵庫 約2時間

PowerHouse 100の良い評価・おすすめポイント

他のポータブル電源と違って普段からバッグに入れておくこともできる、持ち運びに特化したポータブル電源です。

普段はスマホ充電用に、緊急時にはちょっとした家電製品を使用したり、ライトを使ったりできるのでバッグに忍ばせておくと心強いと思います。

また航空機への持ち込み規格にも対応しているので、仕事などで飛行機にパソコンを持ち込む機会が多い方にもおすすめです。

ひとことメモ
ちなみにPowerHouse 100には、数千円相当の高速充電器「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」が付属しています。この点もおすすめです。

PowerHouse 100の悪い評価・イマイチポイント

使いどころが難しい製品です。

確かに電源コンセントはついていますが、100Wという出力では使える家電製品もかなり限られますし、長時間使用も難しいと思います。

ノートPCへの給電には快適ですし、小型家電もある程度動きますが…ポータブル電源というよりはやはり「モバイルバッテリー」です。

AnkerPowerHouse100 外観5

モバイルバッテリーとして考えると、それほど容量が大きくないにも関わらず「でかすぎ」「重すぎ」です。

一応モバイルバッテリーと違ってAC電源を使用できるという強みはありますが、もしAC電源を使わないのであれば他のモバイルバッテリーをおすすめします。

例えばANKERから同じ27000mAhクラスで、もっと小さくて軽いモバイルバッテリーが出ていますのでそちらを買った方が使いやすいです。

関連記事:【使ってみた】Anker PowerCore 26800PD を徹底検証!PC充電できるモバイルバッテリーの実力をレビュー

ポータブル電源として考えると、家電製品を使用するには容量も出力も小さく、使いどころはかなり限定されると思います。

ポータブル電源を使用したいのであれば、そもそも今回紹介している1~4位のポータブル電源を買った方がいいのではないでしょうか。

もちろん使い方や工夫次第で便利な機種になると思うのですが、「ポータブル電源」として考えるとなかなか使い方が難しい製品と言えます。

PowerHouse 100がおすすめな方

モバイルバッテリーと違い、AC電源を使える点は大きいので、小型家電の使用やスマホ、ノートパソコンへの充電目的がメインの方であれば悪くない機種だと思います。

先述した通り、航空機にも持ち込めるので、コンセントの搭載されていない飛行機の中でも快適に仕事ができます。

その他にも、ノマドワーカーやテレワーカーなど屋外で活動することが多い方におすすめです。

ANKER Power Houseよくある質問Q&A

最後にポータブル電源でよくある質問をQ&Aでまとめました。

Anker Power Houseとモバイルバッテリーの違いは?

Anker Power Houseは「ポータブル電源」という製品で、モバイルバッテリーと同じような用途で使えますが、厳密に言えば違う製品です。

ポータブル電源とモバイルバッテリーの違い
  • ポータブル電源は大容量高出力
  • ポータブル電源はAC電源(コンセント)が使える

例外はありますが、基本的にポータブル電源はモバイルバッテリーよりもはるかに容量が大きいです。

またAC電源が使え、出力も大きいためスマホなどの充電だけではなく、コンセントを必要とする家電製品を使う事もできます。

Anker Power House 800

  • iPhoneやスマホ、iPadなどの充電に使うならモバイルバッテリー
  • 家電製品を長時間使用したいならポータブル電源

ざっくりこのように覚えておきましょう。

ひとことメモ
中にはポータブル電源並みの容量を持ったモバイルバッテリーもありますし、モバイルバッテリー並みのポータブル電源もあります。

Anker Power HouseとJackeryとの違い

Anker Power House 800

今回紹介した「Anker(アンカー)」のほかにも、ポータブル電源のメーカーは数多くあります。

その中でもANKERと同じくらい有名で、信頼性の高いメーカーがアメリカの「Jackery(ジャクリ)」です。

Picky’s編集部としてはポータブル電源を購入する際は、アンカーとジャクリ、このどちらかの製品を買えば間違いないと思っています。

この2社の製品から自分に適した機種を選べばOKですし、好みのデザインで選んでしまってもいいと思います。

それくらいどちらも優秀なメーカーです。

強いて特徴を挙げるとすれば、それぞれ以下のような特徴があります。

  • アンカーは同容量クラスの機種ならジャクリよりも定価が安い
  • ジャクリはアンカーより大容量のモデルが選べる

コスパを重視するならANKER、プロレベルの大容量モデルが欲しいならJackeryが良いと思います。

ジャクリについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみて下さい。

関連記事:ポータブル電源 Jackery(ジャクリ) 4機種をアウトドアで使ってみた!1000/ 700/400/240を徹底比較
関連記事:【20以上の電化製品で実験】Jackery 700で使える物、使えないものは?徹底的に検証しました
関連記事:【徹底比較】本格的大容量のポータブル電源Jackery1000で30以上の家電製品を徹底的に検証

Anker Power House セールなどで安く購入できる?

ポータブル電源は性能が高いぶん比較的高額な製品なので、できる限り安く購入したいですよね。

ポータブル電源は通常あまり安く売られていませんが、Amazonのタイムセールや楽天スーパーセールで安くなるタイミングがあります。

特にAmazonではタイムセールで安くなったり、時々10%オフクーポンなどが配られて安く買えることがあるので、必ずチェックしてみましょう。

ポータブル電源のような高額な製品は10%割引でも1万円以上安くなることがありますので、使わないと損ですよ。

ANKER ポータブル電源の人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているANKERポータブル電源のランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

ANKERのポータブル電源は豊富な種類から選べ、屋外で大活躍する便利な製品!

ANKER社のポータブル電源は現行5機種発売されていて、それぞれ容量や特徴が異なります。

ポータブル電源は、性能と用途が一致しないとコスパの悪い買い物になってしまいますので、色々比較してみて自分に合った一台を選びましょう。

なお、Picky’s編集部では今回紹介したANKER以外のポータブル電源についても色々レビューしています。

下記の記事も参考にして比較してみてください。

関連記事:ポータブル電源 Jackery(ジャクリ) 4機種をアウトドアで使ってみた!1000/ 700/400/240を徹底比較

関連記事:【サイズ別使用シーンを全部紹介】最強のポータル電源 おすすめ〇〇選

またレントリーでは、今回紹介した4位のポータブル電源Anker Power Houseのレンタルもやっています。

⇒レントリーでポータブル電源をレンタルする

まずはポータブル電源を体験してみたい、たまにキャンプに行って電源を使いたい、というときは買うより借りたほうが経済的です。

こちらも検討してみてくださいね。

関連記事:【Anker Power Core III Fusion 5K】コンセント対応&USB-Cのモバイルバッテリーを評価レビュー

関連記事:【使ってみた】モバイルバッテリー Anker PowerCore Fusion 5000の解説&検証レビュー

他メーカーのポータブル電源に関する記事はこちら

関連記事:【大容量ポータブル電源】イデアル PhewMan ポータブルバッテリー500を口コミ評価してみた

Ankerのプロジェクターに関する記事はこちら

関連記事:部屋をシアタールームに変えるプロジェクターAnker Nebula Mars IIの徹底解説&実際に使って検証レビュー

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー