お出かけに必須!抱っこ紐ケープおすすめ15選|冬や夏の季節にあった選び方を解説

【PR】本ページはアフィリエイト広告による収益を得ています。

出典:amazon.co.jp

抱っこ紐の上から掛けて、赤ちゃんをカバーできる「抱っこ紐ケープ」。寒い日には防寒対策として、日差しの強い季節には日よけとしても活躍するアイテムです。

しかし、いざ購入しようと思うと「冬以外も使いやすいのはどんなタイプ?」「ベビーカーにつけやすいのはどれ?」など、商品選びに悩んでしまう人も多いはず。

そこで今回は、おすすめの人気抱っこ紐ケープ15選をご紹介します。抱っこ紐ケープのメリット・上手な選び方・使い方・人気ブランドまで、丁寧にご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を監修した専門家

現役のベビー用品販売員兼ブロガー
ライターネームちゃこまる。
一般社団法人ママヨガ協会考案「抱っこ紐検定1級」合格/本業社内資格ベビーアドバイザー所持
男女の年子を育てるワーキングマザー。現在子どもは高校生。事務職を経てから、現在ベビー用品販売員歴12年目のチームリーダー。担当はベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐。「店員さんに説明を聞いたけどよくわからなかった…」が無いよう心がけながら毎日笑顔で接客中!

抱っこ紐ケープはいるorいらない?冬は必須?

出典:amazon.co.jp

結論から言うと、「抱っこ紐ケープは、1枚持っておいて損なし」のアイテムです。

抱っこ紐ケープは、赤ちゃんを抱いた状態で、抱っこ紐の上からかけて使用します。寒い季節の防寒アイテムというイメージが強いですが、温かい季節でも活躍する商品も多く販売されています。

抱っこ紐ケープを使用する主なメリットは、下記の通りです。

  • 赤ちゃんをすっぽり包み、手足まで防寒対策できる
  • 雨・風・日差し・虫から赤ちゃんを守れる
  • おくるみ・ブランケット・ベビーカーカバー・授乳ケープとしても使える

多くの商品は、ベビーカーカバーやブランケットとしても使用OK。クリップなどの留め具が付いている分、いろいろな場所に固定できるのが魅力です。

お出かけ用のブランケットを1枚買うなら、抱っこ紐カバーを1枚購入する方がマルチに活躍します。抱っこ紐でお出かけする機会が多い人は、ぜひチェックしたいアイテムです。

ちゃこまる。

冬場になると、ダッカー(赤ちゃんを覆うパーツ)の付いたママコートを探す方が増えます。しかし防寒ケープを用意すれば、妊娠前から愛用していたコートを今まで通り着用することが可能。防寒ケープはさまざまな使い方ができるのでコストパフォーマンスが高く、持ち運びもしやすいなどメリットがたくさんあります。

抱っこ紐ケープの選び方

抱っこ紐ケープを選ぶ際、どんな点に注目して選ぶべきかをご紹介します。

季節に合った保温性と通気性に注目して「素材」を選ぶ

まず注目したいのが、使用する季節に合った「素材」です。秋冬・春夏、それぞれおすすめの素材を見ていきましょう。

秋~冬:ふわふわ&保温性抜群のボア・フリース素材がおすすめ

秋~冬:ふわふわ&保温性抜群のボア・フリース素材がおすすめ

出典:amazon.co.jp

秋~冬の防寒対策におすすめなのが、内側の生地にボアやフリース素材を使用した抱っこ紐ケープです。保温性抜群で、ケープの中の温かさをしっかりキープしてくれるのが魅力。ふわふわした肌触りで、赤ちゃんも心地よく過ごせます。

寒さの厳しい真冬なら、さらに温かい中綿入りや、ダウンを使用した商品も要チェックです。

編集部

中綿入り・ダウンの抱っこ紐ケープは、保温性が高いため、ケープ内が暑くなりすぎることも。赤ちゃんが汗をかいていないか、こまめにチェックしましょう。

ちゃこまる。

赤ちゃんは「洋服+抱っこ紐+ママの体温+防寒ケープ」に包まれることになります。オムツのムレも重なるため、額に見える汗はもちろん、背中に少し手を入れてみて汗の状態を確認するようにしましょう。

春~夏:通気性がよくサラっとした肌触りのポリエステル素材に注目

春~夏:通気性がよくサラっとした肌触りのポリエステル素材に注目

出典:amazon.co.jp

春~夏に使用するなら、薄手のポリエステル素材の抱っこ紐ケープがおすすめ。ポリエステルを多く含む生地は、通気性抜群で、肌触りもサラッとしているのが特徴です。熱がこもったり、汗で肌に張り付いたりする不快感を軽減してくれます。

温かい季節に抱っこ紐ケープは不要と感じる人も多いですが、春~夏は紫外線や虫が特に気になる季節。1枚ケープを掛けるだけで、安心してお出かけできます。

編集部

春夏用の抱っこ紐ケープは、UVカット機能付きの商品が目立ちます。カット率は95~97%が一般的。紫外線対策を重視するなら、UVカット率が高い商品を選びましょう。

ちゃこまる。

赤ちゃんの皮膚は大人より薄くてデリケート。紫外線によるダメージを受けやすく、肌荒れの原因にも繋がります。上手にケープを利用しながら外出時間帯にも気を配りましょう。

挟むだけの「クリップタイプ」はベビーカーにも付けやすくて便利!

挟むだけの「クリップタイプ」はベビーカーにも付けやすくて便利!

出典:amazon.co.jp

抱っこ紐ケープは、クリップやスナップボタンなどで固定して使用します。扱いやすさを重視するなら、挟むだけのクリップタイプがおすすめ。1人でも片手でラクに付け外しでき、ベビーカーや洋服など、抱っこ紐以外の場所にも簡単に固定できます。

スナップボタンは、クリップに比べ外れにくいのがメリット。赤ちゃんがひっぱたり、強い風が吹いたりしても、簡単には外れません。

編集部

留め具として、より強力に固定できるバックルを採用した商品もあります。

着丈は、足元まですっぽりカバーできる60cm以上がおすすめ

着丈は、足元まですっぽりカバーできる70cm程度がおすすめ

出典:amazon.co.jp

防寒対策に抱っこ紐ケープを使用する場合は、着丈が60cm以上(フードを除く)ある商品がおすすめ。60cm以上あれば、赤ちゃんが成長して大きくなっても、足元までカバーできる場合がほとんどです。

さらに、ケープの下部が袋状になっており、足をすっぽりと包めるタイプや、頭までカバーできるフード付きタイプなら、さらに保温性がアップします。着丈と併せてチェックしたいポイントです。

急な雨でも安心!撥水加工も要チェック

急な雨でも安心!撥水加工も要チェック

出典:amazon.co.jp

抱っこ紐ケープの生地に撥水加工・防水加工が施されているかも、重要なチェックポイントです。

撥水加工・防水加工があれば、お出かけ中、急に雨が降ったり、傘のスキマから雨が降りこんだりしても安心。少しの水分なら弾いてくれます。

保育園の送り迎えなど、雨の日も抱っこ紐で外出する必要がある人は、要チェックのポイントです。

編集部

洗濯機で丸洗いできると、汚れたときのお手入れもラクラク。ほとんどの商品は洗濯機洗いに対応していますが、お手入れ方法は念のため購入前にチェックすると安心です。

裏地を外せる2wayタイプは、ロングシーズン使える

裏地を外せる2wayタイプは、ロングシーズン使える

出典:amazon.co.jp

「1点でロングシーズン使いたい」という人におすすめなのが、裏地を取り外しできる抱っこ紐ケープです。春・秋は1枚のみで使用し、冬は2枚重ねて使用するなど、気温や天候に合わせて調節できます。

また、裏表を替えて、リバーシブルで使える商品も販売されています。裏地を付け外しするより手軽に、温かさを調節できます。

パパ・ママ兼用しやすい、ベーシックなカラーが人気

パパ・ママ兼用しやすい、ベーシックなカラーが人気

出典:amazon.co.jp

抱っこ紐ケープは、パパ・ママで兼用することの多いアイテム。黒・グレー・ベージュなど、ベーシックで落ち着いたカラーが人気です。

かわいい耳付きタイプや、柄入りなど、見た目のかわいさで選ぶのももちろんOK。使用する人の気分が上がる、お気に入りのデザインを選びましょう。

専門家おすすめの抱っこ紐ケープ

この記事を監修したちゃこまる。さん、おすすめの抱っこ紐ケープをご紹介します。

抱っこ紐ケープおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピング、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。※おすすめ人気ランキングは監修対象外です。

商品最安価格素材サイズ重量固定タイプ防水・撥水加工ベビーカー使用その他機能
SMORbi 抱っこ紐 防寒ケープ¥8,892 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%幅60×着丈62cm830g(インナーあり)バックル裏地取り外し・収納ポーチ付き・足用ファスナー付き
ケラッタ 抱っこ紐 防寒ケープ¥9,480 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%中綿:ダウン100%幅52×着丈-cm-クリップ-
Baby hopper マルチプル防寒ケープ確認中 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル80%・ナイロン20%裏地:ポリエステル90%・レーヨン10%中綿:ポリエステル100%幅×着丈400gスナップボタン-
Double Sharp ベビーケープ¥3,729 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%中綿:ダウン70%・フェザー30%幅67×着丈64cm-クリップリバーシブル・収納バッグ付き
Double Sharp ベビーケープ¥3,729 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%中綿:ダウン70%・フェザー30%幅67×着丈64cm-クリップリバーシブル・収納バッグ付き
コニー 防寒ケープPLUS 長袖タイプ確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル100%Free・Large1㎏スナップボタン×-
Bebamour 抱っこひもカバー確認中 楽天市場AmazonYahoo!--460gバックル-
BabyGoose くまさんのあったか防寒ケープ&レインカバー¥17,600 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%幅72×着丈60cm-クリップ裏地取り外し
POGNAE ベビーケープ PG-BABYCAPE02¥6,600 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%フード裏:コットン100%幅52×着丈63cm560gバックル足用ファスナー付き
スウィートマミー 抱っこ紐 防寒ケープ 19078-ss¥6,600 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%中綿:ポリエステル100%幅76×着丈66cm400gスナップボタンリバーシブル
コニー 防寒ケープBASIC 袖なしタイプ確認中 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル100%Free・Large-スナップボタン×-
雑貨ファッション 抱っこ紐防寒ケープ¥2,650 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%--クリップ×収納ポーチ付き
emoka 抱っこひも防寒ケープ¥4,280 楽天市場AmazonYahoo!表地:ポリエステル100%裏地:ポリエステル100%n中綿:ポリエステル100%幅70×着丈85cm430gスナップボタンリバーシブル
Baby hopper オールウェザー ダウン 3WAY防寒ケープ¥13,970 楽天市場AmazonYahoo![アウターカバー]ポリエステル100%[インナーダウン]表地:ナイロン100%・裏地:ナイロン100%・中綿:ダウン90%・フェ ザー10%-260gスナップボタン裏地取り外し
エリカランド 防寒ケープ¥700 楽天市場AmazonYahoo!ポリエステル幅71×着丈66cm-スナップボタン×収納ポーチ付き

抱っこ紐ケープおすすめ人気ランキング15選

抱っこ紐ケープのおすすめ人気メーカー

抱っこ紐ケープのおすすめ人気メーカーをご紹介します。

コスパ良好な「西松屋」

西松屋

出典:24028-net.jp

低価格なベビー・キッズアイテムが揃う「西松屋」。西松屋の抱っこ紐ケープは、フードやポケットが付いた、機能性に優れた商品が人気です。

くまをモチーフにした、耳・しっぽ付きの抱っこ紐ケープは、かわいい見た目でパパ・ママの気分も上げてくれます。

オンラインショップでも10商品ほど販売されており(2022年12月現在)、価格は3,000~4,000円程度。価格と機能の、バランスの良さを重視したい人におすすめです。

雨・汚れに強い「ザ ノースフェイス」

機能性・耐久性に優れたアウトドアアイテムを幅広く扱う、老舗ブランド「ザ ノースフェイス」。ザ ノースフェイスの抱っこ紐ケープは、ナイロン生地+撥水加工で雨・風に強い商品が人気です。

中綿入りで温かく、キャンプのようなアウトドアシーンにもぴったり。汚れても洗濯機で洗うだけの、イージーケアという点も魅力です。ロゴのみのシンプルなデザインで、パパ・ママ問わず使いやすい商品が目立ちます。

雨や汚れに強い商品を選びたい人、シンプル&スタイリッシュなデザインを好む人におすすめです。

デザイン重視で選べる「ジェラートピケ」

もこもこ素材のルームウェアで知られる、人気ブランド「ジェラートピケ」。ベビーグッズも多く扱っていますが、抱っこ紐ケープとして販売されている商品はありません。

ジェラートピケの抱っこ紐ケープが欲しい人は、マルチクリップ+ブランケットをセットで購入するのがおすすめ。クリップでブランケットと抱っこ紐を挟むだけで、簡易ケープとして使えます。

ブランケットはデザインのバリエーションも豊富で、シーズンごとに新しい商品が発売されるのも人気のポイント。おしゃれさ・肌触り重視で選びたい人におすすめのブランドです。

オリジナルの吸湿発熱素材が人気の「ニトリ」

ニトリ

出典:nitori-net.jp

コスパの良いオリジナルの生活雑貨を幅広く扱う「ニトリ」。ニトリの抱っこ紐ケープは、裏生地にオリジナルの吸湿発熱素材「Nウォーム スーパー」を使用したタイプが人気です。

汗などの湿気を吸収して発熱する素材は、抜群の温かさ。起毛生地で、肌触りもふわふわです。ブランケットにクリップがついたオーソドックスなタイプで、2,000円台とお手ごろ価格で購入できます。

保温性を重視したい人、シンプル機能で価格が安い商品を探している人におすすめです。

ちゃこまる。

抱っこ紐で有名なエルゴベビー専用の防寒ケープに「ムーミンベビーキャリアカバー」というアイテムがあり、こちらもおすすめです。淡い色合いでママと赤ちゃんのファッションに合わせやすいのがポイント。専用の収納ケースも付いているため、保管にも困りません。エルゴベビー以外の抱っこ紐にも装着可能で、もちろんベビーカーなどにも使えて便利。秋冬の出産祝いにもよく選ばれています。

抱っこ紐ケープの付け方

抱っこ紐ケープの付け方

出典:amazon.co.jp

抱っこ紐ケープは、主に下記のシーンで使用できますが、商品によって対応できるシーンが異なります。前向き抱っこ・おんぶなどには対応していない場合もあるため、使用前に確認しましょう

  1. 対面抱っこ
  2. 前向き抱っこ
  3. おんぶ
  4. ベビーカー

基本の「対面抱っこ」で使用する場合は、下記の付け方を参考にしてみてください。

  • 抱っこ紐ケープの付け方
  • STEP.1
    準備
    抱っこ紐で、赤ちゃんを抱っこする
  • STEP.2
    固定1
    上から抱っこ紐ケープを掛け、抱っこ紐の肩紐に固定する
  • STEP.3
    固定2
    ウェスト部分の固定具もあれば、固定する
  • STEP.4
    チェック
    赤ちゃんの腕・足元が出ていないか・ケープが首にかかったりしていないかを確認する

スナップボタンタイプの場合は、抱っこ紐にケープを取り付けてから赤ちゃんを抱っこするという手順でもOK。その場合は、抱っこする際にケープが絡まらないよう注意しましょう。

ちゃこまる。

装着時の注意点として、「赤ちゃんが動いても大きくズレないか確認する・フードがある場合はフードで赤ちゃんの顔をすべて覆わないよう気を配る・赤ちゃんが汗をかきすぎていないか確認する」という3点があります。赤ちゃんは平熱が高いため、大人の肌感覚で判断せず、頭部や背中の汗の状態をしっかりチェックしましょう。汗をかきすぎると脱水や体調不良の原因となります。また外す際に、ケープの中で靴下が脱げて残ってしまい、気付かぬうちに紛失している場合もあるので気をつけましょう。

抱っこ紐ケープの関連商品

抱っこ紐ケープの関連商品をご紹介します。

抱っこ紐のお手入れがラクになる「抱っこ紐よだれカバー」

抱っこ紐でのお出かけが多い人におすすめなのが、「抱っこ紐よだれカバー」です。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱いているときに、赤ちゃんが肩紐をハムハムするのはよくあるシーンの一つ。肩紐にカバーをかけておけば、よだれで汚れてしまってもカバーのみを洗うだけでOK。抱っこ紐本体のお手入れの回数を減らせます。

赤ちゃんのよだれが多い時期には、洗い替えも含めて2~3セット持っていると重宝するアイテムです。

抱っこ紐カバーとしても使える「授乳ケープ」

コンパクトでロングシーズン使える抱っこ紐カバーを探している人は、「授乳ケープ」も要チェック。抱っこ紐カバーとベビーカーカバーを兼ねる商品が、多く販売されています。

抱っこ紐カバーに比べ保温効果は劣りますが、もこもこしすぎないので、使わないときにコンパクトにたためるのがメリットです。ほどよい厚みのコットン素材などを選べば、1年中使用できます。

かさばらない抱っこ紐カバーを探している人に、おすすめのアイテムです。おすすめの授乳ケープは、下記の記事でもご紹介しています。

関連記事:【カバーしやすい】授乳ケープおすすめ23選|使い方や人気ブランドも解説

お尻から温かい「ベビーカーシート」

ベビーカーの座面に敷いて防寒対策ができる「ベビーカーシート」は、秋~冬に要チェックのアイテムです。

お腹に掛けるブランケットではカバーしきれない、背中からお尻まで温かさをキープできるのがメリット。ふわふわ素材を選べば、肌触りも良く、赤ちゃんが快適に過ごせます。

付け外しが面倒な人は、付けたままベビーカーをたためる商品が便利。寒い季節に、ベビーカーでの外出が多い人におすすめのアイテムです。

おすすめのベビーカーシートは、下記の記事でもご紹介しています。

関連記事:【夏でも快適!】ベビーカーシートおすすめ20選|アップリカ・ニトリの人気商品も

その他おすすめのアイテム

関連記事:【おんぶ兼用OK】ママコートおすすめ人気20選!無印・おしゃれ・タウンタイプも

抱っこ紐ケープのよくある質問

ハイブランドでも抱っこ紐ケープは販売されていますか?

ベビーグッズを扱うハイブランドは多くありますが、抱っこ紐ケープを販売しているブランドは少ないようです。グッチやルイヴィトンなどのブランドで販売されている、大人用ポンチョやケープで代用するのもおすすめです。

抱っこ紐ケープは手作りできますか?

手軽に手作りするなら、ブランケットに、赤ちゃんのおもちゃなどを固定するマルチクリップを2つ付ける方法がおすすめです。

おすすめ抱っこ紐まとめ

今回は、おすすめの人気抱っこ紐ケープ15選・抱っこ紐ケープのメリット・上手な選び方・使い方・人気ブランドなどをご紹介しました。記事の中で、特に押さえておきたいポイントは下記の5点です。

  1. 秋冬にはボア・フリース、春夏は薄手のポリエステル素材がおすすめ
  2. 付け外しのしやすさを重視するなら、クリップタイプ
  3. 着丈60cm以上なら、足元まで包める
  4. 撥水・防水加工があれば、雨でも安心
  5. リバーシブルor裏地取り外しタイプなら、ロングシーズン使える

ご紹介した内容を参考に、ぜひ自分にぴったりの抱っこ紐ケープを見つけてくださいね。

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー