【徹底比較】キャンプ用品レンタルおすすめ11選|安い&関東・関西の人気サービスを紹介

キャンプレンタル おすすめ

アウトドアに必要なアイテムをインターネットでお得に借りられる「キャンプ用品レンタルサービス」。キャンプ初心者や年に数回しか利用しない人など、「高価なキャンプギアを買い揃えられない」という人におすすめです。

最近では、コールマンやDOD、スノーピークといった人気ブランドの商品を取り扱うサービスも増えています。とても便利なサービスですが、「本当にお得?」「いろいろなサービスがあって選び方が分からない」という人も多いはず。

そこで本記事では、キャンプ用品レンタルサービスのメリットや失敗しない選び方、おすすめレンタルサービス11選などを紹介します。初めてのキャンプに必要な最低限のアイテムなども解説しているので、初心者キャンパーはぜひ最後までチェックしてくださいね。

手軽&お得!キャンプ用品レンタルサービスの魅力

キャンプレンタル メリット・デメリット

キャンプ用品レンタルサービスとは、キャンプギアを一定期間レンタルできるネットサービスのこと。ホームページから商品やプランを選び、そのままネット申し込みできるサービスが多いです。自宅やキャンプ場へ配送してくれるので、店舗へ受け取り・返却へ行く必要ありません。

キャンプ用品レンタルサービスのメリット

  • 年に2回程度の利用なら購入よりもお得
  • キャンプグッズの保管やお手入れの手間がない
  • キャンプ場への直接配送を使えば手ぶらでOK
  • 有名メーカーや気になるキャンプギアを購入前に試せる
  • キャンプ場のレンタルよりもアイテムの種類が豊富

キャンプ用品レンタルサービスの最大のメリットは、キャンプギアを買わなくても本格的なキャンプが楽しめることです。実はキャンプギアを一通り揃えると、4人用で5~10万円ほどかかることはざら。レンタルサービスを利用すれば4人用セットが2万円程度なので、割り勘すればかなりお得です。

また、保管場所やメンテナンスといった管理の手間がないのもレンタルサービスの利点。キャンプギアの収納や掃除が難しいマンションやアパート住まいの人も、管理コストを考えずにアウトドアを楽しめます。

キャンプ場から直接レンタルする方法もありますが、レンタルサービスがないキャンプ場や、予約不可で当日在庫がないケースもあります。ネットレンタルを使えば、確実に予約可能。キャンプ場への直接配送もできるため、手ぶらでキャンプできるのが魅力です。

キャンプ用品レンタルサービスのデメリット

  • 基本的に誰かが使った中古品が届く
  • レンタル料とは別に送料がかかる場合がある
  • 頻繁に利用するなら購入した方が安い

当然ながらレンタルサービスは、誰かが一度使った中古品が手元に届きます。気にならない場合は問題ないが、神経質な人には不向きです。また、レンタルサービスは頻繁にキャンプへ行かない人にはお得なサービスですが、「毎週キャンプに行きたい」という人にはかえってコストがかかるので注意してください。

キャンプ用品レンタルサービスはこんな人におすすめ

キャンプレンタル おすすめ

キャンプ用品レンタルサービスがおすすめな人
  • 初めてのキャンプを手軽に楽しみたい人
  • 年に数回程度しかキャンプに行かない人
  • アパートやマンション住みでキャンプギアの保管場所がない人
  • 購入前にお試しでキャンプギアを利用したい人

キャンプ用品レンタルサービスは、今後使うか分からない初心者や、年に数回だけキャンプを楽しみたい人におすすめ。使用頻度が低いなら購入するよりレンタルした方が圧倒的に安いです。

また「初めてで何からギアを揃えればいいのか分からない」「ギアのお手入れや保管が面倒」という人にもピッタリ。購入を迷っている商品を一度試してみたいという場合にも便利なサービスです。

サービスを選ぶ前に!キャンプに必要なアイテムとは

キャンプレンタル 必要

とはいえ、「キャンプってそもそも何を借りたらいいの?」と迷う人も多いはず。まずは、キャンプに最低限必要なものを分かりやすくまとめました。初心者の人は下記を参考にしつつ、自分のキャンプスタイルや季節に合ったキャンプギアをチェックしましょう。

初心者必見!アウトドアで最低限必要なキャンプギア
  • テント
  • 寝袋
  • チェア
  • テーブル
  • ランタン

ひとまず、泊まりキャンプに必須なのは上記の5つのアイテム。特に、テント・寝袋・ランタンは屋外で快適に1晩過ごすために欠かせません。レンタルサービスでは、これらのアイテムを中心としたセットプランが展開されていることが多いです。

こだわり派は要チェック!あったら便利なキャンプギア
  • ガス器具
  • 調理器具
  • 薪ストーブ
  • 石油ストーブ
  • タープ
  • 焚き火台

「キャンプ料理を楽しみたい」「夜は焚き火で癒されたい」という特定の目的がある人は、ガスバーナーやガスコンロ、キッチンツールなどをチェックしましょう。また、真夏のアウトドアには日差しを避けてくれるタープ、冬キャンプには寒さを和らげる暖房器具や焚き火台などがあると便利ですよ。

編集部

その他にも、クーラーボックス・キャンピングカー・コット・シュラフ・ハンモックなどのキャンプ用品をレンタルできるサービスも登場しています。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

キャンプ用品レンタルサービスの選び方

キャンプレンタル 選び方

ここからは、キャンプ用品レンタルサービスの失敗しない選び方を紹介。おすすめのプランや料金システムなど、初心者が気になるポイントを詳しく解説しているので、ぜひサービスを選ぶときの参考にしてください。

セット?単品?用途に合ったレンタルプランを選ぶ

キャンプ用品レンタルサービスには、いくつかのギアをまとめて借りる「セットプラン」と、指定の商品を借りる「単品レンタル」の2つの借り方があります。それぞれの特徴をしっかりと理解し、自分のスタイルに合ったプランを選びましょう。

初心者は一式レンタルできる「セットプラン」がおすすめ

キャンプレンタル セット

アウトドアに慣れていない初心者は、必要最低限のキャンプギアが一式揃ったセットプランがおすすめ。沢山のアイテムを借りるなら、1つずつレンタルするよりもセットの方がお得です。プランによって「2人用」「4人用」と定員が定められているので、利用前に必ず確認しておきましょう。

レンタル料金の相場(目安)
ソロキャンプセット 8,000~15,000円
2人用セット 15,000~20,000円
4人用セット 20,000~25,000円

他にも、ストーブやブランケットが借りられる秋冬用セットや、キャンプ料理を楽しみたい人向けのクッキングセットなど、用途やシーズンに合わせたプランも。最近では、フェスやバーベキューといった特定のシーン向けのプランも登場しています。

季節アイテムや足りないものを借りたいなら「単品レンタル」が便利

キャンプレンタル 単品

セットプランは届く商品を指定できないケースが多いため、メーカー・型番を自分で選びたい人は単品レンタルをチェック。有名ブランドの商品を取り扱っているサービスなら、購入前にお試しでレンタルしてみるという使い方もできます。

また、自分でキャンプギアを買い揃えている人でも、使用頻度の少ないアイテム・シーズンもののアイテムを使いたいときにとても便利です。特に、薪ストーブなどは秋・冬しか使わない上にメンテナンスに手間がかかるので、必要なときだけ単品でレンタルするのがおすすめですよ。

料金システムを事前にしっかりとチェックしておく

キャンプレンタル 配送

キャンプ用品のレンタルにかかる費用は、「レンタル料金」+「配送料」+「補償料」が基本。レンタル料金は商品やプラン、利用期間によって定められています。今回は、配送料と補償料について詳しく解説します。

コストを抑えたいなら「無料配送」は見逃せない

なるべく安く利用したいなら、レンタル品を無料で配送してくれるサービスを選びましょう。中には、返却する際の送料を着払いで負担してくれるサービスも。「○円以上で送料無料」といった条件付きの場合もあるので、利用前にしっかりと確認してください。

万が一の破損に備えて「補償料」が必要な場合あり

レンタルサービスを利用する際には、レンタル中にギアが破損してしまった場合の保険金として、補償料が必要な場合があります。補償料は掛け捨てで返却されないケースがほとんどですが、万が一の際に修理費に充当されたり、修理費の一部を負担してくれる仕組みです。

補償料は大体1,000円~2,000円程度で、レンタル料金によって変動することも。補償料の支払いが必須であるか任意であるかはサービスによって異なるため、申し込み前によく確認しておきましょう。キャンプギアは高価なものが多いので、可能であれば補償料を支払っておくと安心です。

キャンプ場へ直接配送してくれるかをチェック

キャンプレンタル 配送

キャンプ用品レンタルサービスには、配送先を自宅とキャンプ場で選べるところがあります。キャンプ場へ直接届けてくれるサービスなら、少ない荷物で現地に向かえて便利。その場合は、返却手続きもキャンプ場で済ませられるサービスを選びましょう。

ただし、サービスによっては配送可能なキャンプ場が指定されていたり、事前に自分でキャンプ場に許可を取ることが条件になっている場合があるので、気になる人はあらかじめ対応キャンプ場や条件を確認してください。

取扱いブランド・メーカーを忘れずにチェック

キャンプレンタル メーカー

キャンプギアの品質やデザインにこだわりたい人は、サービスの取扱いブランド・メーカーをチェックしましょう。最近では、コールマンやスノーピーク、ロゴスなどの有名ブランドの商品を取り扱っているサービスが増えています。おしゃれなギアをレンタルできたら、キャンプをより一層キャンプを楽しめますよね。

レンタルサービスで取り扱われている主なブランド
  • Coleman(コールマン)
  • Nordisk(ノルディスク)
  • LOGOS(ロゴス)
  • Snow Peak(スノーピーク)
  • CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)など

おすすめキャンプ用品レンタルサービス比較一覧表

商品公式サイト主なプラン対応エリア単品レンタル配送先配送料返却料補償料取扱いブランド
TENTAL公式サイト手ぶらデュオキャンプセット(2人用・2泊):23,800円~/手ぶらソロキャンプセット(1人用・2泊):18,800円~など東京都/千葉県/神奈川県/愛知県/大阪府など自宅/キャンプ場2,000円(5,000円以上で無料)無料1,000円~(任意)スノーピーク/ノルディスク/DODなど
hinataレンタル公式サイトキャンプ初心者セット(2人用・1泊):17,600円~/ファミリーセット(4人用・1泊):27,000円~など全国自宅/キャンプ場地域によって異なる無料1,000円(必須)ロゴス/スノーピーク/コールマンなど
CAMP DAYS公式サイトスタンダードセット(4人用・2泊):27,620円~/スタイリッシュセット(2人用・2泊):27,360円~など全国自宅2,000円(5,000円以上で無料)無料1,000円~(任意)スノーピーク/ノルディスク/モンベルなど
そらのした公式サイト秋冬ソロキャンプセット(1人用・1泊):15,928円~/夏キャンプセット(3人用・1泊):17,480円~など全国自宅地域によって異なる無料1,000円~(保証金もしくは保険金のどちらかを選ぶ)スノーピーク/コールマン/モンベルなど
Newleaves公式サイトプレミアムセット(2人用・3泊):21,800円~/BBQセット(4人用・3泊):12,800円~など全国自宅/キャンプ場(条件あり)2,980円(8,800円以上で無料)無料1,000円~(任意)コールマンなど
GOGO CAMP公式サイト基本レンタルセット(1人用・1泊):9,800円~/快適レンタルセット(2人用・1泊):20,900円~など全国自宅2,000円(1万円以上で無料)無料-コールマン
レンタルショップ ジャストタイム公式サイトファミリーキャンプセット(3人用・1泊):28,600円~/キッチンセット(4人用・1泊):7,150円~など全国自宅/キャンプ場(条件あり)商品によって異なる-(配送料に含む)-スノーピーク/ノースフェイス/ロゴスなど
アートレンタル公式サイト-東京都(都内23区のみ)/神奈川県など自宅商品によって異なる商品によって異なるレンタル数によって異なる-
Ren Camp公式サイト冬盛りセット(2人用・2泊):13,970円~/ぽかぽかセット(4人用・2泊):4,400円~など全国自宅/キャンプ場(条件あり)地域によって異なる無料レンタル料金の10%(必須)オガワ/DOD/コールマンなど
スーパーレンタルショップ ダーリング公式サイトコールマンキャンプセット(4人用・2泊):7,100円~/ロゴスキャンプセット(2人用・2泊):9,800円~など全国自宅商品によって異なる無料-コールマン/ロゴス/モンベルなど
PITCH&SLOW公式サイトファミリーテントセット(3~4人用・1泊):10,710円~/クッキングセット(3~4人用・1泊):5,390円~など沖縄県ホテル/レンタカーショップなど無料無料-スノーピーク/ノースフェイス/キャプテンスタッグなど

おすすめキャンプ用品レンタルサービス11選

キャンプ用品レンタルサービスを利用するときの注意点

キャンプレンタル 注意点

初めてキャンプ用品をレンタルする人のために、ここからはレンタルサービスを利用する際の注意点を紹介します。思わぬトラブルを防ぐために、利用前にぜひチェックしてください。

GWなどの大型連休前は早めに予約をする!

キャンプレンタル 連休

キャンプ用品レンタルサービスは、ゴールデンウィークなどの大型連休には予約が殺到します。連休に合わせて友達や家族とアウトドアを楽しみたい場合は、早めに予約をしておくのが理想。多くのサービスは大体2~3ヶ月前から予約を受け付けていますが、中には半年~1年先の予約が可能なところもあります。

テントや寝袋に忘れ物をしないように注意

キャンプレンタル 寝袋

キャンプ用品レンタルサービスの失敗談で多いのが、「私物を一緒に返却してしまった」というもの。特に、テントや寝袋に物を入れたままにしたり、自分のギアを一緒に返してしまったりといったケースがよく見られます。返却時は、キャンプギアの中身やポケットなどをよく確認し、忘れ物がないように注意しましょう。

キャンプ用品レンタルサービスのよくある質問

キャンプレンタル よくある質問

レンタルした商品をそのまま購入できる?

サービスによっては、レンタルした商品をそのまま購入できる場合があります。レンタル料金が商品代金から差し引かれるので、無駄なく購入できるのがメリット。「商品を気に入ったらそのまま買いたい」という人は、事前にガイドラインなどをよく確認しましょう。

設営もやってくれるレンタルサービスはある?

Campifyなどのレンタルサービスでは、配送から設営までをスタッフが行ってくれます。時間や手間をかけずにキャンプを始められるので、初心者や女性だけのグループキャンプなどでぜひ利用してみてください。

キャンプ用品のおすすめ関連記事

関連記事:【初心者でも簡単】2人用テントおすすめ22選|かっこいいデザイン・高コスパモデルも

関連記事:【おしゃれ&軽量】ソロテントおすすめ21選|キャンプ女子に人気のワンポール・カマボコも!

関連記事:【コスパ最強のLED充電式も】キャンプ用ランタンおすすめランキング40選|暖色系で明るいタイプも

関連記事:【高コスパで人気】アウトドアテーブルおすすめ20選|ソロキャンプ向け・ローテーブルも!

関連記事:【ソロ〜ファミリーまで使える】焚き火台おすすめ15選|人気のコールマン、スノーピークも

おすすめキャンプ用品レンタルサービスまとめ

キャンプレンタル まとめ

  • 手軽にアウトドアを楽しむならキャンプ用品レンタルサービスがおすすめ!
  • キャンプ場へ直接配送してくれるサービスなら手ぶらで現地集合できる
  • 購入を迷っているキャンプギアのお試し利用もOK

今回は、初心者でも簡単に本格的なアウトドアを楽しめる「キャンプ用品レンタルサービス」を紹介しました。買わずにさまざまなキャンプギアを使えるのは、レンタルサービスならではの楽しさがありますよね。ぜひレンタルサービスを利用して、手軽かつお得にアウトドアを楽しみましょう。

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー