高機能ミラーレスカメラCANON EOS M6 Mark2をレビュー!高画素数のエントリーカメラの実力は?

   

canonから新しく発売された「EOS M6 Mark2」。

ミラーレス一眼レフならではの軽量・小型サイズで初心者にも使いやすい仕様になっています。

ですが機能性は本格的な一眼レフカメラに近く、気軽に・普段使いとして使いつつ美しい作品を残すことができます。

今回はこのM6Mark2について、他のシリーズとの違いや機能性の特徴などを調査。

どんな人にオススメなのか、どういった撮影に適しているかなどをご紹介していきます!

この記事を読んで分かること
  • EOS M6のおすすめポイントや作例
  • EOS M6の使いこなし方
  • EOS M6はどんな人に向いているか
  • EOS M6の価格やスペック情報

CANON EOS M6 Mark iiとは?

バッテリーやカードを含めても約408gという軽量サイズのミラーレスカメラ。

「EF-Mマウント」を使ったCanonシリーズの最新ミラーレス機となっています。

「EF-Mマウント」とは、レンズを取り付ける部分の種類のこと。

最近のCanonは新しい規格である「RFマウント」を採用したものが多かったので、手持ちのEF-Mマウント対応のレンズは装着できない、ということがありました。

ですが、これまで持っていたEF-Mマウント対応のレンズも使えるので、Canonのミラーレスを使っていて、EF-Mマウントが使えるミラーレスを新調したい!という方には適しています。

カラバリはブラックとシルバーの2色

ブラックとシルバーの2色のカラーバリエーション。

シンプルなカラーリングになっていて、女性でも男性でも選びやすくなっています。

可愛らしく持ちたい、という方は専用カバーなどでおしゃれにカスタマイズしてみてもいいかもしれないですね。

CANON EOS M6 Mark ii の口コミから特徴を見てみよう!

公式サイトでは小型であることや、初心者でも扱いやすいダイヤル設定ができることなどが特徴として挙げられています。

また、3250万画素という高画質であること、高速連写やオートフォーカス性能などが優れていることも主な特徴となっています。

実際に利用した方や、家電量販店などで実物をチェックした人の口コミなども調査し、EOS M6 Mark 2を使った人だからこそわかる本当の特徴をまとめました!

高画質で高速連写ができる

公式でも書かれているように、「最高14コマ/秒」の高速連写は他のミラーレスにも負けない速さ。

高速連写性能が高いということは、子どもやペットなどよく動く被写体を撮影する機会が多い方に適しているということ。

高速連写して後からよく撮影ができた1枚だけを選んで保存が可能なので、シャッターチャンスを逃すことなく撮影ができます。

鳥や乗り物、といった早く動く被写体の撮影にも適しています。

使いやすいチルト液晶

チルト液晶で180度液晶が回転。

自撮りも簡単にできる仕様になっています。

180度回転する液晶にはバリアングル液晶というタイプのものもありますが、

チルト液晶の方が使いやすいという方も多いので、チルト液晶が好きな人にはおすすめです。

AF(オートフォーカス)性能も高い

M6Mark2連写は性能も高く動く被写体に対しての性能高いカメラですが、自動でピントが合うオートフォーカス機能も高くなっており、高評価されています。

デュアルピクセルCMOS AFで広範囲・高精度にピントを合わせることが可能です。

暗くてオートフォーカスが合いづらい場面でもしっかりピントが合います。

CANON EOS M6 Mark iiの基本スペック

改めて基本のスペックを確認してみましょう。

画素数3440万画素(総画素)
3250万画素(有効画素)
シャッタースピード1/4000~30 秒
連写撮影ワンショットAF時:最高約14コマ/秒
サーボAF時:最高約14コマ/秒
幅×高さ×奥行111.9x70x49.2 mm
撮影感度標準:ISO100~25600

やはり注目したいのは連写撮影の性能。

1秒あたりに撮影できるコマ数がかなり多いので、動いている被写体もしっかりと捉えられますね。

よく動いてなかなかいい瞬間を切り取るのが難しい子供やペット、動物などの撮影に適していることがわかります。

CANON EOS M6 Mark iiの作例をチェック!

夜景も綺麗に撮影でき、色味がはっきり出ていますね。

こんなに躍動感のある動物の写真も撮影できます

もちろん風景の写真も綺麗。

フィルターを使えば、プロっぽくてかっこいい写真も簡単に撮影可能

https://www.instagram.com/p/B4DgW0ulHFV/

旅先でこんなかっこいい写真も撮影してみたいですね

CANON EOS M6Mark ii の動画性能をチェック!

M6Mark2は4K動画に対応。

大型センサーを搭載しているのでプロレベルの高画質動画が簡単に撮影可能です。

広角レンズや望遠レンズなどを用いれば、さらにいろいろな表現を動画で行えます。

動画を撮影したあと、その動画の1コマを静止画として切り出すことも可能です。

4Kで撮影した動画から切り出すので、高い解像度を維持したままの切り出しが可能。

パソコンに動画を入れなくても、カメラ内で切り出しの操作ができるので便利です。

また、タイプラプス動画や美しいスローが撮影できるハイフレームレート動画なども撮影可能です。

コンビネーションISで動画の手ブレ軽減機能が高くなる

カメラ本体の手ブレ防止機能も高いですが、「コンビネーションIS」に対応しているレンズを装着すると、より強力な手振れ補正効果を発揮してくれます。

もちろん対応レンズではなくても、カメラボディ内の電子手ブレ補正機能で安定した動画撮影が可能になります。

使いこなしていい写真を撮ろう!CANON EOS M6 Mark ii を使った撮影方法

多くのミラーレスカメラにはオートモードなどの多彩な機能があります。

CanonEOSM6Mark2にも便利な機能がたくさん搭載されているので初心者さんや技術がない人でも簡単にクオリティの高い写真撮影が可能になります。

どんな機能があるのか、簡単にご紹介していきます!

シーンインテリジェントオートで簡単にキレイな写真を撮ろう

完全な全自動モードである「シーンインテリジェントオート」はカメラが色や明るさなどを自動検知して最適に仕上げてくれるモードです。

人物にレンズを向ければ、カメラが勝手に人が写っていることを認識して顔に露出を合わせてくれます。

風景だと認識したら青や緑を鮮やかに写してくれたり、ピントを全体に合わせてくれるなど完全にカメラ任せで写真撮影ができます。

ちょっと凝りたいならクリエイティブアシストを使おう

写真にオリジナリティのある演出をしたいなら、クリエイティブアシストがオススメ。

鮮やかに移るフィルターをかけることができたり、背景をぼかしたりとワンタッチ操作で色々な演出をした写真が撮影が可能です。

多彩なオートモードでどんなシーンもバッチリ撮影!

風景・料理・スポーツ・夜景ポートレートなど細かいシーン別に分けられたオートモードもあります。

撮影シーンに合わせて設定すれば、自動で明るさなどを調節してくれるのでいい写真が簡単に、細かい設定なしで撮影できます。

フィルターでインスタ映えする写真も撮れる

ビンテージ風やモノクロなど、芸術作品のように写真を残したい人にはハイダイナミックレンジという機能を利用することをオススメします。

1回撮影すれば、異なる3段階の露出の写真3枚を自動的に記録して、それを合成。

4種類の仕上がりの写真が出来上がります。

SNSなどにアップすれば注目を集められるような、芸術的な写真もお手の物です。

CANON EOS Kiss M6 Mark iiの価格はどうなの?

購入を検討している人が最も気になるのが価格ですよね。

カメラの価格は変動する場合があるので、その都度最新価格をチェックしておきましょう。

ボディのみと、レンズキットの価格は以下の通りです。

CANON EOS M6 Mark iiのボディの価格

CANON EOS M6 Mark ii EVFレンズキットの価格

CANON EOS M6 Mark iiと前期種EOS M6を比較

M6 Mark2は「CANON M6」の後継機となります。

前の機種とどのような点が変わったのか、価格差の分どんな性能がついたのかなどを比較してみましょう。

また、同価格帯の別メーカーとのカメラとも比較してみましたので参考にしてみてください。

CANON EOS M6との違いを比較!

まずはスペックを比較してみましょう。

機種名EOS M6 Mark iiEOS M6
有効画素数3250万画素2420万画素
サイズ119.6x70x49.2 mm112x68x44.5 mm
重量361g343g
4K対応

やはり大きな違いは有効画素数。M6と比較するとかなりキレイな写真が撮影できるようになっています。

サイズはMark2の方がやや大きいですがほとんど違いはありません。

また、Mark2は4k動画にも対応していて、全体的に機能性が高くなっていると言えます。

⇒EOS M6のレビュー記事はこちら

【最新】コスパ最高 CANONのミラーレス一眼レフ EOS M6!機能や作例を徹底レビュー!

CANON EOS M6 Mark iiにはどんなデメリットがある?

ネットの口コミなどを見ても、レビューは高評価のものが多かったのですが、いくつか挙がっていたデメリットも紹介していきます。

バッテリー持ちが悪い

複数人が挙げていた「バッテリーの持ちが悪い」という点。

高性能だったり高画質な写真が撮影できる分、バッテリーの持ちはあまり良くないようです。

近年はどのカメラも予備バッテリーを持っておくことが通常なので、予備バッテリーの準備さえちゃんとしておけば特に問題はないでしょう。

eos 6 MARK2も同様に予備バッテリーをちゃんと準備しておいて撮影に挑めば、バッテリー持ちが悪くてもあまり気にならないはずです。

カスタマイズしたい上級者には不向き

あくまでも初心者向けで、カスタマイズしたい上級者にはあまり向かない、という意見もありました。

オートモードで十分キレイに撮影ができるといった点はまさに初心者向けで、自分でいろいろと調節をして撮影したい上級者さんには最適なカメラとは言えないかもしれません。

CANON EOS M6 Mark iiにおすすめのアクセサリーやケースを紹介

EOS M6Mark ii をもっと便利に、オシャレに楽しむためのアクセサリーをご紹介します。

EOSM6Mark ii にオススメのケース

ボディを保護しつつ、オシャレな印象をぐっとアップさせてくれるのが専用ケース。

好きなカラーのケースでよりファッショナブルに持ち運ぶことができます。

EOSM6 Mark iiにオススメのフィルム

液晶もしっかり保護しておくのは常識です!

チルト式で自撮りに活用することも多いので、ちゃんと保護して液晶割れを防ぎましょう。

専用フィルムは1000円前後で購入可能なのでカメラ購入の際には必ず一緒にチェックしておきましょう。

EOSM6 Mark iiにオススメのSDカード

EOSM6Mark2はSDカードに対応しています。

SDカードはできるだけ大きい容量のものを用意しておくことをおすすめします。

128GBが最も好ましいですが、「もう少し安いカードがイイ」「こまめにデータをPCなどに保存してカード内のデータを消して使いたい」という方は64GBもオススメ。

64GBなら4K動画が約3時間分撮影可能です。

大事なポイントは3つある 一眼レフ / ミラーレスカメラ用のSDカードの選び方

CANON EOS M6 Mark iiのまとめ

まとめ
  • EOSシリーズの中では高機能
  • 初心者でも使いやすく、より性能が高いものを選びたい人にオススメ
  • 有効画素数などがかなり高く、高速連写ができることが特徴
  • 上級者のサブカメラとしてもオススメ

Canonのミラーレスカメラはグレードによって分類されており、eos 6 MARK2は一番安くて初心者でも使いやすい「エントリーモデル」になります。

ですがその中でも現時点では最も高性能・高画質な写真が撮影できるカメラです。

つまり、「初心者だから使いやすいカメラがいいけれど、性能は一眼レフにも負けない良いものが欲しい」という方に最適です。

価格・使いやすさ・高性能の3つをバランスよく兼ね備えているミラーレスカメラなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

◆その他のeosシリーズの記事はこちらから

【最新】コスパ最高 CANONのミラーレス一眼レフ EOS M6!機能や作例を徹底レビュー!

【超人気】キヤノンの入門機EOS Kiss X10とEOS Kiss Mを徹底比較