【5万円以下も】安くて高性能なデスクトップパソコン14選|型落ち・Office付きも紹介

【5万円以下も】安くて高性能なデスクトップパソコン14選|型落ち・Office付きも紹介

新品のデスクトップパソコンは10万円を超えるモデルがほとんど。気軽には購入できませんよね。しかし、安いパソコンは動作が重かったり、すぐに故障したりしないか心配になると思います。

「なるべく安い値段で購入したいけど、高性能なデスクトップパソコンが欲しい!」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では安いデスクトップパソコンの選び方と、おすすめ14選をランキングで紹介します。デスクトップパソコン選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

安いデスクトップパソコンのメリット・デメリット

安いデスクトップパソコンのメリット・デメリット

安いデスクトップパソコンのメリット・デメリットを解説します。初めてパソコンを使う方や、ノートパソコンしか使ったことのない方は参考にしてください。

メリット:低価格でもノートパソコンより性能がよい

低価格で高性能なパソコンが欲しいなら、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンがおすすめ。同じ性能であればノートパソコンよりデスクトップパソコンの方が値段が安いです。ノートパソコンは部品を小型化する必要があるため、値段が割高になります。

一方、デスクトップパソコンは本体のサイズが大きいため高性能で安い部品を組み込めます。持ち運びをするのであればノートパソコンがおすすめですが、自宅で使用するなら低価格でも機能が優れているデスクトップパソコンを選ぶとよいでしょう。

関連記事:【2022年プロが選ぶ】コスパ最強のノートパソコン20選!おすすめ人気ランキングと初心者向けの選び方

デメリット:用途に合わせて選ばないと動作が遅いことも

パソコンは用途に合わせて必要な性能を搭載したモデルを購入することが基本。性能が低いパソコンでも動作の重いソフト自体は起動しますが、思うように作業ができません。とくに下記の用途には、性能の高いパソコンが必要です。

スペックが必要なパソコン用途の例
  • 動画・画像・音声を編集するクリエイター向けソフト
  • ゲーム
  • プログラミング
  • 仕事用の特殊なソフト

とくに、クリエイター向けソフトの定番であるAdobe社のPhotoshopやIllustratorを使う予定ならパソコンのスペックは必ず確認しておきましょう。

クリエイターやゲームにおすすめなハイスペックパソコンは下記の記事で詳しく説明しています。

関連記事:【10万円以下も】おすすめゲーミングPC14選!初心者向けの選び方と人気ランキング(2022年)

安いデスクトップパソコンがおすすめな人

安いデスクトップパソコンがおすすめな人は、動作の軽い作業が中心なライトユーザーです。下記の作業は安いパソコンでも問題なく利用できます。

  • Excel・Word・PowerPointなどのOfficeソフト
  • ホームページ閲覧
  • ネットショッピング
  • DVD・CDの再生
  • 動画の視聴

安いデスクトップパソコンの選び方

安いデスクトップパソコンを選ぶうえで確認すべきことや、失敗しない選び方を解説します。

置くスペースに合わせて型を選ぶ

デスクトップパソコンは「モニター一体型」と「タワー型」の2種類に分類されます。パソコンを置くスペースによって型を選ぶことがおすすめです。

省スペースにおすすめな「モニター一体型」

省スペースにおすすめな「モニター一体型」

出典:amazon.co.jp

パソコンを設置するスペースが狭いなら、モニター本体の中にパソコンが内蔵されている「モニター一体型」がおすすめ。モニターと本体をつなぐ配線がなくなり、デスク周りがすっきりします。

モニター一体型のデメリットはモニターだけを取り替えることができないことです。画面サイズや解像度は事前に確認しておきましょう。

また、モニター一体型はパソコン内部にアクセスしてカスタマイズできないモデルがほとんど。メモリやストレージを増設する予定なら、モニター一体型よりもタワー型がおすすめです。

モニター一体型パソコンのほとんどのモデルにはキーボードやマウスが付属します。パソコン周辺機器を別途購入する必要がないため、タワー型に比べてコストパフォーマンスが高いことが特徴です。

拡張性のある「タワー型」

拡張性のある「タワー型」

出典:amazon.co.jp

モニターとは別にパソコン本体が独立している「タワー型」は、自分で部品をカスタマイズできることがメリットです。たとえば、保存容量が少なくなったときにストレージを増設したり、メモリを追加して性能を良くしたりできます。

タワー型の場合は別途モニターを用意する必要があり、1~2万円で購入可能です。動画視聴をメインで使うなら解像度の高いモニターを選んでもよいでしょう。

タワー型のデメリットは、機器を設置するために広いスペースが必要になること。また、デスクトップパソコンをカスタマイズするには専門的な知識が必要です。自分でカスタマイズする自信がないなら、初期状態から必要なスペックが搭載されているデスクトップパソコンを購入しましょう。

初心者なら5万円台で買えるコスパのよいパソコンを選ぶ

ホームページの閲覧や動画視聴が中心であれば5万円台のデスクトップパソコンがおすすめ。10万円以上のパソコンは性能が高すぎて機能を使い切れない、いわゆるオーバースペックになってしまいます。

パソコンに慣れてきてゲームやクリエイター向けソフトを使うようになれば、2台目以降にハイスペックなデスクトップパソコンを検討してもよいですね。

安いノートパソコンなら3万円以下で購入できるChromebook(クロームブック)が人気です。詳しくは下記の記事で紹介しています。

関連記事:【評判はどう?】Chromebookおすすめ18選を比較!安い1万円台から紹介【2022】

ビジネスで使うならスペックもチェック

ビジネスで使える安いデスクトップパソコン

デスクトップパソコンをビジネスで使用するなら、仕事用ソフトの動作が重くならないスペックは最低限必要です。とくに、動画や画像の編集といったクリエイター向けソフトを使うのであれば、必ずスペックを確認しておくことをおすすめします。

高性能なCPU

CPUはパソコンの頭脳となる重要なパーツ。パソコンを購入する際は必ずCPUを確認しましょう。性能の高いCPUを搭載しているパソコンは価格も高くなります。

CPUは主にインテル社かAMD社どちらかが搭載されています。初心者の方は、性能を比較しやすいインテル社がおすすめです。

ホームページの閲覧やOffice作業が中心なら、Celeron(セレロン)やPentium(ペンティアム)、Core i3といったグレードで十分。動画や画像編集、ゲームをするならCore i5やCore i7といったハイスペックCPUが必要になります。

また、CPUのグレードには発売時期によって「第○世代」と表示されています。ケタ番号で世代を区別でき、たとえば「Core i5 7600K」は第7世代Core i5です。 Core iシリーズでも世代の古いCPUは性能が低いため、第3世代より新しいCPUがおすすめです。各グレードとスペックの目安は下記を参考にしてください。

グレード Celeron/Pentium Core i3 Core i5 Core i7
第8世代以降 軽作業 高スペック 高スペック 高スペック
第5世代前後 軽作業 軽作業 高スペック 高スペック
第3世代以前 軽作業 軽作業 軽作業 軽作業

高速なストレージ

パソコン内部のストレージ(記憶装置)はHDDとSSDがあります。読み書きの速度が速いSSDがおすすめで、パソコンやアプリの起動が速くなり作業効率が飛躍的に向上します。

HDDの特徴
  • 価格が安い
  • 保存容量が多い
  • 読み書きの速度が遅い
  • 振動・衝撃に弱い
SSDの特徴
  • 読み書きの速度が速い
  • 価格が高い
  • 保存容量が少ない

メモリはカスタマイズ可能

メモリはCPUと同様にパソコンの処理性能に関係する重要なパーツです。メモリの容量が少ないと、アプリが思い通りに動かなかったり、複数のアプリが同時に起動できなかったりとトラブルが起こります。

ホームページの閲覧やOffice利用が目的なら4GB、動画編集などのクリエーター向けアプリを使うなら8~16GBのメモリが必要です。

タワー型デスクトップパソコンであればメモリを自分で増設することも可能。メモリを増設するための空きスロットがあることが条件ですが、パソコンを購入した後に必要に応じてメモリを増設してもよいですね。

動画編集やゲームをするならGPU搭載モデルを

ゲームで使える安いデスクトップパソコン

GPU(Graphics Processing Unit)はパソコンの画面に画像を描写するために必要パーツです。グラフィックボード(グラボ)とも呼ばれます。

CPUの中にGPUが内蔵されているため、GPUを単体で搭載されていなくても問題はありません。しかし、動画編集やゲームはより高度な画像描写が必要。単体GPUが搭載されているモデルを選びましょう。

その他の機能もチェック

その他、パソコンを選ぶうえで確認しておきたい機能を紹介します。

Officeの有無

大学や仕事でデスクトップパソコンを利用するなら、Office付きかどうか確認しておきましょう。WordやExcelなどのソフトが利用できる「Microsoft Office」は単体で購入すると約3万円と高額。最初からMicrosoft Officeが付属しているモデルの方がお得です。

また、「キングソフト WPS Office」というMicrosoft以外のOfficeソフトが付属していモデルもあるため、WordやExcelを使いたい方は注意が必要です。

モニター一体型なら解像度も

モニター一体型パソコンはモニターだけを取り換えることができないため、モニター性能も確認しておきましょう。とくに画面の細かさを表す単位「解像度」が重要です。モニターの解像度は1980×1080(フルHD)以上がおすすめ。画質の粗さが目立たないため、ストレスなく動画や写真を見られます。

【モニター付き】安いデスクトップパソコンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位14つのおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格タイプCPUメモリストレージGPUモニターの解像度Office付属品その他の機能
VETESA(ベテサ)Core i7 モニター一体型 デスクトップパソコン 24型フルHD¥64,980 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Core i7 3615MQ 2.4GHz8GBSSD:256GB内蔵グラフィックス1920×1080(フルHD)Microsoft Office 2019キーボード、マウスUSB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
HP(ヒューレット・パッカード)モニター一体型 デスクトップパソコン 9EH02AA-AAAB確認中 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Pentium Silver J50408GBSSD:128GB+ハードドライブ:1TB内蔵グラフィックス1920×1080(フルHD)キングソフト WPS Office Standard Editionワイヤレス日本語(109A)キーボード 、ワイヤレス光学スクロールマウスUSB 2.0、Webカメラ、無線Wi-Fi機能、Bluetooth 4.2、DVDライター
VETESA(ベテサ)Core i5 モニター一体型 デスクトップパソコン 24型フルHD¥49,800 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Core i5 2420M 2.4GHz8GBSSD:256GB内蔵グラフィックス1920 x 1080(フルHD)Microsoft Office2016キーボード、マウス、外付けDVDドライブUSB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
Lenovo(レノボ)モニター一体型 デスクトップパソコン IdeaCentre AIO350 Athlon Silver¥60,802 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型AMD Athlon Silver 3050U4GBHDD:1TB内蔵グラフィックス1920x1080(フルHD)-ワイヤレス日本語キーボード、ワイヤレスレーザーマウスDVDスーパーマルチドライブ、USB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
Dell(デル)フレームレスデスクトップパソコン Inspiron24 5400 AI536A-AWLB確認中 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Intel Core i3-1115G48GBSSD:256GBIntel UHD Graphics1920×1080(フルHD)-ワイヤレスキーボード・マウスWebカメラ、USB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
ASUS(エイスース)一体型パソコン Vivo AiO V222FAK V222FAK-BA167T¥141,360 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Core i7-10510U16GBSSD:512GB内蔵グラフィックス1920×1080(フルHD)-ワイヤレスキーボード、ワイヤレスマウス、外付けDVDドライブwebカメラ、USB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
VETESA(ベテサ)Core i5 モニター一体型 デスクトップパソコン 19型 フルHD確認中 Amazon楽天市場Yahoo!モニター一体型Core i5 2520M 2.5GHz4GBSSD:128GB内蔵グラフィックス1920×1080(フルHD)Microsoft Office 2019キーボード、マウスUSB 2.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能

【モニター付き】安いデスクトップパソコンおすすめ人気ランキング7選

モニター一体型の安いデスクトップパソコンの人気ランキングです。モニターは別購入すると1〜2万円するため、コスパ重視の方におすすめです。

【タワー型】安いデスクトップパソコンおすすめ人気ランキング比較一覧表

商品最安価格CPUメモリストレージGPUOffice付属品その他の機能
Dell(デル)コンパクトデスクトップパソコン Inspiron 3891 DI50A-BWL確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Core i5-114008GBSSD:256GB+HDD:1TBIntel UHD Graphics 730-電源ケーブル、有線キーボード、有線マウス、1年間保証サポートUSB 3.0、Bluetooth、無線Wi-Fi機能
Acer(エイサー)デスクトップパソコンAspire XC-830-A18F/F¥72,400 Amazon楽天市場Yahoo!Celeron J40258GBHDD:1TB内蔵グラフィックスMicrosoft Office Home & Business 2019キーボード、マウス、マウスパッドUSB 3.0、Bluetooth、DVDドライブ、無線Wi-Fi機能
MARU-PC デスクトップパソコンMPC-C3G0確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Core i3 10100F8GBSSD:480GBGeForce GT710-電源ケーブル、ドライバーディスクBluetooth、無線Wi-Fi機能
ASUS(エイスース)ゲーミングデスクトップパソコン ROG STRIX GL10CS-I5G1660確認中 Amazon楽天市場Yahoo!Core i5 9400F16GBSSD:256GB+HDD:1TBGeForce GTX 1660-電源ケーブルBluetooth、無線Wi-Fi機能
NLPC ビジネスデスクトップパソコン NC-S120-SS¥49,800 Amazon楽天市場Yahoo!Celeron G49308GBSSD:120GB内蔵グラフィックスキングソフト WPS office 2016電源ケーブルUSB3.0、スーパーマルチDVDドライブ
ASUS(エイスース)デスクトップパソコン U500MA-R55600G¥99,800 Amazon楽天市場Yahoo!AMD Ryzen 5 5600G8GBHDD:512GB内蔵グラフィックス-キーボード、マウスUSB3.2、スーパーマルチDVDドライブ、Bluetooth
Lenovo(レノボ) デスクトップパソコン IdeaCentre 350確認中 Amazon楽天市場Yahoo!AMD Ryzen 5 3500U8GBHDD:1TB内蔵グラフィックス-電源ケーブル、キーボード、マウスUSB3.0、スーパーマルチDVDドライブ、Bluetooth、無線Wi-Fi機能

【タワー型】安いデスクトップパソコンおすすめ人気ランキング7選

タワー型の安いデスクトップパソコンのおすすめランキングです。ゲーミングパソコンもランクインしており、動画編集やゲームをする方におすすめです。

安いデスクトップパソコンのおすすめ人気メーカー

安いデスクトップパソコンを販売しているおすすめ人気メーカーを紹介します。

安定品質の国産メーカー「NEC」

日本を代表するパソコンメーカー「NEC」は、部品から組み立てまでを自社で一括管理。安定品質でトラブルの少ないパソコンを売っているのが特徴です。

初心者に優しいソフトが標準搭載されており、初めてパソコンに触れる方やパソコン操作が苦手な方でも扱いやすい設計。NEC製パソコンはやや値段が高いことがデメリットなので、選ぶならコストパフォーマンスの高いモニター一体型がおすすめです。

低価格でモニター一体型なら「HP(ヒューレット・パッカード)」

「HP(ヒューレット・パッカード)」はアメリカに拠点をおく海外パソコンメーカー。部屋のインテリアにも合わせやすいアルミニウム製のシンプルなボディが特徴です。

低価格なモニター一体型パソコンはインターネットやOffice利用が目的のライトユーザーに人気があります。また、10万円以下で購入できる安いゲーミングパソコンもおすすめ。高性能なGPUを搭載したモデルを格安で入手できます。

BTOが特徴「DELL(デル)」

アメリカに本社のある「DELL(デル)」はオーダー生産パソコン(BTO)が特徴。購入の際、好きなスペックでカスタマイズしたパソコンを注文できます。 低価格モデルは「Inspironシリーズ」がおすすめです。

最新のCPUを搭載したパソコンが5万円前後というコスパ抜群の価格で手に入ります。ビジネス利用のライトユーザーは低価格・高性能なDELL製パソコンを選ぶとよいでしょう。

シンプルで使いやすい「Lenovo(レノボ)」

人気モデル「ThinkPadシリーズ」でおなじみの「Lenovo(レノボ)」は、中国発祥のパソコンメーカー。Lenovo製のパソコンは自社の耐久テストをクリアしたものだけが製品化されています。

また、無駄なアプリやソフトがインストールされていないので、シンプルで使いやすさは抜群。2台目以降の買い換えを検討している方や、簡単なパソコン操作ができる中級者におすすめです。

デスクトップパソコンが安い時期

デスクトップパソコンが安い時期

デスクトップパソコンは同じモデルでも購入時期により価格が変動します。安く購入できる時期は以下のとおり。

デスクトップパソコンが安い時期
  • 新しいモデルが発売されたとき
  • 年末年始
  • 通販サイトのセール期間

安くデスクトップパソコンを購入するなら、モデルチェンジ後の型落ち品がおすすめ。モデルチェンジの時期は年に3回あり、新型モデルのパソコンが発売されると旧型モデルの値段が下がる傾向にあります。

型落ちモデルの狙い目タイミング
  • 春モデル……1月
  • 夏モデル……5・6月
  • 秋冬モデル……10月

とくに1月はモデルチェンジと年末年始のセールと重なるため大幅に値下げされるチャンス。また、11月のAmazonサイバーマンデーや3月・6月・9月・12月に開催される楽天スーパーセールも狙い目です。

安いデスクトップパソコンにおすすめのモニター

安いデスクトップパソコンにおすすめのモニターを紹介します。

パソコン用モニターの選び方やおすすめモデルは下記の記事でさらに詳しく解説しています。

関連記事:【2021年度最新版】用途別PCモニターの選び方とおすすめ25選を解説&徹底比較

またマウスやキーボードについては、下記の記事をご覧ください。

関連記事:【使いやすくて作業が捗る】おすすめパソコンマウス18選!かわいいものや評判も徹底解説

関連記事:【2022年最新版】キーボードのおすすめ 15選 | 人気のタイプや選び方を徹底解説!

中古の安いデスクトップパソコンの注意点

中古の安いデスクトップパソコンの注意点

とにかく安くデスクトップパソコンを購入したいなら「中古パソコン」も選択肢に入りますよね。中古パソコンは低価格というメリットの反面、故障や不具合のリスクが高く保証期間が短いというデメリットがあります。

とくに、フリマアプリやオークションを利用した個人間での購入はおすすめしません。不具合があることを隠して出品されていたり、コンピューターウイルスが入っている可能性があります。

中古パソコンを購入するなら、中古パソコンの買取業者が整備をして出品しているパソコンがおすすめ。Amazonや楽天市場で購入するなら「整備済み品」やリノベーション済みと表記されているモデルを選びましょう。

安いデスクトップパソコンまとめ

安いデスクトップパソコンの選び方やおすすめランキングを紹介しました。ポイントは以下のとおりです。

安いデスクトップパソコンの選び方
  • 「CPU・メモリ・ストレージ」を必ず確認
  • ゲームや動画編集するなら「単体GPU搭載モデル」を選ぶ
  • 省スペースに設置するなら「モニター一体型」
  • 「タワー型」は自分でカスタマイズも可能
  • 型落ちモデルや中古パソコンも選択肢に

安いデスクトップパソコンは用途に合わせてスペックを選ぶことが大切。ぜひ、あなたにぴったりなデスクトップパソコンを選んでくださいね。

関連記事:【1kg以下で持ち運びに最適】軽量ノートパソコンおすすめ15選|5万円以下の安いモデルも

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー