【味が変わる】コーヒーカップおすすめ20選|おしゃれな北欧風・陶器・普段使い用も

コーヒーカップ

コーヒーやカフェオレを飲むときに欠かせない「コーヒーカップ」。お気に入りのカップでコーヒーを飲むだけで、自然とその日のモチベーションがアップしますよね。普段使い用や来客用など、自宅にいくつかは揃えておきたいアイテムです。

とはいえ、コーヒーカップにはさまざまな種類・デザインがあり、迷ってしまう人も多いはず。実は、コーヒーカップは選び方にこだわることで、コーヒーの美味しさを引き立てられます

そこで本記事では、コーヒーカップにこだわるべき理由やおすすめの選び方、人気商品ランキング20選をまとめました。コーヒーカップのおすすめブランドも紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

この記事を監修した専門家

バリスタ
山口誠一郎
JBAバリスタライセンス

焙煎士・バリスタ。TVやラジオなど多数メディアに出演。文藝春秋(文春オンライン)コラムを掲載。1,000種類以上の通販コーヒーを飲むマニア。18歳でヨーロッパに移住後バリスタとして従事。帰国後はコーヒー豆や器具のプロデュースなども行う。

味が変わる?コーヒーカップ選びが大切な理由

コーヒーカップ 理由

普段何気なく使うコーヒーカップは、デザインとサイズで選ぶ人が多いのではないでしょうか。「コーヒーはどんなカップで飲んでも同じでしょ?」と思いますよね。しかし実は、使用するコーヒーカップによってコーヒーの味は変化します。

例えば、飲み口の厚みによってコーヒーの口当たりが異なり、形状によって苦味と酸味の感じ方も変わります。また、コーヒーカップの材質によって香りの広がり方や、お手入れのしやすさが変わるのもカップ選びの面白いポイントです。

見た目はもちろん、形状や材質にこだわることでコーヒーをより美味しく味わえますよ。次章では、おすすめのコーヒーカップの選び方を紹介します。

山口誠一郎

いつも飲むコーヒーの種類や飲むシーンに合わせた、最適なカップ選びができるようにアドバイスします。

普段何気なく飲んでいるコーヒーもカップを変えるだけで一層美味しく感じることがあります。

ぜひ最後までチェックしてみてください。

関連記事:【手軽においしく】コーヒーのフレンチプレスおすすめ15選|淹れ方のコツまで徹底解説!

コーヒーが美味しくなる!コーヒーカップのおすすめの選び方

コーヒーカップ 選び方

ここからは、コーヒーを美味しく味わうためのコーヒーカップの選び方について紹介します。種類・材質・厚みなど、それぞれのポイントごとに詳しく解説していくので、ぜひコーヒーカップを購入する際の参考にしてくださいね。

用途や飲み方に合わせて「種類」を選ぶ

普段何気なく使っているコーヒーカップですが、実はいくつかの種類が存在します。それぞれに適した飲み物や容量が異なるので、普段の使い方に合わせて種類を選びましょう。

来客やホットコーヒー用に使うなら「レギュラーカップ」

コーヒーカップ レギュラーカップ

レギュラーカップは、最も代表的なコーヒーカップの形状。主にホットコーヒー用として使われており、スプーンや砂糖を乗せるためのソーサー付きが多いです。容量は120~200ml程度が主流で、来客用から普段使いまで幅広く使えます。

また、2個組・5個組のようにセットで販売されているものも多く、家族や来客用にまとめて揃えられるのが特徴。商品によってデザイン・厚みはさまざまなので、コーヒーカップをこだわって選びたい人におすすめです。

関連記事:【喫茶店の味を再現】コーヒーサイフォンおすすめ12選|人気のアルコール式や電気式も紹介

普段使いやコーヒー以外も楽しみたい人は「マグカップ」

コーヒーカップ マグカップ

マグカップは、取っ手(持ち手)がついた寸胴型のコーヒーカップのこと。容量は200~500ml程度とレギュラーカップより大きめで、分厚い作りのものが多い傾向にあります。

かつては「一般家庭で使うもの」というイメージがあったマグカップですが、スターバックスなどのコーヒーショップなどで採用されたことで、飲食店でも広く使われるようになりました。コーヒーはもちろん、ココアや紅茶といった他の飲み物にも使いやすいのが魅力です。

山口誠一郎

デメリットとしては、飲み口が広いので熱を発散しやすく冷めやすいことです。

万能に使えますが来客用には向いていません。

関連記事:【人気ブランドまとめ】ペアマグカップおすすめ21選|結婚祝い・カップルに人気の名前入りも

エスプレッソや少量のコーヒーを飲むなら「デミタス」

コーヒーカップ デミタスカップ

デミはフランス語で「半分」という意味で、タスは「カップ」という意味を持ちます。
デミタスはレギュラーカップの半分程度の大きさのコーヒーカップのことを指します。容量は100ml以上のカップもありますが、45ml〜90mlが主流です。エスプレッソやトルココーヒーといった抽出量が少ないコーヒーを飲むために使われます。また、起き抜けに「コーヒーを少量だけ飲みたい」というときにもデミタスが役立ちます。

山口誠一郎

カップの容量が少なくなるにつれて冷めやすくなるので、小さいデミタスカップを選ぶ際は、厚めのカップを選ぶと中身が冷めにくくなります。

関連記事:【高いvs安い】家庭用エスプレッソマシン おすすめ20選 | 選び方・使い方を徹底解説!(2022年最新)

ミルクたっぷりのコーヒーが好きなら「カプチーノカップ」

コーヒーカップ カプチーノカップ

カプチーノカップは「カフェオレカップ」「ラテカップ」などとも呼ばれ、カプチーノやカフェラテを飲むときに使われる容器。低温のミルクをたっぷりと注げるように、通常のコーヒーカップより大容量かつ分厚い作りになっています。

その他にも、ラテアートを楽しめるように飲み口が広く作られていたり、ミルクがよく混ざるように底が狭くなっていたりと、さまざまな特徴を備えています。ミルク入りのコーヒーやカプチーノなどを楽しみたい人にぴったりです。

種類 容量の目安 特徴
レギュラーカップ 120~200ml
  • 最もポピュラーな形状
  • ホットコーヒー向けでソーサー付きのものが多い
  • 厚みやデザインにこだわりたい人におすすめ
マグカップ 200~500ml
  • やや大きめで寸胴型のコーヒーカップ
  • 沢山コーヒーを飲みたい人におすすめ
  • コーヒー以外の飲み物にも使いやすい
デミタス 45~90ml
  • 通常のコーヒーカップの半分程度の大きさ
  • エスプレッソや少量のコーヒーを飲む人におすすめ
カプチーノカップ 250~500ml
  • カプチーノやカフェラテ用のカップ
  • 飲み口が広く、ラテアートを楽しめる
  • ミルクが冷めないように分厚い作りのものが多い

見た目や使いやすさで「素材」を選ぶ

コーヒーカップには、磁器・陶器・ガラス製といったさまざまな素材のものがあります。カップの材質は見た目や質感が異なるのはもちろん、お手入れのしやすさも左右する重要なポイント。それぞれの特徴を解説するので、自分に合ったものをチェックしてください。

手入れのしやすさと美しいツヤ感が魅力の「磁器製」

コーヒーカップ 磁器

磁器は、岩石と粘土を混ぜ合わせて1,200℃を超える高温で焼き上げたもの。ガラスのような硬さとなめらかさな手触りを持ち合わせており、唇がカップに吸い付くような感覚を味わえます。コーヒーの香りが広がりやすく、味への影響もさほどありません。

また、磁器は吸水性が低いため、コーヒーの色素沈着が起きにくいのがメリット。一方で、作りが薄いものは割れやすい・コーヒーが冷めやすいというデメリットがあります。絵や模様を入れた高級感のある商品が多く、上品な雰囲気のコーヒーカップを求める人におすすめです。

保温性に優れ、独特の風合いを持つ「陶器製」

コーヒーカップ 陶器

粘土を成形し、800~1,200℃で焼き上げたもの。磁器に比べると分厚いものが多く、保温性に優れています。土ならではの素朴な雰囲気があり、使いこむほどに味が出てくるのが魅力。コーヒーの香りはそれほど広がりませんが、苦みを抑えたマイルドな風味になります。

一方で、お手入れのしにくさが難点。吸水性が高い陶器は色素沈着を起こしやすく、乾燥が甘いとカビが繁殖してしまいます。また、商品によっては食洗機や電子レンジに対応していないため、普段使い用としてはやや不便な一面があります。

コーヒー本来の風味と見た目を楽しめる「ガラス製」

コーヒーカップ ガラス

近年人気が高まっているのが、ガラス製のコーヒーカップです。カプチーノなどの層ができる飲み物を入れると、横からの見た目を楽しめます。ガラスは飲み物の味に干渉しないため、コーヒー本来の美味しさを味わえるのが魅力です。

通常のガラスの場合は温かい飲み物を入れられませんが、耐熱ガラス製であればホットコーヒーにも対応しています。最近では、2重構造になったガラスカップも人気。2層のガラスが保温性を高めてくれるだけでなく、アイスコーヒーを淹れたときの結露も防いでくれます

丈夫で軽い!アウトドアでも役立つ「金属製」

コーヒーカップ 金属

キャンプやバーベキューによく行く人なら、ステンレス・チタン・アルミといった金属製のコーヒーカップがおすすめです。金属製は軽くて持ち運びやすいだけでなく、万が一落としたときも破損しにくいのがメリット。また、ステンレスはカビに強いため、衛生面が気になる人にも安心です。

真空断熱のものであれば、温かい飲み物をしっかり保温してくれますよ。一方で、新品のうちは口につけたときに金属臭さを感じるため、人によっては不快に感じる場合も。使い込むほどに次第に金属臭さはなくなり、コーヒーの風味への影響もほとんどありません。

編集部

その他にも、ナチュラルさが可愛い木製・高級感のあるボーンチャイナ製・子供にも使いやすいプラスチック製などがあります。

関連記事:【最高に美味しく淹れる】アウトドア用コーヒー道具おすすめ27選|最強のミル・ドリッパーも紹介

コーヒーの口当たりを左右する「飲み口」に注目

コーヒーカップ 飲み口

コーヒーカップは、飲み口の形や厚みによって口当たりが変化します。基本的に、飲み口が薄いものはコーヒーの口当たりが軽くなり、逆に厚いものはまろやかさが感じやすくなります。

さらに、飲み口が広がっているものは酸味が感じやすくなり、飲み口が真っ直ぐなものや狭いものはコーヒーの苦みを感じやすいのが特徴。好みの味や豆の種類に合わせて、さまざまなコーヒーカップを使い分けるのも面白いですよ。

お茶菓子も一緒に楽しむなら「プレートソーサー付き」がベスト

コーヒーカップ プレート

「コーヒーとお菓子を一緒に楽しみたい」という人にチェックして欲しいのが、プレートソーサー付きのコーヒーカップ。プレートソーサーとは、通常のものよりも大きくてお皿として使えるソーサーのことです。

来客時にお菓子を乗せてコーヒーを出したり、パンを乗せて朝食プレートにしたりと、さまざまな使い方ができます。ソーサープレート付きのコーヒーカップはおしゃれなものが多いので、引っ越し祝いや新築祝いのプレゼントにもおすすめです。

ホットコーヒーが冷めない「蓋付きカップ」もおすすめ

コーヒーカップ 蓋付き

出典:amazon.co.jp

テレワークや読書をしながらゆっくりコーヒーを楽しみたい人は、蓋付きのコーヒーカップがおすすめ。ほこりが入るのを防ぐのはもちろん、保温性の高い材質なら中の飲み物を長時間保温してくれます。中には、コースターとしても使える2Way仕様の蓋が付属しているコーヒーカップもありますよ。

山口誠一郎

飲み口が広いカップは酸味だけでなく香りも楽しみやすいため、フルーティーな浅煎りコーヒーを飲むのに向いています。逆に飲み口が真っ直ぐなカップや狭いものは、コクのある深煎りコーヒーを飲むのに向いています。飲み口はいつも飲むコーヒーの種類の合わせて選ぶと、一層おいしく楽しめます。

おしゃれなコーヒーカップのおすすめブランド

コーヒーカップ おすすめ

コーヒーカップは、国外のさまざまなメーカー・ブランドから販売されています。今回は、その中でも特におすすめのコーヒーカップブランドを4社紹介します。ブランドごとの魅力もまとめているので、ぜひ商品を選ぶときの参考にしてください。

贈り物にもおすすめな高級ブランド「HERMES(エルメス)」

フランスの高級ブランドとして知られるエルメス。コーヒーカップは、伝統模様などをあしらった高級感のあるものが多く、テーブルの上を鮮やかに彩ってくれます。価格は1~2万円前後が中心で、ペアセットでも4万円台で購入できるため、お祝いごとのプレゼントとして人気があります。

海外ホテルやレストランでも広く使われている「Noritake(ノリタケ)」

ノリタケは、世界的に有名な日本の洋食器ブランド。上品かつ統一感のあるデザインが魅力で、海外のホテルやレストランでも多く採用されています。「オマージュコレクション」「となりのトトロ」などのさまざまなシリーズを展開しており、商品は5,000~2万円前後で購入できます。

山口誠一郎

「オマージュコレクション」は、明治〜昭和初期あたりに海外輸出された、ノリタケの原型となった陶器会社(日本陶器合名会社)が製造した陶磁器、「オールドノリタケ」のモチーフを引き継いだシリーズで、人気があります。

アンティーク風の高貴な雰囲気を演出する「Meissen(マイセン)」

マイセンは、300年以上の長い歴史を持つドイツの西洋白磁の老舗メーカー。西洋と東洋を混ぜ合わせたような風合いのコーヒーカップが多く、貴族の食事をイメージさせるような高級感があります。商品は1~3万円台が中心ですが、中には10万円を超える高級カップも。ハードルの高さはあるものの、特別な日の記念やプレゼントなどにおすすめです。

夫婦で使えるペアセットを多数揃えている「WEDGWOOD(ウェッジウッド)」

ウェッジウッドは、イギリス生まれの高級陶磁器ブランド。コーヒーカップには30種類以上のシリーズがあり、中でもウェッジウッドのクリーム色の陶器は「クィーンズ・ウェア」と言われることで有名。商品の価格は3,000~3万円程度と、高級ブランドとしては比較的安め。ペアセットが多いので、夫婦で揃えて使うのもおすすめですよ。

山口誠一郎

有名な4社のカップブランドの中でも、ウェッジウッドはリーズナブルな価格で手に入るので、プレゼント用としてもおすすめですが、普段使いにもおすすめです。特徴的な華やかなデザインは、いつものコーヒータイムを鮮やかに演出してくれます。

編集部

その他には、ニトリや無印良品のコーヒーカップもお手頃で人気があります。どちらもシンプルなデザインの商品が多く、普段使い用のコーヒーカップとしておすすめですよ。

専門家おすすめのコーヒーカップ

この記事を監修した、バリスタの山口誠一郎さんおすすめのコーヒーカップをご紹介します。

コーヒーカップおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※ランキングは監修対象外です。
商品最安価格種類材質飲み口の口径飲み口の高さ容量ソーサー電子レンジ対応食洗機対応
ハリオ ラウンドマグ RDM-1824楽天市場¥1,451 AmazonYahoo!マグカップ耐熱ガラス9cm11.6cm360ml×
ノリタケ カップ&ソーサー P-59387A/4409楽天市場¥5,500 AmazonYahoo!レギュラーカップボーンチャイナ9cm5.5cm220ml-×
Clapoyis マグカップ C003-02楽天市場確認中 AmazonYahoo!マグカップ陶器/木製(持ち手のみ)8.5cm10.8cm350ml×××
スノーピーク シングルマグ MG-044R楽天市場¥6,680 AmazonYahoo!マグカップ金属9.6cm10.2cm600ml××-
アイトー マグカップ 5個組楽天市場確認中 AmazonYahoo!レギュラーカップ磁器9.5cm6.7cm230ml
KINTO マグカップ SEPIA楽天市場¥1,980 AmazonYahoo!マグカップ耐熱ガラス7.5cm6.5cm270ml×
DEAN&DELUCA トーキョーマグ楽天市場確認中 AmazonYahoo!マグカップ陶器7.7cm8.5cm250ml×
VKCHEF ダブルウォールグラスカップ楽天市場¥1,390 AmazonYahoo!マグカップ耐熱ガラス9.5cm10.5cm300ml×
ビアレッティ カップ&ソーサー Y0TZ098楽天市場確認中 AmazonYahoo!デミタス磁器6cm8.5cm100ml--
ウェッジウッド ティーカップ&ソーサー アップルブロッサム楽天市場¥9,000 AmazonYahoo!レギュラーカップボーンチャイナ--180ml-×
Tsukamoto デミタスカップ KKC-4楽天市場¥1,100 AmazonYahoo!デミタス陶器8.5cm6.4cm200ml×
マイセン コーヒーカップ&ソーサー 28582楽天市場¥12,800 AmazonYahoo!レギュラーカップ磁器7.5cm8.7cm180ml--
TAMAKI マグカップ T-893388楽天市場¥1,100 AmazonYahoo!マグカップ陶器12.3cm10.8cm420ml×
KINTO FIKA カフェランチ楽天市場¥2,530 AmazonYahoo!カプチーノカップ耐熱ガラス7.8cm7cm350ml○(プレートタイプ)
ラブラミクス エッグ カフェラテカップ楽天市場¥2,888 AmazonYahoo!カプチーノカップ-11.5cm5.5cm200ml--
NARUMI マグカップ アンナ・エミリア楽天市場¥2,450 AmazonYahoo!マグカップ磁器9cm8.8cm340ml×
RIVERET カフェオレマグカップ RV-205WB楽天市場¥7,480 AmazonYahoo!カプチーノカップ孟宗竹7.5cm9cm350ml×-
山加商店 マグカップ SN614-11C楽天市場¥1,870 AmazonYahoo!マグカップ磁器8.5cm8cm350ml○(コースタータイプ)
ノリタケ カップ&ソーサー Y6578A/1507-14楽天市場¥4,400 AmazonYahoo!レギュラーカップ磁器9cm6.5cm220ml-
サーモス 真空断熱マグカップ ROD-007楽天市場¥2,499 AmazonYahoo!マグカップステンレス8cm10.5cm450ml×××

コーヒーカップおすすめ人気ランキング20選

コーヒーカップの関連商品

コーヒーカップ 関連商品

ここからは、コーヒーカップと併せてチェックして欲しい関連アイテムを紹介。「自宅で本格的なコーヒーを楽しみたい」「自宅以外でもコーヒーが飲みたい」という人におすすめの商品をまとめました。

コーヒーを持ち歩きたいなら「タンブラー」

コーヒーカップ タンブラー

タンブラーとは、底が平らな筒状の容器を指したもの。普通のコップとしてのイメージが強いですが、水筒として使える蓋付きのタンブラーも数登場しています。職場や出先へ好きな飲み物を持って行ったり、自宅で常に温かいコーヒーを飲みたい人におすすめの商品です。

家で本格的なカフェ気分を味わえる「コーヒーメーカー」

コーヒーカップ コーヒーメーカー

コーヒーメーカーは、自動でコーヒーの抽出を行ってくれる家電製品のこと。自宅でカフェで飲むような美味しいドリップコーヒーやカプチーノが楽しめるので、コーヒー好きなら1台は持っておきたい商品です。最近では、インテリアに映えるおしゃれなデザインものも多数登場していますよ。

関連記事:【2022年最新】おしゃれなコーヒーメーカーおすすめ15選|シンプルな北欧テイスト・レトロなデザインも!

関連記事:【2022年】コーヒーメーカー人気 おすすめ23選 | 全自動からエスプレッソまで徹底解説!

ドリップコーヒーを楽しみたいなら「コーヒーポット」

コーヒーカップ ポット

自宅で自分でドリップコーヒーを淹れたいなら、コーヒーポットは欠かせないアイテム。通常のポットよりも注ぎ口が細く、ハンドドリップに適した湯の落とし方ができるのが特徴です。直火専用・IH対応・電気ケトルタイプといったさまざまなタイプの商品があるので、キッチンの環境や使い方に合わせて選びましょう。

関連記事:バリスタも愛用!コーヒーポットおすすめ20選|おしゃれな直火&IH対応も

その他のおすすめ記事

関連記事:自宅で本格!コーヒー焙煎機おすすめ15選|焙煎方式による違いも解説

関連記事:【アウトドアでも使える!】コーヒーミルおすすめ15選|手動から電動まで徹底紹介

関連記事:美味しさを保つコーヒーサーバーの選び方&おすすめ15選|オシャレな陶器製や割れないトライタン製も

関連記事:【絶対インスタ映えする】ケーキスタンドおすすめ19選|木製やガラス、陶器も

関連記事:茶葉の旨味を引き出す!急須おすすめ20選|人気の陶器&おしゃれなガラス製も紹介

関連記事:何度も淹れたくなる!マキネッタおすすめ15選|IH対応タイプ&一人暮らし用も紹介

関連記事:【陶器製が人気】シュガーポットおすすめ15選|おしゃれな北欧・アンティーク風も

関連記事:【おしゃれ】やかんおすすめ25選|ステンレス・ホーロー製やニトリ・無印も紹介

コーヒーカップのよくある質問

コーヒーカップ よくある質問

コーヒーカップはどこで買える?

コーヒーカップは、インテリアショップ・雑貨店・食器専門店など、さまざまな場所で購入できます。沢山の商品の中から選びたい場合は、品揃えが豊富なAmazon・楽天市場で購入するのもおすすめですよ。

コーヒーカップはプレゼントに使ってもOK?

昔からコーヒーカップなどの食器類は「割れる」という意味から、お祝いごとのギフトには不向きとされていました。しかし、最近では割れることで「増える」と考えられ、縁起のいいものとしてプレゼントに使う人が増えています。

山口誠一郎

ただし、祝い事であれば数に注意してください。偶数は「割り切れる」ので別れを連想します。また「4」は「し」と読むので4セットは避けたほうが良いでしょう。
また、年配の方や神経質な人は気にされる場合があるため注意しましょう。
コーヒーカップを贈る場合、「2」はペア商品でもあるので許容されているようです。プレゼントするなら2セット、数を揃える場合は5セットが無難です。

関連記事:【もらって嬉しい】コーヒーギフトおすすめ人気ランキング21選|高級でおしゃれなセットも紹介

おすすめコーヒーカップまとめ

コーヒーカップ まとめ

  • コーヒーカップは厚みや材質、飲み口の形状で風味が変わる!
  • コーヒーの飲み方や好みに合わせて最適なカップを選ぼう
  • 人気メーカーや高級ブランドの商品を選ぶのもおすすめ

今回は、コーヒーを飲むときに欠かせない「コーヒーカップ」について紹介しました。普段何気なく使っているアイテムですが、意外と奥が深くて面白いですよね。ぜひ自分にぴったりなコーヒーカップを選んで、毎日のコーヒータイムを美味しく楽しみましょう。

☆この記事の監修者:山口誠一郎HP「山口的おいしいコーヒーブログ

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー