迫力の低音が心地いい!おすすめ重低音イヤホン25選|コスパ最高・高機能モデルも

迫力の低音が心地いい!おすすめ重低音イヤホン25選|コスパ最高・高機能モデルも

出典:Amazon.co.jp

迫力のサウンドで、EDMやR&Bなど低音重視の楽曲を心地よく楽しめる重低音イヤホン。多くのメーカーが重低音に特化したイヤホンをリリースし、音楽ファンの人気を集めています。

しかし重低音イヤホンの構造は製品によってさまざまです。カナル型やインナーイヤー型などの形状やドライバー(スピーカー)の種類によって、低音への向き不向きが変わります。各メーカーによって多くの重低音シリーズが販売されていたり、機種によって「ノイズキャンセリング」や「外音取り込み機能」「ハイレゾ音源再生」など便利な機能もあるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、失敗しない重低音イヤホンの選び方と、人気商品25選をご紹介!完全ワイヤレス・ケーブル・ネックバンドなどタイプごとに分けて人気商品をご紹介します。重低音イヤホン選びに悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

重低音イヤホンの選び方

重低音イヤホンの選び方

ダイナミックな音と重厚な低音で、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)やR&Bなどのファンに人気の重低音イヤホン。多くのメーカーが低音重視のイヤホンをリリースし、バリエーションも豊富です。重低音イヤホンを選ぶ際には以下のポイントをチェックしましょう。

  • イヤホンの形状やドライバーユニット(スピーカー)の種類
  • イヤホンの音域を表す「再生周波数帯域」
  • メーカーごとの重低音シリーズ製品
  • ワイヤレスやノイズキャンセリング、防水などの機能

これらの違いをチェックして、あなたにぴったりのイヤホンを見つけてくださいね。

低音を漏らさないカナル型がおすすめ

イヤホンの形状には「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類があります。低音重視でイヤホンを選ぶなら「カナル型」のイヤホンがおすすめ。

カナル型イヤホン

メーカーごとに重低音を売りにしたシリーズも

出典:Amazon.co.jp

カナル型は、イヤーピースを耳の穴に差し込み固定するタイプのイヤホンです。密閉型のため遮音性が高く、低音に厚みと迫力を感じられますよ。楽器の音も細部まで緻密に聴こえるので、中・高音も低音に合わせてダイナミックに楽しめます。

インナーイヤー型は、耳の穴の外側にある耳介に掛けて使用するので遮音性は低めです。低音よりも中・高音の表現力に優れています。低音を重視するならカナル型の製品をチェックしてみてくださいね。

タイプ 特徴 音質
カナル型
  • 軟らかいイヤーピースで耳の穴に固定
  • 外れにくい
  • 密閉性・遮音性が高い
  • 音疲れしやすい
  • 低音に迫力がある
  • 緻密で立体感がある
  • 音が近く再現性が高い
インナーイヤー型
  • 耳の穴に掛けるように装着
  • 外れやすい
  • 外部の音が聞こえやすい
  • 音疲れしにくい
  • 中・高音に伸びを感じる
  • 広い空間表現
  • 音との距離があり立体感がある

編集部

カナル型の方が低音を豊かに感じられますが、ダイレクトに鼓膜に音が届くぶん音疲れをしやすいので、長時間の使用には注意してくださいね。

カナル型、インナーイヤー型のイヤホンはこちらの記事でも紹介しています。

関連記事:【プロが装着感や遮音性で選んだ】カナル型イヤホンおすすめ20選 (2021年版)

関連記事:【2021年】インナーイヤー型ワイヤレスイヤホンおすすめ15選|高音質&ハイコスパモデルも

ダイナミック型の駆動方式なら重低音を再生できる

ダイナミック型なら重低音を再生できる

出典:Amazon.co.jp

重低音重視でイヤホンを選ぶならダイナミック型か、ハイブリッド型のドライバーがおすすめです。イヤホンの音を出すスピーカー部分であるドライバーには3種類あり、それぞれ駆動方式で特徴が異なります。

イヤホンのドライバーの種類
  • ダイナミック型:周波数域が広く表現力に優れる。特に低音に迫力と厚みがある
  • バランスド・アーマチュア型(BA型):解像度と再現性が高く、中・高音の伸びに優れる
  • ハイブリッド型:ダイナミック型とBA型の両方を搭載。低音から高音まで高い表現力

ダイナミック型はヘッドホンにも使われる定番のドライバーで、電気信号でダイヤフラム(振動板)を振動させ音を出します。ドライバーが大きいほど音にも迫力があるので、重低音にこだわるならドライバーの直径もチェックするといいですね。イヤホンなら10mm以上のタイプがおすすめです。

低音だけでなく、中・高音の伸びやくっきりした音にもこだわるなら、ハイブリッド型もおすすめです。ダイナミック型に比べやや高価ですが、低音から高音まで高音質で音楽が聴けますよ。

ダイナミック型のイヤホンはこちらの記事でも紹介しています。

関連記事:【プロが解説】ダイナミック型イヤホン おすすめ10選|ドライバーユニットなど詳しく解説

低音が再生できるかは周波数帯域をチェック

低音が再生できるかは周波数帯域をチェック

低音にこだわってイヤホンのスペックを見る場合は、「再生周波数帯域」を確認しましょう。音の高低は周波数を示す「Hz」で表示されます。数値が低ければ低音で、数値が高ければ高音を表しています。

イヤホンの再生周波数帯域は、幅の狭いもので「20Hz~20kHz」ほど。幅の広いタイプでは「5Hz~50kHz」ほどの製品があります。

この周波数帯域の下の数値が低いほど、低音の表現力に優れ、厚みのある重低音を奏でます。低音重視でイヤホンを選ぶなら、周波数帯域の下の数値ができるだけ低い製品をおすすめしますよ。

メーカーごとに重低音を売りにしたシリーズも

メーカーごとに重低音を売りにしたシリーズも

出典:Amazon.co.jp

低音にこだわってイヤホンを選ぶなら、各メーカーがリリースしている「重低音シリーズ」をチェックしましょう。ソニーやBOSE、オーディオテクニカなどの有名メーカーから、中国・台湾の格安メーカーまで豊富なラインナップがあります。

  • JVCケンウッド:XXシリーズ
  • オーディオテクニカ:SOLID BASSシリーズ
  • ソニー:EXTRA BASSシリーズ
  • ラディウス:VOLTシリーズ

重低音シリーズは、ドライバーの大きさやハウジング(カバー部分)の形状などが重低音の再生に最適な作りです。

洋楽EDMやダンスミュージックなど、低音が効いた音楽を聴くのにぴったりですよ。

耳にフィットしたイヤーチップを選択

耳にフィットしたイヤーチップを選択

出典:Amazon.co.jp

カナル型のイヤホンを購入する際は、耳に挿入するパッド部分「イヤーチップ」のサイズもチェックしましょう。イヤーチップのサイズが小さいと、音漏れや音質低下の原因になります。また大きすぎると耳が痛くなり、長時間の使用ができません。

イヤーチップの大きさが心配な方は、S/M/Lなどイヤーチップのリサイズができるタイプを選びましょう。しかし欲しいイヤホンに交換のイヤーチップが付属していない場合もあります。その場合はAmazonなどでイヤーチップのみの購入もできるので、チェックしてみてくださいね。

使い勝手に合わせて有線・ワイヤレスを選ぶ

重低音イヤホンの接続方式には、「有線タイプ」と「ワイヤレスタイプ」があります。さらにワイヤレスタイプには、片耳ずつ独立した「完全ワイヤレス」と、イヤホン同士がケーブルでつながった「ネックバンドタイプ」があります。

どちらもスマホなどからBluetoothで接続するため、有線と比べて取り回しやすく邪魔になりません。

また、ケーブルが着脱できるリケーブルタイプのイヤホンもあり、中にはワイヤレスケーブルを接続することで有線にもワイヤレスにもできる製品があります。

使い勝手に合わせて有線・ワイヤレスを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

通勤や通学など外出先でイヤホンを使用する場合、ケーブルが邪魔に感じることも。使用するシチュエーションに合わせて有線・ワイヤレスのタイプもチェックしてみてくださいね。

編集部

ワイヤレスの場合はBluetoothのバージョンやコーデックの種類で音質が変わります。高音質を求める方は「Bluetoothバージョン5.0以上」「コーデックaptXやaptX HD対応」をおすすめします。

その他の快適に使える機能もチェック

その他の快適に使える機能もチェック

重低音イヤホンには、ハイレゾ音源に対応したタイプや防水耐性など製品によって搭載している機能が異なります。使用するシチュエーションや用途に合わせて、欲しい機能をチェックしましょう。

高音質を再生できるハイレゾ対応

高音質を求める方は、イヤホンが「ハイレゾ音源」に対応しているかも確認しましょう。ハイレゾ音源とは、CD以上の大容量周波数96kHz~768kHzで提供される高音質な音楽です。

ハイレゾ対応のイヤホンなら、ボーカルの息づかいやギターなど楽器の残響まで、細かくクリアに聴けますよ。音質にこだわる方、ハイレゾ音源を聴きたい方はぜひチェックしてくださいね。

音楽に没入できるノイズキャンセリング

通勤や通学などで電車やバスを利用する方、街中などで音楽を楽しむ方には、周囲の雑音を消せる「ノイズキャンセル機能」がおすすめです。ノイズキャンセルには2種類あります。

  • 外部の音と真逆の音波を発生させてノイズを打ち消す「アクティブノイズキャンセル」
  • イヤホンの構造やイヤーチップで遮音する「パッシブノイズキャンセル」

アクティブノイズキャンセルの方が遮音性が高く、騒音に邪魔されず音楽を楽しめます。使用する場所に合わせて好みのタイプを選んでくださいね。

ノイズキャンセリング搭載のイヤホンはこちらの記事でも紹介しています。

関連記事:【ノイズキャンセリングイヤホンを完全解説】失敗しない選び方と人気おすすめランキング 20選

スポーツ・アウトドアでの使用には防水機能

ジョギングやトレーニング、アウトドアなどで使用する場合は「防水機能」もチェックしましょう。イヤホンのドライバーなど内部機構は、水分に弱いパーツです。野外やスポーツで使用する場合、急な雨や汗などですぐに故障することも。

防水性能は「IPX」や「~気圧防水」などで表示されます。アウトドアやスポーツで使用する場合は「IPX4(防雨)」以上、「3気圧防水(日常生活防水)」以上を選ぶと安心ですよ。

防水機能のあるイヤホンはこちらの記事でも紹介しています。

関連記事:お風呂で使える!最強防水ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

重低音イヤホンのおすすめ人気メーカー

12mmドライバーで低音の密度が高い「SONY(ソニー)」

完全ワイヤレス・ケーブル・ネックバンドの、全てのタイプで重低音モデルをリリースするSONY(ソニー)。独自開発の大径12mmダイナミック型ドライバーを搭載し、緻密で表現力の高い重低音が楽しめます。

重低音の歪みを抑え、メリハリのある音にする独自のハウジング構造や、高磁力のマグネットコイルの使用など、音質にこだわるソニー。口コミでもとても高い評価を得ています。質の高い低音だけでなく、すべての音域でハイクオリティなサウンドを求める方におすすめのメーカーです。

SONY(ソニー)の特徴
  • 16mmドライバーと同品質の独自12mmダイナミックドライバー
  • 通気抵抗をコントロールし低音の質量をアップする「ベースブースター」
  • 装着感の良いイヤーパッドと、ズレの少ない装着部設計

関連記事:【2022年版】圧倒的パフォーマンスを誇る Sony(ソニー)イヤホン おすすめ18選 (完全版)

全音域で迫力サウンドの「BOSE(ボーズ)」

独自の音響イコライザーを搭載し、バランスのとれた迫力のサウンドを楽しめるBOSE(ボーズ)。厚みのある重低音はもちろん、ギターやボーカルの高音まで伸びやかに表現します。

BOSEは低音の音像が濃く、中・高音も歪まずクリアに聴こえる高音質なイヤホンをだしています。イヤーチップのフィット感が良く防水機能も備えているので、スポーツやワークアウトでイヤホンを使用する方におすすめですよ。

BOSE(ボーズ)の特徴
  • 大径ドライバーで心地の良い重低音
  • スポーツ中の使用でもズレが少ない「独自開発のStayHear+ Sportイヤーチップ」
  • 周囲の音を強力にカットするノイズキャンセリング機能

厚みのあるソリッドな低音の「audio-technica(オーディオテクニカ)」

audio-technica(オーディオテクニカ)は重低音モデルとして「SOLID BASSシリーズ」をリリースしています。完全ワイヤレス・ケーブル・ネックバンド、全てのタイプから選べますよ。

SOLID BASSシリーズのドライバーは、厚みがありつつもメリハリのある低音を鳴らします。一度の充電で連続20時間使用できる製品など、ワイヤレスではバッテリーが強いタイプが多いのも特徴です。旅行や出張など、長時間屋外でイヤホンを使用する方にぴったりのメーカーですね。

audio-technica(オーディオテクニカ)の特徴
  • 豊かな低音を生む、独自技術の「11mm SOLID BASS HDドライバー」を搭載
  • 低音の余計な響きや、高音の歪みを軽減する「切削無垢アルミニウムハウジング」
  • ハイレゾ音源や高音質コーデックに対応する機種が多数

関連記事:【プロがオーテクサウンドを徹底解剖】オーディオテクニカ 13選 (2021年版)

ジョギングなど屋外での使用にぴったりの「JVCケンウッド」

JVCケンウッドは、重低音モデルとして「XXシリーズ」を完全ワイヤレス・ケーブル・ネックバンドの全てのタイプで販売しています。すべての製品に独自の音響システム「エクストリームディープバスポート」を搭載し、クリアで迫力のある重低音を実現しています。

JVCケンウッドのイヤホンは再生周波数が5Hz~と、低音の音域に優れています。水や衝撃に強いタフなデザインが特徴で、アウトドアやワークアウトでの使用にぴったりですよ。

JVCケンウッドの特徴
  • クリアで迫力のある重低音を作る「エクストリームディープバスポート」技術
  • 強度に優れる「エラストマー素材」を使用した頑丈なハウジング
  • S/M/Lが2個ずつ付属して、調整がしやすいイヤーピース

関連記事:【全シリーズ解説】JVCイヤホンの選び方がわかる!おすすめ22製品の人気ランキング|有線・無線モデルも

迫力の低音と中高音を両立「radius(ラディウス)」

アメリカ生まれ、日本育ちのオーディオブランド・radiusは迫力の重低音を特徴としたイヤホン「VOLT」シリーズを展開しています。

この「VOLT」シリーズの完全ワイヤレスイヤホンには「カーボンファイバードーム振動版ドライバー」または直径13mmの「High-MFD構造」のドライバーが搭載されており、パワフルで切れの良い重低音と繊細な中高音を実現しています。

低音を重視しつつも中高音も妥協しないイヤホンが欲しい方におすすめです。

radius(ラディウス)の特徴
  • ハイレゾ対応モデルも多数ラインナップ
  • ディティールを再現する優れた特性のドライバー
  • 高いフィット感と豊かな低音を実現する「ディープマウントイヤーピース」が付属

【完全ワイヤレス】重低音イヤホンおすすめ人気ランキング比較一覧表

Picky’s編集部が主要サイト(amazon、楽天、Yahoo、価格比較サイト)の上位商品をポイント制で集計。本当に売れている上位のおすすめ商品を厳選しました。
商品最安価格形状ドライバーユニット周波数帯バッテリー駆動時間対応コーデックその他の機能
ソニー WF-XB700 重低音モデル¥14,499 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHz最大18時間AAC、SBCIPX4防水
Bose SoundSport Free 完全ワイヤレスイヤホン¥6,900 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型16時間AAC、SBCノイズキャンセリング、IPX7防水、マイク付き、
JVC HA-XC50T-B 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ¥6,400 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHz最大27時間SBC、AACIP55防水、マイク付き
HOLYHIGH Bluetoothイヤホン デュアルEQ重低音¥2,799 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型最大25時間イコライザー機能、IPX8防水
audio-technica SOLID BASS ATH-CKS5TW LTD 完全ワイヤレスイヤホン¥9,160 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型最大45時間AAC、aptXIPX2防水、マイク付き、ワンセグ対応
DACOM ワイヤレスイヤホン 重低音¥3,780 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型40時間ノイズキャンセリング、IPX5、マイク付き、
radius HP-V700BT 完全ワイヤレスイヤホン¥16,796 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ハイブリッド型20Hz~40kHz50時間AAC、SBC、aptX、aptX Adaptive外音取り込みモード
ag AG-TWS08R フルワイヤレス Bluetooth イヤホン確認中 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz〜20KHz7時間AAC、SBC、aptXIPX4防水
GOSCIEN ワイヤレスイヤホン bluetooth 5.1 重低音確認中 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型・耳掛けダイナミック型25時間AAC、SBCノイズキャンセリング、IPX7防水、マイク付き、
オーディオテクニカ ATH-CKS50TW 完全ワイヤレスイヤホン¥15,955 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型5Hz~20kHz最大約50時間AAC、SBC、Qualcomm aptX Adaptive Audio、Qualcomm aptX Audioノイズキャンセリング、ヒアスルー機能、急速充電

【完全ワイヤレス】重低音イヤホンおすすめ人気ランキング10選

【有線】重低音イヤホン人気ランキング比較一覧表

商品最安価格形状ドライバーユニット周波数帯その他の機能
ソニー イヤホン MDR-XB55 重低音モデル¥4,018 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型4Hz~24kHzマイク付き、ベースブースター
Bose QuietComfort 20 ノイズキャンセリングイヤホン¥44,980 Amazon楽天市場Yahoo!耳掛け・カナル型ダイナミック型ノイズキャンセリング、TriPortテクノロジー
radius HP-NHR11 ハイレゾ対応イヤホン 重低音モデル¥7,200 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型・インナーイヤー型ダイナミック型5Hz~40kHzハイレゾ音源対応
ソニー イヤホン MDR-XB75AP 重低音モデル¥18,000 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHzマイク付き、ベースブースター
JVC XXシリーズ HA-FX77X-BR カナル型イヤホン¥4,255 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ハイブリッド型5Hz~25kHzアクティブノイズキャンセル、高磁力ネオジウムドライバー
audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550X ハイレゾ音源対応¥2,973 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型5Hz~40kHzハイレゾ音源対応
JVC HA-FX1X-BR XXシリーズ¥2,180 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型5Hz~23kHzエクストリームディープバスポート、タフラバープロテクター
FiiO イヤホン JadeAudio 重低音¥4,200 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型10Hz~40kHzリケーブル
audio-technica SOLID BASS ATH-CKS770X ハイレゾ音源対応¥5,618 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型5Hz~42kHzハイレゾ音源対応
KZ ZSNProx 重低音 イヤホン 1BA+1DDを搭載¥2,780 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ハイブリッド型7Hz~40kHzリケーブル

【有線】重低音イヤホンおすすめ人気ランキング10選

【ネックバンド】重低音イヤホン人気ランキング比較一覧表

商品最安価格形状ドライバーユニット周波数帯バッテリー駆動時間対応コーデックその他の機能
Bose SoundSport wireless headphones ワイヤレスイヤホン¥18,743 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型6時間SBCアプリコントロール、防滴設計、
JVC HA-FX33XBT Bluetoothイヤホン XXシリーズ¥10,500 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHz14時間SBC防水、防塵、耐衝撃、マイク機能
ソニー WI-XB400 ワイヤレスイヤホン 重低音モデル¥6,884 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHz15時間SBC、AAC急速充電、ハンズフリー通話対応
audio-technica SOLID BASS ATH-CKS330XBT 重低音 ワイヤレスイヤホン¥4,300 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型5Hz~30kHz20時間SBC、AACIPX2防水、
JVC HA-XC30BT-Z XXシリーズ Bluetoothイヤホン¥4,180 Amazon楽天市場Yahoo!カナル型ダイナミック型20Hz~20kHz15時間SBC、AAC防水、防塵、耐衝撃、マイク機能

【ネックバンド】重低音イヤホンおすすめ人気ランキング5選

重低音イヤホンの関連商品

スマホの音質もアップする「ポータブルアンプ」

音楽再生機器の音質をさらに良くしたいなら「ポータブルアンプ」の使用がおすすめです。アンプとはアナログ信号音を増幅して音量などの調整を可能にする機器です。

スマホやiPodなど音楽再生用ではないデバイスで音楽を聴くと、音質や低音が物足りないことがありますよね。そんなときにアンプをデバイスとイヤホンの間に繋げば、より高音質な音楽が聴けますよ。

また、ノイズが少ないハイインピーダンスのイヤホンやヘッドホンで音楽を聴く場合もアンプが必要です。ポータブルアンプは通常のヘッドホンアンプなどに比べ、コンパクトで持ち運びに便利なので外出先でも使いやすいですよ。高音質にこだわるなら、ぜひチェックしてみてくださいね。

イヤホンよりダイナミックな低音の「重低音ヘッドホン」

イヤホンよりさらに迫力のある重低音や、広い音域を求めるなら「重低音ヘッドホン」の使用もおすすめです。イヤホンのドライバーは最大で12mmほど。ヘッドホンのドライバーは50mmほどにもなるので、音のダイナミックさが違います。また鼓膜と音場が離れるので、立体感のある音楽が楽しめますよ。

ソニーやJVCケンウッド、オーディオテクニカは、ヘッドホンでも重低音シリーズをリリースしています。外出先ではイヤホンでも、自宅ではヘッドホンという方も多いですよね。ぜひ各メーカーの重低音ヘッドホンをチェックしてみてくださいね。

装着疲れを軽減し音質もアップする「交換用イヤーチップ」

イヤホンの装着感がイマイチな時は「交換用イヤーチップ」を試してみましょう。イヤーチップのサイズが大きいと装着疲れを起こします。また小さすぎると、イヤホンの脱落や、音漏れによる音質低下が心配です。快適にイヤホンを使用するなら、耳にぴったりのイヤーチップを使ってくださいね。

メーカーや製品によってはS/M/Lなどで交換イヤーチップを付属している場合もあります。サイズが気になる方は購入前にチェックしましょう。もし付属していなくても、Amazonなどですぐに購入できます。メーカーにより装着部分の仕様が異なる場合もあるので、間違いがないよう気を付けてください。

おすすめ重低音イヤホンまとめ

この記事では「重低音イヤホン」の形状タイプや機能性、メーカーの特徴による選び方、おすすめアイテムを解説しました。

  • 低音をより強く感じたいなら「カナル型」のイヤホンがおすすめです
  • 重低音イヤホンを選ぶ際、ドライバーは「ダイナミック型」か「ハイブリッド型」を選びましょう
  • 音楽の臨場感を大事にするなら再生周波数帯域の幅が広い製品をチェックしましょう。
  • どれを購入するか迷ったら、各メーカーの「重低音シリーズ」がおすすめ
  • ワークアウトなど屋外で使用するなら「ワイヤレスタイプ」もチェックしてみてください

最適な重低音イヤホンは「どんなシチュエーションで使用するか」「どんな音質を求めるか」「メーカー」などで人により異なります。この記事を参考に、あなたにぴったりの重低音イヤホンを見つけてくださいね。

重低音に強いイヤホンが欲しい方は、JBLのイヤホンもおすすめです。
関連記事:JBLのおすすめイヤホン15選!特徴や機能を徹底解説【有線・ワイヤレス】

関連記事:【聞き比べて検証】高音質な完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキング14選!(2021年)

関連記事:【断線にも強い】圧倒的な音質が楽しめる有線イヤホンおすすめ19選 (2021年版)

関連記事:【2021】紛失の心配なし!首掛けイヤホン (ネックバンド型) おすすめ 15選

関連記事:有線イヤホンを無線化!リケーブル対応イヤホン&専用ケーブルおすすめ18選

この記事は参考になりましたか?

SNS

Picky’sのSNSアカウントをフォロー