【2020】先輩ママが教える!ベビーカー おすすめランキング 42選

   

これから赤ちゃんを迎えたり、小さな赤ちゃんが産まれたばかりで、いろいろなベビー用品をそろえている最中のママパパも多いのではないでしょうか?

ベビー用品の中でも必須といっても過言ではないのが、毎日のおさんぽや買い物などで大活躍の「ベビーカー」です。

実はベビーカーとひとえに言っても、種類、メーカー、機能性は様々です。赤ちゃんにとっても、ママパパにとっても快適な1台をを選び、楽しくお出かけしたいですよね。

そこでこの記事では、皆さんが良い1台に出会えるように、ベビーカーの種類と選び方の重要なポイントについて図解で分かりやすく説明します。さらに、メーカー、機能、種類別おすすめのベビーカーもランキング形式でご紹介いたします。

目次

ベビーカーの対象年齢

https://www.combi.co.jp/

ベビーカーはいつからいつまで使えるのか?
  • 1か月健診の過ぎた生後1か月後からがベスト。
  • 2歳半から3歳ごろまで使用可能。

使用開始は生後1か月からがベスト

ママ、パパの中には赤ちゃんが生まれたらすぐにベビーカーを使おうと考えている方もいるかもしれません。しかしながら、免疫力の低い生後まもない赤ちゃんにとって、外出することは感染症のリスクを高めるため、控えることが推奨されています。

最低でも、新生児期(生後28日間)は外出は控え、1か月健診を過ぎてから使用するようにしましょう。

2歳半から3歳ごろまで使用可能

2歳半から3歳ごろからは、しっかりと歩いたり、飛び回ったりできるようになります。そのため、行動範囲も広くなってきます。しかし、まだ体力はあまりないので、疲れて眠くなってしまったり、抱っこしてほしいとお願いすることもあるでしょう。もし、遠出先やたくさんの荷物を持っていたら、特に力のないママにとって、お子さんを抱っこして帰るのはひと苦労です。

そんな時、ベビーカーを持っていることで柔軟に対応できます。ベビーカーには各メーカーが推奨する年齢・月齢を表記されており、多くのベビーカーは2歳半から3歳ごろまで使用できます。中には4歳程度のお子さんでも使用できるものもあります。使用シーンや、赤ちゃんが大きくなった後のことも考え、長く使える丈夫なベビーカーを選ぶことをおすすめします

ベビーカーの種類

https://www.combi.co.jp/

ベビーカーの種類
  • A型:生後1か月頃から使用可能で、安定性に優れたタイプ。
  • B型:軽量かつコンパクトで、比較的安価なタイプ。
  • 双子専用型:双子の赤ちゃんとのお出かけに便利なタイプ。

A型

A型ベビーカーは、ベビーカーの中でも代表的なタイプです。最大の特徴は、生後1か月頃のまだ首の座っていない赤ちゃんにも使用できる点です。多くのものはリクライニングが150度以上になるように設計されており、ほぼフラットな状態に倒すことが可能です。

また衝撃吸収などの性能や、安全性に優れており、振動などによる赤ちゃんへの影響を軽減できます。

さらに、赤ちゃんの向きを背面と対面のどちらにも切り替えることのできる両対面タイプのものも多くあります。背面方向に向けてあげれば、赤ちゃんと一緒に外の景色を楽しむこともできますし、対面方向に向けてあげれば赤ちゃんの様子を確認しながら移動することができるので、普段のお出かけがより一層楽しくなるでしょう。

デメリットは、高機能性であることから価格が高く、重量が重い点です。またサイズも大きいため、狭い場所や公共交通機関などでは持ち運びが大変ですが、安定感のあるベビーカーを探している方はA型がおすすめです。

A型ベビーカーの特徴
生後一か月頃から使用可能。衝撃吸収性能、安定性に優れている。ほぼフラットに倒すことのできるリクライニング機能も便利。

⇒A型ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

B型

B型のベビーカーは、しっかりとおすわりができるようになった生後7か月頃から使用できます。A型とは異なり、リクライニングなどの機能はついていない商品が多いですが、その分作りがシンプルで、価格もお手頃です。さらに、クッション性能などの簡素化しており、重量も軽く、コンパクトなので、狭い場所や公共交通機関などでの移動の際にも場所を取らない点もメリットです。

デメリットは、そのシンプルな機能性から、A型と比較して安定性に劣る点です。また、リクライニング機能がないものや、あっても角度が浅いものがほとんどで、赤ちゃんの乗り心地についてもA型より劣っています。

B型のベビーカーを選ぶ際は、購入前に試してみて、赤ちゃんが気に入ってくれるか確認することをおすすめします。

B型ベビーカーの特徴
生後7か月頃から使用可能。機能はシンプルで使いやすく、コンパクトかつ軽量で持ち運びに便利。A型よりも安定性には劣るものの、価格はお手頃なのもポイント。

⇒B型ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

双子専用型

双子用ベビーカー
  • 横型:二人の赤ちゃんの顔をよく見ることができる。
  • 縦型:スリムなので、細い道でも使用できる。

双子の赤ちゃんのパパやママに便利なのが、「双子用ベビーカー」です。二人一緒にベビーカーにのせることができるので、お出かけが楽にできるようになります。

その双子用のベビーカーにも「縦型」と「横型」があります。縦型ベビーカーは赤ちゃんが前後に並んで乗るので、狭い場所での小回りが利きます

一方で、横型のベビーカーは赤ちゃんが横並びで乗るので、二人の赤ちゃんの顔を確認しやすいため、より安心感があります。しかし、狭い道では移動しづらいので、込み合った公共交通機関、狭い場所の移動が多い方は、縦型がオススメです。

⇒双子専用ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

ベビーカー タイプごとのメリット・デメリット

商品画像
タイプA型B型双子用 縦型双子用 横型
メリット・生後一か月から使用可能
・衝撃吸収性能、安定性に優れている。
・リクライニング機能の搭載されたものが多い。
・安価
・重量が軽く、コンパクト
・スリムで小回りが利く。・二人の赤ちゃんをよく見ることができる。
デメリット・高価
・重量が重く、サイズが大きい。
・クッション性能が簡素
・リクライニング機能などが付いていないものがほとんど
・後ろの赤ちゃんの顔を確認しにくい。・幅が広く、狭い場所では不便

ベビーカー人気のメーカー

ベビーカー人気のメーカー
  • コンビ(Combi)
  • アップリカ(Aprica)
  • マクラーレン(Maclaren)
  • ベビーゼン ヨーヨー(Babyzen YOYO)

コンビ(Combi)

https://shop.combi.co.jp/shop/default.aspx

アップリカと並んで、業界で高いシェアを占めている、人気のベビー用品メーカーです。ベビーカーに加えて、哺乳瓶や赤ちゃん用の食器などの小物から、チャイルドシートなどの大きな商品までと、幅広く商品を取りそろえているのが特徴です。

ベビーカーの中では特に、赤ちゃんの柔らかくデリケートな頭をしっかりと守ってくれる、「エッグショック」と呼ばれる独自の衝撃吸収素材を搭載した製品は人気です。

⇒コンビ製ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

アップリカ(Aprica)

https://www.aprica.jp/products/babycar/

上記のコンビと並んで、アップリカは国内のベビー用品の二大ブランドメーカーです。ベビーカー以外に、抱っこひもやハイローヘッドなど、取り扱っているベビー用品は多岐にわたります。ママや赤ちゃんの快適さを追求するために育児工学技術を積極的に取り入れた製品が取り揃えられているのが特徴です。

⇒アップリカ製ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

マクラーレン(Maclaren)

https://maclaren.jp/

日本国内でも人気の高い、イギリス発祥のベビー用品メーカーです。欧米の高く設定された安全基準を満たしていることから、安定性、機能性などが非常に高く、安全に赤ちゃんをベビーカーに乗せることを最優先に考えているママやパパにはおすすめメーカーです。

⇒マクラーレン製ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

ベビーゼン ヨーヨー(Babyzen YOYO)

https://www.coming-shop.co.jp/

ベビーゼンは5人のフランス人が立ち上げた、ベビー用品ブランドです。2012年に世界で初めて発売した、「YOYO(ヨーヨー)」という3つ折りのベビーカーは、飛行機の荷物の棚に収まるほどコンパクトです。

片手でもスイスイ走行でき、高い操作性を備えたベビーカーは多くのユーザーから人気を集めています。また、他のメーカーと比較して、ベビーカーのカラーバリエーションが豊富で、布地の部分とフレーム部分をお好きな色に合わせてカスタマイズできるのもうれしいですね。

⇒ベビーゼンYOYO ベビーカーのおすすめ2選をチェックする。

ママが教えるベビーカーの選び方のポイント

ベビーカー選びのポイント
  • 住環境や移動手段
  • 操作性
  • 価格帯

住環境や移動手段で選ぶ

ベビーカーを選ぶ際には、住んでいる環境を確認しておきましょう。アパートやマンションなどの集合住宅か、あるいは一軒家なのか、またエレベータはあるのかなどによって、選ぶポイントが異なるので注意しましょう。

収納しやすいか=折り畳みのサイズ

お子さんが歩けるようになってきてベビーカーの使用頻度が少なくなると、押し入れなどに収納しておく機会も増えるでしょう。そのようなことも考え、折りたたんだ時のサイズなどの収納のしやすさも購入の際にチェックしましょう。

また、折りたたみのしやすいタイプは収納だけでなく、電車などの公共交通機関の使用時や、階段などを上がるような場面でも活躍します。特に、最近はワンタッチ開閉できるものもあるので、一人でも簡単に折り畳みが可能かについてあらかじめ確認しておきましょう。

ひとことメモ
折り畳みのしやすいものは、階段の上り下り、混雑した場所で活躍。簡単にワンタッチで折りたためるものがおすすめ。

重さ=軽量タイプがおすすめ

赤ちゃんをベビーカーに乗せて、買い物に出かけたり、ときには少し遠くまでお散歩に出かけることもあるでしょう。特に、力のないママにとっては、できるだけ移動の際に負担にならないような、軽量タイプで、グリップやショルダーひも等のある持ちやすいベビーカーを選ぶことをおすすめします。

最近は軽量でありながら、丈夫な素材で作られた安全性の高いベビーカーも多く販売されてるので、購入の前は実際に試乗してみて、重さを確認しておくと良いでしょう。

⇒軽量ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

ベビーカーの操作性で選ぶ

ベビーカーは2~3年は使用します。長く使えるように、操作性・機能性が自分に合ったものを選びましょう。ベビーカーの操作性の重要な観点は以下の3つです。

ベビーカーの操作性を考えるポイント
  • タイヤの数(三輪or四輪)
  • 安全性の高さ
  • ベビーカーの向き

タイヤは三輪か四輪か

  • 三輪:操作性・安定性重視の方におすすめ。
  • 四輪:持ち運びやすさ・コンパクト性重視の方におすすめ。

三輪のベビーカーは前方に1つ、後方に2つのタイヤついています。三輪ベビーカーの特徴は、小回りが利きやすく、操作性も高いことです。狭い道でも方向転換を楽に行うことができ、ガタガタした道や段差などでも走行しやすいのもメリットです。

また、シングルタイヤが一般的ですが、安定感のあるダブルタイヤを搭載した製品や、振動吸収力の高いエアタイヤを搭載した製品もあります。ただし、タイヤ径が大きく安定性がある分、重量が重いため、力のないママにとって持ち上げるのが大変ですが、操作性・安定性を重視する方におすすめです。

三輪ベビーカーのメリット・デメリット
メリットは安定性に優れており、小回りが利くこと。しかし、その分重量が重いので力がないと持ち上げるのが少し大変。

四輪のベビーカーは、三輪ベビーカーと比較して、重量は軽くコンパクトになりやすいのが特徴です。最近では、対面と背面を切り替えた際に、自動的に進行方向に合わせて前輪のタイヤを回転させる機能を搭載した「オート四輪」と呼ばれるモデルも販売されています。

でこぼこした道や段差での走行性が低いので、踏切、砂利道などの移動が多い方は注意が必要ですが、多くの製品で以前よりも走行性能が向上しているため、軽量性・持ち運び安さを重視する方におすすめです。

四輪ベビーカーのメリット・デメリット
メリットは、重量は軽量で、コンパクトに折りたたむことができること。しかし、ガタガタした道・段差等での操作が苦手。

⇒3輪ベビーカーのおすすめ5選をチェックする。

安全性は高いか

大切な赤ちゃんを乗せるベビーカーは、安全性の高い信頼できるものを選ぶことが、非常に重要なポイントです。

安全性の目安として、SGマークの有無を確認しましょう。SGマークは、構造・材質などが安全性の基準を満たしている製品につけることができます。例えば、走行時の衝撃・振動を軽減できる機能のある製品や、安全にベビーカーを折りたためる製品など、安全な使用のために設定された認定基準を満たしているので安心です。

ベビーカーの安全性確認のポイント
構造・材質などの安全性の認定基準を満たしたSGマークの有無を確認しましょう。

ベビーカーの向き

  • 両対面式:赤ちゃんの顔を見ながら走行できる対面式と、赤ちゃんも周りの景色を見ながらお散歩できる背面式との切り替えが可能なモデル。
  • 背面式:赤ちゃんが外の風景を見ながらおでかけできるモデル。

両対面式ベビーカーは、対面式と背面式を切り替えることができるモデルです。リクライニングはほぼフラットになるまで倒すことができるものが多いので、首がまだ座っていない赤ちゃんが寝ているような状態で使用できます。背面式と比べて、少し重量が重いのがデメリットです。

背面式ベビーカーは、両対面式よりもコンパクトで軽量なものが多いので、持ち運びやすいのが特徴です。また、コンパクトにたためるので、公共交通機関などの混雑した場所でも便利です。

価格帯で選ぶ

ベビーカーの価格は、ブランドや、操作性・機能性の高さによって幅広く設定されています。また、A型とB型のベビーカーを比較すると、A型の方が高額な傾向にあります。さらに新型か旧型かでも価格は異なってきます。他のベビー用品を購入したり、病院にいったり、何かと出費が多い時期です。赤ちゃんの安全性を担保しつつ、コストパフォーマンスの良いベビーカーを選びたいですね。

ここでは、3つの価格帯に分けて、それぞれの商品の傾向と選び方を説明します。

価格帯別 ベビーカーの選び方のポイント
  • ~3万円:ノーブランド製品やブランド製品の旧型モデルが多い。
  • 4~6万円:「オート四輪」機能を搭載したモデルが多い。
  • 7万円~:国内ブランドや海外有名ブランドのハイエンドモデルが多い。

~3万円

この価格帯は、ノーブランドベビーカーや、ブランドベビーカーの旧型製品の相場にあたります。ノーブランドでもSGマークなどの安全性を満たしているものも多くあります。また、ブランド製品の旧型モデルといっても新型と機能性や見た目にほとんど違いが無いものも販売されているので狙い目です。

4~6万円

この価格帯になると、進行方向に合わせて前輪を自動的に回転できる「オート四輪」機能を搭載したモデルが多くなります。特に背面・対面を切り替えることのできる両対面型ベビーカーの購入を検討している方にとって必須の機能ですので、そのようなタイプのベビーカーの購入を検討している方は予算を最低でも4万円から6万円程度に見積もりましょう。

7万円以上~

この価格帯は、国内ブランドの中でも高級なベビーカーや、国内外のハイエンドプレミアムモデルのベビーカーにあたります。有名国内ベビー用品メーカーのコンビやアップリカなどの発売する機能性の高いモデルや、国内ではステータス性を売りにしたオランダ、イギリスなどの人気の高い海外ブランドの購入を検討している方は、最低でも7万円以上は見積もりましょう。また、中には10万円を超えるものもあるため購入の際には値段と機能性をよく検討しましょう。

A型ベビーカー おすすめランキング5選

第5位 コンビ :アット(AttO)

コンビ アット(AttO)
コンビ
最安値 ¥65,999 (税込)

コンビ史上最高の61cmハイシートを採用しており、熱やホコリから赤ちゃんを可能な限り遠ざけているので、赤ちゃんも快適です。また、使用可能な専用アクセサリーが豊富なため、自分好みにベビーカーをカスタマイズできるので、様々なママの願いをかなえてくれます。さらに、独自のエッグショックが搭載されているので、地面から受ける衝撃から赤ちゃんの大切な頭や体を守ってくれるのもメリットです。

重量6.6 kg
車体の幅51 cm
座面の高さ61 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能大型フロントタイヤ、エッグサスペンション
その他便利機能エッグショック、ダッコシート、エアスルーシート、ワンハンドグリップ、大型バスケット
会社コンビ

第4位 ピジョン:ランフィ RB0

ピジョン ランフィ RB0
ピジョン
最安値 ¥59,400 (税込)

搭載されたシングルタイヤによって快適な走行性を実現します。また、ボールベアリングが搭載されているため、転回操作性や耐久性に優れているのも特徴です。 大きなタイヤを採用し、さらにショックレスボディ構造であるので、生後1ヵ月ごろの赤ちゃんにも快適です。また、 押しやすいフレームと握りやすいハンドルはママにとってうれしいポイントです。

重量5.5 kg
車体の幅51.6 cm
座面の高さ54.5 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能シングルタイヤ、中空構造タイヤ、スイング式サスペンション
その他便利機能ショックレスボディ、握りやすいハンドル、トリプルスルーシート、大型バスケット
会社ピジョン

第3位 エールべべ:フラコットFS

エールべべ フラコットFS
カーメイト(エールベベ)
最安値 ¥60,500 (税込)

赤ちゃんの柔らかい頭から、足先まで全体をぐるりと覆うことのできる「セーフティベビーコット」を採用しており、あらゆる方向から赤ちゃんを優しく守ってくれます。また、独自の「コクーンシェード」によって外界の日差し、害虫、ホコリなどから、赤ちゃんのデリケートな肌を守ってくれるのも特徴です。

また、ヨーロッパの安全規格をクリアした安全設計で、電車のドア挟み防止機能が備えられているのもメリットです。また、搭載されたシートは、洗濯機で丸洗いでき清潔で、さらに季節・成長に合わせて仕様を変えることができる点も魅力です。

重量7.35 kg
車体の幅47.5 cm
座面の高さ60 cm
対象月齢0ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪
その他便利機能スペシャルメッシュ、ワンステップブレーキ、ドア挟み防止機能、コクーンシェード、シート丸洗い可
会社エールベベ

第2位 アップリカ:オプティア クッション

アップリカ オプティア クッション
アップリカ
最安値 ¥48,528 (税込)

赤ちゃんがのびのび動けるようなワイドシート構造と、赤ちゃんにとって一番楽な姿勢に合わせたダブル台形シートを搭載しています。さらに、赤ちゃんを振動から守ってくれるアップリカ独自の「すくすくッション設計」も魅力的です。さらに赤ちゃんの快適さを追求し、花粉・紫外線をカットできるフード、洗って清潔さを保てるシート、暑い日などの温度上昇を軽減してくれる「Wサーモメディカルシステム」も、この製品の特長です。

さらに、走行がスムーズに行える「オート4輪機能」、立ったままハンドルを切り替えることのできる機能もついており、パパやママの負担も軽減してくれます。

重量6.9 kg
車体の幅51.7cm
座面の高さ54 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪
その他便利機能ゆれぐらガード、ワイドシート、ダブル台形シート、Wサーモメディカルシステム、撥水・UVカットフード、リクライニング機能
会社アップリカ

第1位 コンビ:スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT

コンビ スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT
コンビ
最安値 ¥57,799 (税込)

3層の振動吸収構造を備えた、最軽量のエッグショックベビーカーで、産まれたての赤ちゃんの柔らかな頭をしっかりと守ってくれます。また、この3Dエッグショックシートは、赤ちゃんの体にかかる体圧を分散させてくれるのも特徴です。さらに56cmのハイシートなので、地面からの熱が届きにくいので暑さや地面のホコリから赤ちゃんを守ることができます。さらに、吸湿性の高い「ダッコシート」はより赤ちゃんの快適さを高めてくれます。さらに、独自の「持ちカルクリップ」によって、赤ちゃんを抱っこした状態でも軽々ベビーカーを持ち上げられるので力のないママでもおすすめです。

重量5 kg
車体の幅48.6cm
座面の高さ56 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪
その他便利機能エッグショック、大型幌、ハイシートエアスルーシート、持ちカルグリップ
会社コンビ

A型ベビーカーの比較一覧表

商品画像
カーメイト(エールベベ)
最安値 ¥60,500 (税込)
商品名スゴカルα 4キャス compact エッグショック HTオプティア クッションフラコットFSランフィ RB0アット(AttO)
重量5 kg6.9 kg7.35 kg5.5 kg6.6 kg
車体の幅48.6cm51.7cm47.5 cm51.6 cm51 cm
座面の高さ56 cm54 cm60 cm54.5 cm61 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月0ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式A型・両対面式A型・両対面式A型・両対面式A型・両対面式
走行性能オート4輪オート4輪オート4輪シングルタイヤ、中空構造タイヤ、スイング式サスペンション大型フロントタイヤ、エッグサスペンション
その他便利機能エッグショック、大型幌、ハイシートエアスルーシート、持ちカルグリップゆれぐらガード、ワイドシート、ダブル台形シート、Wサーモメディカルシステム、撥水・UVカットフード、リクライニング機能スペシャルメッシュ、ワンステップブレーキ、ドア挟み防止機能、コクーンシェード、シート丸洗い可ショックレスボディ、握りやすいハンドル、トリプルスルーシート、大型バスケットエッグショック、ダッコシート、エアスルーシート、ワンハンドグリップ、大型バスケット
会社コンビアップリカエールベベピジョンコンビ
商品リンク
カーメイト(エールベベ)
最安値 ¥60,500 (税込)

B型ベビーカー おすすめランキング5選

第5位 レカロ:イージーライフ

レカロ イージーライフ
Recaro
最安値 ¥25,131 (税込)

簡単に開閉でき、折りたたむと高さは59cmと非常にコンパクトになるため、収納にも困りません。前輪と後輪はダブルホイールでサスペンションも搭載されているので、ガタガタした道でも快適に走行できます。天井部にはのぞき窓もついているので、赤ちゃんの様子を確認できるのもうれしいポイントです。

重量6.1 kg
車体の幅48 cm
座面の高さ不明
対象月齢6ヶ月~36ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能ダブルホイール、サスペンション
その他便利機能エアメッシュ、スムースシート、大型キャノピー、のぞき窓、7色展開
会社レカロ

第4位 コンビ:F2 Limited AF

コンビ F2 Limited AF
コンビ
最安値 ¥30,000 (税込)

本体重量3.7kgと超最軽量設計で、片手で簡単に開閉できるので、赤ちゃんを抱っこしていても、片手で簡単に持ち運び可能です。さらに、ワンハンドグリップであるので、狭い道でも片手でラクラク走行できます。メッシュシートと、大きな日よけフードで、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

重量3.7 kg
車体の幅49.5 cm
座面の高さ51 cm
対象月齢7ヶ月~36ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能左右連動ブレーキ、ソフトサスペンション
その他便利機能ビックサンシェード、メッシュシート、ハイシート、ワンハンドグリップ
会社コンビ

第3位 サイベックス:Eezy S B2

サイベックス Eezy S B2
cybex
最安値 ¥39,600 (税込)

車体幅は45cmとスリムなので、自動改札機やスーパーなどの狭い店内通路でもスムーズに走行できます。さらに、ワンタッチで折りたたみのできる機能や、片手で簡単にリクライニングできる機能が搭載されているので、赤ちゃんを抱っこしているときもママ一人でベビーカーの操作がしやすいのもポイントです。

また、タイヤにはサスペンションを装備しているので、道路のでこぼこなどによる振動を緩和してくれるのもメリットです。

重量7.1 kg
車体の幅45 cm
座面の高さ不明
対象月齢6ヶ月~48ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能ホールホイールサスペンション
その他便利機能ワンタッチ折り畳み機能、リクライニング機能、バンパーバー
会社サイベックス(cybex)

第2位 ピジョン:ビングルBA9

ピジョン ビングルBA9
ピジョン
最安値 ¥19,820 (税込)

非常に軽量でコンパクトな設計をしているので、持ち運びや収納に便利です。さらにワンタッチで折りたためる機能を搭載しているので、赤ちゃんを抱っこしながらも簡単に折りたたむことができます。さらにタイヤには「スイング式サスペンション」を採用し、赤ちゃんへの衝撃を緩和してくれます。また滑りにくく握りやすいハンドル、通気性の良いメッシュシート、さらに丸洗い可能なインナーシートで赤ちゃんもママも快適です。

さらに、赤ちゃんのミルクや着替えなどの取り出しが簡単にできる大容量の収納カゴが備えられている点もうれしいポイントです。

重量3.6 kg
車体の幅49.5 cm
座面の高さ50 cm
対象月齢7ヶ月~36ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能スイング式サスペンション
その他便利機能シングルタイヤ、洗濯可能シート、窓付き幌、大型イージーインバスケット
会社ピジョン

第1位 アップリカ:マジカルエアー AE

アップリカ マジカルエアー AE
アップリカ
最安値 ¥23,100 (税込)

マジカルエアーのポイントの一つはハイシートの構造です。ハイシートの高さは50cmで、地面の反射熱や空気中のチリなどによる影響から赤ちゃんを守ってくれるのが特徴です。さらに、アップリカ独自の「ゆれぐらガードボディ機能」によって、走行時に赤ちゃんが受ける振動を軽減し、小さな体への負担から守ってくれるのもメリットです。

ママやパパにとっても便利な機能が多いのも特徴です。特に、搭載されたビックバスケットには、ミルク、おむつなどの赤ちゃんに必要なものをたくさん収納できるのでお出かけにも便利です。また、ワンタッチで開閉できる機能も、荷物が多い時に重宝する機能です。

重量3.2 kg
車体の幅44.5 cm
座面の高さ50 cm
対象月齢7ヶ月~18ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピー
会社アップリカ

B型ベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名マジカルエアー AEビングルBA9Eezy S B2F2 Limited AFイージーライフ
重量3.2 kg3.6 kg7.1 kg3.7 kg6.1 kg
車体の幅44.5 cm49.5 cm45 cm49.5 cm48 cm
座面の高さ50 cm50 cm不明51 cm不明
対象月齢7ヶ月~18ヶ月7ヶ月~36ヶ月6ヶ月~48ヶ月7ヶ月~36ヶ月6ヶ月~36ヶ月
タイプB型・背面式B型・背面式B型・背面式B型・背面式B型・背面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンションスイング式サスペンションホールホイールサスペンション左右連動ブレーキ、ソフトサスペンションダブルホイール、サスペンション
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピーシングルタイヤ、洗濯可能シート、窓付き幌、大型イージーインバスケットワンタッチ折り畳み機能、リクライニング機能、バンパーバービックサンシェード、メッシュシート、ハイシート、ワンハンドグリップエアメッシュ、スムースシート、大型キャノピー、のぞき窓、7色展開
会社アップリカピジョンサイベックス(cybex)コンビレカロ
商品リンク

コンビベビーカー おすすめランキング5選

第5位 スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT

コンビ スゴカルα 4キャス compact エッグショック HT
コンビ
最安値 ¥57,799 (税込)

独自のトリプルエッグショックによって、柔らかな赤ちゃんの頭や身体を、衝撃からしっかりと守ることができます。さらに、3Dのエッグショックシートは赤ちゃんの体にかかる体圧を分散してくれるので、快適です。ラクラクたため、軽々と運べる構造は力のないママにとって、ありがたい機能です。

重量5 kg
車体の幅48.6cm
座面の高さ56 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪
その他便利機能エッグショック、大型幌、ハイシートエアスルーシート、持ちカルグリップ
会社コンビ

第4位 ツインスピン

コンビ ツインスピン
コンビ
最安値 ¥44,612 (税込)

双子の赤ちゃんや、年の近い兄弟に使用可能な横型ベビーカーです。高剛性のある車体を採用しており、走行時もスイスイ進みます。また、三つ折りにすれば、非常にコンパクトになるので収納時もかさばりません。シートは1人1人に合わせた角度にできるように別々にリクライニングするので、二人のお子さんがどちらも快適に過ごせるのもポイントです。

重量12.6 kg
車体の幅80.7 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ双子専用・横型
走行性能大型タイヤ、連動ブレーキ
その他便利機能大型カゴ、三つ折り収納、フルリクライニング
会社コンビ

第3位 F2プラス AF

コンビ F2プラス AF
コンビ
最安値 ¥28,600 (税込)

重量は3.9kgと超軽量設計で、階段の上り下りなども楽に行えます。また赤ちゃんを抱っこしていたり、荷物を持っていても片手で簡単にベビーカーを開閉できる機能や、簡単にリクライニングを行える機能があるので、ママ一人でも操作可能です。また、季節に応じて使い分け可能な、リバーシブルシートによって、汗をかきやすいシーズンでも快適に使えます。

重量3.9 kg
車体の幅49.5 cm
座面の高さ53 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプバギー式
走行性能オート4輪、ソフトサスペンション
その他便利機能リクライニング、ハイシート、ワンハンドグリップ、完全脱着式ガード、リバーシブル仕様シート、ジョイント可能
会社コンビ

第2位 スゴカル 4キャス Light エッグショック HS

コンビ スゴカル 4キャス Light エッグショック HS
コンビ
最安値 ¥49,500 (税込)

このベビーカーの最大の特徴は、卵すら傷つけない「トリプルエッグショック」と呼ばれる独自の振動吸収構造を採用していることです。この構造によって、走行時の振動から赤ちゃんの柔らかい頭や、デリケートな体を守り、ストレスを和らげてくれます。さらにエアスルーシートは通気性を良くしてくれるので、体温調節の苦手な赤ちゃんも心地よくベビーカーに乗ってお出かけできます。

さらにママやパパにとって便利な、たためる大容量バスケットや、持ち運びしやすい機能が搭載されているのもメリットです。

重量4.7 kg
車体の幅48.6 cm
座面の高さ55 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能サスペンション
その他便利機能トリプルエッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、たためるバスケット
会社コンビ

第1位 スゴカル 4キャス compact エッグショック HH

コンビ スゴカル 4キャス compact エッグショック HH
コンビ
最安値 ¥45,000 (税込)

5.0kgの超軽量車体にもかかわらず、オート4輪搭載のベビーカーで対面と背面のハンドル切り替えに応じて、自動的に前輪を進行方向に回転してくれるので、スイスイ走行できます。独自の衝撃吸収素材エッグショックを搭載しており、走行時の揺れを吸収し赤ちゃんの大切な頭や体に伝わる衝撃を軽減してくれます。また、多層メッシュ構造のエアスルーシートによって、汗っかきの赤ちゃんも快適です。

また赤ちゃんを抱っこしたまま、片手で楽々持ち運び可能な「持ちカルグリップ」も、ママやパパにとってうれしい機能です。

重量4.9 kg
車体の幅48.7 cm
座面の高さ55 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪、ソフトサスペンション
その他便利機能エッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、洗濯可能シート
会社コンビ

コンビベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名スゴカル 4キャス compact エッグショック HHスゴカル 4キャス Light エッグショック HSF2プラス AFツインスピンスゴカルα 4キャス compact エッグショック HT
重量4.9 kg4.7 kg3.9 kg12.6 kg5 kg
車体の幅48.7 cm48.6 cm49.5 cm80.7 cm48.6cm
座面の高さ55 cm55 cm53 cm不明56 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式A型・両対面式バギー式双子専用・横型A型・両対面式
走行性能オート4輪、ソフトサスペンションサスペンションオート4輪、ソフトサスペンション大型タイヤ、連動ブレーキオート4輪
その他便利機能エッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、洗濯可能シートトリプルエッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、たためるバスケットリクライニング、ハイシート、ワンハンドグリップ、完全脱着式ガード、リバーシブル仕様シート、ジョイント可能大型カゴ、三つ折り収納、フルリクライニングエッグショック、大型幌、ハイシートエアスルーシート、持ちカルグリップ
会社コンビコンビコンビコンビコンビ
商品リンク

アップリカベビーカー おすすめランキング5選

第5位 ネルッコベッド ツインズ サーモ

アップリカ ネルッコベッド ツインズ サーモ
アップリカ
最安値 ¥35,268 (税込)

二人の赤ちゃんを同時に乗せることができる、横型の双子専用ベビーカーです。ほぼ平らになるリクライニング機能、通気性の高いシートで赤ちゃんも快適です。乗せたり降ろしたりを簡単に行える構造や、大型のバスケット、のぞき窓はパパママにとってうれしい機能です。

重量8.2 kg
車体の幅89.0 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~24ヶ月
タイプ双子専用・横型
走行性能ワイドタイヤ
その他便利機能リクライニング機能、のぞき窓、レインカバー、バスケット、ダブル台形シート
会社アップリカ

第4位 ラクーナエアー AB

アップリカ ラクーナエアー AB
アップリカ
最安値 ¥35,150 (税込)

オート4輪ベビーカーのなかで、4.6 kgと国内最軽量です。軽量にもかかわらず、搭載されたサスペンションと高剛性フレームによって安定感があり、地面からの振動を吸収し赤ちゃんのストレスを和らげてくれます。ビックバスケットや洗濯可能シートはママにも嬉しい機能です。

重量4.6 kg
車体の幅45.5 cm
座面の高さ53 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能オート4輪、高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能Wサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉、ハイシート
会社アップリカ

第3位 カルーンエアー AB

アップリカ カルーンエアー AB
アップリカ
最安値 ¥24,873 (税込)

重量は3.9kgと非常に軽量な両対面式ベビーカーです。軽いのにもかかわらず、機能性は高く、「ゆれぐらガード」という機能によって走行時の赤ちゃんにかかる振動によるストレスを和らげます。さらに、搭載されたフードは、紫外線を98 %カットし、ホコリ、雨などからも赤ちゃんを守ってくれます。また、ワンタッチ開閉機能、洗濯可能なシート、大容量バスケットが付いているのもうれしいポイントです。

重量3.9 kg
車体の幅45.5 cm
座面の高さ52 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能Wサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉
会社アップリカ

第2位 スムーヴ AC

アップリカ スムーヴ AC
アップリカ
最安値 ¥63,720 (税込)

生後1か月から使用可能なベビーカーで、58cmのハイシートは赤ちゃんを地面からの反射熱やホコリなどからデリケートな赤ちゃんを守ってくれるので安心です。さらに、3輪タイプなので小回りが利きやすく、でこぼこ道から受ける振動や段差にスムーズに対応できます。また、170度まで倒すことのできるフルリクライニングで、赤ちゃんが楽な姿勢で走行できる点もメリットです。

さらに空気入れ不要でパンクに強いタイヤを搭載しているのでメンテナンスも簡単です。

重量9.0 kg
車体の幅55.0 cm
座面の高さ58 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能メンテナンスフリータイヤ、前輪360度回転可能
その他便利機能フルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シート
会社アップリカ

第1位 マジカルエアー AE

アップリカ マジカルエアー AE
アップリカ
最安値 ¥21,000 (税込)

高さ50cmのハイシート構造によって、地面からの熱気やホコリから赤ちゃんがうける影響を軽減してくれます。また、ガタガタした道の走行時に受ける衝撃から赤ちゃんの身体を守ってくれる、アップリカ独自技術「ゆれぐらガードボディ機能」が搭載されているのもメリットです。さらに、お出かけの際にミルクや着替えを入れることのできる大容量バスケット、ワンタッチ開閉機能は、ママ、パパにとっても移動を快適にしてくれます。

重量3.2 kg
車体の幅44.5 cm
座面の高さ50 cm
対象月齢7ヶ月~18ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピー
会社アップリカ

アップリカベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名マジカルエアー AEスムーヴ ACカルーンエアー ABラクーナエアー ABネルッコベッド ツインズ サーモ
重量3.2 kg9.0 kg3.9 kg4.6 kg8.2 kg
車体の幅44.5 cm55.0 cm45.5 cm45.5 cm89.0 cm
座面の高さ50 cm58 cm52 cm53 cm不明
対象月齢7ヶ月~18ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~24ヶ月
タイプB型・背面式3輪ベビーカーA型・両対面式A型・両対面式双子専用・横型
走行性能高剛性フレーム、サスペンションメンテナンスフリータイヤ、前輪360度回転可能高剛性フレーム、サスペンションオート4輪、高剛性フレーム、サスペンションワイドタイヤ
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピーフルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シートWサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉Wサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉、ハイシートリクライニング機能、のぞき窓、レインカバー、バスケット、ダブル台形シート
会社アップリカアップリカアップリカアップリカアップリカ
商品リンク

マクラーレンベビーカー おすすめランキング5選

第5位 ウィングニット(Wing Knit) 

マクラーレン ウィングニット(Wing Knit)
Maclaren
最安値 ¥33,612 (税込)

コンパクトさで高い人気のある「Volo」の機能をベースとして、よりスポーティーなデザインを取り入れたベビーカーです。素敵なデザインに加えて、5点でお子様を固定できるベルトや連動式のフットブレーキなどの高い安全性能を備えているのも特徴です。

重量4.4 kg
車体の幅45.5 cm
座面の高さ44.5 cm
対象月齢6ヶ月~
タイプB型・背面式
走行性能サスペンション、連動フットブレーキ
その他便利機能バックポケット、大容量バスケット、洗濯可能シート、拡張式キャノピー、内蔵サンシェード、人間工学デザイン
会社マクラーレン(イギリス)

第4位 トライアンフ オールスター

マクラーレン トライアンフ オールスター
Maclaren
最安値 ¥37,800 (税込)

バスケットボールをテーマとした、オリジナリティーのあるデザインのベビーカーです。フード、シート、タイヤなどあらゆるところに、バスケットボールを想起させるようなデザインが描かれているので、バスケ好きの方ママパパや、他の人と被らないベビーカーを探している人におすすめです。

重量7.15 kg
車体の幅47 cm
座面の高さ46 cm
対象月齢6ヶ月~
タイプB型・背面式
走行性能サスペンション
その他便利機能洗濯機洗可能シート、レッグレスト、テザーストラップ、バックポケット、天窓、ハーネス
会社マクラーレン(イギリス)

第3位 テクノ(Techno)

マクラーレン テクノ(Techno)
Maclaren
最安値 ¥31,188 (税込)

重量は約8.3kgと重さがありますが、その分高い安定性を備えています。ハンドルには、シングルバーハンドルを搭載しているので、走行時に押しやすくなっています。さらに、ハンドル部についたテザーストラップによって、万一の転倒などにも備えることができるのもポイントです。

さらに、簡単に着脱でき丸洗い可能なシート、背面に備えられたバックポケット、2kgまでの荷物を入れることのできるバスケットはママやパパにとって便利な機能です。

重量7.61 kg
車体の幅46 cm
座面の高さ44.7 cm
対象月齢1ヶ月~
タイプB型・背面式
走行性能サスペンション
その他便利機能洗濯機洗可能シート、レッグレスト、テザーストラップ、バックポケット、4段階リクライニング、天窓
会社マクラーレン(イギリス)

第2位 ヴォロー(volo)

マクラーレン ヴォロー(volo)
Maclaren
最安値 ¥7,800 (税込)

ヴォロは、走行性と軽量化に特化した手軽に扱えるベビーカーで、ちょっとした外出などでも大活躍してくれます。人間工学に基づいて設計されたハンドルを搭載しており、ベビーカーを押すときに腰をかがめる必要がないので楽々操作できます。UPF50+の防水フードを備えているため、日差しの強い日でも、雨の日でも、安心してお出かけできるのもメリットです。

重量4.85 kg
車体の幅46 cm
座面の高さ不明
対象月齢7ヶ月~
タイプB型・背面式
走行性能サスペンション
その他便利機能メッシュシート、レインカバー、連動フットブレーキ、UPF50+フード
会社マクラーレン(イギリス)

第1位 クエスト(Quest)

マクラーレン クエスト(Quest)
Maclaren
最安値 ¥42,438 (税込)

生後1か月から使うことができるQuest(クエスト)はマクラーレンのベビーカーの中で評価の高い製品です。赤ちゃんを紫外線やホコリ、雨から守ってくれるフードや、振動を緩和してくれるサスペンション付きのタイヤは、赤ちゃんが外から受けるストレスを和らげてくれます。さらに、椅子の下についているバスケットや、取り外して洗えるシートはママにとってうれしい機能です。重量は6kg程度とそれほど軽くはありませんが、万能な機能性を備えたバギー型のベビーカーといえます。

重量7.55 kg
車体の幅46 cm
座面の高さ44.5 cm
対象月齢1ヶ月~
タイプB型・背面式
走行性能サスペンション
その他便利機能バックポケット、大容量バスケット、洗濯機洗可能シート、レッグレスト、4段階リクライニング、テザーストラップ
会社マクラーレン(イギリス)

マクラーレンベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名クエスト(Quest)ヴォロー(volo)テクノ(Techno)トライアンフ オールスターウィングニット(Wing Knit)
重量7.55 kg4.85 kg7.61 kg7.15 kg4.4 kg
車体の幅46 cm46 cm46 cm47 cm45.5 cm
座面の高さ44.5 cm不明44.7 cm46 cm44.5 cm
対象月齢1ヶ月~7ヶ月~1ヶ月~6ヶ月~6ヶ月~
タイプB型・背面式B型・背面式B型・背面式B型・背面式B型・背面式
走行性能サスペンションサスペンションサスペンションサスペンションサスペンション、連動フットブレーキ
その他便利機能バックポケット、大容量バスケット、洗濯機洗可能シート、レッグレスト、4段階リクライニング、テザーストラップメッシュシート、レインカバー、連動フットブレーキ、UPF50+フード洗濯機洗可能シート、レッグレスト、テザーストラップ、バックポケット、4段階リクライニング、天窓洗濯機洗可能シート、レッグレスト、テザーストラップ、バックポケット、天窓、ハーネスバックポケット、大容量バスケット、洗濯可能シート、拡張式キャノピー、内蔵サンシェード、人間工学デザイン
会社マクラーレン(イギリス)マクラーレン(イギリス)マクラーレン(イギリス)マクラーレン(イギリス)マクラーレン(イギリス)
商品リンク

ベビーゼン YOYO+ベビーカー おすすめランキング2選

第2位 ベビーゼン YOYO2 0+&6+

ベビーゼン YOYO2 0+&6+
最安値 ¥102,300 (税込)

YOYO2 0+&6+は新生児用のシートと生後6か月以降に使用できるシートがセットで販売されています。そのため、座面を取り換えてあげれば、新生児から約4歳前後までの幅広い年齢のお子さんに使用できます。新生児用のシートにすれば、リクライニングは170度まで倒すことができるのも特徴です。さらにおりたたむと、まるでショルダー付きのかばんのようにコンパクトになり、飛行機の荷物入れにも置くことができるので海外旅行でも便利です。

重量6.6 kg
車体の幅44 cm
座面の高さ44 cm
対象月齢新生児~4歳
タイプA・B型
走行性能サスペンション
その他便利機能UPF50+&撥水加工キャノピー、収納袋付き、洗濯可能シート、機内持ち込みサイズ、収納バスケット、リクライニング(0+:170度、6+:110度~140度)
会社ベビーゼン YOYO

第1位 ベビーゼン YOYO2 6+

ベビーゼン YOYO2 6+
最安値 ¥71,500 (税込)

首がすわった生後6か月くらいの赤ちゃんから使用できるB型タイプのベビーカーです。YOYO2 0+&6+どうように、ショルダーバッグのように折りたたむことができ、機内持ち込みもOKなので、お出かけの際も便利です。カラーバリエーションも豊富で、あとから付けられるアクセサリーも充実しているので、他の人とは被らないオリジナリティーあるベビーカーを持ちたい方におすすめです。

重量6.2 kg
車体の幅44 cm
座面の高さ44 cm
対象月齢6ヶ月~4歳
タイプB型
走行性能サスペンション
その他便利機能UPF50+&撥水加工キャノピー、収納袋付き、洗濯可能シート、機内持ち込みサイズ、収納バスケット、リクライニング(6+:110度~140度)
会社ベビーゼン YOYO

ベビーゼン YOYOベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名ベビーゼン YOYO2 6+ベビーゼン YOYO2 0+&6+
重量6.2 kg6.6 kg
車体の幅44 cm44 cm
座面の高さ44 cm44 cm
対象月齢6ヶ月~4歳新生児~4歳
タイプB型A・B型
走行性能サスペンションサスペンション
その他便利機能UPF50+&撥水加工キャノピー、収納袋付き、洗濯可能シート、機内持ち込みサイズ、収納バスケット、リクライニング(6+:110度~140度)UPF50+&撥水加工キャノピー、収納袋付き、洗濯可能シート、機内持ち込みサイズ、収納バスケット、リクライニング(0+:170度、6+:110度~140度)
会社ベビーゼン YOYOベビーゼン YOYO
商品リンク

双子ベビーカー おすすめランキング5選

第5位 グレコ:デュオスポーツ

グレコ デュオスポーツ
グレコ
最安値 ¥36,454 (税込)

横型の双子専用ベビーカーです。左右が独立して動くリクライニング機能で、それぞれの赤ちゃんにとって快適なシートの買う度に調節できるのが特徴です。通常双子用のベビーカー専用のレインカバーはなかなか手に入りづらいのですが、デュオスポーツにはもともとレインカバーが付属しているので、雨の日でも快適に過ごすことができます。

重量10.1 kg
車体の幅77 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ横型
走行性能大型タイヤ、左右連動ブレーキ
その他便利機能大型カゴ、左右独立リクライニング、レインカバー
会社グレゴ(アメリカ)

第4位 エンドー:クールキッズバギーツイン

エンドー クールキッズバギーツイン
エンドー
最安値 ¥12,939 (税込)

双子専用のベビーカーにもかかわらず、重量は約5 kgと非常に軽量なのが特徴です。さらに、簡単に折りたたむことができ、キャリーベルトもついているので持ち運びも簡単です。

重量4.8 kg
車体の幅80 cm
座面の高さ不明
対象月齢7ヶ月~24ヶ月
タイプ横型
走行性能不明
その他便利機能ショルダーストラップ
会社エンドー

第3位 アップリカ:ネルッコベッド ツインズ サーモ

アップリカ ネルッコベッド ツインズ サーモ
アップリカ
最安値 ¥35,268 (税込)

生後1か月から使用可能な、双子の赤ちゃん用横型ベビーカーです。左右別々についてリクライニング機能は、約170度までのほぼフラットな状態に倒すことができるので、赤ちゃんはリラックスして休むことができます。また、背もたれと座面を一体化した「ワンピースシート」によって赤ちゃんは安定してベビーカーに乗ることができます。さらにシートの通気性が高く、汗っかきの赤ちゃんも快適です。

さらに簡単に赤ちゃんを乗せたり降ろしたりできる機能や、荷物の収納に便利な大型バスケット、カバーをはずせば赤ちゃんの顔を確認できる機能は、ママやパパにとってうれしい機能です。

重量8.2 kg
車体の幅89.0 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~24ヶ月
タイプ横型
走行性能ワイドタイヤ
その他便利機能ワンピースシート、ダブル台形シート、バスケット、レインカバー、フットマフ、のぞき窓
会社アップリカ

第2位 コンビ:ツインスピン

コンビ ツインスピン
コンビ
最安値 ¥44,612 (税込)

「高剛性車体」を導入しており、走行の際にラクラク押すことができ、さらに双子だけでなく、年の近い兄弟でも使用可能な、横型ベビーカーです。また、三つ折りにすることでコンパクトに収納できるのもポイントです。また、「連動ブレーキ」を搭載しており、後輪のタイヤついているブレーキペダルを踏めば簡単に後輪すべてをロックできるので、万一の時も安心です。それぞれのシートが独立でリクライニングできるので、お子さんに合わせて角度を変えてあげることができるので、二人のお子さんがどちらも快適に過ごせます。

重量12.6 kg
車体の幅80.7 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ横型
走行性能大型タイヤ、連動ブレーキ
その他便利機能大型カゴ、三つ折り収納、フルリクライニング
会社コンビ

第1位 日本育児:kinderwagon DUOシティ HOP

日本育児 kinderwagon DUOシティ HOP
日本育児
最安値 ¥38,904 (税込)

二人乗りベビーカーなのにも関わらず、通常のベビーカーと同じくらいのコンパクトな縦型ベビーカーです。車幅は約52cmと非常にスリムで、自動改札機のような細い道もスイスイ通れます。取り外し可能な大型の幌は、広げることで、前席までしっかりと日差しを遮ってくれます。後席は前席よりも少し高めに設計されているので、後ろのお子さんも、外の景色を楽しむことができます。さらに、後席のシートの高さは、後ろにいるお子さんを抱えるときにも便利です。さらに、前後のシートにリクライニング機能が搭載されているのも特徴です。

重量10 kg
車体の幅52.0 cm
座面の高さ不明
対象月齢前席:生後6ヶ月~3歳頃まで、後席:生後3ヶ月~3歳頃まで
タイプ縦型
走行性能ダブルタイヤ
その他便利機能フロントガード、リクライニング機能、大型幌、のぞき窓、ショッピングバスケット
会社日本育児

双子専用ベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名kinderwagon DUOシティ HOPツインスピンネルッコベッド ツインズ サーモクールキッズバギーツインデュオスポーツ
重量10 kg12.6 kg8.2 kg4.8 kg10.1 kg
車体の幅52.0 cm80.7 cm89.080 cm77 cm
座面の高さ不明不明不明不明不明
対象月齢前席:生後6ヶ月~3歳頃まで、後席:生後3ヶ月~3歳頃まで1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~24ヶ月7ヶ月~24ヶ月1ヶ月~36ヶ月
タイプ縦型横型横型横型横型
走行性能ダブルタイヤ大型タイヤ、連動ブレーキワイドタイヤ不明大型タイヤ、左右連動ブレーキ
その他便利機能フロントガード、リクライニング機能、大型幌、のぞき窓、ショッピングバスケット大型カゴ、三つ折り収納、フルリクライニングワンピースシート、ダブル台形シート、バスケット、レインカバー、フットマフ、のぞき窓ショルダーストラップ大型カゴ、左右独立リクライニング、レインカバー
会社日本育児コンビアップリカエンドーグレゴ(アメリカ)
商品リンク

軽量ベビーカー おすすめランキング5選

第5位 エンドー:クールキッズバギー

エンドー クールキッズバギー
エンドー
最安値 ¥7,951 (税込)

2.8 kgと非常に軽く、価格も手ごろなのが特徴です。他の製品に比べて、衝撃吸収性能等は劣りますが、軽量でコンパクトなため、海外旅行や長旅で使用したい方におすすめです。

重量2.8 kg
車体の幅44 cm
座面の高さ不明
対象月齢7ヶ月~24ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能不明
その他便利機能ソフトグリップ、取り外し可能丸幌、ソフトグリップ
会社エンドー

第4位 コンビ:スゴカルα Light エッグショック HS

コンビ スゴカルα Light エッグショック HS
コンビ
最安値 ¥49,500 (税込)

4.7 kgと非常に軽量なベビーカーにも関わらず、エッグショックなどの赤ちゃんに嬉しい機能をたくさん搭載したベビーカーです。超衝撃吸収素材によってでこぼこした道で受ける衝撃から赤ちゃんを守り、吸水速乾素材のシートによってムレを防いでくれるので赤ちゃんにとって快適です。

重量4.7 kg
車体の幅48.6 cm
座面の高さ55 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能サスペンション
その他便利機能トリプルエッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、たためるバスケット
会社コンビ

第3位 アップリカ:カルーンエアーAB

アップリカ カルーンエアーAB
アップリカ
最安値 ¥24,873 (税込)

両対面式で、機能も充実しているのにもかかわらず、車体の重量は3.9kgと超軽量で、赤ちゃんを抱っこしていても片手で簡単に折りたたみ持ち運ぶことができます。ガタガタした道での振動から赤ちゃんの身体を守ってくれる独自の「ゆれぐらガード機能」や、体温調節の苦手な赤ちゃんの快適さを保つ通気性抜群の「Wサーモメディカルシステム」搭載のシートを採用しているのが特徴です。さらに、ママにもうれしい、ウォッシャブルシートやビックバスケットが付いているのもメリットです。

重量3.9 kg
車体の幅45.5 cm
座面の高さ52 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプA型・両対面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能Wサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉
会社アップリカ

第2位 ピジョン:ビングル BA9

ピジョン ビングル BA9
ピジョン
最安値 ¥29,700 (税込)

重量は3.7kgと非常に軽量・コンパクトで、赤ちゃんを抱えていても、ワンタッチで折りたたみ片手で持つことができる程です。搭載されたシングルタイヤは小回りが利きやすく、曲がり角でも楽にクイッと動かせます。また、安定性に優れ、走行時にガタガタしにくく、音も気にならないので、赤ちゃんが寝ているときも邪魔をしません。

洗濯機で洗えるシート、赤ちゃんの様子を確認できるのぞき窓、荷物を入れるためのバスケットが搭載されているのもママにとってうれしいポイントです。

重量3.7 kg
車体の幅49.5 cm
座面の高さ50 cm
対象月齢7ヶ月~36ヶ月
タイプB型
走行性能シングルタイヤ、ボールベアリング搭載、スイング式サスペンション
その他便利機能のぞき窓、メッシュベースシート、洗濯可能シート、バスケット、静音設計
会社ピジョン

第1位 アップリカ:マジカルエアー AE

アップリカ マジカルエアー AE
アップリカ
最安値 ¥23,100 (税込)

安定感のある高剛性のフレームとハイシート構造でありながら、重量はなんと3.2kgと非常に軽量です。さらにコンパクトサイズであるにもかかわらず、大容量の収納バスケットが搭載されているのも魅力です。また、アップリカ独自の車体構造によって、走行時の振動から赤ちゃんを守ってくれるので、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。

ママ、パパの使い勝手が良いように、赤ちゃんを抱っこしたまま折りたたむことのできるワンタッチ開閉機能、リクライニング機能が備えられている点もおすすめポイントです。

重量3.2 kg
車体の幅44.5 cm
座面の高さ50 cm
対象月齢7ヶ月~18ヶ月
タイプB型・背面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンション
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピー
会社アップリカ

軽量ベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名マジカルエアー AEビングル BA9カルーンエアーABスゴカルα Light エッグショック HSクールキッズバギー
重量3.2 kg3.7 kg3.9 kg4.7 kg2.8 kg
車体の幅44.5 cm49.5 cm45.5 cm48.6 cm44 cm
座面の高さ50 cm50 cm52 cm55 cm不明
対象月齢7ヶ月~18ヶ月7ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月7ヶ月~24ヶ月
タイプB型・背面式B型A型・両対面式A型・両対面式B型・背面式
走行性能高剛性フレーム、サスペンションシングルタイヤ、ボールベアリング搭載、スイング式サスペンション高剛性フレーム、サスペンションサスペンション不明
その他便利機能ワンタッチ開閉、リクライニング機能、簡単着脱シート、ビックバスケット、ビックキャノピーのぞき窓、メッシュベースシート、洗濯可能シート、バスケット、静音設計Wサーモメディカルシステム、ビッグバスケット、ウォッシャブルシート、はっ水加工フード、ワンタッチ開閉トリプルエッグショック、大型幌、ハイシート、エアスルーシート、持ちカルグリップ、ダッコシート、たためるバスケットソフトグリップ、取り外し可能丸幌、ソフトグリップ
会社アップリカピジョンアップリカコンビエンドー
商品リンク

三輪ベビーカー おすすめランキング5選

第5位 アップリカ:スムーヴ トラベルシステム

一番の特徴は、トラベルシステムと呼ばれる、ベビーカー、チャイルドシート、ベビーキャリーなどの機能を一つに集約していることです。家でもお出かけ先でも、あらゆるシーンで赤ちゃんを寝かせたまま運ぶことができるので、赤ちゃんもママにもうれしいポイントです。

重量9.5 kg
車体の幅55.0 cm
座面の高さ58 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能フロントロック機能、メンテナンスフリータイヤ
その他便利機能5WAYトラベルシステム、フルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シート
会社アップリカ

第4位 コンビ:スルーラー エッグショック LH

コンビ スルーラー エッグショック LH
コンビ
最安値 ¥34,336 (税込)

3輪対応なのにもかかわらず、重量は7.7 kgと軽量設計で、簡単にワンタッチ開閉できるのでお出かけも快適です。また、4歳ごろまでのお子さんに使用できるのも珍しいポイントです。衝撃吸収素材「エッグショック」を搭載しているので、赤ちゃんの大切な頭・体を守ってくれるのもおすすめなポイントです。

重量7.7 kg
車体の幅54.0 cm
座面の高さ52 cm
対象月齢1ヶ月~48ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能メンテナンスフリータイヤ、大型タイヤ、エッグサスペンション
その他便利機能エッグショック、ビックサンシェード、洗濯可能シート、ハイシート
会社コンビ

第3位 ジョイー: ライトトラックス

ジョイー ライトトラックス
Joie(ジョイー)
最安値 ¥19,611 (税込)

スタイリッシュで生後一か月ごろから使用可能な、イギリス生まれの3輪ベビーカーです。前輪が360度回転するため小回りの効きはバツグンで、サスペンションを採用しているので、ガタガタ道や狭い道でもスイスイ進むことができます。さらに、車体幅はスリムなので、自動改札機もラクラク通れるのもメリットです。また、ボタン一つで簡単にわずか2秒で折りたたみが可能なので、混雑した場所や忙しい時にも便利です。

重量9.3 kg
車体の幅54 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能前輪360°スイブルタイヤ、後輪リンクブレーキ
その他便利機能大型キャノピー(幌)、5点式シートベルト、簡単2秒で折りたたみ機能、レインカバー、リクライニング
会社ジョイー(イギリス)

第2位 グレコ:シティトレック

グレコ シティトレック
グレコ
最安値 ¥27,505 (税込)

エアタイヤとサスペンションを採用したアメリカNo.1育児ブランドグレゴの3輪ベビーカーで、段差、ガタガタした道、芝生でもスイスイ進みます。また、前輪にはダブルタイヤを搭載しているので、安定した走行ができ、小回りが利きやすいのもメリットです。さらにフードは、撥水加工とUVカット仕様で、専用のレインカバーもついているので、急な雨や強い日差し、ホコリなどさまざまな外部刺激から赤ちゃんを守ることができます。買い物かごがそのまま入る大容量のバスケットや、折りたたみ後に自立可能な機能はママにとってうれしい機能です。

重量8.5 kg
車体の幅54.5 cm
座面の高さ不明
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能エアタイヤ、サスペンション
その他便利機能撥水UVカット幌、無段階リクライニング、安定自立、5点式シートベルト、ロック機能付き前輪キャスター
会社グレゴ(アメリカ)

第1位 アップリカ:スムーヴ AC

アップリカ スムーヴ AC
アップリカ
最安値 ¥63,638 (税込)

忙しいママ、パパに嬉しいメンテナンスフリーの「パンクレスタイヤ」を採用した3輪ベビーカーです。空気入れ不要で手間がかからず、お出かけ中のタイヤのパンク、空気抜けの心配はいりません。また、タイヤの振動吸収性能が高く押しやすいので、でこぼこ道や坂道の移動が多い方におすすめです。また、58cmのハイシートを搭載しているので、赤ちゃんを地面から受ける反射熱や、ホコリからも守ってくれるので、赤ちゃんも快適です。

重量9.0 kg
車体の幅55.0 cm
座面の高さ58 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー
走行性能メンテナンスフリータイヤ、前輪360度回転可能
その他便利機能フルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シート
会社アップリカ

3輪ベビーカーの比較一覧表

商品画像
商品名スムーヴ AC3輪 ベビーカー シティトレックライトトラックススルーラー エッグショック LHスムーヴ トラベルシステム
重量9.0 kg8.5 kg9.3 kg7.7 kg9.5 kg
車体の幅55.0 cm54.5 cm54 cm54.0 cm55.0 cm
座面の高さ58 cm不明不明52 cm58 cm
対象月齢1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~36ヶ月1ヶ月~48ヶ月1ヶ月~36ヶ月
タイプ3輪ベビーカー3輪ベビーカー3輪ベビーカー3輪ベビーカー3輪ベビーカー
走行性能メンテナンスフリータイヤ、前輪360度回転可能エアタイヤ、サスペンション前輪360°スイブルタイヤ、後輪リンクブレーキメンテナンスフリータイヤ、大型タイヤ、エッグサスペンションフロントロック機能、メンテナンスフリータイヤ
その他便利機能フルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シート撥水UVカット幌、無段階リクライニング、安定自立、5点式シートベルト、ロック機能付き前輪キャスター大型キャノピー(幌)、5点式シートベルト、簡単2秒で折りたたみ機能、レインカバー、リクライニングエッグショック、ビックサンシェード、洗濯可能シート、ハイシート5WAYトラベルシステム、フルリクライニング機能、ハイシート、大容量バスケット、洗濯可能シート
会社アップリカグレゴ(アメリカ)ジョイー(イギリス)コンビアップリカ
商品リンク

ベビーカーの人気売れ筋ランキングもチェック

こちらは現在Amazonで紹介されている人気ベビーカーのランキングのリンクです。気になる方はこちらも是非チェックしてみてください。

まとめ

今回は、ママパパにとって、便利なベビーカーについてご紹介させていただきました。

ベビーカーには、生後1ヶ月の赤ちゃんから使えるものや、衝撃をしっかり吸収し赤ちゃんの大切な頭・体を守ってくれるもの、コンパクトで片手で持ち運べるものなどなど、さまざまな機能を備えたものがあります。

この記事を読み、皆さんにとって最適なベビーカー選びの参考になれば幸いです。

赤ちゃんもママパパもハッピーになれる1台が見つかることを祈っています!

かわいい赤ちゃんの成長記録は写真で生き生きと残しておきたいですよね!こちらの記事では、赤ちゃんの写真の撮り方のポイントについて分かりやすく紹介しています。ぜひご覧ください。

関連記事:一眼レフカメラを使った赤ちゃんの可愛い写真の撮り方・構図まとめ

関連記事:毎日がシャッターチャンス!赤ちゃんと過ごすカメラ生活