【比較レビュー】Apple Watch SEの魅力は?Series6と比較して「買い」なのか徹底検証!

   

apple watch se レビュー

Appleが2020年9月に発売した、「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」。

そのどちらが優れているのか判断できず、購入に迷っている人も多いのではないでしょうか。

今回は一万円ほど安く購入できる「Apple Watch SE」の魅力はどこにあるのかを徹底解説していきます。「どんな人におすすめなのか」「SEと 6でできることの違いは?」という人は是非チェックしてみてくださいね!

この記事で分かること

  1. apple watch SEでできること
  2. apple watch SEはこんな人におすすめ
  3. apple watch SE と Series 6との違い

そもそも、Apple Watchとは?

Apple Watch SE

出典:apple.com

Apple Watchとは、iPhoneとペアリングすることによって様々な機能を利用できる腕時計型の端末です。

ここでは、Apple Watchの主な使い方を、その機能とともに紹介してみましょう。

紹介する機能はどれも、今回発売された「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」ともに使用できるものです。

  • 様々な通知を知らせてくれる「iPhoneの通知係として」
  • スポーツのサポートや健康管理として
  • 会計も腕時計で!お財布として
  • 家族間の情報共有として

様々な通知を知らせてくれる「iPhoneの通知係」として

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

従来の腕時計は時刻を教える機能に限定されていますが、

Apple Watchにはその他にも着信を教えてくれたり、メールを確認したり、マップを確認したりといった多様な機能が一台に集約されています。

「iPhoneの通知係」としての機能を多数搭載しているので、いちいちポケットやカバンからiPhoneを取り出すことなく、スムーズに情報を確認できることから、特にビジネスマンの間で広く普及している商品です。またAir Podsなどの連携や操作も Apple watchでできます。

関連記事:【購入前に必見】AirPods Proレビュー。一年使って分かった本当にスゴいところ・残念なところ

スポーツのサポートや健康管理として

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

Apple Watchは歩数や心拍数、消費カロリーや時間・距離計測などが記録できるので、活動量計としての能力も持ち合わせています。なお、50メートルの耐水性も備えており、水泳中にも身に付けて記録を計測できます。

また、AirPods ProともApple Watch 1台でペアリング可能。音楽を聴きながらランニングを楽しむこともできます。

さらに本作からは、位置情報を把握して手洗いを促し時間を測ってくれる「手洗い機能」や睡眠習慣を観測する「睡眠機能」も搭載。ランナーやアスリートにはもちろん、一般の方でも毎日の健康を管理できる、便利な人生の相棒です。

会計も腕時計で!お財布として

Apple Watch SE

出典:support.apple.com

Apple WatchはApple Payにも対応。わざわざ定期入れを出さずとも、改札口に腕を近づけるだけでSuicaが反応し、改札を通り抜けられます。

またコンビニなどでもiPhoneを出さずに支払いを終えることができる、財布いらずの腕時計です。

家族間の情報共有として

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

さらに本作からは、新機能として「ファミリー共有設定」が搭載されました。

これはiPhoneとは別の電話番号をApple Watchに指定できる機能で、キッズケータイのように簡単な電話や位置情報を送ったり、離れて暮らす高齢者の家族には転倒検出や緊急SOSのために使用できたりといった、子供とお年寄りのために付けられたシステム。

今作のApple Watchは、自身の健康のみならず、家族の安全を守ってくれる、さらに信頼できる製品へとアップデートされました。

関連記事:【2021年 マニアが選んだ】おすすめNo1のApple Watchは?Series6, SE, Series 3など全機種徹底比較!

Apple Watch SEの基本仕様

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

「Apple Watch SE」は、ケースサイズ40mmと44mmの2つのサイズ展開がされました。

下記表に、サイズごとの基本的な仕様をまとめます。是非とも参考にしてみてください。(Cellularについては後ほど解説)

40mmモデル 44mmモデル
40mm 44mm
34mm 34mm
厚さ 10.7mm 10.7mm
ケース重量(GPSモデル) 30.49g 36.20g
ケース重量(GPS+Cellularモデル) 30.68g 30.68g
価格 29800円〜 32800円〜

仕様的には画面の大きさが違えど、重量が多少重くなる程度で基本的にはどちらのタイプもあまり大差はありません。価格は44mmの方が3000円ほど高め。どちらの画面サイズが自分に適しているのか、考えた上で購入しましょう。

ひとことメモ
画面サイズ以外の仕様はあまり変わらない

「Series 6」と「SE」との違い

同時発売された「Series 6」と「SE」ですが、どちらも前作の「Series 5」を受け継いだものという立ち位置ですので、基本性能としてはほとんど変わらない製品であると言えます。

その上で、ここからは細かい機能やカラーバリエーションなどの違いについて紹介していきます。

  • 血中酸素ウェルネスセンサーの有無
  • ケースの素材・カラーのバリエーション
  • ディスプレイの常時表示機能
  • 価格

SEには血中酸素ウェルネスセンサーがない

Apple Watch SE

出典:support.apple.com

今回同時発売された「Series 6」と「SE」の一番の違いは、「血中酸素ウェルネスセンサー」の有無であると言えます。この「血中酸素ウェルネスセンサー」は、「Series 6」にのみ付いている機能です。

血中酸素ウェルネスセンサーは、Apple Watch装着時に血中酸素濃度を測定し、自身の体調がわかるという機能。

人間は血中酸素が低いと息苦しさを感じたりフラついたりしてしまうので、ちょっと体調が悪いな、と感じた時にはこのセンサーがあると数値による客観的な判断が可能になります。あくまで専門的な医療用としてではなく、日々の体調チェックに役立つ機能です。

もうひとつ、「Series 6」と「SE」の違いとして「電気心拍センサー」の有無が挙げられますが(「Series 6」に付属)、現在日本では医療的な制限があり、どちらにせよ使用できない機能です。

したがって、両者の機能面での違いは「血中酸素ウェルネスセンサー」の有無だけであると言えます。

Apple Watchには「血中酸素ウェルネスセンター」以外にも健康管理に役立つ機能が多数搭載されていますので、血中酸素に特にこだわりのない方はスルーしても良い機能であるように思われます。

ひとことメモ
両者の機能面での違いは「血中酸素ウェルネスセンター」の有無だけ

SEと6ではケースの素材とカラーのバリエーションが違う

Apple Watch SE

出典:time-space.kddi.com

「Series 6」と「SE」では、ケースの素材やカラーのバリエーションが異なります。

「Series 6」は100%再生アルミニウム、ステンレススチール、チタニウムの3種類から好みの素材を選択できるのに対し、「SE」ではアルミニウムのみの展開となっています。

またカラーについても、「Series 6」には「SE」にはないブルーやレッドのカラーリングなど、「Series 6」の方が豊富に用意されています。「Series 6」は3つの素材から合計10色、「SE」はシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色の中から選択できるようです。

ひとことメモ
ケースの素材・カラーバリエーションともに、「Series 6」の方が豊富に用意されている

Apple watch SEにはディスプレイの常時表示機能がない

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

「Series 6」と「SE」では、ディスプレイの常時表示機能の有無という違いもあります。

「Series 6」は、前作「Series 5」で採用されたRetinaディスプレイによる常時表示機能を踏襲。対して「SE」にはこの常時表示機能は非搭載で、目を離している間は真っ黒のスリープ画面となります。

確かに常時表示の方がいつでもすぐに時間を確認できて便利ではありますが、しかし「SE」の感度も非常に高く、腕を上げるとすぐにパッと画面がつくので全く不便さは感じられません。

この常時表示機能の有無をどう捉えるかは人によって様々ですが、見たい時にはすぐに反応してくれて、かつ普段はスリープモードのため他人から情報を見られないことなども踏まえると、非搭載の「SE」でも特に大きなデメリットとはなっていないように感じられます。

ひとことメモ
各種口コミを見ても、常時表示機能の有無に大差はないとの評価が多数。常時表示にするとで充電が早く消耗するデメリットもあるので、常時表示をOFFにするapple watch 6ユーザーも多いです。

Apple wathc SEは 1万以上 価格が安い

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

そして気になる価格についてですが、「Apple Watch Series 6」は42800円から、「Apple Watch SE」は29800円から、となっています。

どちらも素材を変えたりCellularの追加をしたりすることによって値段が上昇することもありますが、いずれにせよ「Apple Watch SE」の方が1万円以上安いと言えます。

ひとことメモ
「Apple Watch Series 6」は42800円から、「Apple Watch SE」は29800円から
Apple Watch Series 6 Apple Watch SE
血中酸素ウェルネスセンサー
ケースの素材・カラーバリエーション ケース:3種 カラー:合計10種 ケース:1種 カラー:3種
ディスプレイの常時表示機能
価格 42800円から 29800円から

関連記事:【憎らしいほど”買い”】Apple Watch 6 のスゴイところ、悪いところを実写レビュー

Apple watch SE よくある質問

「GPSモデル」と「GPS+Cellularモデル」の違いは何?

「Cellular」とは、「Wi-fi環境がない場合でもインターネット環境を保てる機能」のことで、Cellular搭載モデルはApple Watch単体で、別途3Gや4G/LTEの電波を利用できます。対して「GPSモデル」にはこのCellularが付いておらず、iPhoneもしくはWi-Fiと接続していない場合は機能が限られてきます。CellulerモデルではiPhoneが近くになくともどこでも自由自在に情報伝達ができますが、日常的にApple WatchをiPhoneと接続している人は、「GPSモデル」でもあまり支障が出ないと思われます。

Apple WatchはiPhoneユーザーしか使えない?

Apple WatchはiPhoneとのペアリングを前提とした端末ですので、iPhoneユーザしか使えないと言う考え方が正しいです。Androidなど他社スマートフォンやiPod Touchなどとはペアリングできず、ほとんどの機能を活用できません。iPhoneを持っていない人、iPhoneへの乗り換えを考えていない人は、他の製品に当たるようにしましょう。

Apple Watchで記録したデータはどこで見れる?

基本的に、Apple watchはiPhoneとのペアリングにて本領を発揮する製品です。Apple Watch本体で確認できるデータも多くありますが、深く分析したり幅広いデータを一挙に見たいという人は、iPhone上で確認・操作をする方が無難でしょう。「Apple WatchはiPhoneとの情報伝達機器」という考え方を持った方が、Apple Watchを有効活用できるようです。

【結論】iphoneと同期して便利に使う程度ならApple Watch SEは”買い”

Apple Watch SE

出典:amazon.co.jp

上記より、Apple新製品の「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」は、性能面ではどちらもほとんど同じで、「血中酸素ウェルネスセンサー」の有無が唯一の違いであると言えます。つまりそれはヘルスケアができるスマートウォッチとしてではなく、あくまでiPhoneと同期して最新のアップルウォッチを楽しみたいという人向けの使い方です。

iPhoneへの着信、メールやLineのやり取り、GPS機能、SuicaなどはApple Watch SEでもできるので、それで十分という人には間違いなくオススメです。ヘルスケア機能を使わない人にとっては基本スペックが変わらないのにも関わらず、1万円以上安い「SE」はとても魅力的です。

また、色展開は「Series 6」の方が豊富ですが、これまでのApple製品のベーシックカラーであるシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色は「SE」でも選択できることから、レッドやブルーで個性を出したい人以外は、「SE」でも十分満足できるカラーラインナップではないでしょうか。

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

関連記事:【2021年】Appleマニアが厳選した iPhone おすすめランキング|サイズやスペックまで全機種徹底比較

関連記事:【2021年】お洒落に液晶保護できる Apple watchケース おすすめ20選 |38~44ミリまで全機種に対応

関連記事:【2021年】最新のiPad(アイパッド) おすすめ 3選 |現行モデルを全機種徹底比較!

関連記事:【2021】高速充電対応のワイヤレス充電器 おすすめ 21選 | iPhoneやapple Watchにも対応