【実写で解説レビュー】ポータブル電源 Anker Power House 全2機種を使って比較してみた

   

Anker(アンカー)社の「Anker PowerHouse」は、434wh(120,600mAh)の超大容量で、キャンプや車中泊、災害時に大活躍するポータブル電源です。

シガーソケットやUSB、AC電源コンセント完備でスマホやタブレット、ノートパソコンの充電はもちろん、扇風機や電気毛布など多くの家電製品を外で使用できます。

これだけの容量と出力があれば外でもほぼ家の中と変わらない生活ができます。

今回はそんなAnker PowerHouseについて詳しく解説します。

公式スペックや口コミ、レントリーノート編集部で使ってみた感想など、これから買おうと思っている方の参考になる内容にっているのでぜひチェックしてみてください。

Anker Power Houseと Power house 200 を検証してみました

実際に全商品を購入し、使用した実体験を元にレビュー記事を作成しています。

今回はAnkerのポータブルを使ってみました!大きさ、重さ、充電スピード、使いやすさなど「実際どうなの?」という部分を徹底比較しながら解説していきます。

Anker パワーハウス には2つのシリーズがある

Ankerの大容量ポータブル電源には2つの種類があります。

超大容量の「Anker Power House」と大容量の小型サイズ「Anker PowerHouse 200」です。

それぞれのバッテリー容量

  1. Power Houseは434wh(120,600mAh)
  2. PowerHouse 200は 213Wh(57,600mAh)

サイズは「Anker Power House(左)」が大きくて重いですが、容量だけでなく接続できる端子の数も多いです。

小型サイズ「Anker PowerHouse 200」は細長いデザインで軽量になっていてコンパクトな設計です。

「Anker Power House」の重さ4.2kgなので多少ズッシリ感を感じます。

ただ、持ち運びやすいように工夫されていて、取っ手が付いているので外で使用する時でも問題なく運べます。

一方で「Anker Power House200」は2.7kgなので片手でも軽々と持てます。

全長サイズも小さく、市販されているチョコレートと同じ程度。

奥行きがだいたい20センチ、縦横は15センチ×10センチ程度でポータブル性が高いです!

容量で選ぶなら Power House (大) がオススメ

容量サイズで考えた場合にはやはり432wh(120,600mAh)あるPower Houseがオススメです。

キャンプやアウトドア、車中泊で家電製品を使ったり、防災用として準備しておくなら100,000mAh以上の容量はあった方が安心。

また電化製品はスイッチを入れた時に瞬間的にすごくパワーを使用する特徴があるので、それに耐えられるのも432whのPower Houseです。

どの状況でも安心して使えるし、長時間の使用を考えている場合には Power Houseがオススメです!

power house まとめ

キャンプや車中泊でも1日中使えるのはPower House。災害時の時などにも大容量だと安心です◎

Anker
最安値 ¥49,800 (税込)
容量434wh(120,600mAh)
出力端子シガーソケット/AC電源/USB×4
充電方法(入力端子)ACアダプタ
大きさ約200 x 145 x 165mm
重さ約4.2Kg
PES検査合格

モバイルバッテリー+α程度ならPower House 200がおすすめ

最近の大容量モバイルバッテリーだと容量が20,000mAh以上あるのも増えてきました。

ただ20、000mAhだと物足りないし、電源ソケットに対応したバッテリーが良いということでしたら、Power House200がおすすめです!

213Wh(57,600mAh)はモバイルバッテリー2~3個分くらいの容量なので、キャンプやアウトドアで複数人でスマホを充電したいという程度ならこちらがオススメです。

power house 200まとめ

モバイルバッテリーでは物足りないという人にはおすすめ。容量はそこまで大きくはありませんがAC電源などが使えるのが◎

[Anker (アンカー)] ポータブル電源 PowerHouse 200 (213Wh / 57600mAh)
Anker

コンパクトで使いやすい!屋外や室内でも使えるPowerIQ搭載の人気ポータブル電源!

上位機種の「Anker PowerHouse」を 約40%の軽量化したコンパクトモデルです!汎用性が高く持ち運びに便利なのが特徴です!外出先のレジャーで気軽に使いたいという人にはとてもオススメします!

それでいながらバッテリー容量は57,600mAhの大容量。スマホを14回&MacBookを3回以上充電できて、4種類の出力端子が搭載されています。出力端子は、ACコンセントで充電しながら、別の機器へも同時に充電できるパススルー受電方式を採用しています。

口コミ・レビュー
アウトドアで使用。スマホの充電を数人で同時に使えるのは嬉しい!またアイリスのサーキュレーターも使えたので、涼しくてとても便利だった!操作やディスプレイ表示があって残量なども分かりやすく、期待通りに活躍してくれています!
容量57600mAh
出力端子シガーソケット/USB-C(PD)/USB-A×2 /AC
充電方法(入力端子)ACアダプタ
大きさ23.59 x 21.59 x 17.79 cm
重さ3.42 kg
PES検査合格

アンカー PowerHouseと Power House 200を比較

2機種の主要なスペックを比較してみました!

比較項目anker powerhouseanker powerhouse 200
容量434wh(120,600mAh)213Wh(57,600mAh)
接続シガーソケット/AC電源/USB×4シガー/AC電源/USB×2/PD対応USB×1
大きさ約200 x 145 x 165mm約190×138×118mm
重さ約4.2Kg約2.7kg

Anker PowerHouseに比べてバッテリー容量は半分になりますが、代わりにサイズも重量も半分近くになり、持ち運んだり、置き場所にも苦労しません。

それではそれぞれの機種の特徴などを詳しく解説していきます!

Anker PowerHouseの特徴

Anker PowerHouseの特徴と機能を簡単にまとめました。

バッテリー容量は驚異の434wh(120,600mAh)!

Anker PowerHouseのバッテリー容量は434whで、一般的なモバイルバッテリーの容量「mAh」に換算すると約120,600mAhです。

400wh以上の容量があると、一般的なスマホやタブレットであれば数十回以上、大容量バッテリーのノートパソコンでも数回フル充電できます。

以下は120,600mAhで機器ごとにどれだけ充電できるのか計算した表です。

モデル名バッテリー容量理論上120,600mAhで充電できる回数
iPhone 71,960mAh61.5回
iPhone 81,821mAh66.2回
iPhone 8 Plus2,691mAh44.8回
iPhone 11 Pro Max3,969mAh30.3回
一般的なノートPC約20,000mAh6.0回
iPad約10,000mAh12.6回
iPad mini約5,000mAh24.12回

実際は自然放電などがあるため上記はあくまで「理論値」ですが、少なくともスマホの充電なら毎日充電しても1~2か月持ちます。

充電だけではなく正弦波のAC電源(コンセント)を使用して家電製品を使用することもできます。

ただ、家電製品ならなんでも使えるわけではなく、120W以下までの製品に限られます。

Anker PowerHouseで使用できる120W以下の家電の一例
  • ノートパソコン(120W)
  • 扇風機(60W)
  • 電気毛布(90W)
  • 電気スタンド(60W)
  • 電動アシスト自転車の充電(80W)
  • ポータブル冷蔵庫(60W)

関連記事:【2020】キャンプや車載で使えるポータブル冷蔵・冷温庫 おすすめランキング 19選

使うかどうかはさておき、ミシン(60W)やワインセラー(100W)といったものも使用できます。

Anker PowerHouseで使用できない120W以上のもの
  • ドライヤー(600W~)
  • こたつ(600W~)
  • デスクトップパソコン(150W~)
  • ホットプレート・電子レンジ(1300W~)
  • PS4(230W~)

大型家電や強い熱が発生するものはワット数が高いので、Anker PowerHouseで使用することはできません。

ひとことメモ
上記のリストはあくまでも目安なので、家電を使用したり充電する際はきちんと製品のW数を確認するようにしてください

多数の出力端子を搭載し、スマホの充電から家電まで様々な使い方が可能

Anker PowerHouseは3種類、計6つの出力を搭載しています。

Anker PowerHouseの出力
  • シガーソケット×1
  • USB ×4(Power IQ対応)
  • AC電源(コンセント)

4つのUSBは6Aまでの出力に対応し、スマホやタブレットを4台同時に充電可能で、旅行先や車の中、災害時の避難先などで家族や友人たちのスマホも一緒に充電できます。

引用:Anker社

またUSB端子は接続機器に合った最適な電流を送るANKER社の独自技術Power IQに対応し、効率よく素早い充電等が可能です。

AC電源は先述したように、120W以下の製品を使用することができます。

ひとことメモ
大人数のキャンプなどにも最適です

別売りのPowerPort Solar 60で外でも太陽光による充電が可能

Anker PowerHouseは通常のAC電源による充電方法のほかに、別売りの「Anker PowerPort Solar 60」を使った太陽光充電も可能です。

Anker
最安値 ¥19,800 (税込)

Anker PowerHouseにこのAnker PowerPort Solar 60を繋げて、ソーラーパネルを太陽光のある所で広げると太陽光で充電ができるようになります。

数日にわたるキャンプや車中泊、また災害時で電源が取れないときでもAnker PowerHouseを充電できるので、長期のキャンプや災害の備えにはこの PowerPort Solar 60があると安心です。

ひとことメモ
ただし太陽光の強さで充電スピードが変わるため、天気や季節によって充電が思うようにいかない時があります

Anker PowerHouseはこんな方におすすめ

Anker PowerHouseは以下のような方におすすめです。

  • キャンプやグランピングなどのアウトドア好き
  • 万が一の防災時の備えとして

ポータブル電源はキャンプや災害避難中など、万が一避難生活を強いられた時など自宅で電源が使えない時に活躍します。

特に大人数で長期のキャンプをしたり、大災害など、数日間電源が取れない状況が想定される場合はこれだけの容量を持ったAnker PowerHouseがいいでしょう。

そのため、アウトドアが好きで頻繁に野外で活動する方や、災害に備えて電源を準備しておきたい防災意識の高い方におすすめです。

ひとことメモ
使用するものによりますが、120,600mAhあれば数日間は不便の無い生活を送れるでしょう

ただ、1泊程度のキャンプであれば通常のモバイルバッテリーでも十分事足ります。

レントリーノートでは1泊旅行に便利な大容量モバイルバッテリーもたくさん紹介していますので、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:【完全版】超大容量モバイルバッテリー 20000~50000mAh 選び方とおすすめ10選

Anker PowerHouseを実際に検証してレビューしてみた

Anker PowerHouseを実際にレントリーノート編集部で検証してみました。

今回検証したのは以下の項目です。

  • 外見
  • サイズ
  • 重量
  • 使ってみた感想

編集部スタッフの主観も少し入っていますが、それも含めて参考にしてみて下さい。

外観デザインと使い方

Anker PowerHouseを開けると以下の付属品が入っています。

Anker PowerHouseの付属品
  • Anker PowerHouse本体
  • ACアダプタ
  • Micro USBケーブル
  • DCケーブル
  • 取扱説明書

外観はアルミニウム仕上げで高級感もあり、頑丈そうな見た目です。

フロントには充電用端子とシガーソケット、USB4つ、AC電源、インジケーターがあります。

Anker PowerHouseの端子
  • 充電用端子(input用)
  • 12V シガーソケット
  • 30W USB端子×4
  • 120W AC電源

端子の上にはボタンがあり、機器を接続してこのボタンを押すことで出力のON/OFFが切り替わります。

液晶ディスプレイにONになっている端子が表示されます!

デザインはシンプルでかっこいいマットな雰囲気です。高級あるし、ポータブル電源特有のゴツゴツ感がないのが◎。

背面には排気口がありますので、使用するときはこちら側を完全にふさがないようにしましょう!

サイズ感

Anker PowerHouseのサイズは 約200 x 145 x 165mm、大きさ的には漫画の単行本を5~6冊積み上げた程度で、それほど圧迫感を感じるサイズではありません。

2機種を比較すると大きくは見えますが、比較的コンパクトな方だと思いました。大きくて邪魔と感じることはありません。

重さをチェック

比較的コンパクトなサイズですが重量は約4.2kgあります。

4kgというとスイカや9ポンドのボウリングボール程度の重さがあるため、成人男性でも長時間手持ちで携行するのはちょっと厳しいかもしれません。

もしも登山やアウトドアで長時間歩くとのことでしたら、大容量のモバイルバッテリーをいくつか持っていくのがオススメです。

ANKERでは26,800mAhという大容量のモバイルバッテリーAnker PowerCore 26800PDがあり、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:【使ってみた】Anker PowerCore 26800PD を徹底検証!PC充電できるモバイルバッテリーの実力をレビュー

ただ基本的にはポータブル電源は車に積んで運ぶと思うので、その場合だと重量とくに問題にならないです!

ひとことメモ
登山のような車で移動できない場合は向いていないので注意!

使ってみた感想

Anker PowerHouseを使ってみた感想ですが、なんといってもあるだけで安心感が違います。

スマホを充電してみましたが、IQ対応だけあり比較的早いスピードで充電されています。

扇風機や電気毛布を使用してみましたが普通に使用できています。

電気毛布は約7時間ほど連続使用できましたので、扇風機なら10時間くらい行けそうです。

本体もイメージよりもコンパクトで、置き場所にもそれほど困りません。屋上やお庭でパソコンやIpadで作業する時にも便利です!

自宅でも近くにコンセントが見当たらないという場合でも、Power Houseはコンセント代わりに使うというのもアリです。

口コミであった充電端子の緩さも編集部で開封した個体は特に問題ありませんでした。

ひとことメモ
屋外・室内どちらでも使用できる。とくに屋外にあったらいろいろ便利だなと感じました

唯一の欠点はUSB-C端子が使えない

個人的に残念なのはUSB-Cの出力端子が搭載してない点です。

Anker Power Houseはロングセラー商品なので発売当初はUSB-Cがそこまで普及していなかったのですが、現在はUSB-Cで給電するガジェットが増えています。

なのでUSB-Cタイプで充電したい場合には先端にUSBケーブル端子とのコネクターを接続するのが良いでしょう!

Anker PowerHouse の評判・レビュー

今回、Anker PowerHouseについて、レントリーノート編集部で口コミやレビューを色々調べてみました。

その結果分かった良い口コミと気になった口コミを紹介します。

Anker PowerHouseの良い口コミ

  • 車中泊で3日間使用しましたが、余裕で生活できました
  • 放電しにくいのか、フル充電して半年放置しても90%以上バッテリーが残っていた

良い口コミでやはり多かったのは「容量の多さ」で、長時間・長期間でも余裕持って機器が使用できた、というレビューがたくさん見られました。

特に車やキャンプで連泊する人にとって、120,600mAhは非常に心強い容量です。

また、災害用にフル充電して数か月放置しても自然放電していない、という実用的なレビューもありました。

自然放電が少ないAnker PowerHouseは、災害の備えとして非常に優秀です。

ひとことメモ
通常、モバイルバッテリーやポータブル電源は、放置しておくと30%~40%ほど充電した電力が自然に放電してしまいます

Anker PowerHouseの気になった口コミ

  • 充電用のAC端子が弱い
  • サポートが18か月(1年半)で切れる

初期不良以外で、Anker PowerHouseの気になった口コミ・レビューを確認したところ充電するAC端子が少し弱いという口コミが見られました。

個体差があるようですが、充電するための端子を差し込む部分が緩い、また強度にも少し不安があるとのこと。

余りに調子が悪いようならサポートに連絡したほうがよさそうですね。

また保証期間が過ぎると交換はもちろん、修理等も断られるという口コミがありました。

ただ説明書もきちんとしているので使い方には問題ないと思います!

災害用として購入する方は数年先を見越して保管しておくことが多く、18か月の補償はやや心もとないとのこと。

災害用として購入し保管しておく場合は、保証期間が過ぎる前に一度動作や充電を確認しておいた方がよさそうです。

ひとことメモ
故障などの初期不良では、「充電できない」というレビューがいくつか見られました

人によって最適なポータブル電源の条件は違います。

以下の記事ではAnker PowerHouseをはじめ様々なポータブル電源を紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事:【2020年】最強のポータブル電源 おすすめランキング20選|災害時やキャンプで大活躍!

もっと小型が良いならAnker PowerHouse 200という選択肢も

「もっと軽くて使いやすポータブル電源が欲しい」という方には新型Anker PowerHouse200がおすすめです。

[Anker (アンカー)] ポータブル電源 PowerHouse 200 (213Wh / 57600mAh)
Anker

コンパクトで使いやすい!屋外や室内でも使えるPowerIQ搭載の人気ポータブル電源!

上位機種の「Anker PowerHouse」を 約40%の軽量化したコンパクトモデルです!汎用性が高く持ち運びに便利なのが特徴です!外出先のレジャーで気軽に使いたいという人にはとてもオススメします!

それでいながらバッテリー容量は57,600mAhの大容量。スマホを14回&MacBookを3回以上充電できて、4種類の出力端子が搭載されています。出力端子は、ACコンセントで充電しながら、別の機器へも同時に充電できるパススルー受電方式を採用しています。

口コミ・レビュー
アウトドアで使用。スマホの充電を数人で同時に使えるのは嬉しい!またアイリスのサーキュレーターも使えたので、涼しくてとても便利だった!操作やディスプレイ表示があって残量なども分かりやすく、期待通りに活躍してくれています!
容量57600mAh
出力端子シガーソケット/USB-C(PD)/USB-A×2 /AC
充電方法(入力端子)ACアダプタ
大きさ23.59 x 21.59 x 17.79 cm
重さ3.42 kg
PES検査合格
Anker PowerHouse200の特徴
  • バッテリー容量はAnker PowerHouseの約半分の213wh(57,600mAh)
  • 重量は2.7kgでAnker PowerHouseの約60%ほど
  • シガーソケット/USB×2/PD対応USB-C/AC電源搭載
  • 大きさも190×138×118mmでスリムに

Anker Power House に比べると容量は1/2程度ですが、サイズや重量も半分近くになり、持ち運ぶのには便利です!

しかもpower houseにはなかった PD対応のUSB type-Cを1つ搭載しています!

Anker Power House 200の端子
  • 12V シガーソケット
  • 30W USB端子×2
  • 30W USB-C 端子×1
  • 120W AC電源

Anker PowerHouse 200の同梱品
  • Anker PowerHouse 200本体
  • ACアダプタ
  • 取扱説明書

デザインはマットブラックでとてもスマートです。持ちやすいようにゴムの取っ手もついています!

背面には充電プラグの挿入口があります。

この小型ポータブル電源は、価格もお手頃なところまで下がっているのでコスパ面でも大きなメリットがあります!

使い方が限られている人にはこちらの選択肢のほうがベストかもしれません。

一応このようにPower House 200でもスマホやノートパソコンの充電にも使えます!

ひとことメモ
現在でアマゾン(Amazon)の取り扱いはありませんでしたが、楽天やヨドバシ、ビックカメラなどの家電量販電サイトでは在庫がありました

Anker PowerHouse200のほかにも、スマホノートパソコンの充電程度であれば容量の大きなモバイルバッテリーという選択肢もあります。

ポータブル電源とモバイルバッテリーの違いは?

今回ポータブル電源を紹介していますが、読んでいる方の中には「ポータブル電源とモバイルバッテリーどう違うの?」と思っている方も多いと思います。

これについて明確な定義はありませんが、「容量の大きさ」「AC電源の有無」で分けている方が多いようです。

ポータブル電源モバイルバッテリー
容量の大きさ50000mAh~3,000mAh~50,000mAh
AC出力(コンセント)の有無有り(コンセント製品使用可能)無し(コンセント製品使用不可)

あくまでもザックリですが上記の表のように覚えておきましょう。

ひとことメモ
容量がものすごく大きくてコンセントも使えるのがポータブル電源、と覚えておけばOKです

アンカーでは優秀で高性能なモバイルバッテリーがたくさん発売されているのでぜひそちらもチェックしてみてください!

関連記事:【2020年】コスパ最高!! Anker(アンカー) モバイルバッテリー 売れ筋ランキングTOP10

ポータブル電源の人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazon、楽天、ヤフーショッピングで紹介されているポータブル電源のランキングです。最安&人気のアイテムを是非チェックしてみましょう!

Anker PowerHouseは数日間の外生活を快適に変える、優秀な大容量ポータブル電源!

Anker PowerHouseは、日常生活では使いどころがないくらい圧倒的な大容量を誇るポータブル電源です。

大人数のキャンプや2泊以上の旅行、大規模災害時の備えとして非常に頼りになります。

使いどころはかなり限定されますが、その反面必要な人には絶対必要で便利なAnker PowerHouse、ぜひ検討してみてください。

Anker
最安値 ¥49,800 (税込)
容量434wh(120,600mAh)
出力端子シガーソケット/AC電源/USB×4
充電方法(入力端子)ACアダプタ
大きさ約200 x 145 x 165mm
重さ約4.2Kg
PES検査合格

なお、レントリーでは今回紹介したAnker Power Houseのレンタルもやっています。

anker powerhouseのレンタルページに移動

anker powerhouseは中古やセールの最安値でもそれなりの価格です。

頻繁に使う方であれば決して後悔しない買い物ですが、年に数回しか使わないような方は元が取れるのか、とか寿命が心配などの理由で購入を躊躇してしまうかもしれません。

そこまで頻繁にポータブル電源を使わない、年に1~2回キャンプに行くときほしい、という方はレンタルで安く済ませるのもいいでしょう。

借りてみて気に入ったらそのまま買取もできますので、ぜひ一度レンタルでanker powerhouseのすごさを体験してみてください。