剥がれず、割れにくい!Apple Watch保護フィルムおすすめ20選 | 正しい貼り方も紹介

AppleWatchフィルム

出典:amazon.co.jp

大切なApple Watchを衝撃や傷から守るためには、保護フィルムが欠かせません。最近は薄型のフィルムが多く、装着時の違和感が少ない商品が増えています。値段も1,000円台のものがほとんどで、消耗品として手軽に購入できる点も魅力です。

しかし、一見同じように見えるApple Watchフィルムも、さまざまな素材や機能があり種類が豊富。どれを購入したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Apple Watchフィルムの選び方やおすすめ商品、フィルムの貼り方をご紹介します。売れ筋の商品をサイズ別に徹底調査しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Apple Watch保護フィルムはいらない?必要性とは?

Apple Watch保護フィルムはいらない?必要性とは?

出典:amazon.co.jp

Apple Watchは現場作業やスポーツシーンで使っている人も多いですよね。もちろんある程度の耐久性は備わっています。しかし、作業に集中していたり激しいスポーツの場合など、傷や破損を防ぐことは難しく、ぶつけたり落としたりすれば液晶画面が割れる可能性も否定できません。

画面割れや破損を防ぐのに、保護フィルムは必要不可欠。同じような目的のアイテムに保護ケース(カバー)がありますが、ケースは装着時の見た目がややハードになり、Apple Watchの純正品ならではのデザインを損ねてしまいがちです。

その点、保護フィルムなら見た目に大きな変化もなく、装着時の違和感も保護ケースに比べて少なめ。薄いので画面をタッチした時の感度もよく、Apple Watchをケースなしで使いたい人も抵抗なく使えるでしょう。画面が割れて後悔するよりは、保護フィルムを付けておくことをおすすめします。

保護フィルムを使うメリット
  • 傷や衝撃からApple Watchを保護できる
  • 見た目の変化や装着時の違和感が少ない
  • 薄くて画面タッチの感度が良好

Apple Watch保護フィルムの選び方

Apple Watch保護フィルムにはいろいろな種類があり、初めて購入する方には違いがわかりにくいかも知れません。使われている素材や機能など、フィルム選びでチェックしておきたいポイントをまとめてみましたので、一緒に見ていきましょう。

フィルムの素材で選ぶ

Apple Watchフィルムの主な素材は、ガラス素材とTPU素材の2種類。それぞれにメリットとデメリットがあるので、特徴を理解した上で、目的や好みに合わせて選ぶとよいでしょう。

ガラス素材:大きい衝撃での画面割れを防ぎ保護

ガラス素材:大きい衝撃での画面割れを防ぎ保護

出典:amazon.co.jp

ガラス素材のフィルムは、強度があり耐衝撃性に優れているのが特徴。Apple Watchをぶつけた時や落とした時に液晶画面の割れを防げる確率が高く、画面保護する目的であれば最適です。

しかし、頑丈に作られているぶん厚みがあり、邪魔に感じることも。さらに、湾曲した画面にフィットしにくく、画面から浮いてしまう場合もあります。柔軟性やフィット感を重視するのであれば、他の素材がよいでしょう。

ガラス素材の特徴
  • 丈夫で耐衝撃性に優れていて画面保護には最適
  • 厚みがあり、フィット感がいまいち

TPU素材:表面の細かい傷を防ぐ

TPU素材:表面の細かい傷を防ぐ

出典:amazon.co.jp

フィルム装着時の違和感を軽減したい人にはTPU素材がぴったり。TPUはガラスではなくプラスチックのひとつなので、0.2mm以下の薄いタイプが多く、柔らかくて液晶画面になじみやすいため、まるで付けていないような装着感を得られます。細かな傷を防げることに加え、傷や気泡の自動修復機能が付いているのもTPU素材ならではです。

一方、耐衝撃性がさほど高くないため、強い衝撃や落下時には画面が割れてしまう可能性も否定できません。ハードな使い方をしたい人にはガラス製のフィルムをおすすめします。

TPU素材の特徴
  • 薄型で装着時の違和感が少ない。
  • 細かな傷は防げるが、大きな衝撃に弱い。

角も守れる!耐衝撃に備えるなら枠ありの全面保護タイプ

角も守れる!枠ありの全面保護タイプを選ぶ

出典:amazon.co.jp

Apple Watchの液晶画面は端にカーブがかかっているため、板状のフィルムではどうしてもカバーしきれない部分が出てきます。画面全体を保護するなら、全面保護タイプのフィルムを選びましょう。端に向かって湾曲したつくりなので、隅々までカバーできます。さらに保護力を高めたいのであれば、枠付きのフィルムがおすすめですよ。

ただし、枠の部分に接着剤が付かないタイプもあり、フィット感がやや劣ります。枠が接着しないフィルムは空気が入りやすく気泡が出来やすいので、購入時に確認しておきましょう。

落としても大丈夫?硬度をチェック

落としても大丈夫?硬度をチェック

Apple Watchの破損原因として最も注意したいのが落下ですよね。スマホを落として画面割れを経験した人もいるかと思いますが、Apple Watchも落下の衝撃で割れてしまうことがあります。

落とすのが心配な方は、表面硬度が表示されたガラスフィルムを選ぶのがベストです。フィルムの硬度には鉛筆の芯の硬さを表現する「鉛筆硬度」が採用され、数字+Hで表現されます。もちろん、数字が高いほど丈夫なので、硬度9Hのフィルムを選んでおけば安心できるでしょう

注意
エレコムなど一部メーカーの製品は、鉛筆硬度ではなく鉱物硬度規格の「モース硬度」で硬度を表記している場合があります。

あると嬉しい!フィルムの機能もチェック

保護能力と同じぐらい重視したい機能性。日常で頻繁に使うアイテムですから、より便利なものを選びたいですよね。便利な機能をいくつか紹介するので、購入時の参考にしてくださいね。

プライバシーを守る、覗き見防止機能

プライバシーを守る、覗き見防止機能

出典:amazon.co.jp

電車やバスでの移動中、画面を周りの人に見られていないか気になる人もいるでしょう。周りからの覗き見が気になる方は、覗き見防止機能付きのフィルムがおすすめ光線透過率の低いフィルムなので、液晶画面もやや暗く見えてしまいますが、プライバシーを優先したい人には最適です。

目に優しいブルーライトカット機能

目に優しいブルーライトカット機能

出典:amazon.co.jp

ブルーライトが気になる人や目が疲れやすい人向けに、ブルーライトカット機能が付いたフィルムもあります。夜間にApple Watchの画面を長時間見続ける人は、ブルーライトを軽減するフィルムの使用がおすすめです。通常のフィルムと画面の見え方がさほど変わらないので、ぜひ一度試してみてください。

画面が鮮明に見える光沢加工。光沢を抑えるならマット加工

画面が鮮明に見える、光沢加工

光沢加工が施されたフィルムは、ツヤのある鮮明で美しい液晶画面を演出します。画面がくっきり見えるので、視力が低めの方にもおすすめです。

ただし、高光沢のフィルムは光の反射も強く、屋外では逆に画面が見づらくなることも。光の光沢を抑えるマット加工フィルムもあるので、使うシーンに合わせて選んでくださいね。

世代ごとに異なる、フィルムサイズに要注意!

世代ごとに異なる、フィルムサイズに要注意!

2015年に登場したApple Watchは、これまで何度かモデルチェンジされており、世代によってサイズが変わります。初代から最新モデルまで、歴代のApple Watchのサイズをまとめてみましたので、お手持ちのアイテムと合わせてサイズを確認してくださいね。

Apple Watch サイズ
Apple Watch(初代) 38・42mm
Apple Watch Series 1 38・42mm
Apple Watch Series 2 38・42mm
Apple Watch Series 3 38・42mm
Apple Watch Series 4 40・44mm
Apple Watch Series 5 40・44mm
Apple Watch Series 6 40・44mm
Apple Watch Series SE 40・44mm
Apple Watch Series 7 41・45mm

※現在販売されているモデルは、Series 3・Series 7・SEの3種類です。

なお、 保護ケースをすでに持っている人は、ケースに合わせてフィルムを選ぶのがおすすめ。 フィルムの厚さで保護ケースを干渉してしまい、はまらなくなる場合があります。0.15mm以下の極薄タイプや、小さめに設計されているタイプであれば、ケースと併用しやすいです。

ドンキに「Apple Watch保護フィルム」は売っている?

編集部が調査したところ、Apple Watch保護フィルムは取り扱いが確認できませんでした。しかし店舗によっては取り扱いがある可能性があるので、お近くの店舗に確認してみてください。

【41, 45mm】Series 7 Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格対応サイズ材質全面保護硬度機能
AUNEOS Apple Watch 用 41mm/40mm フィルム¥1,899 Amazon楽天市場Yahoo!41,45mmTPU-傷修復
NIMASO フィルム 41mm Apple Watch series 7 対応¥1,680 Amazon楽天市場Yahoo!41,45mmTPU-指紋防止、傷修復
YOFITAR Apple Watch Series 7 用フィルム¥1,299 Amazon楽天市場Yahoo!41,45mmTPU--指紋防止、傷修復
POLINK Apple Watch 用 フィルム確認中 Amazon楽天市場Yahoo!41,45mmPMMA-指紋防止
TALENANA  Apple Watch 7 用 液晶保護フィルム¥1,299 Amazon楽天市場Yahoo!41,45mmTPU--指紋防止、傷修復

【41, 45mm】Series 7 Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング5選

関連記事:【2021年最新】新型Apple Watch Series 7をレビュー!新機能や6との違い、発売日を徹底解説!

【40mm】Series 4〜Series 6,SE Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格対応サイズ材質全面保護硬度機能
NIMASO 液晶保護フィルム¥970 Amazon楽天市場Yahoo!38・40mmTPU-防指紋・傷自動修復・気泡除去
AUNEOS Apple Watch フィルム¥1,880 Amazon楽天市場Yahoo!40・38mmTPU-ラウンドエッジ加工・傷修復機能・気泡消滅
LK Apple Watch 液晶保護フィルム¥2,450 Amazon楽天市場Yahoo!40・44mm0.01mm高品質TPU素材-ラウンドエッジ加工・防指紋・防水・ガイド動画付き
TALENANA Apple Watch用フィルムAmazon¥2,699 楽天市場Yahoo!40・44mmナノガラス-ラウンドエッジ加工・防指紋・ガイド枠付き
OAproda Apple Watch用 保護フィルム確認中 Amazon楽天市場Yahoo!40mmPET-ラウンドエッジ加工・防指紋

【40mm】Series 4〜Series 6, SE Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング5選

【44mm】Series 4〜Series 6, SE Apple Watch保護フィルム人気ランキング比較一覧表

商品最安価格対応サイズ材質全面保護硬度機能
りんご堂時計店 Apple Watch 保護フィルムAmazon¥1,280 楽天市場Yahoo!40・44mmPET不可--
YOFITAR Apple Watch用フィルム¥1,199 Amazon楽天市場Yahoo!40・44mmTPU-ラウンドエッジ加工・傷自動修復・気泡除去など
AUNEOS Apple Watch用フィルム¥1,699 Amazon楽天市場Yahoo!44mmPET複合材3Hラウンドエッジ加工・撥水加工など
東洋物産 アップルウォッチ ガラスフィルムAmazon¥1,600 楽天市場Yahoo!40・44mmガラス10Hラウンドエッジ加工・防指紋
エレコム Apple Watch フルカバーフィルム AW-44FLAFPR確認中 Amazon楽天市場Yahoo!40・44mmポリウレタン-ラウンドエッジ加工・防指紋・気泡除去など

【44mm】Series 4〜Series 6, SE Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング5選

【38mm、42mm】初代, Series 1〜Series 3 Apple Watch保護フィルム人気ランキング比較一覧表

商品最安価格対応サイズ材質全面保護硬度機能
LK Apple Watch 液晶保護フィルム¥1,099 Amazon楽天市場Yahoo!38・40mmTPU-ラウンドエッジ加工・傷自動修復・防指紋
Boesklenn Apple Watch 画面保護フィルム確認中 Amazon楽天市場Yahoo!38・40mmTPU-ラウンドエッジ加工・傷自動修復・気泡除去
Select KOH Apple Watch 保護フィルムAmazon¥1,000 楽天市場Yahoo!38・40・42・44mmTPU-ラウンドエッジ加工・傷自動修復・気泡除去
L&Lライブリーライフ Apple Watch 保護フィルムAmazon¥1,380 楽天市場Yahoo!38・40・42・44mmガラス9Hラウンドエッジ加工・防指紋
PDA工房 Apple Watch 保護フィルム¥1,265 Amazon楽天市場Yahoo!42mm‎ポリエチレンテレフタレート不可-ラウンドエッジ加工

【38mm、42mm】初代, Series 1〜Series 3 Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ランキング5選

Apple Watch保護フィルムおすすめ人気ブランド

種類やサイズが豊富なベルキン

ベルキンは、PCやスマホの周辺機器を取り扱うアメリカのメーカー。iPhoneやiPadを含むApple製品の保護フィルムを多数展開しています。Apple Watchもラインナップが豊富で、ガラスの強度をアップさせるイオン交換加工など独自の技術が魅力限定生涯保証も付いており、品質重視で選びたい人におすすめです。

日本を代表する周辺機器メーカーのエレコム

おすすめ

エレコムは、言わずと知れた日本を代表するコンピューター周辺機器のメーカーです。リーズナブルなものから高価格なものまでさまざまなApple Watchフィルムを販売しています。ブルーライトカットやセラミックコートなど、特殊なタイプのフィルムも扱っているのでチェックしてみましょう。

スマホ関連アクセサリーが人気のAUNEOS

おすすめ
AUNEOS
最安値 ¥1,699 (税込)

スマホやスマートウォッチのアクセサリーが人気の海外メーカー・AUNEOS。PET複合素材を採用し、柔軟性と耐久性を兼ね備えているフィルムが特徴。独創的な二重ラウンドエッジ処理で、ガラスとフレームの両方で3D曲線を描いているため、密着度が高いのもポイントです。

Apple Watchの純正品アクセサリもチェック!

現在、純正Apple Watch保護フィルムの取り扱いはありませんが、Apple Watchに使える純正アクセサリはたくさん販売されています。画面保護以外でApple Watchをより楽しみたい方は、Appleの純正品もチェックしておきましょう。

関連記事:【2022年】あったら便利なApple Watchおすすめアクセサリー20選|おしゃれに使えるものも

関連記事:【2022年版最新】Apple Watch(アップルウォッチ)充電器・充電スタンドおすすめ22選

Apple Watch保護フィルムの正しい貼り方

せっかくお気に入りのフィルムを選んだのなら、きれいに貼りたいですよね。Apple Watchフィルムの貼り方には、ガイド枠を使って貼るタイプ剥離タイプがあります。

それぞれのタイプの一般的な貼り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

注意
ここで紹介するのはほんの一例ですので、正しい貼り方は購入した商品の説明書きで確認してください。
  • ガイド枠付きタイプの貼り方
  • STEP.2
    バンドを外す
    Apple Watchの電源を切り、バンドを外しておきます。
  • STEP.1
    固定ホルダーを取り付ける
    時計の位置を固定するホルダーがある場合は、ホルダーをテーブルに貼り付けます。さらにApple Watchを貼り付けて固定させます。
  • STEP.2
    タイトル2
    付属のクリーニング用品で画面をきれいにしましょう。(例:アルコールパッド→クリーニングクロス→ホコリ取りシール)
  • STEP.3
    フィルムの位置を決める
    ガイド枠を取り付け、フィルムの接着面を下にして台紙シールを剥がしてください。その後、枠の四隅に合わせてフィルムを置き軽く押します。
  • STEP.4
    ガイド枠を外す
    フィルムを抑えながらガイド枠の四隅を押し上げ、ガイド枠を外しましょう。
  • STEP.5
    気泡を押し出して完成
    ヘラを使って画面にフィルムをなじませ、気泡を抜いていきます。最後に指で細かい気泡を押し出して完成です。
  • 剥離タイプの貼り方
  • STEP.2
    バンドを外す
    Apple Watchの電源を切り、バンドを外しておきます。
  • STEP.1
    固定ホルダーを取り付ける
    時計の位置を固定するホルダーがある場合は、ホルダーをテーブルに貼り付けます。さらにApple Watchを貼り付けて固定させます。
  • STEP.2
    画面上のホコリをきれいに
    付属のクリーニング用品で画面をきれいにしましょう。(例:アルコールパッド→クリーニングクロス→ホコリ取りシール)
  • STEP.3
    フィルムの位置を決める
    台紙シールの順番があるものは表記通りに、なければ半面のシールを剥がします。画面にフィルムを置き、位置を決めます。位置が合わない場合は引き上げて貼り直しましょう。
  • STEP.4
    残りのシールを剥がす
    接着した面からヘラを押し進め、残りのシールを剥がしていきます。
  • STEP.5
    気泡を押し出して完成
    ヘラを使って画面にフィルムをなじませ、気泡を抜いていきます。最後に指で細かい気泡を押し出して完成です。

Apple Watch保護フィルムのよくある質問

Apple Watchの保護フィルムはどこで売っていますか?

ヨドバシ・ケーズデンキ・ヤマダ電機・ビックカメラ・エディオンなどの電気屋さんや、ドンキホーテ・ロフトなどの雑貨店で販売しています。もちろんAmazonんどのオンラインショップでも購入可能です。

ただし、実店舗は取り扱っている商品の種類が少ないので、いろいろな種類から選びたい人はAmazonや楽天などのネット通販がおすすめです。

Apple Watchの保護フィルムは100均でも売っていますか?

ダイソーでは40・44mmのApple Watchフィルムを取り扱っています。セリアでは貼るタイプのフィルムは確認できておりませんが、画面に塗るタイプの液体フィルムを販売しています。

自分で保護フィルムを貼るのが苦手です。Apple Watchフィルム貼り付けサービスはありますか?

iPhoneやiPadは訓練を受けた専門スタッフによる貼り付けサービスがありますが、Apple Watchの貼り付けサービスは確認できませんでした。

しかし、Apple Watchの販売店やフィルム貼り付けサービスを実施しているお店で貼ってくれる可能性もありますので、店舗に直接問い合わせてみてください。

Apple Watch保護フィルム以外に!おすすめのスマホ系アイテム

今回はApple Watchフィルムについて詳しく解説しましたが、他のアクセサリーやApple Watch以外のスマートウォッチについて別記事で紹介しています。ぜひこの記事と併せて読んでみてくださいね。

Apple Watch系アイテム

関連記事:【2021年完全版】Apple Wacthバンド おすすめランキング40選 | オシャレ&かわいいを厳選

関連記事:【 2021年版最新】Apple Watch(アップルウォッチ)充電器・充電スタンドおすすめ20選

関連記事:【2021年】お洒落に液晶保護できる Apple watchケース おすすめ20選 |38~44ミリまで全機種に対応

Apple Watch以外のスマートウォッチ

関連記事:【アウトドアに強い】SUNNTO(スント)スマートウォッチおすすめ人気ランキング10選

関連記事:Suica対応モデルも登場!SONYスマートウォッチおすすめ10選 【2021年最新版】

関連記事:【4,000円以下も】iPhone対応スマートウォッチおすすめ15選|安い・おしゃれなモデルを厳選

おすすめApple Watch保護フィルムまとめ

本記事では、Apple Watchフィルムの種類や選び方、タイプ別のおすすめ商品をご紹介しました。今回のポイントをまとめると、以下の通りです。

この記事のポイント
  • Apple Watchを大切に扱いたいならフィルムは必要不可欠。
  • 耐衝撃性を重視するならガラス素材、使いやすさを重視するならTPU素材がおすすめ。
  • 覗き見防止やブルーライトカットなど、機能面も考慮して選ぶ。
  • Apple Watchの世代によってサイズが違うので、購入前に確認しよう。

自分にぴったりのフィルムを選べば、Apple Watchをさらに快適かつ安全に使うことができます。この記事を参考に、お気に入りの一枚を見つけてくださいね。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー