【憎らしいほど"買い"】Apple Watch 6 スゴく良かったところ、ダメなところをレビュー

Apple watch 6 レビュー

2020年9月18日に発売された『Apple Watch Series 6』。Apple Watch Series 6は、血中酸素のチェックや心電図の記録などができ、これまでのApple Watchに比べてより深く健康管理ができるのが特徴です。

しかし、新機能が搭載され、魅力的なApple Watchになったとはいえ、「同時に発売されたApple Watch SEと迷う」という人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、Apple Watch Series 6を半年以上使った編集部が赤裸々にレビュー!

また、Apple Watch Series 6を実際に使っている人にも『良かったこと・イマイチだと感じたこと』を聞いたのでご紹介します。

購入に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

Apple Watch Series 6

Apple(アップル)
最安値 ¥50,380 (税込)

■2021年最新のApple Watch Series 7の解説はこちらをチェック

関連記事:【2021年最新】新型Apple Watch Series 7をレビュー!新機能や6との違い、発売日を徹底解説!

■Apple Watchの生産終了モデル~現行モデルの全機種を比較した記事はコチラ!

関連記事:【2021年マニアが選んだ】おすすめNo1のApple Watchは?Series6, SE, Series 3など全機種徹底比較!

■Apple Watch SEとの比較レビュー記事はコチラ!

関連記事:【Apple Watch SE レビュー】”6”と比較した結果”SE”で十分だと判明!その理由を徹底解説

Apple Watch 6を実際に検証してチェックしています

apple watchとは Apple watch AirPods apple watch 充電器 apple watch 比較
今回は人気のモバイルバッテリーを実際に購入して、「売れ筋ランキング」を使ってみました。容量、大きさ、デザイン、充電スピード、使いやすさなどの項目でそれぞれを評価。「実際どうなの?」という部分をしっかり口コミ評価していきます。

そもそもApple Watch(アップル ウォッチ)とは?

apple watchとは

Apple Watchは日々の生活をワンランクアップしてくれる新しい形のスマート腕時計です。

腕時計といえば、「時間を確認するだけのもの」というイメージが強いと思います。しかし、Apple Watchは目覚まし時計やタイマー機能が使えたり、iPhoneに届いた通知を確認できたり、音楽が聞けたりなど、時間を確認すること以外にも多様な使い方ができるのです。

Apple Watchを使うことで、iPhoneライフがより充実し、ヘルスケアやアクティビティなど楽しめる幅が広がること間違いなし!1度身に付けると手放せなくなるくらい生活の質が向上します。

注意
Apple WatchはiPhoneがないと初期設定やデータ管理ができないためandroidユーザーやiPadやMacしか持っていない人は使えないので要注意です!

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

関連記事:【見つける天才?!】最新のAppleの忘れ物追跡デバイス「AirTag」をレビュー

Apple Watch Series 6の魅力的ポイント4選

ここでは、Apple Watch Series 6の魅力ポイント4つをご紹介します。”Apple Watch Series 6”と”Apple Watch SE”で悩んでいる人必見です。

【①常時表示ディスプレイ】腕時計としての使い勝手がアップ

apple watch 比較

Apple Watch Series 6のみの機能ひとつめは『常時表示ディスプレイ』です。これは、ディスプレイ表示が消えないということ。

ディスプレイが常時表示であることのメリットは

  • 電車のつり革につかまっているときでもサッと時間が確認できる
  • デスクワーク中、腕を動かさなくても通知の確認できる
  • 運転中、ハンドルを離さなくても時間が確認できる
  • エアロバイクなどで運動しているとき手を動かさなくても心拍数を確認できる

などがあります。腕時計としての使い勝手がグッと上がりますね。

常時表示ディスプレイ非対応モデルは、腕を降ろすとディスプレイ表示が消えて画面が暗くなってしまうので、画面内の確認がしたい場合どんな状況でも腕を動かさないといけません。

実は、Apple Watch Series 6を使う前、常時表示ディスプレイ非対応のApple Watch Series 4を使っていました。その時は、ディスプレイが常に表示されていないことへの不満はまったく無かったのですが、Series 6を使うようになって「あ、常時表示ディスプレイ非対応には戻れない」と痛感…。

「別にディスプレイが常時表示されているかどうかなんてどっちでも良い!」と思う人もいるかもしれませんが意外と便利な機能のひとつですよ。

【②血中酸素濃度センサー】体内の状態をいつでも確認できる安心感

Apple Watch Series 6の魅力的ポイント4選

Series 6のみの機能ふたつめは『血中酸素濃度センサー』です。

血中酸素濃度についてはApple公式サイトで以下のように記載されています。

血中に取り込まれた酸素のレベルとは

血中に取り込まれた酸素のレベル (血中酸素濃度) とは、赤血球によって肺から全身に運ばれる酸素の割合のことです。この重要な血液の働きがどれほどうまく行われているかを把握することで、全体的なウェルネスの状態を知ることができます。

ほとんどの人の血中酸素濃度は 95〜99%ですが、95%以下になっても通常の生活を送れる人もいます。 

引用:Apple 公式サイトより

血中酸素濃度を計測することで、体内へ正常に酸素が行き届いているかが確認できます。

注意
Apple Watch Series 6で血中酸素濃度を測定する目的はあくまで、ウェルネスやフィットネスのためです。医療での使用や、医師の診断を目的としたものではありません。

新型コロナウイルスに感染し、心肺機能が低下した際に「血中酸素濃度が低下する」という報道がされている昨今。いつでも血中酸素濃度が測れる環境にいると、思わぬ体調不良に少しでも早く気付けるという安心面も魅力ポイントです。

【③心電図】詳細データを残しておけるので病院などへの提出も便利

Apple watch 6 心電図
Apple watch 心電図

機能としては搭載されていつつも、購入当初は使えなかった『心電図』。2021年1月27日から利用可能になりました。

心電図は、Apple Watch Series 6のほかに”Series 4”、”Series 5”のApple Watchでも使えます。しかし、現行モデルである”Series 3”、”SE”では使えないので、ここでご紹介してみました。

Apple Watch Series 6の魅力的ポイント4選

計測結果はiPhoneへ転送されデータを図で確認できます。さらに、計測した日付・計測した環境なども細かくデータとして残せるうえ、PDFファイルで出力できるので、病院への提出などの際にも便利です。

注意
心電図機能は22歳未満の人は使えません。実際、生年月日を入力する箇所で偽ることもできます。しかし、Apple公式HPでは『心電図 App は 22 歳未満の方の使用を想定していません。』という記載がされており、年齢を偽って計測しても正常な結果が得られないケースもあります。

【④デザイン】選べる本体素材が多く、エルメスコラボも登場

apple watch エルメス 女性

Apple Watch SEやApple Watch Series 3はアルミニウム素材のみのラインナップ(カバー)となっていますが、Apple Watch Series 6は、アルミニウムのほかにステンレススチール、チタニウムの3種類から選べます。

素材 特徴
アルミニウム
  • 軽量
ステンレススチール
  • 耐久性が高い
  • 鏡面加工で輝きがある
チタニウム
  • 並外れた強度と軽さ
  • 汚れや指紋が付きにくい
  • つや消しの仕上げを維持する特別なコーティングが施工

また、Apple Watch Series 6のみ『Hermès(エルメス)』仕様を選べるのも魅力ポイントです。

Apple Watch Series 6の魅力的ポイント4選

『Apple Watch×エルメス』はこれまでのApple Watchの概念を覆すような圧倒的なおしゃれ感を漂わせます。これまで、Apple Watchが自分のファッションスタイルに馴染まないと悩んでいた人に持って来いです。

上品で高級感あふれるバンドと、専用の文字盤デザインがステキすぎます!高級志向の人にもおすすめ◎

ここまで、Apple Watch Series 6の魅力ポイントを解説してきました。ほかにも、「チップ性能が20%向上している」「Wi-Fiが2.4GHzから5GHz対応になった」などSeries 6のみの機能はいくつかあります。しかし、ップ性能が向上したことにより実感したことや、Wi-Fiの周波数帯が上がったことで便利と感じたことは特にありませんでした。

もちろん使い方、使う人によってはこれらの機能が「便利だな~!!!」と感じることもあると思います。Apple公式HPでは、現行3モデルのスペックを一覧で比較できるので、使用用途に合わせてチェックしてみるのもおすすめです。

Apple Watch Series 6 のレビュー

ここでは、Apple Watch Series 6を実際に使ってみた感想をレビューしていきます。

Watch OS 7にアップデートすると面白い機能が追加された!

Watch OS 7にアップデートすると面白い機能が追加された!

Apple Watch Series 6の販売に伴いApple Watchの頭脳とも言えるWatch OSが『Watch OS 7』に進化しました。

はるみ

※Watch OS 7は、Series 6だけでなく、Series SEも利用できます。Series 3もアップデートできますが、利用できる機能は少ないようです。
Watch OS 7でできるようになったこと
  • 手洗い機能
  • ミー文字アプリ
  • 文字盤が増えた
  • 睡眠アプリ

■手洗い機能

Watch OS 7にアップデートすると面白い機能が追加された!

手を洗い始めると20秒のタイマーが発動し、20秒に満たない場合はアラームできちんと洗うように促してくれます。コロナ禍の今、手洗いはとても重要なので、とてもタイムリーな機能だと思いました。

■ミー文字アプリ

Watch OS 7では、Apple Watchで『ミー文字』が作れるようになりました。作成したミー文字は、時計の文字盤に設定できます。

ミー文字は実用性というより、コロコロ変わる表情を楽しむ癒し系機能ですね。

■文字盤が増えた

Apple watch 文字盤

設定できる文字盤が増えたのも特徴です。先ほどご紹介したミー文字や、メカニカルなかっこ良い文字盤、ストライプのフレッシュな文字盤などファッションに合わせて選べます。

また、文字盤を自分好みにカスタマイズできたり、作成した文字盤を他人に共有することもできるようになりました。

■睡眠アプリ

Watch OS 7にアップデートすると面白い機能が追加された!

睡眠アプリを使うと、設定した就寝時間と起床時間中はおやすみモードになり、通知がこなくなります。寝ている最中、通知で目が覚めてしまうということはなくなりました。

また、Apple Watchを腕につけたまま寝ることで睡眠時間や睡眠の質を記録してくれる機能も備わっています。

Watch OS 7にアップデートすると面白い機能が追加された!

睡眠記録はiPhoneで確認できます。「今週あまり寝れてないな」「最近寝る時間が遅くなっているな」など、データを見ることで睡眠に対してしっかり向き合うことができました。

血中酸素濃度の測定が正確すぎた!

血中酸素濃度の測定が正確すぎた!

Apple Watch Series 6の目玉機能といっても過言ではない『血中酸素濃度センサー』。せっかくだと思い、ほぼ毎日測定を行っていました。

平常時に測定すると大体88~99%の平均的な数値が結果として出ます。そして好奇心から、息を止めて計測してみたり、筋トレ直後に計測してみると10%くらい下がることも判明。

ちゃんと正確に計測できているんだなと実感しました。

常時表示がSeries 5より25%明るくなった

apple watch 画面 明るさ

Apple Watch Series 5から画面の常時表示機能が導入されていますが、その分バッテリーの消耗がかなり激しくなっていました。そのため表示の明るさを抑えてバッテリー消費を少なくしていたのですが、正直かなり見えにくさを感じていたところ・・・

Apple Watch Series 6からはその常時表示の画面の明るさが25%も向上!サッとチラ見するだけではっきりと通知の内容、時間を確認できるようになり、ノンストレスです。

充電スピードが従来モデルより20%速くなった

apple watch 充電

私は、睡眠の質を記録する睡眠アプリを使うために寝ている間もApple Watchをつけています。故に、常にApple Watchを身につけている状態です。

そのため、充電するタイミングが結構難しかったのですが、充電スピードが上がったことによって朝起きてから充電してもかなりバッテリーが回復し、朝の準備をしている間で十分充電ができるようになりました。

1時間程度充電すれば1日使い続けても充電が切れることはまずありません。

はるみ

Apple Watchを実際に使っている人に「いつ充電してる?」と聞くと一番多かった答えがお風呂のタイミング!確かにお風呂にApple Watch持って入ることないし、わたしも次からこのタイミングで充電しようと思いました♪

Apple Watchの充電器に関連する記事は以下をチェック!

関連記事:【 2021年版最新】Apple Watch(アップルウォッチ)充電器・充電スタンドおすすめ20選

関連記事:【2021】高速充電対応のワイヤレス充電器 おすすめ 21選 | iPhoneやapple Watchにも対応

Apple WatchからAirPods Proの操作ができるのはデカい!

Apple watch AirPods

Apple WatchはiPhoneがないと使えないのですが(※セットアップ等にiPhoneが必要)、他のApple製品と組み合わせることによってかなり使い方の幅が広がります。

私が個人的に一番便利だと感じたのが「AirPods Pro」との連携です。以前のAirPodsは、耳の部分を押すと曲を停止・再生したり、次の曲にスキップしたりできたのですが、AirPods Proからはその機能がなくなってしまいました。

なのでスキップや停止したいときは、毎回iPhoneをカバンやポケットから取り出していたのですが、Apple Watchと連携させておくとAIrPods Proの操作が可能なのでとても使い勝手が良くなりました!

はるみ

Apple製品はそれぞれ機種の互換性が高く、Mac・iPad・AirPods・Apple Watchこれらを組み合わせることでより良いiPhoneライフが送れますよ!

関連記事:【購入前に必見】AirPods Proレビュー。一年使って分かった本当にスゴいところ・残念なところ

Apple Watch Series 6がおすすめな人

ここでは、Apple Watch Series 6を使ってみた私が「Series 6がおすすめな人」を解説していきます。

Apple Watch Series 6がおすすめな人
  • 健康状態を詳しく把握したい人
  • Series 6限定のデザイン性に惹かれた人
  • 常時表示ディスプレイに魅力を感じた人
  • 先端の機能やアプリでスマートに生活したい人

Apple Watchでしっかり健康管理をしたい人

Apple Watchでしっかり健康管理をしたい人

体に身に付けるタイプのさまざまな「ウェアラブル端末」が発売されていますが、その中でもApple Watchのセンサーは最高レベルです。中でもAppleやgoogleはヘルスケア産業に大きく投資しており、健康管理を徹底したい人向けのアプリやサービスを次々に開発しています。

今回、Apple Watch Series 6を使ってみてウェルネス・ヘルスケアがほかのモデルに比べて、高性能だと強く実感しました。

「いつでもどこでも自分の健康状態を把握したい」「年を重ねたことにより健康への意識が強くなった」などApple Watchでしっかり健康管理がしたい人はApple Watch Series 6の購入をおすすめします。

Series 6限定のデザイン性に惹かれた人

Series 6限定のデザイン性に惹かれた人

出典:apple.com

先述した通り、Apple Watch Series 6はデザイン性の幅が広いのが特徴。SEやSeries 3にはないエルメスモデルや、軽量で耐久性の強いチタニウムモデルに魅力を感じた人はSeries 6をがおすすめ。

1日のほとんどを共にするものなので、気に入ったデザインのApple Watchが良いですよね♡

常時表示ディスプレイに魅力を感じた人

常時表示ディスプレイに魅力を感じた人

Apple Watch Series 6のみに搭載されている常時表示ディスプレイ。これ、Apple Watchを使ったことがない人や、Series 6をまだ体験していない人からすると大したことのない機能に感じるでしょう。しかし、常にディスプレイが表示されているのと、されていないのとではプチストレスが大幅に減少されます。

先ほど一例として挙げましたが、時間や届いた通知をサッと見たいとき、どんな体勢でも、どんな状況でも目線をずらすだけで確認できるのはとても快適です。

常時表示ディスプレイに魅力を感じた人

常時表示ディスプレイ非対応のApple Watchだと毎回上記の画像のような動作(腕を上げる)をして確認しなければなりません。

常時表示ディスプレイは実際に使ってみないと味わえない、地味だけど使い勝手の良さを格段にアップしてくれる便利機能と感じています。

最先端の機能やアプリでスマートに生活したい人

Apple Watch 6 レビュー

結局のところ私が一番Apple Watchをおすすめする理由はこれかもしれません。特に男性は、時と場合によって多くの腕時計を付け替えている人も多く、腕時計とは一種のステータスになっていることが多いはず。

しかし、Apple Watchをつけてからは「ステータス=高級時計」ではなく、「ステータス=スマートさ」に変化しました。Apple Watchは健康志向の人だけでなく、よりスマートな便利機能を駆使して、時短したり、賢く生活したいという人には最高のパートナーです。

アプリをインストールすれば使える機能は増えるし、iPhoneとの連携も完璧でとてもスマートです。もうこれが便利すぎて他の時計を全く使わなくなりました。デザインもシンプルであり、使う場所や時を選ばないので時計で悩みたくない人にはかなりおすすめです!

Apple Watch Series 6の良い評価

アップルウォッチ6 口コミ

今回、レントリー編集部以外のApple Watch Series 6を使っている人にも『Apple Watch Series 6の良かったところ・イマイチだと感じたところ』と聞いてみました。

まずは、良い評価をご紹介します。

血中酸素濃度が気軽に測れる&記録できるのが良い

アップルウォッチ 便利機能

母親が在宅酸素療法をしているRさん。Apple Watchを付けているだけで、いつでもどこでも気軽に&人目を気にせず血中酸素濃度が測れることにメリットを感じているそう。

これまで、外出先で血中酸素濃度を測る際はパルスオキシメーターを使用していたみたいなのですが、いかにも「測定しています!」感があって少し抵抗があったそうです。Apple Watch Series 6を購入してからは人目を気にすることなく測定できるようになったのだとか。

パルスオキシメーター

※パルスオキシメーター

また、測定した数値はデータとして残せるので、通院時や体調が優れないとき、医師とスムーズにやりとりができるようになったと話されていました。

トレーニング時の心拍数確認がノンストレス

アップルウォッチ 便利機能

週3でジムに通っているMさん。心肺機能の向上を狙い、ランニングマシンを主に使っているそうです。そのため、ランニングマシンを使っている際、心拍数のチェックは欠かせないみたいなのですが、これまで使っていたApple Watch Series 4は常時表示ディスプレイ非対応で、いちいち腕を上げて確認していたそう。

しかし、Apple Watch Series 6は、常時表示ディスプレイ対応なので、ランニングしている体制を崩すことなく心拍を確認できることに、便利さを感じたと話してくれました。

ソロループの快適性が半端ない!!!

Apple Watch ソロループ

出典:apple.com

新しくApple Watchが発売されるたびに購入しているというAppleマニアのSさん。今回、Apple Watch Series 6の発売と同時にソロループというバンドも展開されたと知り、他のバンドは眼中になかったようです(笑)

いざ、ソロループを初めて使ってみると付け心地の良さに驚いたそう。腕時計を付けている感が全くなく、ただバンドを付けている感覚のみ。長時間付けていても違和感が全くないのだとか。

「就寝時もApple Watchを付けたい人は、ソロループがおすすめ!」とのことでした。

はるみ

ちなみに、ソロループはApple Watch Series 4以降とApple Watch SEにのみ対応しています☆
Apple(アップル)
最安値 ¥50,380 (税込)

Apple Watch Series 6のイマイチだと感じたところ

アップルウォッチ6 レビュー

良いと感じた人もいればもちろん、イマイチだと感じた人もいます。ここでは、Apple Watch Series 6の良くない評価をご紹介します。

健康志向でないのでSeries 6じゃなくても良かった

アップルウォッチ 機能

Apple Watch Series 6には血中酸素濃度測定や心電図計測ができるなど、ヘルスケア面ではかなりハイスペックです。Apple Watchで健康管理をしっかり行いたい人には、Series 6は絶対に買いなのですが、時間や通知の確認+α程度でApple Watchは使いたい人にとっては、Series 6のヘルスケア機能は不必要なよう。

「血中酸素濃度なんてめったに測らないし、SEでも十分だった」という声も見受けられました。

価格が高い|組み合わせによっては10万円以上はザラ

アップルウォッチ6 価格

Apple Watch Series 6の価格は47,080円(税込)~。エルメスモデルともなると17万円以上する場合もあります。

シンプルに「Series 6は高い!!」という声が多々寄せられました。スマートウォッチとしてはかなり高額な部類に入るので、決して気軽に買える値段ではありませんね。

反面、Apple Watch SEの価格は32,780円(税込)~。高くても38,000円くらいなので、頑張れば手が出せる価格帯なのが特徴です。SEは手ごろな価格ながら、Apple Watchの便利機能が十分に備わっています。Apple Watch初心者さんには、SWの方が購入後の後悔は少ないかもしれません。

以下の記事では、Apple Watch SEのレビューをしています。気になった人はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事:【比較レビュー】Apple Watch SEの魅力は?Series6と比較して「買い」なのか徹底検証!

Apple Watch Series6とSEの比較

Apple Watch Series6とSEの比較

Apple Watch Series6と共に発表された最新のApple Watch SEとの違いや特徴を表を用いて説明していきます。

想定しているユーザー層と価格が変わってくるので、選ぶときの参考にしてください。

Apple Wacthの比較表

Apple Watch Series 6 Apple Watch SE
価格 47,080円(税込) ~ 32,780円(税込)~
画面の常時表示 あり なし
バッテリー持続時間 30時間(常時表示あり) 44時間
フレーム アルミ、ステンレススチール、チタニウム アルミ
心電図センサー あり なし
血中酸素濃度測定 あり なし

Apple Watch SEの特徴

Apple Watch SEは「よく使う機能のみを搭載したコストパフォーマンスを最大に発揮した機種」と言えるでしょう。

画面の常時表示や、心電図センサー・血中酸素濃度測定などのSeries 6やSeries 5にはあった機能がSEにはありませんがその分バッテリーが長時間持続し、価格がかなり抑えられています。

搭載されているチップはS5チップなのでSeries3に比べるとかなりサクサク動作してくれます。

文字盤も豊富なので初めてApple Watchを買うという人には圧倒的におすすめです!

関連記事:【比較レビュー】Apple Watch SEの魅力は?Series6と比較して「買い」なのか徹底検証!

アップルウォッチ6に絶対おすすめのアクセサリー

Apple Watchの充電器

apple watch 充電器

購入時にUSB充電ケーブルは付属していますが、充電スタンドやPCに接続できる充電ドッグがあると充電が便利になります。PC接続などは常に持ち歩いてると、オフィスや外出先で作業する場合にも便利です。

関連記事:【 2021年版最新】Apple Watch(アップルウォッチ)充電器・充電スタンドおすすめ20選

Apple Watch 保護ケース

 

Apple Watchのガラスケースは表面が特殊な加工がしてあるので傷つきにくいです。ただしアクティビティをしたり、万が一の場合に備えて保護ケースを購入しておくのはおすすめです。

関連記事:【2021年】お洒落に液晶保護できる Apple watchケース おすすめ20選 |38~44ミリまで全機種に対応

Apple Watchバンド

 

Apple Watchはバンドの種類が多く、使うシーンや季節、気分で気軽に交換して楽しめるのも魅力です!

関連記事:【2021年完全版】Apple Wacthバンド おすすめランキング40選 | オシャレ&かわいいを厳選

Apple Watch モバイルバッテリー

apple wathc モバイルバッテリー

Apple Watchの弱点は充電時間の短さです。外でも気軽に充電できると長時間の外出でも安心です。スマホ用のモバイルバッテリーだとアップルウォッチ用の充電ケーブルが必要なので、そのままダイレクトに充電できるアップルウォッチ専用モバイルバッテリーがだとケーブルレスで便利です。

関連記事:【 2021年版最新】Apple Watch(アップルウォッチ)充電器・充電スタンドおすすめ20選

Apple Watch 体重計

ヘルスケア重視の人には体重計がおすすめ。アップルウォッチでその日の運動量などは測れるけど、体重をチェックすることはできません。体重計があればApple Watchのワークアウトと合わせて、より正確なヘルスケアデータを記録することができます。

関連記事:【スマホやスマートウォッチと連携できる】体重計・体組成計 おすすめ16選 (2021年最新)

Apple Watch Series6は最先端のヘルスケアをサポートするハイテクウォッチ

総じてApple WatchはiPhoneユーザーであれば、現状手に入る最上級のスマートウォッチであることは間違いありません。

ヘルスケア機能の豊富さやApple製品との互換性、そして滑らかに動く高速性と、デザインの美しさ

どれをとっても完璧な逸品です。

既にSeries5を持っている人は来年以降のSeries7を待つものいいかもしれませんが、初めてapple watchを検討している人にとっては買って後悔することはないと思います!

Apple(アップル)
最安値 ¥50,380 (税込)

apple watchのその他の機種もまとめて紹介している記事もあるので選ぶときの参考にしてみてください。

関連記事:【2021年】マニアが選ぶ Garmin(ガーミン) おすすめ20選|ゴルフや登山で使った感想もレビュー

関連記事:【女性スタッフが選んだ】かわいいスマートウォッチおすすめ22選 (レディース編)

関連記事:【2021年】健康管理で人気のFitbit (フィットビット) おすすめモデル9選 | 選び方を徹底解説!

関連記事:【2021年】お洒落に液晶保護できる Apple watchケース おすすめ20選 |38~44ミリまで全機種に対応

関連記事:【2021年】Appleマニアが厳選した iPhone おすすめランキング|サイズやスペックまで全機種徹底比較

関連記事:【2021年】最新のiPad(アイパッド) おすすめ 3選 |現行モデルを全機種徹底比較!

関連記事:【2021年完全版】マニアが厳選した スマートウォッチ おすすめランキング 30選 | 選び方や機能を完全解説

この記事は参考になりましたか?