【一人暮らしに最適】Ankerの超小型モバイルプロジェクター Nebula Apolloをレビュー

   

突然ですが皆さん、最近は動画や映画ってどうやって観ていますか?

映画なら映画館は絶対外せないでしょう。しかし、この頃のコロナウイルスの状況などを見て「人が集まる映画館は…」という方もいることかと思います。

最近はテレビやスマホ、PCなどでも動画や映画を観ることができますよね。かくいう僕も家でゴロゴロしながら映画を見るのにハマっています。でも、スマホやPCで映像を見ているとだんだん「画面が小さくて臨場感がない…」とか、「もう少し映画館ぽさが欲しい」とか、少し贅沢な悩みが出てきませんか?他にも、「ホームシアターがあればなあ」とか「他人のいない屋外で映画館みたいな大画面で映画を観られたらいいのに」といった夢を描いている人もいるのではないでしょうか。

実は、そんな皆さんにぴったりのモバイルプロジェクターが登場しました。それがAnkerのNebula Apolloです。では早速見ていきましょう。

プロジェクターを使うメリットとデメリット

家ならテレビでもいいじゃないか。という声も聞こえてきそうなので、本題に入る前にプロジェクターを使うメリットとデメリットについてお話しします。

プロジェクターのメリット

プロジェクターのメリット
  • 使用場所を選ばない
  • 映画館の雰囲気が出る

使用場所を選ばない

例えば家の庭で映画を見たいとなった時、テレビは大きなテレビごと庭に持っていく必要がありますが、プロジェクターなら小さい本体だけを持って庭に行き、家の壁をスクリーンとして使う。といったことができます。また、映す方向も自由なので、天井に映画を映して寝ながら観る。なんていうことも簡単にできます。

映画館の雰囲気が出る

プロジェクターが映す映像はテレビと違い独特の雰囲気があります。映画館に行きたいけど行けない。というストレスが溜まっている方にはぜひ試していただきたいです。

プロジェクターのデメリット

プロジェクターのデメリット
  • 投影面とプロジェクターの間に距離が必要
  • 周りが暗い必要がある

投影面とプロジェクターの間に距離が必要

プロジェクターで画面を大きくするには、プロジェクターから投影面までの距離を離します。ただし、プロジェクターと投影面を離しすぎると今度は暗くなってしまうので、バランスいいところを見つけることが大切です。

周りが暗い必要がある

昼間の屋外では懐中電灯が使い物にならないのと同じことで、光を出して映像を映すプロジェクターは、周りが明るいとあまりよく見えません。部屋の中ならカーテンを閉めるなどの工夫で昼間でも使えますが、屋外では夜になるのを待たないと使えないことがほとんどです。

モバイルプロジェクターの特徴

次に、モバイルプロジェクターとは何なのか、というところを見ていきます。プロジェクターが「モバイル」になるとどうなるのでしょうか。

モバイルプロジェクターの特徴
  • バッテリー内蔵でコンセントがなくても使える
  • コンパクトで手軽
  • 本体から直接映画を再生したりできるものもある
  • 本格的なプロジェクターには性能が劣る

このように個人での導入を手軽にしたことで人気が高まっているんですね。

Anker Nebula Apolloとは

スマホを使っている方なら、Ankerという会社名を聞いたことがある人もいるかもしれません。Ankerは高性能な充電器やモバイルバッテリーなどを製造、販売して急成長を遂げたアメリカの企業です。近年はその勢いでさらに多くの製品を発売しています。そんなAnkerが最近力を入れているのが「モバイルプロジェクター」です。今回紹介するNebula ApolloもAnkerのモバイルプロジェクターのひとつです。

Nebula ApolloはAnker社から発売されているモバイルプロジェクターの最も軽量かつコンパクトなモデル。サイズは350ml缶とほぼ同じ。光量は200ANSIルーメン、最大投影サイズは100インチ。バッテリーとスピーカー、Android7.1を搭載しているので、PCやDVDプレイヤーなどを接続しなくてもWi-Fi経由でインターネットに接続して本体のみで動画や映画を楽しめる。外部入力端子はHDMIを1つ備えており、ゲーム機などの画面を投影することも可能。また、スピーカーはBluetoothスピーカーとしても利用できる。超小型で様々な場所に気軽に持っていけるが、性能は小さな本体サイズの制約を受けてしまう部分もある。

価格

Nebula ApolloはAmazonなどから購入することができ、現時点では税込46,990円となっています。Amazonではクーポンが用意されていることもあるので、確認してみて下さい。

Anker Nebula Apollo(Android搭載モバイルプロジェクター)【200 ANSIルーメン / 6Wスピーカー / 最大100インチ投影可能 / 最大4時間再生】

Anker
最安値 ¥46,990 (税込)

Nebula Apolloの外観と付属品

外観と重さ

Nebula Apolloの外観は写真の通りでずっしりしています。細かい穴が開いた部分は金属製で丈夫そうな印象です。本体正面には光が出てくるレンズがあります。このレンズはなるべくきれいにしておきましょう

右側面には、映像を映した時にくっきりした映像に調整するためのフォーカスダイヤルがあります。左側面には何もありません。

背面には下にHDMI端子と充電端子、スマホが充電できるUSBポートがあり、真ん中あたりには電源スイッチとモード切り替えスイッチ(プロジェクターモードとBluetoothスピーカーモード)があります。電源スイッチは充電中に赤、フル充電時に緑、バッテリー動作時に青、スリープ時にオレンジに点灯するので、状態がわかりやすいです。

天面はプロジェクターを操作するタッチパネルになっています。音量ボタン、タッチパッド、ホームボタン、戻るボタンなど、Androidスマホの操作部に似ています

底面にはカメラ用の三脚を付けられるねじ穴がありあます。三脚と一緒に使うことで、高さを調整できたりして便利です。

大きさは、高さが13.1cm、縦と横は6.5cmとなっています。自販機でよく見かける350mlの缶は高さがおよそ12cm、直径が6.6cmほどなのでほぼ同じですね。重さはおよそ580gです。この中に全てが詰め込まれているのは驚きです。

付属品

Nebula ApolloにはACアダプタ、リモコンが付属します。ACアダプタはUSB-Cではなく、最近は珍しい丸い端子です。なので充電したい時は必ず付属のACアダプタを持っていく必要があります。上位のNebula Capsule 2はUSB-C端子で充電できるので、充電のしやすさはCapsule2に軍配が上がります。

リモコンはスタイリッシュなデザインで軽いです。ただ、Nebulaでは手持ちのスマホをリモコンとして使える上、スマホアプリではキーボード入力が便利なので、リモコンを使う機会は意外と少ないかもしれません。

Nebula Apolloの性能

ここからは、Nebula Apolloの機械部分の性能を見ていきます。

製品名Nebula Apollo
サイズ約13.1cm x 6.5cm x 6.5cm
重さ約580g
バッテリー容量9,750mAh (投影4時間、充電2時間)
明るさ200ANSIルーメン
解像度854 x 480
OSAndroid 7.1
価格46,990円

プロジェクターの性能

プロジェクターの性能を一言で
解像度は低めだが、投影サイズを小さめにすれば問題ない。明るさはサイズ的に控えめなので、遮光カーテンを閉めたり電気を消すなどする必要がある。台形補正が自動なのはGood

一番大切なのは、プロジェクターとしての性能です。

解像度は854×480で、480pと言われるものに近いです。少し低めかなとは思いますが、本体の小ささを考えれば頑張っていますし、投影する面と本体を近づけて画面の大きさを小さくすればあまり気になりません。より高い解像度で見たいという場合は上位のモデルのNebula Capsule 2などを選ぶと良いでしょう。投影モードは前面、背面、天井前面、天井背面と4つのモードで投影ができます。背面投影はあまりこのプロジェクターですることはないかと思いますが、様々な投影方法に対応しているのはGoodポイントです。

明るさは200ANSIルーメンで、このサイズのプロジェクターとしては明るい部類に入ります。ただ、上位のモデルに比べると暗いというのは仕方のない事実で、夜に電気を消して部屋を暗くするとしっかり見えるという感じでした。昼間は遮光カーテンや雨戸を閉めるなど、可能な限り部屋を暗くすることをお勧めします。

明るさに関してはNebula Capsule 2と同じなので、この2機種で優劣をつけることはできませんが、さらに上位モデルのNebula Mars IIは300ANSIルーメンなので、より明るく鮮明な映像を映すことができます

プロジェクターに欠かせない台形補正が40度まで自動、フォーカスは側面のダイヤルによる手動です。

スピーカーの性能

スピーカーの性能を一言で
6Wの出力で映画を見る際には迫力がありGood。Bluetoothスピーカーモードで音楽を聴く際は、少し音を調整した方が気持ちよく聴ける場合もある。

Nebula Apolloはもちろんスピーカーも内蔵しているので、1台で映像と音声の両方を出力できます。スピーカーは6Wの出力でサイズの割に低音が出ており、映画では緊張感や臨場感を出せているのが良いと感じました。AnkerはBluetoothスピーカーも多くリリースしているので、他のメーカーより音質にこだわっているのではないかと思います。

Apolloではスピーカーが電源ボタンなどがある後ろの面についています。プロジェクターの後ろ側から見るようにすると、音と映像がいっそう良く感じられます。

ひとつ気になることがあるとすれば、低音から中音までが強く出る設計なので、Bluetoothスピーカーモードで音楽を楽しもうとすると少しこもったような音になってしまう時があります。Bluetoothスピーカーとして利用する際は、スマホなどのイコライザ機能を使って中音を少し抑えると良いかもしれません。

バッテリー性能

バッテリーの性能を一言で
充電時間はおよそ2時間、映像投影は4時間、Bluetoothスピーカーモードは30時間の駆動時間で余裕がある。USB-A端子からスマホなどの充電も可能なのがGood。

Nebula Apolloは内蔵バッテリーのおかげで、コンセントに接続しなくても映画を見たりできます。

肝心のバッテリー持ちですが、映像の投影はフル充電で4時間と、映画1本の再生なら余裕です。Bluetoothスピーカーモードではなんと30時間も持つというので驚きです。電源のない屋外でも使えるのは大きなメリットですね。また、本体をモバイルバッテリーのように使うこともできるのもGoodポイントです。充電時間は付属のACアダプターでおよそ2時間とかなり早いです。

Nebula Apolloの使い勝手・操作性

ここでは、Nebula Apolloを実際に使うときに大切な「使い勝手」についてみていきます。

Nebula Apolloの操作性

操作性を一言で
本体やリモコンのボタン配置はシンプルだが、簡単で早いスマホアプリからの操作がベスト。

Nebla ApolloはNebulaシリーズで初めて本体にタッチパネルを採用しました。基本的にはこのタッチパネルを使って操作を行えますが、これだと動画を検索したりする際のキーボードの操作が大変です。

Nebulaでは、Nebula Connectという専用アプリを使ってスマホからプロジェクターを操作できるようになっています。キーボード操作もスマホのキーボードで打った文字をプロジェクターに転送できるので、入力が非常に速く楽になります。このアプリでの操作性はとても良いです。

Android 7.1の使い勝手

Androidの使い勝手を一言で
初期設定は簡単。YouTube,Amazon Prime Video, Netflixが最初からインストールされているのもGood。ただし、U-NEXTやdTVなどは本体のみでの再生は難しい。

Nebula ApolloはAndroid 7.1を搭載しています。簡単に言えばスマホの画面をプロジェクターに変えたようなものです。初期設定もWi-Fiに接続する程度なのでとても簡単に終わります。NetflixやAmazon Prime Video,YouTubeなどの基本的なアプリはあらかじめ入っているので、設定後、アプリを開くだけで使えるのがGoodポイントです。

もちろんAndroidなのでアプリも追加できます。ただし、Nebula ApolloではAndroidでお馴染みのGoogle Playではなく、Apotide TVというアプリストアから追加アプリをインストールします。このアプリストアは特殊なため、U-NEXTやdTV、Huluなどのサービスのアプリはありません。上位のNebula Capsule 2などではAndroid標準のGoogle Playストアが利用できるので、メインで使いたいサービスによって選ぶのもいいかもしれません。

ひとことメモ
この機種でU-NEXTやdTVなどのアプリを楽しみたい場合は、スマホなどからHDMIで映像を出力して、Apollo本体のHDMI端子にHDMIケーブルで接続するのが一番早い方法です。Apollo単体でこれらのサービスに接続するのは難しいと考えた方が良いでしょう。

Nebula Apolloの接続性

Nebula Apolloは単にアプリの映像ばかりを映すだけではありません。様々な機器を接続して、映像を映すことができます。ここでは接続性について見ていきましょう。

HDMIでの接続

Nebula ApolloにはHDMIポートがひとつあります。ここにPCやDVDプレーヤー、ゲーム機などを接続すると、大画面で投影することができます。

ひとことメモ
多少の遅延があるので、ゲーム機を接続する際はご注意ください。

ワイヤレスの画面共有

このNebula Apolloにはワイヤレスでスマホやタブレット、PCの画面を映せる機能がついています。AirPlayやMiracastに対応しているので、iPhoneやiPadはもちろん、対応するMacやWindows PCなどからも画面をワイヤレスで飛ばして投影することができます。一方でChromecastには非対応です。

ワイヤレスでスマートなだけでなく、設定も非常に簡単なのが特徴です。

USBによる接続

Nebula ApolloにはUSB-Aポートもついています。スマホの充電に使えるUSBポートとご紹介しましたが、動画や音楽を入れたUSBメモリーを差し込むことで、中に入っている動画や音楽を再生することもできます。USBメモリを差し込んで「ファイルマネージャー」というアプリを起動して、再生したいファイルを選べばOKです。

Nebula Capsule 2との比較

ここでは上位機種Nebula Capsule 2との違いを整理します。

  1. Capsule 2の方が大きく、 Apolloはコンパクト。
  2. Capsule 2の方が高解像度。
  3. Apolloはタッチパネルで操作。Capsule 2はボタンで操作。
  4. Capsule 2はオートフォーカス。 Apolloは手動フォーカス。
  5. Apolloは専用ACアダプターで充電。Capsule 2はUSB充電が可能。

まとめ コンパクトで一人暮らしやキャンプなどに最適なモバイルプロジェクター

さて、このプロジェクターが欲しくなってきた人もいるのではないでしょうか。記事を書くにあたって実際に使用してみましたが、Nebula Apolloは非常にコンパクトで部屋で使うだけでなくアウトドアでも活躍できそうなポテンシャルの高い製品だと感じました。

ただ一方で、使えるアプリが限られていたり、解像度が低いなど、使う人によっては不足を感じてしまう部分があるかもしれません。Anker NebulaシリーズにはApolloの他にも様々なラインナップがあります。自分が使うアプリやシチュエーションをよく考えて機種を選ぶことが重要になってきます。

プロジェクターは普通の家庭では高価な割に出番が少ない家電になりがちです。手頃な価格で買えて、普段は棚でも引き出しでもしまっておけて、いざ使う時にはすぐ使える。Nebula Apolloはそんな手軽さを持ちながら、映画館気分を味わえる楽しさあふれた製品です。ぜひ、一度検討してみてはいかがでしょうか。