手軽にお湯を沸かせる!キャンプ用ケトルおすすめ30選|定番の人気アウトドアメーカー品を紹介

キャンプでお湯を沸かすときに欠かせないキャンプ用ケトル。コーヒーやカップ麺に使うお湯をサッと沸かせるので、キャンプに行くならぜひ持っていきたいアイテムです。

キャンプ用ケトルには、やかんのようなタイプや鍋のようなタイプ、縦長のティーポッドのようなタイプまでいくつかの種類があります。また、素材により保温性やお湯の沸かしやすさにも違いがあるため、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

この記事ではキャンプ用ケトルの選び方やメーカーごとの特徴の違い、さらに人気のおすすめキャンプ用ケトルをタイプ別に合計30商品ご紹介します。

売れ筋商品やケトルと一緒に揃えたいアウトドアグッズも徹底調査したので、これからキャンプを始めてみたい方や自分に合うキャンプ用ケトルを探している方はぜひチェックしてみてください。

キャンプ用ケトルの選び方

まずは、キャンプ用ケトルを選ぶ際に着目したい3つのポイントをご紹介します。どう選んだらよいか分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人数や使い方に合った容量を選ぼう

キャンプ用ケトルは、何に使うか、何人で使うかなどに応じて、適切な容量を選びましょう。

ソロキャンプや1〜4人ほどなら1L未満がおすすめ

ソロや1〜4人ほどの少人数でキャンプに行くなら、容量1L未満で十分です。コーヒー1杯は約120〜200mL、カップラーメンなら1杯300〜400mLほどなので、1Lあればまかなえます。

また、ソロキャンプをメインとするなら500〜600mLほどのサイズもおすすめ。1人分の食事や飲み物を作るには十分な量ですし、コンパクトで持ち運びやすいのもメリットです。

家族やグループで使う場合は1〜1.5Lあると心強い

家族や5人以上のグループでキャンプをする場合は、1〜1.5Lのものを選びましょう。複数人分のコーヒーを淹れてから野菜やパスタを茹でるなど同時に複数のことを行えるため、時短調理ができます。

また、最近では大容量ですぐにお湯を沸かせるタイプもあるので、必ずしも「容量が大きい=沸騰までに時間がかかる」わけではありません。

ただし、容量が大きいと本体サイズも大きくなります。荷物がかさばりやすくなってしまう点には注意してください。

使いやすい形状かどうか要チェック

キャンプ用のケトルは、大きく分けてやかんタイプ・縦長タイプ・寸胴タイプの3つがあります。それぞれの特徴を紹介するので、チェックして自分に合ったものを選びましょう。

使いやすさを重視するならオーソドックスなやかんタイプ

使いやすさを重視するならオーソドックスなやかんタイプ

使いやすさにこだわるなら、やかんタイプがおすすめです。オーソドックスな形で、自宅にあるやかんのように使えます。また、底面が広くてまんべんなく加熱できるため、スピーディにお湯を沸かせるのもポイント。安定感があり、倒れにくい点もメリットです。

ただし、持ち手が短いうえに本体は小さいので、焚き火での使用にはあまり向きません。やかんタイプを使う場合は、ガスバーナーなども一緒に持参してください

おすすめのバーナーは以下の記事で紹介しているので、チェックしてみてください。

関連記事:登山やキャンプに!シングルバーナーおすすめ20選|形状や燃料による違いを解説

また、ウッドストーブもお湯を沸かしたり調理をしたりするときにおすすめです。

関連記事:ソロキャンプにも最適!ウッドストーブおすすめ20選|正しい使い方や自作方法も紹介

容量にこだわるなら縦長タイプ

大容量のケトルが欲しい方は、縦長タイプを選びましょう。一度に大量のお湯を沸かせるので、大人数でコーヒーを楽しんだりカップラーメンを食べたりできます。また、持ち手部分が長く、焚き火で使いやすいのもポイントです。

ただし、サイズが大きい点には注意してください。持ち運びや収納がしにくいと感じる場合もあります。

コーヒーを淹れたり料理をしたりするなら寸胴タイプ

多用途に使えるケトルを探している方は、寸胴タイプをチェックしてみてください。鍋に注ぎ口がついているタイプが多く、コーヒーを淹れるのはもちろん料理にも使えます。1つあればさまざまなシーンで活躍するうえ、ケトルの中にほかの調理器具などを収納できるのもメリットです。

一方、本体は比較的重さがある点は押さえておいてください。キャンプ地まで長距離を歩く場合などは、負担になることもあります。

素材ごとの特徴を押さえて自分に合うものを選ぼう

キャンプ用のケトルには、さまざまな素材が採用されています。主な素材を4つ紹介するので、それぞれの違いをチェックしてみてくださいね。

高耐久なステンレス製なら焚き火で使える

耐久性の高いキャンプ用ケトルを探しているなら、ステンレス製がおすすめです。長持ちしやすいうえ、焚き火でも使えます。使っているうちに経年変化で味わい深くなるのも特徴の1つ。簡単に手入れができるため、キャンプにあまり慣れていない方にも向いています。

ただし、やや重さがある点は注意してください。持ち運びやすさを重視するなら、アルミ製なども検討しましょう。

銅製はお湯をすぐに沸かせる

お湯をスピーディに沸かしたい方には、銅製がうってつけです。熱伝導率が高く、早くお湯を沸かせます。丈夫なので、焚き火での使用も可能です。

一方、銅製は傷つきやすいうえに手入れに手間がかかります。また、商品によっては10,000円以上するなど、価格帯が高めに設定されているのも懸念点の1つ。手入れの手軽さや価格を重視するなら、ほかの素材もチェックしてみてください。

アルミ製は軽量で使いやすい

持ち運びやすさを重視するなら、アルミ製がぴったり。軽量で扱いやすく、簡単に持ち運べます。キャンプ初心者や手軽にキャンプを楽しみたい方などにおすすめです。

ただ、耐久性はステンレスや銅と比べると劣ります。焚き火では使わず、バーナーやコンロなどで加熱をするようにしてください。

ホーロー製はおしゃれなものが多い

おしゃれなキャンプグッズが欲しいなら、ホーロー製をチェックしてみてください。カラーバリエーションやデザインが豊富で、見て楽しめます。保温性が高いのも特徴で、ウィンターキャンプなどで使いやすい点もメリットです。

なお、アルミ製と同じく焚き火での使用には向きません。ホーロー製のケトルを使うなら、バーナーやコンロも揃えておきましょう

キャンプ用ケトルのおすすめ人気メーカー

タイプや素材などで迷ったら、メーカーで決めるのも方法の1つです。キャンプ用ケトルを手がけているおすすめの人気メーカーを4社ご紹介するので、それぞれの特徴をチェックしてみてください。

洗練されたデザインが多い「Snow Peak(スノーピーク)」

デザイン性にこだわりたいなら、Snow Peakがおすすめです。洗練されたデザインのキャンプ用グッズを多く展開しています。小型のものなら5,000円以下で手に入るのもポイントです。

豊富なラインナップから選びたいなら「CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)」

豊富な商品ラインナップのなかから選びたい方は、CAPTAIN STAGをチェックしてみてください。やかんタイプ・縦長タイプ・寸胴タイプなどさまざまなケトルがあり、自分に合ったものが見つかります。シンプルなデザインも魅力的です。

キャンプ用品の王道といえる「Coleman(コールマン)」

メーカー選びで迷ったら、Colemanを要チェックです。アメリカ発祥のブランドで日本にアウトドアを広めたパイオニアともいえる存在で、使い勝手のよいケトルが揃っています。価格は5,000円以下とお手頃なものもあるため、キャンプ初心者にもぴったりです。

耐久性の高さが魅力の「UNIFLAME(ユニフレーム)」

丈夫なケトルが欲しい方には、UNIFLAMEがうってつけです。耐久性の高いステンレスを素材に採用しているものが多く、焚き火で使えます。フタ付きの注ぎ口や持ちやすいようにデザインされた取っ手など、細部に工夫が見られる商品が多いのも特徴です。

【やかんタイプ】キャンプ用ケトルおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格サイズ重量容量素材
コールマン パッカウェイケトル楽天市場¥2,082 AmazonYahoo!約15×13×8cm約150g0.6Lアルミニウム、ステンレス、シリコン
SWAGGEAR キャンプケトル楽天市場¥3,680 AmazonYahoo!15.5×15.5×11cm270g1Lステンレス鋼、シリコーン
trangia ケトル TR-325楽天市場¥3,080 AmazonYahoo!14×14×7.9cm140g0.6Lアルミニウム
Overmont アウトドアケトル楽天市場¥2,030 AmazonYahoo!直径14×高さ8cm約249g約0.8Lアルミニウム
キャプテンスタッグ ケトル楽天市場¥1,427 AmazonYahoo!13×15×7.7cm137g0.7Lアルミニウム
Fire-Maple ヒートエクスチェンジケトル楽天市場¥2,970 AmazonYahoo!15.3×7.3cm182g0.7Lアルミニウム
キャプテンスタッグ キャンピングケットル M-7726楽天市場¥1,500 AmazonYahoo!外径12.5×高さ8cm270g900mlステンレス鋼
FIELDOOR チタンケトル楽天市場¥5,980 AmazonYahoo!14.5×14cm150g700mLチタン、シリコン
Field to Summit アルミケトル¥1,880 楽天市場AmazonYahoo!直径14×高さ10cm-800mLアルミニウム(硬質アルマイト加工)、スチール、シリコン
ALOCS キャンピングケトル CW-K02楽天市場¥1,650 AmazonYahoo!8.2×8×13cm100g0.8Lアルミニウム

【やかんタイプ】キャンプ用ケトルおすすめ人気ランキング10選

【縦長タイプ】キャンプ用ケトル人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量容量素材
LIOOBO キャンピングケトル楽天市場¥3,636 AmazonYahoo!15.5×11.7×11.7cm388g1Lステンレス鋼
スノーピーク クラッシックケトル CS-270楽天市場¥11,000 AmazonYahoo!11.5×24.7cm690g1.8L18-8ステンレス
キャプテンスタッグ ホーローコーヒーポット UH-525楽天市場¥2,148 AmazonYahoo!11×20.8×19cm-1.1Lほうろう用鋼板
ファイヤーサイド グランマーコッパーケトル楽天市場¥28,600 AmazonYahoo!18×22.2×24cm1100g3.3L本体:銅(内側スズメッキ)、真鍮、ハンドル:ステンレス、木(ブナ)
PETROMAX ファイヤーケトル FK1楽天市場¥8,923 AmazonYahoo!38×20×20cm615g0.5Lアルミニウム
PETROMAX パーコレーター楽天市場¥11,351 AmazonYahoo!20.5×21×15cm930g2.1Lステンレス
Perfk ケトル楽天市場¥2,360 AmazonYahoo!26×16cm-3Lアルミニウム合金
MERIGLARE ステンレスティーコーヒーポット楽天市場¥1,890 AmazonYahoo!約12×9.7cm-600mLステンレス
SALUTUY ドリップケトル楽天市場¥4,959 AmazonYahoo!15×9.5×8cm575g700ml304ステンレス鋼、木材
‎Auliuakz ステンレス製コーヒーケトル楽天市場¥3,066 AmazonYahoo!25.5×9.2×17.1cm500g650mlステンレス鋼

【縦長タイプ】キャンプ用ケトルおすすめ人気ランキング10選

【寸胴タイプ】キャンプ用ケトル人気ランキング比較一覧表

商品最安価格サイズ重量容量素材
Fkstyle キャンピングケトル楽天市場¥1,550 AmazonYahoo!12.5×14×11.5cm380g1.2Lステンレス
ソト アルミクッカーセット SOD-510楽天市場¥2,600 AmazonYahoo!小:12×6cm / 大:13×10cm小:78g / 大:120g小:500mL / 大:1Lアルミニウム
スノーピーク ケトル CS-068楽天市場¥6,000 AmazonYahoo!25.6×10×34cm470g900mlステンレス鋼、プラスチック
コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット楽天市場¥4,184 AmazonYahoo!ポット:12.5×10cm / カップ:12×5cm計250gポット:900ml / カップ:400mlアルミニウム(ノンスティック加工)、ステンレス、シリコン
PRIMUS ライテックトレックケトル楽天市場¥3,281 AmazonYahoo!鍋:11×11cm / フライパン:11×3cm計280g1Lアルミニウム
Esbit クックセット楽天市場¥4,962 AmazonYahoo!14.7×12.8cm560g985mL、470mL-
Solo Stove ソロストーブ ポット楽天市場¥9,075 AmazonYahoo!18.5×20cm830g4Lステンレススチール(SUS304)
エバニュー チタンカップ楽天市場確認中 AmazonYahoo!9.5×5.8cm50g400mLチタニウム
MSR チタン製ケトル楽天市場¥10,368 AmazonYahoo!12×8.7cm118g0.85Lチタン
ロゴス ファミリークッカーセット楽天市場¥8,820 AmazonYahoo!大鍋:22.5×20.7×24cm / 小鍋:28×18×12cm / フライパン:31.5×21.7×5.5cm計1.2kg大 鍋:3.2L / 小 鍋:1.8Lアルミ、ステンレス、木材

【寸胴タイプ】キャンプ用ケトルおすすめ人気ランキング10選

キャンプ用ケトルの関連商品

焚き火を手軽に楽しめる「焚き火台」

キャンプで焚き火をしたい方は、焚き火台も用意しておきましょう。簡単に焚き火ができるうえ、湯沸かしや調理にも役立ちます。最近は直火で焚き火ができないキャンプ場も増えているので、焚き火を楽しみたいなら焚き火台を準備しておいてくださいね。

おすすめの焚き火台は以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。
関連記事:【ソロ〜ファミリーまで使える】焚き火台おすすめ15選|人気のコールマン、スノーピークも

火を簡単に起こせる「シングルバーナー」

キャンプで火をしっかり起こせるか不安なら、シングルバーナーがあると心強いです。ガスやガソリンなどを燃料にして簡単に着火で、お湯を沸かすときや調理をするときなど幅広いシーンで活躍します。

屋外でおいしいコーヒーを淹れられる「アウトドア用コーヒー道具」

キャンプでおいしいコーヒーを飲みたいなら、アウトドア用のコーヒー道具があると便利です。本格的なコーヒーを淹れられる「ドリッパー」やエスプレッソ・カフェオレなどを楽しめる「直火式エスプレッソメーカー」など、さまざまな種類があります。

おすすめのアウトドア用コーヒー道具は以下の記事でも紹介しているので、チェックしてみてください。
関連記事:【最高に美味しく淹れる】アウトドア用コーヒー道具おすすめ27選|最強のミル・ドリッパーも紹介

キャンプ用ケトルのよくある質問

キャンプ用ケトルはどこで買うのがおすすめ?

キャンプ用ケトルは、Amazonや楽天などのECサイトで買うのがおすすめです。通販サイトなら豊富な種類やメーカーのなかから選べるので、自分にぴったりのケトルが見つかります。多くの商品ページでは容量やサイズ、素材などの情報が記載されているので、しっかりチェックしておきましょう。なお、購入前に実物を見ておきたい方は、キャンプ用品店に足を運んでみてください。

キャンプ用ケトルの処分方法は?

キャンプ用ケトルをゴミとして捨てる場合、自治体のルールやケトルの素材などによって処分方法が異なるので気を付けましょう。住んでいる地域によって変わるので、市のホームページなどでごみの処分方法を確認してみてください。また、メルカリなどのフリマサイトや買取ショップで売るのも方法の1つです。

中古のキャンプ用ケトルでも問題ない?

出費を抑えたい場合は、キャンプ用ケトルを中古で購入するのがおすすめです。人気ブランドのものがお手頃な価格で手に入ります。ただし、新品と比べて劣化が早かったり、傷が気になったりする場合がある点には注意してください。長く愛用していきたいなら、新品を選んだほうが無難です。

おすすめキャンプ用ケトルまとめ

キャンプ用ケトルを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみてください。

  • 人数やニーズに合った容量かどうか
  • 使いやすいタイプか
  • 用途に合った素材かどうか

また、ケトル選びに迷ったらメーカーで決めるのも方法の1つです。Snow PeakやCAPTAIN STAGなどの人気メーカーをチェックしてみてください。

記事を参考に自分にぴったり合うケトルを手に入れて、キャンプを楽しみましょう。

関連記事:【おしゃれ】やかんおすすめ25選|ステンレス・ホーロー製やニトリ・無印も紹介

関連記事:これぞ箸革命!キャンプ用箸おすすめ22選|分割&収納タイプの口コミも紹介

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー