GoPro Hero7と Dji Osmo Pocket オススメなのはどっち!?8個のポイントで徹底比較してみた!

   

Gopro Hero7とDji Osmo Pocketのどっちがオススメなの?という論争がネットでは盛んにおこなわれています。

ただ実際に使って比較してみると「この2つのカメラは似て非なるモノ」ということです。つまり似ているようで全然違うんです。

だから一概に比較するといっても、どっちが優れているというよりは、どっちが使い用途に向いているかという部分が重要な気がしています。

たしかに、機能だけで見ると、どちらも『手ぶれ補正に強い』『小さくてコンパクト』『4K映像が撮れる』というのが共通しています。

でも、使い勝手を考えてみるとそれぞれ全然違う特徴があるんです

そこで今回は2つの機種を比較しながら、それぞれで良い部分&イマイチな部分を比較しつつ、どんなシーンにオススメなのか、どんな人にオススメなのか書いてみます!

この記事を読んで分かること
  • GoPro Hero7とOsmo Pocketの違い
  • それぞれの良い点・悪い点
  • それぞれの機種はこんな人にオススメ!

Gopro Hero7とOsmo Pocketの特徴を比較

Gopro Hero7の特徴

GoProは言わずと知れたアクションカメラの王様的な存在です。goproブランドはとにかく人気があり、世界中でアクティビティに強いカメラとして愛用されています。

GoPro Hero7の特徴を一言で言うと、遊びながら使うビデオカメラです。スマホの超高スペック版というイメージで、すごくキレイな映像をきちんと撮るというよりは、その瞬間瞬間をよりリアルに記録するというのに優れています。

だから4K映像の美しさにも特徴があって、どちからというと高精細できめ細かい映像というよりは、より臨場感がある迫力映像が撮れるという感じです。なので海や空を撮影したときの青々とした感じはGoProが一番美しいと言えます。

そしてGoProは防水でタフだからどんな環境にでも飛び込んで行けます。

またGoproのオススメポイントはアクセサリーが充実しているので、スポーツやアクティビティによって色々なマウントを使用して身につけることが出来る点です。

https://jp.shop.gopro.com/mounts-accessories

一般的には自撮り棒が人気ですが、ヘルメットにつけたり、自転車や車につけたりと、どんなところにも手軽に装着できるのがGoproの強みと言えます。

この点で言えば、どんなビデオカメラやデジカメと比べてもGoproに秀でるものはないと言えます!!

【口コミ】GoPro HERO7を完全レビュー!!Black/silver/white全機種まとめ

DJi Osmo Pocketの特徴

DJI Osmo Pocketを一言で表現すると、高精細なビデオカメラがポケットサイズに縮小されたイメージです。

Osmo Pocketの映像はきめ細かくて、きちんとしたビデオカメラで撮影したような映像が撮れます。

平面の映像をよりキレイに撮りたい人にはOsmo Pocketがオススメと言えるし、迫力ある映像よりも、街並などの動きが激しくない映像をより美しく撮りたいという人にはOSMO POCKETの方が向いていると言えます。

また手ブレ補正の技術もぶっちゃけHero7より上ですね。その理由としては、Osmo Pocketはスタビライザーとカメラが一体になっているので、手ブレ補正技術がより強固になっています。

また小さくて手軽さという点でもOsmo PocketはHero7より良いですね!!

DJI Osmo Pocketを実写レビュー!! ドローン技術を凝縮したジンバルや4K映像を検証!!

手ブレ補正技術を比較!!Hero7よりOsmo Pocketが良い!

どちらも手ブレ補正技術が良いとい評判ですが、使ってみて比較してみるとOsmo Pocketの方が◎です!

これは当然と言えば当然なんですが、Osmo Pocketはスタビライザーにカメラが付いているので、撮影している時点で手ブレしない映像がしっかりと撮れています!

一方でHero7の場合は手ブレを吸収するようなスタビライザー機能が付いているわけでないので、手ブレした映像をデジタル処理で補正しているに過ぎません。

つまり、Osmo Pocketは手ブレしないようにスタビライザーが稼動しているのに対して、Goproは手ブレしている映像をデジタル処理で直しているので、どうしても手ブレ補正機能の良さでいうと、Osmo Pocketに軍配が上がります!

走ったりした状態で撮り比べてみても、やっぱりDJI OSMO Pocketの方が手ブレしないキレイな映像が撮れます!

手ブレ補正を比較すると
  • Dji Osmo Pocketにはジンバルが付いているので、Gopro Hero7より手ブレ補正技術は高い。

持ち運び安さで比較するとHero7よりもOsmo Pocketが良い

持ち運びやすさ=どれだけコンパクトで小さいかという非常にシンプルな問題です。

本体の小ささと軽さでいうとOsmo Pocketです。本体も薄くて小さい。もちろんGoPro Hero7も小さて軽いのですが、Osmo Pocketと比較すると負けます。

4K映像の動画を比較!!Hero7もOsmo Pocketもキレイ

手ブレを含めずに動画のキレイさを比較した場合、どちらが良いかを言い表すのはちょっと難しいですね。

というのは、どちらも4K映像なので映像自体はすごくキレイです。それにDJIもGoProも画像処理エンジンが優秀なので、とても鮮やかに映像を残すことができます。

ただ2つの違いは『色見』です。分かりやすく言えば、GoProは色が濃くて、Dji Osmo Pocketは色が薄いです。

これは個人の好みになりますが、僕は色が濃い方が好きですね。色が濃い方が迫力があって、空や海の美しさが出ます。たとえば海で夕日を撮影したときに、ただ単にオレンジ色の夕日よりも、燃えるような真っ赤な夕日の方がダイナミックで迫力を感じますよね。

でも人によっては色が薄くても自然なままが良いという人もいます。スッピン美人が良いか、お化粧をビシッとした美人が良いかという感じです笑

だからGoproとOsmo Pocketのどちらが優れているかっていうのは難しいんですね。どっちがキレイというよりは好みの問題!

色が強くて、迫力がある映像でいうならGO Pro Hero7がオススメです!

映像の美しさを比較すると
  • Hero7の方が色が濃くて迫力がある。ただ美しさは同程度でどちらもすごくキレイ。結論としては好みの問題!

色の階調で比較!!Osmo PocketよりもHero7の方が豊か

色の階調はあくまで個人的なレビューとも言えますが、Hero7の方がグラデーションが多い気がします。

この色調が豊かだとどういう違いがあるかというと、動画とかを撮影しながら、明るい場所から暗い場所に移動したとします。

その時に色調が豊かだと、明るい場所から暗い場所にいったときに、スムーズに明るさが移っていきます。

ところが階調が少ないと明るいところから暗い場所に移動したときに、ガクっといきなり真っ暗な画面になったりします。

Hero7は階調が豊かな気がしていて、明るい場所から暗い場所に移動しても比較的ゆっくりと画面の色が変わって行きます。これは色の表現力が高いので、白⇒グレー⇒黒とスムーズに色の階調が変わるからです。

一方でOSMO POCKETの場合は階調があまり多くないので、白⇒黒にいきなり移るので、画面が一気に真っ暗になるという印象です。

これはあくまで個人的な感想ですが、明るいところから暗いところに移動する映像が多い人にはHero7の方がよいと思いました。

押さえておくべきこと
  • 色の階調の豊かさは GoPro Hero7!!

4Kフォトの写真を比較!!Hero7もOsmo Pocketもキレイ

写真に関してもどちらもキレイです。GoPro Hero7はSuper Photo機能がありますが、Osmo Pocketの写真もキレイです。もちろん先ほど動画で比較したように、色の好みはあります。

写真も動画と同様で、Hero7の方が濃い写真が撮れて、OSMO POCKETの方が薄い写真が撮れます!ホワイトバランスが効いているのはOsmo pocketなので、これも好みと言えます!

映像の美しさを比較すると
  • Hero7の方が色が濃くて迫力がある。ただ美しさは同程度でどちらもすごくキレイ。結論としては好みの問題!

夜景に強いのはどっち!?Hero 7 もOsmo Poketもキレイ

夜景撮影の場合、Osmo Pocketの方がノイズが少ない気がしました。これはあくまで主観的なのですが、Osmo pocketの方がきめ細かくて、高精細なことが理由だと思います。

また夜景や星空などの暗い場所での撮影だと、どうしても手ブレしやすくなり、画面がブレやすくなります。

Goproなどはしっかりと固定した状態で撮らないいけないのに対して、Osmo Pocketの場合はスタビライザーが付いているので、手ブレをそこまで意識する必要がありません。

気持ち的にもOsmo Pocketの方が夜の夜景でも気楽に使える気がします!

海やアクティビティで使うならOsmo PocketよりGopro Hero7が良い

Osmo Pocketの弱点は防水対応していない点です。もちろん防水ケースは別途購入することができますが、防水ケースがないと水や雨の中では撮影ができません。

ちなみに防水ケースは1万くらいするのでちょっと値段も張りますし。

それなら本体だけで海にも潜れたり、スキーやスノボーでも楽しめるGoProの方が楽しく遊べます!

アクセサリーの多さならOsmo PocketよりGoPro Hero7が良い

アクセサリーの多さはアクティビティで使うなら結構重要です。どんな体勢でもカメラを固定できるのがGoProの魅力でもあります。それはアクセサリーがとても充実しているからです。

たとえばヘルメットにもつけられる、胸や腕にもつけられる、またサーフボードや車などモノに固定することもできます。そうすると撮影できるシーンが増えますよね。

DJIからはOsmo Actionというアクションカメラも発売された

また2019年5月ついにDJIからアクションカメラが発売されました。その名も「Osmo Action」。

正直いって、GoProとOsmo Pocketの比較はジャンル違い感がありました。

ところがこのGoPro Hero7とOsmo Actionに関しては本当の意味でガチ対決です!

Osmo ActionはGoPro hero7の機能をカバーしつつ、液晶モニターを前面に付けるなど本格的に進化させてきています。

【最速レビュー】DJI OsmoActionはGoproを超えた?手ブレ画質や機能など比較検証してみた

結論 GoPro Hero7と Dji Osmo Pocketの比較 まとめ

この2機種の比較ですが、結論からいうとどちらもとても優れた良いビデオカメラです。

ただDji Osmo Pocketはアクティビティにはそこまで向かないのが正直なところです。もしも歩きながら撮影する、または家の中で撮影する、子どもを撮りたいというようなビデオカメラニーズなら、Dji Osmo Pocketの方が手ブレ補正も強くてオススメです。

逆にGoProがオススメな人は、やっぱり海で使いたい、スノボで使いたい、色々な場所に取り付けて撮影したいなどアクティビティの中で撮影を楽しむ人です。

防水カメラにもなって、色々なモノに装着できるアクセサリーも豊富なので、遊びながらの撮影ではすごく面白いカメラと言えます!