【2020年完全版】マニアが選んだ No1のおすすめApple Watchは?最新のseries5と3まで全機種徹底比較!

   

2015年に発売されたApple Watchによって、スマートウォッチという新しいジャンルが誕生しました。

それから5年ほど経ち、今では最新のApple Watch5が発売されていて、機能もデザインも進化を遂げています。

これからアップルウォッチを買おうとしている人にとっては「Apple Watchで何ができるの?」「本当に必要なの?」など疑問もあると思います。

そこで今回はApple Watchマニアが、使い方から選び方まで、歴代のApple Watchを比較しながら徹底比較してみました!

現在発売されている「Apple Watch3とApple Watch5のどちらがおすすめ?」というポイントを押さえながら、初心者でも分かるように詳しく解説していきます!

目次

Apple Watch(アップルウォッチ)とは?

https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-5/

Apple Watch(アップル ウォッチ)はApple社から発売のウェアブル端末の腕時計です。

アップルの独自OS「The Watch OS」 が搭載されているのでIphoneと接続すれば、着信に応答したり、メールやLINEにも返信することができます

またSuicaやApple Payなどの電子決済にも対応しているので、交通機関を利用するときやコンビニなどで買い物するときにもapple watchだけで決済できます。

また心拍センサーやGPSが搭載されいているので、血圧や睡眠データの計測移動距離や道案内まであらゆるサポートを行ってくれます。

初代のapple watch1は2015年3月10日に発売され、最新のapple watch5は2019年9月11日に発売されています。価格は4~5万円後半までラインナップによって異なります。

Apple Watch(アップルウォッチ)の魅力は?スマホよりも優れている理由!

https://japanese.engadget.com/jp-2019-03-22-iphone-apple-watch-1-3.html

Apple Watchはスマホでスマートでおしゃれなデザインだけでなく、スマートな先端機能がいくつも搭載されています。

今回検証している商品

  1. Apple watch1
  2. Apple watch2
  3. Apple watch3
  4. Apple watch4
  5. Apple watch5

apple watchの魅力をズバリ一言でいうと、「スマホより持ち運びが便利で、ヘルスケアや体調管理が楽しく続けられる!」という点です!

通話やメール機能、電子決済なども当然便利ですが、それって極論を言ってしまうと、スマホでもできちゃいます。スマホにもGPSや電子決済はあるので、、。

でもアップルウォッチにしかできないのは自分の身体情報とのアクセスです。

スマートフォンと違って肌身離さず使える端末なので、手首から血圧や心拍数などを正確に計測することができます!また睡眠時も装着して眠れるので、睡眠障害や睡眠の質が測れるなど、「普段は見えない健康状態」もしっかりとアップルウォッチが監視してくれます。

運動やダイエットをするときにも、消費カロリーや移動距離、タイムラップなどを全て計測してくれるので、自分の成果が見えやすく、毎日のコツコツ努力することが楽しくなるなど、メリットがたくさんあります。スコアの上下がモチベーションになったり、苦しいダイエットも楽しくできるのはまさにApple Watchの魅力です!

最新のApple Watch5ではよりヘルスケアを考えてくれている

最新の Appel WatchのSeries5では、デスクワークの仕事をする人の死亡リスクが最大40%高いことから、1時間以上座っているとApple Watchから「立ちましょう」と通知をしてくれたり、転倒してから5分以上動きがない場合には、緊急連絡先に通知を飛ばしてくれる機能が搭載されています。

働きすぎる現代人の健康面を考慮したり、お年寄りや老人、または万が一のトラブルにも優しい設計になっています

MacやAirPodsと連携することでApple Watchの機能がより活用できるので、自分へのご褒美、家族へのプレゼントしてもとてもおすすめです!

Apple watchの魅力
スマホの代わりに使えるだけでなく、自分の活動ログや健康ログをスマホよりも正確に計測できる。日々の健康状態や運動やダイエットへの意識が高まるので、健康的で便利なライフスタイルを楽しめる!!

関連記事:【2020完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

Apple Watch(アップルウォッチ)の機能を口コミレビューで解説

iphoneを取り出さなくても着信やメールがみれる

https://www.pen-online.jp/news/product/nobuyuki-hayashi-03_02/

iPhoneと接続しておくことで、Iphoneの着信やメール、SNSやLineなどを全てアップルウォッチ側できます。ワークアウト、LINE、メール、通知、通話、天気、タイマーなど様々な機能をアップルウォッチ側での操作が可能です。

  1. 電話の着信や発疹ができる
  2. メールやLINEをみたり返信したりできる
  3. Iphoneの写真をアップルウォッチ側で遠隔操作できる
  4. Googleマップやナビアプリで道案内してくれる
口コミ
電話はiPhone本体をマナーモードにしていてもwatchから手首に伝わる振動で着信が分かるのでとても便利です
口コミ
まるで SF漫画の世界。腕時計に向かって話しかけたり、ググったり、音楽が聞けたりとにかくすごい。

ヘルスケア機能が充実。健康データや睡眠データを可視化してくれる

AppleWatchなら毎日のライフログ(行動記録)や健康ログをとることができます

毎日の心拍数や体重、睡眠ログ、生理スケジュールまで記録してくれます。身体データを全てアプリと連動して管理してくれるので、毎日の健康状態を気軽にチェックしながら健康管理ができるようになります

  1. 血圧、心拍数、睡眠時間などの健康ログがとれる
  2. 消費カロリーや生理情報なども通知してくれる
  3. 自分では気づかないストレスなども感知してくれる
  4. 計測したデータはスマホでもみれる
口コミ
健康状態は気になってたけど仕事で忙しいのでずっと後回しにしていました。でもApple Watchをつけるようになって、毎日の身体のデータが見れるようになったので、歩く時間や、食事なども気になってきて、改善しています。めんどくさがりの自分でも続けられるので本当に助かっています。
口コミ
ちゃんと寝ていると思っていたけど、意外と不規則な生活で、睡眠時間も短いなとか、体重が最近少しずつ減ってきてしまっているなとか、運動が足りていないなとか、座りっぱなしの時間が長いなとか、そういう事が日々の連続データとして把握できます。

GPSと防水機能搭載でスポーツやエクササイズのサポートをしてくれる

Apple Watchは防水機能付きなので、ヨガで汗をかいたり、プールやサウナに入っても壊れません。またGPSが搭載されているので、ランニングやウォーキングの距離なども正確に分かります。水泳やトライアスロンなど本格的なスポーツにも使用している人が多いです!

  1. ウォーキング、ランニングで走るときにも邪魔にならない
  2. ヨガで汗をかいても壊れない。消費カロリーも分かる。
  3. プールや海でも壊れない。トライアスロンなどでも使える
  4. 移動距離やタイムラップもしっかりと計測
  5. データが毎日観れるので運動が楽しくなる
口コミ
運動するようになったことですね。iPhoneにデフォルトで入っているヘルスケアを使うことがなかったけど、アップルウォッチを買ってから大活躍です。基礎代謝に加え、動いた歩数や運動時の心拍数から消費カロリーを計算してくれるのでモチベーションに繋がります。ヘルスケアと連動するアプリも多く今使っている体重計とも連動しているのでヘルスケアと向き合うのがもはや日課です。

アップルペイとSuicaでカードもスマホも不要になった

Apple PayやSuica機能が内蔵されているので、モバイルSuicaを登録すればそれだけで決済が可能です。改札やレジでカードやSuicaを出す必要もありません。ちょっとのコンビニやウォーキングなどでiPhoneを持ち歩く必要がありません。

  1. ApplePay、Suicaが唯一使えるスマートウォッチ
  2. IDやQuickpay,edyなどの電子決済も使える
  3. アプリを入れればPaypayも使える
口コミ
今まではスマートウォッチを何種類か使用してきましたが、やはり、Apple Watchにはかないませんね、しかも今なら2万で買える。何よりSuicaとの親和性が1番。
購入して1ヶ月で手放せないものとなった。定期券を出すのが面倒でスマホにSuicaを入れたけど、さらにapple watchが格段に便利。
口コミ
アップルウォッチになってからよく走るようになったが、喉が渇いたらコンビニに行ってApple Watchに登録してあるiDやQUICPayでミネラルウォーターを買っています。なんて素晴らしいのでしょう。

アプリをインストールして機能をどんどん増やせる!

Apple Watchではアプリをインストールすることで機能を拡張することができます。趣味に合わせてキャンプ用のアプリ、釣りやサイクリング用のアプリを入れる人が多いです。またゴルフのスコアを記録しておくアプリや筋トレの回数を計測しながら記録してくれるパーソナルトレーナー系のアプリも人気です!

Air pods proやMacとの親和性が高い

Apple製品との親和性がとても高いです。MacBook(マックブック)なら近くにいるだけでロック解除がで切るし、AppleWatchの音楽をAirPods(エアポッズ)で聞くことができます。ランニングに行くときなど、スマホを持ち歩かなくても音楽を持ち歩くことができます。

Siriに話しかけてAIが答えてくれる

デジタルクラウン(竜頭)長押しでAppleのAIアシスタントSiriが使用できます。AppleWatchでメール返信するときには、Siriなどを使って簡単に返信できるし、道案内などもSiriにお願いしてすぐに解決できます!

口コミ
ポケットから出さずに電話に出れるしかける時もSiri機能を使って簡単。それとID機能これ凄く便利でした!!時代の波に少し近付いた気がしました。

介護にも使える!もしもの時のSOS機能があるから安心

Apple Watch5からは転倒検知機能が搭載されました。

転倒したことが検知されてから1分間なんの動きもなかった場合は15秒のカウントダウン後、手首を叩いた上で警告音を鳴らし、反応がなかった場合には位置情報も添えて緊急通報してくれます。

また事故に遭ったりなどして、消防や警察に電話しなくてはならない場合、緊急SOS電話をかけることがきるなどのもしもの時の危機管理機能が充実しました。

バンドの着せ替えや待ち受け画面を変えてお洒落を楽しめる

時計の待ち受けデザインは数百種類の中から選択できるので、気分によって変更できます。

またファッションやTPOに合わせてバンド部分も変更可能なので、自分好みの物を買って付けれるのも魅力のひとつです!

口コミ
純正・サードパーティ含めてバンドの種類が多いので着せ替えを楽しむことができる

口コミ
文字盤が100種類以上あって、その中から色や表示項目まで選択出来る。秒針のアニメーションも自然ですごく美しい画面に感動。こんなセンスの良い時計はApple Watch だけ。

でもやっぱりApple Watch単体で使えた方が良かったかも?スマホを家に忘れると何も出来なくなるので、次はセルラーモデルを購入しようと思います。

Apple Watch 6 以降で実装される予定のおすすめの機能

Appleが米特許商標庁(USPTO)に申請している特許を見るとApple Watchの未来が見えてきます

  1. 文字盤にカメラを埋め込み、動画や写真が撮れる
  2. FACE IDで顔認証ができるようになる
  3. バーコードやQRがスキャンできるようになる
  4. リストバンドにEMG(筋電)センサーが内蔵される
  5. 野球、ゴルフ、テニスなどのスイングまで解析できる

などなど、今後搭載される機能が着々と準備されているようです。とくに新センサーによってランニングやウォーキング以外の専門的なスポーツへの応用が広がりそうです!

なお今搭載されている機能が特許申請されているのは2年ほど前なので、実現されるのはApple Watch7や8あたりかもしれませんね!今後の発表が楽しみです!

apple watchの悪い口コミ

Apple watch 3の悪い口コミ
LINEを設定すると電池消費が早くなくなる、LINEが全文読めないのと、バグがが多いのがイマイチ💦
Apple watch 3の悪い口コミ
不便なのは旅行や出張で専用の充電ケーブルを持ち歩かないといけないことです。携帯用バッテリー関連アクセサリーがもっと豊富になってくれたら嬉しい
Apple watch 3の悪い口コミ
FacebookやLINEのメール返信はアップルウォッチだけだと限界がある。音声入力も使えるけど、周りに人が居ると話しづらいし、聞き取り能力が下がる。スタンプも最小限しか使えないので、結局はスマホで返信してしまうことも多い。あとは「送られてないので再送信しますか?」ってお知らせが来ることがあるので、そこには注意が必要
Apple watch 4の悪い口コミ
モバイルSuicaを愛用していますが、電池切れしてしまうと改札を抜けられなくなります。iPhoneとApple Watchのどちらもで同じSuicaを使えるようになったらいいな。
Apple watch 2の悪い口コミ
LINEは「電話通知」が来ない。来るのは「トーク通知」のみ。「電話通知」にも対応してくれるようにソフトウェアのアップデートを期待。

Apple Watch(アップルウォッチ)の歴代の発売日

現在はSERIES 5(5代目)がアップルウォッチの最新版になっています。今のところ毎年最新モデルを発表しています。

SERIESApple watch 5Apple watch 4Apple watch 3Apple watch 2Apple watch 1
世代第5世代第4世代第3世代第2世代第1世代
発売日2019年9月30日2018年9月21日2017年9月22日2016年9月16日2015年3月10日
ひとことメモ
毎年新しいシリーズが発売されています。

Apple Watch(アップルウォッチ)の選び方

Apple Watchを選ぶときには次の3つのポイントが重要です!

Apple Watchの選び方
  • GPSモデルかGPS+セルラーモデルか
  • 通常モデルかエルメスやNikeモデルか
  • ケースの大きさは38mm、40mm、42mm、44mm

Amazonや量販店など選んでてもいろいろな種類があって分からないという人が多いので分かりやすく解説します。

①GPS(ジーピーエス)モデルと、GPS+CELLULAR(セルラー)モデルの違いは?

Apple Watchには「GPSモデル」と「GPS+CELLULARモデル」があります

両者の違いは、スマホを持たないでも単体で電話や通信ができるかどうかです。

GPSだとアルミケースのみとなりますが、セルラーモデルには、ステンレス、チタニウム、セラミックの中から選ぶことができるのでデザインのバリエーションが豊富です。

 Apple Watchの【GPSモデル】の特徴を解説

Apple WatchではGPSが標準モデルとなっています。GPSモデルだとApple watch単体での通話やメールはできませんが、iPhoneと接続することでそれらができます。GPSは標準搭載されているので、スマホを使わないでも、地図や走行距離などは使えます。

ひとことメモ
apple watchだけを持ち出しで通話する必要性を感じない人には「GPSモデル」がおすすめです!

 Apple Watchの【GPS+CELLULAR(セルラー)モデル】の特徴

Apple Watch GPS + Cellular(セルラー)は、GPSモデルと比較して11,000円ほど高いですが、スマホ無しの単体でも電話や通信機能が使用できます。。iPhoneを自宅に置いたまま通話したり、外出先でパケット通信がしたいという場合にはセルラーモデルが便利です。

ひとことメモ
キャリアの契約料は月額料金は350円~500円とかなり安く使えるので、スマホがなくても使える用にしておきたいという人にはオススメです

セルラーモデルは、子供の見守りや介護用に使うケースも増えています。GPSがついているので、いつでも居場所を確認することもできるし、スマホを購入して持たせるよりも、セルラーモデルを購入した方が安く済ませることができるというのもメリットです。

キャリアの月額料金
  • ドコモ:ワンナンバーサービス 月額500円
  • au:シェアナンバー 月額350円
  • ソフトバンク:モバイル通信サービス 月額350円

(ただしApple WatchではUQmobile、Memoなどの格安SIM(MVMO)は使用できません。)

GPSモデルとセルラーモデルのできることまとめ

iPhoneが近くにないけどGPSモデルセルラーモデル
Apple Watchを使って電話ができる?できないできる
メール/Lineの送受信ができる?できないできる
Apple MusicやYoutubeをストリーミング再生ができる?できないできる
Apple Watchにダウンロードした音楽を聴ける?できるできる
カレンダーや地図アプリが使えるかできないできる
血圧や心拍数が測れるかできるできる
移動距離などワークアウトのトラッキングができるかできるできる
Apple PayやSuicaの支払いができるかできるできる

いでっち

使用シーンを想定して選ぶのもオススメです!

Editionモデルなど他のモデルとの違いとは?

Apple Watchには、通常モデル、Nike+モデル、Hermès(エルメス)モデル、コラボモデルなどいくつか種類があります。

Series 3までは高価格帯モデルのEdition(エディション)モデルもあり4種類あったのですが、Hermèsとの兼ね合いなのかSeries 4からなくなっています。Series 5からEditionモデルが素材も新たに復活しました。

Apple Watch Series 5ではケースの大きさがコンパクトな40ミリと、大型の44ミリと2種類、カラーバリエーションがシルバー・スペースグレイ・ゴールドと3種類あります。

ケース素材がアルミニウム・ステンレスと2種類採用しており腕にとめるバンドに至っては10種類以上、このようにAppleWatchのバリエーションは多種多様!!中には18金を採用した200万円を超える超高級なアップルウォッチもあるらしいです。この多様なバリエーションがあるのが、Appleウォッチの面白さの一つかもしれません!

ケースサイズ(液晶画面)の違いを比較

最後はケースのサイズです。Apple Watch5では本体の薄くなったのでかなりコンパクトでスタイリッシュに見えます。

なので大型の44mmタイプでもゴツい印象は全くありません。女性でも44mmでみやすさを選ぶ人も多く、どのサイズでも男女兼用で使うことができます

ひとことメモ
お洒落にさりげなく身に付けたいという人には少し小型の40ミリを好むという傾向はあります。逆に操作のしやすさや画面のみやすさ重視なら44ミリがオススメです。

現行モデルはApple Watch 5と Apple Watch3だけ

現在販売されているのは最新のApple Watch 5とApple Watch3だけです。Apple Watch 1、Apple Watch 2、Apple Watch 4はすでに販売を終了しています。

「どっちがオススメなの」と悩む人が多いのも多いので比較ポイントをまとめました。

Apple Watch 5と Apple Watch3の価格と種類の一覧

廃盤商品になっているSeries 1、Series 2、Series 4を省いて、現在も発売している現行モデルの価格をまとめました!

 ディスプレイサイズGPSGPS+CELLULAR
Apple Watch Series 3 通常38ミリ19,800円~30,800円~
Apple Watch Series 3 通常42ミリ32,800円~45,800円~
Apple Watch Series 5 通常40ミリ42,800円~53,800円~
Apple Watch Series 5 通常44ミリ45,800円~56,800円~
Apple Watch Series 5 Nike+40ミリ42,800円~53,800円~
Apple Watch Series 5 Nike+44ミリ45,800円~56,800円~
Apple Watch Series 5 Hermès40ミリ133,800円~
Apple Watch Series 5 Hermès44ミリ138,800円~
Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)40ミリ82,800円~
Apple Watch Series 5 Edition(チタニウム)44ミリ87,800円~
Apple Watch Series 5 Edition(セラミック)40ミリ133,800円~
Apple Watch Series 5 Edition(セラミック)44ミリ138,800円~

現行モデルのSeries 3 とSeries5の違いを比較

現在販売されいてるApple Watch3と最新のApple Watch5の違いをまとめます。

  1. ケースが常時点灯されるようになった
  2. ケースサイズが30%アップ。角は丸くなり表示領域が広くなった
  3. 薄さは0.7mmコンパクトに
  4. Series 4以降「インフォグラフ(Infograph)」の文字盤が追加された
  5. カラーが三色から四色になった
  6. スピーカーとマイクの位置を一新して、マ
  7. AppleWatchのチップセット「Apple S4」搭載で、前モデルよりも最大2倍の性能向上を実現
  8. バッテリ駆動時間を実現している
  9. 転倒検知機能は

ケースが常時点灯されるようになった

Series5では液晶文字盤が常時点灯表示になりました。シリーズ3だとたまに時計を見ても文字盤が消えていて面倒な部分な時がありました。その度にはわざわざアクションしないとモニターが見れないのは不便だったので、5の常用表示はとても進化したポイントです!

ケースサイズが30%アップ。角は丸くなり表示領域が広くなった

ケースサイズがこれまでは38ミリ/42ミリの2パターンでした。それから40ミリと44ミリへ変更になりました。前モデルより30%以上大きくなったので文字などもみやすくなりました。Apple Watc本体の角も丸くなったのでは機械的なゴツさを軽減。ディスプレイ表示する「ディスプレイ領域」縁部分のギリギリまで広がったので、画面の端でもタッチ操作が可能にありました!

Series 4以降「インフォグラフ(Infograph)」の文字盤が追加された

Series4からは「インフォグラフ」の文字列が追加されています。

薄さは0.7mmコンパクトに

ケースの画面は大型サイズ化されましたが、ケースの厚みは0.7ミリも薄くなり、スタイリッシュになりました。今まではジャケットやシャツのそでに引っかかるのが気になっていましたが、薄くなったことで、洋服のそでに引っかかることへり、スマートになった印象です。

シリーズ3とシリーズ5の違いを比較してみた

 Apple Watch 5Apple Watch 3
プロセッサセルラーモデルGPSモデルセルラーモデルGPSモデル
プロセッサS5デュアルコアチップ + W3ワイヤレスチップS3デュアルコアチップ + W2ワイヤレスチップ
ストレージ容量32GB16GB8GB
位置情報GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
コンパス内蔵
心拍センサー第2世代の光学式心拍センサー、電気心拍センサー光学式心拍センサー
Bluetooth5.04.2
LTE通信LTE、UMTSLTE、UMTS
耐水性能水深50メートルの防水性能
ケース素材アルミ、ステンレス、チタニウム、セラミックアルミ
端末価格53,800円〜42,800円〜30,800円~19,800円〜
ひとことメモ
Apple Watch 3はGPSモデルとセルラーモデルでストレージ容量が異なります。Apple Watch 5はストレージが大容量になり、さらにセルラーモデルとGPSモデルのスペックも統一されています。

Apple Watch おすすめ 人気 ランキング 【現行モデル】

Apple Watch Series5【GPSモデル】

Apple(アップル)
最安値 ¥50,360 (税込)

バッテリー持続時間が18時間に大幅UPした最新のGPSモデル

最新の第5世代のアップルウォッチは、ディスプレイが大きくなり、ディスプレイが常時表示されるようになりました。バッテリーの持続時間も最大18時間に大幅にUP!

最新のCPU「Apple S4」を搭載することで、旧モデルよりも最大2倍の性能向上。緯度・経度・高度が測れる内蔵のコンパス機能搭載やセンサーサイズアップで、エクサイズやスポーツでも活用。

また転倒検知機能や追加され、60秒経って一切反応がない場合には自動的にSOSが通知されるなど、介護なども利用できます!

口コミ・レビュー
1ヶ月使った感想をレビュー。朝7時に100%の状態で家を出て、夜22時過ぎに帰宅しても50%以上の残量がある。一度自宅で試した時は29時間連続稼働した。常時表示でもこれだけバッテリーが持つのは嬉しい!また薄くて軽快。デザインも3シリーズより気に入ってます!
OSwatchOS
通知機能電話着信・SMS・メール
決済機能Apple Pay
搭載センサー加速度センサー GPS 高度計
体調管理・ヘルスケア心拍センサー・消費カロリー・睡眠・移動距離・歩数計機能・呼吸・水分摂取量の管理・生理周期の記録・転倒検出
防水50m耐水
バッテリー駆動時間最大18時間
重量36.7g

Apple Watch Series 3【GPSモデル】

Apple(アップル)
最安値 ¥25,060 (税込)

今ならたった2万円で購入できるコスパ最高のアップルウォッチ!

最新の第3世代はアップルウォッチは半額まで値下げされた超お買い得モデルです!アップルの純正品がたった20000円程度で購入できます

iphoneがマナーモードになっていても、着信があることを振動や通知で知らせてくれるん便利です。最新モデルよりもディスプレイが小さいので、コンパクトサイズを探している人にはオススメです

光学式心拍センサーで心拍数や睡眠、歩行距離などあらゆるデータを計測できます。充電は約2時間で満タンにり、朝から夜まで一日中使えます!

口コミ・レビュー
いままで5000円台の安いスマートウォッチを使用していましたが、脈拍や血圧の数値がおかしくて信用できず。。2万円程度になっていたので思い切って購入したが、計測の質の高さに驚きです。この価格なら安過ぎる買い物でした。運動した距離や睡眠の質までみれて、メッセージの受信など、apple ウォッチがない生活は想像できません!

Apple Watch Series 5【GPS + Cellularモデル】

Apple(アップル)
最安値 ¥62,480 (税込)

Iphone無しでも通話もメールもできる最新のセルラーモデル

Apple Watchの最新の Series 5 (GPS + Cellularモデル)ならスマホ無しでも、電話やメールができるので、スマホ無しでもスマートウォッチだけで生活ができます。

iphoneやスマホを持たないでアップルウォッチだけで済ませたい人にはセルラーモデルがオススメです。またセルラーモデルだと、ステンレス、チタニウム、セラミックケースから選ぶことができます。

口コミ・レビュー
iPhoneを自宅に置いてランニング・ジムに行きたかったのでセルラーモデルを購入しました。セルラー機能が不要になったらキャリアと契約を解約するつもりでしたが、意外と便利で結局ずっと契約したまま使っています。最近では休みの日などもIphoneを持たないで散歩や図書館、カフェなどに出かけて、スマホがない生活も気に入ってます。

Apple Watch Series 4(GPS + Cellularモデル)- 44mmスペースブラックステンレススチールケースとブラックスポーツバンド

Apple(アップル)
最安値 ¥87,780 (税込)

Apple Watch に おすすめ 人気アクセサリー

 

Apple Watch 磁気充電 – USB-Cケーブル(1m)

Apple(アップル)
最安値 ¥3,780 (税込)

UMEMORY 改良版 ワイヤレス充電器 無線充電器 Qiスマホ機種全対応 急速3 in 1充電器  TYPE-C Apple Watchスタンド  Airpods充電器/Apple Watch充電器 iPhone X/XS/XR/XS Max/8/8 Plus/iPhone 11/pro/pro max Apple Watch 1/2/3/4/5 Airpods 1/2/Pro Galaxy S9/S9 Plus/Note8/S8/S8 Plus/S7/S7 Edge/S6 Edge Plus 5V-3A/9V-2AのQC3.0アダプター最適 黒

UMEMORY
最安値 ¥3,799 (税込)

WFEAGL コンパチブル apple watch バンド, コンパチブル iWatch 通用ベルト apple watch series 5/4/3/2/1に対応 交換ベルトステンレス製 (42mm 44mm, ブラック)

WFEAGL
最安値 ¥1,099 (税込)

よくあるQ&A

新しいApple Watchへのデータ移行がうまくいかない

シリーズ2からシリーズ5(GPSモデル)へのデータ移行についてです。

ネットで調べると「古いアップルウォッチのペアリングが解除されると自動的にiPhoneのへバックアップされる」との事でした。ところが新しいApple Watchのペアリングのときに、バックアップの復元元を古いwatchにしたのですが、データが全然復元されませんでした。新watchで稼いだアクティビティやスタンドはその日のiPhoneには反映されずです(~_~;)

毎日のアクティビティの達成を日課にしている人の場合には、全てのアクティビティを達成した後に旧watchのペアリング解除を行う事をおすすめします!

ペアリングできないIphoneはありますか?

iphone5cとはペアリングできません。