初心者向け!ミニ盆栽のおすすめ12選|人気の松・桜・梅や育て方を紹介

ミニ盆栽

樹木の造形や葉の色などを楽しめる「盆栽」。以前はお年寄りの趣味というイメージがあった盆栽ですが、最近はミニサイズの販売も多く、モダンな雰囲気を楽しめるインテリアグリーンとして人気を高めています。紅葉を楽しめる欅やかわいい苔玉など、おしゃれな見た目のものも多いですよ。

しかし、「盆栽ってどんな種類があるか分からない」「インテリアに映えるおしゃれな盆栽ってどれ?」と、購入を迷っている人は多いはず。また、盆栽の育て方や置き場所なども詳しく知りたいですよね。

そこで今回は、人気急上昇中のミニ盆栽についてPicky’s編集部が徹底調査。ミニ盆栽のおすすめの選び方・人気商品ランキング12選・盆栽の基本の育て方などをまとめて解説します。これから盆栽にチャレンジしようと考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

和モダンでおしゃれ!ミニ盆栽の魅力

ミニ盆栽 魅力

小さな鉢に草木を植え、幹や枝に手を加えながら育てる「盆栽」。自然の風景を丸ごと小さくしたようなジオラマ風な可愛さが人気で、見る人の心を癒してくれる芸術品です。

室内で育てられるものも多く、最近はおしゃれなインテリアとして楽しむ人が増えています。樹高10~20cm程度のミニ盆栽なら、扱いに慣れていない初心者でも管理しやすいのが魅力。小さくて置き場所に困らないので、気軽にお部屋や庭で育てられます。

関連記事:【インテリアをおしゃれに】観葉植物おすすめランキング20選|初心者でも育てやすい種類を紹介

初心者でも大丈夫!ミニ盆栽のおすすめの選び方

ミニ盆栽 選び方

「盆栽を買うのが初めてで、どれを買えばいいか分からない」そんな人のために、ここからはミニ盆栽の選び方を紹介。盆栽の種類や育て方などに注目しながら解説するので、ぜひ商品を購入する際の参考にしてください。

初心者には丈夫で育てやすい「松柏盆栽」がベスト

ミニ盆栽 松柏盆栽

松柏(しょうはく)盆栽は、盆栽の定番である松・杉・檜(ヒノキ)などの針葉樹類全般を指すもの。年中葉をつける松柏盆栽は、常に青々とした緑色を楽しめます。また、気温差に強く丈夫な種類が多いので、初心者はまず松柏盆栽から育ててみるのもおすすめですよ。

松柏盆栽の仲間
  • 黒松(クロマツ)
  • 五葉松(ゴヨウマツ)
  • 真柏(シンパク)
  • ハゼなど

「葉物盆栽」なら季節ごとの変化を感じられる

ミニ盆栽 葉物盆栽

葉物盆栽は、楓(カエデ)・欅(ケヤキ)などの落葉樹のこと。季節ごとに葉が落ちたり色づいたりするのが特徴で、1年を通してさまざまな顔を楽しめます。中でも、欅は秋になると徐々に葉が赤く染まり、美しいもみじが見られる草木として人気があります。剪定などの手間はあるものの、丈夫なので初心者にも扱いやすいです。

葉物盆栽の仲間
  • 楓(カエデ)
  • 欅(ケヤキ)
  • イチョウなど

香りや色を楽しむなら「花物盆栽」「実物盆栽」も◎

ミニ盆栽 実物盆栽
ミニ盆栽

桜・梅・ツツジなどの花物盆栽は、季節を迎えると美しい花を咲かせます。華やかな雰囲気の花物盆栽は、カジュアルなインテリアとも合わせやすいですよ。金木犀や梅の盆栽は、かわいらしい花とともに香りも楽しめます。

実物盆栽は、成長すると立派な実をつけるのが特徴。姫りんご・柿・柚子などの種類があり、育った実は料理などに活用できることも。カラフルな実をつける盆栽なら、お部屋の雰囲気を明るくしてくれますよ。また、ほとんどの種類は実をつける前に花を咲かせるため、さまざまな変化を味わえます。

花物・実物盆栽の仲間
  • サルスベリ
  • 花梨(かりん)
  • さくらんぼなど

おしゃれな見た目を求めるなら「苔玉」がおすすめ

ミニ盆栽 苔玉

個性的な見た目やインパクトを求めるなら、苔玉の盆栽がおすすめ。苔玉とは、丸めた土に苔をくっつけたもののこと。深鉢ではなく浅いお皿に苔玉を置き、土台にして草木などを飾ります。丸々とした苔玉を中心に作る盆栽はかわいらしく、独特の風合いを楽しめますよ

最近では、自分で苔玉を作れるキットや、完成した苔玉に自分で好きな樹木などを植えられるセット商品なども販売されています。自分流の盆栽を作りたい人や、おしゃれな盆栽が欲しい人はぜひチェックしてみてくださいね。

関連記事:【話題のテラリウムも】初心者におすすめの苔13選|種類や育て方も解説

育てる場所の環境に適した種類を選ぼう

ミニ盆栽 環境

盆栽は種類によって理想の環境が異なるため、育てる場所を考慮しながら選ぶことが大切です。十分な日当たりを確保できるのであれば、日光を好む黒松・赤松・ハゼなどがおすすめ。室内で育てたいのであれば、直射日光が苦手な桜・楓・シダなどが育てやすいですよ。

ただし、室内で育てる場合は年中日陰に置いておくのはNG。玄関先や窓際など、なるべく自然と光が差し込むような明るい場所を選びましょう。また、どんな盆栽を育てるときにも風通しの良さは非常に重要です。湿気は病気や成長不良の原因になるので、特に注意してあげてください。

関連記事:初心者におすすめ!おしゃれな多肉植物人気ランキング15選|ぷっくりかわいいセダムやハオルチアも

ミニ盆栽おすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格種類樹高鉢の幅
遊恵盆栽 長寿梅楽天市場¥3,480 AmazonYahoo!花物盆栽15cm12cm
遊恵盆栽 出猩々もみじ楽天市場¥3,280 AmazonYahoo!葉物盆栽16cm10.5cm
盆栽妙 五葉松楽天市場¥8,980 AmazonYahoo!松柏盆栽20cm13cm
苔玉 紅長寿梅の苔玉楽天市場確認中 AmazonYahoo!苔玉28cm20cm
盆栽妙 白梅楽天市場¥7,610 AmazonYahoo!花物盆栽20cm17cm
遊恵盆栽 一才桜楽天市場¥3,980 AmazonYahoo!花物盆栽20cm12cm
ハナマルシェ 苔玉 胡蝶蘭楽天市場¥4,731 AmazonYahoo!苔玉20~25cm-
盆栽妙 くろまつ楽天市場¥2,505 AmazonYahoo!松柏盆栽11cm5cm
松慶盆栽園 津山ヒノキ¥2,800 楽天市場AmazonYahoo!松柏盆栽17cm-
遊恵盆栽 苔玉 睡蓮木¥3,680 楽天市場AmazonYahoo!苔玉21cm16cm
遊恵盆栽 深山かいどう¥3,970 楽天市場AmazonYahoo!実物盆栽18cm12cm
盆栽妙 白紫檀楽天市場¥3,812 AmazonYahoo!実物盆栽15cm10cm

ミニ盆栽おすすめ人気ランキング12選

関連記事:【絶対に喜ばれる】おじいちゃんの誕生日プレゼントおすすめ20選|健康グッズや消耗品も

初心者必見!ミニ盆栽の育て方

ミニ盆栽 育て方

水やりは「土が乾いたらあげる」のが基本ですが、初心者には「乾くってどれくらい?」「苔や砂利が敷いてあってよく分からない」という人は多いはず。そういった場合は、回数で管理するのがおすすめです。基本は、春~秋は1日に1回、夏は1日に2回、冬は2日に1回程度を目安に水やりを行いましょう。

多少水をあげすぎてしまっても、水はけが良ければ根腐れを起こす心配はありません。土の水はけをキープするためには、受け皿の水をこまめに捨てたり、定期的につまようじで土を差して柔らかくしてあげることが重要です。

また、ホースの水は強く当てるのではなく、じょうろやシャワーで遠い位置から優しく浴びせるのがコツ。1度少しだけ水やりしたあとに再度水を与えると、水の吸収が良くなります。

関連記事:【初心者向け】サボテンおすすめ14選|小さくてかわいい品種・花が咲く種類も紹介

ミニ盆栽のよくある質問

ミニ盆栽 よくある質問

ミニ盆栽はどこで購入できる?

盆栽は、園芸店やホームセンターなどで購入できます。最近では、Amazonや楽天市場などのネットショップでも販売されています。通販で購入する場合は、口コミや商品の説明文を参考にして、苗の状態や大きさなどをよく確認しておきましょう。

ミニ盆栽はプレゼントにしてもいい?

盆栽は、誕生日や記念日のプレゼントにするのもおすすめ。小ぶりのミニ盆栽なら、もらった相手も置き場所に困らずに育てやすいです。定年退職して時間に余裕ができた両親や、植物好きの友人などにぜひ贈ってみてください。

関連記事:プレゼントにおすすめ!おしゃれな鉢植え20選|長持ちさせる方法も

おすすめミニ盆栽まとめ

ミニ盆栽 まとめ

  • ミニ盆栽は、置き場所に困らない&管理しやすいのが魅力
  • 丈夫な松柏盆栽なら初心者にも育てやすい
  • 種類ごとの育て方や風通しを考慮して種類を選ぼう

今回は、徐々に人気を高めている「ミニ盆栽」について紹介しました。古風な印象がある盆栽でしたが、イメージがガラリと変わるような華やかなもの・おしゃれなものが沢山登場していますね。ぜひ自分のお気に入りの盆栽を見つけて、樹木の美しさや育てる楽しさを体験してくださいね。

関連記事:ぐらつかない!脚立おすすめ19選|室内・庭の剪定・洗車用に選び方を徹底解説

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー