ブックシェルフスピーカーのおすすめ25選|定番の名機やハイレゾ対応機を紹介

ブックシェルフスピーカーのおすすめ25選|ハイレゾ対応やBluetooth機も紹介

おしゃれでコンパクトなオーディオ機器として人気の「ブックシェルフスピーカー」。おうち時間が増え、音楽鑑賞のために購入を考えている人も多いことでしょう。

しかし、Amazonで検索すると、沢山のスピーカーがヒットします。選ぶ楽しみがある反面、どれがいいのか分かりにくいのも事実です

そこでこの記事では、ブックシェルフスピーカーを初めて購入する人に向け、選び方やおすすめのメーカーを詳しく解説していきます。また、今話題の人気機種をランキング形式でご紹介。ぜひ最後まで読み、自分にぴったりの一台を見つけてみてください。

ブックシェルフスピーカーとは

「ブックシェルフスピーカー」とは、コンパクトなスピーカー全般のことを指して使われる言葉です。本棚に入るほどの大きさから、「ブックシェルフ(本棚)」スピーカーと呼ばれています。

ブックシェルフスピーカーは、小型でスペースを取らずに設置でき、導入も簡単なのが特徴。本格的な音響システムを作れないが、ちょっと音の良いスピーカーが欲しいというニーズにこたえてくれます。

小型だけど、こんなに凄いブックシェルフスピーカー

ブックシェルフスピーカーは、収納性と高音質を兼ね備えたスピーカーです。

2000年頃から高品質なデジタルアンプが普及したため、スピーカーは小型化・軽量化が進んでいます。以前であれば小型スピーカーでは出せなかった、ハイレゾ(高音域)音源もカバーできるようになりました。

「こんなにいい音が出るとは思わなかった!」という口コミも聞かれます。ブックシェルフスピーカーは、小型で高音質を実現した夢の音響アイテムなのです。

映画やドラマを楽しむ人は、ホームシアターに使える「ホームシアタースピーカー」も便利です。以下の記事では、シアターセットに特化したスピーカーの選び方や設置方法を解説しています。

関連記事:ホームシアタースピーカーのおすすめ15選|配置が簡単なワイヤレスタイプも【2021年最新版】
関連記事:【プロが解説】センタースピーカーって必要?おすすめ15選と最適な置き方を紹介

ブックシェルフスピーカーの選び方

ブックシェルフスピーカーは、高いものから安いものまで様々な種類があります。まずは選び方のポイントをおさえましょう。

アンプが内蔵されているかで選ぶ

スピーカー選びで真っ先に気にしたいのが、アンプ内蔵の有無です。アンプは電気信号を増幅させる装置。スピーカーは、アンプ内蔵型の「パッシブスピーカー」と、非内蔵型の「アクティブスピーカー」に大別されます

間違って買ってしまうと音が出ないので、しっかりチェックしましょう。

アンプなしの「パッシブスピーカー」

「パッシブスピーカー」は、アンプを内蔵していないスピーカーです。アンプと組み合わせて好みのセッティングで音楽を聴けます。

アクティブスピーカーに比べて音質が良くパワーが強いですが、機材が増えるデメリットも。音質にこだわりたい人や、アンプを持っている人におすすめです。

関連記事:【2021年】USB-DACのおすすめ30選|ヘッドホンアンプとの違いや選び方を徹底解説

アンプ内蔵の「アクティブスピーカー」

アクティブスピーカーは、アンプを内蔵したモデルです。取り回しが良く、音源(パソコンやテレビ)に繋げばすぐ使えます。

アクティブスピーカーのメリットは、安いこと、導入しやすいこと、省スペースなことです。一方、パッシブスピーカーに比べて音質は劣るのがデメリットです。特に、格安品はチープな音になるので注意しましょう。

ひとことメモ

パッシブスピーカーは、音質にこだわりたい人や、アンプを持っている人に。アクティブスピーカーは、コスパよく買い物がしたい人や、アンプのない人におすすめです。

アンプをお探しの人にはプリメインアンプがおすすめです。プリメインアンプは「プリアンプ」と「パワーアンプ」の機能が搭載されており、手軽に音響を自分好みにセッティングできますよ。
関連記事:[2021年]プリメインアンプ おすすめランキング 21選 |テレビやオーディオを高音質で楽しむ

再生周波数や出力音圧などのスペックで音質を選ぶ

スピーカーで一番大切な「音質」。自分に合った音質を見極めるためには、以下のチェック項目を確認してみましょう。

再生できる音域は「周波数帯」をチェック

ブックシェルフスピーカーの音質を見極める指標の一つが「周波数帯」です。周波数帯は、「Hz(ヘルツ)」という単位を用い、スピーカーが再生できる音域を示しています

一般的に、100Hz以下(パワフルな重低音は40~50Hz程度が目安)の帯域をカバーしていれば、低音も十分鳴っていると考えていいでしょう。スピーカー選びで気にしてみてください。

「ハイレゾ対応」なら解像度の高い音を再現できる

「ハイレゾ対応」なら解像度の高い音を再現できる

40kHz以上の周波数を持つスピーカーを、「ハイレゾ対応」といいます。ハイレゾ対応は、通常の音源と比べて20kHzも帯域が高く、CDより解像度の高い音を再現してくれます。

ハイレゾ対応スピーカーはマスター音源に近いサウンドなので、クラシックの繊細な表現まで聴き取れますよ。

ロゴマークもチェック

ハイレゾ対応のブックシェルフスピーカーには、ロゴマークが入っていることが多いです。帯域の数値を忘れてしまったときは、マークがあるかどうかでスペックを確認しましょう。

「出力音圧レベル」が高ければ大音量を再生しやすい

スピーカーシステムの効率(能率)を示すのが、「出力音圧レベル」。音圧が高ければ、少ないパワーで大音量が出せます。音圧レベルは単位「dB(デシベル)」を用います。

たとえばJBLの「4312M II WX」は、音圧レベルが90dB。一般的なブックシェルフスピーカーは80~85dBですが、その約4~7倍の高能率で、パワーのあるサウンドが楽しめます。

アンプ・スピーカーの負荷を考えて「インピーダンス」が合ったものを選ぶ

「インピーダンス」は電気抵抗のことで、単位にΩ(オーム)を使います。インピーダンスは音質の指標ではなく、アンプとの組み合わせで気にしたい数値。

たとえば手持ちのアンプが6Ωであれば、ブックシェルフスピーカーも6Ω(あるいは、それ以上)が必要です。6Ω以下だとオーディオ性能を引き出せなかったり、故障したりする可能性があります。

特に4Ωのブックシェルフスピーカーは対応アンプが少ないので、しっかりチェックしてから購入しなければいけません。

ワイヤレスで接続するならBluetooth機能搭載を選ぶ

ワイヤレス対応のブックシェルフスピーカーであれば、面倒な接続の手間なく使えます。今はBluetoothを搭載した製品も多く、スマホやタブレット、ポータブルプレーヤーとの接続も簡単です。

ごちゃごちゃした配線もなくせるので、設備周りをスッキリさせたい方におすすめ。Bluetoothでも音質の良いものが増えているので、音にこだわる方も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

ひとことメモ

Bluetoothを利用するには、デバイス側(スマホ・パソコン・タブレット)もBluetooth対応である必要があります。

音にこだわるなら「密閉型」「バスレフ型」の構造の違いをチェック

意外と見落としがちなのが、スピーカーの構造です。構造が変わると音の伸びも変わります。

キレの良い低音が特徴の「密閉型」

キレの良い低音が特徴の「密閉型」

出典:amazon.co.jp

「密閉型」は、オリジナルのサウンドをしっかり表現するのに適した構造です。不要な音を遮断し、色付けされていない低音を楽しめます。 クラシック、生演奏、コンサートなどを楽しみたい人は密閉型がおすすめです。

ノビが良く量感のある低音の「バスレフ型」

ノビが良く量感のある低音の「バスレフ型」

出典:amazon.co.jp

「バスレフ型(バス・レフレックス方式)」は、筐体に穴(ダクト)を空け低音を補強した構造です。ポップス、ジャズなど、ベース・バスドラムが活躍するジャンルでは、バスレフ型がおすすめです。

設置する場所や部屋の雰囲気に合わせてサイズ・デザインを選ぶ

サイズ・デザインで選ぶ

ブックシェルフスピーカーは、小型でオシャレなのが良いところ。部屋の雰囲気に合わせて、サイズやデザインで選ぶのも楽しいですよ。

参考サイズ

  • 机の上、パソコン、デスクまわり …… 横幅15cm以下
  • テレビ台、スピーカースタンドを使う …… 横幅20cm以上
  • 設置場所に余裕がある場合 …… 横幅30cm程度

※スピーカーは、大きいほど低音が響きます

高級機にはプラスチックの代わりに、木の自然な風味が魅力の無垢材が使われていることもあります。デザインにこだわりたい人はチェックしてみましょう。

関連記事:【音質がUPする】スピーカースタンドおすすめ20選|卓上用・木製・クランプも

入力端子の規格で選ぶ

入力端子の規格で選ぶ

出典:amazon.co.jp

入力端子が合うかどうかも、忘れずにチェックしておきましょう。

主な規格としては、「PHONE(フォーン)」「RCA」があります。大型のモデルや本格的なタイプになると、光デジタル端子やXLR端子なども備えています。

反対に、安価なモデルやエントリーモデルの場合は、USB接続で手軽に使えるモノも。端子が入らないと信号を送れないので、アンプやつなぐデバイスを確認をしてみましょう。

安いVS 高い!ブックシェルフスピーカーの比較

ブックシェルフスピーカーは、3,000円の安価なタイプから20万や30万円の高級モデルまで、様々な種類があります。違いはどこで、どのように買い分ければ良いのでしょうか。1万円と20万円のモデルを使って、比較してみました。

こんな人におすすめ

  • 安いブックシェルフスピーカー …… シンプルで使いやすいスピーカーが欲しい人
  • 高いブックシェルフスピーカー …… 高出力アンプを持っていたり、音質や筐体の素材にこだわりたい人

安いブックシェルフスピーカーの特徴(1万円のモデル)

たとえば、コスパが良いのは、Edifier(エディファイア)の「R1280T」です。Amazon価格10,000円と少しで購入でき、ブックシェルフスピーカーの一般的な使用を想定しています。

Edifier(エディファイア) R1280T
低音 75Hz
高音 18kHz
特徴
  • 使いやすい
  • リモコン操作に対応
  • RCA入力
  • 音調つまみあり
  • ケーブル同梱

再生できる帯域は75Hz~18kHzのため、高いモデルに比べると狭めです。重低音やハイレゾ音源には対応していないため、音質の面ではやや劣るでしょう。

ただしリモコン操作に対応していたり側面に調節つまみがついていたりと、日常的な使いやすさは考えられている、シンプルで扱いやすいスピーカーです。

こんな人におすすめ
  • ブックシェルフスピーカーの最初の一台として
  • 本棚にすっきり収まるコンパクトなスピーカーを探している人
  • シンプルで使いやすいモデルを探している人

高いブックシェルフスピーカーの特徴(20万円のモデル)

ハイエンドなブックシェルフスピーカーとしては、ONKYO(オンキヨー)の「D-TK10」があります。受注生産の特別モデルで、キャビネットには世界三大銘木の一つであるマホガニー材を使用。

アコースティックギターと同じ製法で作られているため、楽器のような音の鳴り方を再現しています。

ONKYO(オンキョー) D-TK10
低音 50Hz
高音 100kHz
特徴
  • 豊かな音色
  • ハイレゾ対応
  • マホガニー材
  • 徹底したノイズ除去対策/チューニング
  • 受注生産

安いモデルと比べると、音質はもちろん躯体の素材や製法にまでこだわって作られています。

周波数帯は50Hz~100kHzと広いため、低音から高音まで不足なく再生できることがわかりますね。

ただし最高の音質で使いたければ、高出力対応のアンプやケーブルといった関連機器の導入にも値が張ります。

こんな人におすすめ
  • 綿密なチューニングがされたプロ仕様のモデルが欲しい人
  • 筐体の素材にもこだわりたい人
  • 高出力アンプを持っている人

ブックシェルフスピーカーのおすすめ人気メーカー

幅広いラインナップをそろえる「YAMAHA」

YAMAHA

出典:amazon.co.jp

1897年に創業した、日本を代表する楽器メーカーです。老舗らしい、幅広いラインナップと信頼性が特徴です。

  • スタイリッシュで精錬されたデザイン
  • 初心者モデルからプロ仕様のものまで幅広く揃っている
  • 安定して使える信頼感の高さ

ホールにも使われる本格仕様「JBL」

JBL

出典:amazon.co.jp

本格仕様のハイグレードスピーカーやスタジオモニタースピーカーなどを販売する、アメリカの音響機器メーカーです。

  • 重低音に定評がある王道メーカー
  • コンパクトなものから防水性・壁掛けのものまでカバー範囲が広い
  • プロ現場や映画館、ホールなどでも使われることが多い本格派

関連記事:【最新版】JBLスピーカーのおすすめ15選|豊富なラインラップをわかりやすく解説

高級志向の北欧メーカー「DALI」

DALI

出典:amazon.co.jp

DALI(ダリ)はデンマークのオーディオメーカーです。環境音まで忠実に再現できるナチュラルなサウンドが特徴です。

  • ナチュラルに響く聞きやすいサウンド
  • 高級感のあるモダンなデザイン
  • コスパの高い製品も豊富

高機能モデルを展開する「SONY」

SONY

出典:amazon.co.jp

言わずと知れた、国内大手のSony(ソニー)。ハイレゾ対応の商品開発の中心的役割を果たした企業としても有名です。

  • 最新技術を駆使した高機能モデルを展開
  • 立体音響技術「360 reality Audio」
  • テクノロジーに注目した選び方ができる

関連記事:【最新版】SONY(ソニー)おすすめスピーカー15選|選び方や特徴を細かく解説

【アクティブスピーカー】ブックシェルフスピーカーのおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格形式再生周波数帯出力音圧レベルハイレゾ対応インピーダンスBluetooth
Edifier(エディファイア) アクティブ スピーカー R980T¥11,580 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ70 Hz-20 kHz85dB-6Ω/4Ω-
Logicool(ロジクール) ステレオスピーカー Z120BW¥1,500 Amazon楽天市場Yahoo!密閉型-----
Denon(デノン) SC-A37¥15,982 Amazon楽天市場Yahoo!密閉型45Hz-60kHz81dB-
Edifier(エディファイア)ブックシェルフスピーカー R1280DB¥16,490 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ55Hz-20KHz85dB--
Edifier(エディファイア) ブックシェルフスピーカー R1280Ts¥12,990 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ52Hz-20KHz85dB---
Edifier(エディファイア) ブックシェルフスピーカー R1700BTs¥17,990 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ52Hz-20KHz85dB--
Edifier(エディファイア) ブックシェルフスピーカー S2000MKIII¥49,990 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ45Hz~40KHz90dB--
FOSTEX(フォステクス) アクティブ・スピーカー PM0.1e¥13,490 Amazon楽天市場Yahoo!リアバスレフ80Hz〜35kHz78dB---
TANNOY(タンノイ) アクティブ スタジオモニター スピーカー REVEAL 502¥19,800 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ56-48 kHz101dB-20kΩ-
ONKYO(オンキヨー) WAVIO パワードスピーカーシステムGX-70HD2(B)¥11,800 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ48Hz~100kHz-10kΩ-

【アクティブスピーカー】ブックシェルフスピーカーおすすめ人気ランキング10選

まずはアンプ内蔵型のアクティブスピーカーを紹介します。アンプを内蔵しているので、テレビやパソコンなどの音源に接続すればすぐに使えますよ。

【パッシブスピーカー】ブックシェルフスピーカーおすすめ人気ランキング比較一覧表

 

商品最安価格形式再生周波数帯出力音圧レベルハイレゾ対応インピーダンスBluetooth
JBL 2ウェイ ブックシェルフ型スピーカー STAGE A130¥23,573 Amazon楽天市場Yahoo!リアバスレフ55Hz ~ 40kHz86dB--
KENWOOD(ケンウッド) コンパクトスピーカー LS-NA9¥29,980 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ50Hz~40kHz74dB-
Edifier(エディファイア) ブックシェルフスピーカー P12¥11,980 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ55Hz-20KHz79dB--
Sony(ソニー) 3ウェイ・スピーカーシステム(2台) SS-CS5¥19,118 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ53Hz-50kHz--
YAMAHA スピーカー NS-BP200BP¥11,000 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ55Hz~28kHz(-10dB)、~80kHz(-30dB)85dB--
DALI(ダリ) スピーカー OBERON1/DW¥56,430 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ51Hz-26kHz86dB--
DALI(ダリ) スピーカー SPEKTOR2W¥47,520 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ54Hz-26kHz84.5dB--
Micca(ミッカ) ウェイブックシェルフスピーカー COVO-S Compact¥14,447 Amazon楽天市場Yahoo!リアバスレフ90Hz-20kHz83dB-6-8Ω-
JBL スピーカー 4312M II WX [ペア]¥77,220 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ55Hz-50kHz90dB-
Micca MB42X アドバンス ブックシェルフスピーカー¥23,996 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ60Hz〜20kHz85dB-4-8Ω-

【パッシブスピーカー】ブックシェルフスピーカーおすすめ人気ランキング10選

パッシブスピーカーは、アンプを内蔵していないタイプのスピーカーです。

別途アンプが必要なので、アンプを持っている方やアンプも一緒に導入しようと思っている方は、候補に入れてみてください。

【Bluetooth】ブックシェルフスピーカーおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格形式再生周波数帯出力音圧レベルハイレゾ対応インピーダンス
Edifier(エディファイア) ブックシェルフスピーカー S880DB¥34,880 Amazon楽天市場Yahoo!密閉型55Hz-20KHz85dB--
Edifier アクティブスピーカー R1850DB¥22,990 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ60Hz-20kHz--
Moukey ブックシェルフスピーカー RMS 50W MA20-1確認中 Amazon楽天市場Yahoo!バスレフ20~20kHz86dB-
アリージェムbluetooth対応 木製スピーカーAmazon¥4,880 楽天市場Yahoo!密閉型90Hz-20KHz---
サンワダイレクト 3WAYスピーカー 400-SP091¥5,780 Amazon楽天市場Yahoo!リアバスレフ100Hz-20kHz--

【Bluetooth】ブックシェルフスピーカーおすすめ人気ランキング5選

ブックシェルフスピーカーの置き方

ブックシェルフスピーカーの設置方法を簡単に説明します。

左右のスピーカーとキレイな三角形を作る

左右のスピーカーとキレイな三角形を作る

スピーカーは、三角形を意識して配置するのが基本です。まず、左右のブックシェルフスピーカーを間隔をあけて配置します。目安は、間隔が1mのとき、鑑賞者は倍の2mです。

設置場所として適切なのは、後ろが壁であるところです。ガラス窓だとノイズが発生しかねません。置き場所が決まれば、左右1~2メートル空間を取り、ステレオ効果が引き出せるようにしましょう。

カーテンを引くのもグッド

ガラス窓の場合は、カーテンを引くなどして、ノイズ対策をしておきましょう。

ツィーターの高さを耳に合わせる

ツィーターの高さを耳に合わせる

設置ができたら、スピーカーの向きや高さを揃えましょう。スピーカーユニットの高音部(ツィーター)の高さが、耳の高さになるよう配置すると美しく聴こえます。

スピーカーは、上下左右で音の強度が違うため、向き次第で音質が良くもなれば悪くもなります。ちょっとしたことで音色が劇的に変わるので、いろんな設置場所を試してみてください。

注意

ブックシェルフスピーカーを、床に直置きしないようにしましょう。振動がスピーカーに伝わり、ノイズが発生したり、音ブレが生じたりします。スピーカーの下に絨毯や布を敷き、振動対策をしておくのがベストです。スピーカースタンドを導入するのも良い方法です。

ブックシェルフスピーカーの関連商品

低音を再生できる「サブウーファー」

大型スピーカーは置けないけど、低音はほしい。そんな時は、低音だけを出力するスピーカー「サブウーファー」を活用してみましょう。

下の記事では、映画ファンに人気のオーディオブランド、DENON(デノン)のサブウーファーを紹介しています。

関連記事:【最新版】DENON(デノン)おすすめスピーカー10選|選び方や特徴を細かく解説

高さを調節する「スタンド」

スピーカースタンドは、スピーカー本来の音質を楽しむのに使われる台座です。おすすめは、Stageekの「DS001」。PCなどデスクトップで使えるお手軽スタンドです。傾斜が5度ついていて、音を届けやすい作りになっているのが◎です。

振動・反響を制御する「インシュレーター」

インシュレーターは、スピーカーの底部に付けて、振動を抑制するアクセサリーです。人気なのは、BELLOTAの8個入りセットのインシュレーター。金属製の重厚感のある見た目が、インテリアにもマッチします。

天吊りや壁掛けに「取り付け用固定金具」

MAKINOSDの「取り付け金具」は、自由に角度が変えられるのが良いところ。コスパがよく、壁掛けにも天井にも対応する金具なのでおすすめです。おしゃれにスピーカーを取り付けたいと思っている人は、ぜひチェックしてみてください。

ご自宅でDJを始めたい人におすすめ「DJ用ヘッドホン」

ブックシェルフスピーカーをPCDJなどの機材につなぎ、ご自宅でDJをする人もいます。DJにヘッドホンは欠かせないツールです。

こちらの記事ではDJ用ヘッドホンの特徴や選び方の解説、有名アーティスト愛用モデル・おすすめ人気DJ用ヘッドホンランキングなどを紹介しています。
関連記事:【3000円台も】DJ用ヘッドホンおすすめ15選 | 海外有名DJ愛用モデルまで選び方を徹底解説!(2021年)

ブックシェルフスピーカーのよくある質問

ブックシェルフスピーカーはどこで買うのがおすすめですか?

家電量販店やネット通販、専門店などがおすすめです。

家電量販店は、エディオン・ジョーシン・ヤマダ電機・ノジマ・ビックカメラ・ベスト電器・ヨドバシカメラ・ケーズデンキなど。

ネット通販は、Amazon・楽天・Yahooショッピング・価格.com。

専門店は、オーディオ逸品館などです。

ブックシェルフスピーカーのスタンドを自作することはできますか?

はい、できます。

ホームセンターの集成材などを使って、組み立てることができます。購入すると、5,000円くらいはするものなので、自作できれば費用を抑えられるでしょう。ブログやYouTubeを参考にしてみてください。

ブックシェルフスピーカーは中古でも大丈夫ですか?

はい。中古なら、高価なモデルや生産終了品を手に入れられるのでおすすめです。ヤフーオークション・メルカリ・ネットモール・アウトレットモールなどを覗いてみましょう。

注意点は、古すぎる製品や、断線している製品です。製造年数を確かめたりしておきましょう。特にスピーカーユニットは、再生時にノイズが発生していないか、よく確認することが大切です。

ブックシェルフスピーカーは横置きできますか?

基本的には問題ありません。

ただし推奨されていない商品もあるため注意が必要です。指向性や音像定位によっては、横置きができません。取扱説明書などをよく読み、正しい設置を心がけましょう。

おすすめブックシェルフスピーカーまとめ

いかがでしたか?ブックシェルフスピーカーは、手軽に設置ができる、取り回しの良い小型スピーカーです。

これまで安価なスピーカーを使っていた人も、これを機に高音質のスピーカーに挑戦してみるのはどうでしょうか。スピーカーは専門用語が多くて難しそうですが、ポイントは「スピーカーで何がしたいか」です。

  • パソコンやテレビの音質をちょっと良くしたいなら、コスパモデル
  • 音楽をしっかり楽しみたいなら、周波数帯域の広いモデルやハイレゾ対応モデル
  • iPhoneやiPadと連携したいならBluetooth対応モデル

その中で、アンプ不要なら「パッシブ」、アンプ内蔵なら「アクティブ」など、自分にあったスピーカーを見つけていくのが良いでしょう。分からなくなったら、専門店に行き実際に音を聞き比べるのがおすすめです。きっと名機に出会えますよ。

ぜひ、ブックシェルフスピーカーで、おしゃれな大人時間を楽しんでくださいね♪

その他オーディオの関連記事はこちら。

関連記事:接続方法をまるっと解説!ネットワークオーディオプレーヤーおすすめ20選【2022年】

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー