【プロが徹底比較して選ぶ】高音質 Bluetoothヘッドホンおすすめ33選(2022年最新版)

【プロが徹底比較して選ぶ】高音質 Bluetoothヘッドホンおすすめ33選(2021年最新版)

出典:amazon.co.jp

デバイスとコードで接続する必要がなく、手軽に音楽や動画のサウンドを楽しめるワイヤレスヘッドホン。最近では音質重視のヘッドホンだけでなく、使い勝手や見た目を重視したアイテムも登場していますね

スマホが必需品となりつつある現代において、ヘッドホンやイヤホンを生活アイテムとして活用する人は増えています。しかし、bluetoothヘッドホンは商品ごとに多様な特徴があり、販売メーカーも非常に多いです。

価格帯も幅広く、自分にぴったりなワイヤレスヘッドホンを購入するためには、選定ポイントを押さえておくことが重要!そこで、本記事ではワイヤレスヘッドホンの選び方やおすすめアイテムをご紹介していきます。ワイヤレスヘッドホンの音質を左右するポイントや、タイプ別のおすすめ商品を紹介しますので最後までチェックしてくださいね。

bluetoothヘッドホンの音質を左右する基礎知識を知っておこう!

ブルートゥースヘッドホンを購入する上で、チェックしておきたいのはもちろん音質ですよね?音質の良さは様々な要素で変動するので、ここではワイヤレスヘッドホンの音質に関する基礎知識を見ていきましょう。

Bluetoothのバージョンは数字が大きいモノほど最新で高機能

Bluetoothのバージョンは数字が大きいモノほど最新で高機能

bluetooth接続のヘッドホンはスマホやタブレットと”Bluetooth接続”します。このBluetoothにはバージョンがあり、多くのヘッドホンで採用されているのがBluetooth 5.0です。

バージョンの数値が大きいほど高品質となり、下記のようなメリットがあります。

  • デバイスとの通信速度が高速になる
  • 通信範囲が広くなり、接続が安定する
  • セキュリティが高くなる
  • 消費電力が少なくなる

Bluetoothのバージョンが高くなると、特別音質も良くなるわけではありません。しかし、音飛びが少なくなったりノイズが低減されるので、よりクリアなサウンドが聞けます。

Bluetoothのバージョンを一番に比較する必要はありませんが、高いに越したことはありません!

ひとことメモ
赤外線通信よりも、Bluetooth通信は接続可能距離が10倍ほど広くなります。

コーデックのレベルによって音質が変わる

コーデックのレベルによって音質が変わる

無線でヘッドホンに送れるデータ量には制限があるため、音声データは圧縮して転送されます。この時の圧縮方式をコーデックと呼び、音質や音声遅延に大きく関わります。

bluetoothヘッドホンにおいて、主に採用されるコーデックとしては下記の通りです。

コーデック 特徴
SBC やや遅延が発生し、音質は標準レベル
AAC SBCより遅延が少なく、音質のレベルはやや高い
aptX 遅延が少なく、CD音源相当のサウンドを発する
aptX HD ハイレゾ相当のサウンドを発する
aptX LL 超低遅延でサウンドを楽しめる

安価なbluetoothヘッドホンにはSBCやAAC、高品質なモデルになるとaptXを採用するアイテムが多くなっています。

また、低遅延コーデックを利用したアイテムを選ぶと、映像とサウンドにズレが生じにくくなります。頻繁に動画視聴やPCゲームをプレイする方は、低遅延コーデックのワイヤレスヘッドホンを選択すると良いでしょう!

注意
コーデックはbluetoothヘッドホンだけでなく、スマホも対応している必要があります。AndroidではaptXのコーデックに対応していますが、iPhoneは非対応となっているので、ご注意ください。

関連記事:【簡単】Bluetoothやコーデックとは?イヤホン選びのポイントを徹底解説

ハウジングの素材も音質には関係がある

ハウジングとは、ヘッドホンの構造を意味する用語です。構造によりサウンドの聞こえ方は異なってきますが、実はハウジングの素材によっても音質が変わります。

bluetoothヘッドホンで採用されるハウジング素材は、主に下記の通り!

素材 音質の特徴
プラスチック 標準的な音質
金属 シャープな音質で、低音から高音までバランスが良い
木材 クリアで滑らかな音質

金属素材と一口に言ってもアルミニウムやチタン、ステンレスなどに分けられます。また、木材も利用する木によって音質が変動するので、「金属や木製のワイヤレスヘッドホンは音質が良い!」と一概には言えないので、ご注意ください。

ひとことメモ
低価格の製品や、軽量重視の製品はプラスチック素材を採用するケースがほとんどです。

よりリアルな音質を楽しむなら有線タイプがおすすめ

よりリアルな音質を楽しむなら有線タイプがおすすめ

bluetoothヘッドホンはデバイスと通信する際、音声データの圧縮と変換が度々行われます。しかし、音声データを操作すると音質レベルが低下し、低音域の鳴りが弱いといった現象が発生します。

よって、音質重視であれば、有線タイプのヘッドホンがおすすめ!ケーブルの煩わしさはありますが、ハイレゾ対応モデルも多く、上質なサウンドを楽しめますよ!

また、安価な製品も多いので、コスパ重視の方は有線タイプのヘッドホンもチェックしてみてくださいね!

注意
有線タイプはbluetoothイヤホンにはないケーブルの断線が発生し得るので、利用の際はご注意ください。

関連記事:[2021年]ヘッドホン有線&無線有線両用 おすすめ15選|ワイヤードのメリットや選び方を解説

関連記事:【断線にも強い】圧倒的な音質が楽しめる有線イヤホンおすすめ19選 (2021年版)

bluetoothヘッドホンを選ぶときのポイント

bluetoothヘッドホンには音質面以外にも、考慮したい様々な特徴があります。ここでは、利用シーンに応じてチェックしたい選ぶポイントをご紹介していきます。

音質に重点をおくならオープンエアー型(開放型)のハウジングがおすすめ

オープンエア型(開放型)

出典:sony.jp

オープンエアー型とは、音が密閉されないハウジングの構造をしたタイプです。特徴としては下記の通り!

  • 音がこもらず抜けていくため、クリアなサウンドを聞ける
  • 長時間音楽を聞いていても、透き通るサウンドで聞き疲れしにくい
  • 中高音は綺麗に奏でるが、低音の鳴りが弱くなる
  • 遮音性が低い

音質を重視した構造のため、上質なサウンドで映画鑑賞やアニメ視聴したい方にぴったりです!

一方、音漏れが発生しやすいのが大きなデメリットと言えます。図書館や電車、バスなどで利用を考えている方は、音量の上げすぎに気を付けましょう!

ひとことメモ
オープンエアー型の見た目の特徴としては、ハウジング部分がメッシュ素材となっています。

関連記事:音楽好きが選ぶ!開放型ヘッドホンおすすめ20選|ハイエンドからコスパ重視モデルまで

音漏れが気になるならクローズド型(密閉型)のハウジングがおすすめ

クローズド型(密閉型)

出典:sony.jp

クローズド型とは、音を密閉させるハウジングの構造をしたタイプです。特徴としては下記の通り!

  • 遮音性が高い
  • 低音域の鳴りが良い
  • 音がこもって開放感がない

自宅外でワイヤレスヘッドホンを使用する方は、クローズド型のアイテムがおすすめです。音漏れが起きにくいメリットは大きく、静かなカフェや図書館での利用にも最適!

ただし、音質面ではオープン型のヘッドホンに劣るので、娯楽用・作業用で利用する機会が多いのか、事前に用途を決めておくと良いでしょう!

注意
ヘッドホンの種類としては、開放型より密閉型のほうが少なくなっています。

長時間使用するなら付け心地が良い40mm以上のドライバーを

ドライバー

出典:amazon.co.jp

ヘッドホンのコーデックのように、音質に影響するのがドライバーです。ドライバーは口径のサイズで表されることもあり、大きければ低音、小さければ高音の鳴りが良くなります。

さらに、口径サイズはヘッドホンの付け心地にも影響!大きければ耳全体をイヤーパッドで包み込み、快適な付け心地に繋がります。

もし、映画視聴やオンラインゲームのプレイで、長時間ワイヤレスヘッドホンを装着するという方は、40mm以上のドライバーを搭載したモデルがおすすめです!バランスの取れた音質、かつ疲れにくい設計で、長時間サウンドに集中できますよ!

ひとことメモ
市販のヘッドホンには、主に口径30~50mmのドライバーが採用されています。

関連記事:【3000円台も】DJ用ヘッドホンおすすめ15選 | 海外有名DJ愛用モデルまで選び方を徹底解説!(2021年)

ノイズキャンセリング機能があると自宅でテレビを見るときも周囲の音を消せる

ノイズキャンセリング機能

出典:amazon.co.jp

ヘッドホンに限らず、イヤホンにも導入されることの多い技術がノイズキャンセリング機能(NC)です。ノイズキャンセリングとは、周りの雑音を遮断し、ヘッドホンのサウンドに没頭できる機能となっています。

テレワーク・勉強に集中したい方や、自宅で家族の声を気にせず、テレビを楽しみたい方にもベストな機能です。ただし、ノイズキャンセリング機能搭載モデルは高価な傾向にあります。

また、ノイズキャンセリングの規格にも注意が必要!ワイヤレスヘッドホンによっては、ノイズキャンセリングの規格として「CVC6.0」や「CVC8.0」と記載されています。

しかし、「CVC6.0」と「CVC8.0」は通話時にこちらの周囲の雑音を取り除き、相手に音声を届ける規格です。音楽を楽しむ時に、周囲の雑音をシャットアウトできる機能ではないので、ご注意ください。

ひとことメモ
ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホンは、基本的に密閉型のハウジングが採用されています。

関連記事:【ノイズキャンセリングイヤホンを完全解説】失敗しない選び方と人気おすすめランキング 20選

バッテリーの充電時間が短いと使いづらいので注意!

バッテリーの充電時間が短いと使いづらいので注意!

出典:amazon.co.jp

bluetoothヘッドホンは無線で手軽な反面、ケーブルから給電しないため、本体を事前に充電しておく必要があります。バッテリーが切れると充電しながら利用するはめになり、せっかくのコードレス機能も台無しです。

電車や飛行機で長距離移動する機会の多い方は、最大連続再生時間をチェックするようにしましょう。5時間程度再生できるモデルや、中には50時間以上再生可能なワイヤレスヘッドホンも販売されています。

ひとことメモ
急速充電に対応したワイヤレスヘッドホンであれば、短時間で本体のバッテリーを蓄えられます。

室内で使うときには有線でも使える「有線無線両用ヘッドホン」も人気

出典:amazon.co.jp

bluetoothヘッドホンは充電残量を意識しなければならないのが、1つのデメリットと言えます。しかし、充電残量を気にしつつ音楽を聞いていると、高い没入感でサウンドを楽しめないですよね?

もし、bluetoothヘッドホンでもバッテリー残量を気にしたくない方は、有線無線両用のヘッドホンがおすすめ!充電がなくなりそうな時、もしくは遅延を気にせず音楽を楽しみたい時など、利用シーンに応じて有線・無線を切り替えられますよ。

ひとことメモ
有線・無線両方に対応しても特別料金が上がることはなく、3,000~5,000円程度で購入できるお得なアイテムも販売されています。

関連記事:[2021年]ヘッドホン有線&無線有線両用 おすすめ15選|ワイヤードのメリットや選び方を解説

ゲーム用ならマイク付きもあるゲーミング専用ヘッドセットがおすすめ

ゲーミング専用ヘッドセット

出典:amazon.co.jp

家庭用ゲーム機だけでなく、PCで遊べるオンラインゲームも広く普及していますが、その中でもボイスチャットを楽しみながらプレイ可能なタイトルが増えています。上質なゲームサウンドを聞きながら、ハンズフリーで会話もしたいのであれば、マイク付きのゲーミング専用ヘッドセットがおすすめです。

口元までマイクが伸びており、クリアな音声を相手に届けてくれます。また、全方向から音が聞こえてくるサラウンド機能を搭載したヘッドホンであれば、より臨場感のあるゲームを楽しめますよ!

ひとことメモ
本格的なPCゲームは作業環境も重要!おすすめのゲーミングチェアやマウスなどもチェックしてみてくださいね!

関連記事:[2021年]テレワークやSwitchで人気マイク付きヘッドホン(セット) おすすめ 20選

関連記事:【最強】プロゲーマーも納得のおすすめゲーミングヘッドセットランキング10選

bluetoothヘッドホンのおすすめメーカー

bluetoothヘッドホンは機能性を比較するのも重要ですが、メーカーで選ぶのも1つです。有名メーカーの製品であれば、実績も豊富で安心して利用できます。

次に、bluetoothヘッドホンのおすすめメーカーをご紹介していきます。

SONY

SONY

出典:sony.jp

bluetoothヘッドホンに限らず、電子製品を購入する上で必ずチェックしておきたいのがSONY(ソニー)です。

製品の機能性やデザイン性などが評価され、国内外の様々な賞を受賞しています。また、SONYは日本企業のため、日本製を求めている方にもイチオシのメーカーです。

bluetoothヘッドホンは5,000円以下の安価なモデルから、20,000円を超すハイエンドモデルまで展開!幅広いニーズにマッチする製品を取り揃え、目当てのヘッドホンも見つかりやすいですよ!

ひとことメモ
SONYのヘッドホンには、音楽のプロが愛用するモデルも存在します!

関連記事:マニアが選ぶ!ソニーのおすすめヘッドホン15選|独自の最新技術やシリーズ別の特徴とは?

BOSE

BOSE

出典:bose.co.jp

アメリカに拠点を置き、ヘッドホンやスピーカーを中心に音響機器を展開するメーカーがBOSE(ボーズ)です。

BOSEのヘッドホンの特徴は、身体中に響き渡るような重低音!ジャズやクラシックなど低音を多く奏でる音楽であっても、臨場感たっぷりのサウンドで楽しめます。

また、中高音もクリアに発せられるため、全体的なバランスは良好です。全体的に高価なモデルとなっていますが、機能性や音質重視の方は要チェックですよ!

関連記事:重低音が響く!BOSEのおすすめヘッドホン7選|最新作から旧モデルまで紹介

audio-technica

ヘッドホンやイヤホンの定番メーカーとして、長年愛され続けているのがaudio-technica(オーディオテクニカ)です。

audio-technicaのヘッドホンの特徴は、全体的な音質バランスの良さ!低音域や中高音域に偏って鳴り響くのではなく、上手く調和されたサウンドで心地良く音楽を聞けます。

bluetoothヘッドホンの種類も非常に豊富で、5,000円台の安価なモデルからノイズキャンセリング機能搭載モデル、ゲーミングヘッドセットまで販売!SONYやBOSEと同様に、必ず候補に入れておきたいメーカーの1つです。

関連記事:【プロがオーテクサウンドを徹底解剖】オーディオテクニカ 13選 (2021年版)

その他おすすめメーカー

  • Panasonic(パナソニック)
  • Sennheiser(ゼンハイザー)
  • Logicool(ロジクール)
  • Beats(ビーツ)
  • Anker(アンカー)
  • Pioneer(パイオニア)
  • JBL
  • SHURE
  • JVC

他にも上記のようなおすすめメーカーがあります。機能性や音質は製品により異なるため、一概に人気メーカーのアイテムが良いとは言えません。

しかし、bluetoothヘッドホン以外の電子機器も展開しており、性能の高さや実績からも、是非チェックしておきたいメーカーですよ!

関連記事:ロジクールヘッドホンの選び方やおすすめ10選を紹介!ゲーミングから一般用途まで!

関連記事:プロ仕様の本格モデルも!SHUREのヘッドホンおすすめ10選【2021年】

関連記事:【全シリーズ解説】AKGのヘッドホンの選び方がわかる!おすすめ15製品の人気ランキングを紹介

関連記事:【初心者向け】今売れてるJVCヘッドホンの選び方をわかりやすく解説!おすすめしたい10商品も

【安くて高コスパ】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
Anker(アンカー) ワイヤレスヘッドホン Soundcore Life Q30¥8,990 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC40mm40時間
Mpow ワイヤレスヘッドホン H7確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC40mm15時間
VANKYO ワイヤレスヘッドホン C740¥3,999 Amazon楽天市場Yahoo!40mm30時間
ag ワイヤレスヘッドホン AG-WHP01K¥12,800 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC / aptX / aptX LL35時間
Beexcellent ワイヤレスヘッドホン Q7¥2,980 Amazon楽天市場Yahoo!50mm○(CVC6.0)40時間
JBL ワイヤレスヘッドホン TUNE 510BT¥4,100 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC32mm40時間
TaoTronics ワイヤレスヘッドホン Soundsurge 85¥5,999 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC40mm31時間

【安くて高コスパ】bluetoothヘッドホン おすすめ 7選

【高音質でおしゃれ】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
OneOdio ワイヤレスヘッドホン FuSion A7確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC40mm○(CVC8.0)50時間
Anker(アンカー) ワイヤレスヘッドホン Soundcore Life Q10確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC40mm60時間
EKSA ワイヤレスヘッドホン E1¥3,699 Amazon楽天市場Yahoo!AAC40mm○(CVC8.0)24時間
HeyKing ワイヤレスヘッドホン確認中 Amazon楽天市場Yahoo!50mm54時間
Mpow ワイヤレスヘッドホン H20確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC / aptX / aptX HD○(CVC8.0)50時間
audio-technica(オーディオテクニカ) ワイヤレスヘッドホン ATH-S200BT¥5,300 Amazon楽天市場Yahoo!SBC40mm40時間
ALUNA ワイヤレスヘッドホン¥3,980 Amazon楽天市場Yahoo!40mm○(CVC8.0)12時間

【高音質でおしゃれ】bluetoothヘッドホン 7選

【ノイズキャンセリング】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
SONY(ソニー) ワイヤレスイヤホン WH-1000XM4¥35,400 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC / LDAC40mm30時間
Sennheiser(ゼンハイザー) ワイヤレスヘッドホン MOMENTUM Wireless M3AEBTXL¥41,773 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC / aptX / aptX LL42mm17時間
BOSE(ボーズ) ワイヤレスヘッドホン QuietComfort 35 wireless headphones II¥17,400 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC20時間
Apple(アップル) ワイヤレスヘッドホン AirPods Max¥81,374 Amazon楽天市場Yahoo!40mm20時間
Beats(ビーツ) ワイヤレスイヤホン Studio3 Wireless¥43,455 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC22時間

【ノイズキャンセリング】bluetoothヘッドホン おすすめ 5選

有線両対応】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
Mpow ワイヤレスヘッドホン 059 Lite¥3,599 Amazon楽天市場Yahoo!SBC40mm50時間
ZENBRE ワイヤレスヘッドホン H6確認中 Amazon楽天市場Yahoo!○(CVC6.0)20時間
OneOdio ワイヤレスヘッドホン A10確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC40mm40時間

有線両対応】bluetoothヘッドホン 3選

【ゲーム用】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
Cheergo ゲーミングヘッドセット¥4,499 Amazon楽天市場Yahoo!40mm54時間
JBL ゲーミングヘッドセット QUANTUM 800¥26,180 Amazon楽天市場Yahoo!SBC50mm14時間
Logicool(ロジクール) ゲーミングヘッドセット G933S¥14,900 Amazon楽天市場Yahoo!SBC50mm12時間

【ゲーム用】bluetoothヘッドホンおすすめ3選

【防水】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
JBL ワイヤレスヘッドホン UA SPORT WIRELESS TRAIN確認中 Amazon楽天市場Yahoo!SBC40mm16時間
Monster Cable ワイヤレスヘッドホン Monster isports FREEDOM wireless¥14,800 Amazon楽天市場Yahoo!SBC / AAC / aptX10時間

【防水】bluetoothヘッドホンおすすめ2選

【耳掛け】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
JVCケンウッド ワイヤレスヘッドホン HA-AL102BT¥2,700 Amazon楽天市場Yahoo!SBC27mm4時間
orit ワイヤレスヘッドホン Sx998¥3,550 Amazon楽天市場Yahoo!12時間
LEVIN ワイヤレスヘッドホン WT¥4,999 Amazon楽天市場Yahoo!SBC12時間

【耳掛け】bluetoothヘッドホンおすすめ 3選

【トランスミッター付き】bluetoothヘッドホンの比較一覧表

商品最安価格コーデックドライバーノイズキャンセリング連続再生時間
サンワダイレクト ワイヤレスヘッドホン 400-HPW001¥9,980 Amazon楽天市場Yahoo!40mm10時間
Aning ワイヤレスヘッドホン¥7,580 Amazon楽天市場Yahoo!40mm6時間
VANKYO ゲーミングヘッドセット Captain 100¥5,980 Amazon楽天市場Yahoo!50mm30時間

【トランスミッター付き】bluetoothヘッドホンおすすめ3選

bluetoothワイヤレスヘッドホンの使い方

ワイヤレス接続 (Bluetooth接続)の方法

ワイヤレス接続 (Bluetooth接続)の方法

出典:amazon.co.jp

Bluetooth機能は様々な電子機器に搭載されているため、ワイヤレスヘッドホンで接続できる機器も非常に多いです。ここでは、ワイヤレスヘッドホンとよく接続される機器のつなぎ方を見ていきましょう。

テレビとの接続

テレビ

  1. トランスミッターとワイヤレスヘッドホンをペアリングモードにする
  2. 両機器を近付け、ペアリングを行う
  3. トランスミッターをテレビに接続・起動

Panasonicビエラなどのように、Bluetooth機能を搭載したテレビもありますが、現状Bluetoothを利用できるモデルはほとんど存在しません。よって、トランスミッターを利用し、ワイヤレスヘッドホンをテレビに接続するのが基本です。

ただし、トランスミッターを購入する際はケーブルをテレビに接続できるか、端子を必ずチェックしておきましょう。

ひとことメモ
トランスミッターの中には、ヘッドホンを複数接続できるモデルがあるので、家族みんなで繋げたい方は要チェックです。

iPhoneとの接続

iPhone

  1. iPhoneのBluetoothをONにする
  2. bluetoothヘッドホンをペアリングモードにする
  3. iPhone側で接続するワイヤレスヘッドホンを選択する

iPhoneとの接続は特に難しい操作なく、数分で完了する設定です。ペアリングモードにする方法だけ製品ごとに異なるので、取扱説明書をチェックしましょう。

なお、AirPods Maxのように、iPhoneに近付けてワンタッチで接続可能なアイテムもあります。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)との接続

Nintendo Switch

Nintendo Switchは本体に内蔵されているスピーカー、もしくはイヤホンジャックから音を聞くのが基本なので、Bluetooth機能は搭載されていません。しかし、専用のアダプターを利用することで、Bluetooth接続が可能となります。

本体の底にType-Cポートがあるので、別売りのアダプターを差し込み、ペアリング設定を行えばワイヤレスヘッドホンと接続できます。また、Nintendo Switch純正ドックでテレビに接続する場合も、側面に搭載されているUSBポートを利用すれば、ワイヤレス通信が可能です。

ギターとの接続

ギター・アンプ

出典:amazon.co.jp

製品は限られますが、ギターアンプとしての役割を兼ねたヘッドホンも販売されています。

付属のトランスミッターをギターのジャック部分に挿入することで、ヘッドホンとケーブルレスで接続可能!また、音量調整などもヘッドホンから行えます。

ケーブルでアンプ接続するのは煩わしいという方は、是非チェックしてみてくださいね。

充電方法は端子などをチェック

充電方法は端子などをチェック

ワイヤレスヘッドホンの充電に利用される端子としては、主に下記の通りです。

  • micro USB
  • Type-C

Type-C端子に対応した製品は急速充電できるモデルも多く、普段から忙しい方や充電を忘れがちな方にぴったりです!

しかし、iPhoneやiPadの充電に使用されるLightning端子は利用できません。もし、Lightningケーブルで充電したい方は変換アダプタを利用しましょう。

注意
ワイヤレス(Qi)充電はできないので、ご注意ください。

bluetoothヘッドホンの評価・悪評・よくある質問

bluetoothヘッドホンはどこで購入するのがおすすめですか?

bluetoothヘッドホンは時折、公式サイトでセールが実施されています。安く購入したい方は、都度公式サイトのセール情報をチェックしましょう。

セールが未実施であれば、Amazonや楽天などの大手ショッピングサイトがおすすめです。定価未満の価格で購入できる製品も非常に多くなっています。

また、ヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、ノジマ、ゲオなどもポイントが付与され、公式サイトよりお得に購入可能です。

メルカリやヤフオクでも中古品を購入できますが、製品保証が付いているかは必ず確認しておきましょう。

低遅延なbluetoothヘッドホンの選び方は?

低遅延のbluetoothヘッドホンを選びたい方は、対応コーデックを要チェックです。aptXやaptX LLであれば、遅延を抑えて映像を楽しめます。

また、2.4GHz帯の電波を利用し、無線接続するワイヤレスヘッドホンも低遅延でおすすめです。

bluetoothヘッドホンの寿命はどれくらいですか?

bluetoothヘッドホンは電池を搭載している関係で、有線タイプよりバッテリー寿命が短く2~3年と言われています。充電を繰り返すとバッテリーが消耗し、次第に充電持ちが悪くなります。

バッテリーのみを交換することはできないため、バッテリーの減りが早くなってきたら、修理もしくは買い換え時期と考えましょう。

bluetoothヘッドホンとワイヤレスイヤホンの違いは?

bluetoothヘッドホンは装着の快適性やファッション性、充電の持ち具合などがワイヤレスイヤホンより優れています。一方で、ワイヤレスイヤホンは携帯性や遮音性、スポーツでの使いやすさなどが利用するメリットです。

音質面は製品によって異なり、また耳を覆うヘッドホンと耳に直接入れるイヤホンなので、音の感じ方も人によって変わります。一概に「ヘッドホンのほうが高音質」と断言することはできないでしょう。

Bluetoothヘッドホンまとめ

bluetooth(ワイヤレス)ヘッドホンは音質面だけでなく、ノイズキャンセリングや防水などの付加機能も考慮することが重要です。最近では、ファッションアイテムとしてデザイン性重視の製品も登場し、活用できる幅も広がっています。

しかし、選定ポイントや製品の種類は非常に多いため、自分に合う製品が分からない方も多いはず。のような方は、ワイヤレスヘッドホンの利用シーンを明確にしましょう。

カフェでの作業用に使用したいならノイズキャンセリング機能搭載モデル、電車やバスでも利用するなら密閉型でおしゃれなモデルなど、ぴったりな製品が見えてくるはずです。

利用シーンに合わせたワイヤレスヘッドホンを利用し、充実した音楽ライフを楽しましょう!

関連記事:【かわいい VS スタイリッシュ】おしゃれなヘッドホン25選|女子や男子に人気のモデルや付け方も紹介

関連記事:【2021年版】聴き比べてわかった今こそ選ぶ最強ワイヤレスヘッドホン15選

関連記事:【3000円台も】DJ用ヘッドホンおすすめ15選 | 海外有名DJ愛用モデルまで選び方を徹底解説!(2021年)

関連記事:【2021年】USB-DACのおすすめ30選|ヘッドホンアンプとの違いや選び方を徹底解説

関連記事:【ボロボロにならず音質も保つ】ヘッドホンカバーおすすめ15選|自作方法も紹介!

関連記事:【DTMに最適】モニターヘッドホンのおすすめ20選|普段使いできるハイコスパなモデルも

関連記事:【2021年】USB-DACのおすすめ30選|ヘッドホンアンプとの違いや選び方を徹底解説

関連記事:【2021年最新】大人気ワイヤレスヘッドセットおすすめランキングTOP10!

関連記事:【2021年最新版】テレワーク・WEB会議に大活躍する便利なヘッドセットおすすめ15選

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー