【徹底解説】Anker Power Solar 3-Port 24Wの性能や使用感を実際に検証し、評価してみた!

Anker Power Solar 3-Port 24W 発電 キャンプ

スマホの持ち歩きが必須となってきている今日、ますますその需要が増え続けているのが外出中の充電製品。

その中でも、太陽光に当てるだけで充給電ができると話題の商品が「Anker Power Solar 3-Port 24W」です。

この記事では、そんな話題のAnker Power Solar 3-Port 24Wのスペックから実際に使って検証した結果、使用感までがわかる記事となっていますので、ぜひとも購入の参考にしてみてくださいね!

Anker Power Solar 3-Port 24Wの評価

Anker PowerSolar レビュー

結論からお伝えすると、Anker Power Solar 3ーPort24Wは60点ほどの製品であることがわかりました。

太陽から充給電できることをウリにしているAnker Power Solar 3ーPort24Wですが、しっかり晴れている日にしか十分に充電ができませんでした。

曇りの日に使用するとほとんど充電ができません。

モバイルバッテリーの存在が大切になってくるキャンプや災害時、天気は常に晴れているわけではなく、木漏れ日の中で充電したり、雲がもくもく多かったり、少し目を離すと1時間後には陰っていたりすることも当たり前に起きることかと思います。

Anker Power Solar 3ーPort24Wはそうした「快晴以外の天候」では充給電できず、使い物になりません。むしろ逆に充電が減っていくという衝撃の検証結果も出ました。

今回編集部で実験してみたところ、雲ひとつないしっかりと充電してくれる日になるまでには1週間かかりました。

何もないところから電気を作り出せる点は他の製品には見られない最大の特徴ですが、天候に左右されることが大きいための60点という判断です。

本製品に関しては、本当に必要な時に晴れていないと意味がないので期待はあまりしない方がいい、ないよりはマシ…というように捉える方が無難でしょう。

ひとことメモ
快晴以外での使用には難ありか

Anker Power Solar 3-Port 24Wの特徴

太陽光で発電

前章では「天候に大きく左右される」とやや批判的に記載したこのソーラー充電ですが、それでもやはり他の製品ではあまり見られない、Anker Power Solar 3ーPort24Wの大きな特徴であることに変わりはありません。

一切の電源ケーブルやプラグなしに、何もないところから発電することができる点は非常に画期的で、キャンプや災害時など、コンセントのない場所では大いに役立つ機能です。

ひとことメモ
太陽光だけで充給電できるソーラー充電が最大の特徴

シーンに合わせた充電方法

PowerSolar モバイルバッテリー

 

 

Anker Power Solar 3ーPort24Wは、リュックサックに背負って移動中に、あるいは立てかけて、また木々や壁から吊るしてなど、その場その時どきの状況にあわせてパネルを太陽に当てる事ができます。

ひとつの形に固定されず、その場の地形や対応の向きに合わせて都度使用方法を変更できる点は、アウトドアシーンには使い勝手の良い仕様です。

さらに大きな面でたっぷりと太陽光を吸収してくれる一方で、移動時には3つに折りたたむことが可能。コンパクトな持ち運びも実現しています。

ひとことメモ
可変的な使用方法で多様なシーンに対応できる

フルスピード充電技術

ソーラーチャージャー IQ 充電

Anker Power Solar 3ーPort24Wには3つのUSB-Aポートを搭載。3台までのデバイスを同時充電することが可能です。

最大出力数は21W。1台のデバイスを充電する時にはフルスピードで素早い充電が可能ですが、複数台を充電する際はその分出力も分配されてしまうため、気をつけましょう。

ひとことメモ
3つのUSBポートで複数台を同時充電可能

自動再充電機能

PowerSolar 日陰
PowerSolar 日陰

Anker Power Solar 3-Port24Wには自動再充電機能が搭載されており、自動的に太陽光を感知し、充電できる状態の時はランプが青く光ります。また反対に、充電されていない時は赤いランプが点く仕様です。

キャンプへ行くと木漏れ日から充電を取ることも想定され、このランプを見ながら充電ができる場所を探せるのはとても嬉しい機能です。

ソーラーチャージャーの中には一度太陽光を感知しなくなると、コードを差し直さない限り再度充電されない機種もあるので、Anker Power Solar 3ーPort24Wの特徴のひとつとして、自分で太陽光を判別して充電し直してくれることも挙げられるでしょう。

ひとことメモ
自動的に太陽光を感知し再充電してくれることも大きな特徴

基本スペック

それではここからは、Anker Power Solar 3-Port24Wの基本スペックを紹介していきます。

PowerSolar モバイルバッテリー

はじめによくある勘違いとして、Anker Power Solar 3-Port24Wはソーラーチャージャーであり、モバイルバッテリーではないことには注意が必要です。ソーラーチャージャーには基本的にバッテリー機能はついていないので、別途蓄電するモバイルバッテリーかデバイス本体が必要となってきます。

また、直射日光の中デバイスやモバイルバッテリーを置きっぱなしにすると壊れてしまうので、それらを充電する際はソーラーチャージャーの下に置いたり、タオルなどを被せて高温にならないように注意しましょう。

ひとことメモ
Anker Power Solar 3-Port24Wはソーラーチャージャーであり、充電には別途モバイルバッテリーが必要

(最後に写真いれます)

ちなみに同じくAnker社からモバイルバッテリー「Anker Power House」が販売されていますが、Anker Power HouseとAnker Power Solar 3-Port24Wは接続できません。

Anker Power Houseの中でも、ソーラーチャージャー接続できる機種は「Anker Power House200」のみ、また接続可能なソーラーチャージャーはAnker Power Port60のみとなっています。こちらにつきましては、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事:Anker powerport solar 60を実写レビュー。気になる大きさや機能を詳しく解説!!

関連記事:【実写で解説レビュー】ポータブル電源 Anker Power House 全2機種を使って比較してみた

Anker Power Solar 3-Port 24Wのデザイン・同梱品・価格

デザイン

前面にはスタイリッシュなロゴマークが。

ダサさを一切感じさせない、オシャレに仕上がっている製品です。

後面には3つのUSBポートを設置。ここから各デバイスへと送電します。

PowerSolar flex

本体横にポートが3つ並んで設置されているため、配線が煩わしく絡まることもありません。

充電時の見た目もすっきりと充電できます。

Anker PowerSolar 曇り
PowerSolar PowerHoue
PowerSolar モバイルバッテリー
ソーラー面は三つ折りの大判型。たっぷり太陽光を吸収してくれます。

PowerSolar モバイルバッテリー
Anker PowerSolar レビュー
背部はスタンド仕様になっており、使用時には脚として立てかけることができるようになっています。

傾斜がついていることによって太陽の位置に向きをバッチリ合わせ、効率的に給電することができます。

PowerSolar 安い

本体は硬さがあり耐久性も高い仕様。

移動時にはコンパクトに折りたためるので、リュックサックの脇にすっぽりと収まります。

同梱品

同梱品の写真

Anker Power Solar 3-Port 24Wの同梱品

  1. 本体
  2. 説明書

価格

Anker Power Solar 3-Port24Wは現在、ホームページにて税込7990円で販売中です。

Anker Power Solar 3-Port 24Wで実際に充電のパワーを検証

それでは実際に、Anker Power Solar 3-Port24Wの充電パワーについて検証していきます。

Anker Power Solar 3-Port 24Wを充電するのに掛かった時間

後ほど

今回の検証は2月の真冬、雲ひとつない天気でしたが真夏ほど日差しが強くない状況での検証となりました。

日照りがよかった正午ごろに検証開始。

一時間どれくらい充電できたか

スマホを29%できた
まず1時間で充電できた量は29%でした。単純計算で3時間半で充電を100%にできることが分かりました。

Anker 口コミ ソーラーチャージャー

測定器で出力数を計ったところ、1ポートあたり5V(ボルト)、0.8A(アンペア)とかなり少なめの数値が測定されました。

公式の情報では最大21Wと謳われていましたが、実際の数値はそれよりかなり低くなるようです。

10000mAのモバイルバッテリーに充電できる時間は

12時間以上
A数が少ないので単純計算で12時間半以上かかることが分かりました。真夏の日差しだとA数も上がるのでもっと早く充電できるでしょう。

Anker Power Solar 3-Port 24Wの良かったポイント

それではここからは、Anker Power Solar 3-Port24Wを実際に使用してみて良かったポイントを紹介します。

リュックに背負ったまま充電がしやすい

PowerSolar PowerHouse
PowerSolar 登山

 

Anker PowerSolar モバイルバッテリー

Anker Power Solar 3-Port24Wを実際に使用してみて良かったポイントとして、リュックサックを背負ったままでも充電がしやすい点が挙げられます。

フックを通す鉄製の穴がポート近くについているので、カバンからぶら下げた状態のままでも充電がしやすいです。充電ケーブルとスマホもスムーズに接続でき、移動しながらでも無理なくスマホを充電・使用することができます。

 

PowerSolar モバイルバッテリー

鉄製の穴が上についているため、逆にテントや木に吊るして使用する際はデバイスやモバイルバッテリーの置き場所に困ってしまうことも考えられます。そのため、各種ケーブル類は長めのものを用意しておくと良いでしょう。

Anker PowerSolar 使えない
Anker PowerSolar PowerHouse

スマホやデバイスの置き場所が無い場合は、台などを置いて上手くカバーしましょう。

ひとことメモ
吊るし用の鉄製穴は製品上部に配置

Anker Power Solar 3-Port 24Wのイマイチのポイント

曇りの時は使い物にならない

後ほど

曇りの日は充電できないの?

はい、できません

曇りの状態でAnker Power Solar 3ーPort24Wを使ってみると、なんとスマホの充電がどんどん減っていきました。1分に1%の勢いで充電がなくなって行きます。

その原因は、曇りによってスマホがいちいち『ピロン、ピロン、ピロン』と充電中と解除をひたすら繰り返していたことが想定されます。充電量が微量すぎて電力チェッカーがついたり消えたりを繰り返して測定も不可能なため、しっかり太陽が出ない限り充電は不可能であることが分かりました。

ソーラーチャージャー 口コミ Anker

このように快晴でも影ができてしまうと発電がストップしてしまいます。

野外では「さっきまでは日向だったのにいつの間にか陰になっていて給電ができていなかった」ということも想定されます。使用時には、場所選びに配慮することが望ましいと言えるでしょう。

ひとことメモ
しっかりと日のあたる天気・場所で使用しましょう

編集部

1、2時間に一度充電できているかチェックするようにしましょう

他のソーラーチャージャーとの比較

Anker 口コミ ソーラーチャージャー

今回比較しているポイント

  1. 端子の数
  2. 最大出力W数
  3. サイズ
  4. 重さ

ここからは、同じくソーラーチャージャーでよく比較される人気モデル4タイプを比較してみます。

比較一覧表

Anker Power Solar  Flex 3-Port24W Anker Power Solar 3ーPort24W Anker Power Solar 60
端子

USB-A端子 3つ

USB-A端子 3つ

8mmDC、5mm DC

 USB-端子それぞれ1つ

最大ワット数 合計最大出力21W 合計最大出力21W 各ポート最大15W
10,000mAhの充電時間 12.5時間(真冬)
サイズ(閉じた状態) 245×307×50mm 200×340×34mm 295×170×62mm
重さ 1126g 1221g 1440g

持ち運びやすさで選ぶならAnker Power Solar Flex 3-Port24W

Anker 口コミ ソーラーチャージャー

持ち運びやすさを重視する方には「Anker Power Solar Flex 3-Port24W」がおすすめ。

折り畳んだ時のサイズ感は、比較した3モデルの中で最も小柄でした。

また本製品は、前面部に取り付けられたポケットも魅力的。

硬く大きなこのポケットは、ケーブル類を収納して持ち運ぶにも、充電中のデバイスを直射日光から守るためにも使える利便性の高い仕様です。

ひとことメモ
Anker Power Solar Flex 3-Port24Wは前面部のポケットも魅力的

充電速度で選ぶならAnker Power Solar 60

Anker ソーラーチャージャー 人気

充電速度を重視している方には「Anker Power Solar 60」がおすすめ。

本製品は類似商品の中で最も馬力があるモデルで、デバイスをいち早く充電する事ができます。

USB端子がひとつしかついていない点には注意が必要ですが、ノートPCなど多くの電気を必要とするデバイスへの充電を考えている人にはぴったりの製品であると言えるでしょう。

また、同じくAnker社から販売されているモバイルバッテリー「Anker Power House200」との併用を考えている人も、こちらの「Anker Power Solar 60」を選ぶようにしましょう。「Anker Power House200」との互換性を持っているソーラーチャージャーは、本製品のみとなっています。

ひとことメモ
大きなデバイスへの充電にはAnker Power Solar 60を

少しでも安く購入したいという人はAnker Power Solar 3ーPort24W

Anker PowerSolar 曇り

少しでも安くソーラーチャージャーを購入したいと考えている方には「Anker Power Solar  Flex 3-Port24W」がおすすめです。

「Anker Power Solar Flex 3-Port24W」は検証した3モデルの中で最も安く購入できます。

そのため、はじめの一台としても魅力的です。

さらに展開時には他製品と比べてやや小柄になり、リュックサックに引っ掛けながら使うことを考えている人にも最適なモデルであると言えます。

特に女性や低身長の方は、他製品をリュックにかけながら使用するとパネルが地面についてしまって移動に支障が出ることも考えられますので、本製品の購入がベターでしょう。

ひとことメモ
最も安価、かつコンパクトなのが「Anker Power Solar  Flex 3-Port24W」

充電する機器と同じメーカーを選ぶというのもおすすめ

また、「端子の種類で困ることがない」「メーカー側がポータブル電源とソーラーチャージャーとの併用を想定して開発している」などの理由から、ソーラーチャージャーを選ぶ際には充電する側の機材と同じメーカーのモノを購入するのもオススメです。

同じメーカーの製品同士は一緒に使えるように配慮された設計になっていることも多く、どちらの製品にとっても利便性が高まります。

さらに同じブランドだとデザインも統一性があるので、よりオシャレに使うことができるとも言えるでしょう。Ankerの場合はモバイルバッテリーもポータブル電源も、さらにはその他各種電源周りの製品まで数多く展開されてあるので、特に統一して使用することをオススメします。

下記記事には他のAnker製品について解説がされていますので、ぜひご覧ください。

関連記事:Anker powerport solar 60を実写レビュー。気になる大きさや機能を詳しく解説!!

関連記事:【2021年】ソーラー充電式モバイルバッテリー おすすめ12選 |選び方や使い方を徹底解説

ひとことメモ
Anker製品は幅広いラインナップが展開されており、統一させるには特におすすめのメーカー

まとめ

電気なしで生活することが考えられない今の世の中、何も無いところから電気を作り出せてしまうソーラーチャージャーの存在は何かあった時にとても安心させてくれます。

今回紹介したように、ソーラーチャージャーは製品ごとに異なった性能を持つものが展開されているので、本記事を参考にご自身のライフスタイルと目的にあった最適なソーラーチャージャーを選択して、より利便性の高いライフスタイルを送ってくださいね!

ソーラーチャージャーやモバイルバッテリーのおすすめ商品については、以下の記事で徹底解説しています!

関連:【徹底比較】購入前に知っておくべきソーラーチャージャー の基礎知識&おすすめランキング12選 (2021年最新)
関連:【2021年版】100台以上を比較して選んだモバイルバッテリー おすすめ35選(人気ランキング決定版)

ソーラーチャージャーはRAVpower製の商品もおすすめです!

関連:キャンプや災害時、持っていると安心!RAVPower ソーラーチャージャー RP PC118
関連:賢く発電!折り畳み式ソーラーチャージャーRavpower RP-PC008【2021】

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー